親戚が脳内出血で倒れ1週間がたちます。倒れから意識がなく瞳孔も開いてるため手術も出来ず一般病棟で水分点滴に人工呼吸器をしてもらってます。
脳内出血でも、詳しくがわからず、どこから出血してるのかとかは私にはわかりません。
ただ奇跡を願ぅしかないのもわかってます。
脳内出血で手術ができず瞳孔も閉じず時間だけが過ぎていくのは、出血が続いているのでしょうか?奇跡がない限り出血は止まらないのでしょうか?
出血した血が脳にたまっていくと、どうなっていくのでしょうか?
尿が出なくなったと聞きました。人間の体のしくみは全くわかりません。尿が出なくなったことはどういう事でしょうか?
このままいき続けることはできないのでしょうか?
どうか、詳しくわかる方、教えてくださぃ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

前の方が最良の場合を書かれていますので、私は最悪の場合を書かせて貰います。



過去に、脳出血で看取った者としては、瞳孔も開いて尿が出なくなったことは
死が近いことを示していると思います。
尿の色も赤茶色ではないでしょうか。

残酷ですが、死を受け入れる覚悟をされた方が良いです。

今は人工呼吸と患者様の生きたいという強い意志だけで心臓が動いている状態
だと思います。

もし奇跡が起きたとしても、植物状態でしょう。

因みに、出血は入院して最初の数日で、止血剤を点滴しているので止まっています。
溜まった血液は徐々に体内に吸収されていくようです。
手術しなかったのは、点滴で止血できた為です。
ただし、吸収された血液のところにあった元々の脳は傷ついたままで
障害が残ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
覚悟はしてある半面、奇跡を信じたい気持ちがあり…
尿が出なくなったと、聞いても、どうなっていくの?って…わからなぃ事が多く…

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/17 11:10

ANo.1のmuchonです



nico18 さんのご親戚の方の症状が私が想像していた以上に思わしくないのに軽率な書き込み申し訳御座いませんでした。
少しでも光を見出していただければと思って書き込ませていただいておりました。

脳という人体の全てを統括している所の為に目に見えない恐怖・不安は痛い程わかります、心よりご親戚の方の回復と健康を願っております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々回答ありがとうございます。

無念ですが、今朝亡くなったと連絡が入りました。
でも今回こういった形で励まされ、大変うれしく思っています。

muchonさんの出してくれた光はありがたぃ気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/04/17 11:17

こんにちは、ご親戚の方が脳内出血で倒れられ心配だと思われます。


医療関係の人間ではないので詳しくはありませんが、僕自身が2~3ヶ月前まで脳挫傷が原因で脳内出血・脳室内出血をともなって入院しておりました。

その時の経験だけですが、僕自身最初の1週間程は流動食で意識も無かったそうです。
脳内の出血ですがあまりにも溜まり過ぎたときは頭を開き血液を外に出す必要があるようです、しかし基本的には人体に吸収されるので基本的には脳部の手術はしません。
(心配でしょうが手術されない方が喜ばしい事です。裏を返せば手術する必要が無いですから。)
基本的には脳外では安静療法とリハビリです。

意識が出てきたのも入院2週間目に入ってからです、と言っても思い出すと断片的で夢の中を動いているような感じでしたので最初に親戚の方が意識を取り戻しても全く記憶力が無い状態だと思われます。

尿が出なくなった事に関しては存じ上げますが、瞳孔はnico18さんのおっしゃる通り最初は動きがかなり鈍いです。
また脳ですと場所によると言語障害や記憶障害など様々な障害が最初は確実に出ます。

