超保険貧乏です。保険、これでいいんでしょうか?知恵を貸して下さい!!!
6年前に家を新築してローンもあるし家計の見直し考えてます
主人42才、私32才で共働き 子供3人でそれぞれ500万ずつ学資保険かけてます
(1) 65才払込終了65才まで 3816円/月
死亡保険金 600万 災害割増特約 450万 傷害特約災害保険 150万
(2) 65才払込終了65才まで 10682円/月
死亡保険金 1200万 災害割増特約 900万 傷害特約災害保険 300万
入院給付金 5千円/日
(3) 65才払込終了65才まで 3600円/月
死亡保険金 520万 災害割増特約 396万 傷害特約災害保険 150万
入院給付金 3千円/日
(4) 55才払込終了年金付終身 13045円/月
災害割増特約 500万 傷害特約災害保険 500万 入院給付金 5千円/日
60才まで 死亡保険金 250万 家族年金 150万 (一時金)
~65才 死亡保険金 250万 家族年金 300万(一時金)
65才~ 生存しているとき 終身年金 1万5千円
(5) 60才払込終了特約80才まで 定期付き終身 10986円/月
死亡保険金 2000万(終身200万)災害割増特約 500万 傷害特約険500万
災害・ 入院給付金 各5千円/日(20日以上入院)
(6) 65才払込終了65才まで 10250円/月
死亡保険金 1100万 災害割増特約 800万 傷害特約険300万
災害・ 疾病入院給付金 各5千円/日
ガン入院 1万円/日

ああなんだかわからなくなってしまいました
宜しくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

>1 2人も公務員、教師です


>2 主人600万、私400万ぐらいです
>3 4歳、11歳、13歳です
>4 しました!
>5 実家はありますが、頼れません
>  子供も長期的には面倒見てもらえない状況です

【死亡保障】
・ご主人に万一のトキ
 奥様の年収が850万円未満ならば、遺族年金が受けられます。
 現在~長子18歳まで   1846800円/年
    次子18歳まで   1769700円/年
    末子18歳まで   1538300円/年

 自宅ローンは、「団体信用生命保険(共済)」によってチャラになるので、
 家賃の心配は無くなりますよ。

 と、言うわけで奥様の収入(400万円)と遺族年金が有れば、
 死亡保険なんか要らないんじゃないでしょうか?

 ただ、ご主人が病気等で働けなくなったトキにローンの支払いが
 出来るように、損保の所得保障保険に一本加入しておいた方が
 良いかもしれませんね。
 社保(健康保険)から、一年半の間は「傷病手当金」(月収の約60%)
 が支給されますから、大きな保険金額で入る必要は無いでしょう。

【医療保障】
 お互いに社保(健康保険)が有るのですから、入院時に5000円/日額が
 出るようにしておけば、生活に困ることは無いでしょう。
 上で書いた傷病手当金も出るし、ひと月に支払った医療費合計が、
 63600円を超えたら、超えた部分は後から戻ってきますし。
 
 ガンに付いては、「心配だったら入っておきなさい」位の感覚ですね。
 実際にガンに罹っても、法外な治療費を請求されることはまず無いです。
 私の母は「子宮全摘出@子宮ガン」をやりましたが、自己負担額の合計は、
 自己負担額合計       395860円
 健康保険外負担(食事&文書)  53340円
 支払合計          449200円
 社保払い戻し金      -205060円
   (395860円-63600円×3ヶ月)

 実質負担額         244140円

 くらいのものでしたよ。意外に治療費って掛からないでしょ?


極論で言うと、共働き夫婦は、単品の医療保険にそれぞれ
5000円~6000円/日額が出るように入っておけば
十分だと言うことです。
(それでも心配だと仰るなら、死亡保障を付けるのは自由ですよ。(^^ゞ )
それで浮いたお金は、どんどん貯金しましょう。
死ぬよりも、老後を迎える確立の方が10倍も高いんですから。(笑)
老後にお金が無いというのは、ちょっと辛いですよ。
生保でも共済でも良いですから、いろいろお調べになって納得できる商品に
加入しましょう!!

↓は、私が良く見るディープなサイトです。良かったら一回
見てみてください。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/urajijou/
    • good
    • 0

ほとんどみなさんが答えてしまっているので補足としてですが・・・・・。


奥様が先に亡くなった時は家のローンはそのまま残ります。遺族年金もいろいろな場合(父親の年齢など)によって変わってきますが、一般的に夫がなくなった時ほど貰えません。
母親がいなくなった場合の家計の負担の増加もいろいろと考えられますが、これはその家庭によって全く変わってくるのでなんともいえませんが、いくらかは必要かもしれません。

共働きの場合(奥さんが先生や看護婦さんが多い)は旦那様よりも奥様の保障の方が大きく持たなければならない、と言う考え方もありますよ。
    • good
    • 0

再度の登場ですぅ~~(汗)



#5で計算した遺族年金ですが、公務員の平均給与で算出を
して有りますので、実際の手取りは多少の増減があるかも。

あと、お子様の保険ですが、nagahamaさんが仰るような、
「子供特約」でも良いですが、安く上げるなら「こども共済」
は如何でしょうか。<by都道府県共済
18歳まで加入することが出来て、無駄が無いですよ。
ひと月1000円で、入・通院の保障/他人に対する賠責等が
SETになっています。剰余金の払い戻しもありますので
実質は600円/月くらいですよ。
銀行の窓口に行けば、パンフレットが置いてあります。

やっぱり、自分に必要な保障額というのは、自分じゃないと
わかりません。
保険屋さんに勧められるがママに加入してしまうと、無駄が
無駄を呼んで、トンでもないことになってしまいます。

私が思うに、
1. 健康の維持(運動&睡眠)
2. 預貯金
3. 公的扶助(社会保険や国民年金)
       ・
       ・
       ・
ず~~っと離れて「保険」

という風に考えたらどうでしょうか??
生命保険料の支払いで「あっぷあっぷ」してたら、家族の思い出つくりとか
出来なくなっちゃいますよね?
「お金」を残すのと、「思い出」を残すのを比べたら、子供にとって
どちらが良い影響を与えることが出来るでしょうか?

私も一応は保険屋のハシクレなんですが、最近こんなことばかり
考えてるので、なかなか成績が挙がらないんですよ。(泣)

保険なんてものは、必要最低限入っておけば良いと思います。

 
    • good
    • 0

yuyupapaが説明しておられることで正解だと思います。


子供の入院保障がいるのなら成人するまでの保障として割り切り、ご主人の保険に子供特約として入院保障を加える。(成人した後は保障を必ず除きます。)

できれば、損保の所得補償と家族での傷害保険の加入を勧めます。
生命保険も傷害保険も医療機関に通わないと給付金はありません。しかし、所得補償は、支払の際に厳しいですが自宅療養も支払の対象になります。そして、傷害保険は、けがと法定伝染病(o157等)のみの補償になりますが、通院のみでも支払ってくれます。入院しなくても通院給付金を1日分から診断書なしで払ってくれますので是非に加入してください。

くわえて 個人賠償責任保険も特約で傷害保険にくわえてください。
例えば、子供が間違って友達にケガを負わした。また、自転車でケガを負わせた。飼い犬が他人をかんだ。等の賠償責任が生じた場合に相手の治療費等を払ってくれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました 損保は本当によくわからなくて
これを機会にべんきょうしてみようと思います
ありがとうございました

お礼日時:2001/04/20 12:43

>ああなんだかわからなくなってしまいました


>宜しくお願いします

本当になんだか判らないですね(笑)
ひょっとして、これらは「教弘保険」って奴ではないですか?
<教職員共済会団体保険by協栄(ジブラルタ)&太陽生命
学校に来るオバちゃんに勧められるままに入っちゃったとか?

とりあえず、「共働き」ですよね?どちらかに万一の事が
有っても、一方の収入で何とか生活できませんか?
もし生活していけるのであれば、死亡保障は必要無し!!
自宅のローンは、公庫の「団体信用生命保険」が掛かってい
れば、残金は「チャラ」になるので、売るなり貸すなりすれ
ば、生活費の足しになるでしょ?
死亡退職金だって貰えるし、遺族年金も下りるし、大丈夫
ですよ。

医療に関しては、お互いに「社保」が有れば一日5000円
も出ればOKでしょう。社保からは傷病手当金(月収の60
%が約1年半)も貰えるし、医療費が一ヶ月に63600円
を超えたら、超えた部分は後から戻ってくるし。

もし良かったら、もう少し詳しく教えてください。キチンと
RESしますから。

1.ご主人&奥様の職業(会社員・公務員・自営業等)
2.それぞれの年収(大体で結構)
3.お子様たちの年齢
4.住宅ローン借入時に「団体信用生命保険」に加入したか?
5.万一のときには帰る実家が有るか。また子供の面倒を
  見てくれる人は居るか。

以上の事がわかれば、もっとマシなRESが出来ますよ。

この回答への補足

先ほど、補足の内容をおくってみたのですが、なんだか失敗してしまったみたいなのでもう一度おくります
もしも一度送られていたらダブりです
すみません
1 2人も公務員、教師です
2 主人600万、私400万ぐらいです
3 4歳、11歳、13歳です
4 しました!
5 実家はありますが、頼れません
子供も長期的には面倒見てもらえない状況です

補足日時:2001/04/09 23:54
    • good
    • 0

.......。

この他に学資保険をかけてるんでしょうか?だとしたら、とてもすごい保険料になりますよね。
パッとみでの私の個人的な感想なんですが、
(6)が、終身保険じゃないという前提で、(1)(2)(3)(6)を解約。
(4)の年金付終身の意味がちょっとわからないのですが、普通の定期特約付終身保険かな、と思います。だとすると、これも解約してもいいのではないでしょうか。
そして、(5)をベースに医療面の特約を付加、または単品の医療保険をプラス。
いつ頃のご契約なんでしょうか?今は5日以上入院が主流なので、会社によって、切り替えしてくれるので、一度問い合わせてみてはいかがでしょう。ただし、4日分は免責になります。
死亡保障ですが、家を新築したのであれば、その時に住宅にはご主人に保険がかかっているはずですし、学資保険もあると言うことなので、2000万円前後で大丈夫なのでは。(学資保険に育英年金がついている前提で)

この回答への補足

ありがとうございます 自分でもいろいろ不明なところがありますので
補足させていただきます
(5)の保険は昭和61年の契約です 20日以上の入院なんてあんまりないのではないかと思っていたので切り替え可能と知りうれしいです
(4)の保険は、終身年金付家族収入保険となってます 主契約の給付として、65歳までに死亡すると、死亡保険金と家族年金が65歳より長生きしたら終身年金が支払われ65歳より後に死亡したら終身年金と同額を支払うって書いてありますよ
うーん、つくづくよくわかりません

補足日時:2001/04/09 23:58
    • good
    • 0

率直な印象として明らかに掛け過ぎだと思いました


お子さんの学資保険は別として死亡補償や災害特約など
同じ補償に何本も入っているのはどうかと思います
(1).(2).(3).(5).(6)はおそらくほとんど同じ
内容のプランだと思いますのでどれか一つに絞りそこで
補償面を厚くしておけば十分だと思います
また災害割増特約などはそれほど厚くしておかなくても
良いと思います
確かに三宅島の噴火や中部地区の地震などがあり不安になられるお気持ちも分かりますが現在のように全てのプランにつける必要はありません
この機会に見直しをされるのであればまず特約部分の補償を削りご主人に万一のことがあった場合の死亡補償とその後のご家族の生活資金にできる年金タイプのプランにまとめておきご家族がけがをしたり入院したりした場合の医療費用は損保の家族傷害保険や医療費用保険でフォローするような方向で検討されてみてはいかがでしょうか
個人的な意見ですが(1).(2).(3).(5)はやめてしまって(6)のプランで死亡補償を2000万円ぐらいに増やし特約は入院給付金ぐらいにとどめておいて
損保の医療費用保険に加入するような形にされてみては
いかがでしょうか

この回答への補足

ありがとうございます
馬鹿な質問で申し訳ないんですが、やめるということは解約ということですか?
実はこの保険会社は、今解約すると通常の解約のほかに
ペナルティがついて解約率?が悪くなるらしいんですよ
やめるにしてもほかに方法がないでしょうか?

補足日時:2001/04/10 00:08
    • good
    • 0

質 問


No.59395 質問:「病気かもしれないときの保険のみなおし」 を参考にしてください. 超貧乏とおっしゃるわりに保険料の支払いスゴイですね.
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続税と生命保険控除について

数年前に父が無くなり自宅等不動産を処分して母と私で少額ではありますが遺産相続をしました。
現在、母と私の分を合わせて母に相続用生命保険として加入してもらっています。
母が無くなった場合、3000万の保険金が下りることになり、現金を1000万程預金しています。
3000万まで控除なり1000万に対して相続税を支払うのか?それは何%でしょうか?
それとも、生命保険控除500万で残金2500万に対して生命保険の相続税がかかり、預金の1000万にも相続税がかかるのでしょうか?
できるだけ詳しく知りたのですが、、、、、

Aベストアンサー

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

結論から言うと合わせた遺産に相続税が
かかりますが、
ぎりぎりセーフ(非課税)です。

生命保険控除はあまり効果がないんですよね。
A^^;)

法定相続人はあなた1人ですよね?
①相続税の基礎控除
3000万+600万×1人=3600万
②生命保険の控除額
 500万×1人=500万
 従って
 3000万 – 500万=2500万が
 相続税の課税対象となります。

③課税対象合計
 ②の2500万+金融資産1000万
 =3500万

 ③の3500万-①3600万
 =-100万となり、非課税です。
 
 他にないですよね?お住まいとか…

 いかがでしょうか?

参考URL
http://www.jili.or.jp/lifeplan/houseeconomy/succession/11.html

Q災害割増特約と傷害特約の違い

 災害割増特約と傷害特約の違いがいまいちわかりません。どちらも死亡したときは災害死亡保険金がおりるようですが、災害割増特約は高度障害状態になったとき災害高度障害保険金がおり、傷害特約は身体障害状態になったとき傷害給付金がおりるそうです。高度障害状態と身体障害状態は違うものなのでしょうか?また、災害高度障害保険金と傷害給付金は支払われる額はちがうのでしょうか?

Aベストアンサー

●災害割増特約
 不慮の事故による死亡・高度障害について保険金を支払う特約です

●傷害特約
 (1)不慮の事故による死亡について保険金を支払います
 (2)不慮の事故により、体に障害を負った場合、その障害の程度に応じて、決められた割合の傷害給付金を支払います

傷害特約の身体障害とは、1級から6級にわけられており、それぞれ特約金の10割~1割の間で給付割合が決められています。
そして、身体障害の1級(10割給付)が、災害割増特約の高度障害状態と同等のものになるわけです。

