新規性有り、かつ、いわゆる当業者が公知技術等から容易相当できない課題解決手段(技術的思想)ではありますが、
公知の課題解決手段と比較して、何らの有利な効果(簡潔な処理で済む、コストダウン等)が得られない場合、
当該技術的思想を出願したとして、進歩性や、特別な技術的特徴は認められるのでしょうか?

例えば、課題Aを解決する手段としてaが公知であった場合に、aとは全くの別概念である課題解決手段bを発明したところ、aもbも、Aの解決のために要するコスト等が実質的に等価である場合です。

進歩性については、条文上の問題はないだろうとは思うのですが、特別な技術的特徴については、「発明の先行技術に対する貢献を明示する技術的特徴」と言えるのか、やや疑問に思っております。

よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

> 例えば、課題Aを解決する手段としてaが公知であった場合に、


> aとは全くの別概念である課題解決手段bを発明したところ、
> aもbも、Aの解決のために要するコスト等が実質的に等価である場合です。

解決手段が違えば、何かしらの作用効果の違いは生じるはずです。a特有の現場や実使用時の問題点などを指摘して、その問題を回避しつつ同じコスト等にすることができる、という作用効果を主張します。
    • good
    • 0

弁理士です。



従来技術Xがあって、課題Aの解決手段がaが公知の場合の場合、
課題Aの解決手段としてbを発明した場合は、従来技術Xを先行技術として、
「発明の先行技術に対する貢献を明示する技術的特徴」を考えます。
「発明の先行技術に対する貢献」は、課題Aの解決のための代替手段の提供です。
進歩性があって、技術的特徴がないことはありえません。

発明の単一性の審査基準の以下の記載が参考になります。
「技術的特徴」の基準は、新規性はよりは少しハードルが高く、進歩性よりは少し低いという理解でいいと思います。29条の2の「同一」の範囲と類似しています。

http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/tukuji …
ここで、「発明の先行技術に対する貢献をもたらすものでないことが明らかとなった場合」とは、次の(1)~(3)のいずれかに該当する場合である。
(1) 「特別な技術的特徴」とされたものが先行技術(注3)の中に発見された場合
(2) 「特別な技術的特徴」とされたものが一の先行技術に対する周知技術、慣用技術の付加、削除、転換等であって、新たな効果を奏するものではない場合
(3) 「特別な技術的特徴」とされたものが一の先行技術に対する単なる設計変更であった
場合

29条の2の発明の「同一」を理解する上で重要な判例(記録紙事件)
http://skiplaw.blog101.fc2.com/blog-entry-47.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q空調機の床吹き出し方式はOA機器の配置換え等への対応が容易らしいです。 この容易な理由は風量を調整す

空調機の床吹き出し方式はOA機器の配置換え等への対応が容易らしいです。
この容易な理由は風量を調整するダンパーのハンドルが手の届く床に有るから簡単に風量調整できるという意味ですか?
それとも別な理由や他にも理由があったりしますか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

床吹き出し方式の場合は、通常はフリーアクセスフロアと組み合わせるので、OA機器の配置換えがあっても、フロアパネルや床吹き出しユニットの配置換えが容易だと言う事です。
なお、風量調整は、床吹き出しユニットのシャッターの調整や、床吹き出しユニットのファンの調整で行います。

Q発明の公知に関して

特許出願をするほどでもない発明をしたときに、他人が先願するのを防ぐため、あえて公知にしたい場合があります。この「教えて!goo」の解答欄で内容を公表した場合、公知として認定されますか?

Aベストアンサー

 既に poseidon さんから適切なご回答が寄せられていますが、その前に私も回答文を作成していたので、投稿するだけしておきます。

 特許法29条1項には、特許を受けることができない発明が列挙されており、その1つとして、「特許出願前に日本国内又は外国において、頒布された刊行物に記載された発明又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった発明」、いわゆる公知発明が挙げられています(29条1項3号)。

 すなわち、「電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった発明」もまた、公知発明となります。

 出願された発明が公知発明か否かを調査・認定するのは、特許庁の審査官です。OKWeb 社が「この発明は、公知ですよ」と認定する性質のものではありません。

 ただ、Web上の情報は書き換え可能であるため、審査官は、信憑性のある日付が入ったものではないと公知発明として取り扱わないことにお気をつけ下さい。このサイトでは、質問と回答には日付が入れられますが、審査官がその日付をどこまで信頼してくれるかは、現時点では未知数だと私は思います。

 「出願するほどでもないが、他人が特許を取得することは防ぎたい」とお考えなのであれば、発明協会の「公開技報」を利用するのが手っ取り早く、また確実かと思います。

 http://www.jiii.or.jp/

 ただし、「公開技報」に掲載された発明と全くの同一発明ならばともかく、掲載された発明とは何かしら相違点があり、かつ、その相違点によって当業者が想像できなかった効果が得られるような発明であれば、その発明には「進歩性がある」と認められ、特許となる可能性が極めて大きくなります。この点にご留意下さい。

参考URL:http://www.jiii.or.jp/

 既に poseidon さんから適切なご回答が寄せられていますが、その前に私も回答文を作成していたので、投稿するだけしておきます。

 特許法29条1項には、特許を受けることができない発明が列挙されており、その1つとして、「特許出願前に日本国内又は外国において、頒布された刊行物に記載された発明又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった発明」、いわゆる公知発明が挙げられています(29条1項3号)。

 すなわち、「電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった発明」もまた、公知発明...続きを読む

Qシステムの可用性という意味

情報系の勉強をしています。いろいろ勉強していると、
可用性という意味には障害に対する強さと意味と、セキュリティ上で、権限のある人には情報を容易に閲覧できる、という意味があるようです。この2つの可用性って別なんですか。それとも、広い意味で似ているものですか。試験で一般に可用性といったら、どっちですか。

Aベストアンサー

追加します。

壊れ難い。結果、得たい情報が素早く得られる。
直接の意味は壊れにくさだと思います。
得たい情報が得られるのは間接的な意味ではな
いでしょうか。

Q技術を公知化するメリットは?

技術を公知化するメリットは?

先日、会社で出願相談がありました。

内容は下記でした。

 (1)3日後に顧客にサンプル提供するので、明後日までに出願したい。
 (2)技術に特許性は無いが、とにかく公知化しておきたい。

普段は、実施予定があるなら、出願しておいた方が良いと答えるところですが、
ふと・・・、『公知化する必要があるのか?』と疑問に感じました。

特許性が無いのであれば、端に技術を公開するのみになってしまいます。
顧客と秘密保持契約を結び、ノウハウとして秘匿した方が得策ではないかと・・・。

一方で、その技術を元に、少しでも改良の余地があるのであれば、他社が利用発明を
出願するかもしれず、その技術自体が実施できなくなる可能性があるので、
サンプル提供前に出願しておいた方が良いでしょう。

つまり、『改良の余地がどの程度あるか』が問題だと思うのです。

しかし、改良の余地が想定できるのなら、その内容も入れて、特許性のある
出願をすべきだと思います。

ここまで、考えて、判らなくなってしまいました。

特許性の無い出願を行うメリットは何でしょうか?

教えてください。
宜しくお願いいします。

技術を公知化するメリットは?

先日、会社で出願相談がありました。

内容は下記でした。

 (1)3日後に顧客にサンプル提供するので、明後日までに出願したい。
 (2)技術に特許性は無いが、とにかく公知化しておきたい。

普段は、実施予定があるなら、出願しておいた方が良いと答えるところですが、
ふと・・・、『公知化する必要があるのか?』と疑問に感じました。

特許性が無いのであれば、端に技術を公開するのみになってしまいます。
顧客と秘密保持契約を結び、ノウハウとして秘匿した方が得策ではない...続きを読む

Aベストアンサー

先使用サンプルのようにピンポイントの組成・製法を他社独占から守るのではなく、同様な効果を生む組成や製法を広く漠然と「誰も」独占できない状態にする(自分が独占できないなら、他人もできないようにして、自分が実施し続けられる環境を確保する)というところでしょうか。

サンプルとして意味があるということは、なんらかの効果はある(既知かどうかはともかく)わけですから、開示できる範囲で効果とその解決手段を記しておくことは、後の優先権主張出願や後追いでの選考文献調査&審査請求での権利化への道を残せる点でも、最悪は公開前に取り下げで開示を避けられる点でも、出願する価値があると考えます。

Qよく意味がわかりません

ある辞書の一文に「牛」の出す音そのものである「モーモー」という形は、恣意的な結び付きとされる言語音と意味との関係が必然の関係であるとされるので、その結び付きを理解するのが容易である。」とあります。
どういうことなのでしょうか?
どなたか分かりやすく教えてください。

Aベストアンサー

「モーモー」という言葉を未だ習得していない子供に牛の鳴き声を聞かせて、「何て聞こえる?」と尋ねたら答えは多種多様になるでしょう。
牛の鳴き声(意味)とモーモー(言語音)とは人間が勝手に(恣意的に)結び付けているということが、はっきりと(必然的に)分かる。
ということでしょうか?

Q原理は同じで発明が解決しようとする課題が異なる場合

特許・実用新案についてですが、
発明の仕組みは、すでに特許・実用新案に申請済みであるが、
「利用分野 」や「発明が解決しようとする課題」が全く異なる場合、
別の特許・実用新案として申請しても有効なのでしょうか?
それとも、請求項が異なれば有効なのでしょうか?

例えば、Aさんが
窓ガラスは無職透明が一般的で、鏡の窓ガラスを発明したとします。
その際、「発明が解決しようとする課題」が、無色透明の窓ガラスに装飾性を持たせるため
鏡の窓ガラスを開発したと、申請済みとします。

その後、Bさんが、
「発明が解決しようとする課題」で、太陽光など屋外の光を窓ガラスで反射し、
遮光効果を得るため、と鏡の窓ガラスを開発したと申請する場合、
この発明は有効なのでしょうか?

前者も後者も、発明したものは、鏡になっている窓ガラスというもので、作り方も同じです。

Aベストアンサー

弁理士です。

新規性は、課題の相違は関係ないので、構成が完全に同一であれば課題が違っていてもアウトです。
ただ、課題の違いは、進歩性の主張においては非常に有効です。

そこで、Aさんの発明が引例になったときは、Bさんは、装飾性とは無関係な構成Cをちょこっと加えます。
そうすると、新規性はクリアでき、Aさんの発明に構成Cを追加することは容易ではないので進歩性がクリアできる可能性大です。

課題が違っていると、多くの場合、具体的な構成レベルでは、何らかの構成上の違いがあるので、きっちり明細書が書かれていれば、特許が取れる可能性は大だと思います。

Qit is easy to see の意味

以下の文で、easy to seeは「よく見られる」「しばしば見受けられることだ」というような意味でしょうか。こういうときに受け身にはしないんですか。(日本語では受け身にしないようなのも、英語ではよく受け身になっているようなのに)
それとも、「このようなことが起きるのは容易に理解できる」(理解しがたいの反対)という意味でしょうか。

If a flextion contracture is present, the range of motion is limited. Usually the lumbar spine compensates by lordosis (this is very easy to see) and tilting the pelvis.

Aベストアンサー

No.2です。補足質問にお答えします。

ご質問:
<1:そういう脊柱前彎状態が「よく見受けられる」と言いたいのか、
2:そういう状態になるのは当然のことで(そうしないとバランスを失って倒れてしまう)そうなるのも「無理からぬことだ=理解できる」と言いたいのか、>

医療技術の専門ではないので、確信は持てませんが、恐らく、seeは「理解する」「わかる」の意味に用いられ、2の「それは簡単に理解できる」「そうなるのもよくわかる」、といった意味で使われていると思われます。

この英文をネイティブでない人が書かれて難儀されているとおっしゃっておられましたが、ご苦労ご察しします。ご質問のこの部分も、おそらく英訳者が言い表したいことがうまく伝わってないようです。this is very easy to seeはここではあまりに広義にとれるので、専門外の身では、100%の確信が持てません。ただ、直感では上記のような訳になる器がします。ご参考までに。

Q発明協会の先行技術調査の信用性は?

過去ログにもあったのですが、
過去ログでは、弁理士に関してでしたので、
再度発明協会についてお尋ねします。

タイトルどおりですが、
調査依頼も数をこなすうちに、
これはもしかして?というような
ものに調査人が出逢う確立は
あると思います。

その発明を、調査した人が
第3者に教えてしまうようなことが
無いとは言い切れないのではないでしょうか?


そう言った場合、
私たちは法的に守られる方法などは
ないものでしょうか?

どのように調査する人、もしくは
調査会社を信用すればいいのでしょう?

また、信用できないなら
自分で調べるほうがいいのでしょうか?

自分で調べるのは難しいでしょうか?
そしておろかなことですか?

以上ですが、
ご指導よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

信用していいとおもいます。
弁理士にも同じことが言えると思います。

なぜなら、発明=製品化ではないからです。
発明協会の人に言わせると、ゴミ特許は山ほどあるそうです。

(特許は取れているが製品化出来ないもの例えば左官屋さんが使っているセメントを塗るコテを小さくした物が特許となっています。これの用途は厚化粧用だそうです。)

つまり、人が考えたゴミ特許かもしれない情報を他人に公言したり、自分の特許とするメリットと自分の仕事(将来)を無にする事になる行為とを比べると当然結論は出てきます。

特許申請する人はその特許で財産築きたいとの信念で特許申請することは間違いないのですが、休眠特許(ゴミ特許)と言われる特許がいかに多いかを調べれば、私の言っている事が良く分かると思います。

Qこのおみくじの意味を教えてください

あけましておめでとうございます。
先ほど初詣に行きまして、おみくじをひきました。結果は「大吉」。幸先がよさそうです。
おみくじの表紙にこう書いてありました。


「言」
うわべだけの自由によって、
自由を粉砕することは、
実に容易である。



これは一体どういう意味でしょうか?要約がなく、わかりませんでした。
自分が楽をするためだけのうわべの自由を求めることにより、本当の意味での自由は無くなってしまうということでしょうか?

わかるかた、教えてください。

Aベストアンサー

何を行ってもかまわないのだという身勝手によって、本来守るべき 自由 は容易に破壊されるということじゃないでしょうか。
自由の履き違えってやつのことでしょう。

Q特許権が失効した技術を用い、新たな発明を考案する

特許権が失効した技術を用いて、新たな発明を考案した場合に、
その発明に特許権は与えてもらえるものなのでしょうか?

以上、ご返答の程、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「新たな発明」が基になった「特許権が失効した技術」と同一、またはそれから容易に創作出来るものであれば、新規性・進歩性がありませんから特許を受けることはできないでしょう。「失効した」といっても一旦特許になっている以上、公報が発行されその内容は公知になっていると考えられるからです。この点については、No.1の方の回答の通りだと思います。

しかし、「新たな発明」が基になった「特許権が失効した技術」に対して大幅な改良が加えられており優れた効果があるような場合、即ちいわゆる当業者が容易に創作できないような(高度な)ものであれば、進歩性を有し特許を受けられる可能性はあると思います。

ですから、alchyon様のおっしゃる「新たな発明」がどのようなものかによって特許を受けられるかどうかは変わってくると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報