ある修理業者に聞いた話です。
ハイブリット車が事故にあったとき、損傷の状態にもよるのだと思いますが、場合によっては車外に脱出しようとしたとき感電をし、体が車に吸い付けられて大変な事になると聞きましたが、本当でしょうか?ハイブリット車に詳しい人教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

そんなことで感電するようであれば、今頃、けが人・死亡者続出です。



プリウスがどれだけ世の中に出回っていると思いますか?インサイトも含め、これだけハイブリッドユーザーがが多いのですから、他車と同じ事故率と考えても、この話が本当なら既に感電者多数で、世の中大騒ぎですね。。。

未だにハイブリッド車に関する、間違ったうわさ等が流れているようですが、知らない者の知ったかぶりはやめて欲しいですね。
プリウスのハイブリッドバッテリーに関してもです。交換に30万も40万もかかるなんてうわさも未だに流れているようですが、全くのでたらめです。(交換費用:12~13万、20万km走行実績もあり、実費交換した話はほとんど無し)

話がそれてしまい申し訳ありませんが、何も心配する必要はありません。
    • good
    • 1

吸い付けられるってのは解りませんが



日産では
「ハイブリッド車及び電気自動車のレスキュー活動を行う際の、注意事項を記載しています。本車両は作業の取り扱いを誤ると、感電など重大な傷害につながるおそれがあります。安全に作業していただくために、事前によくお読みいただき、注意事項を遵守してください。」

損傷の状態によりますが、レスキューをするときはマニュアルがあります。
http://www.nissan-global.com/JP/SAFETY/RESCUE/

これは認証をもっている所ならすべてもっているとおもいますが
「技術情報」って配布物のなかにアドレスが書いてあったのでかき出しましたが
読めば一般でも解りやすいと思いますよ
正常な状態なら安全ですが事故の度合いによってバッテリーを大きく破損したり
なにかあったらあぶないかとは思いますが・・・・
普通車もガソリンとか積んでるからリスクは変わらないかとも思いますね

事故する部分によっても違うと思いますよ
開発やら実験やら徹底的にやってるからまず問題ないと思いますが
事故なんて何があるか解りませんからね
    • good
    • 0

バッテリーが割れればその時点で電流が遮断されるから全く安全になります。



>体が車に吸い付けられて大変な事になると
1万の事故事例があったら1例ぐらいはそのような事例があるかも知れない。
それぐらいの話だと思いますけどね。
    • good
    • 0

電機のことの分かっていない車屋さんの、発想(デマ)ですね。



電源の100Vラインの1方は地面にアースされています。感電するのは、もう一方の電線を触ることによって、100V→体→アースと電流が流れるからです。アースされている方の電線を持っても、感電はしません。

ハイブリット車の電線も片方が車体に繋がっています。もう一方の線は外に出ないように厳重に絶縁されています。車体はアースと同じですから、どんな状態になっても、それを触って感電することはありません。
万一、もう一方の線が車体に触ったら、ショートと同じですから、ヒューズ等で切断されます。
    • good
    • 0

普通のガソリン車なら、ガソリンを被る危険だけだけど、ハイブリッドだと、ガソリンを被る危険と、感電や、有毒ガスの危険の両方が有ると言うことです。

    • good
    • 1

可能性はゼロでは無いのでしょうが…



そういう意味では
ガソリン車だと事故の時
ガソリンをかぶって全身のやけどする可能性があるのでは無いかと思いました。
    • good
    • 0

非常時には電源が遮断されるように作られているそうですが、原発と同じで、想定を超えた事が起きることは容易に想像できます。


衝撃でバッテリーセル自体が破壊されたら? 車両火災でバッテリーが加熱されたら?
普通のガソリン車より危険が大きいことだけは確かです。
(ついでに、電磁波の放射も多いですし。)

ちなみに、体が車に吸い付けられるということは有りませんが、感電すると筋肉が収縮して、ボディーを握り締めたまま離れなくなるという事は起きます。
    • good
    • 0

漏電 感電に関しても それなりの対策をし 作り込まれていると思います。



が 想定以上の破損した事故などでは 漏電感電は有り得るでしょう 吸いつけられるかは?

AC200Vの感電は、 接触した手などが離れなくなる危険性か一番高い 電圧です 感電による心肺停止です
数万ボルトなど高電圧は 吹っ飛ばされ その衝撃で 頭を打って死亡となるケースが多い

ハイブリット車の注意しないといけない点は、 水没
電気回路が多いので ガソリン車より 弱い壊れやすい 故障被害が大きくなるでしょう

水没プリウスを助けに行き 感電したという話は、聞いたことが有ります。
バッテリーの大きさからして 有り得るでしょう。
乗車して状態で 感電すれば ビリビリしびれ 自由に動けなくなり 脱出出来ない これを吸いつけられると表現するのではと考えます。
    • good
    • 0

小生は電気の専門家であり、ハイブリッドにも乗っていますが



そんなデマがあるのですか?

 「体が車に吸い付けられて大変な事になると聞きましたが」 その様な事は理論的にもありえません。


ハイブリッドは安心して乗れる車です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

事故 事例」に関するQ&A: 是正措置と予防措置

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q感電対策に「過電流遮断タップ」は有効?

電気を使う楽器や機材の万一の感電対策として、「過電流遮断タップ」は有効ですか?例えばエレキギターを使用していて感電するくらいの電流が流れた場合、「感電する前に遮断」されるのでしょうか。それとも感電した後に遮断されてしまい、こういうタップを使う意味はないのでしょうか。

例えば下記のタップは有効ですか?
http://www.yodobashi.com/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E9%9B%BB%E6%A9%9F-OHM-HS-T1996WE-4%E5%8F%A32-5mLED%E9%81%8E%E9%9B%BB%E6%B5%81%E9%81%AE%E6%96%ADSW%E4%BB%98%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%97/pd/100000001001715434/

上記のタップは感電に対して無効な場合、どのようなタップなら有効かメーカー名や製品名を教えてください。複数あればできるだけ沢山教えてください。

Aベストアンサー

「過電流」ですから定められた電流超過時に遮断するだけで人体保護用ではありません。

Qホンダのハイブリットとトヨタのハイブリットの違いを教えてください。

ホンダのハイブリットとトヨタのハイブリットの違いを教えてください。

素人でも分かるような、簡単な違いだけで結構です。

Aベストアンサー

トヨタ:
・シリーズ・パラレル方式
・エンジン・バッテリが相互に補完して走行
長所
・エネルギー回収効率が高い
・さまざまな走行条件で充電することができる
短所
・複雑・重い・高価
・エンジンだけで走行する場合でも電気を消費する

ホンダ:
・パラレル方式
・モーターは補助的に使われる
長所
・軽量・安価
短所
・バッテリ走行時間が短い
・エネルギー回収効率が低い

<参考>
下記のリンクを参照ください。
http://www.hybrid-car-guide.com/kisotisiki-info/t-h-tigai.html

Q感電死のメカニズム

先日、雨宿りした大木にカミナリが落ち、二人の女性が亡くなるという不幸な事故がありました。
あの日は雨も降ってないのに急にカミナリがひどく鳴りだし、そのあと雨が降りました。
傘も持たずに犬の散歩に出かけられたのも無理はないし、急に雨が降り出して大きな木の下で雨宿りしたのも、だれでもやりそうなことです。
つくづくお気の毒なことでした。

このお二人は大木の落雷で感電死されたということですが、直接自分に落ちてなくても感電死するのか、とちょっと驚きました。
少し前に他の質問で、落雷は金属には関係なく高いものに落ちる、と聞きました。原っぱのようなところで立っていたら自分が一番高くて危険かもしれませんが、高いものの近くも危険、ということですよね?

なぜ、直接落雷に遭わなくても感電死するのか(電気が走ってくる、というようなことでしょうか?)、感電死というのは肉体的にどういう変化をとげるのか(電気が臓器にどういう影響を?)、知識として持っておければ、と思うので、どなたか教えていただけないでしょうか。易しい言葉で説明いただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

先日、雨宿りした大木にカミナリが落ち、二人の女性が亡くなるという不幸な事故がありました。
あの日は雨も降ってないのに急にカミナリがひどく鳴りだし、そのあと雨が降りました。
傘も持たずに犬の散歩に出かけられたのも無理はないし、急に雨が降り出して大きな木の下で雨宿りしたのも、だれでもやりそうなことです。
つくづくお気の毒なことでした。

このお二人は大木の落雷で感電死されたということですが、直接自分に落ちてなくても感電死するのか、とちょっと驚きました。
少し前に他の質問で、落...続きを読む

Aベストアンサー

専門家ではないのでアバウトな回答ですが。

今回のケースでは、まず高い木の先端に雷が落ち、すぐ側に立っていた人体を経由して地面に電流が流れたのでしょう。
電流の流れやすさで考えると、木よりも人体のほうが流れやすい物質(人体=ほぼ水と同じ、と考えていいです)ですので。

>感電死というのは肉体的にどういう変化をとげるのか
これは感電の程度によります。
流れた電流が大きさ、周波数、また流れた経路や時間によって変わると思います。

一般的な「感電死」の原因の多くは「心室細動」です。
簡単にいうと心臓の拍動のリズムがめちゃくちゃになってしまって血液を送り出せなくなる状態です。
この状態では全身に血が回らなくなるので、心臓が止まっているのと同じことになり、そのまま10分も経てば死んでしまいます。
(治すためには除細動を行います、よく医療ドラマ等で患者さんの胸に電極をあててバーンっと打っているアレです)

ただ今回の雷の感電の場合は、流れた電流が相当大きいと思いますから心臓ショックに加えて体の表面も焼け焦げていた可能性が高いと思います。

専門家ではないのでアバウトな回答ですが。

今回のケースでは、まず高い木の先端に雷が落ち、すぐ側に立っていた人体を経由して地面に電流が流れたのでしょう。
電流の流れやすさで考えると、木よりも人体のほうが流れやすい物質(人体=ほぼ水と同じ、と考えていいです)ですので。

>感電死というのは肉体的にどういう変化をとげるのか
これは感電の程度によります。
流れた電流が大きさ、周波数、また流れた経路や時間によって変わると思います。

一般的な「感電死」の原因の多くは「心室細動」です...続きを読む

Qガソリン車・ハイブリット車・ディーゼール車?

2013年、
今まで、ガソリン専用の車に
ハイブリット仕様・クリーンディーゼル仕様と種類が豊富になってきています。
2014年春には消費税も上がりそうなので
自動車の買い替えを検討しています。

ホンダフィットのガソリンとハイブリットを
単純に燃費と走行距離のみで計算・比較をしてみると
10万キロ走ってもハイブリット車が上回って得をするという計算にはなりませんでした。

いつもは片道10キロ程度の通勤に使用し
週末は近所のスーパーに買い物に行く程度です。
あんまり長距離は走りません。街乗りです。
年間走行距離も5,000キロ~10,000キロぐらいです。

検討中なのは
排気量が1500cc~2000ccで車体価格が200万円までと思ってます。
カローラもハイブリットを出すという情報もありますが

ガソリン車がいいのか?
ハイブリット車がいいのか?
ディーゼール車がいいのか?

買い換えるには
どのタイプがいいでしょうか?

Aベストアンサー

質問者さんは何に重点を置きますか?

質問者さんの乗り方では、燃費だけの観点で言えば、ハイブリッドもディーゼルもお得にはなりません。

しかし、ハイブリッドモデルは、例えばガソリンモデルと比較して、モーターアシストによる豊かなトルクが得られます。
新しいタイプのハイブリッドほど、トルクも太くEV走行比率も上がっています。
モーターは発進時から最大トルクが発生するので、これは明確にガソリン車に対するアドバンテージとなります。
また、減税でも有利です。

ディーゼルも同様で、ガソリン車より太いトルク、ガソリンより安い軽油を使用、エンジンはガソリン車より重いが、ハイブリッドのバッテリ、PCUの重量増程ではないのが魅力です。
特にマツダは、ハイブリッド技術がないため、今はディーゼルに力を入れています。ターゲットも欧州をメインとしているので、最近のモデルはかなり洗練されてきていますね。

結局のところ、経済性だけで言うなら、距離をあまり乗らないユーザーは通常のガソリン車が有利です。
ハイブリッドは、そのハイブリッドという先進性を買う、豊かなトルクを得られる、というのがメリット。
ディーゼルも豊かなトルク、エンジンなので運転感覚も従来のままでよく、距離を乗るならガソリンエンジンより頑丈で、ハイブリッドのようにバッテリ劣化もないので、年間2万キロ以上走るようなユーザー向けでしょう。


というわけで、質問者さんの乗り方では、ガソリンモデルがお得ということになります。

質問者さんは何に重点を置きますか?

質問者さんの乗り方では、燃費だけの観点で言えば、ハイブリッドもディーゼルもお得にはなりません。

しかし、ハイブリッドモデルは、例えばガソリンモデルと比較して、モーターアシストによる豊かなトルクが得られます。
新しいタイプのハイブリッドほど、トルクも太くEV走行比率も上がっています。
モーターは発進時から最大トルクが発生するので、これは明確にガソリン車に対するアドバンテージとなります。
また、減税でも有利です。

ディーゼルも同様で、ガソリン車よ...続きを読む

Q感電するとなぜ痛みを感じるのか?

タイトルどおりです。

小規模な物は静電気の「パチパチ」から、中規模はスタンガンなど、大規模は高圧電線や落雷など。感電するとなぜ痛みを感じるのですか?
電流が体内、皮膚に対して与える刺激について、わかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

簡単そうだけど、実は難しいのかな?
素人です。
人の皮膚には痛みを感じる神経があるので、そこにヒットして痛みを感じるのでは?
落雷なんかだと、高熱も伴いますから。

あくまで、素人なので、再度質問すると回答も付くかもしれません。
タイミングもありますから。

Qハイブリット車を購入しようと思い、会社の同僚に話した所、辞めといた方が

ハイブリット車を購入しようと思い、会社の同僚に話した所、辞めといた方がいいよと言われた。同僚が言うには、通勤での使用が主なら街乗りだから、燃費は軽の方がいいよ。また、ハイブリット車はバッテリー交換を2~3年くらいでしなければならなく、ディラーの方が言っていたけど、交換時30~40万くらいかかるから、お金持ちのお客にだけ薦めてるらしい。と聞いて驚き、ハイブリットは金掛かるなぁと思いました。実際どうなのでしょう。車関係の仕事のかた又は車に詳しいかた教えて下さい。

Aベストアンサー

ハイブリット車に関してはデタラメな情報が飛び交っていますね。

プリウスに関して言えば、バッテリー価格は128.000円です(20系、30系)
5年または10万キロのメーカー保証が付いています。
3年で交換なら無料です(笑)

基本的には交換の必要はなさそうです。
無交換で15万キロ、20万キロ走ってる車も多いですよ。
ただ、若干の”当り外れ”はあるようです。
心配なら「つくし保証」を付けておくといいかもしれません。

やはりハイブリット車はたくさん走らないとメリットはないでしょうね(コスト面)
30系なら20km/l+α位で走っている人が多いようです。
ハイブリット車の運転テクニックを身につければ、30km/lオーバーも可能ですけどね。
比較する車にもよりますが、年間2~3万キロ以上が一つの目安でしょうか。

信号待ちなどのアイドリングも燃費悪化の大きな要因です。
最近はやり?のアイドリングストップ車もいいかもしれないですね。

Qトラクターへの落雷

皆様宜しくお願いします。
田んぼの中で水を入れてある所で作業している場合トラクター(キャビン付き)の中では落雷が落ちたらどうなりますか?知識の在る方アドバイスお願いします。最悪感電死とかあるのでしょうか?

Aベストアンサー

キャビンの骨組みは鉄製でしょう。そして、天井部分が鉄で覆われているのなら一応は安全でしょう。
しかし、天井がアクリルのようなものでカバーされているものなら、大樹の陰の場合と同様にフラッシュオーバーで落雷の衝撃を受けるかも知れません。

いずれにしても、タイヤを通じて地面に流れるのでパンクする可能性があります。

他に避難するところがすぐにない場合は、キャビンの中がいいでしょう。
最初から雷がゴロゴロなっているのなら作業を見送るのが賢明です。

それから、田んぼに水をいれてあるかどうかは落雷とは関係ありません。高いところに落ちるのですから。

Qハイブリット車かガソリン車か?

