平成7年に住宅を購入し、平成9年に家族を伴って転勤しました。平成9年は、母親を扶養しかつ購入した家に母が住んでいるので控除が受けられると認められましたが、今年になって10年度以降の分をまとめて控除申請しようとしたところ受けられないとのことでした。どちらが本当なのでしょうか。この件に関して、何故このようになっているのでしょうか。これでは、単身赴任促進制度の何物でもないような気がして、どうしても腑に落ちません。どうか教えてください。

A 回答 (1件)

はじめまして。

タックスアンサ-のURLを参考にしてみてください。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。未だ、納得いきませんが、泣く子と、御上には勝てません。

お礼日時:2003/10/26 10:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q6年くらい前の平成16年に欠格期間一年の免許取消しになり、平成17年に

6年くらい前の平成16年に欠格期間一年の免許取消しになり、平成17年には再取得できる状況にあったんですが、仕事も忙しく車に乗る事もなかったので、 取らずに月日が流れました。しかし先日講習も済ませ、大特~大型一種を無事取得したんですが、ここで何点かお聞きしたく、書かせて頂きます。
免取りからの再取得だと、前歴は1だと思うんですが、その前歴1はいつどうすれば0になるのですか?
あとよく過去三年以内の違反とか表現ありますが、自分はすぐ取らなかったせいもあって約6年たってるので、過去三年は該当しないんでしょうか?いろんなパターンがあり、もしかして過去三年以内にはなんにもしてないので、前歴も0かなとか、いろいろ考えています。
こういった事情に詳しい方、教えて頂ければ幸いです。
よろしくお願い申しあげます。

Aベストアンサー

行政処分に該当した場合の前歴とは過去3年以内の免停・取り消しを言います。
http://rules.rjq.jp/gyosei.html

免許取り消しに該当した場合のは過去5年以内に取り消し処分を受けてる場合は欠格期間2年延長されます。
http://rules.rjq.jp/torikeshi.html

1年間無事故違反で過ごして、取り消し処分歴は3年間残ります。
もう6年経ってますからどちらにも該当しませんから、前歴「0回」っと考えれば良いです。

Q高齢者雇用促進法(平成25年4月1日施行の法律)解釈について教えて下さい。

平成25年4月1日から就労を希望する者全員を65歳まで雇用することが義務づけられました。大方の会社は3択のうち雇用継続を選択しています。理由は、(特別)社労士さんや顧問弁護士の言われる”就業規則にもあるように定年退職は満60歳だからその時点で労働契約は終わっている。従って、続けて労働するには新しい労働契約を結び就労することになる、その時点で労働条件を変更できるので有利”と言うことです。この解釈に対する判例はありませんが、そうなのでしょうか?昭和63年3月14日の労働省の指導では継続勤務とは、労働契約の存続期間、すなわち在籍期間をいう。定年退職による退職者を引き続き嘱託等として再採用している場合(所定の退職手当を支給した場合を含む)を含む。労働基準監督署に問い合わせても継続勤務の解釈は今も同じだそうです。この継続勤務の考え方と雇用継続の先生方の解釈はちゃんと整合しているのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

もう1点。

「継続勤務の意義」でしたら、第39条年次有給休暇の勤続年数にからめた解説に出てきます。内容は先に回答した通り。他の条にでてくるかは検索機能がないので保留します。

Q平成19年法改正による住宅ローン控除について

カテが違ったらすいません。
平成18年の9月に住宅を購入し、
税務署に申請して、住宅ローン控除を受けました。
通常なら、今年からは会社が年末調整で控除してくれると
思うのですが、今年度からの所得税率が低くなるにあたって
こんな記事をみました。

「平成19年から所得税率が低くなることで、控除額が減ってしまう人(ただし平成11年から平成18年に入居した人)は、条件を満たせば減った部分を住民税から控除することができる(申請が必要)」

申請が必要とは、また税務署に行って何らかの手続きを
しなければならないのでしょうか?
それは、どんな書類が必要なのでしょうか?
分かる方教えてください。

Aベストアンサー

住民税は、市町村役場で扱っていますから、市町村に申請することになります。しかし、たとえば、給与所得者の場合だと、年末調整をしてみないと、住民税の額が確定しないので、すくなくとも、年末調整後でないと、申請書は書けないこととなります。
実際には、現在、国税庁と総務省で、申請書の内容などについて協議しており、申請そのものは、平成20年に入ってからになります。
たぶん、確定申告時期に申請することになるのではないでしょうか?

Q平成21年9月4日判決

平成21年9月4日判決

つい先日出された平成21年9月4日判決ですが、
重要かつ借主に大きな利益を生む判決だと言われているようです。

なぜこのように重要視されているのでしょうか、
過去の判決や、考えかたと何か大きな違いが生じたのでしょうか


ご回答お願いします。


参考URL

http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090904111138.pdf

Aベストアンサー

利息の発生時期については、はっきりと正面から判断した最高裁判決がなかったので、ある程度の意味はあります。

しかし、下級審のほとんどは、これまでもこの最高裁判決と同様の判断をしていますし、これまでの最高裁の判決でも、今回の結論を当然の前提としているものもありましたから、いまさら特に重要な判決とも思いませんが・・・

Q住宅品質管理促進法と住宅品質確保促進法の違いってなんですか?

「住宅品質管理促進法とは何なのか」を学校の課題で調べています。

すると、住宅品質確保促進法というものがいっぱいでてきて、
住宅品質管理促進法というのがあまり出てきません。
管理と確保、言葉が違いますがこれはまったく別の法律なのでしょうか?

わかる方教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1の回答者です。
>住宅品質確保促進法も現行法ではないんですね。<
住宅品質確保促進法は、現行法ですよ。
法令提供システムでヒットしないのは、それが略称だからだと思います。
同法の正式名称は、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」です。

>司書過程(図書館の職員)になるための授業の課題<
>住宅品質管理促進法について知りたいという課題を記述の調査方法に基づいて調査すること(テキストに載っている課題)<
ひょっとして、図書館の利用者が不正確な情報を持ってきたときに、司書としてどう対応するかという「ひっかけ問題」?
そのとき、司書としてはどう対応するか、とか。
そこまで考えるのは、うがちすぎでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報