断定的に確実に出ますと書きましたが、あくまでも~最初~です。
ただ重度ですと後遺症も残るようです、また高次脳機能障害といった気づきにくい障害も残る可能性もあります。
患者さん・ご家族・友人の頑張りがあればきっと後遺症も出ないと思います。もし残っても努力次第によりカバーできるようになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。脳内出血っと言っても色々とあるようで、病院からは時間の問題もあるので覚悟を…と言われましたが、1%でも生きれる可能性を信じたくて…
自分なりに調べたりしていました。
こういった形ですぐに回答があり、教わる事ができて本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/04/16 23:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脳出血の後遺症のリハビリについて

脳出血の後遺症で、左半身麻痺となり、5年目の63歳の女性です。

この5年間、週1~2回程度、施設に通ってリハビリはしてきましたが、全く回復していません。

回復する見込みはあるのでしょうか。

また、神奈川県内にて、良いリハビリ施設や病院等がありましたら、ぜひご紹介ください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

脳出血後遺症は,お辛いことと思います.

リハビリテーションを行っても,「回復」しないとのことですが,脳卒中のリハビリテーションとは,「現在残されている機能を低下させずに,さらに日常生活動作を改善させる」ことを目的とするものです.つまり,病気を「治す」のではなく,いかに日常動作をいわゆる「健常人」に近づけるかを目的にしています.

また,脳出血後にすでに5年が経過しており,ここからの飛躍的な症状の改善は困難と思われます.

リハビリテーションを続けることによって,身体機能の維持が期待できますので,今まで通りにお続けください.

Q瞳孔が開くとは?排菌状態と保菌の違い。血圧について

こんばんわ。
介護施設に働くものです。いくつか質問させてください。
(1)“瞳孔が開いています(死亡時)”とよく聞きますが、“瞳孔が開いている”とはどういうことですか?ちらっと聞いたのですが、目は開いているんだけども目の前で手を振りかざしたりしても全く反応が無い状況と考えても良いのでしょうか?

(2)私の施設では感染症で排菌状態の方は受け入れが難しいのですが、排菌状態のある方と保菌者“感染症を持っている方”とはどう違うのですか?

(3)ターミナルを迎えた方でバイタルを計るたびに、“血圧が異常に高い”とか“血圧が急低下している”とよく話すのですが、“では高すぎると何なのか?急低下している(低くなっている)と何なのか”がよく理解できていません。教えて下さい。

よろい区お願いします。

Aベストアンサー

(1)瞳孔は目に入る光の量を調節するもので、カメラの絞りの役割を果たします。光が当たると収縮し、暗い場所では散大(=いわゆる”開いている”状態)します。この反射は自律神経系によるもので、意識のない人の場合でも目にライトを当てれば瞳孔は収縮します。そのため、この反射の有無が死亡診断の指標の一つとして扱われています。(反射が見られない場合でも生存しているということはあります。)

(2)保菌状態というのは発症の有無に関わらず体内に菌を有している状態のことで、菌が体内に入ってから数を増やして発症に至るまでの潜伏期間なども含みます。これに対し排菌状態とは既に本人が発症しており、更に体外へ菌を出している(咳き・くしゃみ・鼻水・痰など)状態のことを言います。保菌状態では必ずしも他人への感染性はありませんが、排菌状態は感染性を有し、病気の種類によっては隔離が必要となります。特に介護施設など抵抗力の弱い方が多い施設では受け入れは困難でしょう。

(3)血圧は自律神経系の働きによって常に活動状態に合わせて調節されています。体にとって必要な圧より高ければ血管に負担がかかり、血管が脆くなっている場合などでは出血が起こることもあります。また必要な圧より低いということは十分な量の血液が送られていないということで、血流が滞れば血栓などが出来ることもあります。ただ、ターミナルの際の血圧異常は高すぎるから・低すぎるからどうというよりは、体が正しい状態を維持出来なくなっていることの表れだと考えて頂くのが良いかと思います。

(1)瞳孔は目に入る光の量を調節するもので、カメラの絞りの役割を果たします。光が当たると収縮し、暗い場所では散大(=いわゆる”開いている”状態)します。この反射は自律神経系によるもので、意識のない人の場合でも目にライトを当てれば瞳孔は収縮します。そのため、この反射の有無が死亡診断の指標の一つとして扱われています。(反射が見られない場合でも生存しているということはあります。)

