ネットが遅くてイライラしてない!?

1.米と麦の違い
2.麦と押し麦の違い

上記2点について、外観・栄養などの点から違いを教えていただきたいです。ご存知の方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 こんばんわ。


 
・麦については
 http://www2.ocn.ne.jp/~beibaku/mugi/mugi.html

・米については   http://www.kamedaseika.co.jp/r_story/okome/co010 …
          
・押麦については
http://www.hakubaku.co.jp/q&a/mugi/mugimugi_syur …

をご参照になられてはどうでしょうか。

 ちなみに押麦は,調理しやすいように,麦に蒸気を当てた後,ローラーで圧扁したものです。一般的に麦としてスーパーなどで売られているものは押麦で,黒い線が真ん中に入っています。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ここで質問する前にいろいろなHPで調べてみたのですが、なんかイマイチピンとこず…。
麦と米って何の種類が違うんですかね?小麦から米が取れると思っているのですが、この小麦と麦って違うものなんでしょうか。うーん。

お礼日時:2003/10/12 23:00

 No.1で回答した者です。



 栄養面での違いですが,
・麦
 食物繊維が米より多い。
 また,白米を食べるより麦を混ぜた方が,血糖値やコレステロールが下がったと言う研究結果もあるようです。

・米
 米は、植物性タンパク質やビタミン・ミネラルなどが麦よりもはるかに多い。

 以上からすると,混ぜて食べるのが一番良いのかなと思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

一般に麦の方が白米よりいい、といわれているような気がしますが、ビタミン・ミネラルは米の方が多いのですね。知りませんでした。
ありがとうございます。これで一つ賢くなりました!

お礼日時:2003/10/13 23:22

 No.1でお答えした者です。

補足させていただきます。
 
 米と麦はまったく違う植物です。作り方もまったく違います。米はいわゆる「田んぼ」(水田)で,麦は畑で作られます。
 
 米には大きく分けて,ジャポニカ米(日本米。一般に私たちが食べているお米です。いろいろな銘柄がありますが,品種改良がされたもので,植物的学には同じものです。多分)とインディカ米(細長いパサパサした米。何年か前の米不足のときにタイから輸入されましたよね。)の二種類があります。
 
 麦には,小麦,大麦,ビール麦……などいろいろな種類があります。簡単に言えば,パン,うどん,ビールなどの原料が麦です。あまりそのままでは食べません。麦ご飯というのがありますが,あれも,お米を炊く時に麦(押麦)を混ぜたものです。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございました。
分かりました、米と麦は違うものなんですね。曖昧なものが一つはっきりしました。
小麦・米=主食=同じ原料 なんて考えがどこかにありました…お恥ずかしい。
栄養面ではどう違うのかなぁ。
ちなみに、私は麦100%でご飯をたいてもおいしくいただいています。

お礼日時:2003/10/13 09:23

1.栄養価:


  米の糖質含有量は麦より多く、麦の蛋白質含有量は米  より多い。精製度により細かい値は変動します。大雑  把な回答ではありますが...

2.押し麦とは大麦の食形態で、精白して軽く蒸した後、ロールで圧平したものだそうです。
 
 ここで言う麦は小麦のことですか?

 小麦は胚乳部がやわらかく砕けやすいこと、粉食の方が粒食に比べ消化率がよいことなど・・・色んな理由より製粉し、パンや麺類に加工します。

思い違いで答えていたらすみません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり栄養価は違うみたいですが、では米と麦はどちらが体によいのでしょうか?
小麦と大麦は違うものなんですか??

お礼日時:2003/10/12 23:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q米と麦の違い

米と麦は同じイネ科ですけど、教えてもらいたいことがあります

・麦飯って麦だけ炊いて食べるのですか?それとも米と混ぜなきゃ食べられないのですか?
・麦を蒸して餅つきは出来ないのですか?
・逆に、米だけでパンは焼けないのですか?やっぱり小麦を混ぜないと出来ないのですか?
・小麦には米ぬかのような食べないけど栄養価値のある部分とか有るんですか?有れば何かに利用されているのですか?

