これからの季節に親子でハイキング! >>

フランス語の単語や例文を暗記してるのですが、eのアクサンテギュ、グラーヴを間違えてしまいます。この記号がつく法則みたいなものがあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

法則はありますが、そのためには音節と分綴を理解しなければなりません。

音節には母音で終わる「(発音上の)開音節」と子音で終わる「(発音上の)閉音節」があります。また、綴りを分綴するのに一定の決まりがあります。母音で終わる分綴を「綴り上の開音節」、子音で終わる分綴を「綴り上の閉音節」と呼ぶこととします。
アクサンの付かない開音節の e は無音(または曖昧音)であるのを前提とし

・é 綴り上も発音上も開音節にある e を「エ」と発音させるとき

é-té [e-te], pré-fé-rer [pre-fe-re] ※不定詞語尾の -er は例外, é-tu-de [e-tyd]

子音と母音は「子音+母音」で一つの音節・分綴を作ります。子音が二つ並ぶときはその間で切れるため es-pace [εs-pas] es- は閉音節・閉分綴となりアクサンは付けません。ただし並んだ子音のうち後ろが r, l であれば間で分けません。é-cri-re [e-krir], se-cret [s-krε]。écrire の初めの e は開音節に来ることになるため「エ」と読ませるのにアクサンがいりますが、secret の se は開音節にあってもアクサンがないので無音です。

・è 綴り上は開音節で発音上は閉音節の e を「エ [ε]」と発音させるとき

scè-ne [sεn], biè-re [bjεr], pré-fè-re [pre-fεr]

子音は単独で音節を作れないため、無音の e を伴う子音は発音上前の母音にくっついて閉音節を作ります。こういう性質から「è + 子音字 + e(無音)」というパターンが多くなります。

ê, ë については、ê はかつてあった子音字が脱落したことを示し、ë は直前の母音と切ることを(Noël, aiguë 切り離した結果 ë 自体は発音されなくなることもあります)表しますが、これは個別に覚えた方がいいでしょう。

なお、ress- で始まる語は例外的に「ルッ…」のように発音します。ressortir, ressource etc.
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランス語:eの発音の仕方

eですが、アクソンがない場合、「エ」「ウ」「無音」と発音がなるかと思います。その中でも「エ」と発音する場合について質問です。
文法書にはeの後に子音字が2つ以上並んだ場合は「エ」と発音するとあります。(例:mercredi 最初のeは「エ」)
それで「secretaire」ですが、最初のeは子音字が2つ「cr」とあるにもかかわらず「ウ」と発音します。どうしてでしょうか?なぜ「エ」とならないのでしょうか???

Aベストアンサー

《e》の読み方には原則があります。まずは、《e》が「エ」(本当は「広いエ」と「狭いエ」に分けられますが、ここではまとめて「エ」とします)または「ウ」(これは「脱落性のウ(または無音のウ)と呼ばれるもので、この「脱落性のウ」も発音されるときと発音されないときの規則がありますが、ここではふれません)およびその他の読み方に分類されるかと思います。以下に原則を列挙していきます:
I.-i 《e》の後に子音字が二つ以上続く時は「エ」と発音されます。例:essai「エセ」・effort「エフォール」・moderne「モデルヌ」・question「ケスチオン」等
I.-ii 《e》の後に流音(lまたはr)以外の子音字と流音の子音群が後続する時「ウ」と発音されます。質問にある《secretaire》がそれです。
例外:《s》で始まる語の中に、de-や接頭辞のre-がつくと「s」の音を保つため子音字の《s》を重ねることがあります。これは単に「s」の音を保つための便宜的なものなので、元の単語に《de》や《re》が加わったものと見なします。例:au-dessus「オドシュ」・ressentir「ルサンティール」
II. 《e》の後に続く子音字が一つの時、その位置によって分類されます。
II.-i 《e》が語中であれば「ウ」(つまり脱落性の「ウ」の扱い)
例:apprtement「アパルトマン」等
II.-ii 《e》が語尾にある時、その後続する子音字が発音されない《d》《f》《r》《z》の時、「エ」(それも狭い「エ」)と発音されます。例:pied「ピエ」・dernier「デルニエ」・nez「ネ」等
II.-iii 《e》が語尾にあり、その後続する子音字が上記III.-ii以外の子音字で発音されない時、「エ」(それも広い「エ」)と発音されます。例:sommet「ソメ」・regret「ルグレ」・aspect「アスペ」
例外:次の語は例外的に「狭いエ」で発音されます。et, les, des, ces, mes, tes, ses
II.-iv 《e》が語尾にあり、それに後続する子音が発音される時、「広いエ」で発音されます。例:avec「アヴェック」・sel「セル」・amer「アメール」等
III. 語末の《e》は通常発音されません。ただし、その単語がリズムグループ(これは別の機会に勉強してください)の中にある時、「脱落性のウ」の扱いになります。例:porte「ポルト」(この時語末の《e》は発音されていません。)un texte「アン テクスト」この時語末の《e》は発音されていません。音節で区切れば「アン‐テクスト」の2音節になります。)⇔un texte difficile「アン テクスト ディフィシル」(この時《texte》の語末の《e》は発音されます。従って音節の区切りがアン‐テクス‐ト‐ディ‐フィ‐シル)となり、6音節になります。《difficile》の語末の《e》は当然発音されません。)
「エ」または「ウ」以外の発音。例:femme「ファム」
上記の述べたのはあくまでも原則ですが、これでかなりの部分をカバーできるでしょう。「脱落性のウ」の規則は長くなるのでここでは述べません。

《e》の読み方には原則があります。まずは、《e》が「エ」(本当は「広いエ」と「狭いエ」に分けられますが、ここではまとめて「エ」とします)または「ウ」(これは「脱落性のウ(または無音のウ)と呼ばれるもので、この「脱落性のウ」も発音されるときと発音されないときの規則がありますが、ここではふれません)およびその他の読み方に分類されるかと思います。以下に原則を列挙していきます:
I.-i 《e》の後に子音字が二つ以上続く時は「エ」と発音されます。例:essai「エセ」・effort「エフォール」・moderne...続きを読む


人気Q&Aランキング