blue-collar triumph
hog-calling contest

A 回答 (2件)

hog-caller


n.《俗》 大きく耳をつんざくような叫び声, 金切り声

と辞書に有りますので、文脈からすると、大々的に宣伝するコンテンスのようになると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご協力ありがとうございました。
とても助かりました!!

お礼日時:2001/04/22 15:53

辞書を調べたところ、


bluecollar triumphとは、bluecollar=肉体労働・作業服と訳されます。triumph=成功・喜び・凱旋・勝利となりますので「肉体労働が性に合っている」とでも訳せばいいと思います。
hog calling contestとは、hog=豚・意地汚い・欲張り、calling=召集・呼び集める・天職・使命感、contest=争い・競争・コンクールとなりますが、直訳でいけば「豚集めコンクール」となりますが、これは違うような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご協力ありがとうございました。
私は、「blue」と「collar」を別々に調べていたので
さっぱり分かりませんでした。
つながった単語だったのですね!?
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/22 15:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QI was calling to see if .... と I am calling to see if .... の違いは?

ある会話の教材です。電話で決まり切ったあいさつをした後で、電話をかけてきた人が、相手を昼ご飯に誘う場面がありました。

"I was just calling to see if you wanted to do lunch."

私は、今までこういう場面では現在形の動詞を使っていたのですが、間違っていたのでしょうか? "call"というのは、文字通りには「ベルをならして呼び出す」のだから、「こうして話をする前には『あなたを呼んでいた』」と考えれば、過去形でなければいけないのでしょうか?

それとも、どちらも可能だけど過去形の方が丁寧な感じなのでしょうか?

ご教授願えませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>どちらも可能だけど過去形の方が丁寧な感じなのでしょうか?

その通りです。丁寧な言い方なのです。

過去形にすることで、相手の意向との衝突を避けるというニュアンスが出るのだと思います。

つまり、現在形だと、それだけ強い意向を示すことになると言う意味でもあります。

Qblueの最上級 bluest の発音はブルーエスト?

地中海を表す英語で、bluest blueという言葉がありますが。ブルーストではないような気がします。”エ”を発音するのでしょうか。

Aベストアンサー

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

これは無音のeで終わる形容詞が最上級の形になったとき、このeが取れてその後にestをつけるため、このestのeが発音される為に、カタカナで書くとブルーエストと発音されるわけです。 もちろんこの「エ」は英語のeの発音です。 blue -> blu -> bluestとなるわけです。

例にはable - ablest, fine - finest, 等があります。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

Qsee the sky turn blue と watch the night turn blue について

TVで、see the sky turn blue と watch the night turn blue という風に、the sky と the night で動詞を see と watch に分けていたのですが、例えば watch the sky turn bue や see the night turn blue とは言わないのでしょうか?

アドバイス頂けたら幸いです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 何か私なりにお手伝いできるのではないかと思い書いています。

seeとwatchのもつフィーリングの違いで文章の意味が変わってきます。 つまり、これらの動詞の後の部分がこれらの動詞と一緒に使えると言うのであれば、問題なく使えると言うことになります。

一緒に使えると言うことは、1)その内容と動詞とが何らかの関連を持つ必要がある、そして中級者の方にはもっと大切なことなのですが2)その動詞を使って「伝えようとすることがちゃんと伝わるだけの理解力が相手にあるか」、つまり、フィーリングの疎通ができる表現でありその状況なのか、と言うことなのですね。

ですから、この二つの動詞の区別をするときに、辞書的な違いをいくら並べてもこれからこれらの単語の使い方を習っていく人には、状況と一緒に覚えないことには、辞書での説明(訳)がその場でその文章だけを訳せても使えない、そのフィーリングを持っているときに自分からその単語を「正しく」フィーリングを相手に伝えることができなくなってしまうわけですね。

よって、これらの動詞の意味合いを説明するときには、状況、と言うものを「これらの動詞を使い分ける要因」を条件としてもってこなくてはならないのですね。

ではその条件とはどういうことでしょうか。 それが、「疑問が浮かんだときにその疑問への解決方法」を身につける、と言うことなのです。 今回の場合は、「情景」「景色」と言う状況条件をつけるわけです。

つまり、景色のことを言っているのではなければseeとwatchと言う単語は使えないかもしれないし全く違った意味になってしまうわけです。

I have to see a doctorとあれば、医者を「ふと見」なければならない、と言うことにはならないですね。 医者に見てもらわなくてはならない。 医者が「診る(みる)」わけです。

と言うことで、今回の場合はthe skyと言う単語がありますので、景色・状況のことだな、と考えられますね。 ですから、watchの持つ「見る」と言うフィーリングが使えるのです。 そして、watch the sky turn bueと言う表現では空(の色)が青に変わるのをみる、と言う表現になり、このままで使うことはまずないですから、We were watching the sky turn blueと言う誰かにいえる場面を考えるわけです。 そうすると、空の色が青くなる・変わるのを見ていた。 朝方になっていてのか、曇りが晴れてきていたのか、またオーロラを見に行ったのかもしれませんね。 もしかしたら、花火ですごい大きな花火をするのを知っていてそれが普通では考えられないくらい青いのを知ってわざわざ見に行った時の感想で、花火だけでなく、空全体が青くなっていたのかもしれませんね。 その青くなったのを見ていたわけです。 そう状況でも、この表現は使えるわけです。

ひとつの情景にこだわらず、いろいろな情景を考えることも「独学で」英語を「使えるようになる」ための勉強ができるようになるわけです。 そうしないと、この表現を見たときに、曇りが晴れてきたんだ、と言うイメージがわいてしまう訳です。 この文章ではあくまでも「それが青く変わる」のを見ていたわけです。

そしてseeですね。 これは、実はちょっと難しい単語なのです。 

現在形だと状況をイメージしにくいので過去形にします。 (これは、私にとっては大切な習得方法だと考えています。 つまり、過去形にすると、「経験した」と言う「身近な状況」として、イメージしやすいからなのです。 ~をみる、と覚えるよりも、~を見た、としたほうが分かりやすいですね。 これが過去形であると言うことさえしっかり頭に入れておけばいいのです。)

We saw the sky turn blue. 空が青くなるのをsawとするとwatchとの違いが分かりにくくなってしまいますね。 よって、例文としては、We saw the sky turned blueと言う表現に変えるのです。

そうすることで、空が青く変わったのをsawする、と言う文章に変わり少し分かりやすくなるわけです。 では、このsawはどう意味になるか、と言う事になりますね。

これは、~に気がついた、~だと言うことを知った、と言うフィーリングを示していることになるのです。 つまり、もうこの時点で、「見る」と言うフィーリングから離れてしまったわけですね。

空が青くなったのに気がついた、と言う事になるわけです。 

そして、さらに、こういうフィーリングであるわけですから、We were seeing the sky turned blueと言う進行形を使うことを考えなくなるわけです。 (使い方によっては使えないことはありません。 でも、その使い方はもう少したってから自然にわかるようになります)

さあ、どうですか?

ご質問を書いているときの、seeがwatchと似ている、と言う先入観を持ってこれらの文章を理解したことがちょっとおかしかったときがつきましたか?

でも、少なくとも、これらの情景での場面をもうイメージすることはできますね。 そして、イメージするときには、もうseeとwatchの「日本語での見る」と言う先入観がなくなりましたか? 

この理解をもつことで、これからは、これらの情景の状況ではseeとwatchの使い分けはちゃんとできますね。

抽象的な用語などを使っての理解は試験ではいいでしょう。 しかし、実際に使いたいときに、~になっていたのに気がついた、I saw the room was cleaned. I was watching Jackie clean the room for me.と使い分けができるようになるのは難しいでしょう。

でも、このsawは見るではなく分かると言う意味です、と言う説明のほうが分かりやすいとすればそれでいいと思います。 ただ、こんどこの「情景での状況で」気がついたと言いたいときにこのsawが出てくるかどうか、ちょっと思い出してくださいね。 

日本語でも説明がよくできなくごめんなさいね。

これでお分かりになりましたでしょうか。 ご理解しにくいところがあったり追加質問がありましたらまた書いてください。

 

アメリカに住んで40年目になりました。 何か私なりにお手伝いできるのではないかと思い書いています。

seeとwatchのもつフィーリングの違いで文章の意味が変わってきます。 つまり、これらの動詞の後の部分がこれらの動詞と一緒に使えると言うのであれば、問題なく使えると言うことになります。

一緒に使えると言うことは、1)その内容と動詞とが何らかの関連を持つ必要がある、そして中級者の方にはもっと大切なことなのですが2)その動詞を使って「伝えようとすることがちゃんと伝わるだけの理解力...続きを読む

Qcollarの訳しかた

A male lion has a mane, a large collar of hair around the lion's face.

以下のように自分なりに訳してみました。

オスのライオンはたてがみを持っている
大きな"collar"がライオンの髪の周りにある

この文の訳で collarはどのように訳せばいいのでしょうか?

辞書をひくと
n. カラー, えり; (女性の)えり飾り ((勲章の一種)); 首輪; 輪形のもの; 〔話〕 逮捕; 【機】つば.

と、それらしきものがありません

Aベストアンサー

 hair のことを言い忘れていました。

>大きな"collar"がライオンの髪の周りにある
ではなく,
「ライオンの顔のまわりにある大きなえりの(形をした)体毛」
の意味であり,
collar = hair「体毛」であり,
体毛であるたてがみを collar にたとえています。

Qhog ranch とは

先日 Broken Trail というアメリカ製のテレビドラマを見ていたら,娼婦に身を落とした女が,「最初は高級娼館...行き着く果ては hog ranch」といういうような意味の科白を口にして,自分の運命にため息をつくシーンがありました.
この"hog ranch"には特別な意味があると思い,気になって手持ちの辞書をすべて調べてみたのですが,「豚を飼育している牧場」以外のものは見つかりませんでした. 英語のネイティブスピーカーはこのような文脈で"hog ranch"と聞いたときに,共通認識としてどんなものをイメージするのでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.lisashea.com/lisabase/womensissues/brokentrail.html

私はネイティブではありませんので、回答する資格はありませんが・・

上記のサイトによれば、客のつかなくなって、男もいない娼婦の溜まり場(不潔な豚小屋のような)にたいするニック・ネイムのようなもので、特に養豚場と関係がないのと違いますか?
年取った、娼婦は肥って白豚のように見えるかも知れませんが。

ご参考まで


人気Q&Aランキング

おすすめ情報