全身が死ぬほどだるくなることがあり、病院を廻りましたが内科的に問題はなく、現在「うつ病」と診断されて6年になります。
症状は倦怠感のみ。
薬が効いているのか、だるくなる頻度が減りました。
「ルボックス」と「ミラドール」を使ってます。
朝起きて、時間がたつにつれて辛くなる感じです。
気分的に落ち込んだり、塞ぎ込むことは全くありません。
「慢性疲労症候群」という病名がありますが、治療法は坑うつ剤を使うそうですがどうなんでしょうか?
このまま坑うつ剤を使っていればいいのでしょうか?
アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

だるくなる頻度が下がったのが、


薬の効き目だと思われるのでしたら、
そのまま続けられる事をお勧めします。
たしかに長期にわたる服薬に、不安はありますが、
私は、心の薬に関しては、
摂取する側の思考回路も、効き目に大きく影響すると思っています。
たとえば、不安物質を減少させる薬であっても、
その薬に対して、不安を抱けば、効き目はきっと、データどおり、というわけにはいかないでしょうから。

私が今服薬している薬も、自分的には効果があるように思うのですが、
いまいち不安だったので、量をふやす事にしました。
安易ですが、体調的にも、問題ない、という事で、
効き目があると信じられる薬で、量をふやしての治療、というかたちにしています。

ただ、薬を使っていればいい、ということは、ありえないと思います。
薬の力を借りて、自分がその状態を保てる環境を知ったり、
作ったりできるようにならなければ、意味がないかと思います。
私事ばかりで申し訳ないのですが、
体の痛みや、不眠や胃痛頭痛が毎日続いている状態は、服薬前とさして変わらないのに、
なぜか妙に前向きです。
薬の効果なのかどうなのかわかりませんが、薬を過信しているような状態・・・
もともと依存心が高いので、その矛先が薬にも向いたんでしょうけれども。
まあいっか、て思ってあげる事にしました。
ひとつ負担を軽くできるなら、それでいいかなって。
この気持ちを持てるようになったのは、きっと服薬がきっかけだと思います。
これまでも同じような薬を違う病院で処方されていたのに、
猜疑心が邪魔をして、なんの効果もなかった経験がありますが、
今は先生も、薬も、信じていますので、きっといい成果が出る、と思っています。
気の持ちよう、という無責任な言葉がありますが、
この病気自体、気が作ったわけなので・・・まあ、それも一理あるでしょうから・・・

だるくなる頻度が減ったと、自覚できる事じたい、
前に進んでいると思います。
そんなすぐに直る病気じゃないのに、きっといい傾向なんですよ!!
数年後とかに、もちょっと減っている事に気づくかもしれませんし、
長い目で期待してみましょうよ。

薬に対しての不安がわいてきたら、先生に話して、またほかの薬を処方していただくのも、安心できるかと思いますよ!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はじめての投稿でしたが親身にお返事頂き、とても嬉しく思うとともに感動しております。
slippineggさんは前向きな印象を感じますが、ここまでくるのにはいろいろ悩むこともあったんじゃないですか?
私も当初は絶対うつなんかじゃないってこだわってたんですが、薬が効いてるんだから病名なんてどうでもいいじゃないか、って思うようになりました。
ただ、今かかっている先生は、薬の処方は上手いらしいんだけど、説明に時間を取ってくれないんですよね。
今後もお話頂くこともあるかと思いますが、宜しくお願いします。

お礼日時:2003/09/15 17:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qひどい倦怠感・眠気・だるさがあります

昔からではありますが、最近特にひどい眠気・だるさ・倦怠感があります。
やる気が起きず、すぐベッドで休んでしまいます。立ったり座ったりする作業ができません。
いくら寝ても眠気は消えず、だるいのが辛いです。
原因は何でしょうか?
何をしたら改善するでしょうか?
とても困っています。教えてください。

ちなみに実践してみたことは運動やカフェインや脳トレですが、相変わらずだるいです。

Aベストアンサー

甲状腺機能が低い可能性があると思います。通常の血液検査では、検査項目に含まれません。念のため、甲状腺機能と自己免疫性疾患をいっぺんに調べてもらいましょう。

単に甲状腺機能が低い場合、ホルモン剤で対応可能です。他方、甲状腺機能低下の背後に自己免疫性疾患が潜んでいることがあり、これを食らうと、少々、厄介です。甲状腺以外の組織に、影響が及んでいる可能性が出てくるからです。

最悪のケースは、甲状腺がガンにかかっていることだと思います。これには切除手術が一番有効な方法でしょう。他方、抗がん剤という選択肢も考えられますが、甲状腺ガンに効くかどうかは、知りません。手術跡をのど元に残したくないのなら、抗がん剤による対応も考えられます。ただし、副作用がきついのを覚悟する必要があります。

Qうつの薬、ルボックスについて。

最近、付き合いだした彼の事なのですが、話には昔6年間ほど、うつで悩まされていた時期があったと聞いていました。彼はいまでも、ルボックスという薬を朝晩のんでいるようですが。私が少し気になったのが、今後赤ちゃんをつくる際に、影響はないのか?という事です。ご存知の方があれば、教えて下さい。

Aベストアンサー

うつ病は、遺伝性もあり、そのこと自体で、からだの奇形児とかが必ず生まれるわけではありませんが、うつ病になりやすい子どもが産まれる可能性はあります。しかも、これは、他人から見ても、普通に見えるので、病気だと分からないまま、怠け者の子どもとして、学校などで問題になることが心配されます。
ただ、このルボックスなどのSSRIもできて間もない新薬なので、後に悪影響が出る心配をされる専門家もいます。

Q体のだるさ

ゴルフ、テニスをした翌日、体のだるさ、倦怠感を感じます。
何かその症状を無くす方法ってありますか?
あと、たまに夕方になると、体がだるいって言うか、けだるい症状も出るのですが関係ありますか?判る方居ましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

ゴルフ、テニスをしなければ翌日なんともないということだと、明らかにゴルフ、テニスの運動量がご自身のストレスに対する適応力を超えてるだけでだと思います。翌日だるさを残さないように運動をセーブするか、今のその運動量でも疲労しないように日ごろから鍛えて体力をつけるしかないと思います。

夕方から体は次第にリラックスモードになってきますが、それは昼間疲れて消耗した体を癒すためです。リラックスすると血管が拡張して血圧が下がったり、心身の興奮が抑えられたり、徐脈になって心身ともゆったりしてきます。ただその反応が極端に出ると心地良さよりもだるさや倦怠感として感じてしまいます。昼間のストレスの度合いによってリラックス反応は違うと思います。

Qうつ病が治った方へ(抗うつ剤について)

 35才♂です。
 3年程前にうつ病になり、現在も闘病中です。うつ病が治った皆さんにお伺いしたいのですが、うつ病の場合は、薬(抗うつ剤)が合う、合わないという点が、かなり重要だと思うのですが、皆さんの場合は、どのようにして合う薬にめぐり合えたのでしょうか。また、参考としてその薬名を教えて戴けないでしょうか。
 当方は今まで、下記の薬をそれぞれ半年程度ずつ服用してみました。

・トレドミン(SNRI)→効果が弱いため中断
・ルボックス(SSRI)→効果が弱いため中断
・パキシル(SSRI)→効果が弱いため中断
・ルジオミール→効果が弱いため中断
・アモキサン→副作用が強すぎて中断
・アナフラニール→効果は多少感じられたが、副作用(体重増加)があり、中断
・ドグマチール→効果なしの上、副作用(体重増加)があり、中断
・トリプタノール→現在服用中だが、効果は今のところ感じられない

 よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

さて、このなかでもっとも気分が良くなるものは、アモキサンでした。ただ、しばらくすると、瀕脈になり、長くは使えませんでした。この中でもっとも長く使ったのは、アナフラニールだろうと思います。これも、副作用の多い薬ですが、SSRIにくらべると作用は強いように思います。しかし、治ってくれば、SSRIに切り替えるのがいいと思います。ルボックスを使っていましたが、ぼちぼちなので、現在は、トレドミンを使っています。
トレドミン25mgX2,デパス1mgX2,通導散、平胃散。
あと、少し気力が付いてくると、カウンセリングなどにより、ストレスとの向き合い方とかを研究されるといいでしょう。
いずれにしても、SSRI系以外は、かなりの副作用があります。ルジオミールのような4環系は少しましですが。。。
たとえば、ややもすると頑張ろうとする性格傾向などがありますから、そういうのを自覚して、自分にとって気持ちのよい状態を少しでも長く味わえるようにして行かれるといいと思います。治すときは、少しよくなったら、それでいいと思うぐらいになるには、精神科医やカウンセラーとの話し合いが必要かもしれません。

さて、このなかでもっとも気分が良くなるものは、アモキサンでした。ただ、しばらくすると、瀕脈になり、長くは使えませんでした。この中でもっとも長く使ったのは、アナフラニールだろうと思います。これも、副作用の多い薬ですが、SSRIにくらべると作用は強いように思います。しかし、治ってくれば、SSRIに切り替えるのがいいと思います。ルボックスを使っていましたが、ぼちぼちなので、現在は、トレドミンを使っています。
トレドミン25mgX2,デパス1mgX2,通導散、平胃散。
あと、少し...続きを読む

Q倦怠感を取り去る方法について

倦怠感(疲労感・だるさ)が酷いです。
睡眠は十分取ってるので眠くは無いですし、なので寝て倦怠感を取ることも出来ません。
また、疲労感と言っても運動等をして疲れた時の感覚とは
違う疲労感です。
やる気(元気)が出ないと言うか、体が重いと言うか・・・・。
倦怠感を取り去り、やる気(元気)を出したいです。
ちなみに鬱病では無いと思います。
薬・サプリ・体操・栄養剤・食事・栄養素等なんでもかまわないのでお願いします。
出来れば即効性のある方法を希望します。
ちなみにビタミンBとクエン酸は試しましたが、全く効きませんでした。
プロテインタブレットも十中八九効いてません。 

Aベストアンサー

体が疲れていたり、弱っていたりする時は体を温めるものをなるべく撮るようにすればエネルギーを作れる体になります。滋養強壮に良いものは大体温める効果の強いものです。

 白砂糖の入った甘いものジュース、コーヒー、牛乳、緑茶、生野菜 南方果物、冷えた物などの体を冷やす冷性食品を控え、和食中心で根菜類や温野菜、発酵食品、色の濃い食品、未精製の物などを気をつけて摂ると良いと思います。

 生姜、金時生姜、梅干、ココア、たんぽぽコーヒー(エキス)、玄米コーヒー、はぶ茶、三年番茶、梅しょう番茶は体を温める効果が強いです。
http://www.kenyu-kan.com/mise/umesyoubs.html
 
 天然のマルチミネラルビタミンなどの栄養を補う。
サジーはビタミンCなど体に良ものが入っていて美容と健康に良いそうです。ビタミンCの含有物の中では珍しく体を冷やす方ではないです。
http://www.kougendo.co.jp/newsite/taikendan/saji-taiken.html
http://sajiex.web.fc2.com/about_saji2.html

ササヘルスも良いと思います。

http://www.rakuten.co.jp/hweek/517009/515258/
これは疲れに効いたと言う体験が多いです。上記を気をつけてから摂ってみるのも良いかもしれません。

股関節ストレッチ体操などをして下腹部の血行を良くし、胃腸の働きを良くします。
 ズボン下やスキーの靴下を履いたり、下着にカイロを貼ったり、腹巻、足湯、半身浴などして外からも温める。下半身を温めると全身に良いそうです。
 

体が疲れていたり、弱っていたりする時は体を温めるものをなるべく撮るようにすればエネルギーを作れる体になります。滋養強壮に良いものは大体温める効果の強いものです。

 白砂糖の入った甘いものジュース、コーヒー、牛乳、緑茶、生野菜 南方果物、冷えた物などの体を冷やす冷性食品を控え、和食中心で根菜類や温野菜、発酵食品、色の濃い食品、未精製の物などを気をつけて摂ると良いと思います。

 生姜、金時生姜、梅干、ココア、たんぽぽコーヒー(エキス)、玄米コーヒー、はぶ茶、三年番茶、梅しょ...続きを読む

Q慢性虫垂炎(慢性盲腸)の確定条件

一年以上前から右下腹部に微痛が二週間に一度程度の間隔であり、大体翌日には痛みはないといった感じなのですが昨年の10月頃とても痛くなり病院に行き、血液検査などしてもらいましたが血液に異常はなかったらしく虫垂炎ではなくただの腹痛(食あたり)でした。
しかしまだ今でも間隔の空けた時々微痛、違和感はあります。
この場合また血液検査を痛い時にしてもらった方がいいのでしょうか?
痛くない時に血液検査をすると慢性虫垂炎の血液異常は見つからないものですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは.
慢性虫垂炎という概念自体,あるのかという問題ですが,虫垂は常に軽い炎症を伴っています.
症状から推察する限りでは,虫垂炎(いわゆる盲腸)とは違うように思います.
血液検査で異常がなかったとのことですが,大腸に慢性的な炎症が続いている可能性もありますので,大腸内視鏡検査を行うことをお勧めします.
もしも女性でしたら,婦人科系の検査もご考慮下さい.

Q寝起きの倦怠感が強く、毎朝不快です…。

寝起きの倦怠感が強く、毎朝不快です…。


ここ一週間ほど、毎朝起きたときの倦怠感や身体全体が痺れたような、力が入らない状態が続いています。
特に上半身が重く、貧血のときのようなだるさも時々感じます。

寝付きはよく、日中は普通に活動できます。

なんとかして改善したいのですが、寝起きだけが悪いなんて初めてなのでどうしたらいいかわからなくて;;
身体が疲れているんでしょうか?
良いサプリメントや改善の方法があればお教えください。m(__)m

Aベストアンサー

それ、私もなった事があります。
血圧ももともと低かったですが、
それだけじゃない気もしましたね。
寝起きだけなので病院にも行かず、
また、怠けていると思われたくないので、
毎朝必死でした。

私が飲んだもので効き目があったのは、
レオピン ファイブです。
寝る前と、朝ごはん後に飲みましたが、
朝起きたとき日に日に元気になりました。
疲れが取れているのが実感できます。

沢山休んで、お体大切にしてくださいね!

Q非定型坑酸菌症について

非定型坑酸菌症について
妹が体調が悪いと病院に行くと非定型坑酸菌症とそれの合併症で気管支拡張症に
かかっているといわれ入院することになりました
この病気についておしえていただきたいのですが特に直る可能性について
インターネットで検索しても症状、原因等はわかるのですが治療方法、直るまでの期間等は記載されていません
よろしくお願いします

Aベストアンサー

非定型抗酸菌(Atypical Mycobacterium 普通AM症と呼んでいます)は、私たちの生活環境に広く分布していて、特に湿り気の多い環境に生息しています。ヒト型結核菌は人の体の中でしか生きることができないように進化した特殊な抗酸菌ですが、これに比較するとごくありふれた菌といえます。
非定型抗酸菌症は、結核菌に比較して菌の毒力が弱く一般的には日和見感染(体の抵抗力が落ちていたり、感染しやすい状況があるときに感染が成立すること)として認識されています(エイズに合併した非定型抗酸菌症は大変大きな問題になっています)。
したがって、非定型抗酸菌症の合併症で気管支拡張症がおきたのではなく、気管支拡張症がもともとあったため、そこに非定型抗酸菌の感染を引き起こしたと考える方が自然です。

まず診断についてですが、結核の場合は人の体の中にしか存在しないため、痰や胃液などの検体から1コロニーでも結核菌が証明されれば結核の診断がつきますが、非定型抗酸菌は自然界に広く存在しているために一度菌が証明されただけでは診断とはなりません。少なくとも2回以上同一種類の病原性のある菌を証明しなければなりません。(診断基準があります)

菌の種類は数十におよびますが、人に病原性を持つものは多くありません。
Mycobacterium Avium Intracellulare Complex(MAC症 マック症と呼びます)とMycobacterium Kansasii(カンサシ症)の二つが人への感染としては代表的なもので、感染の大半を占めます。

カンサシ症は、非定型抗酸菌の中では最も毒力が強い菌ですが、抗結核薬に対する感受性もあり、治療にもよく反応するので一般的には結核に対する治療と同様に考えてよいでしょう。(結核は、3-4種類の薬を6ヶ月から9ヶ月服用します。もう少し治療期間が長期になることもありますが、耐性菌でない限り治療の効果は期待できます。)
問題はマック症の場合です。この菌は、抗結核薬に対する感受性が低く(というより大半は感受性がない)治療期間が長引いたり、難渋することがしばしばです。ただ、4-5種類の薬を組み合わせる(結核に使用する3-4種類の薬剤に1-2種類の薬剤を追加して投与します。大半は内服薬ですが、注射薬もあります)ことによって長期投与で効果が認められることも多いので、検査室での感受性がなくても直ちに治療薬剤がないということにはなりません。これが、同じ抗酸菌であっても多剤耐性の結核菌とは大きく異なるところです。

外科的な治療については、すぐに適応になることはあまりありません(膿瘍を形成して肺の外に穿破するような可能性がある場合などは考えることもあります)。しかし、6ヶ月以上、多剤の薬剤を使用しても繰り返し排菌が確認されるときは適応を考えます。特にマック症の場合は、治療が長びき徐々に悪化していくことがあるため、限局性の病変で比較的若い方などは手術を考えることがあります。

最もお知りになりたい治療期間についてお調べになっても記載がないのは、非定型抗酸菌症のなかで最も多くみられるマック症(70-80%)において、治療の効果を予測することが困難であることや、感染を起こしている患者さんの全身状態や基礎疾患によって経過に大きな差が出るというのが大きな理由です。

最後に、この非定型抗酸菌は人から人への感染は確認されていません。一般的には感染しないと考えられています。したがって、周りにいる人に対する感染予防対策は必要ありません。

非定型抗酸菌(Atypical Mycobacterium 普通AM症と呼んでいます)は、私たちの生活環境に広く分布していて、特に湿り気の多い環境に生息しています。ヒト型結核菌は人の体の中でしか生きることができないように進化した特殊な抗酸菌ですが、これに比較するとごくありふれた菌といえます。
非定型抗酸菌症は、結核菌に比較して菌の毒力が弱く一般的には日和見感染(体の抵抗力が落ちていたり、感染しやすい状況があるときに感染が成立すること)として認識されています(エイズに合併した非定型抗酸菌症は大変大き...続きを読む

Qいつも倦怠感、眠気あり

「いつも眠たくて困っています」もう何年も眠気で悩んでいます。好きな事をしているときやお休みのときはそんなにひどくはないし仕事で忙しくなったときは眠たくありませんが、基本的には倦怠感や眠気がもう何年もとれません。みんなとお昼休みに会話を楽しみたいけども気の利いた言葉を言う前に「ねむい・・・」会議や説明が長いとその分眠く頭に入らず・・貧血もあり医師の処方で鉄剤を飲み始めましたが、体が重たいのは少しだけ楽になったような気がします。血圧もいつも低いし、これと貧血と関係があるのでしょうかそれとも精神的なものなのでしょうか。この倦怠感、だるさ、病気でもないのに体がいつも重たい・・せっかくの楽しい時間にも支障をきたすようになりなんとかならないかと思っていますs。

Aベストアンサー

アレルギーはどうでしょうか。

血液検査をしてみるとお分かりになると思いますが、おそらくリンパ球の多い体質だと思います。睡眠を含め体を必要に応じて休息モード、リラックスさせることは必要なのですが、リンパ球の過剰は副交感神経を過度に優位にし、体はリラックスし過ぎてしまいます。

このリラックス過剰は血管を拡張し過ぎてかえって血流が悪くなり、低血圧、低体温となり、エネルギー代謝が低下してしまいます。これが倦怠感、だるさの元です。

副交感神経が優位になると消化管の働きは良くなりますので過食になったり肥満に繋がったりします。ますます体を動かすことが億劫になり倦怠感は増してくるでしょう。リンパ球過剰の極限は何をする気もなくなり気力減退、自信喪失、ついには鬱状態です。もし、リンパ球が過剰であれば、自律神経の偏りが大きいのでこれを是正するしかありません。

ヒントはバタバタ忙しくしたり、好きなことに集中してる時は眠気が来ない、ここにあります。

心身を活動的にするときは交感神経の出番です。運動、興奮のための自律神経ですが、カテコールアミン(アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミン)が大量に分泌、血管を収縮、血圧、心拍数などを上昇させて活動モードにします。この時副交感神経は抑制されそれに連動してリンパ球は減ります。

我々の体には交感神経と副交感神経は拮抗関係にあり一方が優位になると一方は自動的に抑制されるという素晴らしい仕組みが備わっています。

日常的に運動不足になってないか、過食気味、甘いものを食べ過ぎていないか、生活を振り返って見て下さい。食事量を減らすことも必要ですし、特に運動は大事だと思います。体を動かすことが少ない生活であれば積極的に運動を取り入れて下さい。しかも毎日することが大切です。

アレルギーはどうでしょうか。

血液検査をしてみるとお分かりになると思いますが、おそらくリンパ球の多い体質だと思います。睡眠を含め体を必要に応じて休息モード、リラックスさせることは必要なのですが、リンパ球の過剰は副交感神経を過度に優位にし、体はリラックスし過ぎてしまいます。

このリラックス過剰は血管を拡張し過ぎてかえって血流が悪くなり、低血圧、低体温となり、エネルギー代謝が低下してしまいます。これが倦怠感、だるさの元です。

副交感神経が優位になると消化管の働きは良くな...続きを読む

Qドグマチールとルボックスの併用は問題ないでしょうか?

ドグマチールとルボックスの併用は問題ないでしょうか?

Aベストアンサー

問題があるかどうかは、担当医師か薬剤師にお尋ね下さい。
ただし、薬物である以上、副作用が出ることは考えられますから、どちらの薬で出ている副作用かの見分けが難しくなる可能性はあります。

http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se23/se2329009.html
http://kusuri-kouka.sakura.ne.jp/rubox.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報