娘(22歳)が右膝の手術をし、碑骨神経麻痺になっています。このことで、病院側と話し合うことになっていますが、以下の項目で請求をしたいと思っています。どなたか参考意見を教えてください。
(1) 医療費の減免額について
(2) 入院期間の長期化に対する交通費について
(3) 精神的な苦痛に対する慰謝料について
「これまでの状況」
1.膝の手術前の説明で碑骨神経麻痺の可能性についての説明がなかった。
2.手術から退院までの期間は長い人で2ヶ月程度と聞いた
3.手術はうまくいったが、4~5日後から娘が碑骨あたりが痛いと医者や看護師に言っても適切な対応を取らなかった。
4.2ヶ月後にリハビリの成果がないので医者に説明を求めたが、筋肉が弱いので時間がかかるという説明で、碑骨神経麻痺の言葉もなかった。
5.その後人から碑骨神経麻痺では?との話を聞き、医者に確認したところ、医療ミスによる碑骨神経麻痺を認めた。
6.しかし、入院が長くなっている(5ヶ月)のは、碑骨神経麻痺によるものではなく、筋肉が弱いからだと言われた
「病院側の対応」
1)碑骨神経麻痺は病院側のミスであるので本人に謝罪する
2)足に装具を着ければ歩けるから装具代は病院で負担する。
3)入院費等は足の筋肉が弱いために長引いているのであって、直接碑骨神経麻痺とは関係がなく全額患者負担となる。
4)慰謝料は算定のしようがない。
以上ですが、私は2ヶ月の入院予定が5ヶ月になっているのだから、3ヶ月の医療費の内何割かは病院で負担すべきではないか(碑骨神経麻痺に原因があるのだから)
また22歳の若さで3ヶ月も余分に入院生活を送ることになった精神的な慰謝料も請求したい。
実際装具代程度の責任しか病院側にはないのでしょうか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 訴訟にまでするつもりはなく、病院側との話し合いで解決するという方針でおられるのでしょうか。



 今回の件について弁護士に相談された上で、話し合いのポイントを決められたのですか?病院には必ず顧問弁護士がいるので、事故やミスがあったときはすぐ相談しています。

 医療に関することは、専門的であるため病院側が説明したことを鵜呑みにしてしまいがちです。リスクとして神経麻痺が起こる可能性があったとしても、それを説明していなかったという点には重要な落ち度があります。

 訴訟になったりすると大変な時間とお金がかかります。でも未だ弁護士に相談しておられないなら、訴訟にするつもりはないのだけれどとことわったうえで、今後の方針のことも合わせて一度相談しアドバイスをもらわれたほうがよいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
訴訟するつもりはありません。手術に関しては申し分ないとおもっていますが、その後のケアが問題だったと思っています。左の膝の手術もありますから、穏便に解決したいと思います。ご指示のように一度弁護士に相談してみます。本当にありがとうございました。

お礼日時:2003/09/18 09:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q▽脳神経の検査(健康診断)を受けた方おられますか?

▽脳神経外科で全12脳神経の検査、特に外転神経麻痺(=外直筋麻痺=内斜視)があるか
どうかの検査を受けた方おられますか?どこで受けましたか?またどんな検査でしたか?更に
外転神経麻痺を治療する脳神経外科手術は受けられましたか?もし受けられたなら手術名は
何でどんな手術でしたか?脳神経外科手術なんて100%全身麻酔ですよね?詳しく教えて
下さい。ご親切なご回答が賜れれば幸いです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1.外転神経が機能しているかどうかは、医師ならたいてい分かるかと。
2.外転神経麻痺はいろんな原因でおこるので、脳外科手術が有効かどうかは原因次第です。多くは脳外科的な手術適応はありません。上下直筋移動術などは眼科で局所麻酔になります。

Q運動神経と知覚神経の麻痺について

こんにちは。
私は単車に乗っている時、転倒し鎖骨を骨折しました。その後、右上肢が全く動かなくなりました。しかし、触ると感覚はありますし、知覚神経は麻痺していないと思います。
知覚神経は正常で、運動神経だけが麻痺することはあるのでしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

知覚神経と運動神経は全く別なモノですから混同してはいけませんよ。

知覚神経は、温覚、圧覚、痛覚をつかさどる感覚器につながっていて、それらの情報を脊髄を通して脳に情報伝達します。

運動神経は体の各筋肉につながっていて、脳から出された情報に従って、筋肉を弛緩・収縮をさせます。

motomachiさんの場合は、鎖骨を骨折したときに右上肢へとつながる運動神経だけが傷ついて(切れて)しまい、筋肉運動がうまくできない状態なのでしょうね。

しかしながら、感覚神経は傷つく(切れる)ことなく、感覚器と脊髄・脳をしっかりとつなぎ、信号を正しく伝えているから「触る」といった感覚はしっかりとあるのでしょう。

ですから、
>知覚神経は正常で、運動神経だけが麻痺することはあるのでしょうか。教えて下さい。
という質問の回答は、「 ありえます。 」となります。

また、motomachiさんとは逆に、「右上肢はきちんと動くのだけれども、触られた(触れられた)などの感覚がない」ということもあり得ます。(この場合、ケガをした時、痛みを感じないので、大ケガに発展する場合が多いのですけれども・・・。)

では、参考になさってみてくださいね。

知覚神経と運動神経は全く別なモノですから混同してはいけませんよ。

知覚神経は、温覚、圧覚、痛覚をつかさどる感覚器につながっていて、それらの情報を脊髄を通して脳に情報伝達します。

運動神経は体の各筋肉につながっていて、脳から出された情報に従って、筋肉を弛緩・収縮をさせます。

motomachiさんの場合は、鎖骨を骨折したときに右上肢へとつながる運動神経だけが傷ついて(切れて)しまい、筋肉運動がうまくできない状態なのでしょうね。

しかしながら、感覚神経は傷つく(切れる)ことなく...続きを読む

Q脳神経外科と脳神経内科の違いは?

3週間ほど前より毎日24時間、ひっきりなしに頭痛がします。
3,4日前からはまぶたがピクピクし始めました。
こちらで調べたら脳神経科というのは分かったのですが、
脳神経外科 脳神経内科をweb検索し診察内容を見ると
どちらにも頭痛、まぶたのピクツキが載ってました。


脳神経外科と脳神経内科では何が違うんでしょうか?

Aベストアンサー

脳神経内科は高血圧などで血管が切れそうなとき、脳の圧力を安定させたり、血栓を薬物で溶かしたりしています。
外科は開頭手術で、血腫などを取り除きます。
どちらにせよ、CTやMRIで診てみなければ確定できませんから、早急に施設のある病院に行かれることが最善の方法です。
一般的には内科医と外科医が連携しますから、どちらで診て貰ってもよく、診断の結果手術がよければ外科医がやりますし、薬で体調維持が図れれば内科医がやります。
CTやMRIも順番待ちですし、休みに入るといけませんから、早急に行ったほうがよいですよ。

Q入院中の補装具について

8月から1ヶ月整形外科系で入院しました。
そのときの医療費は食事代抜きで10万円くらいでした。
それとは別に補装具を作ったのですが
高額療養費で払い戻しを受けるときに
入院代の10万と補装具の金額を足した金額から
高額療養費の計算ってされるのでしょうか。
それとも入院代と補装具は別扱いでしょうか。
分かる方いましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

厚生労働省の法令等データベースシステムの通知検索で、本文検索の検索語として「ブロック別事務打合せ会」(かぎかっこは入力不要)を入力して検索してみてください。
問3にレセプトと合算して支給額を決定するものではないと明記されています。
21,000円の件は、健康保険法施行令などにありますが難しいので、「高額療養費 世帯合算」として検索エンジンで探してみてください。

参考URL:http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/html/tsuchi/search1.html

Q脳神経外科と神経内科の違いについて

脳神経外科と神経内科の違いについて
お聞きしたいです。
ここ最近頭痛(頭の後ろらへんが重い感じ)が
続いているので
受診を考えているのですが、脳神経外科、神経内科のどちらを受診したらいいかわかりません。
調べても脳神経外科は手術を必要とするとこと書いてあったり、頭痛やめまいなどしたら脳神経外科を受診と
脳神経外科の情報にばらつきがみられます...

