日常生活の中でふと湧いた素人質問です。
薬剤師さんや知識の有る方の回答を希望しています。

鎮痛・解熱剤として多くの薬が市販されていますが、
又、医師から処方去れた薬もそうですが、
何故、痛み止めと解熱剤は同じ薬を使うのですか。

同じ成分が両方に効くと言う事でしょうか?
それとも、ひとつの薬の中に両方に効く成分が、混合して入れられていると言う事でしょうか?
混合して入れられているとしたら、鎮痛と解熱を組み合わせるのには、何か有益な理由が有るのでしょうか?

冒頭で、日常生活の中でふと湧いた疑問と言いましたが、実は子供の頃からの不思議な事のひとつでした。
長年の疑問を解決したくなりました。

子供に聞かせる様な、簡単な説明で結構ですので、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

簡単な説明ということで、誤解を恐れずざっくりと書きますが。



解熱・鎮痛薬は「抗炎症薬」とも呼ばれています。
「炎症」の四徴は[疼痛][腫脹][発熱][発赤]です。
「抗炎症薬」は、との名の通り「炎症を抑える薬」ですので、
この四徴を抑える薬ということになります。
結果として鎮痛の効果もあるし、解熱の効果もある、ということです。

※すべての抗炎症薬が四徴すべてに効果があるというわけではなく、
 一部のみに効果のある薬も勿論あります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
大変判り易い説明で納得致しました。
長年の疑問が解消されすっきりしました。

お礼日時:2010/11/21 23:34

二つの成分が配合させているのではなく、


その成分で、両方に効くということです。

風邪薬とか、鎮痛薬も色々な成分が配合されていますが、
例えば、アセトアミンフェンなら、
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/4801 …
の効能効果にありますように、一つの成分でともに効きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでしたか。
両方に効果が有ると言う事ですね。
小さい頃から同じ薬を使う事が不思議でたまりませんでした。
やっとすっきりした感じです。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/21 23:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q抗生剤&解熱鎮痛剤の時に頂く胃薬についてです。

先日・・胃の粘膜保護の薬について質問させていただきました。
とてもよく判ったのですが・・。

もう少しだけ教えてほしいことがあります。
抗生物質や解熱鎮痛剤などを処方された時・・
「胃薬」も一緒に処方が私の場合多いです(友人などもですが)

これは、抗生剤や解熱鎮痛剤を服用する事にによって
何の成分?から、どういうところから、胃に負担がかかるのか(胃にとってマイナスな原因は?)が知りたいのですが・・。

先日のお答え下さったもので
「抗生物質や解熱鎮痛薬と一緒に出すのはおまじないと同じで効果がはっきりと立証されているわけではない」
と教えていただいたのですが・・
これは本当なのでしょうか?

そうだとしたら・・「胃薬はいらない」と考えてよいのかなぁ・・などと思いましたが。
実際のところどうなのかを教えていただきたく質問させて頂きました!

お判りになる方どうか、アドバイスやお答えを宜しくお願い致します!!

Aベストアンサー

>抗生物質や解熱鎮痛薬と一緒に出すのはおまじないと同じで効果がはっきりと立証されているわけではない

そんな事はないです。
解熱鎮痛薬の胃荒れには、プロスタグランジン(PG)という生理活性物質が関係しています。
http://www.asahi-net.or.jp/~yq6k-srtn/purosuta.htm
その機序は、こちらのページが分かりやすいですが、ものすごく簡単に言ってしまうと、

鎮痛剤は「痛みの原因物質」がつくられるのを邪魔する働きがありますが、同時に「胃の粘膜を保護する物質」の産生も邪魔してしまいます。
そのため、長いこと飲むと、胃が荒れてきてしまうことがあります。
なので、副作用防止のために、胃薬が一緒にでるわけです。

抗生物質の方は、どちらかというと腸への影響(腸内の良い菌も殺してしまうので、下痢になる)だと思うのですが、これには、抗生物質に耐性を持った整腸剤(ビオフェルミンRなど)が一緒に処方されます。

Q解熱性鎮痛薬

解熱性鎮痛薬の作用と作用機序について教えてください。

非常に焦っております。
どうか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

解熱鎮痛薬には

NASIDsと言われているもののほか
ピリン系
非ピリン系

あとはカフェインなどがあります。
場合によってはステロイドも

NASIDsとは非ステロイド抗炎症薬といって
発熱や腫脹などの体の局所の炎症を引き起こしたり、知覚神経の末梢を刺激して痛みを引き起こす原因になるPG(プロスタグランジン)という物質を体内での生成を阻害するという働きがあります。
PGの生成にはアラキドン酸からはじまる代謝経路においてCOX(シクロオキシゲナーゼ)という酵素が必要となりますがこの酵素を抑える働きがあるのがこのNSAIDsです
NSAIDsには アスピリン インドメタシン イブプロフェンなどの薬があります

ピリン系解熱鎮痛薬や非ピリン系解熱鎮痛薬は中枢神経性に働いて解熱作用や鎮痛作用があると言われています。ピリン系の薬は中には過敏症・アレルギーを引き起こす人もいます
ピリン系は スルピリン  非ピリン系はアセトアミノフェンです

カフェインは中枢性に大脳・延髄を興奮させるためと聞いています
特に他の薬と一緒に入ってることが多いです

あとステロイドはNSAIDsの時に説明したアラキドン酸を持ってくるのに必要なホスホリパーゼA2という酵素の働きを抑える機能があります。
これはステロイドがリポコルチンというタンパク質を誘導してこのリポコルチンがホスホリパーゼA2が働かないようにしているためです。
他にもいろいろあるでしょうが

解熱鎮痛薬には

NASIDsと言われているもののほか
ピリン系
非ピリン系

あとはカフェインなどがあります。
場合によってはステロイドも

NASIDsとは非ステロイド抗炎症薬といって
発熱や腫脹などの体の局所の炎症を引き起こしたり、知覚神経の末梢を刺激して痛みを引き起こす原因になるPG(プロスタグランジン)という物質を体内での生成を阻害するという働きがあります。
PGの生成にはアラキドン酸からはじまる代謝経路においてCOX(シクロオキシゲナーゼ)という酵素が必要となりますがこの酵素を抑...続きを読む

Q解熱鎮痛剤について教えてください

みみず一風散という解熱鎮痛剤なのですが、劇薬に該当する成分も含まれると書いてあります。大丈夫でしょうか?

成分
地竜エキス・・・・・・・75g
アスピリン・・・・・・・450g
アセトアミノフェン・・・300g
無水カフェイン・・・・・70g
バレイショデンプン・・・305g

です。
旦那が実家から持ってきて、かぜをひくと飲んでいるのですが、飲むと服がしぼれる位の汗をかき、一晩で何回か着替えが必要になるくらいで、大丈夫かなと心配です。

Aベストアンサー

こんにちは。

うーん、特に怪しい成分はまったくありませんね。
劇薬が含まれる、という言い方は普通の風邪薬にも
ありますよ。
アスピリンやアセトアミノフェンです。

・地竜エキスは漢方でよく知られた鎮痛・解熱効果。

・アスピリンは昔からあるご存じ鎮痛・解熱効果。

・アセトアミノフェンも同様に鎮痛・解熱効果。

・無水カフェインは名前の通りコーヒーに入っているカフェインを純粋に取り出したもの。
眠気防止や交感神経の働きを高めます。

・バレイショデンプンはその名の通りジャガイモから抽出した錠剤化に必要なもの。

しいて注目するなら、鎮痛・解熱成分が3つも入っているのは強いですね。
地竜エキスだけでも鎮痛・解熱剤として市販されてますから。

それとアスピリン。これは血栓を予防する薬としても
注目されています。
血行がよくなります。地竜エキスは発汗をうながします。

>飲むと服がしぼれる位の汗をかき~

というのはそのせいではないでしょうか。

いずれにしても怪しい成分はありません。が、
体質に合わない、強すぎると感じるのなら、服用はやめておいた方がいいと思います。

こんにちは。

うーん、特に怪しい成分はまったくありませんね。
劇薬が含まれる、という言い方は普通の風邪薬にも
ありますよ。
アスピリンやアセトアミノフェンです。

・地竜エキスは漢方でよく知られた鎮痛・解熱効果。

・アスピリンは昔からあるご存じ鎮痛・解熱効果。

・アセトアミノフェンも同様に鎮痛・解熱効果。

・無水カフェインは名前の通りコーヒーに入っているカフェインを純粋に取り出したもの。
眠気防止や交感神経の働きを高めます。

・バレイショデンプンはその名の通りジ...続きを読む

Q鎮痛解熱剤を飲むと

パブロンを大量摂取して1年になる男です。たくさんの人が苦しみられているのですね。

パブロンを絶ち4日目です。退薬現象のピークかと思いますが、体はだるく、頭痛、吐き気、めまいと

生きている心地がしません。せめて頭痛でも治したいと思って、バファリンを飲んでみたらてきめんに

退薬現象が消えました。

皆さんに効くのか、私だけに効くのかわかりません。薬がきれたら また同じことの繰り返しとも取

れます。とりあえず情報としてアップしてみました。他人事の方は来ないでくださいね

Aベストアンサー

サイトの趣旨をはき違えている

ここは掲示板ではない

君こそ来るべきでない

Qロキソニンで解熱しますが、薬が切れると再度熱発します。

36歳女性です。
3日前の午後、悪寒とともに発熱しました。夕方には38度台になりました。自宅にあった市販薬を飲んだところ、翌朝には36度台にまで下がっていました。

翌日、内科医院を受診したところ、アレジオンとシングレア錠、トーク、インタールエアロゾルAを処方されました。
咽頭痛はありません。喉もそれほど赤くはないといわれました。
花粉症のため、その前から鼻水+咳がありました。
レントゲンも撮りましたが、問題ないと診断されました。
そこでは花粉症+なんらかの感染症ではないかといわれましたが、
抗生物質は出しませんと言われました。

自覚症状として、熱が上がる前に悪寒と関節痛がありました。
また、肺の真ん中辺りが狭まるような感じが咳をするとありました。
医院にいるときには平熱でしたが、帰宅してしばらくすると再び熱が上がりました。医院に指示を仰いだところ、以前もらったロキソニンを飲むように指示されました。
ロキソニンが効いている6時間くらいは熱が下がるのですが、
切れてくるとまた熱が上がりました。13時と21時に2回服用しました。

そして昨日も昼ごろ、悪寒と関節痛のあと、高熱がでたので再びロキソニンを12時と、21時に服用しました。

今日、日中は熱もなく過ごせたのですが、夕方より少しの寒気があり、
38度の熱が出てきました。また、就寝前にロキソニンを服用しようと思っています。

ですが、高熱があり、それを薬で解熱する毎日っておかしいと思うんです。
なにか大きな病気の前兆なのかと不安になってしまいます。
再び、受診したほうがよいのでしょうか?
また、どのような病気の可能性が考えられるのか是非教えてください。
よろしくお願いします。

36歳女性です。
3日前の午後、悪寒とともに発熱しました。夕方には38度台になりました。自宅にあった市販薬を飲んだところ、翌朝には36度台にまで下がっていました。

翌日、内科医院を受診したところ、アレジオンとシングレア錠、トーク、インタールエアロゾルAを処方されました。
咽頭痛はありません。喉もそれほど赤くはないといわれました。
花粉症のため、その前から鼻水+咳がありました。
レントゲンも撮りましたが、問題ないと診断されました。
そこでは花粉症+なんらかの感染症ではない...続きを読む

Aベストアンサー

>医院にいるときには平熱でしたが、帰宅してしばらくすると再び熱が上がりました。医院に指示を仰いだところ、以前もらったロキソニンを飲むように指示されました。
ロキソニンが効いている6時間くらいは熱が下がるのですが、
切れてくるとまた熱が上がりました。13時と21時に2回服用しました。そして昨日も昼ごろ、悪寒と関節痛のあと、高熱がでたので再びロキソニンを12時と、21時に服用しました。

今日、日中は熱もなく過ごせたのですが、夕方より少しの寒気があり、
38度の熱が出てきました。また、就寝前にロキソニンを服用しようと思っています。
ですが、高熱があり、それを薬で解熱する毎日っておかしいと思うんです。

私もそういう時期があったと思いますが日中普通に過ごせるなら、抵抗力が落ちているのだと思います。もしお仕事をされていれば、日中仕事をして夜疲れて熱が出るというのは短期間ならありうると思います。逆に常時微熱37.0ぐらいから下がることがないのは危険な気がします。抗生物質を飲まないでそのくらいですんでいるならもともとたいしたことはないとは思うのですが抗生物質を飲んで直してしまっても良いと思います。素人判断はできないので単なる推測ですが。

>医院にいるときには平熱でしたが、帰宅してしばらくすると再び熱が上がりました。医院に指示を仰いだところ、以前もらったロキソニンを飲むように指示されました。
ロキソニンが効いている6時間くらいは熱が下がるのですが、
切れてくるとまた熱が上がりました。13時と21時に2回服用しました。そして昨日も昼ごろ、悪寒と関節痛のあと、高熱がでたので再びロキソニンを12時と、21時に服用しました。

今日、日中は熱もなく過ごせたのですが、夕方より少しの寒気があり、
38度の熱が出てきまし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報