私は慢性腎臓病であるIGA腎炎を煩い10年以上、闘病生活を行った末、病気は止めるは出来たのですが、腎機能は6割ほどになってしまいました。
自分が目指している事は壊れた糸球体を治し腎機能を完全回復させ元の状態に戻れる事です。

そこで腎機能が回復すると言われるナタ豆茶を半年ほど前から毎日飲んでいますがクレアチニン値が1を下回りません。
つまり太刀豆茶を飲んでも腎機能が回復してる結果が得られません。

飲み方に間違いがあるのでしょうか?

私の場合、一日、新たなティーパック1袋ずつヤカンに入れ火に掛けて飲んでいます。
やかんに入れたティーパックは、そのまま入れっぱなしで10個ほどたまると一つずつ取出す具合に何度も煮込む事で
成分の濃縮を試みております。


なぜナタ豆茶を半年飲んでも腎機能が回復が出来ないのか教えて下さい。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。


薬剤師です。

ナタ豆茶については先に回答者が答えている分とそれに対する質問者の返答を読む限り、それ以上の議論はないと思います。

「糸球体が回復しない」という科学的結論に帰してなお腎機能の回復を目指すという事なら漢方薬を検討するのが良いと思います。
gooの質問者回答者の何れも皆科学的根拠に基づいて話そうとしていますが、漢方薬を利用する場合には全く見当違いな思考だといえます。

原因があって結果があるという因果律だけでは森羅万象を説明出来ませんから。


漢方と西洋医学では基礎医学そのものが違います。(これを理解している漢方専門医は稀です)
血と血液は違います。
津液と水は違います。
腎之蔵と腎臓は違います。

つまり腎機能という視点に立つと腎機能の回復は再生医療を待つという絶望的な回答しか得られませんが、腎之蔵を回復させるという視点に立つと選択肢がいくつか浮上してきます。

貴方と面会している訳でもありませんから、具体的に献策する事は不可能ですが漢方であるなら未だ選択肢があると言えます。

漢方と西洋医学では基礎医学そのものが違うという事を理解している人を探すしかありません。

漢方の事を理解しているのは漢方専門医ではありません。

医師であれ、薬剤師であれ、鍼灸師であれ極々僅かに存在しています。

漢方の基礎医学書は
素問、霊枢、難経、傷寒雑病論といいます。
すべて漢文で記されています。

真摯に漢方を研究している人であれば
診察の場、調剤室付近、治療ベットに近くにこれらの書物があるハズです。
そうして、漢方の基礎医学でもって貴方に説明してくれるハズです。
漢方薬と称しているエキス顆粒は漢方薬ではありません。
強いて言うなら「準漢方薬」です。
漢方を理解している人はエキス顆粒なんぞ勧めません。
    • good
    • 7

きついかもしれませんが、


飲み方ではなくて認識が違います。
>自分が目指している事は壊れた糸球体を治し腎機能を完全回復させ元の状態に戻れる事です。
糸球体は損傷しても再生しません。

糸球体の機能低下でなく、機能が失ったのであればその失った部分の再生は無理です。
再生医療を待つしかないと思います。

なた豆が腎臓に良いというのは、豊富なミネラルが血行促進を施し利尿作用を助け、
ウレアーゼやコンカナバリンAといった成分が腎臓の炎症を抑え、機能を強化するといわれていますが、
科学的な裏づけデータが少なく、まだ全てが明らかになっているわけではありません。

ただし、現在機能している部分には何らかの作用が出るかもしれませんので、水分摂取に制限があれば医師に相談しながら継続していけばよろしいかと思います。

また、早期ではないのですから、半年くらいで好転するわけは無いでしょう、
それほど効果があるのなら、医者のほうで処方していますし、薬効成分を特定して企業が売薬としています。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

医学上、壊れた糸球体再生は今は無理というのは存じております。

しかし自身は20代の若さで慢性腎炎になってしまい、それ以来10年以上、厳しい食事療法の生活です。
病気は止まっても腎機能が6割なので再生医療が確立できない限りおそらく一生、食事療法を続けなければならないと思います。

平均寿命である80年生きたとしたら、20代から食事療法を行っているので、なんと長い一生の3分2以上も療養生活に服さなければなりません。
これではまるで自分の一生はまさに"療養人生"そのものです。
食べる楽しみも人生の大きな一つであり、人生を制約なくフルに活動出来る状態は健常な体が必要不可欠で、1度しかない自分の一生の大半を療養に献上するほどこれほど無念な人生はないと思います。
まだまだ一生は続きます。
その為にも医学的根拠に拘わらず何とかしてでも糸球体再生の道は見つけられないものかと思いナタ豆茶に期待を掛けた次第であります。

ナタ豆茶を飲み続けるかどうかは今後の診察結果を見ながら考えて行きたいと思います。

補足日時:2011/04/09 20:54
    • good
    • 3

医薬品ではないからです

この回答への補足

確かに医学的に確立されてません。
それが私が試して実感した結果だと思います。
それでも自分は長い療養生活の辛さからどうしても開放されたくて奇跡を信じて飲んでいました。

補足日時:2011/04/09 21:13
    • good
    • 1

すみません、その質問は なた豆販売者に聞かれてみてはどうでしょう? なた豆って通販でありますね。

歯磨き粉もあります。失礼ですが、お年はどれくらいですか? うちの主人は38歳ですが、三年ほど前にIgA腎症と言われました~ただ 今は腎機能には問題がなく、毎年 尿潜血+2 くらいです。タンパク尿はなく、減塩くらいしかしてません。10年後とかにどうなるかの問題だと先生にも言われました。でも一度炎症した糸球体ってもとにもどりませんよね~ 糸球体はすごい数あるけど、減りすぎると機能低下が始まるのでしょうかぬ~ 扁桃の摘出をすすめられています。 すみません、何も答えになっていませんが、ある程度でなくなったパックは捨てて一つずつ新しいパックを使われた方がいいと思います。どのお茶でもそうですが… いい成分はもう出てしまっていると思いますから。それと なんでもそうですが、長く飲み続けないと 効果出にくいかもしれませんね。漢方薬(病院で扱っていると保険効くので)どうでしょう? もちろんなた豆も続けられたらいいと思いますが。私は主人の機能が落ちてきたら漢方藥を考えています。

この回答への補足

ご回答ありがとうごさいます。

自分も扁桃の摘出しました。
そしてステロイドを大量投与するパルス療法を併用したお陰でタンパク尿、血尿が陰性になりました。
ですが腎炎で失った6割の腎機能である以上、これからも食事療法は必要な状態です。

そうですねもうしばらくナタ豆茶を飲み続けたいと思います。
現実的に今は食事療法を守ってれば腎機能の低下は止め続けられると思います。

補足日時:2011/04/09 21:05
    • good
    • 2

なた豆茶で、良くなることがあるというレベルであり、


薬じゃないんだから効果の出ない人がいても
全然おかしくないのではないですか。

それともなた豆茶で必ず回復するという、
学会で認められた研究があるのでしょうか?
もしそうなら、なぜ医薬品にならないのでしょうか?

この回答への補足

確かに医学的に確立されてません。
それが私が試して実感した結果だと思います。
それでも自分は長い療養生活の辛さからどうしても開放されたくて奇跡を信じて飲んでいました。

補足日時:2011/04/09 21:12
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 慢性糸球体腎炎<腎臓と尿路の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    慢性糸球体腎炎とはどんな病気か  慢性糸球体腎炎とは、急性発症(急性糸球体腎炎)に引き続くか、蛋白尿もしくは血尿が偶然発見され、少なくとも1年以上にわたり持続する病態とされています。 原因は何か  病因に関する詳細はいまだに不明ですが、免疫(めんえき)複合体が糸球体へ沈着することによる、免疫学的な機序(仕組み)により引き起こされる場合が多いとされています。  慢性糸球体腎炎を引き起こす抗原(こうげん)...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q奈多海岸の干潮の時間を教えてください

明日(4/24)に奈多海岸に潮干狩りに行こうと思っています。
干潮の時間を教えてください。

自分で検索してみたのですが、うまく検索できませんでした。。

Aベストアンサー

お昼の12時ごろのようですね。

西戸崎が近いかな・・・?と思って、ページを表示しましたが、違っていたら上の方で地域を変更してください。

http://sio.mieyell.jp/select?po=84019

長潮の82cmとなっていますね。
次の参考のために・・・82cmの所(潮高)が小さい方が、もっと多く採れますよ。

たくさん採れるといいですね!

