ネットが遅くてイライラしてない!?

江戸時代などの日本で名前を世襲していましたが、この世襲名のことを何と呼ぶのでしょうか 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「名跡」という言い方があります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

調べてみました。ピッタリ、スッキリきました。ありがとうございます。

お礼日時:2010/07/22 08:40

「襲名」しますから、「世襲名」か「名跡」でいいと思います。



ちなみに「していた」のではなく、今でもありますよ。
歌舞伎などの芸道に限らず。

デパートの「松坂屋」の伊藤次郎左衛門家が有名ではないかと思います。
デパートの「松坂屋」の創業者は、第15代の伊藤次郎左衛門祐民になりますが、発祥は1611年に遡ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり名跡ですね そうですか松坂屋はすごいんですねー お詳しい情報ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/22 08:45

>この世襲名のことを何と呼ぶのでしょうか 



本家(宗家)の当主は先代の家督とともに名前も相続します。その世襲名を「家号(やごう)」または「屋号(やごう)」と呼びます。

ちなみに儒教社会では長男が本家(宗家)になりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。おもに商人の姓の頭につくやつだと屋号ですよね たしかに

お礼日時:2010/07/22 08:43

 江戸時代には公家と武家だけが姓を持っており、これは正式には氏(うじ)と称していたようです。

これとは別に俗称として名字または苗字というのも使われたようです。現在でも法律上での正式名称は氏です。

 たとえば冷泉家の氏は藤原ですが、藤原姓があまりにも多いので、区別のために住んでいる地名などを名字として使うことが鎌倉時代初期頃から始まり、冷泉家は中京(なかぎょう)の冷泉に邸宅があったのでこれを称していましたが、それを江戸時代になると氏と称するようになりました。今も冷泉町はちゃんと残っていますよ。

 この名字を称する習慣は武士の間でも行なわれるようになり、源氏や平氏はそのままの氏を名乗る家系は稀になり、殆どが名字を名乗るようになりました。ただ、徳川が源氏などというのは真っ赤な嘘で系図屋に贋系図を作らせて源氏を称しているだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどです。歴史にお詳しいですね はじめて聞く事柄ばかりです。
たいへんためになりました。ありがとうございます。

お礼日時:2010/07/22 08:37

 世襲名でいいんじゃないでしょうか?

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家系図を見たら先祖の親と子の名前が一緒です

先日我が家から戸籍謄本が見つかりました。
そこに天保生まれの先祖の名前があるのですが、その親もその方と同じ名前です。
つまり父親と息子が同じ名前なのです。
こういうことは江戸時代あたりはよくあったことなのでしょうか?
家族に聞いてもそこまで前の先祖のことはわからないらしく気になっております。
詳しい方がいらしたらぜひ教えて頂きたいです。
ちなみに家は山形県で、明治19年式の戸籍謄本だと思われます。
何卒よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

私は戸籍には詳しくないのですが一通りの戸籍を取寄せてみまして50通以上入手でき
そのいくつかは明治19年式の戸籍です。

質問者さんと同じように戸主の父が戸主と同じ名前だったものもいくつかあります。
表現が正しくないかもしれませんがいわゆる屋号といったものではないでしょうか。
家督襲名ということなのかもしれません。
古い家系図をみますと名前(俗名でしょうか)のほか幼名、改名、家督など
一人一人にもたくさんの名前が書かれています。

明治3年に平民苗字許可令、明治8年に平民苗字必称義務令がありますのでこれの影響でしょうか。
表向き江戸時代は苗字が貴族及び武士、そして庄屋や名主などの一部有力庶民に限られていた
ということですが実際にはあった方もいるみたいですよね。
私の持っている戸籍で前戸主(父)と同じ名前なのも明治19年式のもののみでした。
戸籍への記載もその土地その土地の習慣などもかかわってくるのかもしれません。

ちなみに私の先祖の同じ名前の父子ですがお寺の位牌から実際の名前は別にあったことがわかりました。
ですので、質問者さんの戸籍もややこしい親子関係ではなく単純に屋号的な名前を
受け継いだと考えるのが一般的だと思います。
もし気になるのでしたら菩提寺でご住職に尋ねるか過去帳を見せてもらってください。

余談ですが現在では同一の戸籍内(両親が同じ場合)で同じ字の名前はつけられませんので
父の名前を子供につけること(旧字を含めて同じ漢字)は不可能です。
(出生前に父が亡くなるなど除籍されていれば可能かもしれません)
法律で規制されておりますのでお間違いなく。

こんにちは。

私は戸籍には詳しくないのですが一通りの戸籍を取寄せてみまして50通以上入手でき
そのいくつかは明治19年式の戸籍です。

質問者さんと同じように戸主の父が戸主と同じ名前だったものもいくつかあります。
表現が正しくないかもしれませんがいわゆる屋号といったものではないでしょうか。
家督襲名ということなのかもしれません。
古い家系図をみますと名前(俗名でしょうか)のほか幼名、改名、家督など
一人一人にもたくさんの名前が書かれています。

明治3年に平民苗字許可令、明治8年に平民苗...続きを読む

Q江戸時代の戸籍謄本を入手する方法は?

私の家の家系図を作成する計画です。その為の参考資料として戸籍謄本を利用したいと思います。

私を起点として、私の祖先(配偶者含む)の名前と生年月日、没年月日、結婚又は離婚の年月、養子縁組の年月、祖先の親の氏名などを世代を遡って把握します。また父母、祖父母、曽祖父母に関する事項だけでなく、彼らの兄弟姉妹に関する情報も必要になります。そこで質問です。

質問(1)今の役所で保存されている戸籍の原本では、祖先の系譜をどの頃まで遡ることができるのでしょうか。明治の初めまででしょうか。

質問(2)(この質問の方が重要ですが)仮に遡る限界が明治初期の場合、それ以前、つまり幕藩体制時代の戸籍についての記録は、どこで保存されているのでしょうか。(ちなみに私の祖先は愛知県知多郡におりましたので、「尾張藩」です。)菩提寺の過去帳では戒名は分かりますが俗名が分からないのです。

ご存知の方、よろしくお願いします。

質問の答が分からなくても、質問の答を見つける方法をご存知でしたら教えて下さい。(どの役所に聞いてみる、とか、どこの歴史資料館で捜す、とか、ホームページとか。)

私の家の家系図を作成する計画です。その為の参考資料として戸籍謄本を利用したいと思います。

私を起点として、私の祖先(配偶者含む)の名前と生年月日、没年月日、結婚又は離婚の年月、養子縁組の年月、祖先の親の氏名などを世代を遡って把握します。また父母、祖父母、曽祖父母に関する事項だけでなく、彼らの兄弟姉妹に関する情報も必要になります。そこで質問です。

質問(1)今の役所で保存されている戸籍の原本では、祖先の系譜をどの頃まで遡ることができるのでしょうか。明治の初めまででしょうか。...続きを読む

Aベストアンサー

ご自身が含まれる戸籍は自由に入手は可能ですが、いくら親兄弟であっても戸籍が別となっていれば、正当な理由や権利が無ければ入手できません。
相続や先祖を祀るなどの理由があれば直系であれば入手は可能でしょう。
それぞれから委任状などを得る必要があると思います。

1については、戸籍によって保存期間があり、既に処分されているものもあるようです。自治体によって法律上の保存期間を超えても処分していない役所も多いと思いますので、それぞれの役所へ確認しましょう。私の地元の役所では江戸時代ぐらいのものはまだあるようです。

2については、役所の戸籍でわからず、寺などの過去帳でわからなければ難しいでしょう。

戸籍謄本は自分との関係を証明しながら取る必要性がありますので、ご自分や親の戸籍から遡って、わかる範囲で戸主の名前で請求するようになるでしょう。縁故者の協力状況によっては、遡るにも限度があると思います。
行政書士などは職権で戸籍謄本などの入手が可能な為、一部の行政書士などが家系図作成を請け負っている場合などもあります。

私自身、家督相続時代を含めた相続手続き(登記)を行った際、遡るのに結構大変でした。

頑張ってください。

ご自身が含まれる戸籍は自由に入手は可能ですが、いくら親兄弟であっても戸籍が別となっていれば、正当な理由や権利が無ければ入手できません。
相続や先祖を祀るなどの理由があれば直系であれば入手は可能でしょう。
それぞれから委任状などを得る必要があると思います。

1については、戸籍によって保存期間があり、既に処分されているものもあるようです。自治体によって法律上の保存期間を超えても処分していない役所も多いと思いますので、それぞれの役所へ確認しましょう。私の地元の役所では江戸時代...続きを読む


人気Q&Aランキング