これからの季節に親子でハイキング! >>

前年度分の売上金の振込手数料の差額が返還され、普通預金に入金されました。
この場合の仕訳は、
普通預金/雑収入の仕訳で良いのでしょうか?
この場合の雑収入は、課税対象となるのでしょうか?

今回初めて消費税の申告を行います。
簡易課税制度を選択しており、事業区分は第5種事業です。
この振込手数料が課税対象の場合、
消費税の対象事業は、第5種事業で良いのでしょうか?

素人の質問で申し訳ありませんが、よろしくお願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

・振込手数料相当を何の科目で仕訳していましたか。



・例えば雑費であれば

  普通預金 / 雑費  摘要:振込手数料戻り

 で良いでしょう。

・いずれにしても課税取引なので、課税売上が増えるか、課税仕入れが減るかの違いで納税額は変わりませんが、厳密に言えば、簡易課税の方や、免税点の1000万円の判定などで、影響がある場合があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
助かりました。

お礼日時:2010/11/28 17:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q返金の際の仕訳の方法を教えてください。

私は個人事業主のアフィリエイターです。
まだまだ青色申告の記帳に不慣れなのですが、
今回返金されたものでどう記帳してよいのかわからない仕訳があり、
教えていただけるとありがたいです。

【ケース1】
 ネットで消耗品の購入をしたのですが、
 誤って2度、指定の銀行に振り込んでしまいました。
 2度目の分を向こうからの銀行振込み手数料をひいてもらった
 金額を口座に返金してもらったのですが、
 この場合の仕訳はどうすればいいのでしょうか?

【ケース2】
 オーバーチュアのPPC広告で
 PPC広告をだすことをやめたため、
 使わなかった分を返金してもらいました。
 この場合の仕訳はどうすればよいのでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.の振込時は

事務消耗品10,000円/預金10420円
支払手数料___420円

事務消耗品10,000円/預金10420円
支払手数料___420円

こうなっているのかな?

返金時は

預金 9,580円/事務消耗品10,000円(摘要:過払い分返金)
支払手数料420円

2.の振込時は

広告宣伝費50,000円/預金50.420円
支払手数料___420円

かな?

返金時は

預金10,000円/広告宣伝費10,000円(摘要:一部広告中止分返金)

Q振込手数料の差額は「雑益」ですか?

銀行の振込手数料差額についての質問です。

たとえば、買掛金10万円を他行あて電信振込する場合

振込手数料は
窓口なら840円 ATMなら525円とします。

振込手数料が受取人負担ということで
100,000円―840円=99,160円を窓口で送金することにしました。

ところが、行員さんが早くて安いATMを薦められるので
ATMで99,160円を降り込みました。

ATMの振込手数料は窓口より315円安く、確かに得したのですが・・・

帳簿仕訳上 315円の買掛金が残ってしまいます。

これは「雑益」として処理するのでしょか?

<窓口での振込>
買掛金 100,000円  現金  99,160円
                手数料    840円


<ATMでの振込>
買掛金 100,000円  現金  99,160円
                手数料    525円
                ???    315円 ⇒「雑益」なの?

以上、よろしくお願い致します。

銀行の振込手数料差額についての質問です。

たとえば、買掛金10万円を他行あて電信振込する場合

振込手数料は
窓口なら840円 ATMなら525円とします。

振込手数料が受取人負担ということで
100,000円―840円=99,160円を窓口で送金することにしました。

ところが、行員さんが早くて安いATMを薦められるので
ATMで99,160円を降り込みました。

ATMの振込手数料は窓口より315円安く、確かに得したのですが・・・

帳簿仕訳上 315円の買掛金が残ってしまいます。

これは「...続きを読む

Aベストアンサー

FBサービスは振込人が専用端末機やパソコンを使った場合ですね。
それなら、支払い側で、一括して手数料が発生しますね。
最初の回答は、個々にATMを使った場合を想定したので、振り込み側では手数料が発生しないと書いたのです。

そうなると、ご質問の通り。 
買掛金 100,000円  現金  99,160円
                手数料    525円
                雑収入   315円と、なります。

Q保証料の戻りがあった場合の処理の仕方なのですが・・・

保証料の戻りがあった場合の処理の仕方なのですが・・・

銀行からの借入を繰上げ返済した際、県の保証協会の保証料の戻りが発生しました。
ただ、この借入の保証料なのですが借入をしていた際、毎年保証料が口座より引き落としされており、経費として処理されておりました。
私が関与前からわざと経費として処理してあるようなので何らかの意図があるのかと思うのですが・・・(本来であれば保証料全額を一旦前払費用として計上して毎年按分した分を経費として処理するのでは?)

まず、今期は保証料(経費)の発生が全くない為、単に保証料(経費)の戻しとしてしまうと保証料の科目がマイナスとなってしまいます。
ですのでこの場合、科目は雑収入にするのが良いでしょうか?
もし、雑収入にする場合、消費税はかからないという解釈で良いと思うのですが、こちらも合わせて教えていただければ助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

信用保証料の支払においては、質問者が言われるように、前払費用で会計処理するのが正しいです。
〔借方〕長期前払費用☆☆☆☆☆/〔貸方〕普通預金☆☆☆☆☆

そして毎期末に、当期分の保証料を費用化します。

また、繰上返済を行って保証料の戻りがあった場合は、長期前払費用を戻す仕訳を行います。
〔借方〕普通預金◇◇◇◇/〔貸方〕長期前払費用◇◇◇◇

ですから、信用保証料の全額を費用化してしまったのであれば、保証料の戻りがあった場合は、
(1)戻り額が多額ならば、
〔借方〕普通預金○○○○○/〔貸方〕前期損益修正益○○○○○
(2)戻り額が少額ならば、
〔借方〕普通預金○○○○/〔貸方〕雑収入○○○○


>もし、雑収入にする場合、消費税はかからないという解釈で良いと思うのですが・・

勘定科目が何であれ、信用の保証料は消費税は非課税です。消費税法基本通達6-3-1の(2)において、信用の保証料は消費税非課税と定めています。↓

消費税法基本通達6-3-1
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shohi/06/03.htm

従って信用保証料の戻りも消費税は非課税です。

信用保証料の支払においては、質問者が言われるように、前払費用で会計処理するのが正しいです。
〔借方〕長期前払費用☆☆☆☆☆/〔貸方〕普通預金☆☆☆☆☆

そして毎期末に、当期分の保証料を費用化します。

また、繰上返済を行って保証料の戻りがあった場合は、長期前払費用を戻す仕訳を行います。
〔借方〕普通預金◇◇◇◇/〔貸方〕長期前払費用◇◇◇◇

ですから、信用保証料の全額を費用化してしまったのであれば、保証料の戻りがあった場合は、
(1)戻り額が多額ならば、
〔借方〕普通預金○○○○○/〔貸方〕前期損益修正...続きを読む

Q保険料の戻りの仕訳

事業用の車の自動車保険の内容を変えたので、保険会社からお金が事業用の預金通帳へかえってきました。
この場合の仕訳を教えて下さい。

Aベストアンサー

保険料の支払が期中なら、
預金 **** / 保険料 ****
で、戻すことが出来ます。

期をまたいでいるのなら
預金 **** / 雑収入 ****
で処理します。
 

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Q簡易課税の事業区分

簡易課税を選択しているのですが、おもな事業の事業区分はわかりますが、雑収入に入れている分がどうなるのか悩んでいます。
非課税や不課税のものは関係ないと思いますが、例えば、紹介手数料とか取引先にかかった以上に控除してもらい収入となった振込手数料(これは課税ですか)など第5種に分類しておけばよいとは思ったのですが、よくわかりません。ご教授ください。

Aベストアンサー

 紹介手数料が、主な事業に係るものでなければ通常は「第5種」に該当してくると考えます。振込手数料の差益については、「課税仕入れの戻り」と解釈し、課税しない方がよいと考えます。
本来負担すべき振込手数料を
 支払手数料/現金 ○○○円
差益分を
 現金/支払手数料 ○○○円で仕訳すれば、課税問題は発生してきません。 
簡易課税のフロ-チャートを参考URLでご覧下さい。参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shohi/20/02.htm

Q売上げの全額を返金したときの仕訳について

個人事業主で、青色申告します。

複式簿記での、仕訳についてお教えください。


(仮に下記のような場合)
売上げの入金が、5月12日に、事業用口座へ、15000円あったのですが、

諸事情により返金することになり、2日後の14日、事業用口座から全額15000円返金として支払いました。


当方にはめったにない事例で、この場合の仕訳はどのようになるのかわからず、困っています。
どなたかお詳しい方、ご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

個人事業ということですので、売掛金勘定を使用せず経理をしているとすると

5/12  普通預金 / 売上 15,000円
5/14  売上 / 普通預金 15,000円

ということになります。
売掛金勘定を使用しているとすると

5/12 普通預金 / 売掛金 15,000円
5/14 売上  / 普通預金 15,000円

こんなところでどうでしょうか?

Q振込手数料について

現在、会社で買掛金等を振込みするのに先方負担に関して600円(税抜き)引いて振り込んでいます。今回、インターネット等よりの振込みにして手数料を安くしようとしています。仮に手数料が400円になるとします。
通常なら1万円振り込み時の仕分けは、
相手には9400円の振込みになる。
買掛金 10000  /  普通預金 9400
             振込手数料 600  としていたのが
買掛金 10000  /  普通預金 9600
             振込手数料 400  となると思います。
しかし、私の上司が下記のような仕分けをしようと言い出しました。
買掛金 10000 /  普通預金  9400
            振込手数料  400
                雑収入 200
上記のようにすると先方には同じ金額です。しかし差額を自分の会社の取り分とするのはいいのですか?教えてください。

Aベストアンサー

ご質問の趣旨とは、ちょっと違いますが、
振込手数料は、先方に分かります。バレバレです。
私は、大手都市銀行のネットバンキングを利用していますが、
摘要欄に何銀行の何支店からと、ちゃんと表示されます。
ですので、調べればすぐに金額は分かってしまいます。

そんな、せこい不正をしてまで小銭を稼ぐような所は、
その分、心持ち値上げしたりしています。
他のお得意さまに対してもフェアじゃないですからね。

参考URL:http://www.ufjbank.co.jp/

Q保険金収入があったときの仕訳

おはようございます。
店舗内のガラスが割れてしまい保険会社より保険金が振込されました。

↓以下の処理をしようとしているのですが正しいでしょうか?
保険金収入は不課税処理

保険金収入
900,000 当座預金 / 雑収入  900,000

ガラス修理
******* 修繕費  / 当座預金 *******
******* 仮払消費税/
※まだ決まってないので***
----------------------------------------------------
社内の人に聞いたら、相殺で残りは利益にと言われました。
(仮受金でとっておき修理の請求が来た際に相殺、あまりを雑種とのこと)
総額主義の原則に基づくと相殺は間違った処理だと思うのですが、それでも宜しいのでしょうか?上記の仕訳意外に処理方法などあるのでしょうか?

過去の質問等を拝見しましたが不安で質問させて頂きました。
新任で色々と行き詰っておりアドバイス頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

社内の人の言われる相殺とはどのようなことを示すのでしょうか

例えば、保険会社から 90万円を現金で受け取り、その日のうちに修理代を現金で80万円支払った場合

 1)総額主義
   現金 900,000  雑収入 900,000
   修繕費 800,000  現金 800,000

 2)純額主義
   現金 100,000  雑収入 100,000

ということはあり得ます。

でも保険金が当座預金に振り込まれ、修繕費も預金から支払えば、
特に入金日と支払日が異なる場合はなおのこと、ご質問者が書かれたように

保険金収入
900,000 当座預金 / 雑収入  900,000

ガラス修理
800,000 修繕費  / 当座預金 800,000

のように総額主義になりますが。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング