タイムカードの不正打刻による件なのですが、調べたところかなり悪質なのでどのような処分が適当か教えて下さい。
不正者は総務の業務に携わっており主任という役職です。社内では勤怠時間を管理する立場にいます。
この主任が週に1から2回、退社時刻を打刻せず後日1回5から6時間上乗せした時間にタイムレコーダーを不正に操作して打刻し、月間20から30時間ほど残業代を受け取っています。また架空のパートタイムの人物のタイムカードを作成し月間3から5万円受け取っています。
社則には不正打刻に対する処分は謳われていませんが、管理する立場としていかがなものなのでしょうか。
近々処分を考えていますがどの程度の処分が妥当なのか参考にしたいと思います。
ちなみに私は本社より出向しており、今回の件を知りました。この営業所の所長もこの件は知っていて黙認しています。

A 回答 (3件)

厳正な処分が必要だと思います。

それでなければ組織がもちません。

営業所ぐるみの組織的犯罪です。処分の方向は明らかだと思います。本人はもとより営業所長も懲戒解雇に値します。こうしたことが重い処分に付されることを規定していない就業規則があれば、欠陥の就業規則です。

>就業規則に「不適切な行為云々」は謳われています。
この規定で今回の処分の根拠規定になり得ますが、

>社則には不正打刻に対する処分は謳われていません
今回の処分にあわせ具体的に“謳う”ことを検討べきです。

懲戒解雇を前提にして、本人及び営業所長に同情すべきこと(本社の管理不足?)や考慮すべきこと(不当利得の返還)等があれば、それらを勘案して処分の軽減化(降格等)を考えるべきです。

ところでricky2010さんは、どれほどの処分権限をお持ちなのですか?(本社に意見具申する立場ですか?)本問に関係なく参考にお聞きしているだけですから補足していただかなくても結構です。

この回答への補足

就業規則 懲戒に
勤務に関する手続または届け出を偽ったとき
と謳われていますので、不正打刻も含まれると解釈しています。
自分の社内の社則なのに今現在事情があり確認が取れません。

私自身、処分の権限はありません。
不正、改善事項等調査し、社長に報告する立場です。
処分の程度については進言できますがあくまでも最終決定は
社長、役員の判断となります。

補足日時:2010/08/18 11:25
    • good
    • 3
この回答へのお礼

いずれにしてももう少し調査し(不正期間、金額)、当人達から説明を受けようと思っています。
ありがとうございます

お礼日時:2010/08/18 11:28

> 社則には不正打刻に対する処分は謳われていませんが、管理する立場としていかがなものなのでしょうか。



就業規則の懲戒規定に、「その他不適切な行為を行った場合」とかって項目も設けておくべきだと思います。

会社の管理不足が不十分な事も要因ですから、いきなりの懲戒解雇は難しいかも。
過去に繰り返し注意、処分したり、そういう事が無いように防止策を実施していたがそういうのを誤魔化したとか、そういう事とかなら懲戒解雇の余地はあるかも知れません。


> 近々処分を考えていますがどの程度の処分が妥当なのか参考にしたいと思います。

通常ならば、書面注意、始末書提出、減給、出勤停止とか。
会社が確認できている、当人から申し出のある分の不正受給については返納、一括が無理なら分割でとか。

当人をどうこうよりは、所長が黙認している事なんかも含め、今後そういう事が起こらないための再発防止措置なんかの方が重要だと思います。

この回答への補足

回答、ありがとうございます。
就業規則に「不適切な行為云々」は謳われています。
所長と当人が親しい間柄で所長が便宜を図っていることはある程度把握しております。防止策の一つとしては当人と所長を引き離すしかないと思ってはいます。
心に引っかかるのは役職をいただき管理すべき立場の人間がその地位を悪用し不正と知りながら行なっている行為について「繰り返し注意、防止策の実施」等を行なっていなければ解雇等は難しいのでしょうか。
調査途中ではありますが不正額は数百万円に上る可能性があります。

