友人から「年20%の利息を払うので貸付をお願いしたい」との依頼を受け、かなりの額(最高値のフェラーリを楽に買える額)の貸付を行ったところ、借入金を隠蔽して「借入金を使ってしまって返済できない。返済を迫るのであれば自己破産する。」と脅されています。
現在は隠蔽した資産の一部を見つけて仮差押をしている状況で、民事裁判にて債権を確定した上で競売の請求や資産・給与の差押等をしようと思っています。
民事裁判は弁護士さんにお願いし、弁護士さんの提案で「債権の確定については元金+利息の請求をするが、利息制限法に沿って20%ではなく15%にて返還を求める」という方向で進んでいるのですが、個人間の金銭消費貸借の場合の利息は約109%まではOKという話しも聞き、利息制限法に沿って契約内容から減額する必要もないのではないかと考えています。
私自身は金融業を営んでいるわけでもなく、好意で友人の申し出通りに契約をしたという状況なのですが、その場合利息の限度はどのように考えれば良いか教えていただけませんでしょうか。

A 回答 (2件)

> その場合利息の限度はどのように考えれば良いか教えていただけませんでしょうか。


裁判に因らず、合意のもとで返済してくれるなら20%のままで良い。
裁判により請求するなら、利息制限法の金利を適用した方が良い。
20%の金利で請求したいなら、裁判を行わずに請求してください。

> 個人間の金銭消費貸借の場合の利息は約109%
俗に言う、グレーゾーン金利と言うやつに当たると思っていいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
相手の態度や行動から、何%請求しようと、利息を取れるとは思っていないのが正直なところです。
が、少しでも債権を多くしておくことで、恩を仇で返された仕返しの材料にはなるかと思っていました。
あっちこっちに債権譲渡をする、差押等を強行するなど、債権があれば何でもできるかと思いますし…。
差し押さえている物件を競売に掛けるには、裁判所を通す必要がありますので、ご意見を参考に利息制限法の範囲で請求をする方向で考えます。
今後の打ち手でまた質問等させていただくこともあるかと思いますので、またご意見をいただけましたら幸いです。

お礼日時:2011/04/27 16:46

追記



> 私自身は金融業を営んでいるわけでもなく
利息制限法の適用は、業者と個人を区別していません。
だから、国内の全ての団体/企業と個人に対して適用されます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遅延損害金や利息について

宜しくお願い致します。
工事代金を半年以上払ってもらえず困っています。何度催促しても払ってもらえないので、債務の確認と利息や遅延損害金の額をかなり上げた契約書を交わそうと思います。
そこで御教示いただきたいのですが、利息や遅延損害金はどの程度まで設定可能なのでしょうか?
たとえば利息50%、遅延損害金100%位を考えているのですが、法的にまずいのでしょうか?利息制限法や出資法は金融機関等でなければ関係ないと聞いたことがあるのですが・・・。

Aベストアンサー

契約時に遅延損害金の取り決めを行っていないのであれば、
商法514条により年6%の利率でしか請求する事が出来ません。
(ちなみに、相手が個人であれば民法404条が適用され年5%となります。)

ちなみに、遅延損害金の取り決めを行っていたとしても
一般常識の範囲(=利息制限法の範囲内)を超えるような場合には
超えた部分については無効となるようです。

Q民法/債権法;「金銭消費貸借契約」と「利息制限法違反」の場合の支払利息について。

民法90条では「公序良俗、法令違反の契約は無効」である、という主旨だと理解しているのですが。「利息制限法」(強行法規)違反の場合、違法な利息を定めた「特約」が無効となり。1)「特約」が無効になった以上、利息に関する取り決めは無いのですから。民法の法定利息である5%を支払えばよいのか。
2)民法の典型契約である、「金銭消費貸借契約」は原則無利息(ローマ法の影響と「テキスト」にありました)なのですから、「法は、不法を保護しない(?)」という法格言の精神から、元本だけを返済すればよいのか。3)「利息制限法」の規定を超える、違法な利息のみ支払い義務が無くなるのか。
 初学者の特権で、想像を逞しくして「法の世界」「法の精神・理念」を夢想しております。と言うより「判例集」から、回答を導き出せるまでに、知識・勉強がまだ到達していない、と言うのが正直な偽りの無い実態です。
 法律家、法律学専攻の方、その他教えて頂ける方。どうか、ご教示お願い致します。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

特別法は一般法に優先する。
ゆえに
「金銭消費貸借契約」については
一般法である民法より
特別法である「利息制限法」が優先して適用されます。

>「利息制限法」(強行法規)違反の場合、違法な利息を定めた「特約」が無効となり。1)「特約」が無効になった以上、
ご質問者の理解ではここがちょっと違うようですね?
「その超過部分につき」無効となります。

Q遅延損害金と違約罰の関係

遅延損害金と違約罰の関係

5万円の金銭貸借契約において、期限の利益を失った場合の条項を契約書に盛り込んだとします。

まず遅延損害金は利息制限法により、10万円未満の場合は29.2%が上限とされていますから、この場合、年に1万4600円の額になります。

ここからがわからないのですが、この1万4600円というのは民法第420条でいう「損害賠償の予定」になるのかということです。そうなるとこれ以上、損害賠償の予定額を増やすことは利息制限法の上限を上回ってしまい上回った分は無効になるのでしょうか?

それとも上記の例でいうと、1万4600円はあくまでも遅延損害金としての上限であって、それ以外の条項として損害賠償の予定を付け加えることはできるのでしょうか? 例えば「遅延損害金に加え、期限の利益を失ったら直ちに1万円支払うこととする」など追加できるのでしょうか?

もう一つ。違約罰を民法420条によらないものとする(つまり損害賠償の予定の意味を持たない)ならば、これも上記の例に出てきた1万4600円を超えても(つまりこれも遅延損害金の上限にかかわるかということですが)、公序良俗等に違反しなければ、自由に額を設定できるのでしょうか?

遅延損害金と違約罰の関係

5万円の金銭貸借契約において、期限の利益を失った場合の条項を契約書に盛り込んだとします。

まず遅延損害金は利息制限法により、10万円未満の場合は29.2%が上限とされていますから、この場合、年に1万4600円の額になります。

ここからがわからないのですが、この1万4600円というのは民法第420条でいう「損害賠償の予定」になるのかということです。そうなるとこれ以上、損害賠償の予定額を増やすことは利息制限法の上限を上回ってしまい上回った分は無効になるのでしょうか?

そ...続きを読む

Aベストアンサー

ANo.2です。御質問の件について。

1.「期限の利益を失ったときは、その翌日から元金に対する年29.2%の遅延損害金に加え、違約罰として1万円を支払うこととする」という条項は不可能ということでしょうか?

「違約罰として1万円を支払う」ことは無効であると考えられます。
例えば、甲乙間で、金額:50,000円、期間:1年(平成21年10月31日~平成22年10月31日)、利息:年5%、を内容とする金銭消費貸借契約が締結され、返済期限を経過した平成22年11月7日に完済されたものとします。
その場合の賠償額は、
 50,000円×29.2%×7日/365日=280円
となり、280円を超える部分は無効となります。

2.実務的には違約罰は必ず「損害賠償の予定」とみなされてしまうのでしょうか?

実務的には、「遅延損害金」=「違約金」=「損害賠償額(の予定)」として捉えられています。
ちなみに、「違約金」は「違約罰」の1つである、とされています。(違約罰のうち、債務不履行の際に給付されるものが金銭であるものを「違約金」といいます。)

3.借金の未払いを避けるために遅延損害金だけでは不安があるため、どうしても違約罰を設けておきたいとしたらどうすればよいのでしょうか?

債務の履行を心理的に強制しつつ債権の回収を確保しておく手段として、質権や抵当権を設定しておくことが考えられます。

ANo.2です。御質問の件について。

1.「期限の利益を失ったときは、その翌日から元金に対する年29.2%の遅延損害金に加え、違約罰として1万円を支払うこととする」という条項は不可能ということでしょうか?

「違約罰として1万円を支払う」ことは無効であると考えられます。
例えば、甲乙間で、金額:50,000円、期間:1年(平成21年10月31日~平成22年10月31日)、利息:年5%、を内容とする金銭消費貸借契約が締結され、返済期限を経過した平成22年11月7日に完済されたものとします。
その場合の賠償額は、
 50...続きを読む

Q【金銭消費貸借契約】と【消費貸借契約】

民法過去問を勉強しているのですが、
【金銭消費貸借契約】と【消費貸借契約】って、同じ意味ですよね?

それとも、言葉が違うということは、意味も違うのでしょうか?

Aベストアンサー

違いますよ。

消費貸借契約には、金銭も含みますが、
例えばお米を借りて、そいつを消費し
他から仕入れた同じお米で返す、なんてのも含まれます。

昔、日本が貧乏だったころには、こういうことが
日常行われていたのです。

Q遅延損害金の金利を18.25%に設定しているケースがありますが、利息制

遅延損害金の金利を18.25%に設定しているケースがありますが、利息制限法に抵触しないのでしょうか?
お詳しい方、法的根拠を持ってご回答くださいませ。

Aベストアンサー

利息制限法
第四条  金銭を目的とする消費貸借上の債務の不履行による賠償額の予定は、その賠償額の元本に対する割合が第一条に規定する率の一・四六倍を超えるときは、その超過部分について、無効とする。


なので、
■借金が10万円未満の場合
年率 20%×1.46 = 29.2%
 
■借金が10万円以上100万円未満の場合
年率 18%×1.46 = 26.28%
 
■借金が100万円以上の場合
年率 15%×1.46 = 21.9%
が、利息制限法の遅延損害金利率の上限となります。


> 利息制限法に抵触しないのでしょうか?
まったく問題ありません。

Q金銭消費貸借契約書の利息

金銭消費貸借契約書において利息をとらずに元金のみ返済を求めることは、法的には問題ありませんか?

Aベストアンサー

契約そのものについては、他の方も書かれているように、当事者間で合意しているのであれば問題ないとは思いますが、法的に税法まで含めるのであれば、もしも貸す方が法人であれば、法人税は無償のものも含めて収益の追求を前提としていますので、全く利息を取らなかったとしても、法人がいったん利息を受け取り、その後、利息相当額の現金を相手方に贈与したとみなされ、認定利息が課税される可能性があると思います。
逆であれば(個人、すなわち所得税法では、そのような考え方はないので)、特に税法上は問題ない事とはなります。
ただ、課税される場合であっても、契約自体に影響が及ぶものではありませんが。
(契約そのものは無利息でも有効で、法人税法上で、きちんと処理していれば問題ないというだけの事です)

Q遅延損害金の率

商人間の取引で買主が債務不履行であった場合、遅延損害金利の率はどの法律に規制されるのでしょうか。
利息制限法あるいは出資法が適用されるのでしょうか。?
取引基本契約書に損害額の予定として、遅延損害金の率を条項に記載したいと思っています。

教えて下さい。

Aベストアンサー

公租公課関係じゃ、法律で年14.6%ってのが普通ですね。明治時代の遅延利息、日歩4銭が慣習として残り各法律に規定されていますね。

Q金銭消費貸借契約 10万の利息?

知人から50万円貸借りたいと言われました。
10万円上乗せして60万にして返すと言うのです。
もし、貸すのならちゃんと契約書も作成しようと
思っているのですが、そもそも、10万円を利息と
して私が受け取ってしまって法律上問題はないの
でしょうか?
なんか心配になってきてしまったので質問させて
頂きました。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

法律的に問題がないのは、10万円以上100万円未満のケースですから年利18%までです。ですから可能な貸付契約の利息は、以下のとおりです。
  50万円×(0.18/365)×日数
従って、逆算すると406日間貸して10万円を受け取ればかまいません。

ただし、みなし利息の29.2%を越さない限り、刑法には触れませんので取締りの対象にはなりません。ただ、相手が法定利息の18%越した分の返還を要求した場合は、引き直し計算を行って、法定利息以上は返還しなければなりません。

Q家賃の遅延損害金の金利について

友人がちょっとした商いをするのですが、契約書に

「代金は●月●●日に振り込め。振り込まない場合はその日から
完済の日まで遅延損害として日歩5銭の割合による遅延損害金を支払うこと」
(とっても要約して書いてます)

とありますが、日歩5銭というのは年利に直すと18.25%ですよね。
これって利息制限法の範囲を超えてますよね。
(ちなみに支払う必要のある金額は120万円ほどです)

これって出資法との間のいわゆるグレーゾーン金利ってやつですか?
もしそうなら年利15%にて契約させるってことが可能なんでしょうか?


詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

遅延損害金をまとめたホームページがありましたので、紹介します。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~Jusl/Kasikin/RirituItiran.html

利息制限法の適用ではないと思いますし、例え利息制限法の扱いになっても遅延損害は利息の制限(15%)の1.46倍まで許されているので、年21.9%以下ならよいよいようです。ということで利息制限法の範囲内だと思います。

また、参考ホームページによると消費者契約法で年14.6%という制限があるのですが、「ちょっとした商いをするのですが」とあることから、事業者同士の契約になりますので、この法律の適用も受けないです。

Q金銭消費貸借契約書について

住宅購入資金を親から借り入れようと考えています。贈与とならないために金銭消費貸借契約書を作成して借りようと考えていますが、

1.返済途中で債権者(父親)が死んだ場合はどうなるのでしょうか?
2.返済途中で債務者(私)が死んだ場合はどうなるのでしょうか?

債権者(父親)にも債務者(私)にも扶養者(妻)がいます。「1」の場合、扶養者(つまり母親)に払うのでしょうか?「2」の場合、扶養者(つまり私の妻)が返済するのでしょうか?

3.上記のようなケース想定して金銭消費貸借契約書に記載すべきなのでしょうか?

以上、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>1.返済途中で債権者(父親)が死んだ場合はどうなるのでしょうか?

 御相談者に対する貸金債権は、御父様の遺言がなければ、御父様の相続人にその相続分割合に分割されて相続されます。
 例えば、御父様の相続人が御母様と御相談者だけだとすると、法定相続分はそれぞれ2分の1ですから、500万円の貸金債権は、御母様と御相談者は250万円ずつに分割されて相続されることになります。
 

>2.返済途中で債務者(私)が死んだ場合はどうなるのでしょうか?

 御相談者の相続人が、相続分割合に応じてその貸金債務を承継することになります。

>、「債務者が死亡した場合は債権を放棄する」という旨の文章を仮に盛り込んだ場合(当然、債権者の同意の下です)それは効力を持つのでしょうか?

 法的には有効です。しかし、税務上、御父様から奥様に対する贈与として扱われると思います。ですから、例えば、御相談者が、ご自身を被保険者、奥様を受取人とする生命保険契約を締結し、万一のことが有れば、奥様が受け取った保険金で返済できるようにするといった方法がよいと思います。

>1.返済途中で債権者(父親)が死んだ場合はどうなるのでしょうか?

 御相談者に対する貸金債権は、御父様の遺言がなければ、御父様の相続人にその相続分割合に分割されて相続されます。
 例えば、御父様の相続人が御母様と御相談者だけだとすると、法定相続分はそれぞれ2分の1ですから、500万円の貸金債権は、御母様と御相談者は250万円ずつに分割されて相続されることになります。
 

>2.返済途中で債務者(私)が死んだ場合はどうなるのでしょうか?

 御相談者の相続人が、相続分割...続きを読む


人気Q&Aランキング