【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

ズバリ、お宅の24時間換気は常時電源オンですか?
(常時電源オンじゃないとダメなのは承知です)

うちはトイレと浴室は別換気なので消しちゃっても…と思ってます。
夜中テレビを消して静まってるとき、換気の音が気になりますが、
それが気になるから、換気の電気代が気になるからといって電源を切ろうとは思っていません。

冬の寒さ対策(北海道です)、湿度対策で電源のオンオフはどうだろうと考えています。


壁についてる約10センチ角の外の空気を取り入れるところですが、
冬場はとても冷たい空気が入ってきてとても寒いです。

この外気を取り入れるところを閉め切って24時間換気をするのと、
閉め切って24時間換気も電源をオフにするのはどう違うでしょうか?
開放してるよりは温かくなるだろうと思いますが、やはり24時間換気を消してしまうのは
ダメなのかなぁ?と思っています。

また我が家の湿度は常時30~32%ととても低いです。

雪の降る地方に住んでいる方、お詳しい方、外気を取り入れるところは
閉めちゃってもよろしいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

国家は国民の安全を守るために法律を制定します。

建築基準法ではシックハウス対策として24時間換気が求められていて、建物を建てる場合には法定の換気能力がある24時間換気用の換気装置の設置が求められています。

でも、居住者が住宅の24間換気を止めるのは、法律上は居住者の自由です。これは自分で自分を傷つけようとする行為(「自己加害」という行為)にあたります。自己加害の防止を理由とする公権力の介入は許されないというのが一般的な考え方です。自殺を禁止する法律がないのと同じことです。ですから、質問者さんが24間換気を止めても、役所や警察から咎められることはありません。

もちろん、法定の換気装置が設けられていて、それを作動させずにシックハウスの症状が出ても、法律の不備を理由に国に賠償を求めることはできません。でも、そんなことを考えてはおられないのなら、質問者さんが自分の責任でシックハウス対策と保温その他とのバランスを取りながら換気扇を使用すればよいと思います。

また、建築基準法で24間換気が求められているのは居室(居間、洋室、和室といった人が長時間とどまって使用する部屋)であり、居室以外の室である便所や浴室には24間換気が求められていません。便所や浴室の換気扇を利用して居室を換気している場合には常時作動させることが求められますが、便所や浴室のためだけの換気扇は対象外で、常時作動させることは求められていません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

換気はシックハウスのための換気だったのですね~。
営業さんからは、木材のため、家を長持ちさせるためとしか聞かされていませんでした。
シックハウスになって裁判うんぬんということは考えていませんが、
家のためではなく、シックハウス問題のためということであれば、電源はオンに
しておこうかと思います。
もちろん外気を取り入れるところは冬場だけは寒いので閉めますが。

お礼日時:2010/11/29 11:03

24時間機械換気というのは高断熱・高気密住宅では標準的に奨励されているみたいですね。


高気密だと新鮮空気が入ってくる隙間がとても少ないということでもありますから、当然と言えば当然です。
質問者様のお宅は吸気口で外気を直接取り入れ、換気扇かなにかで排気してるということなのでしょうか?
高気密・高断熱なのに開放型(?)の換気口なんてちょっとありえない話しです。
普通はロスナイでしょう。

うちの換気はボイラー併用の熱交換機で新鮮空気を暖め、ダクトを通し各室に配置したグリルから温風を出し、要所にある吸気グリルから古い(?)空気を吸いこみ、熱交換器を通して外気に排出するタイプです。
もちろん換気だけでも使えますが、これが暖房そのものでもあるので冬場は当然24時間、機械換気になります。
しかし、基本的には春から秋にかけてはスイッチ切ってしまいます。
夏場は窓を開けるのでいいのですが、春・秋はちょっとつらい時もあります。
というのも、うちは湿度がとても高いのでやたらと結露しやすいのです。
冬場、24時間換気暖房の状態でも湿度が60%切るなんてことはありません。
換気を止めれば80%は軽く超えますし、逆に窓を開ければたちまち40%を下回るくらいになります。
寝室、居間、2階、どこも大差ありませんし、ユーティリティは当然10%位高いです。。
おかげでインフルにはかかりづらい家ですが、外気温が-10だの-20だのになると窓なんか水浸しで大変す。
吸排気のバランスが悪いような気もしますし、高気密すぎると湿度の逃げ場が少ないので、たまにうちのように結露に悩まされる家もあるのだと聞いたこともあります。

質問者様のように湿度30%台はいささか低すぎて乾きすぎでしょう。
除湿の必要はないのですから、あとはアレルギーなんかの問題がなければ24時間換気は必要ないと思います。
時々、室温が下がらない程度に短い時間、吸気口か窓を空けて換気するくらいでいいんじゃないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ロスナイという換気があるんですね。知りませんでした。
湿度の問題もあって換気しなきゃならないということもあるんですよねぇ。
湿度60%以上ですか!それは結露の心配とかもありますよね。
うちの湿度は朝起きると28%高くても36%なのでうらやましいくらいです。

玄関の開け閉めで空気が入るので、外気を取りこむところは閉めてもよさそうですね。
寒くならないようにそこを閉めて、24時間換気はオンにする…
それでいいんでしょうかね?

お礼日時:2010/11/29 10:59

watashi no ie wa


zairai kouhou desu
90tubo ijyou no ookina iedesu

sintiku tousyo kara,
suixtuti off nisiteimasita

zaimokuga kansou,
okasiiyo motomoto,
kansousita zaimokude iewo taterubekidesyou

iewo tukuru tu-baiho-mu sann ga
syoutai de, jisya no zaimoku koujyou
5000tubo no koujyou wo miniixtute
kimeta kurai desu,

2-3nengoni sukosi kabegami ukimasitaga
ripea-no kataga naositekuremasita

furobaha saigoni haixtutara madowo
aketeimasu,

2kai ha,yasuminohi tenkino yoihini
madoakete imasunode nanno monndaimo
naidesuyo.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

日本語入力できなくなっちゃいましたか~?w
営業さんは家を建てて2年間は木も動きますとか言ってたんですよね~。
乾燥した木材を持ってきても建築時には雨天や湿気などで濡れてしまうので…とか。

営業さんの言うことを真に受けるのもよくないのでしょうかね?
やはり大きな買い物なので自分で入念に調べればよかったかも。
でも換気のことは頭にありませんでした~。

お礼日時:2010/11/29 10:55

<営業さんからは、建てたばかりで木も収縮するので24時間換気をしないと


木が乾燥で反ったりして、クロスにもシワが入ったりするのでオフにはしないで
くださいねって言われました。>

これは完全に間違い、24時間換気はシックハウス対策のものです。
北海道の24時間換気は普通の換気扇では駄目でしょう。熱交換タイプのものを付けるべきです。
外気が零度以下の土地で、たとえ風量が少なくても一般の換気扇で計画はしないはずですが、住宅メーカー
困ったもんです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

うちの営業さん、間違えたこと言ってたんですね~。
シックハウス対策だったんですかぁ~。
ずーっと家を長持ちさせるためだと思っていました。
熱交換タイプの物もあるなんて建築時、換気のことまで考えていなかったので
知りませんでした。
inonさん、お詳しいんですね。

ついでにもう一つ聞いてもよろしいでしょうか?
図面には第3種機械換気と記載してありましたがこれってなんなのでしょう?

お礼日時:2010/11/29 10:40

すでに、皆さんが回答なされているので、体験談のみ



自分が、いないときは、オフです。いる時は必要に応じてオン

お風呂は、常に換気してます、なぜなら あとでカビがはえて カビ対策で出費がでました。

それ以来、常にオンです、かび対策費用より電気代が安いのです。

大切な洋服の部屋も 24時間オン、しまいっぱなしの服や、クリーニングにかけて

安心しきっていた服にカビが、、、、失敗からオンへ。

居間や寝室は、いる時の自分の判断で、お風呂と洋服の部屋は、絶対に24時間オンですね。

役に立つといいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

必要に応じてオンオフされてるんですね~。
そっか~、カビ対策もあるのかぁ。。。
でもうちは湿度がかなり低いから大丈夫カナ?
朝は湿度28%、日中高くても36%くらいにしかなりません。
換気は全部つながってるので、個々に設定できないのがイタイですね。

外の空気を取り込むところは閉めて換気はオンにしておこうかと思います。

お礼日時:2010/11/29 10:35

タダの24時間換気は、窓を開けて換気扇を回しているのと同じ


常時ONなんて必要ないでしょ?

熱交換器を付けた24時間換気でない以上
必要に応じて換気をすればいいのでは?

真冬に冷気を取り入れるなんて・・・しかも常時です…
私はやりませんよ絶対
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

工務店の営業さんからは常時オンにしないと木も生きてるので呼吸ができなくて
反ったりヒビが入ったりして、クロスもシワになったりする…と聞いていたので
それがチョット怖くて常時オンにしていました。

天井に付いている空気の吸い込み口は1カ月に1回掃除しないと網目が
ホコリでたくさんなのでそれもかなり面倒ですね~。
それだけちゃんと吸い込んでくれてるのをオフにしたらどうなるのかな?とも
考えてしまいます。

早速外気取り入れ口を閉めてきま~す!