補足日時:2010/08/17 22:12
    • good
    • 1
この回答へのお礼

しっかりと調査し、当人達の出方により処分を考えるようですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/18 11:32

本人は紛れもない詐欺なんで、懲戒免職+刑事告訴~賠償かつ退職金返納のうえでの自主退職の間ですね。



問題は所長ですね。
まあ知っていてあえて見過ごしたとなれば共犯を疑うべきですが、その線は難しいということでしょうか?
そうであれば管理不行き届きとして降格の上異動、責任ある職務から外すことでしょう。
とにかく再発を防ぐため、異動させて、再犯可能な立場にはつけないことです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さっそくの回答、ありがとうございます。
やはり詐欺罪になりますか。
今月中に何らかの対応をしようとは考えているのですが

お礼日時:2010/08/17 15:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタイムカードの改ざんはどんな罪になる?

正社員で働いています。通常は8時から17時勤務ですが、会社がお盆休みの時、2人休日出勤をしました。2人とも13時くらいに当日分の仕事が終わってしまいました。次回出勤時の為の仕事の準備を終わらせても、14時くらいでしたので、2人で相談した結果、休日だし誰も来ないだろうと安易な気持ちでタイムカードの時間を早めて17時過ぎの時間に退社時間を打刻し、タイムカードの時間を戻して帰りました。

ところが後日に、タイムカードの改ざんがバレてしまいました。上司に、
・タイムカードの時間を操作してまでの犯行は悪質すぎる。
・就業規則に罰則規定がないから、そこでは罪は問えない。
・でも、弁護士に相談したら、詐欺罪になると言われ、刑事告訴も検討していると言われました。
しかし、改ざんした日の給料はまだ支払う前だから、正確には詐欺の未遂罪とも言われました。

会社として悪質な行為なので厳しく対処する、どのような罰にするか検討中で、場合によっては、会社側と罪を犯した2人で話し合いの場を設けるかもしれない、とも言われました。(これは、何らかの示談ってことでしょうか?わかりませんが…)

私の覚悟として、懲戒解雇?クビは免れないかなと思っています。それは上司にも言われました。それプラス、罰金?減給として1日分の日当を取れても仕方ないかなと思っています。

それか、もっと重い罪、罰になることはありえますか?
例えば、罰金で何十万円も請求される可能性はありますか?
これは、想像ですが、刑事告訴はオドシと思っていますが、本当に告訴すると思いますか?

処分が決定するまで、今まで通り働くよう言われていますが、(2人抜けると仕事が回らなくなるので)自分が悪いのは自覚していますが、処分が決定するまでかなり憂鬱で仕方ありません…。

正社員で働いています。通常は8時から17時勤務ですが、会社がお盆休みの時、2人休日出勤をしました。2人とも13時くらいに当日分の仕事が終わってしまいました。次回出勤時の為の仕事の準備を終わらせても、14時くらいでしたので、2人で相談した結果、休日だし誰も来ないだろうと安易な気持ちでタイムカードの時間を早めて17時過ぎの時間に退社時間を打刻し、タイムカードの時間を戻して帰りました。

ところが後日に、タイムカードの改ざんがバレてしまいました。上司に、
・タイムカードの時間を操作してまで...続きを読む

Aベストアンサー

まぁ刑事告訴は現実的じゃないので可能性は少ないでしょうね。

私が経営者なら、示談(協議)での自主退社で良いかなと思います。
実際に損害も無いわけだからね。


ただ、今回だけでは無く過去にも…という疑いが沸いてくるし、次もまた…という懸念もあるので雇い続けるのは無理だと判断します。

一方的な解雇では処分が厳しすぎると思うし、不当解雇にもなりかねないので…あくまでも協議のうえ双方が納得した結果の解雇(自主退社)となるように話は進めると思います。

Qタイムカードの改ざんは解雇にあたる?

