グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

育苗ポットが全滅します。
園芸初心者です。苗から買ってきて育てるのは上手くいくのですが、
育苗ポットでの苗作りが失敗してばかりなので質問させてください。

育苗ポットのメリットととして、育成環境のコントロールしやすさが言われますが、
確かに何処にでも移動できるのですが、どういう場所に置けば良いか分かりません。
発芽後、日を当てないとモヤシになると聞いたので外に出しておいたら
天気の良い日にカラカラに干上がって一日で全滅しました。
やはり日向に置くのに小さいポットでは(水を張ったトレーに置いてはいますが)
無理があるようにも思います。(枯らさないまでもストレスが大きいように思います)
かと言って日陰に置いて育ちが悪いのでは本末転倒な気がします。
また、青ジソ、スティックセニョールを播いた時は、水を切らさず日にも当てていたのですが、
遅々として成長せず、定植できるサイズにならないまま最後は真夏になって枯れました。
ポットでなく大きいプランターに植えていればそのまま生長したのでは?とも思います。

このように失敗ばかりで、私は育苗ポットを生かせていないと思います。
土は育苗ポット専用のものを使っていますので、問題は環境面だと思います。
今はTVの園芸番組を見てエダマメをポットに播いたところなのですが、
育苗ポットの環境面でどのような事に注意して育てていけばいいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

教育TV


野菜の時間のファンです

セルポットのお話が出ていますが、確かに途中の肝心な事は抜けていますね

変な栽培の方法だけが印象に残ります・・・
セルポットから取り出すのにお箸を使うアイデアとか・・・

園芸高校を出ていますが
本来は直播で、本葉が2-3枚見え始めた頃に7-8cm角のポットに移植、その後定植が基本パターンですが・・・

小さいセルポットでは管理は難しい筈です。
ご質問の日に当てる際の注意事項など目にしたことも無いですね・・・云われてみれば・・・

さて、
植物の生育も基本だけ覚えていて下さい。
直射日光に当てる必要は当然その時期には出来てきます。
ただ、直に太陽の元に置けばその瞬間に根も葉も今までの光合成、栄養の吸収のパターンは崩れてしまいます。

先ず、葉からの水分の蒸散作用によって得られる根からの栄養分を含む水分の吸収(ストローで吸い上げているような状況)が 
蒸散作用が急激に多くなるので、葉っぱの萎れが先に現れ 
葉の乾燥に変わり
カラカラに乾いた葉はもう根からの水分の吸収作用は出来ません。

根にしても、急変して行くポットの受け皿の水の温度に対応できません。
葉の蒸散に対して、根からの吸収が極端に追いつかなくなる訳です。
今まではその循環で成長もしていますが、成長どころではなく自身の維持すらできなくなってくる訳です。
その内に 根も傷み 葉もカラカラの乾燥して 枯渇 と云う現象になります。

結論として
「いきなり」は何に於いても良くありません。
屋外に出せばせめて2-30分おきに様子を見守る必要が出来ます。

直射日光を和らげる方法 寒冷紗なども必要になって来ます。

また初日は30分とか2日目は1時間とか 環境に慣らしていく作業も必要です。

春先の蒸散作用と今の蒸散は全く違います。

そういえば我が家の「枝豆くん」
プランターに直播はしたものの、直射日光の時間が足らずモヤシの状態です。
一日三時間のお日さまの力では、やっぱり無理なんだ(反省)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます。
聞けば聞くほどセルポットで育てるのはイバラの道のようですね。
(日中仕事を持ってる人にはちょっと無理ではないでしょうか?)
日光には当てつつも温度が上がりすぎないように・・・
簡単な方法など無く、こまめに様子を見て世話するしかないようですね。
でも沢山播いたのでやれるだけのことはして頑張ってみようと思います!
それと保険に直播もしておこうと思います(笑)
ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/02 22:10

再びこんにちは!


セルトレイで今の時期は難しいかも・・
夏の花や野菜は、八重桜の咲くころを目安に種まきすると作り易いですよ。
今の時期なら、まめに水やりして乾燥と温度の上昇を防ぐのが一番かも・・。
頑張って下さいね!
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
セルトレーに種まきしてたテレビ番組は7月の放送だったのですけどね・・・。
管理が難しいなら直播して間引きという手もあると思うんですが
その番組ではなんでもトレーで育苗→定植という流れなのです・・・
どうしてあえて難しいやり方を勧めるのかホントに疑問です。

お礼日時:2010/08/02 00:45

すみません、育苗ポットのサイズが良く分からないのですが(補足していただけると回答も集まり易いと思いますよ)



育苗ポットは小さい場所で集中的に管理できるので便利ですが、
何しろ土の量も少ないですから、
夏場のガンガン日差しがあたり水が無くなるような時期は難しいですよ。
上に寒冷紗等をして少し日差しを遮って、温度上昇を防いだり
下に吸水性のあるマットをしいて水がキレないように工夫したり
シリンジといって定期的にキリを出して乾燥と温度上昇を防いだりします。
もし、失敗続きでしたら、昔ながらの方法はどうでしょう?
5cm以上土を入れる深さのある育苗箱(下はざるのようになっていて水がちゃんと出る物、木箱とか)に
お持ちの土を入れて適当に種まきします。
育苗ポットと違い土の量が多いので簡単には枯れません。
水やりを考えて、上の方は2cmぐらい空けます。
水やりは、底から水が出るくらいたっぷり与えます。
状態を見ながらですが、通常苗のうちは朝と夕方に水やりが必要です。
昼間の温度の高い時間は、水がお湯になり葉が煮えるので注意です。
夕方の水やりもホースの中のお湯をかけないように注意しましょう。
置き場所は、本葉が出るまでは半日蔭ぐらいがいいです。
本葉が出る頃には根も増えていますから!
本葉2枚程度で間引きし、弱そうなのを捨てます。
良い感じになった所で、定植しますが、根を傷めないように土を多めに取りましょう。
以上が、基本です。
これを応用して、育苗ポットをプランターに埋め込んではどうですか?
温度変化も水やりも緩和されると思いますよ。
また、ベランダ等で直接置くと熱が上がりすぎますので
すのこ等を置いて熱がこもらないようにすると良いそうです。
美味しい枝豆が食べられると良いですね!
我が家のシソは、バッタに食べられて茎だけす。
どこから湧いて出てくるのやら・・
家庭菜園なので、薬を撒かずに・・と思っていたら甘かった。
マメに手入れもしなかったんですが
昆虫のエサ場になってムッとしています。
夏の野菜高騰を見越して植えたのに残念です。
ミニトマトとバジルは元気ですけどね~。
ついでに苗作りは大変だし、成功すると大量に出来るので
苗を買うのが家庭菜園ではベストですよ。
後の管理も楽ですし、種類によっては病気に強い接ぎ木苗の状態で売っていますから!
    • good
    • 3
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。
育苗ポットですがセルトレー(セルボックス)というものでした。
サイズは植物によって選んでいますが、大きいものでも5x5cmです。
(寒冷紗や給水トレーは実施しておりました)
セルボックスごと土に埋めるのはよさそうですね。
やはり土が少ないトレーでの育成は難しいものなのですね。

参考にしているNHKの園芸番組ではセルボックスへの種まきの方法と
育苗完了後の定植方法は映像をまじえて詳しく説明するのに、
途中の育苗の課程については全く言及がないので
特に難しい事は無いものかと思っており、現実とのギャップに戸惑っています。
ビギナー向けの番組なのですが皆さんどうやって育ててるのでしょうか。

お礼日時:2010/08/01 01:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプラグトレーから苗を取り出す方法は?

