【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

日本以外での投資を検討しています。
以下に”金利が上がると株価は上がる?下がる?”について質問させていただきます。

昔の経済原理がどうかという質問をしたいのではなく、
今後、実際に欧州やアジアの株と企業債券(優先株、永久債)に投資していく上で
時代の流れを知って、利益を得るためにどうすればいいかを第一に考えて質問させていただきたいです。

1.今までの教科書に書いてあった理論
今まで”金利が上がると株価が下がる”と理解していました。
この理論は、
 金利が上がるとリスクの高い株価に投資するより、定期預金にした方がいい
 だから、株を売って定期預金する人が増えて株価がさがる
ということで、すごくしっくりきた考えでした。

2.現代ポートフォリオ理論?
ALL Aboutで以下のアドレスに北川 邦弘という方が書いて内容を見ると真逆のことが書いてありました。http://allabout.co.jp/finance/gc/374203/
 現代ポートフォリオ理論には「株と債券の値動きが逆になる」
という理論から
 金利が上がる→債券を売り(定期預金へ)→株価は逆に上がる
だそうです。

そこで、このHPを見ていらっしゃる専門の方に質問させていただきたいです。
これからの時代、欧州やアジアの市場ではどちらに動きやすいと考えられますか?
中国を中心としたアジア(日本以外)では現代ポートフォリオ理論に動くのでしょうか?
米欧も現代ポートフォリオ理論に動くのでしょうか?

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


先ほどのポートフォリオ理論の例ですと、一番典型的な例は
機関投資家が
株式の現物を買って、そのヘッジ目的で債券先物を空売りする、そして金利上昇。
というのが連日行われていることですが、
バブルの時は、円高、株高、債権高トリプル高という全金融商品が買われるということもあります。

先ほどのページの分を即席で読んでみたのですが、アメリカやヨーロッパが何を根拠に金利上昇を想定しているのかが記載されていないので、あの例文だけで「そうなる」と決め付けるのは危険です。

デフォルト懸念での金利上昇なのか?それとも景気拡大による金利上昇なのか?物価上昇によるものか?
これらによって大きく分かります。

例えば、アメリカやヨーロッパですと考えられるのが債務懸念ですし、中国ですとインフレ懸念が一番考えられる金利上昇です。

デフォルト懸念だと、債権安、株安、通貨安のトリプル安も考えられます。
    • good
    • 1

”金利が上がると株価は上がる?下がる?”



誰も判らないが正解です・・・理論が判れるってことは正しい理論が無いってことです

株の種類によっては一定のパターンがある


一般に配当を目的にする人が100%ならば配当利回りが下がるので下がる・・・
って書いてある本もある

他には
金利が上がれば逆ざや解消される⇒収益が増える 株価は上がる

有利子負債があまりに大きい⇒金利負担が増える 株価は下がる

金利が最低付近から上がる⇒景気が上がってきた 物が売れる ⇒収益が増える 株価が上がる

金利があがって過去最高水準⇒景気が下がる可能性が高い⇒株価がピークをつけて下がる


現代ポートフォリオ理論動くのは裁定くらいでそれ以外はほぼ意味が無い

過去にポートフォリオ理論で大儲けはした例は無いです

あるポートフォリオ理論で設けていた⇒公開⇒みんな真似する⇒意味をなさなくなる
ってことです

ポートフォリオ理論に動くならなみなそうします
成らないから新しい理論が生まれる 変な指数が生まれる

ポートフォリオ理論ならば株価は変動はほぼ皆無になりますね

そうならないことは過去の動きを見れば一目瞭然



 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ金利が上昇すると株価は下落するのでしょうか?

こんにちは。
最近の日本株はぱっとしないですね。
本日の新聞で、昨日の東証の下落の原因はアメリカの利上げと量的規制緩和の早期解除が原因で売りが先行した、とあるのですが、

米国の利上げ→米国企業が銀行からお金を借りるのに利息が高くなる→お金を借りにくくなる→業績が悪化する→米国の生活が悪化する→米国相手の取引がむづかしくなる→米国をメインに取引している日本企業の業績悪化→株価下落
量的規制緩和解除→日本企業が銀行からお金を借りるのに利息が高くなる→お金を借りにくい→業績が悪化→株価下落

という予想ができるから売りが先行して、株価の下落が起こったのでしょうか?

Aベストアンサー

日本で超低金利の資金を調達して、高金利のアメリカで投資することが、難しくなりそうという予想でしょう。日本株を現金化して、アメリカなどに投資するのでしょう。アメリカでも、日本株へのレーティングを下げたらしいです。

量的緩和→金利上げ→日米金利差縮小
実際にこうなるのは半年先でも、株式市場は今動きます。

米国企業というのは、日本と違って銀行から借金することが少ないと思います。証券市場が格段に整備されているので、直接金融か手持ちのキャッシュでしょう。米国はインフレに敏感なので抑制のため、利上げを続けているわけです。国民性も、日本人のような、あてもない貯蓄をしません。それだけ、政府の政策に信頼が高いわけです。住宅ローンで家を購入して、資産価値が上ると、その分ローンを上乗せして、生活を楽しむのだそうです。
日本とは全然違います。

そうそう、A新聞の記事ですか?やはり、日経のほうが専門で良いと思います。記者が理解できないものだから、言われたことをそのまま並べただけで、芸も無い記事です。

Q金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか?

金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??

この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?教えて下さい。

後、下のようなケースが理解できません。よければこちらも教えて下さい。
下にある金利が何を指すのかも教えて下さい。

【Q】
2005年1月1日に、表面利率1%、額面100万円の10年満期の国債が発行されました。
あなたは、それを100万円で購入します。
その後金利が上昇し、
2006年1月1日に、表面利率2%、額面100万円の10年満期の国債が発行されました。
さて、あなたの持っている2005年債は一体いくらで売却できるでしょうか?
大切なのは、答えの絶対値ではなく、その算出の仕方にあります。
だから答えを先に書いてしまいましょう。およそ918,378円です。
金利が上昇した結果、債券価格は下落したとこになります。
その理屈と計算方法を答えてください。



よろしくお願いします^-^

Aベストアンサー

証券マンです。このような質問をよくお客様から受けます。だいたいの場合、疑問の理由は「金利」「利率」「利回り」の意味合いを把握されていないことから来るようです。

>この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?
↑一般的には長期金利や短期金利、公定歩合などでしょう。

>金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??
↑理解しやすくするためにものすごく簡略化して書きます。
今の公定歩合が0.5%とします。利率が0.5%だと並と考えられる時代とします。ところが明日から公定歩合を5%に引き上げになるとします。すると明日以降に発行される債券は利率5%が並になる、と考えれば、今日までに発行されていた0.5%の債券を売却して明日以後発行になる5%の債券を求める動きが出るでしょう。
したがって、「金利が上昇すると、(今までの)債券は売られて価格が下落」します。金利下落時は逆です。

>【Q】
利率1%、残存9年の債券がある。今の長期金利は2%である。
これが50円ならあなた買いますか?普通買いますよね。なぜ? だって9年で値上がり分の50円と利息9年分9円の合計59円が入るから。50円の投資で9年かけて59円手に入るんだから。すごい効率ですよね。
じゃ60円なら買い?80円なら?95円なら?
これの損益分岐点を求めたものが回答です。利回り計算をすればいいんです。

〔{1+(100-x)/9}/x〕*100 =2
参考URL(最終利回り)をご覧ください。

この式の分子に来ているのは、結局「今後1年あたりどれだけの収入があるか」ってことです。
(毎年決まった利息)プラス(償還までの差益・差損の1年当たり分の合計)ですから。
(それをいくらの投資によって得られるか)が分母(購入価格)です。

参考URL:http://www.daiwa.co.jp/ja/study/knowledge/bond02.html

証券マンです。このような質問をよくお客様から受けます。だいたいの場合、疑問の理由は「金利」「利率」「利回り」の意味合いを把握されていないことから来るようです。

>この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?
↑一般的には長期金利や短期金利、公定歩合などでしょう。

>金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??
↑理解しやすくするためにものすごく簡略化して書きます。
今の公定歩合が0.5%とします。利率が0.5%だと並と考えられる時代とします。ところが明日から公定歩合を5...続きを読む

Q長期金利が上がり国債暴落の意味

毎日新聞の記事に以下のような書き込みがありました。↓
http://mainichi.jp/opinion/news/20130109ddm003070141000c.html
『消費者物価が2%になれば長期金利は3%に上昇するという試算もある。つまりは国債の暴落。』とあります。

消費者物価が上がると長期金利が上がる理由はただ単純に「物価上昇は経済活動の活発化であり、資金の需要が増大するから」という解釈でいいのでしょうか?

それから長期金利が上がると国債暴落というのが分かりません。
一般的なイメージとして先ず国債暴落(値下げ)が起こり、その埋め合わせに長期金利を上昇させてやるという図式が思い浮かびます。
それが何故、長期金利が上がると国債暴落となるのかが分かりません。

ご存じの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 消費者物価が上がると長期金利が上がる理由

 例えば、消費者物価が年に2%毎年上がるとするじゃないですか。ところが預金金利は1%のままだとする。

 それは「毎年1%ずつ損をする」ということです。

 「だったら、はやいとこ預金を引き出して、品物に換えておこう」「預金を引き出して、欲しいものを買ってしまおう」という発想になりますよね。

 で、それを引き留めて預金させようとすると、どうしても、「物価上昇+α」の金利をつけないといけないのです。

 もちろん、お書きのような、「物価上昇は経済活動の活発化であり、資金の需要が増大するから」という側面もありますが、表現として、それは借金する側の金利に着目した説明と言えるのではないでしょうか。

 また、私の表現と質問者さんの表現(どっちも正しい)には、若干のタイムラグがあります。

 ザックリした理屈・考え方を言いますと、日銀が2%多くの「円」を発行すると、それに応じて「円」の価値が2%下落しますので、2%の物価上昇になります。理屈的には簡単に上がります。

 (細かい数字は間違っていますし、社会はそんなに単純ではありませんが、いまはザックリした説明をしています)

 すると、1%の金利の預金は解約されるようになりますので、引き留めるために預金金利を上げなければなりませんが、その時点で経済活動が活発化しているかというと、そうはいきません。

 しばらく需要が拡大し、「商品が足りなくなりそうだ」となってから「それじゃあ作ろうか」という話になって資金需要が出てきます。

 で、借り入れ金利が上がります。

 たぶんそんな具合に、物価上昇、預金金利上昇、物品需要増大、投資・資金需要増大、貸し出し金利上昇、それぞれの間には時間差が生じるでしょう。


> それから長期金利が上がると国債暴落

 国債は、変動もありますが、基本的に「年利何%」と決まっています。国債に限ったことではありませんが、10年国債なら、10年間、ほかの金利が動いても、国債の金利は1%のままです。

 例えば預金金利が年利3%に上がると、100万円年利1%の国債は売って預金に乗り換えようという動きにさらされます。

 国債を持っていると1年に1万円しかもらえないのに、預金すれば3万円もらえるのですから当然です(話がめんどくさくなるので税金類はスルーします)。

 売りたいと言っても買う人はいないので、国債の値段を下げて買ってもらおうとします。

 いくらさげるかというと、年間3万円もらったのと同じに下げる必要があります。

 つまり、98万円で買えば、1年後に100万円と利息の1万円で、あわせて3万円得をしたことになりますので、預金したのと同じですから、98万円なら買い手が付きます。

 預金金利が10%上がった場合は、91万円で買えば、1年後に100万円と利息の1万円が入りますので、1年に10万円利息がついた計算になりますので、買い手が付きます。

 こうして、長期金利が上がると、国債価格は暴落します。

 (短期金利だと、すぐまた元に戻るさ、と考える人が多いので、国債価格の暴落にはつながりません)

----

 2度目の注意ですが、いまはザックリした説明をしています。

 例えば厳密に計算すると、100万円に対する10万円と、91万円に対する10万円では、受取額は同じでも、「利回り率は違う」ことになります。

 まあザックリした「考え方」を説明しているので固いことは言わないでください。

 またそれは理屈で、実際には、もっと金利が上がるんじゃないかと思うから「国債を叩き売りたい」と思うのですし、買う側も、1%が3%になったのなら、「もっと預金金利は上がるんじゃないか」「そうだとすると、98万円で買っても損するカモね」って思うので、買いたたきます。

 1年物で説明しましたが、10年ものなんていくらになるかはわかりません。

 で、理屈通りの数字にはなりませんが、概略の理屈はそういうことです。
 

> 消費者物価が上がると長期金利が上がる理由

 例えば、消費者物価が年に2%毎年上がるとするじゃないですか。ところが預金金利は1%のままだとする。

 それは「毎年1%ずつ損をする」ということです。

 「だったら、はやいとこ預金を引き出して、品物に換えておこう」「預金を引き出して、欲しいものを買ってしまおう」という発想になりますよね。

 で、それを引き留めて預金させようとすると、どうしても、「物価上昇+α」の金利をつけないといけないのです。

 もちろん、お書きのような、「物価上...続きを読む


人気Q&Aランキング