社員数50人ほど、事業所2箇所の小さな会社の給与計算を担当している者です。昨年暮れに、ある女性社員がタイムカードに虚偽の申請(欠勤を出勤しているように見せかけた)をしていたことがわかりました(私と彼女は違う事業所です)。もちろん上司(うちは直で社長です)に報告をしたところ、事実確認をした上で、厳重注意と減給などの処分となったようです。解雇でもいいのでは?と思っていたのですが、本人も反省していることだし・・・ということのようです。
 その後、故障をきっかけに両事業所でタイムレコーダーを新しくしたのですが(5月)、最近、遅刻をごまかしたのだと思われますが、タイムレコーダーの時刻をずらして打刻していた、ということが発覚しました。これは、新しい機械の機能によりわかりました。
 もちろん、このことは上司に報告するつもりですが、こうした場合、一般的に解雇処分に値するのでしょうか?法的な手順などもあると思いますし、判断を下す権限は私にはないわけですが、もしお詳しい方がいらっしゃれば教えてください。よろしくお願いします。

 

Aベストアンサー

僕もその問題に直面しました。

取締役会に、ある事業所の副所長が出勤簿を改ざんしている証拠があがってきました。
半年の間に数回の遅刻があったのにもかかわらず、出勤簿を管理している立場を利用して不正をしていたということです。

処分を検討した結果、解雇の意見も出ましたが、配置転換、副所長→一般社員への降格という処分に収まりました。
改ざんすることは許されることではありませんが、改ざんできる環境を放置した責任は会社にあると考えます。
ただし、不正を繰り返した場合は即刻解雇となります。

>一般的に解雇処分に値するのでしょうか?

会社がその社員を必要としていれば簡単には解雇しません。
必要ではない社員の場合、この件でも解雇します。

Qタイムカードは他人が押してもいい・・?

出社時や退社時に、仲間同士・・特に女性・・が、タイムカードを「押しておくね~」や「押したよ~」と親切心から代行しています。問題もないようですが、法的な見解は・・?逆に、男性は他人のを押し間違ったりしています。

Aベストアンサー

こんにちは。

勤務先の「総務部長が見てる前で他人のタイムカードを打刻」出来ますか?

もしも、出勤時に故意に他人のタイムカードを打刻して、その他人が遅刻した場合はタイムカード上では遅刻扱いではないので勤務先に対する不正行為になります。

退社時も、既に定時前に退社してる他人のタイムカードを定時になってから故意に打刻したら給料泥棒ですね。

なお、それぞれの会社には独自の「就業規則」がありますから、タイムカード管理に関する規定があった場合は何らかのペナルティーを課せられても法的にもやむを得ないとされます。
(※例えば、不正=懲戒解雇処分)

まぁ、誤って他人のタイムカードを打刻してしまったなら故意ではないので懲戒処分を受けることはないでしょうが、他人から頼まれた場合でも故意に打刻することは悪質と判断されますから、打刻を頼まれても断わるべきです。

ちなみに、最近のタイムレコーダーはICカード化されてますが、ICカードも他人のものを故意に使うと懲戒処分を受けることになるでしょう。

Qタイムカードの打刻改竄は違法?

職場ではタイムカードはICカード式で出退勤を認識するシステムを使ってます。
そのシステムで残業時間を管理しているのですが、どうも残業代が思いの外少ないので
それを確認したいと思い、本社に出退勤の時間表を出してもらうよう要請したところ、
最初は白黒で出したのを差し出してきました。
でもよく見ると、いくつか時刻の印字がやや薄く、カラーでの提出を求めて、きたものには
何カ所か赤字で印字されてることが判明し、本社に問いただすと、
所長が管理するパソコンソフトで時間を書き換えていたとの回答でした。
しかし残念ながら、元の時間が既に分からない為、残業の差額が算出できないとのことで、
本部からはそれきりになってしまいました。

こういった場合、改竄をした所長、並びに、その事実を知ってたかどうかは不明ですが、
会社側の法的な罰則や責任はないのでしょうか?
労働法(基準法など)か民法か刑法か分かりませんが、そういう法律があったら教えて下さい。

正直、会社側にも管理職の社員がしていたので、何らかの責任はあるのではと思ってます。
特にはじめからカラーでなく白黒で出してきたことに隠そうという意図が感じられたので

よろしくお願いします。

職場ではタイムカードはICカード式で出退勤を認識するシステムを使ってます。
そのシステムで残業時間を管理しているのですが、どうも残業代が思いの外少ないので
それを確認したいと思い、本社に出退勤の時間表を出してもらうよう要請したところ、
最初は白黒で出したのを差し出してきました。
でもよく見ると、いくつか時刻の印字がやや薄く、カラーでの提出を求めて、きたものには
何カ所か赤字で印字されてることが判明し、本社に問いただすと、
所長が管理するパソコンソフトで時間を書き換えていたとの回...続きを読む

Aベストアンサー

改ざん自体を、直接的にどうこうって法令はちょっと思いつかないです。
公/私文書偽造とかで行こうったって、警察、検察は起訴までは持って行けないでしょうし。

普通に賃金、残業代の不払いで争うのが真っ当だと思います。

> しかし残念ながら、元の時間が既に分からない為、残業の差額が算出できないとのことで、

質問者さんの方で少なくともこの部分は違うって確認できる時刻があるのなら、その分は請求した方が良いのでは。
・電話の履歴があるのなら、その時刻とか。
・業務で作成した文書のタイムスタンプとか。
・メールの時刻とか。
・PCの起動/終了時刻とか。
あるいは強引な方法だと、
・前月、前々月と同程度の勤務だったとかって事を、業務の実績から主張する。
・所長にしっかりと聴取を行い、過去や他の人の分も含め、何時間程度誤魔化したのかを供述させる。
とか。


> 正直、会社側にも管理職の社員がしていたので、何らかの責任はあるのではと思ってます。
> 特にはじめからカラーでなく白黒で出してきたことに隠そうという意図が感じられたので

だとしても、こういうケースだと、
・明らかな賃金不払いがあるのなら、支払いする。
・今後、同様のトラブルが起きないよう、再発防止の措置を行なう。
 -所長にはしっかり注意を行い、今後そういう事が無いように全社に周知する。
 -必要があって打刻した時刻を修正する場合、その理由や修正前後の時刻なんかの記録を残す。
とかって事すれば、通常はそれ以上は突っ込まれないです。


そういう再発防止の請求を行うと同時に、納得できる措置が行なわれるまでタイムカードの時刻は信頼できないって事になりますので、今後勤務時間の記録は別途取っとくのが良いです。
その他、トラブルの経緯や改善請求を行った際の内容、日時、場所、担当者の部署、役職、氏名など、ガッツリ記録しておくのが良いです。
ペン書き、ページの入れ替えの出来ない布綴じのノート、当日のニュースや天気、業務内容を併記すると、信憑性が上がります。
必要ならば、ICレコーダーなども使用して下さい。
最初から内緒で録音する用と、相手に断って録音する用の複数台があると良いです。
そういう物をポケットに入れておくだけでも、精神的に余裕を持てるような効果もあります。


職場に労働組合があるのなら、そちらに間に入ってもらって話し合い、改善請求するのが良いです。
組合が無い、機能していない状況でしたら、社外の労働者支援団体へ相談してみる事をお勧めします。

Yahoo!トップ>ビジネスと経済>労働>労働組合
http://dir.yahoo.co.jp/Business_and_Economy/Employment_and_Work/Labor/Unions/

の、
全国労働組合総連合(全労連)
全国労働組合連絡協議会(全労協)
など。

改ざん自体を、直接的にどうこうって法令はちょっと思いつかないです。
公/私文書偽造とかで行こうったって、警察、検察は起訴までは持って行けないでしょうし。

普通に賃金、残業代の不払いで争うのが真っ当だと思います。

> しかし残念ながら、元の時間が既に分からない為、残業の差額が算出できないとのことで、

質問者さんの方で少なくともこの部分は違うって確認できる時刻があるのなら、その分は請求した方が良いのでは。
・電話の履歴があるのなら、その時刻とか。
・業務で作成した文書のタイムスタン...続きを読む

Q残業時間不正増しは横領?