Q腎炎と腎盂腎炎、腎盂炎の違い

腎炎と腎盂腎炎、腎盂炎の違い

よろしくお願いいたします。昨年、膀胱炎が悪化し腎盂腎炎で一週間ほど入院したのですが、独学では上記三つの違いがまだ判然とせず気になっています。

・腎盂腎炎=腎盂炎で、最近呼び名が腎盂炎より腎盂腎炎が一般化しつつある。

・腎盂腎炎とは腎臓の腎盂という部分が細菌感染を起こしたもの。

この二つは理解が合っているでしょうか?また、資料を読んでいると、腎盂腎炎とは言うものの通常の腎炎とは扱いが違って深刻度が低いように感じます。腎盂腎炎はふつうの(?)腎炎とは違うのでしょうか?

実際、友人の親御さんで腎炎の方がいるのですが、タンパク質制限など食事療法もあると聞きましたが、私は退院支持書に「運動、食事制限なし、自宅休養不要、水を1日2リットル飲みトイレを我慢しないこと」とあります。

特に腎盂腎炎と腎炎の関係が気になっています。混乱したままの質問で申し訳ありませんが、ご教示いただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

普通の腎炎と書いておられるのは、糸球体腎炎とよばれます。
これについて調べてみられたら理解できるかもしれませんね。
炎症を起こしている場所が糸球体なのか腎盂なのか、ですね。場所が違えば、原因もかわってきますから、治療方法も変わってきます。
腎盂炎と腎盂腎炎はほぼ同義と思っていただいてもよいかと思います。

Q内科医院を開業する予定のものです。

内科医院を開業する予定のものです。

投資用一棟アパートを自分名義で所有しておりますが、医院の従業員に医院から一部家賃負担をして貸し出したいと思っております。
この際、自分が経営している医院から家賃補助をした場合、家賃補助費用に関して医院の経費として認められるのでしょうか?

何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

たとえば不動産賃貸収入が一戸あたり5万円で計上して、医院の支出としては人件費の一部として家賃補助として2万円の手当てとして支出すれば経費でしょう。

法人規模の「病院」ではなく、個人経営の「医院」になるようですので、トータルでは個人の収入は行って来いになるのではないでしょうか。
初期投資の赤字を総合課税にして、福利厚生を良くする事でスタッフを固定させることは、経営者として当たり前に考えることですよね。

Qiga腎症で運動

今から10年ほど前にiga腎症と診断され入院してました。
数か月で退院後3年ほどは通院していましたが、もう問題ないよと言われそれからは半年に1回ほど尿検査と血液検査をするぐらいです。
その3年後以降は風邪を引く以外では、潜血も蛋白もマイナスの状態です。
退院直後は体育を休んだりたんぱく質・塩分制限がありましたが、いつのまにか制限も解除されていました。
とはいっても今でも習慣的にタンパクと塩分は抑えるようにしています。薬も飲んでいません。
そこで質問なのですが、今自分は大学生でそろそろアルバイトでも始めようかと思うようになったのですが、場所が家から5kmほどの距離なんです。
そこに自転車でゆっくり行くとだいたい30分ほどなんですけど、週に4、5日行くのは腎臓に負担がかかりますか?
あともしiga腎症や腎炎の方がいらしたら、運動制限とか食事療法とか普段の生活で気を付けていることを教えてもらえませんでしょうか?先生に聞くのが一番なのですが、当時の先生はもういなくて、今の先生は専門外の人なので聞いてもいいのかわからなくて…。
あとこの文を読む限り比較的良好な状態と言えるんでしょうか?
ネットで何十年後かには透析が必要になる病気と書かれていて怖くなりました。
わかる方がいましたらよろしくお願いします。

今から10年ほど前にiga腎症と診断され入院してました。
数か月で退院後3年ほどは通院していましたが、もう問題ないよと言われそれからは半年に1回ほど尿検査と血液検査をするぐらいです。
その3年後以降は風邪を引く以外では、潜血も蛋白もマイナスの状態です。
退院直後は体育を休んだりたんぱく質・塩分制限がありましたが、いつのまにか制限も解除されていました。
とはいっても今でも習慣的にタンパクと塩分は抑えるようにしています。薬も飲んでいません。
そこで質問なのですが、今自分は大学生でそろそろア...続きを読む

