o-ジクロロベンゼンの双極子モーメントの求め方について検索してみました。

CーCl結合が隣り合わせ(60°)になっているから、その結合モーメントの始点と終点を合わせて三角系を作り、後は余弦定理を利用すれば、双極子モーメントが計算できます(勿論、その角度は120°)。

とありましたが、問題集によっては添付した画像のように60°に相当する角度を余弦定理に用いるようになっています。何故なのかご存知の方はいらっしゃいますか?

「化学結合における双極子モーメントの求め方」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#3です。


質問の仕方が悪いです。

問題集がメタノールについて書いてあるのであればメタノールとして質問を書くべきです。
メタノールCH3-O-Hで折れ曲がっています。
問題集ではこの角度を109°として双極子モーメントを計算しています。
図はそのことを表しています。
>添付した画像のように60°に相当する角度を余弦定理に用いるようになっています
というのは意味不明な文章です。

>、180°-109.5°(問題集でのθの値)=71.5°でcos71.5°とするのが正しいと思ったのですが。

なぜこうするのが正しいと思われたのですか。
-O-が109°で折れ曲がっているのであれば109°でいいのではないですか。
90°よりも小さくなければいけないというのがどこかに書いてありましたか。

a^2=b^2+c^2-2bccosθ
の式でcosθの前の符号にも要注意です。
a^2=b^2+c^2+2bccos(180-θ)


※普通こういう内容の計算をするのであれば角度は実測値を使います。
109.5°というのは正四面体角です。CH4、またはCCl4の場合です。
H-O-Hの場合の角度は104.5°になります。
CH3-O-Hの場合の角度はCH4よりはH-O-Hに近いでしょう。

あなたが問題集にある109°をわざわざ109.5°に修正して書いていることで気になりました。
ジクロロメタンでも正四面体の角度からずれます。精度を上げて書いたつもりでしょうが、「誤りだ」と言ってもいい文章になってしまいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

cosθの前の符号に注意を払っていませんでした。

混乱させてしまうような質問をしてしまい申し訳ありませんでした。

お礼日時:2011/04/09 13:42

問題集で扱っている物質が「o-ジクロロべンゼン」ではないのでは?



109°というのは正四面体の結合角に近い値です。(メタン:109.5°)
ジクロロメタンではないでしょうか。

この回答への補足

確かに問題集で扱っている物質は「o-ジクロロべンゼン」ではありません。
これは、べつの回答のページで見た際の物質でした。

ただ、問題集で扱っているのは「ジクロロメタン」ではなく「メタノール」です。

ただその場合は余弦定理を適用する際に、180°-109.5°(問題集でのθの値)=71.5°でcos71.5°とするのが正しいと思ったのですが。

補足日時:2011/04/08 19:20
    • good
    • 0

「勿論、その角度は120°」の意味がわかりませんが、2本のC-Cl結合の角度は60°なんですよね?


図のθが60°の時のμを求めるんじゃないですか?

この回答への補足

θが60°の時というのは、べつの回答のページで見た「o-ジクロロべンゼン」という物質の場合のことでした。

この図では「θが109.5°の時に余弦定理を利用して計算せよ」という問題です。

ただその場合は余弦定理を適用する際に、180°-109.5°(問題集でのθの値)=71.5°でcos71.5°として余弦定理の計算をするのが正しいと思ったのですが、いかがでしょうか?

補足日時:2011/04/08 19:28
    • good
    • 2

えぇと, この画像のどこで「60°に相当する角度を余弦定理に用いるようになってい」るのでしょうか?

