ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

長年の足の痛みについて質問いたします。この質問は3月初め一度お願いしたが、言葉足らずやその後一部検査をやったこともあり、前回の質問を修正しております。

20年以上前に米国に駐在していた時歯科治療(ブリッジ)をし、何度もやり直しているうちに両足の親指に痺れを生じ、さらに数年後痺れは痛みに変わり、特に2年半前痛みのレベルが上昇し、現在に至っております。その間、種々の病院(一番関係ありそうな血管外科を初めとして神経内科、精神科、整形外科、脳外科、膠原・リューマチ科等)を渡り歩いて診断を求めましたが、最終的に線維筋痛症であるとの専門医の診断を前提に、現在、主としてリリカ等の米国ファイザー社の新しい鎮痛剤その他による治療を行なっております。

しかし、身体全体に及ぶことの多い線維筋痛症と異なることは、小生の場合、痛みは両足の親指の周囲10センチ程度だけの問題であること、痛み(疼痛)起床直後絶えられないほど強いが次第に弱まりその日の夜には最も軽減する周期性(但し、睡眠中を除き疼痛は常に継続している)、一方、一番の問題点は、歩行が一日200メートルが限度で、それ以上歩くとその後一週間以上終日の強い疼痛が継続することです(「間欠性跛行」はなく、疼痛は歩行中の休息によって改善されない)。

患部である両足の色は、痛みのあるほぼ終日、痛みの強い左足は濃いピンク色、比較的軽い右足は薄いピンク色で各々その時々の痛みの強さと比例します。また、ほぼいつもに患部および足全体(まれに脚にも)に「むくみ」を生じており、これも痛みの強さと比例しております。

その他参考事項
1.大学病院の血管外科で全体的な検査を行ないましたが、閉塞性動脈硬化症、バージャー病その他の血管の異常は発見できませんでした(AB1に異常なし)。
2.別の病院の整形外科で脊柱管狭窄症にかかる検査を行ないましたが異常なしとのこと。
3.同病院の膠原病・リューマチ科で、簡単な全般的検査を行ないましたが、特に異常は認められなかったとのこと。
4.糖尿病があるので、その影響について神経内科で毎月血液検査を行なっておりますが、A1Cは6.5前後で当面異常なしとされました。なお、ペインクリニックでブロック注射を30回ほどやりましたが、効果はありませんでした。

これだけの情報で病名等を特定するのは大変困難と存じますが、何かお気づきになられたましたら、ご助言を頂ければ幸いです。まず、血管か?神経か?或いはその他の原因か?を特定する必要があろうかと存じます。特に、上述の検査等で不足しているものはないか(前回脊柱管狭窄症のチェックが必要とのアドバイスを頂いた)やどの科で何を重点的に調べたら良いか等、要するに線維筋痛症ではないかもしれないという小生自身の疑問を解くにはどうしたらよいかのヒントになるようなことでしたらどんなことでもご回答頂ければ非常にありがたく存じます。

上記記述について疑問点等ございましたら、ご連絡頂ければ補足説明をさせていただきますのでよろしくお願い申し上げます。なお、思いつくままに乱文を書き連ねましたが、宜しくご判読くださるようお願いいたします。      
Polia

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

その後いかがでしょうか?


自分も同じような症状で気になっております。
    • good
    • 1

polia 様


その後、いかがですか? 私の方は昨年末から骨盤がズレたようになり、右足が長くなり(筋肉の緊張で背骨が捻じれたのだと思いますが)歩行困難になりました。体の重心が狂うことがこれほどしんどいとは思いませんでした。右足にばかり力がかかりますので右膝も痛く、右足を動かし難くなりました。座った状態から立ち上がるのも辛かったのです。腰のレントゲンより骨の変形と診断されました。しかし、4ヶ月が過ぎてやっと本当の原因がわかりました。下顎の納まりが悪かったのです。やはり咬み合わせでした。私の場合は、ほとんどの歯をセラミックでかぶせていました。本来は出ていた上の前歯を引っ込むようにかぶせてしまったことから、下の歯が上の歯に当たり結果的に下顎が奥(喉に向かって)に引っ込んでしまっていたのです。偶然ですが爪楊枝を横にして、上下の前歯で挟むように噛んでいたときに足の調子が良くなっていました。その顎の状態を保つように1日過ごしてみると、体の重心が元に戻ってきました。左足に体重がかかる感覚を久し振りに感じて、両足に均等に力がかかることの有難さに感謝しました。ほんの少しの体の重心のズレだとしても、片方にだけかかる力はとても大きくなります。筋肉にも異常な力がかかっていましたので、朝起きると固まったようになり足を動かすと痛みました。ところが、私はこれだけで歩行困難から解放されました。右足の付け根にはコリのようなしこりが出来ていますので完全に治るには時間がかかると思います。今後は咬み合わせ専門の歯科で相談し、今の咬み合わせの状態を調べていただくつもりです。顎の納まりが体のバランスを決めています。polia 様の痛みが改善されていらっしゃることを願っております。
zado
    • good
    • 1

zadoです。

どのようなことでも決して諦めないで必ず治ると信じてくださいね。私も痛みに苦しみ、治らないかも知れない・・・と不安で心が折れそうになったこともあります。治ることはないと言われたこともあります。でも諦めませんでした。きっと願いは叶いますから海外旅行を目標になさってくださいね。足が腫れて歩行困難になっていたのは父です。私の噛み合わせの不具合から痛みとの戦いでやっと巡り会えた今の歯科医に、父の噛み合わせを調整していただいた結果、パーキンソン病のようになっていた症状が改善しました。象の足のように腫れていた両足(膝・ふくらはぎから足の先まで)の腫れがひいて、その後は腰のブロック注射や足の痛み止めの注射をしなくて済むようになりました。ひどく曲がっていた背が少しずつ伸びて、足にかかっていた負担が軽減されたのではないかと思います。噛み合わせを調整している数週間に座った姿勢が右に傾いたり左に傾いたりしていましたが、調整が進むにつれて真っ直ぐになってきたのです。そして小股でヨチヨチと歩いていたものも歩き方が改善されてきたのです。背骨を曲げていたのは噛み合わせの不具合から、筋肉の緊張で起こっていたのではないかと思うのです。
私も噛み合わせの不具合で足や腰に痛みが出ていましたから、父の症状は噛み合わせの不具合だと確信できたのです。
私は先日、長距離を歩きさすがに足が痛くなりましたが、痛むところに負担がかからないように歩き方や靴下で工夫するとずいぶん楽になりました。やはり靴は大事かと思います。歩く時、足の親指には相当負担がかかっています。階段を上るときに踏面の角を土踏まずで上るようにしたとき楽に上がれました。そこで思ったのですが、座ったり寝たりしたときでも親指に負担がかからないようにすれば炎症も治まってくれるのではないかと。箱を壁に付けて置き、箱の角に足の土踏まずを付けて踵だけ床に付けるようにするとか、痛む所に全く力がかからないように過ごしてみられると慢性の炎症が治まってくれるように思います。睡眠中でもつま先部分には重力がかかっているように感じますので、足の裏に小さな枕でもつけられると良いかなと思いました。炎症が治まるまで負担をかけないようにしてみられてはいかがでしょうか。
昨日試しに、長距離を歩いて痛む足に”どくだみ焼酎(米焼酎です)”を塗ってみました。一晩で楽になりましたよ。私はPolia 様の苦しみが少しでも軽減できるようにと願っています。
..
    • good
    • 2
この回答へのお礼

何度も何度も励ましのメールを頂き御礼申し上げます。
未だ病気の方向性さえ決まったわけではありませんが、小生も絶対あきらめない方なのであなた様の激励に長い期間かかってもお応えいたしたいと存じます。本当に有難うございました。  ポーリア

お礼日時:2011/08/21 23:51

zadoです。

腫れと痛みが心配で考えてみました。以前、TVでバレエの練習で捻挫したときに、ウォッカで湿布すると治りが早いと言われました。私は、皮膚の炎症なら焼酎にどくだみ茶のパックを入れて一晩置いたものを塗ると効果がありました。茶パックを取り出した焼酎は冷蔵庫で保管すると傷みません。アルコールで炎症が取れるのなら試してみる価値があるのでは?痛み止めで痛みを紛らわせても根本原因が治らない限り完治しませんから。

参考までに、私の知人が膝の痛みと水が溜まることでベーカーのう腫と診断され、膝の水を再三抜いていましたが、MRIで半月板の損傷が見つかり、内視鏡手術で欠片を取り除いたところ、痛みが消えたそうです。

原因が見付かるまで、せめて腫れと痛みが軽減するように試してみてくださいね。
足に負担の少ない介護用の靴を履くのも効果があるかも知れませんよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

小生のために色々神経を使っていただき有難く御礼申し上げます。
何しろ20年を超える慢性病になったしまい簡単には直らないことは覚悟しておりますが、それでも死ぬまでには仕事に取り紛れて余りやっていない海外観光旅行ができるくらいまでに何とか回復できないかジタバタしているうちに長い年月がたってしまいました。名医といわれる専門医にかかったり、何か洩れていることはないかを探してグーグルその他毎日チェックしたりしております。
色々サジェスチョンをちょうだいし有難うございました。 Polia

お礼日時:2011/08/15 18:59

zadoです。

私も今の歯科医に巡り合うまで相当な期間がかかりました。大学病院にも通いました。しかし、噛み合わせと痛みの関係を理解してくださる医師は少ないと思います。私は経験者ですからpolia様のおっしゃることが理解できます。痛みを経験したものでなければ真の理解はできないのです。最終的に治療してくださったのは地元の開業医さんです。知人の歯科衛生士さんの紹介でした。噛み合わせが原因ではないかと、集めたデータを提示しながら少しずつ治療を続けていただきました。噛み合わせの異常は咬合紙でチェックする程度ではわからないと思います。

試しに上下の歯を合わさずに首を後ろに倒して、そのまま上下の歯を合わせたとき、左右の歯は均等に当たっていますか? 首を左右に曲げた時、上下の歯の納まり具合は同じでしょうか? 上下の歯を軽く合わせて、下顎を前後左右に動かした時に引っ掛かかる歯はありませんか? 目を閉じて片足立ちはできますか? もしもどこかに不具合を感じれば噛み合わせが原因ではないかと思います。

噛み合わせが悪いと体の重心が狂い、筋肉が緊張してさまざまなところで負荷がかかります。炎症サイトカインという物質は、目に見えない細胞レベルの炎症を起こすということが書かれていました。どのような痛みであれ、原因は細胞に負荷がかかったことにあるのではないかと思いました。

もしも、噛み合わせを調整されるときは少しずつなさってくださいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速ご回答有難うございます。20年以上もかかって、未だ原因が分からない状態ですが、その一つの有効の道を教えていただき有難うございました。定年退職者で時間はいくらでもありまので、そのように有能な歯科医師を探すのが大変ですが、努力したいと思います。いろいりな貴重な情報を本当にありがとうございました。
Polia

お礼日時:2011/08/13 14:54

はじめまして。


私は歯科治療と痛みは関係があるように思います。
噛み合わせ、歯(顎)の納まりが悪いことにより腰や足にも痛みが
出ました。噛み合わせを治したことで体の重心が整い、体が傾かなく
なったことで足にかかる力が両足に分散されて痛みが改善されました。
あと、椅子に座ったとき両足を床にしっかりつけていたものを、両足を
少し前に出すようにして足に力がかからないように気をつけたところ、
腫れがひいてきました。痛みはどこかに負荷がかかっているのだと思い
ます。
痛みの本当の原因が早く見付かりますことをお祈りしております。

この回答への補足

本欄に書くべくことを、お礼入力に大半書いてしまいましたが、どのように歯科医を見つけられたかお教えいただければ幸甚です(歯科大学病院等はいかがでしょうか?)。(質問者)

補足日時:2011/08/12 20:31
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
歯科治療につきましては、10年ほど前インプラント治療を宣伝しているところに通い治療を受けましたが、うまくいきませんでした。後で聞きますと微妙な技巧のいる作業なので、非常に腕の良い歯科医を見つけなければいけないとのことでした。
補足欄にも書きましたが、どうのような歯科医で治療されましたか?例えば
歯科大学病院等はいかがでしょうか?お手数ながらご返事頂ければ幸いです。
本件に付きご回答を頂き深謝いたします。

お礼日時:2011/08/12 20:42

素人で回答するのも恐縮ですが、足の付け根が痺れてうるというのは、血液が毛細血管まで行き渡らない体質になっている可能性もありますね。

もし東洋医学などにトライされていないのでしたら、一度試す価値はあるかもしれますん!原因が糖尿病であれば、龍龍という漢方酒が効くみたいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御礼が遅くなりまして失礼しました。漢方は未だ試したことはありませんでしたので、貴重な情報です。早速Googleで龍龍を確認しましたので一度試してみたいと思います。有難うございました。

お礼日時:2011/07/08 21:50

はじめまして。

私のした質問と少し似ていたので読みました。私なりの回答になりますので
お力になれなかったら申し訳ありません。少しでも役に立てたら嬉しいです。
痺れの期間などは違いますが私は現在親指等の痛みで悩んでいます、同じように内科や整形外科、神経内科、
リウマチ膠原病内科も行きました。リリカという薬も服用してる最中なのでそこは同じですね。
歩行困難なのも激しく同意しました。1番痛いのは左足のどの箇所なんでしょうか。
(たとえば親指でも付け根と指先では違いますよね)

繊維筋痛症は全身疾患なので足だけとなると違うと私は言われました、私が今言われている病名は
末梢性神経障害性疼痛症です。

私は糖尿病ではないのですが糖尿病性の末梢神経障害というものもありますね。
毎月血液検査をやっているようなので痛風ではなさそうですね、尿酸値や炎症の数値が高ければ痛風の可能性もあると思いますが。
ペインクリニックの注射は痛い部分の局所注射でしょうか?ただの麻酔だけなら痛みの根本的な改善にはならないと思います。ステロイド等を入れる注射もありますが激痛の痛風の痛みにも効くようです。
リリカは効いてますか?また、ロキソニン等の一般的な鎮痛剤は試したことはありますか?
どのような痛みですか?(たとえばズキズキ、チクチク等)

たくさん受診しているかたにまた別の病院に受診しろと言うのは失礼にあたるかもしれませんが
総合診療科という場所だと何科にかかればよいのかわからないかたや、判断が難しい症状の人に適している科のようです。
そこで相談してみてはどうでしょうか。私は今内科と一緒になっているペインクリニックに通院していますが
次回また血液検査とブロック注射をしてそれでも変わらなかったら総合診療科へ足を運んでみようかと考えています。
また、日本足の外科学会と検索してみてください。足の専門医がどの病院にいるか調べることができますのでそこで受診してみてもいいかもしれません。



足が痛いのは本当につらいですよね。私は足の痛みが今年の5月で1年経ちました。丁度去年の今頃です。
質問者さまは非常に長いのですね。
でも必ず痛みに原因があると思います。あきらめないでください。私も頑張りますので。
ぐちゃぐちゃな文章で申し訳ありません。

この回答への補足

貴メールについて順に補足します。一番痛いのは親指の付け根だと思いますが、
やはり親指の周辺全体といった方が良いでしょう。痛みもその時その時で変化しますが、一番いたいのはナイフで切られるようなものですが、通常は鈍痛であることが多いようです。ペインクリニックは15年前のことで麻酔だけでした。最近薬の変更その他の刺激に極めて敏感になっておりますが、ペインクリニックおよびステロイドを含めて局所注射を検討したいと思います。リリカは、感じから言えば痛み全体の1/3位効いているかも知れません。ロキソニンは、初めて聞きましたが、ほんの試みに早速ジェネリックを通販で注文しました。

補足日時:2011/05/05 22:08
    • good
    • 2
この回答へのお礼

非常に丁寧に細かいところまで、ご自分の経験を踏まえてご助言頂き有難うございました。小生の症状にかなり似ているところが多く大変参考になりました。
主治医とも相談しながら、一つひとつ試行して生きたいと思います。どうもありがとうございました。
Polia

お礼日時:2011/05/05 22:06

痛風・・・関節部分が炎症を起こして、腫れなどが生じることがあり、特に、足親指の付け根部分にも痛みが生じると言われています。


モートン病・・・靴の関係で女性に多い病気ですがゆびの痛みがあります。ひどくなれば膝から腰に来る人もあります
原因不明、辛くて大変でしょうが早く原因が判るといいですね 
私は病気の事については全くの素人ですが上記の2つの病気も検査されましたでしょうか
それと、歯の治療時に何か問題はありませんでしたか? 一度原点に戻って大学病院の口腔外科にかかられて、20年以上前に米国に駐在していた時歯科治療(ブリッジ)をし、何度もやり直しているうちに両足の親指に痺れを生じ、・・・一連の経過を話されて検査をうけてみられては?もしかして神経とか関係ないですかね?すみません答えにならなくて
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご親切な回答有難うございます。
痛風は、腫れ等はなくデータ的にみてもマイナスのようです。モートン病は、整形外科で話題になりましたが、医師は外観を見て否定的でした。

最後のご回答は、非常に心当たりがあります。実は、不思議なことに、足の患部と歯とが(痛みではありませんが)連動しているのです。歯で食物をかむと恰も足で食物を噛んでいるように感じられるのです。帰国後日本の複数の歯科医にこの話をするとそんな馬鹿なと相手にされませんでしたが。線維筋痛症の専門医の意見は、抜歯により脳神経に混線が起こったではないかというものでしたが、口腔外科にかかる手があることに気がつきませんでした。連休明けにでも、相談に行ってみたいと思います。貴重なご意見を本当に有難うございました。

お礼日時:2011/04/22 21:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • バージャー病<循環器の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    バージャー病とはどんな病気か  四肢(主として下肢)の末梢動脈の内膜の炎症により動脈の閉塞を来し、血流障害が生じる病気で、閉塞性血栓血管炎(へいそくせいけっせんけっかんえん)とも呼ばれます。最初の報告者の名前からバージャー病(英語読み)、あるいはビュルガー病(ドイツ語読み)とも呼ばれています。  患者数は、国内で約1万人と推計されています。男女比は10対1と男性が多く、20〜40歳を中心に青・壮年に多く...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q突然足首周辺が痛みだし歩けません・・・

先週の土曜日に普通に歩いていて、左足がなんだか痛い、、、と思っているうちに、とうとう痛みがひどくなり歩けなくなってしまいました。
左足の外側の甲が痛んでいる気がしたので、その部分のレントゲンをとりますが、骨には異常なしとのこと。
筋肉などが痛んでいるのでは、とシップしたりして様子をみることになりました。
が、痛みがおさまらず5分の距離も何度も立止まったりしないと歩けないようになってしまいました。
整体の先生にもみてもらいましたが、どうやら足首が腫れているとのことで、再度足首を中心にレントゲンを撮ってもらうことにしました。(まだ時間がなく2回目のレントゲンのために病院へいっていません。)
足をくじいた、とか捻挫で足がはれている、とかそういった見た目の症状も今のところみられず、どのように治療すればよいのか本当に困っています。
この痛みというのが、鋭い痛みが走るというよりは、歩き出してしばらくしたらどんどん痛みが増していくようなものです。
これは亜脱臼というものにあたるのでしょうか?
どなたかアドバイスいただけますでしょうか?
宜しくお願いいたします。

先週の土曜日に普通に歩いていて、左足がなんだか痛い、、、と思っているうちに、とうとう痛みがひどくなり歩けなくなってしまいました。
左足の外側の甲が痛んでいる気がしたので、その部分のレントゲンをとりますが、骨には異常なしとのこと。
筋肉などが痛んでいるのでは、とシップしたりして様子をみることになりました。
が、痛みがおさまらず5分の距離も何度も立止まったりしないと歩けないようになってしまいました。
整体の先生にもみてもらいましたが、どうやら足首が腫れているとのことで、再度足首...続きを読む

Aベストアンサー

 日本を離れていらっしゃるとはわからずに失礼しました。
 お薬ですが、湿布にもたぶん消炎鎮痛剤が入っているものが多くなっていますが、たとえ入っていても炎症を和らげる効果(消炎効果)を発揮するだけの薬の量は皮膚の奥深くまではおそらく届きません。したがって湿布に害はありませんが(かぶれることはありますが)、それほどの根本的な効果は期待できないと考えるべきでしょう。できればジクロフェナックナトリウム(ボルタレン:1日3回の錠剤、2回のカプセル、坐剤)あるいはロキソプロフェン(ロキソニン:1日3回の錠剤)などのしっかりとしたお薬が望まれます。どうしてもそれらが手に入らなければ、アスピリン(バファリン)などでも効果は期待できます。もちろん副作用がないという前提でですが、数日以上(5~7日)程度連続して服用することで炎症を和らげて、その結果として痛みをおさえてゆくことを目指すべきであると考えます。
 「運がよいと・・」と書きましたのは「逆に運がわるいと何ヶ月もくるしめられる可能性があるかもしれません」という程度の意味で「一生、不自由な体になる」などの意味ではありません。
 ついでに確認ですが、‘明らかな腫れ’や‘強い局所熱感(さわると熱い)’といった症状がましてきているということはないでしょうね。もしあれば細菌感染なども考えなくてはなりませんので念のためおたずねしました。
 すこしでも早く痛みがとれると良いですね。

 日本を離れていらっしゃるとはわからずに失礼しました。
 お薬ですが、湿布にもたぶん消炎鎮痛剤が入っているものが多くなっていますが、たとえ入っていても炎症を和らげる効果(消炎効果)を発揮するだけの薬の量は皮膚の奥深くまではおそらく届きません。したがって湿布に害はありませんが(かぶれることはありますが)、それほどの根本的な効果は期待できないと考えるべきでしょう。できればジクロフェナックナトリウム(ボルタレン:1日3回の錠剤、2回のカプセル、坐剤)あるいはロキソプロフェン(ロキソ...続きを読む

Q右太ももの付け根に走る鋭い痛みについて

お世話になります。同じような質問が投稿されていた場合はご容赦下さい。

私は30代男性です。
体型は、筋力があるとは決して言えない痩せ型です。
10日ほど前から、右太ももの付け根(鼠径部?)に、電気が走るような、鋭く激しいズキッとする痛みが走るようになりました。筋肉痛とも関節痛とも違う痛みです。
スポーツなどはしておらず、突然痛みを感じるようになりました。とくに決まった体勢のときに起こるものでもありません。
頻度は不定期で、一日痛みを感じないこともあります。突然、ズキッズキッもしくはビクッビクッと瞬間的に痛み、数秒から数十秒程度で治まります。
しこりなど、表面的な変化は今のところ見受けられません。

とりあえず整形外科でレントゲン撮影をおこない、医師の触診を受けましたが、股関節や筋肉に異常は見受けられないとのこと。
紹介状を書いてもらい、次に外科を受診したところ、大腿ヘルニアの可能性があると診断されました。
ひとまず痛みを抑えるための塗り薬を処方してもらい、様子を見るように言い渡され、現在に至るのですが、全く良くなる気配がありません。
外科医からは、悪化するなど場合によっては手術も・・・と、聞かされておりますが、“~の可能性がある”という言葉から、原因が特定されたわけではないようで、神経質な性格から、(医師を疑うわけではありませんが)他に何か悪い病気ではないかと日々不安を募らせております。

ちなみに私は、病院にかかるほどのものではないものの、軽い腰痛持ちで、日常生活ではほとんど気にならないのですが、就寝時にベッドに横になった時など、腰に違和感を感じます。
仕事で夜勤があるため、出勤前に仮眠を取る際もベッドではなく、カーペットを敷いた床にそのまま横になることもあります。(数年来、このような生活です)
パソコン関係の仕事柄、長時間椅子に座っていたり、休憩中も椅子を並べて仮眠をとるなど、腰や関節には決してよいとは言えない生活をせざるを得ない状態です。

なお睡眠時は、眠っていて気づかないのかもしれませんが、太ももの痛みは感じません。
たまに朝方、太ももの付け根の痛みで目が覚めることはありますが。
この、あまり自覚のない腰痛も、何か関係しているのでしょうか。
次に診てもらうとしたら何科を受診すべきでしょうか。

同じような症状を経験されたことがある方、もしくは原因についてご存知の方がいらっしゃいましたら、アドバイスをいただけたら幸いです。

長文になりましたが、以上、よろしくお願いいたします。

お世話になります。同じような質問が投稿されていた場合はご容赦下さい。

私は30代男性です。
体型は、筋力があるとは決して言えない痩せ型です。
10日ほど前から、右太ももの付け根(鼠径部?)に、電気が走るような、鋭く激しいズキッとする痛みが走るようになりました。筋肉痛とも関節痛とも違う痛みです。
スポーツなどはしておらず、突然痛みを感じるようになりました。とくに決まった体勢のときに起こるものでもありません。
頻度は不定期で、一日痛みを感じないこともあります。突然、ズキッズキッもしく...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。補足ありがとうございます。


整形外科的見地から、股関節付近の痛みとしてまっさき考えらるのは、股関節疾患と腰痛疾患です。しかし股関節に何か異常のある場合は、特定の動作で必ず痛んだりしますし、急に痛くない日があるというの考え難いです。痛みのない日があることや痛みの感じから、神経の症状に近いのかなあと思います。下肢の神経は全て腰が大本ですから、腰に何か異常があればこのような症状が出てきます。


>本日、整形外科で2回目の診察を受けまして、腰の正面と横からの2枚を取ってもらいましたところ、影響するほどの症状は見られないとの診断でした。

正直二枚では完璧とはいえません。本来左右斜めも含め4枚でレントゲン上の正確な判断が出来ます。どうのような意図を持っているのかわかりませんが、MRIなども含め再検査をお願いするか、セカンドオピニオンをお求めになっては?


>ネットでも調べてみたりしますが、なかなかこれといったものもヒットせず。

腰からの原因では特別珍しい症状ではありません。現状原因が分からないですからなんともいえませんね。どこか押して痛いとか(例えば腰やお尻のほっぺ)ありますか?

貴方は仰向けに寝た状態で、誰かに足を上げて(膝を曲げずに)もらってください。その際貴方は足の力を抜いてください。これでどこか痛みや痺れが増したりしますか?

No.1です。補足ありがとうございます。


整形外科的見地から、股関節付近の痛みとしてまっさき考えらるのは、股関節疾患と腰痛疾患です。しかし股関節に何か異常のある場合は、特定の動作で必ず痛んだりしますし、急に痛くない日があるというの考え難いです。痛みのない日があることや痛みの感じから、神経の症状に近いのかなあと思います。下肢の神経は全て腰が大本ですから、腰に何か異常があればこのような症状が出てきます。


>本日、整形外科で2回目の診察を受けまして、腰の正面と横からの2枚を取っても...続きを読む

Q繊維筋痛症

30代女性です。1年以上続く、さまざまな症状に困っています。

・全身の筋肉と関節の痛み(内側からわきあがるような痛み)
・倦怠感
・悪寒(時々)
・微熱(37℃前後)
・月経前症候群の悪化(38℃の微熱、関節痛などの悪化)
・起床時の左手の小指のこわばり(動かすうちにスムーズになる)
・胃痛(時々)
・肩こり
・手に力が入らない(夜に多い)

昨年11月、蝶形紅斑があったため全身性エリテマトーデスを疑われましたが、補体や血沈が正常で、炎症がみられないため、現在もリウマチ科(膠原病内科)で経過観察中です。
主治医に繊維筋痛症の可能性もあると言われました。でも、圧痛点を押して調べてもらったりはせず、診断してもらってはいません。
繊維筋痛症の症状は、激痛で身体を針で刺したような痛み、ピリピリ感、といったように書かれていますが、私は全身の関節と筋肉に身体の中からわきあがるようなシクシクした痛みが起こります。痛みには波があって痛く無くなる時期があったり、また痛みが起こったりします。
私のような症状で繊維筋痛症と診断された方はいますか?
繊維筋痛症は除外診断になるようですが、血液検査で「抗核抗核が160倍、リンパ球数が1000前後」という異常がある場合は、繊維筋痛症の診断はつかないのでしょうか?
また、膠原病と繊維筋痛症は併発しますか?

よろしくお願いします。

30代女性です。1年以上続く、さまざまな症状に困っています。

・全身の筋肉と関節の痛み(内側からわきあがるような痛み)
・倦怠感
・悪寒(時々)
・微熱(37℃前後)
・月経前症候群の悪化(38℃の微熱、関節痛などの悪化)
・起床時の左手の小指のこわばり(動かすうちにスムーズになる)
・胃痛(時々)
・肩こり
・手に力が入らない(夜に多い)

昨年11月、蝶形紅斑があったため全身性エリテマトーデスを疑われましたが、補体や血沈が正常で、炎症がみられないため、現在もリウマチ科(膠原病内科)で経過観察中...続きを読む

Aベストアンサー

数年前自分も同じ症状でした。

圧痛点はなかったのですが、繊維筋痛症かな?と思い膠原病科で血液検査などしました。

指先の痛みからはじまり、手首、肘、肩、背中、腰、膝の下、脛の横、くるぶし、足の裏、等が痛くなりました。
腰と、背中と、脛の横とくるぶしが、かなり痛かったです。
数日で痛いとこが廻り巡るように移動していくんです。

右足首にシップを貼ったようなひんやり感もありました。


医者は、繊維筋痛症よりも、血清反応陰性脊椎関節症に近いといわれ検査したけど、

血液検査は異常なしだったので、放置していたら徐々に痛みが治っていきました。

が、

それから、脱力感が出て、とくに昼間は左手がむずむずするようになり、夜は左足がむずむず、仰向けになるとひだりの中指と薬指がカクカクします(腱鞘炎みたいな?)。布団をかけると暑い。外すと寒い。

そして不眠症になりました

今は、不眠症、耳鳴り、頭痛、ドライアイ、脱力感、左指カクカク。脛の横と、股関節の内側が痛いです。

おそらく自分は、自律神経からくる体の異変と思います。

医者に言っても答えありません。
今の医学では病名とかないと思ってます。

ちなみに、かなり神経質です。健康の不安が一番気になります(何日か腹や背中痛いだけで癌だったら?とかって思ってしまいます)

自分で悩んで体を自分で壊していってるようなもんです。

自分は自律神経の乱れから来る体の神経的な異常 と自分で理解してます。

筋痛症は、圧痛点で判断するしかないみたいなので、質問者さんも筋痛症ではないと診断されると思います。

神経の病気ってまだまだわからないと思うんで、あまり悩まないで、気楽にするのが一番の薬です。

数年前自分も同じ症状でした。

圧痛点はなかったのですが、繊維筋痛症かな?と思い膠原病科で血液検査などしました。

指先の痛みからはじまり、手首、肘、肩、背中、腰、膝の下、脛の横、くるぶし、足の裏、等が痛くなりました。
腰と、背中と、脛の横とくるぶしが、かなり痛かったです。
数日で痛いとこが廻り巡るように移動していくんです。

右足首にシップを貼ったようなひんやり感もありました。


医者は、繊維筋痛症よりも、血清反応陰性脊椎関節症に近いといわれ検査したけど、

血液検査は異常なしだっ...続きを読む

Q突然の膝痛で歩けない。でも、一瞬でケロッと治る。

突然の膝痛で歩けない。でも、一瞬でケロッと治る。

1週間前に突然、膝が痛くなり何かにつかまらないと歩けないし、立てない。膝を動かすと痛いので寝返りも片足や両手で補助するほどでした。
ネットで調べたらツボでいう内膝眼という所(膝の皿の下内側)が少し腫れた感じでした。
ところが一晩寝たら嘘のように歩けるようになっていて、念のため病院でレントゲンを撮りましたが、異常なし。どんな動きも問題なくできました。
筋?(か何か)の脂肪の炎症かなんかでしょうという診断でした。

ほっとしていたのですが、先ほど(2時間前)、外出時ブーツを履こうとして片足立ちをしたらまた痛くなりました。30分ほど車(助手席)に乗り、降りようとするとまた歩けません。
安静にしておこうと自宅に戻り、体を支えてもらいながら玄関まで歩き、階段を数段上るとけろっと治りました。今は問題なく普段通りです。膝の腫れもありません。

痛いときは立てないほどなのに、ちょっとした事で一瞬で治る。だから病院では相手にしてもらえない。
私はどうしたらいいのでしょう?(半年ほど前から腰痛で悩み、変形性腰椎症と診断されています)
アドバイスをどうかよろしくお願いします。

突然の膝痛で歩けない。でも、一瞬でケロッと治る。

1週間前に突然、膝が痛くなり何かにつかまらないと歩けないし、立てない。膝を動かすと痛いので寝返りも片足や両手で補助するほどでした。
ネットで調べたらツボでいう内膝眼という所(膝の皿の下内側)が少し腫れた感じでした。
ところが一晩寝たら嘘のように歩けるようになっていて、念のため病院でレントゲンを撮りましたが、異常なし。どんな動きも問題なくできました。
筋?(か何か)の脂肪の炎症かなんかでしょうという診断でした。

ほっとして...続きを読む

Aベストアンサー

確かに滑膜(かつまく)ひだ障害、通称タナ障害の症状に似ていますね。
圧痛点から考えても可能性はあると思います。関節には滑膜ひだという
柔らかい組織があります。この滑膜ひだが繰り返される機械的刺激によ
り炎症を起こします。炎症起こせばひだは肥厚(腫れます)しますので、
関節に挟まれたり、引っかかったりして痛みを出します。

治療は炎症止めのお薬、電気などのリハビリ、鍼治療などの保存療法が
主流です。保存で好転しなければ外科的手術の対象にもなります。

ただ、タナ障害で決まったわけではありませんから、もう一度病院を受
診するか、病院を変えて別の整形外科に行ってみて下さい。ここの情報
は、あくまでも参考意見としてお聞きください。


~治療院について~
 
 整体・カイロプラクティック・・・「骨盤矯正・骨格矯正」 これは
  全て真っ赤な嘘です。そもそも彼らは公的資格が一切ありません。
  早い話、無資格の素人です。誰でも明日からすぐに営業できます。
  素人さんですから、勿論健康保険は使えませんし、自賠責だって保
  険屋からは相手にされません。背骨と背骨の間に椎間板というクッ
  ションがありますが、整体やカイロで薄くなるということが確認さ
  れています。一回ぐらいでは大丈夫だと思いますが、一年も通えば
  驚異的なスピードで椎間板は劣化します。長期的に見れば確実に悪
  化します。

 接骨院・・・柔道整復師という国家資格者で、整骨院、骨接ぎとも呼
  ばれています。肩コリや腰痛など治療する所だと勘違いされている
  方もいますが、ここは捻挫、挫傷、打撲、(脱臼、骨折)などのい
  わゆるケガを治療する施設です。
  
  一番下の Q:接骨院や整骨院はどのような時にかかったら良いんで
  すか? をご覧下さい
  http://www.shadan-nissei.or.jp/judo/faq.html
  
  腰痛や肩コリの治療は一切出来ません。 「歯医者で眼の治療」 
  をするようなものです。しかし、全国の整骨院はこれを平気で犯
  し、慢性膝痛を「膝のねんざ」など嘘の受傷理由を添付して、健康
  保険を偽装請求し荒稼ぎしています。不正は業界ぐるみで行われて
  おり、全国に約三万件と整骨院はあります。政府管掌系の社会保険
  から約400億円、老人保険系から約800億円、保険はさらに数種類あ
  り、2007年度で約3000億円かかっています。言うまでもなく、保険
  料は我々の毎月のお給料から払われているものです。しかしそのほ
  とんどが、不正請求ですから、医療費、消費税が上がるのも妙に納
  得です。ちなみに病院から患者を追い出し、自宅で介護する制度に
  して浮いたお金が3000億円です。

 鍼灸整骨院・・・鍼灸師と柔道整復師の免許をもている方、もしくは
  それぞれの施術者いる施設です。ここも整骨の保険を悪用している
  可能性があります。鍼灸は保険が使えますが必ず医師の診察の上、
  同意書が必要です。保険証を窓口に提示して即保険で鍼治療の場合
  は、整骨の保険(ケガの保険)で鍼をしているケースが多いです。
  これは例えていうなら、出産時自然分娩にもかかわらず、帝王切開
  として保険請求するようなことです。これが普通の病院なら大問題
  です。マスコミに大きく報道され、二度と再起できない状態に追い
  込まれるでしょう。しかし鍼灸整骨院に関してはお咎めなしです。


 鍼灸・マッサージ・・・国家資格者ですから、代替医療にかかるのな
  らこれしかないでしょうね。マッサージは肩凝りでは保険が使えま
  せんが、鍼であれば使えます。しかし医師の診断が必要です。

以上のことから、鍼灸、あんまマッサージ指圧、接骨(整骨)以外は
“全て無資格者” です。今では整体、カイロ以外にも操体法など怪しげ
なものもありますので、無資格治療院にはお気をつけ下さい。


意外かもしれませんが、病院以外の代替医療では “鍼” が一番体に優
しい治療方法になります。病院の治療をベースに、何かするなら鍼治療
がベストな選択です。

しかし鍼治療も施術者によって十人十色です。一回や一箇所で決めるの
は正直もったいないです。鍼が根本的に怖くないのなら、数箇所受けてみ
てお気に入りを見つけてみてください。


痛い所があれば患部にシップを貼って下さい。自己流のマッサージやス
トレッチは筋肉や神経を傷め、アルコール、お風呂は炎症を悪化させる
恐れがあるので控えましょう。

レントゲンは病院でしか取れませんので、整体、接骨院、整骨院ではなく
必ず整形外科を受診してください。


長文失礼しました。ご参考になれば幸いです。

確かに滑膜(かつまく)ひだ障害、通称タナ障害の症状に似ていますね。
圧痛点から考えても可能性はあると思います。関節には滑膜ひだという
柔らかい組織があります。この滑膜ひだが繰り返される機械的刺激によ
り炎症を起こします。炎症起こせばひだは肥厚(腫れます)しますので、
関節に挟まれたり、引っかかったりして痛みを出します。

治療は炎症止めのお薬、電気などのリハビリ、鍼治療などの保存療法が
主流です。保存で好転しなければ外科的手術の対象にもなります。

ただ、タナ障害で決まっ...続きを読む

Q足指が、実際には冷たくないのに、冷感がひどい。

片側の足の指が、毎日、ひどく冷たく感じます。
冷たさで、痛いくらいです。

2年前の冬から冷たく、去年、血流の検査など、精密検査もし、異常無しでした。

ここ1ヶ月ほどは、ものすごく冷たくて、指先だけでなく、ふくらはぎまで冷感があります。

ふくらはぎは、2週間前から、正座したときだけ痛みがあるので、今日整形外科を受診し、冷感のことも聞いてみました。

触診では冷たさはないので、本当の循環障害ではないだろうとのこと。

でも今もとても冷たくて、つらいです。

皮膚の色も正常、動きも問題なく、しびれもありません。
足のグーパー運動などもでいますが、そういう運動をしても、又はマッサージをしても、冷たいままです。

ただ、歩くと、治ります。
という事は、血行の問題??

なぜ、こんなに冷たく感じるのでしょう??

「こうではないか」「ああではないか」で良いので、アドバイスをお願いできますか。

Aベストアンサー

血流の検査をしているので血行の問題はどうでしょうね。歩行の刺激に紛れて冷えを感じにくくなるとか、筋肉を動かすことで熱が産出されますのでそれで冷えが緩和されている可能性もあると思います。


足の冷えは実際に冷えている場合と、実際には冷えていないが冷えを感じている場合があります。後者は特に神経の異常でおこるものです。例えば脚の神経は全て腰から出ているのですが、腰に何か異常があると痛みや冷感、熱感、麻痺、痺れなど様々な神経症状が出ていきます。これは腰に自覚症状がなくても起こり得ることですから、腰のレントゲンを撮っていないのであれば一度撮ってみることをお勧めいたします。

それでも何も異常がないとなると、神経そのものの異常も考えられます。神経内科、脳神経外科など受診されてみてはいかがでしょうか。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

Qトラマールやトラムセットが効かない痛み

原因不明のお尻から太もも裏~ふくらはぎにかけての強い痛みで整形外科を受診しました。
レントゲンの結果、腰はそんなに悪くなっていない、筋肉が固くなりすぎているのと、姿勢の悪さが原因と言われました。
ロキソニンがきかず、トラマールという薬を処方されましたが、まったく効果無しで、最初の2~3日は激痛で寝てばかりでした。量を増やしてもダメでした。

痛みは3~4日ほど経ってだんだんと良くなってきましたが、まだ日常生活で支障をきたす時があるので(座ってご飯を食べれない時がある、車の運転時に痛む、座り姿勢が辛い)、トラムセットという薬に変えてもらっても、効いてるんだかよくわからず、痛い時はやっぱり痛い、という感じです。

もう薬が効かない痛みなんだなと悟りましたが、
この薬はがん性疼痛など強い痛みに効果を発揮するもののようだし、そんなに強い薬が効かないなんて、この痛みは何なのだろうと。。

医師や理学療法士の何とも言えない・・・というような反応から(調べ中、ということでリハビリには通っていますが)、もう不定愁訴というか、心因性の痛みなのかな??と思い始めましたが、筋肉や神経由来の痛みなら薬が効いても、心因性の場合効かないものでしょうか?

原因不明のお尻から太もも裏~ふくらはぎにかけての強い痛みで整形外科を受診しました。
レントゲンの結果、腰はそんなに悪くなっていない、筋肉が固くなりすぎているのと、姿勢の悪さが原因と言われました。
ロキソニンがきかず、トラマールという薬を処方されましたが、まったく効果無しで、最初の2~3日は激痛で寝てばかりでした。量を増やしてもダメでした。

痛みは3~4日ほど経ってだんだんと良くなってきましたが、まだ日常生活で支障をきたす時があるので(座ってご飯を食べれない時がある、車の運転...続きを読む

Aベストアンサー

私は、トラムセットは全然効きませんよー
痛み止めとしては、あまり強く無いと思います。
私の場合は、生理痛や神経痛ですが…
ただ、ロキソニンが効いて無いとの事なので、痛みは強い方ですよね。
一度、ペインクリニックに行かれては?
主人は、あらゆる種類の痛み止めを飲んで効かなくて、ペインクリニックを受診して今は、普通に生活してます。
腰痛で、やはり猫背とか言われてました。

心因性でもロキソニンは効きますよ。
偏頭痛などには、あまり効かないみたいですが…
お大事にして下さいね。

Q同じ姿勢でいると足が固まる?病気?

最近同じ姿勢でいて立とうとすると足が動かない?ような固まった感じで痛くて少したたないと立てません。なにかの病気でしょうか?
ちなみにそうなるときの姿勢はフローリングの床に座って机においてあるパソコンをやっているときです。

ずっと同じ体勢でいてそのときは痛くもなんともないのですがいざ、立とうとするといたたた・・となってしまし、足が固まってしまったような感覚で少しづつ伸ばしながらジーっトしてると立てるのです。片方だけたてひざしていたり、、お姉さん座りや足をまっすぐ斜め?にのばしていたりするとなります。
タダ、変な体勢で足が固まっているだけなのでしょう
か?今までこんなことはなかったのですが・・
ずっとといっても5分くらいでもなります。
曲げていた足を伸ばして立とうと思うと痛くて足がまっすぐにならず、固まってしまった?ようで立てないのです^^;
南下の病気ですか?

Aベストアンサー

私も経験ありです。若い時からです。私の場合、同じ姿勢でずっと伸ばしていた足のひざの関節が固まったようになって曲げようとすると痛くて曲がらなかった事や、寝ている時に変な姿勢で寝ていたのか、寝返りしようと思っても肩が痛くて動かなかったりした事があります。そんな時は関節が外れるんじゃないかって心配になりますが、そ~っとゆっくりゆっくり伸ばしていけば元に戻っています。私は今まで病気だと心配した事はないですが、普通の人より関節の動きが悪いのかな?程度にしか思っていませんでした。ご心配であれば、一度整形外科で診てもらってはどうでしょうか。

Q全身のあちこちを移動する痛み

私はここ4ヶ月半程度、全身のあちこちを移動する痛みに悩まされています。
腕や足がにぶく痛んだり、背中や首筋やリンパ節に沿ったするどい痛み、土踏まずの張ったような痛みなど色々です。
痛みの継続時間はそれぞれ数秒から数分と、同じ所が継続して長時間痛む事はあまりありません。
肋間神経痛を患った事があるので、その一種かと思い病院に行っても、ロキソニンを処方されただけで、全然薬は効きませんでした。
痛くなり始めたのが、公私ともに大きなストレスを感じ始めた時だったので、かかりつけの心療内科に行った所、ストレスからくるものかもしれないとの事で、抗うつ剤を処方して貰っています。
ロキソニンなどの痛み止めに比べると、抗うつ剤や抗不安剤を飲んでいるときの方が痛みは和らぎますが、完全に痛みが無くなることはありません。
時間があれば、内科的な検査を十分にしてもらう事が出来るのでしょうが、まだそこまでの余裕がありません。
大きな病気の前兆でなければいいと心配しているのですが、この様な症状についてご存じの方はいらっしゃるでしょうか。

Aベストアンサー

線維筋痛症患者です。
闘病生活は21年を過ぎました。

大きな病気を心配されて生活に支障を起こす状態は
精神に負担をかけて良くないと思います。
それに勝手な自己診断に思い込みによる間違いは避けたいので
線維筋痛症の診断基準(米国1990)を掲示します。

米国は線維筋痛症の先進国。リウマチに分類された疾病です。
【線維筋痛症の診断基準】
線維筋痛症は特定の圧痛点が存在します。
1.指圧で18ヶ所のうち11ヶ所以上の痛み少なくても三ヶ月以上続く
広範囲にわたる疼痛の既往がある。広範囲の疼痛とは左右半身、
体幹中心部(頸~胸~下背)の全てに存在するもの。

2.類似の症状を呈する他の全身性疾患が除外出来る。
3.18ヶ所の圧痛点が確認できる。
【判定】
上記第一項および第二項を満たし圧痛点が11ヶ所以上存在すれば
確実と診断する。
上記第一項および第二項を満たしても圧痛点が11ヶ所に
満たない場合は可能性あり又は疑いと診断。

線維筋痛症を知らない医師は検査データーしか信じない。
基準も知らない。
医療の限界を知らない。線維筋痛症を認めない。医師は
どんな医療上の検査を行っても原因に結び付ける異常数値、
徴候は無く、患者の主訴を精神疾患、気のせいだと誤った診断
を信じ治療が遅れる。医療者の見逃しが重症化に移行する
原因不明の詐欺病です。

私は発症例の極めて少ない組合せでシュグレン症候群を併発。
互いに自己免疫疾患と免疫、血液、内分泌代謝内科にて
線維筋痛症のセカンド、オピニオンを厚生省線維筋痛症研究班、
認定病院にて専門医の診察を受け線維筋痛症と確定。

患者団体、線維筋痛症友の会ホームページ及び、
リウマチ財団のホームページにアクセスするのも良いかも知れません。

http://www.marianna-u.ac.jp/ims/topics/1network.html
難病治療研究センターに線維筋痛症相談窓口が
約一年前、開設。その後、問合せが殺到する。
対応に限界が生じて
【線維筋痛症医療機関ネットワークの構築について】
を掲載した。

全国推定、200万人の線維筋痛症患者が存在して
医師も本人も分らない患者は全国に点在治療を受け
続けている。

有効な治療薬が無い為、痛みの「指圧点」が全身に存在。
私は有効な対症療法を麻酔科にて施術を受けています。
鎮痛補助薬処方も最悪なケースを辿り今日に至ります。

【WHO】 3段階徐痛ラダー;WHO three-step analgesic ladder
の第三段階に基き第三段階の対症療法を受けています。
治療法が見つかる迄、疼痛抑制を麻薬鎮痛剤に依存して生活を
続ける事に承諾して投薬中です。

第一段階---非オピオイド鎮痛薬±鎮痛補助薬、非オピオイド鎮痛薬

第二段階---軽度から中等度-の強さの麻薬性鎮痛薬±非麻薬性鎮痛薬
±鎮痛補助薬。軽度から中等度の麻薬性鎮痛薬。

第三段階---中等度から強度-の麻薬性鎮痛薬
±非オピオイド鎮痛薬±鎮痛補助薬。
中等度から強度の麻薬性鎮痛薬。

第三段階の最終段階まで到達して線維筋痛症と遅すぎる確定診断が
下されるケースから最近、線維筋痛症の医療相談で早期発見。
早期治療を受けて適切な処置を施せば快復するケースもあり
症状が色々で痛みの表現に幅が広くて移動する痛みも含まれる
と思います。痛みが移動する。痛みの感じ方に広範囲の痛みが
治まり今迄、隠れて感じなかった痛みが現れ動いた感じ?

各個人に適合した治療で除痛するのが良いと思います。

現在、前に述べた通り治療(対症療法)に携わる診療科は
麻酔科が除痛の柱。
精神状態を和らげる精神科、痛みの信号は神経に伝わり脳で受止め
疼痛を感じる?神経内科、身体に起る各種症状の改善に
眼科、皮膚科、口腔外科。対症療法で日々の生活。整形外科は
装具の修理、作成のみ関節の保護以外は何も施術しない。
一つの総合病院で複数の診療科により対症療法(投薬)を
受けています。

線維筋痛症患者です。
闘病生活は21年を過ぎました。

大きな病気を心配されて生活に支障を起こす状態は
精神に負担をかけて良くないと思います。
それに勝手な自己診断に思い込みによる間違いは避けたいので
線維筋痛症の診断基準(米国1990)を掲示します。

米国は線維筋痛症の先進国。リウマチに分類された疾病です。
【線維筋痛症の診断基準】
線維筋痛症は特定の圧痛点が存在します。
1.指圧で18ヶ所のうち11ヶ所以上の痛み少なくても三ヶ月以上続く
広範囲にわたる疼痛の既往がある。広範囲...続きを読む

Q線維筋痛症って?

 昨日、テレビで拝見した線維筋痛症と言うのが気になっております。

 私自身は[疼痛性障害(身体表現性障害)]と診断を受けています。
あらゆる検査をしても原因が分からない痛みがあると言う事で、
この病名が付けられました。薬も効果は無く治療法も無いのが現状です。
 私の身体的な症状としては、右腕のしびれと、右腕の感覚の低下。
肩・首・背骨・肋の主に背中側の数カ所で、骨に釘を押しつけるような
鋭い痛みがあります。更に、左膝とアキレス腱・足の甲にも同じ痛みが
あります。骨が痛い感じなんですが、良く分かりません。


 線維筋痛症についてはネット検索をしましたが分かりませんでした。
疼痛性障害の症状と類似した説明が書いてある気がした訳です。
個人的な意見で構いません。痛みの種類ですとか、検査法・治療法など
教えて欲しいと思います。差し支えが無ければ、生活状況なども、
出来るだけ詳しく教えて下さい。

 病院で聞く事は難しいです。「病名が分からない」「治療法が無い」
そんな話で何度も喧嘩し続けました。病院は6カ所回り、今の精神科で
落ち着いた所です。親は理解してないと思います。昨晩のテレビを見て
「線維筋痛症じゃなくて良かったね」と言われました。まあ、確かに
テレビで拝見した様な酷い状況では無いと思います。ですが、耐え難い
痛みである事には違いありません。痛みが強すぎて気を失う事が頻繁に
あります。何が違うのかを知りたいのです。

 昨日、テレビで拝見した線維筋痛症と言うのが気になっております。

 私自身は[疼痛性障害(身体表現性障害)]と診断を受けています。
あらゆる検査をしても原因が分からない痛みがあると言う事で、
この病名が付けられました。薬も効果は無く治療法も無いのが現状です。
 私の身体的な症状としては、右腕のしびれと、右腕の感覚の低下。
肩・首・背骨・肋の主に背中側の数カ所で、骨に釘を押しつけるような
鋭い痛みがあります。更に、左膝とアキレス腱・足の甲にも同じ痛みが
あります。骨が痛い感...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、久々です。
その節は大変お世話になりました、ありがとうございました。忘れられていたら少しばかり悲しいですが・・・

Misaki-○○様が1年ぶり位に戻ってきてくれて(自分も久々の登場です、Misaki-○○様の質問を見付けて思わず・・・)嬉しい反面、深刻な悩みが続いている様で、複雑な気持ちです。

Misaki-○○様の事ですから検索結果はほとんど見られたと思いますが、一応↓参考URLです。(私も線維筋痛症に関するHPは出来る限り見てみましたが、内容はほぼ全て一緒でした)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%9A%E7%B6%AD%E7%AD%8B%E7%97%9B%E7%97%87

要約すると

線維筋痛症は、全身に痛みが生じる病気で、原因は不明、通常の医者が行なう採血検査では異常が現れない。また、治療法も確立されていない。

交通事故を契機に発症したものは原発性線維筋痛症である。

わが国では現在のところ厚生労働省が調査研究している段階で、医者の間でもこの病気の知名度が低い、患者がこの病名を教えてくれる医者に会うまでに平均6~8軒の病院を回ると言われる。

全身の激しい痛みの種類は普通の人が日常経験する痛みと異なり、「電気が走るような痛み」や「血管をガラスの破片が流れるような痛み」などという表現で患者に形容される。症状には個人差があり、軽度なら仕事を続けられる場合もあるが、重度の場合は日常生活に支障をきたし自力で生活できない場合がある。

病院で行なうような通常の採血検査では異常があらわれない、全身にある18箇所の圧痛点を4kgfの力で押したときに、11箇所以上痛いと(原発性)線維筋痛症と診断。ただし、症状が他の病気によるものでないことが条件になるので、筋生検による筋炎(皮膚筋炎等)・血管炎・神経炎の除外は必須である。

原発性線維筋痛症は現在のところ、原因は不明である。ストレスや事故が原因で発症しているのではないかと言われる。細胞の器質的な問題があるというより、神経的な問題があるらしい。ただし細かいことはよくわかっていない。

原発性線維筋痛症は非ステロイド性消炎鎮痛剤が処方されることが多い。ただしこれまで安定した効果を持つ特効鎮痛剤は見つかっておらず、非ステロイド性消炎鎮痛剤にて治癒軽快した例はきわめて少ない。

神経や精神状態の改善が症状を改善させるという臨床例が多く認められている。古くからフェノチアジン系薬剤、ブチロフェノン系薬剤、ベンズアミド系薬剤、三環系薬剤、ベンゾジアゼピン系薬剤などが有効とされている。また薬物による治療だけでなく、認知療法、腹式呼吸などの呼吸法や瞑想、ヨガやストレッチ・エアロビクスなどの軽い運動、健康的な睡眠の確保といった、ストレスを緩和させる手法も有効ではないかと考えられている。

との事です。

また、参考URLのページ下の方にある外部リンクの中にある「治療に成功した患者の例」をご覧になると、Misaki-○○様が望む様な、生の声が聞けて参考になるかもしれません。

少しでもお役に立てれば、嬉しいのですが・・・

少しでもMisaki-○○様のお力になりたい・・・

補足・質問・ツッコミお待ちしています、出来る限りお答えさせて頂きます。

それでは

こんにちは、久々です。
その節は大変お世話になりました、ありがとうございました。忘れられていたら少しばかり悲しいですが・・・

Misaki-○○様が1年ぶり位に戻ってきてくれて(自分も久々の登場です、Misaki-○○様の質問を見付けて思わず・・・)嬉しい反面、深刻な悩みが続いている様で、複雑な気持ちです。

Misaki-○○様の事ですから検索結果はほとんど見られたと思いますが、一応↓参考URLです。(私も線維筋痛症に関するHPは出来る限り見てみましたが、内容はほぼ全て一緒でした)

http://ja.wikiped...続きを読む

Q足が異常なほど硬直し、つる

50代身内の女性の相談をします。

30代の頃から、突然足がつる症状がしょちゅうありました。(昔から足がつる回数が多かったです)
ここ数年、薬局でマグネシウムの錠剤が足がつる症状に効くと知り、豆乳・マグネシウムのサプリメント、にがりで摂取するようになったら、症状がだいぶ和らぐようになりました。

足がつる症状がだいぶ治まったので、最近マグネシウムの錠剤の服用をやめたところ、
20日後に筋肉がガチガチに固まってつり、激痛。膝下から足先にかけての足がL字の形にまっすぐ硬直して元に戻らず、足の指を何度離しても両指同士がぴたりとくっつく。という異常な症状を2回経験しました。
誰がどう見てもおかしいぐらいに硬直して元に戻らない状態になります。この症状が起きた時に、傍にいた人に足を揉んで貰うと、やはり異常な硬直具合なので驚かれます。
普通、足がつる症状は筋肉を触ると柔らかいことが多いですが、この女性の場合は筋肉がこぶのように固く盛り上がってガチガチになるのです。
(しばらくすると元に戻りますが、硬直してつっている間がとにかく激痛です)

この症状は一体なんなのでしょうか?また何科の病院で診療して貰えばよろしいでしょうか?
医療関係者、または経験者の方のご回答を宜しくお願い致します。

50代身内の女性の相談をします。

30代の頃から、突然足がつる症状がしょちゅうありました。(昔から足がつる回数が多かったです)
ここ数年、薬局でマグネシウムの錠剤が足がつる症状に効くと知り、豆乳・マグネシウムのサプリメント、にがりで摂取するようになったら、症状がだいぶ和らぐようになりました。

足がつる症状がだいぶ治まったので、最近マグネシウムの錠剤の服用をやめたところ、
20日後に筋肉がガチガチに固まってつり、激痛。膝下から足先にかけての足がL字の形にまっすぐ硬直して元...続きを読む

Aベストアンサー

大阪府の医師です。
低カルシウム、マグネシウム血症による典型的なテタニー症状と思われます。
血糖とはあまり関係ないと思います。
いずれにせよ早急に内科受診してください。
原発性アルドステロン症、副甲状腺機能低下症などの内分泌疾患が強く疑われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報