I've had something come up.「ちょっと用事ができたんだ」のパターンの例文をもっと教えていただけないでしょうか?
米口語体でよく使われるパターンだと思うのですが、自分で作文しようとすると、使役の方の文ばかり思いついて今一アクティブボキャブラリーになっていないようです。手持ちの辞書にも載っていなかったので困っています。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

I have my diary written up. 日記をつけてしまった.(研究社大英和)


She had little money left in her purse. 彼女の財布には少ししかお金が残っていなかった.(研究社英和中辞典)
They had a chart spread (out) on the table. 海図をテーブルの上に広げていた.(研究社英和中辞典)
Have the job done by tomorrow. 明日までにその仕事をしてしまいなさい(ジーニアス)

現在完了形「have+Vpp+目的語」(I have written a book)は、「have+目的語+Vpp」(I have a book written)という語順から変化したもの。この元の語順はアイルランドとアメリカで残っているが、イギリスでも消滅したと言うわけではない。

I have four chapters of my new book finished and five more drafted. (J. Webster, _Daddy-Long-Legs_)
(...) you have money saved up in the bank. (J. Farrell, _Judgment Day_)
He had his plans all worked out. (R. Warren, _The Circus in the Attic_)
I wish I had them(=those) dishes all done. (E. Caldwell, _Georgia Boy_)

have の代わりに (have) got も使われることがある。
She's got her car parked right in front of me (...) (J. Salinger, _Nine Stories_)
(...) as soone as Wyn and I got plans made, I'd tell her. (C. Morley, _Kitty Foyle_)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

書き込みありがとうございます。それとすみません、わざわざ調べてくださったんですね。でもおかげでなんとなくわかったような気がします。

お礼日時:2011/04/15 22:10

come の原形と過去分詞は同形ですが、I've had something come up. の come は原形と思います。

(something = S, come up = V)
似た例:
A. I had the garage service my car.(garage = S, service = V)
それに対して過去分詞を用いた例:
B. I had my car serviced. (能動的な例)
C. We had a window broken in the storm. (受動的な例)

この回答への補足

書き込みありがとうございます。せっかく書き込んでくださったのに、大変申し訳ないのですが、理解不能なのですが。。。

A.私は修理工場に車を修理させた
B.私は車を修理してもらった 
C.嵐で窓が壊れてしまった
私の日本語訳は多分合っていると思います。
とすると、この3パターンの中でI've had something come up.はAの例文と同じパターンだということですか?
すみません、理解力なくて。。。

補足日時:2011/04/15 22:46
    • good
    • 0
この回答へのお礼

書き込みどうもありがとうございました。

せっかく書き込みをしてくださったお二人の時間とご苦労と良心を思うと申し訳ないのですが、質問から4日目にして、この英文はほとんど使われない英語だということが判明しました。普通であれば、Something has come up.というところだそうです。ネイティブのセンスだと、ちょっと文法的に変と感じるけれどまあ使えないこともない。でもこのように話しているのは聞いたことがないということでした。

I've had something come up.は、英会話のhow to本に載っていたので、正しい英語だと思っていたのですが、日本人が作った文章だったので、いくら流暢で本をお書きになるような方でも、猿も木から落ちるということだったようです。
大変お騒がせしました。

でもおふたりが書き込んでくださったからこそ、この答えにまでたどり着けたと思っています。再度お礼を申し上げます。

お礼日時:2011/04/18 21:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の過去形、過去分詞形が調べられる電子辞書

現在、カシオのXD-GF9800を使用しておりますが、過去形、過去分詞形が出てこなくて困っています。調べる方法を教えて下さい。

また、英語の過去形、過去分詞形が調べられる電子辞書をご存知でしたら教えて下さい。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

規則動詞だから出ていないのではないですか。
ほとんどの電子辞書で出ているはずです。
多くの辞書がジーニアス英和辞典になっていると思いますが,
普通,単語があって,発音記号があって,その後に過去形・過去分詞形が出ています。

give, go, come, make のような不規則動詞を調べてみてください。

QI wish 主語+過去形とI wish 主語+had 過去分詞の違いについて

タイトルに書いたように、二つの違いが
よくわかりません。
I wish 主語+過去形の場合では、
「今~だったらいいのになぁ」
I wish 主語+had 過去分詞の場合では、
「あの時、~っだったら良かったのになぁ」
と、上記のように解釈してもいいのでしょうか?
過去完了や仮定法過去完了が難しく感じてしまい、
又いまいち理解出来ません。

回答をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

仮定法では、現実と逆のことを仮定する場合に、"時制がひとつさがる"、とおぼえればいいです。

現在と逆のことを仮定する場合、
たとえば、いま現在雨が降っている。
だけど晴れていればいいのになあというような場合→過去形。

過去と逆のことを希望する場合、
たとえば、昨日雨だった。
もし晴れていたら、出かけたのに、というような場合→過去完了

Q中学英語の過去分詞の文について

現在完了、経験、継続を勉強していますが、この間ゲームか何かで「You have been removed from this area.」と表示されました。
「あなたはこの区画から除去されました」という日本語訳になると思うのですが、なぜbeの過去分詞beenの後にまた過去分詞removedが入るのですか。 また、なぜ過去形にするのでしょうか。
授業では経験、継続に関して「主語+have+過去分詞~」と習ったので疑問に思いました。
また、この文と「You were removed from this area.」とは意味は等しいですか? よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この文は,中学英語では習わない文法です。
確かに現在完了の文ですが,〈現在完了+受け身〉は中学では扱っていませんのでご安心を。
〈have+受け身〉→〈have been+動詞の過去分詞形〉になっているわけです。
質問者さんの英文の通り,形は
You were removed ...(過去形)
    ↓
You have been removed ...(現在完了形)
で,wereがbeenになったのです。

では,なぜ過去形ではなくて完了形なのかは,この文は「完了」を表す現在完了の文で,「あなたは除去されました」=「今はいません」と過去から現在までつながっているため,現在完了になっていると考えます。
ですので,単なる過去形であるYou were removed from ...とは少し意味が変わってきます。

QI've had と I'd had の違いを知りたいです。

I've had lunch 昼食を食べた
I'd had lunch ←訳せないです

I've had と I'd had の使い方を教えてください。(簡単な文でお願いいたします。)

Aベストアンサー

I've had lunch.(I have had lunch.)は現在完了形です。 「昼食を食べた」と言う和訳では、単なる過去形ゆえ、10年前に昼食を食べたのか、今日昼食を食べたのかわかりません。 現在完了形の場合、完了した状態が現在まで続いていることを表すため、「今日の昼食はもう食べてしまったから、今はお腹がいっぱい。」と言う意味になります。 I'd had lunch.(I had had lunch.)は過去完了形です。 これをあえて和訳すると「昼食を食べてしまっていた。」と言うようになりますが、これだけではちゃんと意味が通じません。 過去完了形は「過去のある時点までの物事の完了、結果」を表すため。 通常はどの時点までに(昼食を食べてしまっていたのか)、と言うフレーズがくっついてきます。 例えばこういう風に使います。 「I had had lunch when he came to invite me for lunch. (彼が私をランチに誘いに来たときには、私は既にランチを食べてしまっていた。)

Q英語の過去分詞

中学生に英語を教えていて
「受動態を作るのに、なぜ現在でも過去分詞を使うのか?」
と質問されました。英語を教えた経験のある方、どのように答えていますか?

Aベストアンサー

 一つの考えとしては,分詞は準動詞の一つであり,時制という概念を持ちません。いわゆる不変化詞であり,主語や時制による呼応というものがありません。受動態の場合であれば,be +過去分詞の be の部分で主語との呼応や時制による変化をし,過去分詞自体は変化しません。現在分詞・過去分詞というのは単なる名称の区別であり,A分詞・B分詞でもよい,と考えるのです。学者によっては,Active Participle, Passive Participle とか,First Participle, Second Participle という呼び方をする人もいるようです。
 しかし,古くから Present Participle, Past Participle と呼ばれることが多く,実際,have +過去分詞で完了時制を表すこと,現在(原形)―過去―過去分詞という活用形を見ても,過去分詞は過去と関連性が強く,この名称もあながち誤っているとは言えません。
 have +過去分詞で完了時制になるのが,be +過去分詞で受動態になるというのは,古代英語やさらにその昔までひもといていかなければならないのかもしれません。専門家の方ならそのあたりをご存じかもしれませんが,残念ながら私は知りません。
 ただそのようになってしまった,と割り切るしかないのかもしれません。思えば,日本語においても,「未然形+れる,られる」で受動態になることの説明ができるでしょうか。同じ形で,可能・尊敬・自発となるのも不思議です。未然形というものだけとっても,その他,使役も「未然形+せる・させる」になります。
 そう考えていくうちに気づいたのが,古文(文語)において,「り」という完了・存続(英語の完了時制に近いものだと思います)を表す助動詞があり,「受身」の助動詞は「る,らる」であったということです。このような音の近さは,英語で完了時制と受動態で同じ過去分詞を用いることと同じようなものではないかと。
 このようなことを中学生に言ってもしかたがないかもしれませんが,ある程度知的レベルの高い段階で外国語を学習していく場合には,このような考えもあってもいいのではないでしょうか。
 私の意見は,日本語で,何らかの経緯で「未然形+れる,られる(文語では,る,らる)」で受身を表すようになったのと同じように,英語で何らかの経緯で,過去に通ずる過去分詞を用いて受身を表すようになった,というものです。
 質問からずれてしまったかもしれません。

 一つの考えとしては,分詞は準動詞の一つであり,時制という概念を持ちません。いわゆる不変化詞であり,主語や時制による呼応というものがありません。受動態の場合であれば,be +過去分詞の be の部分で主語との呼応や時制による変化をし,過去分詞自体は変化しません。現在分詞・過去分詞というのは単なる名称の区別であり,A分詞・B分詞でもよい,と考えるのです。学者によっては,Active Participle, Passive Participle とか,First Participle, Second Participle という呼び方をする人もいるようです。...続きを読む

Q他動詞+目的語+不定詞(分詞)

高校英語の文法についての質問なんですが他動詞、目的語のあとに不定詞や分詞がくるという文型があるのですがこの違いが分かりません。なぜ、不定詞や分詞を何を根拠に持ってくるのか?質問内容をうまく説明できないのですがこの違いについて教えてください。

Aベストアンサー

不定詞が来るものは、ask, want, invite, allow, would like, permit, order, enable, tell, expect など、「OがCするようにVする」と、発話後に、相手に何らかの行動を期待するものが多いと思います。
それに対して、分詞がくるものは、知覚動詞(感覚動詞)see, watch, feel, hear, notice などのように感覚を表すもの、または have, leave, keep などのように「OにCさせておく」というものに分けられるのではないでしょうか。

思いつくままあげてみましたが、参考になれば幸いです。

Q英語の文法(現在分詞と過去分詞)

英語の文法(現在分詞と過去分詞)
センター試験のため英語の勉強をしています。
フォレストを使い何回も読み直したのですが、どうしても分詞のところだけ理解ができません。
社会人で独学なのでどうしてもきついとこがあります。
なので他の方の考え方を聞いてみたいと思います。
どのような覚え方をしたか教えてください。
簡単にでもいいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在分詞・過去分詞のセットの質問ですので、おそらく名詞の修飾部としての使い方と勝手に判断しました。

名詞を修飾する部分は形容詞が代表ですが、他にも色々な言い方で修飾します。
その一つの修飾の仕方に動詞的な修飾方法があります。

隣に住んでいる人、200キロを超える人、泥棒に壊されたドア、日本で製造された車

これらを言うときにズバリ形容できる形容詞があればそれを使いますが、ない場合に動詞に ing
(現在分詞)修飾語に対して受動(過去分詞)を使います

a man living next door = a neighbor (隣人)
a man exceeding 200 kilograms 200キロを超える人
a door broken by a robber 泥棒に壊されたドア
a car made in Japan 日本製の車

しかし、この分詞には時制がありません。
もっと詳しく言いたいときは関係代名詞を使います

the man who lived next door last year 去年隣に住んでいた人
The man who exceeded 200 kilograms last December weighs 150 kilograms now.
去年12月に200キロ超えていた人は今は150キロだ。

The door which was broken by a burgler this morning will be repaired tomorrow.
今朝泥棒に壊されたドアは明日修理される予定です。

の様により詳しく説明できます

現在分詞はその文の時制により、過去、現在、進行形に訳されます。分詞には時制がないからです

People watching the World Cup expect the Japanese team to win.
ワールドカップを見ている人たちは日本チームが勝つことを期待している。

People watching the World Cup was excited when the Japanese team won.
ワールドカップを見ていた人たちは日本が勝ったとき興奮した。

現在分詞・過去分詞のセットの質問ですので、おそらく名詞の修飾部としての使い方と勝手に判断しました。

名詞を修飾する部分は形容詞が代表ですが、他にも色々な言い方で修飾します。
その一つの修飾の仕方に動詞的な修飾方法があります。

隣に住んでいる人、200キロを超える人、泥棒に壊されたドア、日本で製造された車

これらを言うときにズバリ形容できる形容詞があればそれを使いますが、ない場合に動詞に ing
(現在分詞)修飾語に対して受動(過去分詞)を使います

a man living next door = a nei...続きを読む

Q非感覚動詞+目的語+現在分詞 の形で、 「私はあなたに静かにしていてもらいたいのです」は、 I wa

非感覚動詞+目的語+現在分詞

の形で、

「私はあなたに静かにしていてもらいたいのです」は、

I want you keeping you are quite.

でよかったでしょうか?

Aベストアンサー

非感覚動詞+目的語+現在分詞
(非感覚動詞、というのにどれほどの意味があるのかよくわかりませんが)
が当てはまるとしたら、keep O ~ing のような表現でしょう。

ここは quiet という形容詞で SVOC となりますので、
keep you quiet で、現在分詞の出番はありません。
「あなたを静かなまま保つ」

より大きな骨組みの「してもらいたい」は want you to 原形
で、ここも現在分詞の出番はありません。

I want you to keep quiet.

実際には want の方で want you to 原形となりますので、
keep の方は keep you quiet でなく、
keep quiet という SVC 的表現になります。

Q英語 視覚/知覚動詞+O+動詞の原型、視覚/知覚動詞+O+現在/過去分詞について 視覚/知覚動詞+O

英語

視覚/知覚動詞+O+動詞の原型、視覚/知覚動詞+O+現在/過去分詞について

視覚/知覚動詞+O+動詞の原型を受身の形にしたい時はto不定詞が使われますよね、
The boy was seen to fall down.
訳:その男の子は転ぶのを見られた
このような感じに

ここで、知覚/視覚動詞+O+現在/過去分詞の形を受身にしたい場合はどうすればよいのでしょうか?

その男の子は母親に叱られるのを見られた
この文を英文にしたい場合

The boy was seen to be scolded by his mother.
翻訳アプリではto不定詞を用いて↑のように表していたのですが、翻訳アプリなので文法が合っているのか分からないので質問させていただきました。
(あまり使わない表現だと思いますが文法を知りたいので別の言い回し等は聞いていません^^;)

Aベストアンサー

> 要するに受身を表す分詞の形は適切な表現が無い

人によるってことです。
「知覚動詞+O+過去分詞」を受身にした形に、何の問題も無いという人もいるし、一瞬、何のことか理解できない人もいる。

だから、先に挙げたスレッドでは
”The boy was seen knocked down by a car.”
が言えるかどうかで、議論になっている。

不自然だという人は、これを読んで不自然に思わない人のことが理解できない。
逆に、言えるという人にとっては、これのどこが不自然なのか理解できない。
だから、探せば用例はたくさん出てくる。



> 文法問題で分詞を使った視覚/知覚動詞+O+過去分詞をつかった問題はまず出てこない

大学入試レベルではまず出さないでしょう。

そもそも「知覚動詞+O+過去分詞」がそれほど頻度が高くない。
「知覚動詞+O+現在分詞」または「知覚動詞+O+形容詞」の方がはるかに多い。

だから、「知覚動詞+O+現在分詞」または「知覚動詞+O+形容詞」の受け身形なら出るかもしれない。
でもまあ、「知覚動詞+O+過去分詞」の受身を問題として出されたとしても、これでもう分かるようになったんじゃありませんか?
実際、用例がないわけじゃないから。



> The boy was seen being scolded by his mother.

これは
Someone saw the boy being scolded by his mother.
「男の子が叱られているのを見た」
「知覚動詞+O+現在分詞」の受け身形です。

> 要するに受身を表す分詞の形は適切な表現が無い

人によるってことです。
「知覚動詞+O+過去分詞」を受身にした形に、何の問題も無いという人もいるし、一瞬、何のことか理解できない人もいる。

だから、先に挙げたスレッドでは
”The boy was seen knocked down by a car.”
が言えるかどうかで、議論になっている。

不自然だという人は、これを読んで不自然に思わない人のことが理解できない。
逆に、言えるという人にとっては、これのどこが不自然なのか理解できない。
だから、探せば用例はたくさん出て...続きを読む

Q現在分詞+人 例文: The train was really crowded whth retur

現在分詞+人

例文:

The train was really crowded whth returning workers.

(電車は帰宅する会社員たちでとても込んでいました)

(市橋敬三著『話すための英文法 Step7』P. 168 より)

の形で、

「近所のお祭りは盆踊りを踊る家族連れでとても賑わっていました」

と言いたい場合、

The neighborhood festival was very crowded with dancing family Bon dance.

でよかったでしょうか?

ご教示よろしくお願いします。

Aベストアンサー

with Bon dancing family
とすれば大丈夫です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報