日常生活の中でふと湧いた素人質問です。
薬剤師さんや知識の有る方の回答を希望しています。

鎮痛・解熱剤として多くの薬が市販されていますが、
又、医師から処方去れた薬もそうですが、
何故、痛み止めと解熱剤は同じ薬を使うのですか。

同じ成分が両方に効くと言う事でしょうか?
それとも、ひとつの薬の中に両方に効く成分が、混合して入れられていると言う事でしょうか?
混合して入れられているとしたら、鎮痛と解熱を組み合わせるのには、何か有益な理由が有るのでしょうか?

冒頭で、日常生活の中でふと湧いた疑問と言いましたが、実は子供の頃からの不思議な事のひとつでした。
長年の疑問を解決したくなりました。

子供に聞かせる様な、簡単な説明で結構ですので、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

簡単な説明ということで、誤解を恐れずざっくりと書きますが。



解熱・鎮痛薬は「抗炎症薬」とも呼ばれています。
「炎症」の四徴は[疼痛][腫脹][発熱][発赤]です。
「抗炎症薬」は、との名の通り「炎症を抑える薬」ですので、
この四徴を抑える薬ということになります。
結果として鎮痛の効果もあるし、解熱の効果もある、ということです。

※すべての抗炎症薬が四徴すべてに効果があるというわけではなく、
 一部のみに効果のある薬も勿論あります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
大変判り易い説明で納得致しました。
長年の疑問が解消されすっきりしました。

お礼日時:2010/11/21 23:34

二つの成分が配合させているのではなく、


その成分で、両方に効くということです。

風邪薬とか、鎮痛薬も色々な成分が配合されていますが、
例えば、アセトアミンフェンなら、
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/4801 …
の効能効果にありますように、一つの成分でともに効きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでしたか。
両方に効果が有ると言う事ですね。
小さい頃から同じ薬を使う事が不思議でたまりませんでした。
やっとすっきりした感じです。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/21 23:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qたいていの鎮痛剤が解熱剤と兼用なのはなぜでしょうか?

頭痛持ちでいつも鎮痛剤のお世話になっています。

ところで、薬学のことで投稿したいと思ったのですが、教育カテゴリーのところには良さそうなカテゴリーがなかったので、こちらで投稿してみました。

たいてい「鎮痛/解熱剤」という感じで、鎮痛効果と解熱効果がセットになっていますが、複数の成分を配合した薬なら何となくわかりやすいんですが、アスピリンやメフェナム酸のように、単成分で鎮痛解熱してしまう薬もあるのでふしぎに思いました。

鎮痛剤が、解熱効果もある、というのは、どのような仕組みで成り立っているのでしょうか?

Aベストアンサー

上記薬剤はNSAIDsといわれるものです。
プロスタグランジンという生体物質の生成を抑えます。このプロスタグランジンというのが色んな種類があって、例えば胃の粘膜を守るのに関与していたり、体を守るため熱を生成したり、炎症を起こしたりと役割があります。
大体のNSAIDsは選択性がないので、これらの反応も抑えてしまうのです。ですから解熱剤には炎症、痛みを抑えて、胃痛が起こったりするわけです。
そのほかにもCOXというのも影響しますが、まぁ、長くなっちゃうので。
頭痛がひどくなって痛み止めを飲んでもなかなか効かなかったことってありませんか??
あれって薬飲んでプロスタグランジンの新しい生成は阻害されても既に生成されたものが消えるまで痛みが続くからです。ですから正しい頭痛薬の服用法ってプロスタグランジンの生成が過量になる前、つまり痛みの初期に服用するのが効果的ということになります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報