質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

関東と関西では電圧が50と60で違うというのは昔から有名なことですが、
そもそもなぜ東日本と西日本で電圧が違っているのでしょうか?

今回の電力不足で、せっかく西日本にはたくさん余剰電力があるのに、
施設で変換しないと使えないため1日100万kw程度しか受け取れないのだそうです。


これまでにも夏とかに電力不足が指摘されたケースも何度かありましたし、
全国的に相互に供給出来るようになれば不測の事態を回避しやすくなると思うのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

明治の頃に”輸入”した発電機が、東京電燈がドイツAEG製、大阪電燈が米GE製で、それぞれ50Hz、60Hzだったことに由来したもの。



面白いエピソードとして、北海道苫小牧市は、昭和40年代半ばまで60Hzの電力が供給されていた。
これは、王子製紙苫小牧工場で発電した電力が市内に供給されていたためで、王子製紙が調達し、苫小牧に設置した発電機がアメリカ製であったことから。
昭和40年代に王子製紙が発電機を更新した時、一般需要者へは北海道電力(50Hz)からの供給に変わっています。
なお、苫小牧市のケースは、50Hzに囲まれた地域であったために周波数変更ができたレアケースと言うべきであり、国の半分を切り替えるためには莫大なコスト負担(一般家電はヘルツフリーになっているけど、消費電力の大きな工場などは簡単に対応できない)があるので、電源周波数の統一は現実的な話しではありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

納得です。
その後変更しなかったのは、
「今更変えられない」という状況になってしまったからですね。

お礼日時:2011/03/13 23:28

ご家庭に届けられている電力は、50Hzと60Hzの違いはありますが、電柱にのせられているトランスからは、すべて100vで供給されています。



ですが、送電線は275000vとか500000vなんていう高電圧が流れています。

東西の電力の融通ですが。

電源開発の佐久間周波数変換所から300000Kw。
東京電力の新信濃周波数変換所から600000Kw。
     東清水変電所から   100000Kw。

最大1000000Kwの電力を60Hzの地域から供給してもらうことができます。
    • good
    • 0

50と60、それは「周波数」であって、電圧ではないです。


電圧は日本全国100Vです。

違いの詳細はNo.1の方に。
    • good
    • 0

電圧と周波数で、間違って質問されていることは、他のかたの通りです。




> 今回の電力不足で、せっかく西日本にはたくさん余剰電力があるのに、施設で変換しないと使えないため1日100万kw程度しか受け取れないのだそうです。
> 全国的に相互に供給出来るようになれば不測の事態を回避しやすくなると思うのですが。

周波数の50⇔60ヘルツの変換設備の、変換のための最大能力に限界があるのです。

ちなみに、周波数の50⇔60ヘルツの相互に変換設備のある場所は、長野県の塩尻市にあります。
設備を見ると、大きな変電所の様な感じです。
長野県の木曽谷へ、北からの入口の近くです。
この付近には,送電線の鉄塔がたくさん立っています。

変換設備の付近へ行くと、普段でも「ブーン」と唸っている音が聞こえますが、西日本から東日本へ変換すると明日からもっと大きな唸り音がするでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いや、そういう意味で書いたつもりでした。
だから変換が必要なければ大量に供給可能ですよね。

お礼日時:2011/03/13 23:30

先の回答にあって通りです。



ちなみに現在ほとんどの家電製品はヘルツフリーになっており、関東⇔関西を移動してもヘルツ交換をする必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/03/13 23:27

 電圧は100Vで同一ニャ。

電源周波数が違うのニャ。
 これは明治の初め日本が電気の技術を輸入した時、東京はドイツ製の50Hz発電機、大阪はアメリカ製の60Hz発電機を導入したからニャ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!輸入品だったからなのですね。
国内産だと思いこんでいたのでおかしいなと思ってました。

お礼日時:2011/03/13 23:26

電圧は一緒です。


周波数が違います。
最初に作った発電施設のメーカーの違いが原因です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/03/13 23:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q関西から関東へ。電化製品はそのまま使えるんですよね?

もうだいぶ昔に聞いたのですが、関東と関西では電力が違う?ので、関西地方で買って、使っていた電化製品は関東ではあまり使わない方がいいと・・・。
その話はもう大昔の話なのでしょうか?

Aベストアンサー

関東と関西では電力が違う?>
周波数が違います。関西は60Hz 関東は50Hzです。
イマドキの製品では全く問題ないと思います。
一昔前の製品であれば周波数の切り替えスイッチがどこかにあると思うので切り替えてください。

Q200Vと220Vがあるのはなぜ?

電動機の仕様で
50/60/60(HZ)
200/200/220(V)
ってありますが、60HZに200Vと220Vの2種類あるのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

60Hzに200V、220Vがある理由
海外には、三相60Hz220Vを使っている国があります(参考URLによれば、韓国、台湾が該当)。
また、国内でも事業所によっては、三相210Vを使っているところも有ります。
そういうところでの使用を考慮しているのかと思います。

50Hzに220Vが無い理由
周波数が低くなると、同じ電圧を発生するのに必要な磁束が多くなり、鉄心の磁束密度があがります。が、磁気飽和のため、磁束密度には上限があります。
50Hz220Vがないのは、鉄心の飽和による制約からかと。
(50Hz200Vも、60Hz240V相当の磁束が必要なので、結構厳しい運転条件になってます。)

参考URL:http://www.furuichi.co.jp/material/data/etc/power.htm

Q東日本から西日本に行くとき電化製品の「電圧の違い」について

ご覧いただきありがとうございます。
題のところに打ったとおりなのですが、
ドライヤーや携帯、ウォークマンの充電器など心配なものがたくさんあります。
充電機器などは現地について直接コンセントに差し込んだら壊れてしまうのでしょうか?

心配で仕方ありません。ご教授いただきたいです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

違うのは電圧でなく周波数です。東日本は50Hz(ヘルツ)、西日本は60Hzです。
ご質問のようなものは50Hz/60Hz共用ですので全く問題ありません。

影響が出るのは低価格な電子レンジ、蛍光灯照明器具の一部、アナログタイマーを使用した機器などです。即壊れる訳ではありませんが過熱したり性能を発揮できなかったりする場合があります。(今売られている製品でも50Hz専用、60Hz専用や切替え操作の必要がある代表的な機器類をあげてみました。他にもエアコンのごくごく一部機種、外国製の洗濯機など周波数ごとの専用製品があったりします)

旅行ではまず心配ありませんがお引っ越しではご注意ください。

Qモーターの定格電流の出し方

三相200v5.5kw定格電流22Aのモーターなんですが全負荷運転で22Aの電流が流れるって事で良いのでしょうか?
ちなみに定格電流が分からないモーターの電流値の出し方は5500/200×√3なのでしょうか?
そうすると定格電流が違ってくるので・・・
勝手な考えなんですが力率を70%って考えればよいのでしょうか?
調べていくうちにだんだん分からなくなってきちゃいました
もし宜しければ教えていただきたいのですが

Aベストアンサー

・全負荷運転で22Aの電流が流れる
で、OKです。

・定格電流が分からないモーターの電流値
5.5kWは軸出力なので、電気入力(有効電力)に換算するために、効率で割る必要があります。
次に、皮相電力に換算するために力率で割る必要があります。
結果、
{出力/(力率*効率)}/(√3*電圧)
ということになります。

モータの力率や効率が不明の場合には、
JISC4203 一般用単相誘導電動機
JISC4210 一般用低圧三相かご形誘導電動機
JISC4212 高効率低圧三相かご形誘導電動機
で規定されている効率や力率を使うことになるかと。
(これらの規格には、各容量について電流が参考値として記載されていますが)

Q電球の100Vと110Vの違いについて、

 先日私の父が電球を買いに行きました。そのとき、100Vの物と110Vの物があり、父が店員さんに
 「(一般家庭の電圧は100Vのはずなのに)どうして110Vが売ってるんですか?」と聞いたところ、
 「電柱についている変圧器(樽のような物)に近い家は電圧が110Vぐらいになるので、そのためです。」と言われたらしいのですが、電圧機に近い家に住んでいる人は本当にそのことを知っているのでしょうか? もし、あまり知られていないのなら、110V用はあまり売れないのでは?それならなぜ店に置いているのでしょうか?何か理由があるんですか?
 教えてください。

Aベストアンサー

昼夜間で電圧が変動する地域で(工場の多い地域等は夜間電圧が上昇します)は、
110V電球が必要になるようです。
店舗等で110Vの電球を使うと、多少明るさは落ちますが寿命が長くなり電気代が節約できます。
110Vの電球は需要が本来ならば、あまりないでしょうが、
電気代を節約しようとする人が購入しますので、売れるのではないでしょうか。
下記のサイトに説明が載っています。
http://www.fuji.org/faq.html

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む


人気Q&Aランキング