この回答への補足

すいません、式が全部写っていませんでした。
問題ではθ=109°となっており、画像の下の方の式にcos109°とありますがこれが余弦定理の計算式の一部になっていて、問題の値をそのまま計算式に代入して使っています。

補足日時:2011/04/08 14:31
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q薬品の特化物、劇物などの確認方法

お世話になります。

現在会社で薬品を使用していますが
それぞれが特化物にあたるか劇物に当たるか、他の法令にあたるかよくわかっておりません。溶液の場合は濃度でも変わるようですし。
ちなみに今はアンモニア(28%と1%)、苛性ソーダで(1mol/L)などで調べています。

みなさんはどのように確認されていますか?
試薬を購入すればラベルでわかるのもあるのですがネット上などで楽に見られないかと思っています・・・。MSDSでわかりますか?(1-391など)?
すみません。初心者ですがお教えください。

Aベストアンサー

大体はウィキペディアで閲覧可能ですよ。
ただ、正確性にやや欠ける内容もありますので100%信用はできません。

「日本の劇物一覧」
「日本の毒物一覧」
「日本の特定毒物一覧」

で検索してみてください。

アンモニア 純度28% は劇物、1%は一般物。
苛性ソーダそのものは劇物、純度が低いとどうなのか分かりません。

化学工業日報社が発行している「※※※の化学商品」という便覧も
ほとんどの化学薬品を網羅していますので機会があれば参考にしてください。

Q双極子-双極子相互作用の求め方

こんにちは。
基本的なことかもしれませんが質問させてください。

http://www.chemistry.titech.ac.jp/~bk2005/papers/2P097_w.pdf
こちら↑に載っているような式を用いて双極子相互作用を求めたいのですが、
僕が今回求めたいのは、サイトの図とは少し違い、2つの双極子が互いに逆向きのベクトル(antiparallel)の場合なのです。
この場合、どのような式になるのでしょう?

上のサイトに載っている式ですら、どうやって導かれるのかまだわかったいないのですが、
導き方など詳しく載っている参考書などあれば教えていただきたいです。

Aベストアンサー

#1です。

θ1,θ2,φで全て表されます。どの向きを向いていても使うことができます。

注意点は距離が離れているという近似を使っているということだけだと思います。
双極子の正負電荷の距離よりも双極子と双極子の距離は十分に大きいという近似です。

Q酢酸エチル ヘキサン ジクロロメタンどの順に極性が高いのか教えてくださ

酢酸エチル ヘキサン ジクロロメタンどの順に極性が高いのか教えてください。

Aベストアンサー

酢酸エチル > ジクロロメタン > ヘキサン
です.

Q(磁気双極子モーメント 、双極子を分りやすくおしえてください

磁気双極子モーメント 、双極子を分りやすくおしえてください

Aベストアンサー

まず電気双極子について調べてみてください。

Qジクロロメタンの定量方法

ジクロロメタンとエタノール混合物中のジクロロメタンのGCによる定量方法とその条件を教えてください。なお、エタノールの含有量は圧倒的に少ないと予想されます。GC以外の方法でも適当なものがあればあわせて教えてください。

Aベストアンサー

濃度のわかっているジクロロメタン-エタノール溶液を何種類か作ります。
作成した試料溶液をGCで測定し、その濃度でどの程度のArea値を示すか調べ、値をグラフ上にプロットします。3点以上調べれば、それらの点を結んで線が引けますよね? これが検量線です。
 次に調べたい濃度未知の溶液をGC測定し、得られたArea値を検量線上に当てはめると濃度がわかります。

もしかして、これくらいは知っていたでしょうか。どの程度のことが知りたいのかよくわからなかったので、基本ですが・・

 エタノールとジクロロメタンだけの混合物で、エタノールの含有量が圧倒的に少ないなら、エタノールの量を調べる方が正確でしょう。

GC以外でも調べる方法はあると思いますが、GCが最も簡単で正確じゃないでしょうか。

QH2Oの双極子モーメントについて分かりません。

H2O(水)について、、、H-O-Hの結合角度が105度双極子モーメントが1.84デバイです。
水分子の中のH-O結合の長さが0.98Åだとすると
その双極子モーメントは何デバイになるのでしょうか?

電荷量×0.97Å=4.66e-18[esu・cm]
1デバイ=1x10e-18より
4.66デバイ

とすると何かまずいことありますか?
結合角が105度あるのでそのままでいいのか不安です。

Aベストアンサー

二つ重要な間違いがあります。

間違いその1.水分子内で、水素原子が完全にH+へ、
酸素原子が完全にO2-へ分極していると仮定して計算しています。
実際のH-O結合の結合モーメントは4.66 Dにはならず、
1.51 D程度(化学便覧参考)に留まります。

間違いその2.双極子モーメントは負電荷から正電荷に向かうベクトルです。
ですから水分子の双極子モーメントは
105度向きの異なる2つのH-O結合モーメントの総和となり、
その絶対量は、

μ/D = 2*1.51*cos(105/2) ≒ 1.84

で与えられます。

Qジクロロメタンと1,1,1-トリクロロエタンについて

はじめまして。
環境関連の仕事に従事している者です。

土壌汚染調査でジクロロメタンと1,1,1-トリクロロエタンが検出されたのですが、はたして、ジクロロメタンが分解・再結合して1,1,1-トリクロロエタンになりえるものでしょうか。

自分としては、ジクロロメタンは現在工場で使用中のもの、1,1,1-トリクロロエタンは周りが田圃だらけなので、薬品からきているもの と考えているのですが、如何なものでしょうか。

アドバイスできる方、書き込みをお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは
有機塩素化合物の生物的分解は還元雰囲気下での脱塩素反応によるものと言われています。1,1,1-トリクロロエタンから以上の反応により生成する物質は、1.1ジクロロエチレンや1.2シス-ジクロロエチレンですが、反応が逆に進むことはありません。ジクロロメタンはクロロメタンを経由して炭酸ガスに分解されます。
#3の方の回答しているとおり、以前に使用していたのだと思います。

Q双極子モーメントの求め方について

薬学1回生です。有機化学の教科書で、双極子モーメントというものがあるのですが、求め方がよくわかりません。教科書にはμ=q×r(q:電荷、r:両電荷間の距離)と書いてあります。
いったいどこを見て電荷や両電荷間の距離がわかるのですか?表などがあるのでしょうか?
お分かりの方がいらっしゃいましたら、詳しく教えていただけるととてもありがたいです。

Aベストアンサー

>いったいどこを見て電荷や両電荷間の距離がわかるのですか?表などがあるのでしょうか?

薬学1回生ということなので、これからいろいろ知識を獲得していかれることと思います。さて、直接的な答えにはなりませんが、参考URLの「電気陰性度と極性」のところは一読の価値があると思います。また、次のサイトも覗いてみてください。簡単な分子の双極子モーメントが与えられていたり、分子の形と双極子モーメントの関係などが載っています。
 http://www.keirinkan.com/
   ↓
  化学(2)
   ↓
 共有結合によって結びついた物質
以上、ご参考まで。

参考URL:http://www.shse.u-hyogo.ac.jp/kumagai/eac/chem/lec6-2.html

QPAHのジクロロメタンへの溶解度

PAH(多環式芳香族)の有機溶媒への溶解度を調べています。
極性物質のジクロロメタンのPAH溶解度がペンタンより高いのはなぜなのでしょうか?
ペンタンもPAHも無極性で、ジクロロメタンが無極性なのにジクロロメタンがPAHをよく溶かす理由はなんなのでしょうか?

Aベストアンサー

PAHの方が「極性」という意味ではペンタンに比べ大きいと思います。分子内に分極を持ちやすいので、他に分極した分子が来ると親和性を示します。

Qアミド結合(R-NH-C(=O)-R')の電荷

アミド結合(R-NH-C(=O)-R')の中の窒素はpHによって+電荷を持ったりしないのでしょうか?またその理由はなんででしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

>アミド結合(R-NH-C(=O)-R')の中の窒素はpHによって+電荷を持ったりしないのでしょうか…
実際にはアミド結合は分極した構造との共役状態にあります。
R-NH-C(=O)-R'⇔R-HN(^+)=C(-O^-)-R'
このためアミド結合は平面内に固定され易い構造になり、ポリペプチドのβシートもこのアミドの平面が並んでいる形になります。
以上の効果のためアミドの窒素の塩基性は低く抑えられています。
なお、上記の平面性はチオアミドになると極端になりR-NH-C(=S)-R7'部分がほとんど固定されてしまいます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報