(2)保菌状態というのは発症の有無に関わらず体内に菌を有している状態のことで、菌が体内に入ってから数...続きを読む

Q脳出血の後遺症改善の為

脳出血が発症して1年になります。6ヶ月の入院後現在は
通院にてリハビリしています。
しかしリハビリしているリハビリセンターの先生は整形外科が主で理学療法士に任せきりでたまに診察しても、何かありますか。・・と言うだけ。 理学療法士も一人で通院している為、安心しているのか、もう5ヶ月も会ってもいないし放置状態。
発症直後は脳神経外科の先生とも関係はありましたがリハビリ開始後は殆ど無関係状態。
脳出血の場所によっては運動機能だけでなく、めまい等の
後遺症もあります。ネットには脳血流改善薬によりめまい等に効果がある薬もあるみたいですが、今のままでは、そんな薬もすすめてくれる先生も居ません。
治るのは難しいのはわかりますが、少しでも改善できれば良いなと思います。脳に障害があると何でも脳のせいにしてしまい改善できるチャンスも無くしてしまうのかと考えます。再度、脳神経外科の先生に相談したほうがいいのでしょうか。専門的なご意見下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も4年半年前に脳出血を発病し現在は右半身麻痺の後遺障害が残りました。
No1の方も回答されてますがリハビリと脳神神経医はあまり関係がないようです。ただし月一回の診察は受けてますが。麻痺改善はセラピストと相談され最善のリハビリを受けられたら。私も現在は週二回、PT・OTを受けてますが気長に地道にリハビリを受けられる事をお勧めします。

Q脳内出血について

父親が交通事故にあってしまい、とても心配な毎日を過ごしています。意識はあるのですが頭を打っているため(肩から車に衝突し、車のミラーに顔の正面を強打したようです。)
脳内出血が心配です。CTスキャンは行ったのですがまだ結果は出ていません。
事故1カ月後に実は微量の脳内出血があり死亡したという話を聞いたことがあります。
本人も左手がしびれると言っているのでとても心配です。
専門家の方、アドバイスのほど宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

頭を打った後、1ケ月、あるいはそれ以上の日にちが経ってから症状が出てくる「慢性硬膜下血腫」という病気があります。診断はCTスキャンでされます。

この場合、手術で治療されますが(比較的安全な手術のようです)完治します。

知っている人でこの病気になった人が2人います。2人も後遺症は全然なく元気です。

お父様が早くよくなられることをお祈りいたします。

Q脳出血後遺症上肢不自由の著しい障害(三級)で日常生活はどの位の機能障害なのか?。

脳出血後遺症上肢不自由の著しい障害(三級)で日常生活はどの位の機能障害なのか?。

Aベストアンサー

身体障害者手帳の肢体不自由(上肢)の3級でいう「一上肢の機能の著しい障害」とは、以下のような状態であると定義されています。

◯ にぎる、つかむ、なでる、物を持ちあげる、運ぶ、投げる、押す、引っ張る、ひもを結ぶ・ほどく、物をつまむ、箸を使う などの細かい操作がほぼできない
◯ 患側(障害のある側)では5キロ以内の物しか下げられない(手指で握る/肘で吊り下げる)
◯ 肩関節・肘関節・手関節のうち、どれか2関節の全廃
(具体例)全廃=関節可動域や筋力がほぼない状態[所定の測定方法によって診査]

根拠は、国の通達「身体障害者障害程度等級表の解説(身体障害認定基準)について」。
厚生労働省 社会・援護局 障害保健福祉部長通知(平成15年1月10日付け)です。
身体障害認定基準・認定要領・疑義解釈としてワンセットになっていて、細かく決められています。
http://www.chuohoki.co.jp/products/act/5411/ で専門の解説書も発売されています。

