わたしの家では手足の爪が伸びているとよく鬼の爪というんですが、
さっきふと思い立って検索してみたんですけどヒットしませんでした。
もしかして鬼の爪って言うのはうちの一家だけですか?

A 回答 (4件)

#3です。



私の子供の頃もそう言ったような気がしますが、あまり一般的ではないようです。
少し例を。
http://goopicot.exblog.jp/6309341/
http://blogs.dion.ne.jp/sukapin/archives/8201666 …
http://www7.ocn.ne.jp/~syunmei/onizume.htm
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
    • good
    • 0

「鬼爪」で検索するとヒットしますよ。


http://www.bing.com/search?q=%22%E9%AC%BC%E7%88% …
「鬼の爪」という表現のほうが上品ですけどね。
 
    • good
    • 0

 明確な慣用句にはまだというか、なっていないでしょうが、私たちも時折そういう形容句で表現する事はあります。


 鬼の爪だ、鬼の爪になっているとか。
 私以外も私の周りで、こういう形容的表現をしています。人の一般的形容的たとえとしていろんな場合に鬼という語は使われますね。
 そういう種類の表現のしかたではないのですか?
 鬼のような○○とか、鬼と仏とか、鬼とあったら帰れ(は漢文の読み下しの慣例)ですね。
 辻の角度で異界の鬼に出会うとか。
 鬼に見間違うとか、鬼のようなざんばら髪とか。いろいろありますよ。鬼の目に涙は、慣用句になりましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

じゃあやっぱりあだ名みたいなものなんでしょうか。
ぱっと思ったから言ってみたみたいな。

お礼日時:2011/04/26 13:41

あまり聞かないが絵にに書かれた鬼の


つめが長いことが多いから納得はできる
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あだなっていうとおかしいですがそんな感じなんですかね。
方言とかかと思って検索しましたがヒットせず。

お礼日時:2011/04/26 09:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自爪?それとも地爪?

爪について勉強しているのですが、
ある雑誌には自分の爪のことを「自爪」と表記してありましたが、あるテキストには「地爪」と表記してありました。

表記は本によって統一されていました。
なので、ミスではないと思うのですが
どちらが正しいのでしょうか?

ちなみに、女性はつけ爪(スカルプチュア)などをつけたりしますが「きれいな爪!それって自爪?(自分の爪?)」という感じで会話をしたりします。
テキストは「土台となる爪」という意味で「地爪」と書いているのかなぁと思ったり…

意味が異なるならまだしも、どちらの本も、どちらかに統一されて書かれていたので、同じ意味かなぁと推測しています。

意味は異なるのでしょうか?どちらか表記が間違っているのでしょうか?
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「地(じ)」という言葉を広辞苑で引くと、
意味の三番目に
「後に加えられたものに対して、基本的・本質的なもの」
と書かれています。
さらにその部分に関して、
「うまれつきの性質。もちまえ。「―声が悪い」「―が出る」」
と用例があげられています。

こうした「地」の用法として、ほかにも
・地毛:うまれつきの髪の毛
・地肌:うまれつきの自分の肌
などがあります。

以上を考慮すると、爪であっても、つけ爪に対して、うまれつきの自分の爪、と言いたいときには、地爪が正規の用法であると結論づけることができるかと思います。

それに対して「自」は「おのれ、本人」「みずからすること」という意味があります。
・自作:自分が作ったもの
・自筆:自分が書いたもの

たとえば、自腹を切る、という言い方はしても、自髪、とはいいません。
このように、「地」が意味するところと「自」が意味するところは、異なっているように思われます。

爪の場合は地爪が本来的な用法、自爪というのは、音が同じところから来る誤用ではないでしょうか。

Qもしかして: 豚汁 豚汁

[もしかして: 豚汁 豚汁 ]
googleでいれたら出てきた文字です。
入れるのはいれたももの、
なんて読むか教えてください。
カタカナかローマ字でお願いします。
なんか同じ漢字が続いているようにも見えます。

Aベストアンサー

自分は「トンジル」って読んでます
でも一発変換できない…


余談ですが「もしかして検索」で 「豚汁 豚汁」
が出たのかと言うと、恐らくとある提示板のスレッドが発端だと思います

そのスレッドは「豚汁は何て読むか」と言う内容でしたが
レスを付けた人は皆、読み方を書かず「豚汁は豚汁と読む」
みたいなことを書いて盛り上がってた経緯があります…
それでもしかしてで検索で出たのではないかと思います…

Qふっと、ふと、とっさに、たちまち。。。

こんにちは。
私は明日試験がありますが、辞書を探しても以下の副詞が分からない。はっきり分別は何ですか?
(1)たちまち
(2)ふと
(3)ふっと
(4)とっさに
(5)とたんに
(6)さっそく
教えてお願いします!

Aベストアンサー

 うーん?外国人の方でしょうか・・。検索エンジンgooが日本語辞書を載せているので、日本語入力できるのなら、こちらをお使いになってみてください。↓
http://dictionary.goo.ne.jp/index.html?kind=jn&mode=0
 文字を入力して、その右に3つならんだボタンのいちばん右、「国語」っていうところを押します。ご活用ください(*^^*)。

 それから、
1 たちまち→すぐ、っていう意味です。あっと言うまに、とかと同じで、時間の長さがとても短いことを言います。
「その子供は頭がよくて、たちまちのうちに全部覚え込んだ。」とか。

2 ふと→うぅ、これは難しい・・(^_^;。意図せず、はからず、ふわっと考えが浮いてくる感じ?偶然に、なんとなく、ぐらいの意味でしょうか。広辞苑を見ると「たちまい、たやすく、ちょっと」という意味もある、と書いてあります。
「ふと思いついて、少し回り道をしてみた。」とか。「ふと時計を見ると、もう4時だった。」とか。

3 ふっと→ふと、とほとんど同じです。息を吐くしぐさの擬声語に使われることもあります。
「ふっと横を見ると」など。
 
4 とっさに→とっさ、は咄嗟と書いて、ほんのわずかな短い時間です。すぐ、と同じです。瞬きするよりわずかな間。そんな時間になにかあれこれ考えているひまはありません。つまり、「とっさに」とは、その次に「何も考えずにする行動」が出てきます。「とっさに~して」という文が多いです。
「とっさに枕をひっつかんで外に出た」とか。

5 とたんに→その前になにかのアクションがあって、「とたんに」はその直前の動作と、直後の動作とに間がないことを言います。「~したのと(ほとんど)同時に」という意味です。
「火をつけたとたんに、まわりに飛び火した」とか、「手に入れたとたん、不要になった」とか。

6 さっそく→これも次の行動まですぐ、間がない、っていう意味です。でもこの「さっそく」には意思がこもっているニュアンスがあると思います。「お店の名前を教えてもらって、さっそく次の日訪ねた」とか。「買い込んだばかりの食材で、さっそく料理を作った。」とか。

 時間が短い言葉ばっかり並んでますね~。勉強がんばってください!

 うーん?外国人の方でしょうか・・。検索エンジンgooが日本語辞書を載せているので、日本語入力できるのなら、こちらをお使いになってみてください。↓
http://dictionary.goo.ne.jp/index.html?kind=jn&mode=0
 文字を入力して、その右に3つならんだボタンのいちばん右、「国語」っていうところを押します。ご活用ください(*^^*)。

 それから、
1 たちまち→すぐ、っていう意味です。あっと言うまに、とかと同じで、時間の長さがとても短いことを言います。
「その子供は頭がよくて、たちまちのうち...続きを読む

Q「ふっと」と「ふと」の違いについて

○ (ふと/ふっと)右を見ると彼がいた。

上の文では、「ふと」「ふっと」のうち、どれを使うでしょうか。もし一方しか使えなかったら、両者の違いを教えていただきたいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

全体の状況にもよりますが、「ふと」の方が正解だと思います。

「ふと」は、当て字ではあるようですが、漢字で書くと「不図」になります。
「図」が「意図する、意識する、はかる、考える」という意味から、
考えるほど重要でもないことが、無意識のうちに、予期せず(突然、偶然に)起こることを表します。
   「ふと灯りが消える」
   「ふと人の動いた気配を感じる」
   「ふと立ち止まる(振り返る、手を止める、顔を上げる、遠くを見る)」
   「ふと思い出す(気付く、感じる、考える、意識が戻る、我に返る)」

一方、「ふっと」は、
 (1)急に消えたりいなくなったりするさまで、
        「ふっと見えなくなる」
 (2)理由もなく急にそうなるさまで
        「ふっと思い出す」
のように使います。

Q"無念"の意味・使い方にふと疑問が・・・

よく侍が切られる時、「無念じゃ~」と言ってお亡くなりになられます。

現代でも、くやしい・悲しい時に「無念です」と使います。

"無念"という言葉を辞書で調べると、悔しいという意味を持っていますが、言葉そのものを見ると
"念が無い"=「すっきりした気持ち?」 と読めます。

なぜ"無念"=「悔しい・残念な気持ち」 となるのでしょうか?

ご存知の方おりましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「無念」には二つの意味があります。まず、「邪念がなく、無心であること。すなわち正念」。もう一つは、「正念を失って口惜しく思うこと」です。したがって、無念には、「無心」と「残念」の相反する意味があることになります。「無念無想」のときは前者で、「残念無念」のときは後者です。

「無念無想」とは 心を無の状態にして、妄念邪念から脱却し無我の境地に至るということです。

「正念」簡単に言うと悟りを開くということです。

「念」と言う言葉自体が 「邪念」か「正念」かの2つの意味があり、どちらでとるかで意味が正反対になると考えられます。

ちなみに無念ともよく使いますが、残念無念というのもよく使われます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報