つまり、わかりやすく言えば、傷害特約は、災害割増特約から、給付対象の障害状態の幅を広げたものであるということです。

災害割増特約は、掛金が安いので、一般的に大きく設定されます。
傷害特約は、1,000万円を上限に設定している会社が多いです。

ほんと、約款ってわかりにくいですよね。

Q生命保険の 受取の相続税は

母、子が10人 とします。

母の財産は 現金4億5千万円、さらに 生命保険に 5千万円入ってたとします。

母の 死後 9名の子が それぞれ 現金を 5千万円受け取り、

残りの1名が 生命保険の 5千万円を 受け取った場合、

生命保険の 5千万円を 受け取った子は 生命保険の控除ということで

相続税を 払わなくて すむでしょうか。

Aベストアンサー

4億5千万に対してかかります。
それを、実際の相続分で按分します。
生命保険の5千万は非課税(500万円×10人)です。
なので、確かに生命保険を全額相続しても相続税はかからないということになりますね。
でも、4月からは、被相続人と同居している相続人の人数しか非課税にはならなくなります。

Q新災害割増特約について

こんにちは。

生命保険の見直しを検討しているのですが、現在、39才、独身、男性ですが、事情で、仕事が、バイトのみの
収入になっています。
過去に契約した保険で、終身保障3000万、他の特約も
あり、年間40万弱支払っております。
最近、経済的理由から、保険の特約について勉強している
中で、新災害割増特約というものが、疑問になっております。

その新災害割増特約というのは、想像するかぎり、地震や
火災などで生じた疾病のときだけに支払われるものかなと
思っているのですが、如何なものですか?
間違っていれば、どのような災害に該当するのですか?
実際問題上、そういう災害で生じる外傷や疾病の確率は、
極めて低いと思いますので、災害特約の必要性は少ないと
思うのですが、如何なものですか?

ご多忙中のところお願いします。

Aベストアンサー

新災害割増特約・・・・これってニッセイかな?

 不慮の事故で死亡・高度障害時に普通死亡にプラスされて支払われる名称通りの特約です。#1の方がおっしゃっている通り、保険料は何十円何百円のものですので、保険料の削減ってことにはあまり貢献はできないかとおもいます。

 終身保険で3000万円あるのであれば安いでしょうから・・・減額もいいかもしれません。でも・・・多分定期特約付き終身保険ではないかと思われます。
 それとも、かなりお若いときに加入されたのではないのでしょうか?そうならば、単体の終身保険でも分かるのですが・・・

 保険料を減らしたいのであれば、方法は4つほどあります。
1・解約
2・減額
3・払済保険に変更
4・延長(定期)保険に変更です。
4については、独身だということですのでお勧めできません。

 減額して続ける方法と払済保険にして医療保険を一つ加入する方法。
 これが一番お勧めですね!!
 
 払済保険は変更するとすべての特約が消滅します。(リビングニーズ特約だけは消滅しません)今ある解約金で一時払いの終身保険を買うという感じです。なので死亡保障は下がります。払戻金はありません。払済保険の予定利率は元の契約の利率が適用になりますので、H6年以前に加入されたのならばその方がいいかもしれません。

 裏技として、契約者貸付をいくらか受けられてから払済保険に変更すると一時金を手に出来、それを医療保障にまわすというのもいいかもしれません。その場合は、払済保険の死亡保障は下がります。

 減額の場合は、一部解約となりますので解約払戻金がありますから、元の契約の医療特約もはずして、その資金で医療保険をまかなうのもいいかもしてません。

 ただし、年払いということなので払い込みの月まで待ってから減額することをお勧めします。途中で減額しても経ってない月の分の保険料は戻らないので損ではないかと思います。

 今収入が途絶えたときのため(病気や怪我で働けなくなった状態)の保険に見直しされることと、保険料で生活が苦しくなるようなことにはならないようにしましょう。
 
 他に何かあれば補足して下さい。
 

新災害割増特約・・・・これってニッセイかな?