お礼日時:2010/11/26 13:06

 私の家では入浴後の夜だけ換気と湿気を排出をするのを兼ねて24時間換気のスイッチを入れて昼間は切っています。


 昼間は電気代が高いですし人の出入りがあると自然と換気されますが、夜間は人の出入りが少なくなるし風呂の湿気は意外と多いのでカビの原因になったりするので換気をするようにしています。(夜になると電気代が安くなるので「夜だけ」というのもあります)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

masa-uさんのお宅ではオンオフをしてるんですね!
よくマンションだとトイレもお風呂も同じラインの24時間換気を使ってるみたいですが、
うちはお風呂とトイレは違うものが付いてます。
なのでmasa-uさんみたいにオンオフしなくていいのかな?
あ、でも洗面所はお風呂の湯気が出てきちゃうのでやっぱり必要なのかなぁ?

毎日オンオフ…習慣付けばいいんでしょうが、すぐに忘れそうですw

お礼日時:2010/11/26 13:01

高気密、高断熱の家だったら有害物質が出ていかないので換気しないと不衛生です。


普通の在来工法の家だったら、それほど気にすることないかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

衛生面で考えると言うのもアリでしたね。

焼き肉をした時など、24時間換気をしてるからか臭いは結構すぐに
なくなるんですよね~。
そう考えるとイイかもしれませんね。

ん~、我が家は高気密、高断熱の家かどうかはわかりません…w

お礼日時:2010/11/26 12:58

わたしは、新築うけとりじから、即OFFにしていましたよ。



アレルギー体質の方がいなければ、それほど問題ないとおもいますけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

入居当初からオフだったんですかぁ!!それはビックリw

営業さんからは、建てたばかりで木も収縮するので24時間換気をしないと
木が乾燥で反ったりして、クロスにもシワが入ったりするのでオフにはしないで
くださいねって言われました。
あと結露とかそういうこともいってましたね~。

yasuto07さんのお宅は上記のようなこと大丈夫ですか?

お礼日時:2010/11/26 12:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q24時間換気システムって?

近々家を新築する予定の者です。
業者さんとの話し合いをしている中で、24時間換気法律で義務づけられたことを知りました。
24時間換気システムにもいろいろな種類があるようですね。

そこでご質問ですが、高断熱・高気密の新築住宅の場合、ダクトタイプの換気システムと、ダクトなし(給気ファンによる)換気システムとでは、長い目で見た場合どちらが良いのでしょうか?
業者さんは、ダクトなしのほうを勧めてくれるのですが(多分値段の関係?)、見た目がすっきりして見えるので私としてはダクトタイプのほうが良さげに思えてしまいます。

ちなみに、24時間換気システムは今のところ換気のみを考えていて、換気+空調のセントラル式は考えていません。

Aベストアンサー

#2です。

他の方の回答と併せてご理解いただきたく、補足します。

先ず、居室の換気が義務化されたのはシックハウスが社会問題化したのと、住宅の高気密化、欧米ではすでに当たり前(特に寒冷地がある国で)になっている、等の理由があります。日本では全ての居室に0.5回/h(一時間に部屋の空気の半分が入れ替わる)ように定められています。
実際、換気量を下げると作業能率が下がるというデータもあります。(アメリカで0.3回にしたのを後から0.5回に引き上げた経緯があります)

日本での導入の仕方に不透明な部分もありますが、必要である事を否定する理由にはなりません。

先にも書いたように、「シックハウス対策」が大前提の法律です。ここでいくら簡単にしたほうがよいとか必要ないとか書いてみても発病して困るのは質問者様である事をお忘れなく。
シックハウスは花粉症と同じで一回発病すると過敏になってしまうものです。その事に対する責任は誰も取れませんのでそれは御自分でご判断下さい。

どなたかが書いたように、今の建材はホルムに限っては以前よりもずっと安全基準以下に下がっています。ただし、アセトアルデヒドは以前よりも上がっています。(ホルムの代替なので)

本題に戻りますが、
>高断熱・高気密の新築住宅の場合、ダクトタイプの換気システムと、ダクトなし(給気ファンによる)換気システムとでは、長い目で見た場合どちらが良いのでしょうか

これは換気の方式から説明しますね。
1種換気=機械で給気・排気をコントロールするもので、特徴は排気する時に室内の熱を回収して部屋に戻してくれます。だから省エネです。
3種換気=要するに浴室の換気扇ですね。排出するだけです。当然、居室には給気の為に孔を空けます。当然、熱は捨ててしまうので寒いです。
2種換気=住宅には採用しません。

1種でも3種でもダクト式と局所式があり、金額がダクトの方が高いです。
価格は様々なので工務店に聞いてください。住宅の工法によっても違うので。
それと両者共、きちんと性能を発揮させるには気密が取れていないと発揮できません。まじめにやるなら気密検査もやった方がよいでしょう。気密2~3位でないと、1種は交換効率が落ちますし、3種は計算上0.5回でも0.3回くらいに落ちます。

で、質問者様が化学物質過敏症でないと考えてると一番リーズナブルなのは3種、局所です。

今までの家に給気孔だけつければいいんです。

排気はトイレと浴室。トイレ1+2階、浴室で排気すると40坪くらいまではそれだけでOKです。

ただこの方法はトイレと浴室の換気扇を一年中回しっぱなしにする前提です。スイッチのところに「24時間換気/切らないで下さい」とか何とかテプラで貼っとけば完成検査も通ります。

・・・ま、止めますけどね(^_^;)
だって世の中には換気システムを必要としていない人がいっぱいいるんですもん。一番嫌なのが排気で熱を捨ててしまうので寒いんです。

上記でお分かりになりますか?

#2です。

他の方の回答と併せてご理解いただきたく、補足します。

先ず、居室の換気が義務化されたのはシックハウスが社会問題化したのと、住宅の高気密化、欧米ではすでに当たり前(特に寒冷地がある国で)になっている、等の理由があります。日本では全ての居室に0.5回/h(一時間に部屋の空気の半分が入れ替わる)ように定められています。
実際、換気量を下げると作業能率が下がるというデータもあります。(アメリカで0.3回にしたのを後から0.5回に引き上げた経緯があります)

日本での導入の仕方...続きを読む

Q”24時間換気”ってどうしてますか?

家を建てました。24時間換気がついているのですが皆さんはどうされていますか?ずっとつけっぱなしにしてますか?
24時間換気のスイッチには「メンテナンス以外は止めないで下さい」となっていますが、つけていると暖房をしていても空気が入替えされて寒くなっているような気もします。たまに通気構を閉めて24時間換気も止めています。換気したいときだけつけようかな・・と思っていますが、これって駄目なのでしょうか?

Aベストアンサー

24時間換気は常時換気を前提としています。
ただ本当の事を言うと難しい側面も色々抱えています。

まずなぜ必要なのかについて。

 気密性の高いサッシの使用や断熱気密をとるようになってから、住宅の気密性は格段に向上しています。
このため、部屋全体を暖房機で暖めるようになりました。(昔は違っていたから冬はコタツが当たりまえでしたね)これはこれで快適なのは良いのですが、今度は建材に大量の化学物質が使われるようになりました。
有名なのはホルムアルデヒドですが、実はそれ以外にも多数危険なものが存在しています。
これが化学物質過敏症という病気を引き起こすことに気がついたのは実は割と最近です。昔は原因がわからず、でも多数の患者が苦しんでいましたが、北里大学を初めとしてようやく病気であると医学的にも認知され、大問題になりました。
そこで国土交通省と厚生労働省においてこの科学物質過敏症に対する対策を考える審議会が作られ議論されました。
そこで出た結論では、

明確に危険性の判明している化学物質については建材での発散量を規制する
(F****のように表示し、使用量を規制する)

これは割と簡単で、実施が決まりました。ただ長期間換気されない状況が続くとたとえ非常に微量な発散量でも室内の濃度が高くなるため、換気量の問題が残されました。

またシックハウスを防止するという意味では難しい課題も多数残されました。

A.危険性が指摘されているがまだ危険量が不明のものについては引き続き研究を進める
(結局議題に上った複数の問題物質はまだ規制されていません)

B.建材は規制できるが、家の中に入るもの、特に「家具」などは規制の対象外となった。
(国内産は業界自主規制か進んでいますが、海外輸入品まで規制できないため、通商産業省は規制は無理として対象外としました)

C.家の換気量により、また測定位置・高さにより濃度が異なるという問題。
 (たとえば床材からの発散であれば床面は発散量が高くなります。これは赤ちゃんや寝たきり老人には影響が大きいなど)

これらのことから、どうしても24時間常時の換気を取り入れないと、規制値の意味もなくなるし、Bのような問題を解決できないという結論に達しました。

以上が24時間換気を義務とした背景になります。
これをもってではユーザーはどうしたら良いのか。これはもはや各自が判断するないようでしょう。
たとえば24時間換気をとめていて、換気もせずにいたところシックハウスとなった。そういう場合でもそれは自己責任になり誰も責任はとってくれないというだけのことです。

ただ家族に誰もアレルギーが出ていなければ極端に恐れる必要はないとは思います。
たとえば1時間に一回、風が通るように窓を対角2箇所開けてあげるだけで換気は十分とれます。
そのようにして生活している中ではわざわざ24時間換気をつける必要性は実はありません。

ただこれだけは守ってください。
「長時間留守にするときには必ず24時間換気をつけておくこと」

一番危険なのは長時間換気されないために濃度が高くなっていて、帰宅時にまともに濃度の高い空気をすってしまうことなのです。
長時間家を開けるから省エネでとめておこうと考えるのは間違いで、もしとめるのであれば、帰宅したら息を止めて家の窓を全部オープンにして家の空気を一度完全に換気するようにして下さい。

では。

24時間換気は常時換気を前提としています。
ただ本当の事を言うと難しい側面も色々抱えています。

まずなぜ必要なのかについて。

 気密性の高いサッシの使用や断熱気密をとるようになってから、住宅の気密性は格段に向上しています。
このため、部屋全体を暖房機で暖めるようになりました。(昔は違っていたから冬はコタツが当たりまえでしたね)これはこれで快適なのは良いのですが、今度は建材に大量の化学物質が使われるようになりました。
有名なのはホルムアルデヒドですが、実はそれ以外にも多...続きを読む

Q24時間換気システムの毎月の電気代って?

2~3年前ぐらいに新築一戸建てを購入し、24時間換気システムを利用している方、ズバリ毎月の電気代を教えてください。
家の大きさや家族構成、オール電化住宅かどうかで電気代がかわるのは承知しています。それでも毎月どれくらいかかるのか知りたいのです。建坪25~35坪ぐらいがとても参考になります。
できましたら、24時間換気システムのメーカーと家の大きさ、昼間に誰かが家にいるのかどうか(専業主婦か、働いてて昼間は無人なのか)を一緒に教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

新築後5年経過しました。建坪40坪強、在来木造建築で、1階と2階に強制換気の排気口があり、24時間止めたことがありません。

換気効率は数時間で1回で、外部の温度変化はエアコンを消しても5時間程度はあまり影響ありません。夜12時頃暖房を自動で消し、朝6時に点火しますが、その間、室温20度が16度程度しか下がりません。

外気温は零下のこともあるので、断熱効率がいいとしか言えませんが、電気代は換気のつながっている方の支払いでいえば冬季10000円を越えたことがありません。冷暖房はガスヒーポンで、ガスが燃料代です。常時電気でつながっているのは冷蔵庫、電話やインターホン、照明、インターネットのルーターとターミナル、エアコンの室内機、時計が数台です。

コタツを朝夕に数時間使用してもその程度です。換気にかかる電気代は月1000円も使用していないでしょう。メーカーにモーター交換を問い合わせたところ、約7年程度は大丈夫ですと言われました。三菱の換気専用のものです。5年経過して、吸入口は数回雑巾できれいにしましたが、十分吸い込んでいますし、動き続いています。

新築後5年経過しました。建坪40坪強、在来木造建築で、1階と2階に強制換気の排気口があり、24時間止めたことがありません。

換気効率は数時間で1回で、外部の温度変化はエアコンを消しても5時間程度はあまり影響ありません。夜12時頃暖房を自動で消し、朝6時に点火しますが、その間、室温20度が16度程度しか下がりません。

外気温は零下のこともあるので、断熱効率がいいとしか言えませんが、電気代は換気のつながっている方の支払いでいえば冬季10000円を越えたことがありません。冷...続きを読む

Q今の「熱交換式24時間換気システム」短所は?

マイホーム検討中の者です。
今展示場でハウスメーカーを回りをしているのですが
高気密・高断熱住宅の「熱交換式の24時間換気システム」にすごく惹かれています。

長所としては年間を通じて、家中どこも適度な温度に保たれていてとにかく快適・だから自由な間取り(吹き抜けなど)を選べる・シックハウスの面以外にもホコリのたまりも通常の家より少なく健康的・普通のエアコンよりかえって経済的・家も長持ちする?・・・。という理解をしています。

とりあえず今、私が知っている2社の当システム説明url貼ってみます。良かったら見て下さい。

http://www.sekisuiheim.com/technology/kaiteki_kuki.html

http://www.sanwah.co.jp/product/rokumen.html

私は建築時に少々のコストが掛かる以外の短所を知りません。営業マンが通常言わない短所等々ありましたら知りたいのです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ごめんなさい、時間がなかったのでURL確認してませんでした。m(_ _)m
今ざっと拝見した限りではceaser様の仰る通り「全館空調(冷暖房)」であり、これを効率よく機能させるために第三種換気ではなく熱交換式換気システムを採用されているようですね。
基本的に高断熱・高気密で住宅内を密閉された箱状態にして外気との熱の往来を減らし、省エネルギー化を狙ったものですが、換気はしないと内部の空気環境が悪化てしまう・・・この矛盾を解決するために熱交換式換気扇の登場となるわけです。

ただ、地域性や周辺環境等の条件にもよりますし、色々な意見もあるとは思いますが、四季を通じて基本的に窓を閉めっ放しで使うことを前提とした住宅を、私個人の考えでは「健康住宅」とは呼べないと思ってます。(^_^;)

Q各部屋の吸気口について

この度、木造の新築を購入したのですが、今まではマンションだったもので、各部屋に吸気口が無かったのですが、木造の新築にはあり、内覧会時には、カバーを開けたままにするようにと説明を受けました。またトイレも24時間換気を指示されました。
そこで質問ですが、マンション時は密閉度が高い為、結露などが多いので換気などは解りますが、木造の戸建てでは、住み始めて間もないですが、マンションの時に比べ非常に寒く感じております。各部屋の吸気口を開けたままにせず、寝る時などは閉めたり、トイレも24時間換気扇を付けた状態では寒くてなかなか行き辛いです。使う時だけ付けるなどは何故ダメなのでしょうか?木造の戸建てなので、密閉度がさほどないように思うのですが…。
教えて下さい。

Aベストアンサー

電源をオフにしても違法にはなりませんよ。あくまで24時間換気の機能を持った家を作ることが法律の主旨ですから。(何故24時間換気かと言われれば、NO.1の回答者の言うとおりシックハウス対策です。)
家族にアレルギーの方がいなければ、365日24時間換気扇をつける必要はありません。
現状の使い方で問題無いです。
(余談ですが現在の木造住宅は結構気密性は高いですので、調理をする場合等は必ず換気扇は回してくださいね)

Qあれほど言ったのに、エアコン工事で、構造体に傷を付けられました。

あれほど言ったのに、エアコン工事で、構造体に傷を付けられました。
この度、2×4戸建て住宅に後付けで、エアコンを取り付けることにしました。大手家電量販店で購入し、指定工務店が工事に来ました。

エアコンの穴は気になっており、構造体に傷をつけないために、自宅新築時にハウスメーカーに穴あけだけ出来ないかとお願いしておりましたが、付けるエアコンにより穴の場所が異なるため出来ないと言われており、今般穴あけと設置をお願いすることになりました。

心配なため、建築途中に巻き尺を当てて壁内部の写真を撮っておきました。
しかも窓から、コンセントから、部屋の角からとの距離もすべてわかるようにも撮っておきました。

実際取り付けにあたり、写真を見せて、ここから17cmのここに柱が入っていますから、ここを避けて開けてください。とまでお願いしたのに、壁をトントンたたき「大丈夫ですよ」といい、穴を開け、案の定、柱にぶつけてしまいました。

あきれてものが言えません。

しかも、「傷ついても大丈夫ですよ」と言いつつ穴を貫通させようとしていましたので、慌ててやめさせ、大手家電量販店に連絡したところ、責任者という方と、工務店の社長さんが確認しに来てくれました。不手際は認め、おっしゃるように対応しますとの回答をいただきました。

建築時のハウスメーカーに連絡したところ、(現場は見ていません。電話だけです。)「木に1~2mm程度の傷ならば、構造上大きな問題はないと思う。ただし、2×4は壁が耐力壁になっているので、一枚のボードに二つの穴が開くのはうまくない。当社が修理するならば、ボード一枚の張り替え。壁紙の部分修復はしていないので、部屋すべての壁紙張り替えになる」と言われました。

責任者と社長さんにお話しすると、私がそれを望むならば、そのように対応する。との事でした。

ここまで書くと、それなら良いのでは?と思われるかもしれませんが、ハウスメーカーでは、今は工事が混んでいて、いつ修理できるかわからない。と言うのです。

モタモタしていると夏が終わるかもしれません。

あと、ハウスメーカーに、周囲の1~2mmの傷の他に、先行ドリルの穴がうまく伝わったかも不安なのです。
実際、強度的にどの位、問題となるのでしょうか。
少しでも強度に問題があるのならば、この夏、エアコンがなくても徹底的に修理したいと思います。
強度に問題がないのであれば、業者と何らかの妥協点を探りながら、早めにエアコンをつけてもらおうと思います。
実際強度的には、どんなものなのでしょうか。
私としては今後、どのような対応が出来るのでしょうか。

家を大事にしてきて、今まで、ピン一つ刺したことがなかった(各部屋にピクチャーレールをつけてもらい時計、カレンダー等はこれでぶら下げる。)ので、とても悔しいです。

あれほど言ったのに、エアコン工事で、構造体に傷を付けられました。
この度、2×4戸建て住宅に後付けで、エアコンを取り付けることにしました。大手家電量販店で購入し、指定工務店が工事に来ました。

エアコンの穴は気になっており、構造体に傷をつけないために、自宅新築時にハウスメーカーに穴あけだけ出来ないかとお願いしておりましたが、付けるエアコンにより穴の場所が異なるため出来ないと言われており、今般穴あけと設置をお願いすることになりました。

心配なため、建築途中に巻き尺を当てて壁内部の...続きを読む

Aベストアンサー

実際問題、2×4なら1本のスタッドにその程度の穴どころか、スタッドを切断しても、家全体の耐震性が著しく損なわれることはないでしょう

マイナスはゼロではありませんが、ほとんど無視できるレベルです

ただ、気分的には著しい損害です
私なら絶対に嫌ですね

それに、ハウスメーカーの保証も、その部分が原因の不具合は、対象にならないでしょう

私なら、今夏はエアコンをあきらめても修理してもらうでしょう

とりあえず、別の部屋には細心の注意を払ってもらって、エアコンを取り付けてもらい、暑い日はその部屋で過ごします

でもしかしスタッドの場所を探る機械がホームセンターとかで2千円くらいで売ってますけどね
それ使えばこんなヘマはしないだろうに

多分そこの業者はいつもこんなことをやっているのでしょうね
2×4ならなんとか大丈夫ですが、在来工法だったら大変なことです

Q固定資産税いくら??

友人が新築の家を建てたのですが、固定資産税を年間で7万程度といわれたらしいのですが(営業マンに)親からはけっこうするよとかいわれて、不安に思ってるみたいです。いったいどのくらいかおしえてください。ちなみに土地は60坪、約1000万 建物 約2000万したそうです。その他詳しいことはわかりませんが・・。大体で結構ですので、おしえてください。

Aベストアンサー

1.住宅用地は200平方メートル以下の部分を「小規模住宅用地」といい課税標準額が6分の1に軽減されます。60坪は約198平方メートル、固定資産評価は公示価格の7割を目途としていますので
http://www.niceliving.net/zeikin/zeikin27.html

1000万×0.7×1/6×1.4%=16,333円

2.新築の建物は120平方メートルまでの部分に対して一般の住宅は当初の3年間は固定資産税が2分の1になります。建物は固定資産評価基準に基づき、再建築価格を基準に評価します。仮に固定資産税評価を時価の6割程度とした場合、
http://www.niceliving.net/zeikin/zeikin28.html

2000万×0.6×1/2×1.4%=84,000

以上から土地・建物合計で10万程度になると思います。(以上に加えて市街地の場合には都市計画税が0.3%課税されます。)

Qお風呂の窓は開けた方が良い、それとも閉めたまま?

以前、「お風呂の湿気」という事で質問をさせて頂き、
カビの発生対策として、
『お風呂の窓は頻繁に開ける方が好ましいように思いますが、実は、開けない方がカビが発生しにくいですよ』という回答を頂きました。

あぁ、そうだったのか、なるほどな、と思い、なるべく窓を開けないように心がけていたのですが、
ただ、その後、いろいろな人にその事を話しても、ほぼ完全否定に近く、
『当然、お風呂の窓はできるだけ開けておく方が良いよ』という人ばかりです。
また、ネットで検索しても、それらしき事は載っていないように思います。(調べ方が甘いのかもしれませんが)

換気という面では、当然、お風呂の窓は開けるのが好ましいのでしょうが、
問題は、カビなんです。

一度も、窓を開けた事が無いという訳ではありませんし、
建築中は、おそらく窓は全開でした。

窓を開けておく方が、カビが発生しやすいのは本当でしょうか?
それとも、関係無いでしょうか、はたまた、増えるのでしょうか?

経験談でも結構ですし、
科学的な根拠、想像、意見、何でも結構です、教えて頂けると助かります。

以前、「お風呂の湿気」という事で質問をさせて頂き、
カビの発生対策として、
『お風呂の窓は頻繁に開ける方が好ましいように思いますが、実は、開けない方がカビが発生しにくいですよ』という回答を頂きました。

あぁ、そうだったのか、なるほどな、と思い、なるべく窓を開けないように心がけていたのですが、
ただ、その後、いろいろな人にその事を話しても、ほぼ完全否定に近く、
『当然、お風呂の窓はできるだけ開けておく方が良いよ』という人ばかりです。
また、ネットで検索しても、それらしき事...続きを読む

Aベストアンサー

→http://www.lion.co.jp/press/2004036.htm
に書いてある通り、カビの原因は人間です。
ですので、毎日最後にお風呂を出る人が浴室を専用洗剤を使って洗えばカビが出ないはずですが、結構な労力ですし、冬は湯冷めしちゃいますし、夏は汗だくになりそう(笑)
 結局、日々乾燥させ、定期的に浴室全体を清掃するしかないです。もし、窓があり入浴後開けておくことが出来るのなら開けておいた方がよいでしょう。ただ、No.2さんが言われている通り開けても浴室が乾燥しないようですと開けても意味がないです。特に雨が降っているときは開けても意味がないです。
 うちの場合、毎日窓を開けていますし雨の時は浴室乾燥機をつけます。
もう一つ参考になりそうなHPのURLをupします。
→http://ajimio.blog97.fc2.com/blog-entry-175.html

Q住宅の二階の部屋に付ける室外機は、二階外に設置するのと、一階外までホー

住宅の二階の部屋に付ける室外機は、二階外に設置するのと、一階外までホースを伸ばし設置するのとどちらがいいのですか?
メリットデメリットが有れば教えてください。
「なるべくこうすべき!」・「普通こうする!」があれば教えてください。
私の素人考えだと、二階に設置すると庭の邪魔にならず設置のコストがおさえられるけど、見た目が悪く交換修理時に不便。1階に設置すると設置コストが上がり熱交換率が下がり無駄な電気を消費するがメンテナンスが容易??

Aベストアンサー

1)外壁に吊るす。
2階の外壁に吊るすという事だけはおやめください。これをやむ負えずやるのは総2階のアパート位です。稀にそういう家を見ますが、外壁の破損、金具の劣化、室外機の振動の伝搬など、いい事など一つもありません。

2)次に屋根。
屋根は瓦なのか金属屋根か、スレート屋根かによりますが、屋根の場合は下で支えられるので、金具も色々あり、しっかりと固定出来るかもしれません。
しかし、屋根に穴を開けると言う事がどういう事かは認識しておく必要があります。もちろんそう簡単には問題にはなりませんが、何せ屋根ですから、出来ればそのままにしておきたいものです。
また振動は2階に伝わりますし、場合よっては音も気になるでしょう。

3)ベランダ。
これは一見良さそうですが、ベランダは家から張り出して設置するので、振動はベランダ全体に響いて、家自体に伝わります。
こう書くと、「そんな煩くて振動の酷い室外機は今時無い!」と指摘されるかもしれません。しかし音の伝搬がどういうものなのか、設置場所や方法によって増幅されたりしないのか、などを考慮すると、少なくとも私はお勧めしません。
またベランダの場合は、子供が登るという危険性があります。室外機の上に登り、手すりを越えてと考えると怖い話です。

4)1階に下ろす。
確かに効率は悪くなります。しかし室外機を外壁から離せば振動は地面に伝わるので、振動や音はかなり小さくなります。もちろんメンテナンスも楽ですし、落下事故も無いでしょう。デメリットは邪魔になる事と、ホースが壁を這う事でしょうか。出来れば色を工夫しましょう。室外機が屋根や2階にあるよりは目立たないかも?しれません。

是非1階に下ろしましょう。

1)外壁に吊るす。
2階の外壁に吊るすという事だけはおやめください。これをやむ負えずやるのは総2階のアパート位です。稀にそういう家を見ますが、外壁の破損、金具の劣化、室外機の振動の伝搬など、いい事など一つもありません。

2)次に屋根。
屋根は瓦なのか金属屋根か、スレート屋根かによりますが、屋根の場合は下で支えられるので、金具も色々あり、しっかりと固定出来るかもしれません。
しかし、屋根に穴を開けると言う事がどういう事かは認識しておく必要があります。もちろんそう簡単には問題にはな...続きを読む

Q洗濯機防水パンって、ないと支障がありますか?

洗濯機の防水パンですが、あると掃除がしにくいので、いっそ新築時に設置しない事にしたい、と思うのですが、設置しないと何か支障があるでしょうか?

Aベストアンサー

カリスマ主婦らしき人が生活に便利な家造りに関する本を著しており、その中の1項目にありました。

防水パンは元々集合住宅などで、階下に水漏れが起きないようにするためのもの。しかし、この裏には湿気によるカビ、隙間から入った埃などが溜まり、不衛生この上ない。しかも、現在は水位センサー付きの洗濯機が主流を占めているため、洗濯機の水を溢れさせることは無いので無用の長物になりかねない。
仮に貴方が水位センサーの無い古い洗濯機を利用しており、防水パンを設置しようと考える費用があるなら、少し上乗せして新型の洗濯機を購入する方を薦めます。

とのことでした。同じ助言は不動産業者からも受けました。


人気Q&Aランキング