千九百五十一年九月八日にサン・フランシスコ市で、ひとしく正文である英語、フランス語及びスペイン語により、並びに日本語により作成した。


上記、サンフランシスコ講和条約の抜粋です 末尾の部分ですが、この部分について質問です。

この文章から察することの、日本語について教えてください。

これによると、サンフランシスコ講和条約の日本語訳は成文になるのかならないのかどちらでしょうか?
現在、サンフランシスコ講和条約の日本語訳は成文として扱われているのでしょうか?
教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

正文ではありません。


「ひとしく正文である」は、英語からスペイン語までに係るもので、日本語には係りません。
英語では、「ひとしく正文である」に当たる部分が、「英語、フランス語及びスペイン語」と「日本語」の間に書かれています。

また、以下の国会答弁からも、正文ではないことが読みとれます。(一回、言い間違えていますが)
---
参議院平和条約及び日米安全保障条約特別委員会(昭和26年11月5日)
○曾祢益君 次に(b)項について伺いたいのでありまするが、その前に、この我々の手許にありまする日本文というものは條約上の正文ではないと思いまするが、これは訳文ではなくて、日本文というものが一つの、條約の何といいまするか、テキストになつているかどうか、この点を先ず伺いたいと思います。
○政府委員(西村熊雄君) 第二十七條に規定してあります通りに條約の正文の一つでございます。いや、正文ではございません。日本語によつて作成したとありますから、何と申しましようか、正文というのは当りませんが、公文とでも申しましようか、公文であつて、訳文ではございません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

レス遅くなりすいませんでした。 今回はいろいろ参考になる資料をいただきまして大変ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/05 01:32

サンフランシスコ講和条約の全文です。



参考URL:http://homepage2.nifty.com/jomako/industrialism/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レス遅くなりすいませんでした。 今回はいろいろ参考になる資料をいただきまして大変ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/05 01:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサンフランシスコ講和条約で裁判を受諾したのであれば、条約により課せられる日本の義務はどのようなものでしょうか

サンフランシスコ講和条約において裁判を受諾したとか判決を受諾しただけだという論争があるのは知っているのですが、そもそも裁判を受諾したのであれば日本にはどのような義務が課せられるのか、特にその義務が東京裁判およびその他の戦争犯罪裁判の否定や靖国神社参拝に対する批判にどのように結びつくのか分からないので教えていただけないのでしょうか?分からない箇所としては「誰が靖国参拝してはいけないのか(首相、閣僚、国会議員、国家公務員、地方公務員、民間人、皇族、等)」、「参拝に際して公私は関係するのか」、「どのような形での東京裁判およびその他の戦争犯罪裁判の否定が許されないのか(国会での決議、首相の公式答弁、法的拘束力のない政府の声明、A級戦犯の入閣、冤罪で処刑された朝鮮人戦犯の名誉回復、学校教育による東京裁判およびその他の戦争犯罪裁判の否定、東京裁判およびその他の戦争犯罪裁判の否定する著作物の刊行、等)。「「われわれは法律に不同意をとなえる自由はもっているが、それに反抗する自由をもっているわけではない」という言葉を聞いたことがあるのですが、サンフランシスコ講和条約や東京裁判およびその他の戦争犯罪裁判については不同意をとなえる事すら許されないことなのでしょうか。」。サンフランシスコ講和条約は判決を受諾しただけだと主張されるお方がおられるのは知っておりますが、そのような方は今回はあくまでも裁判を受諾したという仮定の上で日本に課せられる義務についてご説明していただきたいと思います。

サンフランシスコ講和条約において裁判を受諾したとか判決を受諾しただけだという論争があるのは知っているのですが、そもそも裁判を受諾したのであれば日本にはどのような義務が課せられるのか、特にその義務が東京裁判およびその他の戦争犯罪裁判の否定や靖国神社参拝に対する批判にどのように結びつくのか分からないので教えていただけないのでしょうか?分からない箇所としては「誰が靖国参拝してはいけないのか(首相、閣僚、国会議員、国家公務員、地方公務員、民間人、皇族、等)」、「参拝に際して公私は...続きを読む

Aベストアンサー

仰っているようなことが関係するのは11条の解釈についてという質問でよいのですよね? それ以外の項目は賠償や領土に関しての決着ですので。

まず11条にある裁判(もしくは判決)を受諾するということが、果たして具体的に「靖国参拝してはいけない」「参拝に際して公私は関係する」「東京裁判およびその他の戦争犯罪裁判の否定が許されない」ということにつながるのかということになると思います。
政府答弁としては11条は、独立すると国際法の原則が適用されて東京裁判は効力を失うことになるが、しかし独立後も戦犯を釈放しないで量刑を引き継ぐ約束をするという意味であると解釈していますし、それは当時の国際法上の感覚からすれば間違っていないという指摘が一つあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E3%81%A8%E3%81%AE%E5%B9%B3%E5%92%8C%E6%9D%A1%E7%B4%84%E7%AC%AC11%E6%9D%A1%E3%81%AE%E8%A7%A3%E9%87%88
http://www.nipponkaigi.org/1700-rekishi/1730-01saiban.html
つまり裁判だろうが判決だろうが、条約に課せられていた義務は守っていたということです。
※11条はあくまでも日本が勝手に釈放などをしてはいけないということだけですので、実際に条約発効後の恩赦等を要求する国会決議は関係諸国に働きかけをしようという意味で、国会決議後即は全て恩赦とはなりませんでしたが、個別に交渉したりで順次恩赦。そして最終的には元A級戦犯容疑者の岸信介総理がアメリカと交渉して一気に進むことになりました。
ということですので全てもう終わった話とする主張があります。

で一方、裁判を受諾したということは、東京裁判の精神のようなもの?を受諾したということになるので、「靖国参拝してはいけない」という精神がそこには含まれているという解釈をする人もいます。東京裁判の精神とやらはどこにも明文化されていないので、どこまで解釈を広げるというのは自由です。ですので義務も無限大に解釈しても良いと思います。例えば日本人は呼吸をしてはならないとか、そんな解釈もありでしょう。日本人にどんな義務が課せられているかはそういう主張をしている人個別に確認するしかありません。
例えば朝日新聞などは、参拝の公私にのみかなり拘りを見せています。が公だからどうなのかとかまでさらに一歩踏み込んだ主張はされていません。ただ公か私かというその点にのみ拘りを見せるようです。朝日新聞の考える条約を義務とはつまりは、「参拝の際は公私をはっきりすること」というのが当然の義務と考えられているようです。

仰っているようなことが関係するのは11条の解釈についてという質問でよいのですよね? それ以外の項目は賠償や領土に関しての決着ですので。

まず11条にある裁判(もしくは判決)を受諾するということが、果たして具体的に「靖国参拝してはいけない」「参拝に際して公私は関係する」「東京裁判およびその他の戦争犯罪裁判の否定が許されない」ということにつながるのかということになると思います。
政府答弁としては11条は、独立すると国際法の原則が適用されて東京裁判は効力を失うことになるが、しかし独...続きを読む

Qサンフランシスコ講和条約解釈について

第十一条【戦争犯罪】
日本国は、極東国際軍事裁判所並びに日本国内及び国外の他の連合国戦争犯罪法廷の裁判を受諾し、且つ、日本国で拘禁されている日本国民にこれらの法廷が課した刑を執行するものとする。これらの拘禁されている者を赦免し、減刑し、及び仮出獄させる権限は、

上記はサンフランシスコ講和条約からの抜粋です。
この中での「極東国際軍事裁判所並びに日本国内及び国外の他の連合国戦争犯罪法廷の裁判を受諾し」とある部分の解釈について教えてください。これを個人的な解釈とか日本国内の一部の学者の解釈ではなく国際的に定義付けられている解釈ので説明をお願いします。

これは同裁判の存在を受諾? 裁判の開催を受諾?
判決を受諾?