会社内で勤務時間内に2箱タバコ吸う人がいます。
タバコをすっているのを見られたくないのか
人から見えない喫煙所に吸いに行っているようです(徒歩5~10分程度離れている)。
その他にも黙認されている昼休み(1時間)以外の15分休憩も行う。
上司のいる前では頻繁に休憩している様子は見せず気づかれていない
(上司がいるときは30~1時間、いないときは10~30分に1回以上喫煙)
他にも定時時間内はふらふらと時間をつぶしていると報告をうけている。
残業時間は1日1~4時間位している(一応仕事はしている残業でやるべき仕事かは別として)。
喫煙行動時間を除けばおそらく残業時間は1日0~1時間以内。
このようにして残業代を請求している行為は法的には何の問題もないのでしょうか?

Aベストアンサー

1.「残業」は基本的には「業務命令」で行うものです。但し、“自主申告制”を採っていたりすると(労働)時間管理が“甘く”なったりします。

2.“持ち場”を離れて喫煙している時間は労働時間ではありません。賃金は「ノーワーク・ノーペイ」が原則ですから、働いていない時間の賃金を支払うことはありません。但し、喫煙時間をいちいち管理するのも実際には難しいでしょう(確かに喫煙禁止にした方が喫煙所に行くことは防げます)。また、喫煙ではないがサボっている時間も把握が難しいでしょう。

こうした時間管理は上司の責任です。(権限と責任のある)上司は部下の行動に目を配り、全ての部下社員が効果的かつ効率的に業務を遂行するよう管理指導する責務を負わなければいけません。それができない上司は失格です。

“残業時間不正増しは横領”と言えます。不当利得の返還を求めるとともに告訴して刑事罰を加えることもできます。但し、その前に当然“不正増し”を立証しなければなりません。私は、それ以前に不正をさせない管理体制を構築すべきだと思います。前述のように上司は部下の管理指導を行うとともに、規律違反等については相応の人事権(降格等)の行使や適切な懲戒処分(減給や解雇等)を為すべきでしょう。勿論、管理能力の無い上司も厳しく責任を問われなければいけません。

1.「残業」は基本的には「業務命令」で行うものです。但し、“自主申告制”を採っていたりすると(労働)時間管理が“甘く”なったりします。

2.“持ち場”を離れて喫煙している時間は労働時間ではありません。賃金は「ノーワーク・ノーペイ」が原則ですから、働いていない時間の賃金を支払うことはありません。但し、喫煙時間をいちいち管理するのも実際には難しいでしょう(確かに喫煙禁止にした方が喫煙所に行くことは防げます)。また、喫煙ではないがサボっている時間も把握が難しいでしょう。

こうした時間管理...続きを読む

Qタイムカードの打刻は始業・終業時刻を意味するのか?

タイムカードで労働時間管理する場合、カードの打刻が始業・終業時刻ということになるのでしょうか。
 例えば、就業規則で、始業8:30-終業17:30と定めてあるとします。
始業時刻より少し早めに出社して、8:20分にタイムカードを押した人には、10分間の超過勤務手当が必要になるのでしょうか。
また、この10分間が仕事前の個人的時間だとしたら、カードの打刻とは別に、始業時刻を8:30と認定しても良いのでしょうか。

Aベストアンサー

法律的な観点で回答します。
タイムカードは労働時間の管理方法の一つのツールでしかありません。
従って、タイムカード=労働時間ではありません。あくまで「参考」でしかないのです。
ところが、実際にはタイムカードの時間でアバウトに勤務時間を計算している会社はとても多いです。


例えば・・・
#4さんの会社、これは明らかに労働基準法違反です。具体的には15分単位での計算の部分で29分に打刻したら15分の早退扱いとか、10分前に出勤しても定時出勤扱いというのは判例上も法解釈上も違法確定です。勿論、「会社として8時半前は対象外と決めてしまえばそれは必要ないでしょう。」というのも誤りです。

#3さんのいう準備・片付けの時間については認定しなくても良い、というのも厳密には誤りで、それに指揮命令があるのであれば、労働時間と認定されるケースが存在します。具体的には出勤してから所定の更衣室で所定の作業服に着替える時間を労働時間と認定したケースがあります。


ただ、一般的には、タイムカードは仕事をする時間、つまり指揮命令下に入る前に押して指揮命令から脱してから押すものですよね?したがって、タイムカード上残業になっても残業代を払わなければいけない、ということまでは言い切れません。ちゃんと定時~定時に勤務しているのであれば、払う必要はないわけです。

ここは法律カテゴリですから、実態を答えるのは適切ではないでしょう。従って、厳密に言えば「タイムカードは労働時間そのものを意味しないが、参考にはなる」というところが妥当な回答だと思われます。
よって御質問のケースの場合、10分間が個人的な時間だということが明らかであれば支払う必要はありません。また、10分前に出勤をして仕事をしていたのであれば、支払う必要があります。
労働時間管理は会社側の義務で、こういったケースがある場合は、タイムカードではなく、実態で判断しなければなりません。疎明出来なければ「労働者に有利なようにしなければ違法」という観点から全部払うしかないでしょう。これが嫌ならちゃんと会社が労働者の「本当の」労働時間をきちんと管理することです。

ちなみに#4さんの会社の関係の補足ですが、労働時間を10分単位や15分単位で管理するのはいいのですが、労働者に不利にすることはできません。1分残業したら10分払うのはいいのですが、15分単位で端数切り捨て、というのは違法です。
遅刻の場合は、懲戒処分による減給の関係もあるので微妙ですが、やはり1分遅刻したら15分引くというのは違法です。

法律的な観点で回答します。
タイムカードは労働時間の管理方法の一つのツールでしかありません。
従って、タイムカード=労働時間ではありません。あくまで「参考」でしかないのです。
ところが、実際にはタイムカードの時間でアバウトに勤務時間を計算している会社はとても多いです。


例えば・・・
#4さんの会社、これは明らかに労働基準法違反です。具体的には15分単位での計算の部分で29分に打刻したら15分の早退扱いとか、10分前に出勤しても定時出勤扱いというのは判例上も法解釈上も違法確定です...続きを読む

Qタイムカードの代理打刻について

アルバイトのタイムカードの代理打刻について納得がいかない事があります。

勤務(拘束)時間が12時~20時、休憩1時間の契約なんですが、
早く帰りたいが為に休憩を取らずに(一服には行きます)19時で退勤し、
20時まで勤務している他のバイトが
20時にタイムカードの代理打刻をする事を許されている人たちがいます。

毎日ではないのですが、私は代理打刻させられる側で、
私が休みの日もそういった事は頻繁にある様です。

管理職の人たちがこの件について把握しているかは不明ですが、
ある程度権限があるポジションの社員は容認しています。

これはモラルのレベルでは良くないんだと思うんですが、
法律の観点では認められるのでしょうか?

法律上、会社と19時で退社する人同士で折り合いがつけば問題無いのでしたら、
今後も代理打刻はするべきなのでしょうが…
別に私が損しているわけでは無いのですが、なにか納得がいきません。

ご存知の法律や、ご意見をお待ちしております。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

労基法は強制力があります。その労基法には、労働時間が6時間を超えた場合少なくとも45分の休憩時間を設けなさい、との趣旨が規定されています。しかも、その休憩は全員一斉にとらせること、及びその時間は自由に使わせる事も命じていて、これに違反すると6箇月以下の懲役又は30万円以下の罰則があります。
以上の規定は使用者に守らせるものですから、会社がチャント休憩時間を設けていれば違反にはならないでしょう。では労働者のほうが勝手にそれを守らない、あるいは労使協調して、法違反をすればどうなるかです。
いずれにせよ、休憩時間を法律どおり取らしてくれない場合、監督署に訴えれば違反の事実が明らかになり指導や罰則となるのですが、労働者側が納得して不平を言わなければ、監督者にはバレませんね。

ということで、ご質問のケースは、厳密には法違反ですが、当人がそれでよければ他人がとやかく言うことではないと思います。ただし、他人のタイムカードの不正の片棒を担ぐことは、やめるべきですね。まして、それが会社の命令ならもっての他です。
このような労基法違反が横行し会社がそれを黙認すれば、更に大きな違反を犯し、結局は労働者が泣きを見ることになります。不正が不正を呼ぶのです。
「モラルのレベルでは良くないんだと思うんですが」はそのとおりですが、モラルの問題だけではなくなりますね。

労基法は強制力があります。その労基法には、労働時間が6時間を超えた場合少なくとも45分の休憩時間を設けなさい、との趣旨が規定されています。しかも、その休憩は全員一斉にとらせること、及びその時間は自由に使わせる事も命じていて、これに違反すると6箇月以下の懲役又は30万円以下の罰則があります。
以上の規定は使用者に守らせるものですから、会社がチャント休憩時間を設けていれば違反にはならないでしょう。では労働者のほうが勝手にそれを守らない、あるいは労使協調して、法違反をすればどうなるか...続きを読む

Q勤務(遅刻、欠勤、有給)記録の不正

現場仕事で、
タイムカードは現場、
勤務記録などは現場長が管理・本社提出。
という勤務状況の職場にいました。

上司・会社の目が届かないことを良いことに、
遅刻・欠勤は日常、有給までも記録の改竄が行われていました。
その事が象徴するようなユルい職場環境を先日私は捨てたのですが、
こういう連中に軽くお灸を据えてやりたいと思います。

こういった事実を上司・本社に告発した場合、
客観的にどれ程の効果があるでしょうか?

Aベストアンサー

上司や本社に話すよりも、直接、経営陣や株主に伝える方法を探しましょう。不正な勤怠管理は経営陣と株主への裏切りです。

道義的に正しくないとか浅い考えで終わらず、誰に対する裏切り行為なのかを想像すれば、一番いい方法にたどりつきますよ。

事実確認が簡単にできないのなら難しそうですが、多くの場合は現場長の配置換えと勤怠ルールの見直しが始まります。その後、勤怠状況の良くない社員があぶりだされ、気付くとそのほぼ全員が会社を去ることになるケースが多いようです。

逆恨みされて人間関係が辛くなることも考えられます。
この手のことは、早急迅速にキーマンを動かし、短期間でとどめを刺す覚悟がないなら、やめておいたほうがいいですよ。

Q労働時間の改竄は刑事告訴できますか?

職場で労働時間の改ざん行為がありました。
タイムカードの改竄ではなく、コンピューターを操作しての改ざんで、上司は支店の成績をアップさせることで、自身の手当がアップするために、職場の同僚の殆どの改ざんを行っていました。
このような場合、刑事告訴することは可能でしょうか?
またどのような罪で告訴できるのでしょうか?
労働基準法違反・詐欺罪・私文書?偽造なども該当しますか?
とにかく刑事罰を加えて退社して頂きたいのですが・・・。
組合や上長はとにかくぬるいもので トホホ・・・。

Aベストアンサー

是正勧告が出ているということは、監督署は法違反があると認定しているということなので、労基法違反(賃金不払い)で告訴することは可能であると考えられます。実際に刑罰が科されるところまでいかないにしても、捜査が行われれば会社としても打撃があるはずです。

改ざんの証拠などを集めて会社に示し、上司の異動や処分を求めることはできれば、そうすることも考えられます。

すでになっているのかもしれませんが、会社とトラブルになった場合、裁判や労働審判のほか、個別労働紛争解決制度が使えます。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/

Q勤務時間が一方的に減らされるのは違法ですか?

勤務時間が一方的に減らされるのは違法ですか?

私はインターネットカフェでアルバイトをしている女です。
1年前から8~16時まで1時間休憩、7時間勤務です。

たまに店の都合で8~14時勤務になったりします。

出勤日数もシフト制で、週5日出れると提出しても3日になったり4日になったりします。

勤務日数については働く前から聞いていたので仕方がないと思ってるのですが
このたび、新しい店長がきて
早番は8~14時勤務に統一したいと考えているそうです。
なので休憩30分を引くと5.5時間勤務になってしまいます。
(おそらく来週のシフトから変わりそうです・・・。)

それで週3日とかになると収入が激減して、困ります。

店も店で経営の事とか大変だろうとは思いますが、
常にスタッフは2~3人いないと回りません。

16時までを14時にしたら16時からシフトインしてる人が14時からになってその人たちは2時間多く働くor次のシフトの人も2時間早く出勤になるとか
はっきりとわかりませんが、とにかく店に最低2人の人員が必要なのです。

店長の独断でスタッフの勤務時間を減らすのは許されることなのでしょうか?
違法だとしたらどういう行動をしたらいいのでしょうか?

私は以前、派遣で事務の仕事をしていたのですが
派遣会社と勤務先の手違いで8時間勤務のつもりで行ったら6時間勤務だと言われ
それを派遣会社に話が違う!と言ったら対応してもらったことがあります。

今回の事は直のアルバイトなのでどうしたらいいのか・・・。

どなたかアドバイスをお願いします。

勤務時間が一方的に減らされるのは違法ですか?

私はインターネットカフェでアルバイトをしている女です。
1年前から8~16時まで1時間休憩、7時間勤務です。

たまに店の都合で8~14時勤務になったりします。

出勤日数もシフト制で、週5日出れると提出しても3日になったり4日になったりします。

勤務日数については働く前から聞いていたので仕方がないと思ってるのですが
このたび、新しい店長がきて
早番は8~14時勤務に統一したいと考えているそうです。
なので休憩30分を引くと5.5時間...続きを読む

Aベストアンサー

> 店長の独断でスタッフの勤務時間を減らすのは許されることなのでしょうか?
> 違法だとしたらどういう行動をしたらいいのでしょうか?

ビミョーな問題ですが、労働条件の変更を行い、労働者側がOK(特に何も言わない)とかなら、問題にならないです。

会社が、会社の都合で労働時間を減らしたとかって事なら、その分は休業扱いになり、本来支払いされるべき賃金の6割以上の休業手当を請求とか。

差し当たり出来る事として、トラブルの経緯の内容、日時、場所、担当者の部署、役職、氏名などガッツリ記録して置いてください。
会社、担当者に対して納得出来ない旨伝え、そういう事の記録も残します。
ペン書き、ページの入れ替えの出来ない布綴じのノート、当日のニュースや天気、業務内容を併記すると信憑性が上がります。
必要ならば、ICレコーダーなども使用して下さい。
そういう物をポケットに入れておくだけでも、精神的に余裕を持てるような効果もあります。


> 今回の事は直のアルバイトなのでどうしたらいいのか・・・。

通常であれば、そういう状況での相談先としては、まずは職場の労働組合へ。
組合が無い、機能していない状況でしたら、社外の労働者支援団体へ相談する事をお勧めします。

Yahoo!トップ>ビジネスと経済>労働>労働組合
http://dir.yahoo.co.jp/Business_and_Economy/Labor/Unions/

の、
全国労働組合総連合(全労連)
全国労働組合連絡協議会(全労協)
首都圏青年ユニオン
など。

> 店長の独断でスタッフの勤務時間を減らすのは許されることなのでしょうか?
> 違法だとしたらどういう行動をしたらいいのでしょうか?

ビミョーな問題ですが、労働条件の変更を行い、労働者側がOK(特に何も言わない)とかなら、問題にならないです。

会社が、会社の都合で労働時間を減らしたとかって事なら、その分は休業扱いになり、本来支払いされるべき賃金の6割以上の休業手当を請求とか。

差し当たり出来る事として、トラブルの経緯の内容、日時、場所、担当者の部署、役職、氏名などガッツリ記録して...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報