プラグトレーに種まきした苗を植え付ける時にうまく取り出せません。
ポリポットに種まきした時はポリポットを両側からはさんで歪ませ、逆さにして苗についている土ごと取り出せるのですが、プラグトレーの素材が硬い場合はどうすればよいのでしょうか。無理に苗を取り出そうと引っ張ると根が切れてしまいます。プラグトレーの底も固い素材なので底を押して土が飛び出るようにはできないのです。
どうしてもうまく取り出せないならポリポットごと水につけて根についている土を洗い流して取り出そうかと思っています。
プラグトレーの使い方に慣れていないので実際に使っている方はどのようにしていますか?土は種まき用の土を使っています。

Aベストアンサー

#2です。

資材のご紹介を!
この空中ポットレストレー(128穴)
http://www.sakanaka.co.jp/syouhinnsyoukai/pottoresu/kikaku/index.html#128

このタキイたねまき培土
http://item.rakuten.co.jp/fm-floral/10000147/

を使うといい苗が出来ます。
(実家がブロッコリーの生産,出荷をしていて毎年この組み合わせで苗作りをしています)
この空中ポットなら確実と言っていいほど根が下に伸びないので、取り出しがスムーズだし、根巻きがないので(普通のプラグトレーに比べ)活着も早いです。
※ただ、乾燥が早いので、水やりはプラグトレー+1回ぐらいを目安にお願いします。

ちなみに、定植時期は播種後25日前後,本葉3~4枚ぐらいの時が目安です。
若苗定植の方が活着がいいので、根鉢が少し崩れるぐらいの方がいいです。が、根が切れるようではダメですよ。

ちなみに、この空中ポットとたねまき培土を使用すると、白菜,キャベツ,レタスなども作れます。

#2です。

資材のご紹介を!
この空中ポットレストレー(128穴)
http://www.sakanaka.co.jp/syouhinnsyoukai/pottoresu/kikaku/index.html#128

このタキイたねまき培土
http://item.rakuten.co.jp/fm-floral/10000147/

を使うといい苗が出来ます。
(実家がブロッコリーの生産,出荷をしていて毎年この組み合わせで苗作りをしています)
この空中ポットなら確実と言っていいほど根が下に伸びないので、取り出しがスムーズだし、根巻きがないので(普通のプラグトレーに比べ)活着も早いです...続きを読む

Qビニールポットに土を入れる時って

すごい初歩的なことだったり、「そんなのどっちでもいいじゃん」ということかもしれませんが教えてください。

そろそろ種まきをしようと思っているのですが、
黒いビニールポットを植え替えや種まきに使おうと思っています。
鉢に土を入れるときには、底に土がこぼれないようにネットを敷いたりしますよね?
ビニールポットのときって、どうなんでしょう?
お店でポット苗を買ったときは、何も敷いていませんよね?
穴のところに何か敷かないと土がこぼれるような気がするのですが、
どうなんでしょう?
案外土はこぼれず何も敷かなくていいのでしょうか?

あとあと水やりなんですが、小さい種の場合は、芽が出るまでは底から吸水させるとネットなどで読んだんですが、これって芽が出るまで鉢は水につけっぱなしということでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ビニールポットへはそのまま土を入れてもOKですよ。
ポット内の土が湿っていたら(と言うか、乾燥していたら育たない)案外こぼれ落ちないです。
って、その前に、ポットは地面に置いてますよね!?宙づりなんかさせないですよね!?
お店で買ったポット苗はケチってネットを入れていないんじゃなくて、必要ないからです。
最初にポットへ土を入れて、下の穴から水が少しにじみ出てくる程度に灌水し、播種し、覆土して、再度灌水(←これは覆土を湿らす程度)
そして最後にポットの土中の水分が蒸発するのを防ぐため、濡れ新聞を被せておくと発芽に失敗する確率は低くなります。

>あとあと水やりなんですが、小さい種の場合は、芽が出るまでは底から吸水させるとネットなどで読んだんですが

中にはこのような事をすればイイって植物もあるかもしれないですが、少なくとも野菜ではこんな事したら、種が腐ってしまい芽が出なくなりますよ。それとも草花ですか?