 不慮の事故で死亡・高度障害時に普通死亡にプラスされて支払われる名称通りの特約です。#1の方がおっしゃっている通り、保険料は何十円何百円のものですので、保険料の削減ってことにはあまり貢献はできないかとおもいます。

 終身保険で3000万円あるのであれば安いでしょうから・・・減額もいいかもしれません。でも・・・多分定期特約付き終身保険ではないかと思われます。
 それとも、かなりお若いときに加入されたのではないのでしょうか?そうなら...続きを読む

Q相続税対策としての生命保険について

相続税対策としての生命保険について教えてください。
被相続人(父)、相続人(長男)の場合です。
よく聞くのが次のパターンです。

契約者:父
支払者:父
受取人:長男

こうすると500万円×法定相続人が相続税の課税標準から控除されますが、
例えば法定相続人が息子以外に、母、二男がいるとすると、1500万円が控除されるのでし
ょうか?
生命保険の受取人は長男1人ですが、控除額は×3人で計算してもよいのでしょうか?


別のパターンとして長男の生命保険に父が契約し、支払う場合

契約者:長男
支払:父
受取:長男の嫁

このような場合、長男が亡くなると、長男の嫁に生命保険が入ってきます。
このような場合、法定相続人ではない長男の嫁が受取人でも、500万円×3人=1500万円
が控除されるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ニュアンスは分かりますが、
確認です。
別のパターンとして長男の生命保険に
父が契約し、支払う場合
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
ということですよね。

下記が参考になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1750.htm
被保険者 支払者 受取人
① A   B   B 所得税
② A   A   B 相続税
③ A   B   C 贈与税
の3パターンのうち、
質問の前半が②、後半が③
となります。
つまり後半の
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
は、相続とはならず、
父から長男の嫁への贈与
となります。

長男の嫁は直系尊属ではないので
一版贈与となります。
1500万-基礎控除110万
=1390万(課税価格)
1390万×税率45%-175万
=450.5万(贈与税)
となってしまいます。

あまり良いパターンではないと
思います。

いかがでしょう?

参考
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

ニュアンスは分かりますが、
確認です。
別のパターンとして長男の生命保険に
父が契約し、支払う場合
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
ということですよね。

下記が参考になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1750.htm
被保険者 支払者 受取人
① A   B   B 所得税
② A   A   B 相続税
③ A   B   C 贈与税
の3パターンのうち、
質問の前半が②、後半が③
となります。
つまり後半の
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
は、相続とはな...続きを読む

Q主契約の払込期間が満了し、災害・医療関係特約の保険期間を80歳満了に更

主契約の払込期間が満了し、災害・医療関係特約の保険期間を80歳満了に更新する事が出来ると言われました。
入院5日目から1日5000円の保証で、一括80万程の支払額です。かつて抗がん剤治療を受けていますが癌保険には加入しています。更新したほうが良いか迷っています。助言をお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。お答えしたくて登録したばかりですが…

80歳までの保障ですよね?もしガンを患っていなければ、終身の医療保険がいいのですが…無理ですね(>_<)しかし、5日目からの給付は古いタイプの保険です。やはり短期入院から保障される1日目からがいいのでは…。

残念ながら、更新をせざるを得ないかと思いますが、商品の変更はできないか?担当に聞いてはいかがですか?入院1日目からの保障はできないか?

医療の特約は大事ですが、災害の特約はいらないのでは?もし普通死亡の保険が200万程度あるならそちらの特約は解約でよいのではないでしょうか?

できるだけ、安くする方法がよいです。というのもすべて掛け捨てですから・・・

あまり参考にならないかと思いますが・・・・以上です。

Q相続放棄 生命保険

次の場合は、生命保険金がもらえますか?
親が、死んだこどもの遺産を相続放棄をした場合。
親が保険の契約をし、子供に保険をかける時。
1,受取人が親の場合。親がこどもの遺産相続放棄しても
もらえる・もらえない
2,生命保険金の受取人が、死亡した子供の場合。掛け金を払っていた親が遺産相続放棄をすると
もらえる・もらえない。

Aベストアンサー

>要するに受取人の名義が誰かがポイントということと解釈してよろしいかと・・・・。
その通りです。ただ、死亡した本人が受取人となる死亡保険という契約はありませんので、そもそも2.の質問は成り立たないという事です。私もNo3さんも述べている通りです。

>そうです 養老保険です。「これは、私ごとですが、私も、子供を受取人に指定しているかもしれないと思います。(忘れました)満期共済金額が子供に行くようにしています。30年後ですがね
満期保険金が子供に行くように契約している(=被保険者が子供)となると、その場合死亡保険金の受取人が子供本人ということはあり得ません。
http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_money/w001841.htm
(養老保険とは、契約期間中に死ぬと遺族に死亡保険金が、生存して満期を迎えると本人に満期保険金が支払われるタイプの生命保険のこと。)

Q保険料払込免除特約は必要?

特定疾病保険料払込免除特約って、付ける価値はありますか?
保険料が500円くらいしか違わないのなら付けた方が良いという人、当てはまる条件が厳しいから要らないという人、価値観は人それぞれですから当たり前なんですけど。入ろうとしていた保険にその特約が付けられないことを知り、その理由だけで他の保険に変えるべきか、特約なしでもやっぱりその保険にしておくべきか悩んでいます。この特約がとってもとっても価値あるものなら考えるまでもないのですが。色々な人の考えを聞きたいです。

Aベストアンサー

払込免除特約は保険を続けるための保険と考えてはいかがですか?
ちなみにJA共済では払い込み免除制度となっており、特約ではないので
掛金を余分に払う必要はありません。
加入時点で108項目?の払い込み免除制度が付加していますよ。

Q生命保険の相続税非課税について

保険金500万円X相続人の数までの生命保険金には相続税はかからないそうですが、これは、相続税の申告書を提出して初めて適用されるものでしょうか?

Aベストアンサー

被相続人の死亡によって取得した生命保険金や損害保険金で、その保険料の全部又は一部を被相続人が負担していたものは、相続税の課税対象となります。
おっしゃるように非課税限度額がありますが、その適用条件に「申告書の提出」はありません。

申告書を出していても、出してなくても、「保険金500万円X相続人の数までの生命保険金には相続税はかからない」です。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4114.htm

Q三大疾病による保険料払込免除特約は必要でしょうか?

こんにちは。
私は29才女性、終身の医療保険加入を検討中です。
色々考えてDr.ジャパンに入ろうかと思っているのですが、
「三大疾病による保険料払込免除の特約」を付けるかどうかで迷っています。

もともと特約は無しで良いかなあと思っていたのですが、
代理店の方に「これは付けた方が良いですよ」と勧められ迷い始めました。
代理店の方いわく「うちで申し込む9割以上の方が付けてます」との事。

もちろん人が付けているから付けるという訳ではないのですが、
やっぱり付けておいた方が安心かなあと思ったり、
特約保険料(350円程)もかかるしわざわざ付ける必要ないかな
と思ったりで揺れています。

主人の医療保険なら間違いなく付けたと思うのですが、
妻の方にも付けた方が良いのか・・・本当に悩みます。

みなさん、どうお考えですか?
アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

保険は「もしそうなったら・・」の為に加入しますよね。yuzu55さんが三大疾病になったら、とイメージして下さい。その時に保険料払込免除の特約は必要ですか?

付けるメリットとしては、当たり前ですが月々の支払いをしなくても入院すればお金が貰えることです。三大疾病になったら他の保険に加入することは(殆ど)無理でしょうから、その保険をずっと続けていくようになります。長生きをすればいずれその保険は時代遅れ?になってしまうかも。それでも続けていかなくてはならないとしたら?
ただ終身の医療保険の保険料自体はそれほど高額ではなかったと思いますので、免除にならなくても支払いが継続出来るから関係ない、といった考えもできますが。

350円位なら付けておいた方が良いかも。30歳の女性で今後20年以内に三大疾病になる確率は8.5人に一人です。また患者さんは全年齢合計430万人以上います。(H14年厚生省の患者調査)
自分には必要ないと思うならもちろん付けることはありません。


人気Q&Aランキング