10年前に新築の家を建てました その時に古い家(平屋と二階建ての家のうち平屋を)取り壊しました
住宅メーカーの寸法ミスのため敷地を2m間違えて大変なことになりました。そのため
古い家の二階建ては階段が外に出ていたため階段を家の中に収めていただきました
またつながっていた平屋と二階建ての切り離しと壁の工事もしていただきました

10年目に太陽光の工事を他社にお願いしようと考えて住宅メーカーに伝えたら
 60年保証はなくなりますと言われました。
びっくりしました そして東日本大震災でしょ 幸い自分のところは何もなかったのですが 古家をいろいろ工事しているので耐震はどうなっているのと聞いてみましたが 住居を想定していないので関係ないような冷たい返事でした。 こんなもんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

60年保証とはなんですか?なにを60年間も保証するといっているのですか。

防水保証も10年ですが。
まず保証内容を確認された方が良いと思います。太陽光 パネル設置をするのだと思いますが。当初はその部分が予定されていないと思いますので、建物にかかる重量も当然重くなると思います。これらは住宅メーカーの責任範囲以外だと思います。
あくまで建物をたてその時点での保証だと思います。
この話の内容だと住宅メーカーの設計施工だと思います。建物位置をまちがえたという記述から。設計屋さんがいれば
当然設計屋さんが確認するわけですから。古家をいろいろ工事しているので耐震はどうなっているのでしょうか
。住宅メーカーさんが工事をなさったのですか。もし住宅メーカーさんが古家の改修工事をしていたのであれば。、
質問者さんはどのようにしたいとつげて古家を改修依頼され工事されたのでしょうか。住宅メーカーが住居を想定していない
ということは、倉庫にでも改修と考えていたのでしょうか。これらは、新築と既存改修と2つの工事になっていると思います。
保証とうはなにかの原因で何かがおきたときの損害を補償するわけですから。工事で引き渡しした状況を変えれば当然保証の対象からはずれると思います。増築や改修や機械(空調)を構造物 建物に乗せた場合も同様だと考えます。
    • good
    • 0

保証には条件が付くのは常識です。


何でもかんでも保証してお金を払わずに直せる保証など住宅業界にはありません。

屋根に釘を打つような工事で雨漏り保証は少なくとも無くなります。
雨漏りが保証できないということは建材が濡れ腐る可能性もあるのですから保証が切れるのが当然です。
それでも保証を続けたければそのビルダーに工事をお願いして再保証をお願いするという形になると思います。よく保証の内容をご確認ください。

古家の方は施工会社に依頼して工事のみして、設計者が入っていなければ耐震について検討したとは思えません。当時そのようなことを検討してもらっていないから今、ご心配なのでしょうから、そういう状態だと思います。

住居だろうがそうでなかろうが建築物なら最低限の耐震は考慮すべきですが、能力の無い業者に依頼したのならそれは考慮されていないということに他なりません。しかし、建築士がいなくても建設業はできますのでそれについて設計モラルの低いことを問えるような状況かどうかは住宅メーカーのどの部門が工事を請けたかによっては難しいこともあります。

残念ですがメーカーの能力やモラルの低いところだったのでしょう。
心配であれば耐震診断を依頼してください。
    • good
    • 0

採寸ミスってあるのですね。

信じられません。

最近、住宅メーカーを見学のため渡り歩いていますが、
平気でウソもいうし、わからないことは誤魔化すし、
最後はお客を平気で否定します。
洗脳しようとするんですよね。

今の感想は、住宅の営業マンに限らず、営業マンって何かを売る仕事で、
物はなんでもかまわないのかなぁ、といった感じです。

60年保証はなくなります、や、冷たい返事は、
いわれたほうは、傷つきますよね。
そんなこと平気なのが、営業マンかもしれません。

60年保証っていったいなんでしょう?
何かあったら、本当に無料で直してくれるのでしょうか?