症状としては、頭痛(頭の後頭部が重い感じ)とともに軽い吐き気などです。
疲れてるときたまに偏頭痛はありますが、
最近は特に身体的にも疲れはありません。
ですが、心配なので一度頭の検査をしたいです。

日赤にかかる予定なのですが、脳神経外科と神経内科があります。
どちらを受診すればいいかわかりません。
わかる方教えていただきたいです。

Aベストアンサー

ご相談ありがとうございます。結論から言うと、確かに脳神経外科は手術を行う外科、神経内科は内科という違いはありますが、どちらも頭痛やめまい、しびれやまひなど、共通して扱う症状がありますので、どちらでもよいと思います。
同じ病院であれば、検査なども同じ内容のものがあるかと思いますが、病院によって見る病気に緩やかに「すみわけ」がなされている場合もありますので、大きな病院であれば外来の案内のところに看護師長や医師など医療スタッフがいて、受診科の振り分けをしてくれる場合がありますので、そちらで確認してもよいかもしれないですね。

Q大学病院・総合病院などで入院・手術時にする血液検査

いくつかの大学病院などで入院・手術の経験があるのですが、事前に感染症を防ぐためにウイルス血液検査をどこでもすると思います。
変な話ですがそのたびに各種ウイルスの陽性・陰性を聞いていましたが(変な顔ひとつせず結果をすぐ教えてくれました)
「HTLV-1」に関しては、通常調べているのでしょうか?当時はこれの存在じたい知らず、更に最近身内が保持・発病したので気になりました。

聞くときも、「HIVや肝炎はどうですか」としか聞かなかった気がします。でも「どれか陽性のってありますか」とも聞いた気がします・・

Aベストアンサー

普通調べるのはB型肝炎、C型肝炎、梅毒くらいです
HTLV-1は患者の多い鹿児島あたりでは調べているかもしれません

Q神経内科と脳神経内科の違い

全身のコリ、パニック障害、自律神経失調症があります。
整形外科と精神科には通っていて。薬を飲んでます。

最近、立ちくらみがひどいです。脳神経内科で診てもらったら、脳には異常がないといわれました。
なので神経内科にも診てもらおうっと思っているのですが、神経内科と脳神経内科は同じですか?違うのですか?

Aベストアンサー

「神経内科」と「脳神経内科」と、両方ある病院を私は知らないんですが。
通っている大学病院も、「脳神経内科」はありますが、「神経内科」はありませんし。

「神経内科」を「脳神経内科」と変更している病院は結構あります。
「脳神経外科」に対し、「脳神経系の内科系の診療科」が神経内科であるということをはっきりさせるための、名称の変更だということです。

ところで、脳神経内科で「脳には異常がないと」言われたということは、少なくと身体的には原因がないということで。
立ちくらみは、自律神経失調症にも多い症状ですが、精神科には相談されましたでしょうか?
また相談されて、精神科としては他にも原因がないかをはっきりさせるために、脳神経内科に検査を委託されたということはありませんか?
いずれにしても、まずは精神科に結果の報告だと思うのですが、どうされていますか?

Q神経の不全麻痺

私は生まれつき顔の左の神経が不全麻痺?みたいなので動かしにくいです。
生活に支障がでることはないのですが、見栄えは良くないので治したいんです。
耳たぶの欠損で形成外科に通っていて担当のお医者さんに聞いたところ、重度の人
が手術をしてこのくらいまで治ればすごくいいくらいなので手術する必要は無いと思います。
みたいなことを言われました。

でも私は普通の人みたいにきれいな笑顔になりたいので将来自分でお金をためて手術したいと思っています。完璧に治すこと、手術のあとを残らないようにすることはできますか?
お金はどのくらいかかりますか?