どのような意を持っているのでしょうか?
当方素人ですので全くわかりません、お願いします。
またこれに続く条文との関連性もあわせて教えていただければうれしいです。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

この条約の正文は、英語、フランス語及びスペイン語とされています。(日本語は「ひとしく正文である」とはされていません)

この部分は、英語で、
「Japan accepts the judgments of the International Military Tribunal for the Far East and of other Allied War Crimes Courts both within and outside Japan」
とされていますから、日本語で「裁判」とされているところは、英語で「the judgements」であるということになります。
したがって、「(諸)判決」を受諾すると解するのが正しいでしょう。

Qサンフランシスコ講和条約での裏話

以前、テレビ番組で見たことなのですが、我々は、サンフランシスコ講和条約の締結により日本は独立国の地位を回復したと単純に習いますが、実は戦勝国により分割統治されようとしていて、その時に初代スリランカの大統領となられた方の「愛をもって事が解決されねばならない」との感動的な演説により分割統治を免れたそうです。
で、締結に赴いた、時の内閣総理大臣、吉田茂は、「日本国民はこの大恩を終世忘れてはならない」と発言したそうですが、忘れてはならないどころか、教えられてさえおりません。
こんなひどい話があるでしょうか?
なぜこんな重大なことが教えられていないのでしょうか?
失礼にも程があると思うのですが?

Aベストアンサー

>こんなひどい話があるでしょうか?
>なぜこんな重大なことが教えられていないのでしょうか?
>失礼にも程があると思うのですが?

 40代 男性です
とても、有名な話しです

 私は、小学生の頃 授業で習いましたし、
読んだ本(何の本か忘れました)にも
載ってました。

 TV番組でも何度か観ました

 単にhisahisahisahiさんが
聞いていなかったり、そういった本を読んでいなかっただけでは?

 複数の小中高の同級生に確認されてはどうですか?

Q条約法に関するウィーン条約を批准してる国はどこですか

条約法に関するウィーン条約(Vienna Convention on the Law of the Treaties)を批准している国のリストはどこで手に入りますか?リストのソースも教えてください。

多分、International Law Commissionにありそうな気がするのですが、なぜか見つかりません。

Aベストアンサー

批准国を公式に把握しているのは、その条約で批准書や加入書の寄託を受けることとされている国、機関です。

条約法条約では、第82条および第83条で批准書や加入書は国際連合事務総長に寄託することとされています。ですから、国際連合に問い合わせればよいのです。

幸い、国際連合では、条約に関する情報をウェブ上で公開しています。
http://treaties.un.org/

このページの「Status of Treaties」というリンクから、「Chapter XXIII」「Vienna Convention on the Law of the Treaties」と辿っていけば、詳しい批准国リストが見つかるでしょう。

Q国際的な著作権保護問題について~ベルヌ条約と万国著作権条約~

今ウェブサイト作成における著作権問題に興味があり調べていたのですが、
各条約に関係して疑問が出てきたので質問させていただきます。

例えば、私が自分の撮った写真を掲載するサイトを作ったとします。
この写真の著作権を主張するために、方式主義も頭に入れて
どこかにcopyright表示も入れたとしますよね。
このとき、もしベルヌ条約にも万国著作権条約にも加盟していない国の
人間によってこの著作権が侵害されたとしたら、私は自分の権利保護を
主張できないのでしょうか?それとも他に何か救護手段があるのでしょうか?

何も知らない素人の質問で申し訳ないのですが、ご回答頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

 加入していないその国では権利保護の主張はできませんが、その国から他国に輸出や翻訳されたものについては、他国が条約に加盟していれば、他国の輸入業者や出版者に権利を主張できます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報