Qポットでの育苗で使う培養土

ポットで種から育苗する場合、使用する培養土によって成長の大差はありますか?やはり高級なもののほうがいいでしょうか?

Aベストアンサー

タネからの苗作りなら「プラグトレイ」というものをつかっての育苗がもっとも効率的で失敗が少ないとおもいます。いきなりポットでは発芽しなかった場合に用土もムダになります。
これはポット苗を生産している現場で使われている方法です。

まずタネの大きさでトレイのマス目の大きさを選びます。
2,4センチサイズと4センチサイズの2種類くらい用意しておけばほぼどんなタネにでも使い回すことができます。この方法の難点は苗がたくさんできてしまうというところでしょうか。あとから元気がなさそうな苗は間引けばいいということもありますから挑戦してみてください。

用土も専用のものを売ってはいますがこれも業務用がほとんどで一般家庭では多過ぎますから、次に挙げる基本用土を2ミリ目のふるいでふるって下に落ちた細かいもの全て等量で配合し使ってください。
川砂、ピートモス、クン炭、バーミキュライト、パーライト、バーク堆肥です。
上に残った粗い用土は鉢上げの時の用土としてとっておけば良いでしょう。

次に、種まきですが、配合した用土をトレイ全体のマス目に手のひらで広げて行きます。
ワシ箸などの先を尖らせたものでタネが2~3粒分(大きさにもよりますが)入る程度の穴を突いて作ります。
ここからがちょっと面倒ですが、この穴に2~3粒くらいずつ先ほどの割り箸をつかい落としていきます。
タネが全てのトレイに蒔けたら(品種は違ってもいいですが札を付けてわかるように)あとはできるだけやさしいシャワーで水やりをします。
このときシャワーの勢いが強いとタネが底や上から流れ出てしまいます。優しくシャワーをかけるとタネは自然に覆土されます。
あとは表土を乾燥させないように管理し、発芽が揃い本葉が出始めたあたりで通常の2~3倍程度に薄めた液肥を施し、その後は表土が乾いてからの水やりに変えます。
あとは2~3週間に一回くらいの割合で同じ濃度の液肥を施します。
間引きは本葉が4枚以上になってからします。
最終的にはマス目ひとつにひと苗にしますが、同じくらいの大きさのものなら発芽しなかったマス目に植え替えてもいいでしょう。
本葉が10枚前後になったら2~3号ポットへ鉢上げします。このとき先ほどのふるいに残ったものを使います。
この鉢上げの時点で根鉢が十分に形成されていれば大成功です。
このままでもハンギングバスケットやコンテナーなどに使えます。

また大きめのプラグトレイは挿し芽の苗床としても使えます。用土は同じです。

蛇足ですが、ヨーロッパでの育苗は冬寒いこともありタッパのようなものにスポンジを敷き水分を切らさないようにもやしを育てるような感じで育苗すると聞いた事があります。
種まきから発芽にかけては水やりや用土も当然ですが、日光が一番の重要な要素です。
陽に当てないと発芽しなかったり、逆に陽に当てると発芽しないものもあると聞きます。
発芽してからは水やりと施肥が重要になります。発芽までは液肥など速効性の肥料は必要ありませんが、発芽してからの施肥時期を逃すと生育がよくありません。

用土(培養土)はよほど劣悪なものでもないかぎりそれほどこだわらなくても水やりと施肥、日当りの条件さえ整えば元気に生育します。
ホームセンターなどの特売品の中には鉄くずや木くずなどの破片が入っているようなものまであります。このようなものは論外でケガの恐れもありますからよくないのは当然ですが、用土の一番の条件はよく聞かれることだとおもいますが、「水はけが良い事と水保ちが良い事」です。この二律背反する条件を高度にみたしていることが良い土となります。そのためにあらゆる基本用土を用途に見合った配合にするため試行錯誤するのです。

培養土の値段は高いのがいいとかではなく、上記した条件が整えばあとは水やり、施肥、日光という諸条件も欠かせない要素となるのです。

タネからの苗作りなら「プラグトレイ」というものをつかっての育苗がもっとも効率的で失敗が少ないとおもいます。いきなりポットでは発芽しなかった場合に用土もムダになります。
これはポット苗を生産している現場で使われている方法です。

まずタネの大きさでトレイのマス目の大きさを選びます。
2,4センチサイズと4センチサイズの2種類くらい用意しておけばほぼどんなタネにでも使い回すことができます。この方法の難点は苗がたくさんできてしまうというところでしょうか。あとから元気がなさそうな苗は...続きを読む

Q種蒔き→発芽→ポット上げ

またよろしくお願いいたします。

普通、花の種をセルトレー等に蒔き発芽し、ある程度の大きさになった時点でポット上げをすると思います。

私は、発芽率が良くてもこのポット上げをしたあとの生存率がすごく悪いんです。
(成長が遅いのもあり、過去に質問しましたが明確な理由は解りません:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4878161.html)
草花の種類の関係なく、ポット上げしたあと半分は殆ど成長することなく枯れてしまいます。ポットからプランター等への移植はある程度成長しているからか、大体うまくいくのですが。

ポットは新品を使用しています。
虫などに食べられるのではなく枯れていくのですが何が原因なのか全然解らない状態です。
ポット上げの方法を、使用用土・移植方法・その後の置き場所など、詳しく教えてください。
またポット上げに関する事を詳しく説明したサイトなど、御存知の方教えて頂けますでしょうか。

Aベストアンサー

私は今春もセルトレーに20種類の花を播種後、3号ポットへ1000本以上植替えてますが、うまく育たないのは1%以下です。セルポットの苗は本葉が4枚になった元気な苗(発育が遅れてる苗はポット上げしてもうまく育たないです)を、又表面土が乾いた状態でピンセットを使用して行うと用土が崩れず、根を切ることが少ないようです。ポット上げする際の用土は市販の花の土を使用しています。ポット上げ後2日間は直射日光を避けています。徒長を防ぐ為、水遣りは朝だけにしています

Q肥料をまいて、どのくらい待てばいいのですか?

こんにちは
大抵の手引きには、苦土石灰・化成肥料・堆肥などを混和して、10日程度放置、とありますね。私は酸度をみながら苦土石灰・消石灰をやったりやらなかったりしてますので、「石灰類をやってない所はすぐ種まきや苗を植えてもいいんだろうか?」などと疑問がおこります。
あらためて、各資料類を土に混和してから、種まき・定植まで放置しておかなければいけない期間を教えてください。
1.消石灰
2.苦土石灰
3.化成肥料
4.有機肥料(化成のような粒々の市販品ですが有機100%のものです)
5.堆肥(雑草を乾燥、寸断、加水、積込みしておいた完熟のものです)
以上、それぞれ個別に種まきや定植するまでの待機日数を教えて下さい。
また、全種は一度に使いませんが肥料(化成か有機どちらか)と堆肥は必ず使い、石灰類は酸度により使用か不使用かです。
いままでは、一度にまいて耕起していましたが、組み合わせの良否もあるとおもいます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず注意しなければならないのは消石灰とアンモニア態の肥料を一緒に散布するとアンモニアガスが発生して植害を起こす事がありますから同時の施肥は避けてください。最初に消石灰を入れて耕運して7日ほどしてから化成肥料や単肥を入れてください特に硫安は注意が必要です。堆肥と石灰を一緒に入れても差し支えありません。苦土石灰の場合は気にする必要はありません。化成肥料は効き始めるまでに7日ほどかかりますが入れてからすぐに植えても差し支えありません。有機肥料の場合有機質を配合した配合肥料か有機質を発酵させたぼかし肥かで使い方は違いますぼかし肥の場合はすぐに植えても差し支えありませんが配合肥料で特に油かすが多い場合は施肥後に発酵が始まりガスで土壌中の酸素が不足して活着が悪くなる事があります。配合肥料の場合は施肥後10日以上開けて耕運してから定植した方が間違いありません。

Q種まき用土でいつまで育てていいのでしょうか?