なぜ米は炊くのに麦は焼くのかもよくわかってない者ですがよろしくお願いします

Aベストアンサー

麦飯の麦は大麦ですね。
あのツブツブ感が気に入って、麦だけで炊いたことありますよ(笑)
結果は、粘りがなくてぽろぽろ落ちてお箸で掴みにくく、口の中でもポロポロして食べにくかった。麦飯好きなのでにおいや味はそんなに気にならなかったけど、やっぱりお米と混ぜたほうが美味しく食べやすいと思います。ちなみに私は5割くらい混ざってても好きです(*^_^*)

米も、ふつうご飯として食べる「うるち米」は蒸してついても餅になりません。餅になるのは「もち米」です。
でも、考えようによっては「うどんの麺」「すいとん」は小麦粉から作った餅のようなもの・・・と考えられないこともないですね。

米のパンは下に書いている通りです。
でも、「蒸しパン」なら米でもできるし、中国では昔から食べられてきました。

麦にも大麦、パンにする小麦、ライ麦、はと麦などなど色々な種類があるので、それぞれおいしくなる食べ方が工夫されてきました。

食べ方は、文化でもあります。小麦は西方で栽培され焼いて食べる文化が主流になり、米は東方で栽培され炊いて食べる文化が主流になったに過ぎません。
違う材料で色々試してみるのも面白いですよ。時には激マズな食べ物ができることもあるけど、質問者様も気になったら実際に料理してみてはどうでしょう(^▽^)

麦飯の麦は大麦ですね。
あのツブツブ感が気に入って、麦だけで炊いたことありますよ(笑)
結果は、粘りがなくてぽろぽろ落ちてお箸で掴みにくく、口の中でもポロポロして食べにくかった。麦飯好きなのでにおいや味はそんなに気にならなかったけど、やっぱりお米と混ぜたほうが美味しく食べやすいと思います。ちなみに私は5割くらい混ざってても好きです(*^_^*)

米も、ふつうご飯として食べる「うるち米」は蒸してついても餅になりません。餅になるのは「もち米」です。
でも、考えようによっては「うどん...続きを読む

Q白米と小麦粉の栄養価値を較べてどちら高いですか?

主食としては白米と小麦粉(食パンや饅頭など)の栄養価値を単純に較べてどちらが高いのか知りたいと思います。もちろん普段両方とも食べますが、どちらをメインにするべきか知りたいです。
もしわかる方がいらっしゃったら是非教えてください。

Aベストアンサー

精白米と薄力粉の栄養を比較すると、蛋白質もビタミンも無機質もほとんど薄力粉のほうが優れるといえます。

ただ、それそれの安全性を考えると、米は平成19年度94%の自給率に対して、小麦は14%に過ぎません。小麦を含め輸入食品の防虫、防かびのため、ポストハーベスト農薬が使われます。小麦もコクゾウムシの除去のために使われていて、パンなどにも残留農薬が検出されています。

また、ご飯とパンのおかずを考えると、パンのほうが脂質を多く摂取する傾向があります。また、塩分も製パンの時点で加えられており、ご飯に比べると塩分も多く摂取することになり、生活習慣病になりやすいといえます。

さらにGI値も精白米のほうがパン類よりいくらか低く、ダイエットや糖尿病予防になります。

従って私は白米をお薦めします。

参考URL:http://blogs.yahoo.co.jp/pyonepyone/23862748.html,http://kurashi.hi-ho.ne.jp/diet/calorie_control/gi/foodlist.html,

Q「米の生産性」 と 「麦の生産性」の比較

米は一粒から200粒ほどできるけれど麦は20粒ほどしかできない。
(これは時代地域によって大幅に違いますので、解りやすくしたものに過ぎませんが、このような違いがあったことは事実です。)

また稲作は二期作も可能なのですが、麦は連作できず、三圃制度がとられました。

これらのことをあわせ考えると、生産性の違いは数倍あることは確実です。

この違いから何が言えるか?というのが質問の趣旨です。


まず耕作面積あたりの生産性が違ってきて、面積あたりの扶養可能人口が違ってくると思われます。

私見ではこれが東南アジア稲作地帯の人口密度の高さに現れている、と考えます。

さて私としては、農民一人当たりの扶養可能人口が違ってくる、つまり農民以外の人口が増加して、工業、商業、文化生活などで豊かな生活が出来る、と言いたいのですが、どのような計算をして、これを立証したらよいかわかりません。

この計算をするための統計も不足していると思います。

どなたかこういうことをどう考えたら良いか、教えていただきたいものです。

Aベストアンサー

資本主義の起源と西洋の勃興
たとえば P130

中国の農業生産性は乾式穀物栽培をこなっていたヨーロッパよりもはるかに高かったので



明代における国家と貴族がヨーロッパとは異なって海外交易(および征服)からの歳入を追求しなかったかの理由であるともいえよう。

とか数カ所で、農業生産性の話が出ています。

単純化するならば

地主という貴族
商人という都市ブルジョワ
国家権力

という三つの存在を考える
農業生産性において、中国、インド > ヨーロッパ

農業生産性の高い、中国、インドでは、地主である貴族、及び皇帝、王などは、交易による収入を期待しなくても、十分な租税を農業生産から期待できた。
【農業生産性の高さが、商業(特に域外交易)の成長を必要としなかった。】という前回回答の部分
農業生産性の低い、ヨーロッパでは、交易が、農業と比べて比較優位となった。
※ 当該著書でも、中国、インドの交易は規模としてヨーロッパよりも大きかったということは指摘しています。あくまで比較優位の話です。

なので、中世において、ヨーロッパでは都市国家や自治都市が成立した。
※ 中国やインドの都市も巨大であったが、王や皇帝の作った都市であり、自主性はなかった。

戦争継続において、中国 インドでは農民への課税強化で行ったが、欧州は都市からカネを借りることで、行った。
※ なので 中国インドでは時として激しい農民反乱が行われたし(欧州との比較で)欧州では、商人が三部会とか、ベネチアなどのイタリア都市国家のように、それなりの政治的発言権を持つようになった。
【地主貴族が低い農業生産性のためブイブイできなかったので】という前回回答の部分、最大の地主貴族である皇帝、国王も含めて、戦争継続のために、課税強化しようとしても、生産性が低いので出来なかった。総額としての納税額を増やそうとして領土を増やそうと戦争するには、商人から金を借りなければならないという構造です。

結果として 「商売って素敵 善い行いだよね」

というのが国家として是認されたので、資本主義が欧州で生まれて成長した。

けっして、中国やインドにおける前近代の経済規模(農業を基礎とした)の量的拡大によって資本主義という質的変化が生まれるものではない

というのが この本書趣旨

資本主義の起源と西洋の勃興
たとえば P130

中国の農業生産性は乾式穀物栽培をこなっていたヨーロッパよりもはるかに高かったので



明代における国家と貴族がヨーロッパとは異なって海外交易(および征服)からの歳入を追求しなかったかの理由であるともいえよう。

とか数カ所で、農業生産性の話が出ています。

単純化するならば

地主という貴族
商人という都市ブルジョワ
国家権力

という三つの存在を考える
農業生産性において、中国、インド > ヨーロッパ

農業生産性の高い、中国、インドでは、地...続きを読む

Q発芽玄米と麦、体にいいのはどっち?

自然食品店で「ガンの要因に白米のみのご飯がある。医者は白米に麦を混ぜて食べる。」と聞きました。
家では便秘解消の為、私だけ発芽玄米ご飯、家族は麦入り白米を食べているのですが、どちらが体にいいのでしょうか?

Aベストアンサー

な、な、なんですとー?発芽直前玄米?初耳です。でも発芽した状態が一番栄養的にもにも優れていると聞きましたが、わさもの好きな私としては食べてみたい気がします。 アマランサスというのも以前食べましたが、、やはり今、いちおしは発芽玄米ですねー。あの食感はたまりません。 身体にいいもの=まずい というイメージがなくなりつつあります。

Q小麦・米アレルギー対応の主食を教えて

主人が小麦・米アレルギーを潜在的に持っていることが分かり、パスタやパン食中心の食生活を米中心へと見直すことになりました。でも白米も用心が必要なので、発芽玄米と雑穀のご飯を中心にするしか思い浮かびません。それがいいかどうかも確信はないのですが。
毎日の主食、困っています。
何かいいアイデアはありますか。

Aベストアンサー

http://allabout.co.jp/children/childallergy/closeup/CU20061218A/index2.htm

こちらが分かりやすいと思います。

また、同じ白米でもアレルギーの人により優しいといわれている
「ミルキークイーン」「ゆきひかり」などもあります。
糖が原因のアレルギーなら有効みたいです
http://homepage2.nifty.com/midoriyama/yukihikari.htm

玄米はたんぱく質が白米より少し多いので原因が米のたんぱく質なら
向かないかもしれません。

「ケアライス」「A-カットごはん」という、アレルゲンを大幅にカットする加工をした米もあります
http://www.e-kanekoya.com/s_aller_nd-kearice.html

アワ、ヒエが良いと思いますが同じ稲化に交差反応を起こす場合もありますから
その場合はまたそれも使えなくなります。

粉はアマランサス粉などが代用の代表選手ですね。

蕎麦はアレルギーはもし発症した場合に突然ショックを起こしたりもしますから
今は反応なくてもアレルギー体質の人は気をつけたほうがいいかもしれません。

あと、米、小麦を使った調味料などもありますからアレルギーや症状の程度によっては控えたほうが良い場合もあります。

除去がどれくらい必要なのか、除去して抑えていくべきなのか
症状がなければ摂取して良いのか、主治医との相談で決めていくしかないと思います。
あと、アレルギー対応食品のショップなどをマメにサイトで見ていけば
どういった代替商品があるか、分かると思います。
とても参考になりますよ。
http://www.mogumogu.jp/index.htm

海外在住ですか?それでしたら割と小麦アレルギーの人もいますので
とうもろこし粉で作られたパンなど通販していることもあります。

また、私が子供のころに入院していたときに米、穀物アレルギーだった子は
主食に芋を使っていました。
毎日はキツイですが、主食の一部に取り入れてお米の摂取を減らす手助けにはなると思います。
イギリスだとマッシュポテトが主食だったりしますし
サツマイモとか、とにかく炭水化物、糖類、多いです。

料理する人は本当に大変ですが、長く毎日続くこと。
あまり気にしすぎず、ゆっくり勉強して
迷ったり分からないことはどんどん主治医や担当に聞いて頑張ってください

http://allabout.co.jp/children/childallergy/closeup/CU20061218A/index2.htm

こちらが分かりやすいと思います。

また、同じ白米でもアレルギーの人により優しいといわれている
「ミルキークイーン」「ゆきひかり」などもあります。
糖が原因のアレルギーなら有効みたいです
http://homepage2.nifty.com/midoriyama/yukihikari.htm

玄米はたんぱく質が白米より少し多いので原因が米のたんぱく質なら
向かないかもしれません。

「ケアライス」「A-カットごはん」という、アレルゲンを大幅にカッ...続きを読む

Qシリカ測定(モリブデンブルー比色法)

化学の素人の者なのですが,今度シリカを測ることになりました.実験方法はわかったのですが,メカニズムなどが全然わからなくて困ってます.なぜ青く発色するのか?これでシリカのみを測れるメカニズムなどよくわかりませんのでわかる範囲だけでもご教授よろしくお願いします.
試薬:
・2gのモリブデン酸溶液(モリブデン酸アンモニウム
((NH4)6Mo7O24・4H2O)+6mlの濃塩酸(HCl)+蒸留水で250mlに定溶)
・還元溶液:25mLの亜硫酸メトール溶液(下記)と15mLのシュウ酸飽和溶液(下記)を混合する。さらに50%硫酸溶液(下記)15mLを攪拌しながらゆっくり加える。純水で総量75mLにする。
・亜硫酸メトール溶液:無水亜硫酸ナトリウム(Na2SO3)3gをメスフラスコ(250mL)内で溶かし、5gのメトール(p-メチルアミノフェノール硫酸塩、(HOC6H4NHCH3)2・H2SO4)を加えてから純水で250mLに定容する。メトールの完全溶解後、溶液をワットマンNo.1ろ紙でろ過したもの.
・シュウ酸飽和溶液:25gのシュウ酸二水塩((COOH)2・2H2O)を250mLの純水と攪拌し上澄みを回収したもの.

・標準溶液:0.5642gのNa2SiF6(真空デシケーター内で一昼夜放置したもの)を純水に溶解し、1dm3に定容する。(スタンダード用)


(1)希釈した標準溶液(スタンダード)を用意した試験管へ溶液注入器にて0.5mL注入(濃度段階0μMには純水1mLを加える)。測定サンプルも1地点につき2個ずつ0.5mL注入。高濃度予想測定サンプルには0.25mL注入し、0.25mL純水を加える。

(2)すべてに純水0.5mLを加える。

(3)すべてにモリブデン酸溶液1mLを加える。

(4)15分放置

(5)すべてに還元溶液1.5mLを加える。ふたをして、振動器にかける。

(6)2~6時間放置。

(7)水質分析計にてゼロ設定をしたのち、波長812nmにて吸光度測定。

(8)検稜線を描き、分析の精度が確認できたら、サンプルの値を検稜線式に代入し濃度を計算する。

化学の素人の者なのですが,今度シリカを測ることになりました.実験方法はわかったのですが,メカニズムなどが全然わからなくて困ってます.なぜ青く発色するのか?これでシリカのみを測れるメカニズムなどよくわかりませんのでわかる範囲だけでもご教授よろしくお願いします.
試薬:
・2gのモリブデン酸溶液(モリブデン酸アンモニウム
((NH4)6Mo7O24・4H2O)+6mlの濃塩酸(HCl)+蒸留水で250mlに定溶)
・還元溶液:25mLの亜硫酸メトール溶液(下記)と15mLのシュウ酸飽和溶液(下記)を混合する。さらに50%硫酸溶...続きを読む

Aベストアンサー

はじめに、筑波大学のURL:
http://www.biol.tsukuba.ac.jp/tjb/Vol4No1/TJB200501200100756.html
にあるように、原子吸光法などの機器分析にかかりにくいため「モリブデン黄法」それを還元した「モリブデン青法」の「比色」定量が用いられています。
方法はご質問の通りで、兵庫大学のURL:
http://www.shse.u-hyogo.ac.jp/kumagai/eac/4_14.htm
にもあるとおり、黄色がケイモリブデン酸、で還元すると「モリブデン青」と呼ばれる812nm付近に吸収のある物質に変わります。
ケイモリブデン酸の構造はややこしく、一般に「ヘテロポリ酸」と呼ばれるグループに属しています。
添付URLは日本新金属株式会社様のHPから頂きました。
添付ページの右下の図がヘテロポリ酸の一般構造なのですが、ケイ素やリンはこの立体のド真ん中に「はまっちゃう」形になっています。
一時この類の化学は非常に流行りましたが、今は昔の静けさを取り戻しています。(爆笑)
還元されて青くなるのですが、電子が全体に分布しているため、(対称性が非常に高いためにそうなる)どこにあると言えず、全体が還元される、と言うべきなのです。

参考URL:http://www.jnm.co.jp/pw12.htm

はじめに、筑波大学のURL:
http://www.biol.tsukuba.ac.jp/tjb/Vol4No1/TJB200501200100756.html
にあるように、原子吸光法などの機器分析にかかりにくいため「モリブデン黄法」それを還元した「モリブデン青法」の「比色」定量が用いられています。
方法はご質問の通りで、兵庫大学のURL:
http://www.shse.u-hyogo.ac.jp/kumagai/eac/4_14.htm
にもあるとおり、黄色がケイモリブデン酸、で還元すると「モリブデン青」と呼ばれる812nm付近に吸収のある物質に変わります。
ケイモリブデン酸の構造はややこし...続きを読む

Q「づつ」?「ずつ」?

今、ワードを使っていて壁にぶつかりました。
恥ずかしながら「~を一つずつ(づつ)あたえる」と入力したいのですが「づつ」と「ずつ」どちらが正解なのでしょうか?
あと「わかる」と言う漢字も、「分かる」「解る」「判る」と色々あってどちらを使って良い物か分からない場合が多いです・・・・社会人としてお恥ずかしい

Aベストアンサー

(1) 「ず」と「づ」は歴史的には発音が違っていましたが、現代では発音上の区別がありません。したがって、『現代仮名遣い』(昭和61年7月1日 内閣告示第1号)では、いくつかの例外を除いて、「づ」を用いないように定めています。ご質問のお答えは、「ずつ」が正解です。

(2) 「分かる」「解る」「判る」は、それぞれ意味が少し違います。
【解る】理解する。ことの筋道がはっきりする。
【判る】判明する。明らかになる。
【分かる】上二つの意味を併せたいい方。
『常用漢字音訓表』(昭和56年10月1日内閣告示)に、「分かる」はあるのですが、「解る」と「判る」は載っていません。「解」も「判」も常用漢字表には含まれていますが、「わかる」という読み方が載っていないのです。新聞やテレビなどのマスコミが「分かる」を優先的に使う理由はそこにあります。
質問者さんが公務員で、公文書を作成されるなら、「分かる」に統一する必要があります。民間の文書や私信なら、「分かる」「解る」「判る」を使い分けて、日本語の奥ゆかしさを味わいたいものです。

Q有機物と無機物の違いはなんですか?

稚拙な質問ですいません。
有機物の定義とはなんでしょうか?
無機物とどこで線が引かれるのでしょうか?
有機化学と無機化学の違いはなんですか?
髪の毛は有機物?無機物?
ご教授ください

Aベストアンサー

有機物とは基本的に生物が作るもので炭素原子を含む物質です。また、それらから派生するような人工的で炭素を含む化合物も有機物です。ただ、一酸化炭素や二酸化炭素は炭素原子を含みますが無機物に分類されます。
無機物とは水や空気や金属など生物に由来しない物質です。

Qおこめ 1合は何グラムですか

初歩的な質問ですみません。
新しく購入した米びつで1合を出してみると約150グラムです。
これで合っているのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

細かい話になってしまいますが、もともと1合というのは、体積(容積)の単位で、約180ccに相当します。

そしてお米180ccが何グラムに相当するかというと、皆様のおっしゃるとおり約150グラムになるということになります。

実際にはお米の乾燥の度合いなどで重さは前後することになると思います。レシピによっては、1合を160g換算しているものもありますね。

以上、ご参考までに。

Qモリブデンブルー比色法

モリブデンブルー比色法を利用して食品中の無機質のリンの量を知る場合に、ハイドロキノンによる『還元作用』は何がどうなるのかが知りたいです。
家に資料などがないのでとても困っています。

Aベストアンサー

調べてみました、が、余り簡潔に説明する資料が無くて。(汗
モリブデン酸とリン酸(リンの処理で最終的にこれになる)を混合すると「ヘテロポリ酸」の一種であるリンモリブデン酸が生成します。リン原子とモリブデン原子が酸素を介してつながったかなり大きなほぼ球形の分子になります。
これを還元すると「リンモリブデン」となりこの物質(正しくは化学種)の色を690nmで定量します。
ハイドロキノンは還元剤で酸化されると最終的には(パラ)キノンとなります。
一応下記のURLの最終段落をお読み下さい。(分析化学会掲示板)
また、ヒドロキノンでなくスズを用いた還元もわれております。(島根大学)
http://www.forest.shimane-u.ac.jp/nagayama/chem/gentext/phosph.html

参考URL:http://wwwsoc.nii.ac.jp/cgi-bin/jsac/treebbs.cgi?vew=981


人気Q&Aランキング