Aベストアンサー

 腎予後は、現在の残存腎機能、現在の活動性(尿蛋白)、腎生検時の組織所見が主に重要です。現在腎機能が正常で、尿蛋白陰性で、生検所見も悪くなかったならば、現時点で将来の透析を心配する必要はあまりないです。
 質問文の印象では上記すべて良好な状態(透析の低リスク)だと想像します。それを前提に考えれば、誰にでも当てはまる程度の腎臓に負担をかけない生活で良いかと思います。一般的な良好な食生活と食塩摂取は少ないほど良いです。蛋白に関しては尿蛋白陰性の時は食べ過ぎない程度で良いです。タバコは禁止。一般的に腎機能悪化の原因となる病気(高血圧、糖尿病、脱水症など)は避けるべきです。運動は制限は必要なく、過度の疲労を避ける程度で良いと思います。書かれた程度の通勤はよほど虚弱でない限り大丈夫でしょう。何か他の病気にかかった時は再燃リスクにもなります。ある程度体力がつくように、ほどほどの運動は良いと思います。
 予想の診断を前提にしていますので、やはり主治医に確認してください。専門でなくても患者を見る限り勉強しているはずです。遠慮なく聞いてください。主治医が即答できなければ次の診察の時まで待って頂けたら幸いです。

 腎予後は、現在の残存腎機能、現在の活動性(尿蛋白)、腎生検時の組織所見が主に重要です。現在腎機能が正常で、尿蛋白陰性で、生検所見も悪くなかったならば、現時点で将来の透析を心配する必要はあまりないです。
 質問文の印象では上記すべて良好な状態(透析の低リスク)だと想像します。それを前提に考えれば、誰にでも当てはまる程度の腎臓に負担をかけない生活で良いかと思います。一般的な良好な食生活と食塩摂取は少ないほど良いです。蛋白に関しては尿蛋白陰性の時は食べ過ぎない程度で良いです。タ...続きを読む

Q二つめの医院へ受診したことは一つめの医院にはわかるのでしょうか?

国民健康保険の本人の場合、
例えば、通院していたA個人医院からB個人医院に一度だけ
または数回受診し、再びA個人医院へもどった場合、B個人
医院で受診したことはA個人医院にはわかるのものなので
しょうか?

保険証に年月日と医院名のハンコを押す医院と押さない医院が
あるので、B医院がハンコを押さなかったらA個人医院には
B個人医院を受診したことはわからないものなのかと気になり
ました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

通常はわかりません。
同じ傷病のために、同じような治療を複数の医療機関で受けていると、
保険組合のほうから何か言われるかもしれません。

Q腎腫瘤についてお教えください

私の義理の弟(妻の妹の旦那,40)が会社の健康診断で「腎瘤種」と診断され,精密検査を受けるように指示されました.「腎瘤種」と言う言葉は始めて聞き,戸惑っております.想像するに瘤や腫瘍の類いでしょうが癌なのか分かりません.この「腎瘤種」とは何か,また,どのような対応が必要なのかお教えください.

Aベストアンサー

腎臓に出来る腫瘤といっても良性から悪性まで様々です。もっとも多く見られるものをご説明します。
腎嚢胞:良性で腫瘍ではありません。腎に嚢胞といういわば風船のようなものが出来ます。内部にはやや黄色の水が溜まっています。腎臓自体の機能に問題ありませんし、症状もありません。あまりにも巨大でないかぎり、治療の対象にはなりません。かなりの頻度で見つかります。
腎癌(グラビッツ腫瘍)場合によっては小児頭大までになる悪性腫瘍。血尿、腫瘤触知、腎部痛、発熱、貧血などが見られることが多い。
血管種:ほとんどが良性、超音波で独特の所見
普通は放っておいても大丈夫
腎動脈瘤:動脈瘤が腎門部にできる。拍動性でこれも診断は比較的容易。時として腎嚢胞との鑑別が必要。
そのほかにもありますが希なので、言及をさけます。
推測だけではこのいずれかは言えませんが、症状もなく血尿などもなければ腎嚢胞が最も疑わしいと思います。いずれにしても精密検査は必ず受けさして下さい。

Q紹介先の専門医院で、急患として受診する時

どちらも、私の自宅から「徒歩で、10分圏内」に、あります。



かかりつけ内科医院は…


「内科・整形外科・小児科・理学診療科・放射線科(レントゲン科)」



かかりつけ内科医院から、「胃カメラ検査、受けるのが可能な近くの専門医院」として、紹介して貰って、3が月前の4月24日に胃カメラ検査受けた、胃腸外科医院は…


「胃腸科・外科・肛門科・内科・理学診療科・放射線科」



上記のそれぞれが、取扱の診療科目と、なります…。



診察時間は、かかりつけ内科医院側が…

「毎週月曜日から土曜日は、午前の部(朝の部)が、午前9時から午後零時迄。
午後の部(夜の部)が、午後4時から7時迄。


毎週水曜日と土曜日は、午後の部休み」です。



胃腸外科医院は…


「午前の部は、かかりつけ内科医院と同じ、毎週月曜日から土曜日、午前9時から午後零時迄。

午後の部は、午後4時半から7時半迄。

こちらの医院も、毎週水曜日と土曜日は、午後の部休み」です。


(当然、どちらの医院も、日曜・祝日は休みです。)



そこで、質問したいのは…



「かかりつけ内科医院が、平日で午後の部だけ休みの曜日(丸一日休みも含む)で、その午後の時間帯に、身体の具合が急に悪くなったとする。

その時、以前紹介して貰った専門医院、今回だと「診療科目に、内科も含む」胃腸外科医院は、午後の部開いてるとする。


その場合、以前紹介して貰った「診療科目に、内科も含む」専門医院で、内科の急患として、受診するのは可能と言えば可能か?」に、なります。


それでは、「取扱の診療科目に、内科含む」専門医院勤務の看護師さん等、詳しい方お願い致します…。

どちらも、私の自宅から「徒歩で、10分圏内」に、あります。



かかりつけ内科医院は…


「内科・整形外科・小児科・理学診療科・放射線科(レントゲン科)」



かかりつけ内科医院から、「胃カメラ検査、受けるのが可能な近くの専門医院」として、紹介して貰って、3が月前の4月24日に胃カメラ検査受けた、胃腸外科医院は…


「胃腸科・外科・肛門科・内科・理学診療科・放射線科」



上記のそれぞれが、取扱の診療科目と、なります…。



診察時間は、かかりつけ内科医院側が…

...続きを読む

Aベストアンサー

専門医院が内科外来対応可能と言うことであれば、診療時間内なら受診可能です。

かかりつけ医院が休みなので診てくださいと言えば、普通に診てくれますよ。

Q腎臓ガン から 脳腫瘍へ

家族が脳腫瘍で入院しています。グリオーマだろうといわれています。
12月4日手術予定でしたが、今日になってCTで腎臓にガンが見つかった、と連絡がありました。しんじられません。
本人は元気で食欲もあります。

脳腫瘍で大変な思いをしているのに、腎臓にまで見つかったとはとても言えません。どうすればよいのかまったくわかりません。。。

腎臓の方が原発らしいです。いままで全然症状も出ないで・・?何故。
入院してからもうすぐ3週間です。一度紹介で転院しました。
こんなに期間があったのに見つからなかったのはおかしくないですか??

どのような事になるのかまったく想像できません・・。。

Aベストアンサー

腎臓癌とグリオーマは無関係にできたものだと考えるのが妥当だと思います。それぞれの診断が適切ならば。
腫瘍ができやすい遺伝体質なのかもしれません。

>腎臓の方が原発らしいです。いままで全然症状も出ないで・・?
腎臓癌は症状が出ません。かなり進行すると腫瘤を触れたりもしますが、相当なレベルまでは無症状です。

>こんなに期間があったのに見つからなかったのはおかしくないですか??
脳腫瘍の入院ならばおかしくないです。脳腫瘍がグリオーマではなく、脳転移であれば、転移元を探す必要がありますので、全身くまなく探されます。しかしながら、グリオーマを想定しているのであれば、その検査(CT、MRI)所見は脳転移の検査所見と異なりますから、転移元を探すような全身の検査が行われるのは優先順位が大きく下がります。
普通の人は手術前に関係のない検査をたくさん行われると、金銭的や心身的に負担に感じます。

>どのような事になるのかまったく想像できません
それぞれの診断にしたがって、粛々と手術が行われるのだと思います。グリオーマ、腎臓癌いずれも進行は遅いので、どちらを先にすべきかはそれぞれの大きさや進行度によるものと思われます。

腎臓癌とグリオーマは無関係にできたものだと考えるのが妥当だと思います。それぞれの診断が適切ならば。
腫瘍ができやすい遺伝体質なのかもしれません。

>腎臓の方が原発らしいです。いままで全然症状も出ないで・・?
腎臓癌は症状が出ません。かなり進行すると腫瘤を触れたりもしますが、相当なレベルまでは無症状です。

>こんなに期間があったのに見つからなかったのはおかしくないですか??
脳腫瘍の入院ならばおかしくないです。脳腫瘍がグリオーマではなく、脳転移であれば、転移元を探す必要が...続きを読む

Q総合病院的に見て、どちらの医院で…?

「総合病院(としての大学病院)に、看護師さんか事務員さんとして勤務してる人なら、見れば分かるのでは無いか?」と、思います…。



私は、2年程前から、「逆流性食道炎(胃腸の病気)」で、「どちらも、自宅近くにある」かかりつけ内科医院と、胃腸外科医院で受診してます。



因みに…


「胃腸外科医院では、専門的な診断と助言仰ぐ為、去年の4月に、かかりつけ内科医院からの紹介で、胃カメラ検査受けてる。

カメラによる、胃の写真は、どちらの医院にも、カルテに添えられて、保管されてる。

胃カメラ検査の結果自体は、「検査可能な箇所は、全て異常無しだが、胃に元からある穴が、大きい体質である。
内科医院で、院長先生から受けた診断通り、逆流性食道炎と見て、間違いない。

内科医院側の院長先生に、処方して貰った飲み薬を、飲む治療を続ける様に…?」の旨、胃腸外科医院側の院長先生から、診断結果として、助言受けた」事で、現在に至ります。



参考迄に、どちらの医院も、近くにある○○病院つまり、同じ民間の総合病院と、紹介提携先病院として、提携してます。



この○○病院では、私の現在患った病気だと、「消化器内科(胃腸科)か、手術による治療要する場合、消化器外科」が、担当の診療科目になります。



そこで、患者として、「提携先の総合病院側による、念入りな検査又は、治療を受けたい」と、個人的には考えてる為、質問したいのは…


「どちらの医院も、同じ総合病院と提携してる。

私は、かかりつけ内科医院で、飲み薬による治療を、3月1日現在続けてる。

胃カメラ検査は、「胃腸科の専門医院で受けていて、カメラの写真は、どちらの医院にもある。

胃腸科の専門医院では、去年の胃カメラ検査の時、事前の診察含めて2回だけ、受診してる」状況で、ある。


この場合、どちらの医院の院長先生に、紹介状を書いて貰うのが普通か?」に、なります。



それでは、長文になってしまいましたが、詳しい方よろしくお願い致します…。

「総合病院(としての大学病院)に、看護師さんか事務員さんとして勤務してる人なら、見れば分かるのでは無いか?」と、思います…。



私は、2年程前から、「逆流性食道炎(胃腸の病気)」で、「どちらも、自宅近くにある」かかりつけ内科医院と、胃腸外科医院で受診してます。



因みに…


「胃腸外科医院では、専門的な診断と助言仰ぐ為、去年の4月に、かかりつけ内科医院からの紹介で、胃カメラ検査受けてる。

カメラによる、胃の写真は、どちらの医院にも、カルテに添えられて、保管されて...続きを読む

Aベストアンサー

胃腸外科医院側からの方が良いとおもいますよ。胃に元からある穴が大きい体質?穴ではなく裂孔ヘルニアではないでしょうか?従って胃酸の逆流が発生して逆流性食道炎となるのですが、逆流性食道炎は殆ど投薬にて軽減しますが手術をしなくてはならないほどとは裂孔ヘルニアが余ほど酷いと言う事になりますよ。

Q慢性肝炎の劇症化

はどうすれば、防げますか??

慢性肝炎の劇症化ってどれくらいの頻度でありますか?

Aベストアンサー

原則としては、劇症肝炎の定義では先行する慢性肝疾患がないものをいいますので、原則としては慢性肝炎の劇症肝炎というのはありません。が、例外的にB型肝炎ウイルスの無症候性キャリアからの急性増悪は劇症肝炎に含めてあつかいますので、そういう意味では慢性肝炎の劇症化という概念はB型肝炎にしかありません。

厚生労働省の研究班の報告では、1998年~2003年の間に634例の劇症肝炎の報告がありましたが、その4割がB型肝炎がらみで、B型肝炎がらみのうち40%が無症候性キャリアからの発症でした。
よって、無症候性B型肝炎キャリア患者からの劇症肝炎発症数は一年あたり10数人です。

すなわち、150万人いるといわれているB型慢性肝炎のうち、半分が無症候性キャリアとすると75万人がB型肝炎の無症候性キャリアという事になり、15÷75万人=0.02%/年くらいの確率という事になります。

劇症化の原因としては、HDVの重複感染やpreCの変異とかいろいろ言われていますが、はっきりしません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング