ねじ締端子台のカタログに接続可能電線が明記(JIS C2811にも記載あり)されていますが、このサイズに対して、それより小さい電線サイズを接続することはダメなのでしょうか?
例えば、幹線ケーブル38sqを5.5sqに分岐させる場合、端子台は38sq用(接続可能電線14sq-38sq)を使用していますが、この端子台に5.5sqの電線は接続不可でしょうか?
別途端子台が必要?圧着端子を端子台の大きさに合うものにしてはいけないでしょうか?規格違反?
ご意見宜しくお願いいたします。

A 回答 (2件)

JISに記載されているものは、直接電線の導体を繋ぎ込む事を想定したものです。


細い電線に圧着端子を付けて接続するなら、なんら問題ありません。
現に圧着端子には、R5.5-10があります。
電気設備技術基準にも、細い電線を接続してはいけないというような条文は、どこにも見当たりません。
要は、発熱しないよう確実に繋ぎ込めれば良いのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございました。
JISに記載されているものが圧着端子での接続を含めての電線サイズかと思っていました。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/25 09:59

定格適合電線が38 mm2以下の端子台は、定格適合電線により接続電線の範囲が決められています。


決められていることを守らないということは違反ということになります。

38mm2の場合は、ご承知のように14mm2 ~ 38mm2です。5.5mm2はNGです。
5.5mm2を接続できる端子台は、5.5、8、14 です。
14の端子台を追加する必要があります。

参考URL
工業用端子台(JIS C2811-1995 より抜粋)
http://www.kimden.co.jp/seihin/s-tansidai2/tsf-5 …

参考URL:http://www.kimden.co.jp/seihin/s-tansidai2/tsf-5 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございました。やはり電線を直接つなぎこむ場合は、適合範囲に合ったものでないとダメなのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/25 09:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q圧着端子と電線について

22スケ用の圧着端子に14スケの電線(CVT)を圧着しても電気的に問題は無いでしょうか? あと疑問なのは、CVTとSVでは銅線径が異なりますが、その辺も圧着端子との関係を教えてください。

Aベストアンサー

そのまま圧着したのでは緩くて発熱します。22sqの圧着端子に14sqの電線を圧着するには8sq分の電線を一緒に圧着します(14+8=22)。たとえば14sqの電線の電線は2sqの単芯線を7本よってあるので、この単芯線4本を14sqの電線と一緒に22sqの圧着端子に通して圧着し、その後余分にはみ出した線を切断します。それから圧着部分に端子キャップを被せるかビニールテープを巻いて完成となります。
 CVT22sqの線となると、幹線のブレーカーは100Aとかになってくるので、圧着不良や端子のネジが緩んだりしますとその部分から火を噴き事故になりますので十分注意してください。法律的には電気工事士の資格を持った者しかしてはいけない工事です。
 CVTとSVで銅線の径が違うのはCVT(CVも)の方が銅線を撚ったときに圧縮処理をしているからで、CVTの方は銅線の1本1本がよく見ると円になっていません。最近はSVでも圧縮処理をしている物があります。
 圧着端子はCVTもSVも同じ物を使います。圧着工具は端子のサイズに合った物を使ってください。

QねじのISO規格とJIS規格の違いについて

ネジの種類にもいろいろありますが、メネジでJIS規格の M28 P1.0とISO規格の M28 P1.0 H6ではどのように違うのでしょうか。JISはねじのJISをもっているので把握していますが、ISOの情報がありません。参考文献等ありましたら教えてください。お願いします。(引っ掛かりの高さ、谷の径、有効径、内径等、比較できる寸法を教えてください)

Aベストアンサー

tyoku さん おはようございます。

JISハンドブックはお持ちでしょうか?ご質問のメ-トル細目ねじB0207の冒頭に 「備考 この規格の本体に規定する直径とピッチの組み合わせ,小ネジ類,ボルト,ナット用の細目ねじの選択基準,規準山形および基準寸法は,次のISOと一致している」
直径とピッチとの組み合わせ:ISO261
細目ねじの選択基準:ISO262
規準山形:ISO68
基準寸法:ISO724

つまり同じじゃないんですか?
http://www.jsa.or.jp/

Q【電気工具】電気工具の「絶縁被覆付圧着端子用圧着工具」は絶縁被覆を向かなくても剥いて圧着してくれる工

【電気工具】電気工具の「絶縁被覆付圧着端子用圧着工具」は絶縁被覆を向かなくても剥いて圧着してくれる工具ですか?

それとも絶縁被覆が付いたまま圧着する工具ですか?

Aベストアンサー

絶縁被覆付圧着端子を圧着する時に使う工具です。ケーブルの絶縁被覆は別途剥かないとダメです。絶縁被覆付圧着端子は裸圧着端子に対するものです。
リンク先の写真を見れば違いはハッキリすると思います。
☆裸圧着端子
http://www.nichifu.co.jp/j/catalog/a.html
☆絶縁被覆付圧着端子
http://www.nichifu.co.jp/j/catalog/b.html

Q1条ねじと2条ねじの公差の違い

ねじの公差について調べているのですが、1条ねじと2条ねじの有効径、内径などの寸法公差は違うのでしょうか。

Aベストアンサー

基本的に差はありませんよ。
内径はつまり、おねじの谷部の径(めねじなら内径)ですから、JIS規格等に乗っ取って作られる限り差はありません。
有効径もやはりJIS規格で
有効径=d(呼び径)-(1.082532*ピッチ)
と決まってますから、この場合2条ねじの方がピッチは短いので小さくなりますね。

Qギボシ端子の圧着

0.5sqの電線をオスのギボシ端子に圧着すると抜けてしまいます。
メスのギボシ端子はきちんと圧着できるのですが…

被覆を剥く
最初に被覆を剥いたほうを圧着
軽く引っ張って抜けなければOK
被覆がついているほうを圧着

と言う順番でやっていますが、引っ張ったときに抜けてしまいます。
一体何が悪いのか?
対策として被覆を長めに剥いて電線を2つ折にしたり、半田付けしたりしています。

圧着時は両手で思いっきり圧着ペンチを握っています。
圧着ペンチはホームセンターで買った2000円くらいの物です。そんなに悪い物とは思えません。
ギボシ端子はエーモンのやつです。電線との適合はあってる。
圧着ペンチは正しいやつを使ってるはず。

Aベストアンサー

配線sqサイズに合わせた ギボシ端子を使われているか
また ギボシ端子に合った 圧着ペンチを使用されているかですね
銅線を二つ折にすれば 太さは 倍になるので 圧着できると思いますが?
圧着ペンチ 薄っぺらい 力でかしめるペンチは 多機能型で力負けします。
専用(プロ用)はもう少し力がいらない 途中ロック機構の働くペンチを利用します。
ご使用の圧着ペンチが 配線サイズに適合しているか確認してみて下さい
自分も 抜け防止で 半田付けするか 会社の工具を借り各実に圧着します。

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/monju/507117/507296/

Qプラス+のねじとマイナス-のねじの違い

すごーく素朴な疑問です、ねじって+と-がありますよね、これって何の為なんでしょうか?最近-のねじってみたことが無いような気がするんですが、+のねじ-のねじのそれぞれのメリットってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

書き忘れましたが工業生産的になぜプラスねじの方が有効かは実際にマイナスねじとプラスねじを締めてみればわかりますがセンターさえあわせれば後は押しつけて回すだけである程度あうプラスねじと、角度とセンターを両方ともあわせなければうまく回らないマイナスねじ。
どちらが普及するかは一目瞭然ですね。

Q圧着端子の引張り強さについて

圧着端子の引張り強さについて

こんにちは、
電線(HKIV線 2.0sq)に、スリーブ付端子(V2-M4)を圧着した場合、圧着端子の引張り強さは、どの位以上であれば問題ないのでしょうか?この引張り強さは、JIS等で決められているのでしょうか?

Aベストアンサー

この質問の背景を教えてもらえませんか?
接続箇所には荷重がかからないと思うのですが、圧着端子にひっぱり強さを求めるのはなぜですか?

Qアース付電源端子台について

変な質問なのですが、照明器具についている電源端子台(アース付)この端子台のアース機能が働いているかどうか調べる方法ってあるのでしょうか。

Aベストアンサー

基本JISの規格で製造しているはずなので、漏電試験、耐圧試験などしているはずですが、家庭用品も全数試験の必要があるので、JIS規格満足しているものであればちゃんとその試験は行っているはずですが。

製造段階で、漏電耐圧試験でアース端子との接続試験していますよ。

QPATA電源ケーブル内の圧着端子の型名

現在、電子工作中をしています。
圧着端子を探していたところ、昔使っていたPATA用の電源ケーブル内の圧着端子が偶然にもジャストフィットでした。
※PATAの電源ケーブルは下記URLのようなやつです。
http://8086.co.jp/img/photo-cable-PATA3-thum.jpg

この圧着端子部分だけを何百個も必要で買いたいのですが、型名がわからない事には買いようがありません。
型名がわかる方、教えてください。

ちなみに圧着端子とは以下URLのような商品です。(以下の型名はXHで、探している物とは別物です)
http://eleshop.jp/shop/g/g61H14K/

Aベストアンサー

>PATA用の電源ケーブル

この電源ケーブルは PATA とは関係ありません。

このコネクタは多くのメーカーから供給されてますが、
例えば 日本圧着端子製造株式会社(略称「日圧(にちあつ)」または JST)の製品だと
http://www.jst-mfg.com/index_j.php

>コネクタカタログ
のリンク先 dpfファイル 内の p.190 にある「LCコネクタ」が該当します。

先のPDF ファイルでも LCコネクタ用コンタクトピンは、p.194に記載されているように
決められています。
線材の太さ、自動圧着装置対応(リール製品)なのか、メッキ種類などが細かに決められているので
まずはお望みの製品仕様を明確にしましょう。

Qボルトの締付力について

誰か教えてください。
スタッドボルト(M10)とナットで品物を固定しているとします。
トルクレンチを用いて、一定のトルクで締め付けたとき、品物を押さえつける力(軸力)の求め方を教えてください。ボルトは並目・ピッチ1.5mm(ミスミ)

Aベストアンサー

私も勉強中の身ですが、分かる範囲で答えたいと思います。


呼び径dのねじをトルクTで締め付けた場合の軸力Fは
F=T/(Kd)
で表されます。

ここでKは「トルク係数」と呼ばれるもので、
平均的にはK=0.2 位です。
M10のボルトでは2.5kgf.m の締め付けトルクに対して、
1250kgfの軸力が得られます。 1)



ただし、Kは座面やねじ面の摩擦係数を含むため、ばらつきが大きく、
締め付けトルクもある程度ばらつくため、
実際の締め付けトルクに対する軸力の変動幅は、
±30%にもなるそうです。

そのため、設計上では、安全のためには-30%で強度計算を行わなくては
ならないため、過剰品質になりやすいという欠点を持ちます。
この欠点を回避するため、「降伏点締め付け法」が用いられることがありますが、
手間がかかるため、現場ではあまり用いられていません。 2)

参考文献
1)「ねじのはなし」 第5章ねじの締め付け
  財団法人 日本企画協会
2)「続・実際の設計」9.1ねじ・ボルト・ナット
  日刊工業新聞社


 「どんなひと」: 機械の部品加工、組立を行っています。
          機械設計について、個人的に勉強しています。(まだまだ
         勉強しなければならないことが多々あります。設計業務は未経
         験です)

私も勉強中の身ですが、分かる範囲で答えたいと思います。


呼び径dのねじをトルクTで締め付けた場合の軸力Fは
F=T/(Kd)
で表されます。

ここでKは「トルク係数」と呼ばれるもので、
平均的にはK=0.2 位です。
M10のボルトでは2.5kgf.m の締め付けトルクに対して、
1250kgfの軸力が得られます。 1)



ただし、Kは座面やねじ面の摩擦係数を含むため、ばらつきが大きく、
締め付けトルクもある程度ばらつくため、
実際の締め付けトルクに対する軸力の変動幅は、
±30...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報