忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

故あって、裁判に関わる商売をしています。

うちの業界では、東京地裁~判決は無期懲役~、横浜地裁~判決は死刑だけど裁判長と裁判員が控訴を薦めたことが話題になりました~、鹿児島地裁と、裁判員裁判で死刑求刑事件が3件続きました。4件目も仙台地裁で出るかもしれないというのが今時点の状況です。

裁判員が、死刑を科すか真剣に悩んだ様子を見て、《日本でも、まだまだ多くの人が、殺人犯の命であっても奪うことにためらいを覚えてくれる、それだけ命に敬意を払ってくれている》事実に、僕は多少なりともほっとしましたが、そう言う感想は少数派かもしれません。

やはり命に軽重はあるのでしょうか。とても軽い命はあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (17件中11~17件)

答え



自分に累が及ぶから、厳罰を主張するんです
    • good
    • 0

厳罰を主張する人間は何故か、犯罪を減らすことには熱心では有りません



まるで自分の身代わりに、容疑者を激しく罵ります

また日本は労働者を、苛んで犯罪者と呼ぶ国です


国民を貧困によって束縛し、働かせる国でも有ります、社会から犯罪を減らそうと一生懸命考える人は


必ずその原因に気付き怒るはずです

皆さんの目は節穴ですか、正義を主張するなら改善したらどうですか

「加害者と被害者両方殺してるんですよ」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

僕の考えは,先に書かせていただいたお礼に書き込みました。よろしければ,もう少し議論にお付き合い頂けたら嬉しいです。例えば,先日犯行時18歳で判決時にも未成年の被告人に死刑を言い渡した裁判員が,痛切な表情で記者会見に臨んでおられましたけど,ご覧になったでしょうか?どうお考えでしょうか?

お礼日時:2010/11/28 18:14

命の重さは量れません。



要するに言葉の問題です。言葉の問題はそもそもの認識が違うと全然通じない場合がありますね。

命に重い軽いはあります。ただ、量りが人によって違うのです。
絶対的な重さが量れるとは思えませんし、仮にそんなのがあったとしても
私は自分の価値観の方を信じます。

意図的に人を殺した場合は、自分が死んでも仕方ないと私は思います。
自分が死なないのに他人を殺すのは卑怯です。

もちろん正当防衛と言うのを拡大解釈して考えないといけない場合もあります。

ただし、倫理的な正しさと別に私の中の思いとしては、
人殺しに生きる環境を与えるなら他に優先すべき事があると思います。


人の命を奪う時にためらうのは良くあることでしょう。
しかし、ためらう理由はなんでしょうか。
本当に命の重要性だけでしょうか。
政治的、個人的なことや、その他色々なものが含まれていると思います。

表面だけ見ても本質は異なるかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>人殺しに生きる環境を与えるなら他に優先すべき事があると思います。
そう仰る気持ちは分かります。僕も,《俺が必死に働いて納めた税金が,無期懲役囚の生活を支えるためにも使われている》事実を常に嬉しいと思える出来た人間ではありません。

でも,この質問で僕が言いたかったのは,そう言う事ではないんです。分かり難くてご免なさい。《死をもって罪を購え》と言うのなら,そう言う事がいかに重大な事かを十分に理解してから言うべきだ,それを理解してためらいを見せた人間を,《被害者の人権を軽視した》呼ばわりするのは筋違いだ,と言う事です。

横浜の裁判長や裁判員が見せたためらいとも見える発言の真意は,僕には分かりません。死刑廃止論者かも知れないし,被告人の家族からの報復が怖くて責任転嫁をしたかったかも知れないし。でも,死刑判決を軽く考えていなかった事だけは確かで,そう言う倫理観が今後もきちんと生き残って欲しいと思います。

物凄く極端な例ですが,同じ様に若い女性を生きながら焼き殺した被告人でも,
・通行人の見知らぬ被害者を拉致して山奥で強姦し,口封じのために殺害した場合
・見知らぬ被害者が,突然ガソリン入りのポリタンクとライターを持って加害者宅に押しかけ,加害者宅内とか加害者自身にまでガソリンを撒いて金を要求したのに対し,被害者を撃退しようと,加害者が自分のチャッカマンで被害者に火を付けた場合
・中学校3年間を被害者に凄惨にいじめ抜かれた恨みを晴らそうと,山奥に拉致して被害者を殺害した場合
では,随分感じ方が変わってくるはずで,最初の例だと死刑でも驚く人の方が少ないでしょうが,2番目の例が死刑どころか実刑になっても不当だと思う人の方が多いでしょうし,3番目は,色んな見方があり得ると思います。こういう事情は,加害者の言い分も聞いてやらないと,出てこないわけです。

繰り返しですが,死刑に値する加害者であればあるほど,その人間に言い分を言う機会を与えてやるということが大事なのではないかと思うのですが,いかがでしょうか?

よろしければご意見をお聞かせ下さい。

お礼日時:2010/11/21 16:22

加害者の人権擁護を言い出す人間は、そういう覚悟の足りない人間なのです。


信賞必罰です。罪状が確定し、死刑が妥当であれば躊躇うべきではない。

加害者がどのような罪を犯したか、まずはそれを考えるべきです。
この言及は、被害者には何のフォローにもなりません。

命に軽重はない。だからこそ、法に照らし合わせて裁くのです。
裁く覚悟がなければ、裁判員などするべきではない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>加害者がどのような罪を犯したか、まずはそれを考えるべきです。

仰るとおりなんです。問題は,《加害者がどのような罪を犯したか》は,加害者からも話を聞いてやらないと分からない,と言う事にあるような気がします。

言い訳やら泣き言も含めてきちんと話を聞いてやって,それでも死刑が妥当であれば,そして,死刑を科すべき犯罪があると言うのが法律と言う形で示された民意なのであれば,死刑を科すべき事例があり得ると言うのは,僕も否定しません。しかし,話も聞かないのが正しい,と言う社会は,良くないと言う気がします。

何処から何処までが話を聞いてやっても良くて,何処からは問答無用なのかは,そんな簡単に答えの出る問題じゃないのでは?であれば,どんな事案でも,加害者の話だけは聞いてやって,真剣に考えてやる,死刑という形で奪おうとしている生命に対してそれ位の敬意を払う事も,被害者にとっての侮辱になるんでしょうか?

最初から話を聞いてやる必要はない,と言うのであれば,横浜の生きたまま首切断事件とか,却って真相が不明になったのではないか。

僕の質問に貴重なお時間いただいたと言う事自体,傾聴の美徳をお持ちの,心ある回答者さんだと思います。何かご意見をお聞かせいただければ嬉しいです。

お礼日時:2010/11/21 10:31

自分は容疑者を憎む気持ちよりも、事件そのものが無くなることを望んでいます




厳罰主義者は案外、事件の原因を作っている人間なのかもしれませんね

この回答への補足

#3さんの補足欄をお借りします。

早くもたくさんの回答をいただきました。皆さんの意見を一所懸命考えたいと思います。のんびりしたペースになると思いますが、きちんとお返事したいと思います。気長に参加していただければと思います。

補足日時:2010/11/17 23:23
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅くなって済みません。

厳罰化が犯罪の発生を抑制できるかは,色々な議論があると思いますけど,色んな被疑者やら被告人と接触してきた感想だと,《厳罰化の犯罪抑制効果は意外と短い。社会政策やら隣近所の連帯感の犯罪抑制効果は意外と高い。》と言う気がします。

《死刑になるから強姦を止めよう》と言う合理的思考を常に維持できる人は,《何人強姦しても懲役5年が最高》という法律になっても,絶対と言っていい位,強姦はしません。《懲役5年で済むなら強姦の方が楽しい》とは普通思わないからです。《そもそも捕まらない》,《捕まっても,どういう処罰を受けても良い》と思ってる人が,ほとんどです。

厳罰化に意味がないとまでは思わないですけど,厳罰化だけで犯罪抑止ができると思っている人が増えることは,危険だと思っています。

お礼日時:2010/11/21 09:58

自己愛が強い人間ほど、他人の命を軽視するし




自分に利益をもたらさない、あるいは利益に反する存在に対して非常に淡白です


そんな人間社会の価値観に最も遠い人間を守る為に法があるんだと思います

裁判って言うのは残酷ですよ


被告人が如何に価値が無い人間であるか周りの人間に聞かせ、場合によっては傷付け、泥を塗り

沢山の人間の同意を求めてから判決するわけですから

悪魔的儀式のようにも見える
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速有り難うございます。

自己愛も他人への配慮も両方強い人間って、無理なんでしょうか?なんて、夢想しました。

むっちゃ美化入ってるかも知れませんが、自己愛と自己愛のぶつかり合いをどんどん推し進めた結果の衝突の悲劇に目が覚めて、やっと欧州に善き個人主義が芽生えたんでないかと思うんです。もしかしたら、裁判員制度が日本人を鍛える小さなきっかけにならないでしょうか?

裁判が残酷との事、良かったらそう思う切っ掛けになった事件を教えて下さい。

お礼日時:2010/11/17 22:30

軽い命というわけでは


ない気がします。

軽い命なら奪っても
意味ないですもん。

重い命を奪った代償として
重い命で償う事を
求められるのでは…

ないでしょうか。


難しいですね…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速有り難うございます。

僕は同感なんです。重い命を奪った犯人でさえ命は重い。そう言う価値観が社会で共有されないと、どんどん命が軽い世の中になりはしないかと思うんです。

同じような質問がたくさんあるのも分かってますが、一人でも多くの人と一緒に考えたいと思います。

良かったら、是非またお付き合いくださいね!

お礼日時:2010/11/17 22:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報