Aベストアンサー

今14歳です。
動眼神経麻痺ですかね。
でも眉毛、口も下がってはいませんが動きにくいです。。。>

再度回答します。

症状から推測するに、不全型顔面神経麻痺、いわゆるBell麻痺(ベル麻痺)かと思います。

実際に診察したわけではないので、断言はできませんが、

風邪などのウイルス感染で起こるBell麻痺なら改善しますが、先天性の場合は有効な手段がありません、

ステロイド療法という手段がありますが、14歳という成長期の女性にステロイド投与はおすすめできません、

リハビリによる訓練が良いかと思います。

口を大きく開けて、強く閉じる。頬部に意識を集中させ故意に動かすなど行ってください、

あまり良いアドバイスができず申し訳ありません、

しかし眉毛や口が少しでも動くなら、完全な麻痺(神経の壊死)ではないので、訓練によって改善の見込みありと思います。

Q脳神経外科とは何?

脳神経外科とは普通の脳外科とはなにが違うのですか?脳外科といったら脳腫瘍、脳内出血、脳梗塞などを思い浮かびますが、脳内出血、脳梗塞などは神経というよりむしろ血管ですよね。

近所に脳神経外科の小病院があります。(十床程度でしょうか?)いつも車でいっぱいですが、あんな小さな病院で脳を開頭して手術してると思うと怖くなります。

Aベストアンサー

No.2です。
「脳血管外科」というのは、脳神経外科医でも特に血管系(血管異常や出血、梗塞)を主に扱う部門や病院のことでしょう。脳神経外科は脳腫瘍・頭蓋内の出血(高血圧性、血管異常、くも膜下出血など)・脳膿瘍・脳梗塞・頭部外傷他、頭頚部(一部頚部や脊髄疾患も含む)の外科的疾患(もしくは、内科的治療でも外科的加療が必要になるケースのあるもの)を主に扱うものと思います。

重症度の高い疾患は入院期間も長く、大きな病院ですら急性期を過ぎて慢性期になったら早期に転院を勧めなければならない状況(言い方は悪くすれば、新しい患者を入れて回転良くした方が收入は多い。逆に長期に入院されると主たる治療:手術などの急性期治療もすることがなく、保険点数も低い)であり、少ない病床数かつ入院設備で稼ごうとする場合は、すぐ退院できるような疾患(例えば慢性硬膜下血腫の穿頭術など、局所麻酔でできる手術など)でしか入院管理は難しいかと思います。
もしくは外来がメインで、どうしても調子が悪い人を一泊させる程度でしょうか。まぁどちらにしても憶測の域を出ませんが。

脳神経外科疾患は長期にリハビリが必要であったり障害が残ること、痙攣などの薬のコントロールが必要になる場合が多いため、在宅介護のフォローアップやデイケアなどでそのような患者を主に見たとしても不思議はないかと思います。薬のコントロールにしても、脳外科医の方がいいと思いますので。
(ただ、法改正により、それだけで経営が成り立つのかは分かりませんが)

No.2です。
「脳血管外科」というのは、脳神経外科医でも特に血管系(血管異常や出血、梗塞)を主に扱う部門や病院のことでしょう。脳神経外科は脳腫瘍・頭蓋内の出血(高血圧性、血管異常、くも膜下出血など)・脳膿瘍・脳梗塞・頭部外傷他、頭頚部(一部頚部や脊髄疾患も含む)の外科的疾患(もしくは、内科的治療でも外科的加療が必要になるケースのあるもの)を主に扱うものと思います。

重症度の高い疾患は入院期間も長く、大きな病院ですら急性期を過ぎて慢性期になったら早期に転院を勧めなければなら...続きを読む

Q舌下神経 (N. hypoglossus ) の 麻痺について

大脳からNucl.Hypoglossus までの下降神経が麻痺した場合に(例えば右)舌の反対側(左)が麻痺してしまうのは分かりますが、どうして Atrophie (筋萎縮 ?かな、多分)にはならないのでしょうか。

この HPの 「病気」のところにも同じ質問をのせてますが、詳しくしっていらっしゃるかた、いらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

基本的には筋に直接連絡するニューロンがやられてしまう場合に
その筋がatrophyを起こします
今回の場合はそのニューロンよりさらに上位のニューロン(舌下核より上のニューロン)が障害されたときですので
筋にはatrophyは起こりません
こんなでどうでしょうか


人気Q&Aランキング