私なら、60年保証はあきらめて、個人や小さい地元の工務店に
変えます。それなら太陽光も好きにできるでしょう。
耐震も、地元の大工さんに相談するのもいいかもしれません。
営業マンは、古い家を存続させるのに、興味なしでしょう。

施工する人に直接注文が一番です。
問題が起こりにくいです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q冷たいラーメン

コンビニの冷たいラーメンが大好きなのですが、
冷たいにもかかわらず、油が白く固まってません。
調整的なものですよね? あまり食べ続けないほうがいいかも??

Aベストアンサー

(コンビニの物がどうだかまで知りませんが)冷やしラーメンは全般的に「冷えると固まる動物性脂ではなく、植物性脂を使用」してます。
むしろ健康的かも。

Q二階建てを平屋に減築

初めて投稿させていただきます。
築50年の二階建て木造住宅に住んでおりますが、
この家を新築or改築or減築で悩んでおります。
愛着のある家ですのでリフォームをしてなんとか
残したいとの考えから物置としか使っていない
二階部分を減築し平屋建てにして一階部をリフォーム
しようかと思いつきました。
一階部分は35坪、二階は18坪です。
この二階部分を取り払い、その材料で平屋部の屋根を
作ってもらった場合、この工事に掛かる費用は
どの位でしょうか?
また平屋建てになったことから、地震の際の倒壊の
危険性もかなり軽減されるものなのでしょうか?
(基礎部は全く触らないものとした場合です)
なかなか上手く文章がまとまりませんが、
どうか宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

「また平屋建てになったことから、地震の際の倒壊の危険性もかなり軽減されるものなのでしょうか?(基礎部は全く触らないものとした場合です)」
についてですが、「かなり」とは言えません。「ある程度は」とか「幾分は」との表現になるかと思われます。

築50年とのことで、基礎と土台、土台と柱の接合強度の不足による倒壊が想定されますが、これを解消するには、基礎部をかなり大がかりに改修しなければなりません。
2階を無くすことにより、上部荷重が減少するのは確かですので、安全側に働くことは明かですが、改善の度合いは、かなり限定されたものとなると思われます。
特に、瓦葺きなどで屋根が重たい場合などは、階数減のわりに重量が減少せず、危険性は残ったままとなることも考えられます。

実際には現状を確認しなければ解りませんが、築50年で有れば、一般的に、基礎の構造、土台や柱の取付、筋交いの量などの有りとあらゆる部分で、危険な箇所があるのが通常で、現行の耐震性能までアップさせるのは、かなり難しい、減築も有るのならば、いっそのこと建て替えた方が安い、なんてことも考えられます。
現行の耐震性能までは至らなくても、いくらかでも耐震性能が向上すればよい、と言うので有れば、方法はいろいろと考えられます(現状に併せて選択することとなります)が、基礎の改修は、必須と思われます。

経費については、なんとも言えませんが、減築に限って言えば、坪20万円で18坪で360万円、プラスマイナス25%くらいかと想像します。

「また平屋建てになったことから、地震の際の倒壊の危険性もかなり軽減されるものなのでしょうか?(基礎部は全く触らないものとした場合です)」
についてですが、「かなり」とは言えません。「ある程度は」とか「幾分は」との表現になるかと思われます。

築50年とのことで、基礎と土台、土台と柱の接合強度の不足による倒壊が想定されますが、これを解消するには、基礎部をかなり大がかりに改修しなければなりません。
2階を無くすことにより、上部荷重が減少するのは確かですので、安全側に働くことは...続きを読む

Q冷たいパスタの作り方

日本全国、猛暑続きで 冷たいものが恋しい季節ですね。
さて、ラーメンも冷たいバージョンがあるように、パスタでも冷たいバージョンを作りたいと思います。でも、単に ナポリタンやカルボナーラを冷やしても ただの 冷めたパスタです。
そこで、冷やして美味しいパスタの作り方をご伝授ください。

Aベストアンサー

細めのパスタで 少し長目に茹でましょう 
少し油を垂らし混ぜましょう(料理に合う油を使う)ひっつき防止
後は好きな味にするだけです
大根卸しにオクラや山芋角切りを混ぜ和風ドレッシングで食べても美味しいです
以外と美味しいのは具材を乗せ胡麻ドレッシングで冷麺風
イタリアンサラダ乗せ
貝割れとマクロやエビ 鰹節を振りかけポン酢風味
マヨネーズサラダも美味しいです
試して下さい。

Q平屋から二階建てへの改築

木造軸組工法で12坪ほどの小さな平屋をまず新築し、将来必要になれば、二階建てに改築することを検討しています。

この場合、平屋を新築する時、通常の平屋より強固な基礎や構造が必要になるでしょうか?

強固な基礎や構造が特に必要でない場合、二階建てに改築するとして、どのように建物全体の強度を確保するのでしょうか?

Aベストアンサー

明けましておめでとうございます!
将来二階建てにするのであるなら、基礎および一階部分を二階建てに対応した構造にしておく必要があります。
基礎は、二階建てに適応した鉄筋コンクリート造の布基礎またはベタ基礎にしておく必要があります。
上屋の一階は、建築基準法施行令第46条の規定に従って、構造耐力上必要な軸組計算をおこなう際に、二階建の一階部分として設計して耐力壁を多く入れておく必要があります。
将来総二階建てになるかもしれないので総二階になるものとして耐力壁多く入れておけば一応安全です。
よく業者さんの設計屋さんと打合せをしてください。

Qうどんは冷たいのと温かいのどっちが好き?

蕎麦は圧倒的に冷たいざる蕎麦ですし、ラーメンは温かいスープが中心ですよね?
うどんは全国的にどちらに傾くのかわかりません。
私は温かいうどんで釜から揚げたての麺にそのまま、かけ出しをかけた「釜かけ」が好き
なのですが、皆様はいかがでしょうか?
できたら好きなメニューや食べ方など教えてくださいね。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メニューごとに評価してみました。

きつねうどん:★★★
もう、これ抜きでうどんはありえません。
初めて訪れるうどん屋では、まずきつねの味を確かめるほどの用心深さです。

カレーうどん:★★★
冬の寒い日によく注文するのがこれです。
香辛料の作用で体のなかからポカポカしてくるような気がします。

ケイラン(鶏卵)うどん:★★☆
細かな溶き玉子が混じったダシのあんかけうどん。苦すぎない程度のおろし生姜のトッピングがポイント。
あっさり味が好きな関西人にはウケます。
カレーうどんと同じく、これも生姜の作用で暖まります。

なべやきうどん:★☆☆
間違いなく旨いのだが、豪華な具材のせいで麺が脇役になってしまっている気がしないでもない。
鉄鍋あるいは土鍋が熱すぎて、食べにくいのが若干のマイナス評価。
かやくうどんがメニューにあれば、そちらを頼むところです。
似たものに、すきやきの〆に煮込んで食べるウドンスキがありますが、これはこれで好きです。

天ぷらうどん:☆☆☆
どの店もコロモで太らせた巨大なエビ天が乗っていますが、これだけはいただけません。
天ぷらが好きなら、盛り合わせを別に注文してから食べるのがよろしい。
そのほうがうどんのダシ本来の味が楽しめますし、天ぷらもサクサク感を損なわずにおいしくいただけます。
一緒にしてしまうと、天ぷらはベチョベチョ、ダシは油でギトギト。双方が台無しになってしまうんです。

ぶっかけうどん:★★★
そばつゆで食べる冷やしうどん。
急いでいるときはこれに限りますね。
ざる蕎麦や素麺と比べて、麺が太いぶん食べ応えがあるように思います。
ザルうどんとは、冷えたどんぶりに入っているかザルに乗っているかの違いだけなんですけど、ザルは時間の経過とともに乾いてパサパサになってくるのが欠点。とくに夏季の店内は冷房が効いているでしょ?その影響もあると思うんですけど、乾きやすいんですよねぇザルは…。

『釜かけ』のスタイルで食べたことはまだないです。

メニューごとに評価してみました。

きつねうどん:★★★
もう、これ抜きでうどんはありえません。
初めて訪れるうどん屋では、まずきつねの味を確かめるほどの用心深さです。

カレーうどん:★★★
冬の寒い日によく注文するのがこれです。
香辛料の作用で体のなかからポカポカしてくるような気がします。

ケイラン(鶏卵)うどん:★★☆
細かな溶き玉子が混じったダシのあんかけうどん。苦すぎない程度のおろし生姜のトッピングがポイント。
あっさり味が好きな関西人にはウケます。
カレーうどんと同じく、これも生...続きを読む

Q二階建てより平屋のほうが高い?

タイトルのとおりですが,よくこういう風に聞くのですが,本当ですか?それはなぜですか?

主人の定年後に,今祖母の住んでる田舎にもどる予定なんですが,30年後の話なので現在の祖母の家を建て替えしないといけないと思います。老後なんで平屋でいいかって思ってたのですが,逆に費用が高いって聞いたもので・・・。

Aベストアンサー

一般に坪単価という言葉を使いますが、色々な坪単価の取り方がありますが、概略費用の判断をする時は大半が「(総工事費)/(延べ床面積)」で計算して坪単価を言います。

その時に、一般の構造部分や仕上げの費用は、一階建てでも二階建てでも大きな差はありませんが、基礎と屋根の費用については、一階建ての場合は全ての床面積を分母として計算されますが、二階建ての場合は一階の床面積分だけでまかなう考え方となります。
従って、二階建ての方が、基礎・屋根部分の坪単価が二階の床面積分だけ薄められて計算上は割安になるということです。

田舎で十分な土地の広さがあるのであれば、年をとってからは平屋の方が住みやすいと思いますよ。
二階建てにするのであれば、ホームエレベータ等を考えてコスト比較をされておく方が良いと思います。

Q温かくても食べられそうな「冷たい食べ物」って?、冷たくても食べられそうな「温かい食べ物」って?

さて、冷たい食べ物は冷たいまま食べたいですね!
でも温かくなって出てきたらどうしましょうか?
温かくても食べられそうな「冷たい食べ物」って何でしょうか?

逆に温かい食べ物は温かいまま食べたいですね!
同じく冷たくなって出てきたらどうしましょうか?
冷たくても食べられそうな「温かい食べ物」って何でしょうか?

Aベストアンサー

冷やしおでん、うまいっす。
おすすめ!

Q木造の平屋建てと二階建ての費用差?

木造の平屋建てと二階建ての費用差?

農村地帯の広めの土地に一戸建て住宅の建築を計画しています。
階段の無い平屋建てを希望しているのですが、「平屋建は高くつくよ」と伺いしました。
なんでも「床面積に対して基礎と屋根が大きくなるから」だそうです。
一方、平屋建てに二階を増築するケースを読んでいたら、「二階建てには平屋建てよりも強靭な基礎や梁、耐力壁が必要なので、、、」と、平屋建ての費用の安さを示唆する専門家のアドバイスがありました。

40坪の住宅を平屋建てで建築するのと「30坪の1階+10坪の2階」ではどちらが費用がかかるのでしょうか?
同じ仕様で、現在の建築基準法の最低限を守り、かつ次世代省エネ仕様にしたいと思います。
2階建てでは階段部分のスペースが必要悪となりますので、100万円以内の差ならば平屋建てがよいです。

費用面以外で、維持費とか耐久性とか将来の増改築の可能性などの面で、実際の建築に携わっている大工さん、棟梁さんなどのアドバイもいただればありがたいです。

Aベストアンサー

費用の話は、実際、見積をしてみないと難しいと思いますが、
平屋を望み、平屋を建てる敷地があるなら、平屋にすべきだと思います。
2階プランも総2階建てでないので、差額も感じられない程度と思います。

Qメールが冷たい??

最近、よくメールをする友達(女)に「最近、メールが冷たい」って言われたんです。自分自身いつもと同じようにメールをやってたんです。なのに冷たいと言われてちょっと困ってます!冷たいメールってどんな感じなんでしょう?私はメールの仕方を改善するべきでしょうか??

Aベストアンサー

私なりのメールマナーのこだわりとして、「相手と同じ回数を送る」というのがあります。つまり最初に相手から届いて自分が返事した内容にまた返事があれば、相手は2回送ってくれているので私ももう一度送ります。
ところで、こんな事ありませんか?

1  私 「明日の晩、遊べる?」
2  相手「ごめん、都合悪いの」
3  私 「うん、わかった。また今度ね」
4  相手「ほんとごめんねー」


このような例の場合、私は相手と同じ回数送ります。4は送らない人もいると思います。
ところが、私が逆に誘いを受けて2の立場で断った場合3の返事をくれない友人がいます。冷たいなー?怒ってるのかなー?
なんて変に考えてしまいます。
自分がラストに送るつもりでメール交換すれば良いんじゃないでしょうか?
・・・といってもお互いそんな気だとくどくなってしまいますがね。

Q平屋建てに育ったものが2階建てに住むと平屋建ての良さがわかる。

私は生まれながら1階建てに25年間住んでいました。
 そして独立して新たに2階建てを構えて、思ったことがあります。
 それは
私は二階に自分の部屋があります。
 忘れ物をするたびと、仕事が終わって疲れて帰ってくるたびに
 1階から2回に行くのが最近きつくなってきました。
 二階建ての良さとは
1) 狭い土地に1階に比べると沢山部屋できること。
2) 1階建に比べると、乾燥しているので湿気を好まない物を置くのが最適。
 
 やっぱり土地が広いと2階建ては作らないものなのでしょうか?
 
 アメリカなどの邦である一軒家は土地が広いだろうから、1階建てが
   主流なのでしょうか?
 以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

自分も平屋が好きです。その大きな理由は、植物や庭が好きで囲まれて生活したくて、遠くの景色よりも近くの景色が好きだからです。高層だとそれだけ「緑や庭」からは遠くなってしまいますので。Campus2さんと同じで、緑と庭に囲まれた一戸建てに育ったからというのもあるかもしれません。
こうなると自分とっては2階の存在意義がありません。2階はおっしゃるように、機能的にも何かと不便です。挙げられている以外にも、寒暖差が激しいとか、年老うと全く使えなくなるといった難点もあるかと思います。

そもそも日本の土地は高く狭いことと、同じ部屋面積・部屋数なら土地代のみならず建築費も平屋より2階建ての方がかなり安上がりになるといった事情があります。日本で2階建てが多いのはおそらくこのコスト面の問題でしょう。
アメリカはまた事情が違って、平屋に住む多くは富裕層ではないと思います。このことから平屋の方が安上がりといった側面は伺えますね。富裕層は敷地面積も広く取るものの大抵2階建て以上。理由はわかりませんが、様々な部屋があった方がライフスタイルが広がるといった感じかもしれませんね。富裕層ならそういう家作りをする余裕があるはずですから。あと2階建てであれば子供部屋や寝室は大抵2階にあり、夫婦と子供のプライベートを隔てるとか、昼の生活と夜の生活(睡眠や性生活など)を隔てるといった意味もあるかもしれませんね。

自分も平屋が好きです。その大きな理由は、植物や庭が好きで囲まれて生活したくて、遠くの景色よりも近くの景色が好きだからです。高層だとそれだけ「緑や庭」からは遠くなってしまいますので。Campus2さんと同じで、緑と庭に囲まれた一戸建てに育ったからというのもあるかもしれません。
こうなると自分とっては2階の存在意義がありません。2階はおっしゃるように、機能的にも何かと不便です。挙げられている以外にも、寒暖差が激しいとか、年老うと全く使えなくなるといった難点もあるかと思います。

そもそ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報