今、自動車の買い替えを考え中です。

今現在は片道10キロ程で30分の通勤が主です。
週末は近くの大型スーパーに買い物に行くぐらいです。
街乗りです。

気になるのはハイブリット車のバッテリーです。
消耗して交換することがあるのか?
そうならば価格はどれくらいなのか?
月に3回・4回程度で1回の走行が10キロほどでも
バッテリーは大丈夫なのか?

ハイブリット車かガソリン車か
どっちがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>ハイブリット車のバッテリー

これは駆動用バッテリー?始動用バッテリー?

駆動用なら
概ね10年で制御ユニットとセットで交換です。

完全に寿命が来るときがあるので
その時は普通のガソリンエンジン車になってしまうため
永く乗る場合は、いつか交換の必要はあります。

>ハイブリット車かガソリン車か
>どっちがいいのでしょうか?

見た目とか、値段とか、内装とか、椅子に座って見たい印象とか
そういう点で決めるのが良いと思います。

Q落雷に対して車は100%安全でしょうか?

「雷の鳴っている時は車の中に居れば安全」とよく聞きますが、本当に100%安全だと言い切れるのでしょうか。車に落雷しても車体・タイヤを通って地上へ電気が逃げるのは分かりますが、例えば窓付近に金属の荷物を積んでそこに人が寄りかかっていたり、金属のアクセサリーを沢山身に着けた状態で窓辺にいたり、窓やドアを開けた状態で乗車していたら、落雷の際に感電する危険性が少しはあるのではないでしょうか。車に乗っている時でも、どのような状態なら危険でどのような状態なら安全か具体的に教えてください。また、エンジンをかけている状態で落雷してしまうと、エンジン系や燃料タンク等に過重な電流が流れ、最悪爆発する危険はないのでしょうか。この点も併せて教えてください。

Aベストアンサー

オープンカーならいざ知らず、窓を閉めた車内にいる限りは感電の心配はないですね。その他感電については既に良い回答がでているので、補足だけ。

超電導物質でもない限り、大電流が通過すると発熱があります。だから電路となった金属ボディー部品に接触していた場合、火傷を負う可能性はあります。扉など板金がむき出しの軽トラ系やジープ類なんかは危ないかな(笑)
電流は金属ボディーの方を優先して流れますから、電気部品や内装はほとんど影響を受けません。

その他爆発について。
気化した燃料と空気が一定比率で混合した状態のところに着火して初めて爆発がおきるわけですが、普通の車でそんな混合状態になるのはエンジンシリンダーの中だけ。ですから給油の最中に落雷を受けた場合は別として、事前に燃料漏れをおこして空気と混合した気化燃料が車内に充満していたなんて事が無い限りは爆発の恐れはゼロと言っていいでしょう。
ちなみに燃料タンクの中は燃料の蒸気が充満した低酸素状態ですから、中で火花を散らそうが火は付きません。

Q軽自動車(1BOXタイプ)とハイブリット車のトータル経費

車検が近づき、車の乗り換えを検討しております。
趣味・仕事等で、荷物を運ぶ事が多いため、軽では1BOXタイプ(エブリィ・ディアス)
普通車ではプリウス・インサイトのハイブリット車を
検討しています。以下の条件の場合、車の快適性とかは考えず、
トータルランニングコストを考えると、どちらがお得なのか
(やっぱり軽がお得なのか、燃費の良いハイブリットか)
迷っています。アドバイスをお願いします。
期間:最低7年は乗る予定です。
走行距離:通勤等で月に約2,000km走行。

Aベストアンサー

★軽ターボ
軽自動車税1年に7200×7=50400円

重量税
4400×7=30800円

自賠責保険
25730+18980*2=63690円

ガソリン 10km/リットル
2400リットル×110=264000円

合計 408890円

★プリウス
自動車税 1500ccで50%を1年のみ減免。
34500×0.5+34500×6=224250円

重量税
6300/年/0.5トン×3=18900円
×7=132300

自賠責保険
30900(3年)+22470*2=75840円

ガソリン 20km/リットル
1200×110=132000円

合計 564390円

さらに、自動車の任意保険と車検も軽の方が安いので、差額は15万円以上になります。

軽ボックスは荷物は詰めますが、後部座席には乗れたもんではないです。

7年乗ると、タイヤも交換するでしょうから、部品交換費用も出てくるでしょうか。

私も興味があったので、一通り出してみました。
ご参考に。


人気Q&Aランキング