9cmのポリポットにホームセンターで売っている「種まき用土」を入れて
野菜類の苗を育てていますが、発芽はするその後の成長がよくありません。
(双葉は出るが本葉が小さいままいつまでも定植できそうにならない)
去年から何種類かやってきましたがだいたいいつもこの調子なので、
もしかして「種まき用土」というのはセルトレーで芽出しするまでの土で、
その後(ポットに植え替える際)は通常の培養土で育てるものなのでしょうか?
「種まき用土」には肥料が入っていないと聞いてますので、本葉が育たないのは
それが原因だとしたら私はバカなことをやっていたのではないかと
急に不安になりました。
種まき用土でどこまで育ててよいものでしょうか?
9cmポット苗を作るのに(定植前まで)使うと問題ありますか?

Aベストアンサー

種まき用の培養土には 腐葉土や堆肥など 肥料は混ぜられていません
発芽は種子内の栄養で進みますが 小さな種子ですと子葉が開ききった後数日くらいで使い切ってしまうだろうと思います
その後は土の肥料分と光合成に養分とで体を大きくしていきます

蒔き土は 堆肥などが含まれて居ないほうが 病気にかかるリスクが少ないのでそうした物が売られている
1センチ程度のつながり育苗トレー セルポットなどに 蒔き土を使って蒔く 本葉2~3枚で 植え替え

9センチポットに蒔く場合は  土は表面から3センチほどは蒔き土 下は通常の培養土という風に層状にする
蒔き土だけではせいぜい二週間くらいで 後は追肥をしないと大きくは成りません

Q農薬を使わない野菜の害虫駆除方法は?

庭で野菜(サラダ菜)を栽培しています。青虫ならず、小さい黒虫がせっかくの野菜を食い荒らします。農薬以外に害虫駆除方法がありますか?

Aベストアンサー

多少規模の大きな家庭農園で、京野菜を有機・無農薬で栽培しております。昔滞在していたイギリスでは、バラ、果樹、野菜の害虫に悩んでおり、彼らはOpen Gardenも楽しみなため、農薬を使わない害虫の忌避、殺虫法に強い関心を寄せております。一方、ケニアでは、良い農薬もあるのにと何の話をするのかと、お茶の話題にもなりませんでした。
(1)忌避
・日本では、「ストチュウ」の散布が普及しております。食酢、木酢、焼酎の希釈液を定期的に噴霧することで、作物生育を促し、同時にいくらかの忌避作用が青虫やウリバエにあります。ただし、悪乗りして**菌を添加しても、効果はありません。
http://kame65.seesaa.net/category/4243824-1.html
・不織布を利用し、虫の接触を断ちます。寒冷紗の使用は作物の生育を遅らせるのでお勧めできません。
・鳥よけに使われるキラキラ反射するカラーテ-プと、シルバーのマルチフィルムは、アブラムシ防除に有効です。
・堆肥の施用は播種・移植の1週前とし、完熟の堆肥を使用します。
(2)駆除
・園芸愛好家は「Green Finger」と言われておりますが、これはアブラムシを見つけ次第、指で殺すため赤緑に染まるため付けられた名称です。アブラムシ、青虫、毛虫は殺すか遠くに投げます。これがもっとも有効かもしれません。
http://www.eiga-kawaraban.com/01/01021602.html
・アブラムシは、蟻のサポートがありますので、なかなか撲滅できません。私は牛乳原液をアブラムシに向けて噴霧します。臭いが気になれば、乾いた翌日水をかけます。最近は噴霧式の洗たくノリもありますので、これも使えそうです。

 色々と試みましたが、天敵の利用などは施設園芸での話で、この程度の技術しか利用しておりません。キャベツ、ブロッコリでは無農薬では虫の害で商品にはなりませんし、不織布栽培しても価格競争で負けます。トモロコシでは、アワノメイガの害に毎年悩まされた結果、離れた畑で農薬を2回使います。試しにハーブを作物の中間に植えてみましたが、300坪の畑では、作業が煩雑で中止しました。
結論:(1)時期外れの作物は植えない。(2)土を作り、作物は順調に生育させる。(3)しっかり観察し、病気、虫の害を早く見つける。こんな基礎が大切です。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3380698.html

多少規模の大きな家庭農園で、京野菜を有機・無農薬で栽培しております。昔滞在していたイギリスでは、バラ、果樹、野菜の害虫に悩んでおり、彼らはOpen Gardenも楽しみなため、農薬を使わない害虫の忌避、殺虫法に強い関心を寄せております。一方、ケニアでは、良い農薬もあるのにと何の話をするのかと、お茶の話題にもなりませんでした。
(1)忌避
・日本では、「ストチュウ」の散布が普及しております。食酢、木酢、焼酎の希釈液を定期的に噴霧することで、作物生育を促し、同時にいくらかの忌避作用が青虫や...続きを読む

Q【超初心者】です。花屋でポリポットに入った苗?花?を買ったらその後具体

【超初心者】です。花屋でポリポットに入った苗?花?を買ったらその後具体的にどうするのでしょうか?

初歩的な質問ですみません。お付き合いくださりありがとうございます。

家の郵便受けの足元(土です)に30センチ位空きがあるので、そこに動物のテラコッタを置くつもりです。

で、中にお花を入れたいのですが、私29歳にして園芸というかお花の知識がほぼないのです。
お教えください。

●花屋で売ってるポリポットに入ったものは苗なんですか?花なんですか?あのポットは仮の物なんですか?
あのポットのまま庭に飾ってる人なんていないんですか?

●花屋でポリポット入りの花?を買ったら、家に持ち帰ってズボッと中身を抜いてテラコッタへ移せば完了ですか?
そもそも花屋で買った物は必ず鉢やポットに移し変えるのが常識なんですか?

●栄養のある土(培養土?)ってよく売ってますが、アレってポットやテラコッタを使う人には必要ないですかね?
それとも土をポットなどに敷き詰めてそこへ買ってきた花?を植えるんですか?

以上、宜しくお願いします。

【超初心者】です。花屋でポリポットに入った苗?花?を買ったらその後具体的にどうするのでしょうか?

初歩的な質問ですみません。お付き合いくださりありがとうございます。

家の郵便受けの足元(土です)に30センチ位空きがあるので、そこに動物のテラコッタを置くつもりです。

で、中にお花を入れたいのですが、私29歳にして園芸というかお花の知識がほぼないのです。
お教えください。

●花屋で売ってるポリポットに入ったものは苗なんですか?花なんですか?あのポットは仮の物なんですか?...続きを読む

Aベストアンサー

まずポリポットと言うのは黒いビニールポットの事だろうと思います。
これは種蒔きの際に使用したり、樹木の苗の土を移植まで落とさないよ
うにする時に、一時的に使用する仮の鉢と思って下さい。
鉢に植えたままの方が購入者は管理がしやすいのですが、生産者側から
すると鉢(焼き物鉢やプラ鉢など)に植えてから出荷すると、コスト面
で採算が合わなくなってしまいます。苗の価格が高くなると購入する人
も少なくなるので、少しでも安くなるように生産者が考えた方法です。
畑に種蒔きをしてポットに入れるより、最初からポットに土を入れた方
が作業がはかどり、人件費も少なくなり価格を上乗せする必要も無くな
ります。家庭でも農家でも、最近ではポットに種蒔きをする人が増えて
いるようです。

ポットに入っている物ですが、花の苗であったり野菜の苗だったりしま
す。ほとんどのポットにはラベルが付けられているので、この苗が何の
植物なのかはラベルを見れば分かります。
樹木の苗に使用されている時は、ラベルは幹に付けられています。

先程に説明しましたが、ポットは一時的に使用する仮の鉢なので、この
まま鉢として使うのは出来ません。素材が黒いため太陽光線で得た熱で
鉢内が蒸れて根を痛めてしまうからです。また植物は生長と共に根を張
らせますから、ポットが破けたりして栽培が出来なくなります。

移植する時にはポットを外し、花壇や土が入った鉢に植えれば作業完了
になります。植物の種類によっては土を少し崩してから植え付ける物も
ありますが、普通はポットを外した状態で移植をします。

培養土とは栄養がある土ではありません。培養土の中に最初から肥料が
混ぜられてあれば、その培養土には養分が含まれている事になります。
そうでなければ、培養土に含まれている栄養は微量ですから、肥料を与
える時期には新たに肥料を施さなければいけません。植物を栽培する時
に、栽培する植物に適応するように作られた土と思って下さい。

テラコッタとはイタリア語で、素焼きの土器と言う意味があります。
1000℃から1300℃の温度で焼かれた焼き物の鉢ですから、通常
は培養土を入れて植物を栽培します。ポットに使用されている土の量と
テラコッタの空間を見比べて下さい。ポットの土の量だけで足りると思
いますか。足りませんよね。

ガーデニングには色んな作業があります。超初心者の方に全てを説明す
るのは難しいので、書店に売られている「はじめての」と書いてある本
を購入して、少しづつ勉強されて下さい。始めは難しいかも知れません
が、慣れてくれば楽しくなります。

まずポリポットと言うのは黒いビニールポットの事だろうと思います。
これは種蒔きの際に使用したり、樹木の苗の土を移植まで落とさないよ
うにする時に、一時的に使用する仮の鉢と思って下さい。
鉢に植えたままの方が購入者は管理がしやすいのですが、生産者側から
すると鉢(焼き物鉢やプラ鉢など)に植えてから出荷すると、コスト面
で採算が合わなくなってしまいます。苗の価格が高くなると購入する人
も少なくなるので、少しでも安くなるように生産者が考えた方法です。
畑に種蒔きをしてポットに入...続きを読む

Qミニトマトの葉が黄色くなって・・・

ベランダで育てているミニトマトの葉が黄色くなってきてしまいました。
もう終わりなんでしょうか?でもまだトマトは4個くらいしか食べていません。
他のトマトはまだ青いです。
そういう病気もあるんですか?教えてください。

Aベストアンサー

トマトは、他の野菜類に比べて、かなり肥料食いです。
元肥を入れていたとしても、成長に伴って、追肥が必要になってきます。
トマトに限らず、葉が黄色くなるのは、肥料不足のサインです。
ベランダということなので、たぶん、プランターかと思いますが、地植えにくらべて、特に肥料不足になりやすいです。
今からなら、即効性の化成肥料を与えれば、復活する可能性があります。
また、カルシウム分が不足すると、
尻腐れ病といって、実(青いあいだでも)のおしりの部分が、茶色くなってきます。
ちょっとお値段高めですが、カルシウム入りの化成肥料も出ていますよ~。
枝の下の葉から、順番に黄色く枯れていくのは、葉の寿命で「お役目ごめん」なので、心配はありません。カビがでやすいので、取り除くといいですね。

Q米ぬかを肥料として使用できますか?またその使い方は?

家の近所に米ぬか自由にお持ち帰りくださいとしてその軒下にたくさん置かれているのを今日少し頂いて帰りました。そこで質問です。

米ぬかは肥料として使えますか?直接畑に撒くなどするのは適切ではないのでしょうか?いったん腐植土にするのでしょうか?

もし肥料に出来る場合はその使い方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家庭菜園にて肥料として使っています。


キャベツの場合

ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。
その溝に米ぬかを300g/m位入れ、その上に鶏糞を300g/m、過リン酸石灰を1にぎり/m入れます。
過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。
あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。
仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。

ほかにも同様のやり方で育つものとして、

トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。


土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。
もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング