【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

LNG(液化天然ガス)が気化すると、一般的に600倍になると言われていますが、どのような計算でその体積が導き出せるのでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 LNGの密度÷気化した天然ガスの密度



という計算になります。
 液体の時と気体の時の、それぞれの密度の値は、その天然ガスを採取したガス田によって、多少異なります。(各成分の割合が多少異なるため)
 例えば、以下のサイトに拠りますと、アラスカ産の天然ガスの密度は空気の密度の0.55倍で、それを液化した場合の密度は425kg/m3で、液化したガスはマイナス162℃で気体になる事が分かります。

【参考URL】
 東部ガス > 安全対策・環境 > 環境への取り組み > なぜ天然ガスはクリーンエネルギーなのか
  http://www.tobugas.co.jp/env/energy.html

 又、以下のサイトに拠りますと、0℃、1気圧における、空気の密度は1.293 kg/m3である事が分かります。

【参考URL】
 空気 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E6%B0%97

 気体は、その種類に関係なく、温度が1℃下がる毎に、0℃の時の体積の273.15分の1の割合で、体積が減少する事が判っていますから、t℃、1気圧における、空気の密度は、次の数式で計算出来ます。

1.293[kg/m3]÷(t÷273.15+1)

 従って、気化したLNGの密度は

天然ガスの空気に対する比重×1.293[kg/m3]÷(天然ガスの沸点÷273.15+1)

という計算になります。

 よって、

LNG気化する際の膨張比=LNGの密度÷{天然ガスの空気に対する比重×1.293[kg/m3]÷(天然ガスの沸点÷273.15+1)}

という計算になります。
 ですから、アラスカ産の天然ガスの場合は、

LNGが気化する際の膨張比=LNGの密度÷{天然ガスの空気に対する比重×1.293[kg/m3]÷(天然ガスの沸点÷273.15+1)}
=425[kg/m3]÷{0.55×1.293[kg/m3]÷(-162[℃]÷273.15+1)}
≒243

という計算になり、アラスカ産の天然ガスは、気化する際に体積が約243倍に膨張する事が判ります。
 これを0℃まで温めると、膨張して体積が増えますから、

LNGを気化させた後、0℃まで温めた場合の膨張比=LNGの密度÷{天然ガスの空気に対する比重×1.293[kg/m3]÷(0[℃]÷273.15+1)}
=LNGの密度÷(天然ガスの空気に対する比重×1.293[kg/m3])
=425[kg/m3]÷(0.55×1.293[kg/m3])
≒598

という計算から、液体の時の約598倍に膨張する事が判ります。

 ですから、体積が600倍になるという話は、気化させた時の話ではなく、気化させた後に、更に温度を上げて、0℃にした場合の話という事になります。
 因みに、同様の計算をマレーシア産の天然ガスに対して行うと、

LNGが気化する際の膨張比=451[kg/m3]÷{0.61×1.293[kg/m3]÷(-160[℃]÷273.15+1)}
≒237

LNGを気化させた後、0℃まで温めた場合の膨張比=451[kg/m3]÷(0.61×1.293[kg/m3])
≒571

となり、気化する際には237倍、0℃まで温めると液体の時の571倍に、膨張する事が判ります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳細にご回答くださり、まことにありがとうございます。
今まで何となくでしか理解していなかったので、大変勉強になりました。

お礼日時:2011/02/26 11:44

LNGのMSDSをみると、ガス比重は0.62 kg/m3(空気=1)、液密度は455 kg/m3です。


また、空気の密度は1.2929kg/m3ですから、メタンのガス密度は
0.62×1.2929=0.80 kg/m3
となります。
したがって、気化したときの体積変化は
455/0.80=569≒600倍
となります。

LNGのMSDS
http://www.k-lng.co.jp/business/img/seihinannzen …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどですね。

学生時代にこの分野はつまづいたままの状態でしたので、大変参考になりました。

お礼日時:2011/02/26 11:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガスの単位 m3(立方メートル)は何g(グラム)???

自宅のガス料金と、カセットコンロ用のカセットガスの金額を比較しようと思ったのですが、自宅のガスは「立方メートル」、カセットガスは「グラム」単位でした。
立方メートルとグラムの比較はできるのでしたっけ??
無知ですみません。
教えてください。

Aベストアンサー

 ガスの容積は1気圧・常温のもとでの容積を示しますので、化学の教えるところにより、
22.4リットルが1モルになります。あとは分子量を求めれば、計算できないことはありません。

 1立方メートル(=1000リットル)における重さ=分子量×1000/22.4

この式で求まります。
ガスの分子式から、C(炭素)を12、H(水素)を1として計算すれば求まるでしょう。

 ただし、一口にガスといっても、いろんな種類があり、同じ容積でも重さが違います。

・都市ガスの場合
 最近の都市ガスの場合、天然ガスが一般的で、主成分はメタン(CH4)です。
 分子量は12+4=16ですから、先ほどの式から約714gと求まります。

・プロパンガス
 プロパンはC3H8ですから、分子量は3×12+8=44です。
 したがって1m3あたり1964gとなります。

・カセットコンロ
 カセットコンロのボンベには、ブタン(C4H10)が使われることが多いです。
 分子量は58ですから、1m3あたり2589gとなります。

ただし、ガスの中には主成分と異なるものも含まれていますので、これらは目安です。
また、ガスの種類が異なると、得られる熱量は重さに比例しません。
発生熱量はガスごとに異なります。

 ガスの容積は1気圧・常温のもとでの容積を示しますので、化学の教えるところにより、
22.4リットルが1モルになります。あとは分子量を求めれば、計算できないことはありません。

 1立方メートル(=1000リットル)における重さ=分子量×1000/22.4

この式で求まります。
ガスの分子式から、C(炭素)を12、H(水素)を1として計算すれば求まるでしょう。

 ただし、一口にガスといっても、いろんな種類があり、同じ容積でも重さが違います。

・都市ガスの場合
 最近の都市ガスの場合、天然ガスが一般的...続きを読む

Qキログラム(kg)を立米(m3)に直すと?

初歩的な質問で恥ずかしいのですが、
250kgと1400Kgを立米m3に直すといくらになるか教えて頂きたいのですが?

Aベストアンサー

単位の換算には前提条件が必要です。
今回の場合は比重ですね。

比重は対象の温度次第で変化しますので、温度もわからないと正確な換算はできません。
例えば水の場合、比重が1なのは4℃の時で100℃では0.958まで下がります。
1400kgなら1.4m3と1.46m3と結構な差が出ます。

Q液体水素や窒素1kgが気化すると体積は何cm3になりますか?

液体ガスの窒素や水素が気化した場合
1kgあたり何cm3なるのでしょうか?
計算方法も教えていただけると他の液体ガスも調べたい時に
大変たすかります、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当然、常温での体積を考えられているのですよね?

窒素の原子量は14.0[g/mol]なので、窒素分子N2の分子量は28.0[g/mol]。

1kgが何モルになるかというと、
1000[g]/28.0[g/mol]

1モルの気体の体積は22.4リットル(=22.4cm^3)なので、

22.4[リットル]×1000[g]/28.0[g/mol]


公式風に一般的に書けば、

22.4 × 1000 ÷ 分子量 = 1kg当り体積[リットル]

Q流量単位 Nm3→m3換算

流量単位 Nm3からm3への換算が分からず困ってます。

例)発熱量 9700kcal/Nm3のものがあるとして、これをkcal/m3になおしますと、ボイルシャルルの法則RV/T=RV/Tにて、
  0.15*10^6*V/(273+20) = 0.1013*10^6*1/273
  v=0.725 
*圧力0.15MPa  温度20度とします。

  9700÷0.725=13379.3kcal/m3でして
  9700kcal/Nm3→13379.3kcal/m3であってますか?

Aベストアンサー

大雑把にはその理解でいいのですが、
厳密には実在ガスによるずれ、圧縮係数を考慮する必要があります。

9700kcal/Nm3というと都市ガス13A相当になりますが、
13Aの場合一般的にノルマル条件(0℃、1気圧)では圧縮係数が0.99程度になって、
ボイルシャルルの式に対して1%ほど体積が小さく(=熱量が大きく)なります。
精度をどの程度求めるかによりますが、便覧などを参考に、圧縮係数を見積もられることをお勧めします。

また普通は計測された流量(例m3/h)を温度、圧力補正をして
ノルマル流量(例Nm3/h)に換算して表示することが多いです。

QLPG 1kgは何立米ですか?

家庭用などで良く使われている一般的な
LPGボンベのガスは1kgで何m3ですか?

Aベストアンサー

0.4831m3

参考URL:http://www.iae.or.jp/energyinfo/energykaisetu/situmon0002.html

QLPGとLNGの違いは何?

LPG(液化石油ガス)とLNG(液化天然ガス)の違いは、何でしょうか。
有識者の方、ぜひともお答え下さる様よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

メタンやプロパンなどのガスは容易に燃焼し、燃焼後に残渣が残らないので燃料として優れたものですが、常温・常圧では熱量当たりの体積が大きくそのままでは輸送や貯蔵に問題があります。
そこで、ガスを液体にすることによって、体積を小さくして、輸送や貯蔵に便利なようにするわけですが、ここでLPGとLNGで大きな違いがあります。
LPGの主成分であるプロパンやブタンは圧力をかけることにより、常温で液体になり、体積は約1/250となります。(容器が透明なライターの中の液体)
ところがLNGの主成分であるメタンはいくら圧力をかけても常温で液体にはなりません。このため、温度をマイナス162℃という極低温にすることによって、液化して体積を1/600にしています。

ちなみに天然ガスは液化するために約15%のエネルギー損失があるそうです。また、極低温を維持する容器は特殊で高価なものになります。

Qm3→tへの変換方法

土木関係初心者です。
コンクリートガラの計算で単位が「m3」になっているものを、「t」にして記入しなければいけない書類があるのですが、どうやって変換しらよいのかわかりません。

ちなみにもとの数量は、2378m3で代価表には「1.0m3あたり2.35t」となっています。
単純に2378×2.35=5588.3tでいいものなのか悩んでいます。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1.0[m3]当たり2.35[t]ですか.
2.0[m3]当たりは何トンになりますか?
3.0[m3]だったら?

2378[m3]だったら?
って考えればいいのでは?

Q水蒸気は水の何倍ぐらいの体積になりますか

どのくらいの倍数になるか知りたいのです

Aベストアンサー

温度や圧力によって違います。
1気圧100℃の状態であれば、(22400x373)/(273x18)=1700倍になります。
ただし、温度が1℃変化するごとに、上記の373分の1ずつ変化します。また、圧力には反比例します。

Q体積の変化について

「水が摂氏100度で蒸気になったとき、その体積は約1700倍に膨張する。」という記述を読んだのですが、なぜそうなるのでしょうか。
手持ちの資料で調べたところ「あらゆる気体は圧力を一定に保っておく限り、温度が摂氏で1度変化するごとに摂氏0度における体積の1/273だけ変化する」という記述は見つけたのですが、液体から気体に変わった場合はどうなるのかは見つけられませんでした。
きっと探し方が悪いと思うのですが、物理はど素人なのでどこを探していいのか、どんな本を見ていいのかもわからないのです。
どなたかご説明していただけるととても嬉しいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

普通、水1グラムは1mlですね。気体の状態方程式pV=(W/M)RTを使いp=1,M=水の分子量18、W=1(グラム)、R=0.082、T=273+100を代入するとV=1.699となります。
1mlから1.699lに体積が増えたので約1700倍ですよね。

Q単位:m3NのNの意味を教えて下さい

例えば、濃度などで使われる容積の単位らしいのですが、
Nの意味を教えて下さい。
(Nm3と表示する場合もあるようです)

Aベストアンサー

よく化学で言うところの「標準状態」
Normalized condition.
標準とは俗に言う、
「0℃1気圧」とか「15℃1気圧」とか「20℃1気圧」。
どれを使ってるか確認しないとだめ。
公害や排ガス規制の場合は確か0℃1気圧。
気体は温度で体積が変わるので。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A