また、障害年金でいう肢体不自由(上肢)の基準・内容・認定方法は、上記とは全く異なります。
身体障害者手帳の等級とも、全く関係がありません(連動もしません)。
障害年金では国の通達「国民年金・厚生年金保険 障害認定基準」が根拠になっているからです。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/shougainenkin/ninteikijun/20140604.html から見れます。

身体障害者手帳の肢体不自由(上肢)の3級でいう「一上肢の機能の著しい障害」とは、以下のような状態であると定義されています。

◯ にぎる、つかむ、なでる、物を持ちあげる、運ぶ、投げる、押す、引っ張る、ひもを結ぶ・ほどく、物をつまむ、箸を使う などの細かい操作がほぼできない
◯ 患側(障害のある側)では5キロ以内の物しか下げられない(手指で握る/肘で吊り下げる)
◯ 肩関節・肘関節・手関節のうち、どれか2関節の全廃
(具体例)全廃=関節可動域や筋力がほぼない状態[所定の測定方法によっ...続きを読む

Q脳内出血による認知症?

先週11月12日の木曜早朝に72歳の母が倒れ脳内出血と診断されまし。幸い倒れた直後から意識もあり弱弱しくはありますが、家族とも会話が出来ました。
 左の脳からの出血ということで右手足に力が入りません。金曜に母に救急病棟で面会した際は、感覚はあると言いかすかに動かせる程度でした。土曜に一般病棟の個室に移りました。小さな声ですが会話もでき右手足も少し前日より動いてきている感じでした。
 昨日の日曜に兄が11時くらいに面会に行った時は、いびきをかいて寝ていて声をかけて話しかけたら呆けたようなことをあれこれ言ったようです。その後2時過ぎに私が娘と面会に行きました。顔つきも良くなっており右手足も曲げることもでき、会話にも力が入ってきたり笑顔も見られ順調に回復してきているようで嬉しく感じました。食事も右手でも自分で食べられるし、右足も動くよと言いました。で、「午前中に兄が面会に来たでしょう?」と言ったら「来ていない。」と言いました。おかしいなぁ、、とは思いましたが、直前まで寝ていたとの事で兄が来た時は寝ぼけていたのかな?と思いました。
 その後、夕方6時くらいに今度は姉が面会に行き、「今日、お昼過ぎに妹が来たでしょう?」と聞いたら「来ていない。。。」と言ったというのです。過去や未来の話に関してはだいたい会話がつながるのですが、、どうやら数時間前の記憶がおかしいようです。面会の後、姉が看護師さんから話を聞くと、一般病棟の個室に移って環境が変わったためか一時期興奮状態だったこと、誰もいない時は寝てばかりいてテレビを観こともなく、食事も左手でスプーンで食べたり介助してもらって食べているそうです。
 右手足が以前と同じように動かせるまではいかなくてもベッドの上で膝も曲げたり右手の指も少し動かせていたので、、今後回復は見込めるでしょうか?それから数時間前の記憶がはっきりしていないことは、一時的なものなのでしょうか?
 まだ発症、入院して一週間もしていないのに娘としては心配でなりません。私が住む場所からは、車や電車で1時間半くらいかかる所に母は住んでいて入院しています。現在高齢の父は一人で生活になりますが、徒歩5分ほどの所に住む兄夫婦が時々食事等の世話をしてくれるとは言っています。主人は単身赴任中で中高生の息子娘がいますが、出来るだけ両親の世話を姉とも交互にしてあげたいと思っています。(姉も車で一時間半ほど離れた所に住んでいます。)
 何でも良いです。同じような経験をされた方や私たち家族の心構えや母への接し方など、、アドバイスなど下さい。

先週11月12日の木曜早朝に72歳の母が倒れ脳内出血と診断されまし。幸い倒れた直後から意識もあり弱弱しくはありますが、家族とも会話が出来ました。
 左の脳からの出血ということで右手足に力が入りません。金曜に母に救急病棟で面会した際は、感覚はあると言いかすかに動かせる程度でした。土曜に一般病棟の個室に移りました。小さな声ですが会話もでき右手足も少し前日より動いてきている感じでした。
 昨日の日曜に兄が11時くらいに面会に行った時は、いびきをかいて寝ていて声をかけて話しかけたら呆けた...続きを読む

Aベストアンサー

>今後回復は見込めるでしょうか?それから数時間前の記憶がはっきりしていないことは、一時的なものなのでしょうか?

 11月12日に脳内出血ということで、まだ発症からあまり日数が経過していないのと、左のどこの脳の部分がどのくらいの規模で出血したかなどによって、症状が全く違いますので回答は難しいと思います。時間の経過にて出血による脳の一時的な腫れなども引けてきたりと症状がまだ変化することもあるので、不安が部分などがありましたら主治医に病状についてや今後の見通しについてお聞きするのもひとつだと思います。
 
 物忘れなどの原因は全ては脳内出血によるものとは断定できず、環境の変化などでも発症したり進行することがありますので、何とも言えませんが、この度の脳内出血のために入院したことがキッカケになったのは間違いないと思います。(もしかしたら一時的なものかもしれませんが…)ただ、これが認知症の入り口だとしたら…。周りに認知症の方がいらっしゃらなければ、最初は戸惑うことばかりだと思います。認知症という病気のために忘れてしまったり、同じことを何回も聞いてしまったりしますが、そのことをわかっていながら「何回も言っているでしょ!」と思ってしまうかもしれません。色々考えてしまう部分はあると思います。不安は大きいと思います。これが、一時的なもので考えすぎだったという結果になれば、それにこしたことはないと思いますが、主介護者:家族としては、今後を見据えていく上で、底辺の部分(楽観的な部分だけでなく、一番最悪な事態を想定していくことで、今からどうしていけば良いだろうと道筋がみえることがあったり、現実を徐々に受け入れることができたりします)を踏まえて考えていかなければならないのが現状だと思います。例えば、これからの退院について。すぐ、退院して元通りの生活をすることが出来るのか、また、その方法が良いのか、それとも、回復期や療養型の病院に転院してリハビリをしながら、同時に本人の状態を把握しつつ今後のことを考えていくのか。介護保険サービスを利用しながら生活していくのか、同居しながら生活するのか、施設入所を考えるのか、など…。
考えれば考えるほど、ストレスも溜まってくると思います。「何でこんなことになったんだろう」って思うと思います。厳しいことばかり書いてすいません。

>出来るだけ両親の世話を姉とも交互にしてあげたいと思っています

という想いがあるとのことだったので、今からこういう心構えでないと、質問者様もストレスで倒れてしまうと思い、逆に厳しく書かせて頂きました。

残念ながら、認知症という病気は完全に治る病気ではなく、スピードは個人差がありますが、必ず進行していきます。本人の話を否定したりすると、ますます進行します。ご本人様と接する上で、否定はあまりしないほうが良いと思います。質問様も全てを一気に背負うことはありません。ゆっくり心に余裕を持っていただければと思います。長文失礼致しました。

>今後回復は見込めるでしょうか?それから数時間前の記憶がはっきりしていないことは、一時的なものなのでしょうか?

 11月12日に脳内出血ということで、まだ発症からあまり日数が経過していないのと、左のどこの脳の部分がどのくらいの規模で出血したかなどによって、症状が全く違いますので回答は難しいと思います。時間の経過にて出血による脳の一時的な腫れなども引けてきたりと症状がまだ変化することもあるので、不安が部分などがありましたら主治医に病状についてや今後の見通しについてお聞きするの...続きを読む

Q脳出血の後遺症について

母(78歳)が3年前に脳出血で倒れ、発症1年後ぐらいから常に目まいがする状態となり大変困っています。病院からは後遺症であり、「うまく付き合っていくしかない」と言われていますが、何か良い治療法や病院等は無いでしょうか? その他の後遺症は左半身麻痺と言語障害があり、歩行が出来ない状況です。

Aベストアンサー

我が家でも脳梗塞で現在リハビリ中のものもおりますが、大変ですよね!

>歩行が出来ない状況です。
リハビリが出来ない状態なのでしょうか・・・?

どちらにお住まいか分かりませんが、以下の参考URLは関連回答がありますが参考になりますでしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=83980

Q脳内出血について相談にのって下さい

脳内出血で母が倒れました(2月18日)。出血は約3cmで左側だったので右の手足が麻痺しています。顔色は当時より現在の方が良くなったねと言われますが、麻痺に関しては18日からするとやや悪くなっているように思います。また、言葉に関しては当時からするとしゃべるようになったと思えますが記憶がいまいちはっきりしません。おかしなことを話したりもします。以下にて質問させて下さい。
(1)右足の感覚は有りそうです。感触はあると言っています。以前は反応(くすぐると動いていました)でしたが先日は自分の力で少し動かしました。ここ2、3日は動きません。右手はほとんど動きません。皆様の経験上、麻痺は治りそうですか(一般論、統計上でも可)?答えにくいと思いますが宜しく御願いします。
(2)言葉は聞き取れる程度は話します。周りが言っている事も分かっています(うなずいたりはします)。最近は「誰かがそこに寝ている」とか、「ここはどこ?」とかおかしなことを言うようになりました。初めは全くそんなことはなかったのですが…。皆様の経験上、一時的な記憶障害やよくある一過性の現象でしょうか、答えにくいと思いますが宜しく御願いします。

短い文章からは理解できないかもしれませんが専門的な知識のある方などに回答して頂けると有り難いです。

脳内出血で母が倒れました(2月18日)。出血は約3cmで左側だったので右の手足が麻痺しています。顔色は当時より現在の方が良くなったねと言われますが、麻痺に関しては18日からするとやや悪くなっているように思います。また、言葉に関しては当時からするとしゃべるようになったと思えますが記憶がいまいちはっきりしません。おかしなことを話したりもします。以下にて質問させて下さい。
(1)右足の感覚は有りそうです。感触はあると言っています。以前は反応(くすぐると動いていました)でしたが先日は...続きを読む

Aベストアンサー

 #1で返答させていただきました。
4日にSCU病床から移動したという事は、幻覚は、痴呆というよりは、「環境不適応」の可能性がありますね。(現状を見ていないので、断言はできませんが...)環境不適応であれば、あと1週間ぐらいすれば、戻るとは思われます。
 排泄についてですが、床上で排泄する事はかなりの羞恥心があり、なかなか出来ないのが現実です。ましてや、倒れる前まで72歳で仕事をされていたとなると、羞恥心だけでなく、プライドもあると思います。
ただ、3週間程度たつと思うので、安静度的には、そろそろ車椅子にのってトイレには行けると思います。トイレに行けないか、医師もしくは看護師に相談してみてはどうでしょうか?
 3日に頭が痛いと言っている事、麻痺症状の進行を考えると、再出血の可能性もあります。再度CT(フォローで)を撮っていると思うので、1度医師よりムンテラをしてもらった方が、いいと思います。

 

Q脳出血後の痺れ等の後遺症について

父(現在62歳)が一年前に脳出血(左脳の視床下部近く)を発症しました。
幸い、発症直後は後遺症がほとんどなく(感じてなく)、少し右足裏に
違和感を感じる程度でした。
しかし、ほぼ2ヵ月後に、右半身に痺れ等を感じるようになりました。
(お腹の痺れ、右足がどーんとした感じなど)

血圧は血圧降下剤の服用の効果もあり、とても安定しています。

それとは裏腹に、父はどんどん痺れがひどくなってくると感じて
います。
特に寒くなったり(冷房の中等)、ずっと座っていたりしていた状態で
ひどくなるようです。

最近は、「後遺症だから仕方がない、時間がたてばもう少し楽になる」と父は
思うようにしているのですが、どんどん痺れをひどく感じるようになっており、
見ているととても辛く感じます。
また、痺れがひどいときは、家族や周りへの八つ当たりも出てきてしまいます。
‘なんとかしてあげたい’、という気持ちでいっぱいです。

そこで、ご経験者や専門家の方々に下記の件をお教えいただければ幸いに思います。

(1)上記のような経過や症状は一般的なのでしょうか?
 (発症直後は感じなかった痺れは、今後ひどくなっていくものなのかどうか)

(2)何かしびれを改善する方法はございますでしょうか?

(3)家族としてどのように接していけばいいのでしょうか?

大変お手数ではございますが、どうぞお教えいただけると幸いです。

よろしくお願い致します。

父(現在62歳)が一年前に脳出血(左脳の視床下部近く)を発症しました。
幸い、発症直後は後遺症がほとんどなく(感じてなく)、少し右足裏に
違和感を感じる程度でした。
しかし、ほぼ2ヵ月後に、右半身に痺れ等を感じるようになりました。
(お腹の痺れ、右足がどーんとした感じなど)

血圧は血圧降下剤の服用の効果もあり、とても安定しています。

それとは裏腹に、父はどんどん痺れがひどくなってくると感じて
います。
特に寒くなったり(冷房の中等)、ずっと座っていたりしていた状態で
ひどくなるよう...続きを読む

Aベストアンサー

◆神様の大豪院です。ご質問ありがとうございます。

(1)上記のような経過や症状は一般的なのでしょうか?
一般的です。視床下部(?)近くということだといずれにせよ視床に障害があったことと思います。視床の障害は脳が修復段階に入ってくると痺れが出現するのが特徴です。特に脳出血で生じやすいものです。

「視床は感覚を伝える中継点だから、そこがやられると後遺症として痺れが出る」と知ったかぶりの説明をする医者がいますがマチガイです。
視床が障害されると出てくる後遺症は感覚麻痺であって、痺れではありません。この痺れは、感覚を伝える神経細胞の周りにある細胞が、壊れた細胞を修復しようとして過剰な神経放電をおこしてしまい生じるものです。ですので、脳が自分を治そうとすればするほど出てくるのです。だからやっかいです。

視床付近が脳出血を生じた時、後から出現する痺れを予防するためにいくつかの予防的治療を行うのですが、日本では、上記にような痺れのメカニズムさえ理解していない医者が多いので、痺れが出る前に予防的措置がとられることは極めて稀です。

何もしなければ、だいたい脳出血の1年後くらいまでは、痺れはひどくなっていきます。繰り返して言いますが、後遺症ではなく、脳は自分を直そうとするための反応だからです。

(2)何かしびれを改善する方法はございますでしょうか?
主治医に言って「安定剤」の種類の薬を処方してもらいつつ、理学療法のうち電気刺激療法など、痺れの今後の増加を食い止めるような処置を考えてもらうことです。既に1年を経過していますので、効果は限定的かもしれません。

(3)家族としてどのように接していけばいいのでしょうか?
少なくとも「痺れを気にする」ことが非常によくないのです。運動の障害が少なければ、どんどん運動をして麻痺側をどんどん使い痺れを無視するトレーニングを積むことです。
本人も周りも「痺れているから」といたわることは、全く逆効果です。いずれにせよ「立ち向かう」という積極的姿勢が無いと改善していきません。

「痺れる痺れる・・・。後遺症だから・・・。」と言い続けて何もせず、できることもしなくなって過ごしてしまうパターンが非常に多いのも事実なのです。

◆神様の大豪院です。ご質問ありがとうございます。

(1)上記のような経過や症状は一般的なのでしょうか?
一般的です。視床下部(?)近くということだといずれにせよ視床に障害があったことと思います。視床の障害は脳が修復段階に入ってくると痺れが出現するのが特徴です。特に脳出血で生じやすいものです。

「視床は感覚を伝える中継点だから、そこがやられると後遺症として痺れが出る」と知ったかぶりの説明をする医者がいますがマチガイです。
視床が障害されると出てくる後遺症は感覚麻痺であって、...続きを読む

Q脳内出血ならびに急性水頭症へ対する神経内視鏡手術の適応について

父の危篤につき何卒ご助言を賜りたく憚りつつ書き込ませて頂きます。
病状は高血圧性の脳室出血による急性水頭症です。
二週間入院しており、現在は開眼と首肯はできますが、四肢はほぼ不随で意識混濁です。
入院直後に頭部ドレナージ手術しましたが、脳室内血腫がチューブ管閉塞しやすく脳室内が膨張し出したため、脊髄ドレナージに切替え、経過観察中です。
主治医によると、シャントに移行する前には脳室内血腫を溶かし出すしかないのですが、さりとて粉末状に溶け出した血腫が脳室内を詰まらせる恐れもあるらしいです。
脳室内にへばり付いた血腫をごっそり掃除できないものなのかググってみると、神経内視鏡手術というものが昨今脚光を浴び、閉塞性水頭症などに適用され得るらしいですが、主治医からの提案は現段階までありません。
父の病状が神経内視鏡の適用外なのか、あるいは神経内視鏡が未設備なのか分かりません。もしくはリスクや費用の問題なのでしょうか。
脳神経外科病院のドクターに対し愚問を差し挟む勇気がありません。
神経内視鏡手術を手広く請け負ってくれる病院を紹介してもらうべきか、現在かかっている脳神経外科病院に信託するべきか刻々と悩んでます。
あるいは父のような水頭症の手術例(神経内視鏡手術でなくとも)や臨床例など、関連情報がございましたら何とぞご提供願い申し上げます。

父の危篤につき何卒ご助言を賜りたく憚りつつ書き込ませて頂きます。
病状は高血圧性の脳室出血による急性水頭症です。
二週間入院しており、現在は開眼と首肯はできますが、四肢はほぼ不随で意識混濁です。
入院直後に頭部ドレナージ手術しましたが、脳室内血腫がチューブ管閉塞しやすく脳室内が膨張し出したため、脊髄ドレナージに切替え、経過観察中です。
主治医によると、シャントに移行する前には脳室内血腫を溶かし出すしかないのですが、さりとて粉末状に溶け出した血腫が脳室内を詰まらせる恐れもあ...続きを読む

Aベストアンサー

 脳神経外科医です。
 実際のCT所見を見ないと断定的なことは言えませんが、現在の状態では神経内視鏡手術の適応は無いと思われます。

 脊髄ドレナージを施行中ということは、現在の状態は閉塞性水頭症ではなく、髄液の吸収障害による非閉塞性水頭症と考えられます。閉塞性水頭症での脊髄ドレナージは脳ヘルニアを起こす危険があり禁忌でしょう。

 神経内視鏡による水頭症手術では主に第3脳室開窓術を行いますが、これは非閉塞性水頭症(髄液の吸収障害)に対しては効果がありません。

 出血の場所や量によっては、神経内視鏡を用いて脳室の血腫を除去することもできなくは無いですが、それがお父様の予後改善に繋がるかどうかは不明です(非閉塞性水頭症ならば血腫を取り除いても水頭症は改善されません)。

 ただ、繰り返しになりますが、以上のことはあくまでもご質問の文章から推察したことにしか過ぎません。なかなか聞きにくいお気持ちも分かりますが、やはり主治医の先生に直接質問されるのが良いと思いますよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング