A 回答 (3件)

>女学生がはかまで学校にかよっていたのは正式にいつまででしょうか?



正式には、決まっていません。
平成の今でも、はかま姿で通学しても問題ありませんからね。
今度のNHK大河ドラマに決まった、同志社大学・同社社女子大でもはかま通学は可能です。
まぁ、強いて言えば「戦後、高度成長期まで」でしようか。
女性が、普段着で着物を着る事が無くなりました。
多くの方が、成人式で始めて着物をつくり、そのまま箪笥の肥やしになっていますよね。

昭和30年頃までは、着物で通学していた女学生が居た様です。
「二十四の瞳」大石先生のモデルになった女性は、香川県高松市の女学校時代に着物・はかま通学していた写真が残っています。
彼女の場合、戦前に女学校を卒業して女学校出の先生(当時は、代用教員が多かった)として好奇心の目で島民から見られた様です。

まぁ、戦前からあった大学・女学校では「伝統として、卒業式にはかま姿」になる様です。
    • good
    • 0

◇リサーチ・ナビ国立国会図書館>


ミニ電子展示 本の万華鏡>
第148回常設展示 女學生らいふ
http://rnavi.ndl.go.jp/kaleido/entry/jousetsu148 …
を順に読み進めていただければその変遷が辿れます。

「明治初期、政府は例外的に男袴の着用を女学生に認めていましたが、
女子の男袴の着用に対する世間の反発は根強く、
明治16(1893)年には政府が着用を控える旨の通達を出すに至り、
女子の男袴は姿を消してしまいました。」と記述されていますとおり、
文部省より「習風ノ奇異浮華二走ルコトヲ戒ムルハ、教育上惣ニスヘカラサル儀二候」と、
男袴の着用を禁止するという女学校の服装規制が定められましたので、
その終焉は明らかなようです。

そこで、明治18年に華族女学校(学習院女子部の前身)が創設されたとき、
当時の学監だった下田歌子が宮中の女官がはいていた袴を元に「女袴」を考案し、
制服に指定したと言われています。

やがて日本各地の女学校が華族女学校の女袴を真似て、
明治30(1897)年頃から広まり始めた海老茶色の女袴ですが、
「正式にいつまで?」とおっしゃられましても、
それぞれの学校の制服採用時期には差異があるでしょうから
特定には無理がありますが、

「大正12(1923)年の関東大震災を境に生徒の間で洋装が増え始め、
それとあいまって女学校でも洋装の制服が次々と採用されていきます。
中でも、既に明治末期に運動着として取り入れられていたセーラー服を、
正式な通学用の制服として採用する学校が、昭和の初めには大半となりました。」
と記述されてるとおり、
「大正12年9月1日~昭和初め」の間に制服の洋装化がなされたようです。

◇ニコニコ大百科>女学生-
セーラー服への移行
http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%A5%B3%E5%AD%A6%E7% …
明治38(1905)年、女子高等師範学校教授の井口阿くりにより、
上衣をセーラー服、下衣を膝下までのブルマーとする体操服が提案され、
以来、セーラー服は一部の女学校で運動着として用いられていたが、
大正時代に入ると世相が変化し、洋装化や女子体操教育が推進されるようになって、
大正9(1920)年、平安女学院が日本で初めてセーラー服を制服として採用、
その後、ミッション系女学校を先駆けとして、女学生への洋装の普及と、
セーラー服の制服化が進んでいった。大正末期には和装と洋装が入り交じるようになり、
昭和に入るとほとんどの女学校がセーラー服を導入している。

以上少しでもヒントになれば幸いです^^
    • good
    • 0

女学生のはかまは正式な服装ではありません。



着物が女性の正式な服装だった明治、大正時代に
男まさりの女学生が、男性の袴をはいて
自転車にまたがったり、大股で走ったり出来るので着用するようになったのが
始まりです。

蝦茶色がはやりだったらしく、「えびちゃ」というだけで、
男子学生は興奮したそうです。

今でいうとなんでしょうね。
スクール水着とか、そんな感じですかね。
(わたしは、えびちゃにも、スクール水着にも興奮はしないよ)

ですから当時は、女学生のクセに袴なんぞをはいてと言われました。

んー。
ジェームス・ディーン主演の映画「理由なき反抗」で、
女優アン・マーグレットが、前にジッパーのついたジーパンをはいて
当時話題になりました。
それまでの女性のパンツは、横にジッパーかボタンがついているのがあたりまえだったからです。
女のクセに男物のジーパンをはいていたからなんですね。

それと同じで、袴をはいた女学生が我が家に出入りするのを
家族のものは大変いやがりました。
まあ、男まさりということですね。

ということで
正式ではなく流行ですから、
いつまでということはむずかしいのではないでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q沖縄が正式に日本になったのはいつですか?

沖縄が正式に日本国の仲間入りしたのはいつでしょうか?
あと、琉球王国はどうなったのでしょう?王家の血筋の人たちは沖縄にいるんでしょうか?

征服?されてまったくトラブルも無く順応しているというのはすばらしいことだと思います。
内戦になっていてもおかしくなかったような気もします。

そこら辺のところ教えて下さい。

Aベストアンサー

質問に対する答えではなく、tomotaroさんの回答に対する補足ということで。
(あくまで訂正補足ということで、他意はありません)

>また農耕を開始した民族アマミキヨは「海の人」「海部」といわれ九州から南下した人々です。
このことからいっても古代から日本には違いないです。
最近のミトコンドリアDNAでは南方から北方へ移動したという結果が出ています。
また「アマミキヨ」という民族はあくまで一説で、メジャーな説ではありません。

>その最初の人は源為朝(日本ですよね!)
これはあくまで作話で、事実ではありません。
薩摩下における地位向上のために創作されたものです。

>1429年本島の南部の按司(領主)であった尚巴志が中山王の武寧を倒し中山王となり北山・南山を滅ぼし統一王朝を開きました。
中山王・武寧を倒したのは1406年、
その後即位したのは尚巴志でなく父の尚思紹です。
で、北山・南山を攻略し統一を果たしたのが1429年です。

>この王朝が明治になるまで続いたわけです。
その後尚巴志の系統・第一尚氏王統は滅び、
第二尚氏王統(血縁関係はない)が誕生し、明治に至ります。

>1441年島津氏は室町幕府の将軍義教から恩賞として琉球国を与えられました。
いわゆる嘉吉附庸はまったくの虚構であることがわかっています。
事後のアリバイ工作にすぎません。

質問に対する答えではなく、tomotaroさんの回答に対する補足ということで。
(あくまで訂正補足ということで、他意はありません)

>また農耕を開始した民族アマミキヨは「海の人」「海部」といわれ九州から南下した人々です。
このことからいっても古代から日本には違いないです。
最近のミトコンドリアDNAでは南方から北方へ移動したという結果が出ています。
また「アマミキヨ」という民族はあくまで一説で、メジャーな説ではありません。

>その最初の人は源為朝(日本ですよね!)
これはあく...続きを読む

Q百年前の女学生は雨の日に傘をさして歩いていたか

今から百年くらい前の女学校の女学生は雨の日に傘をさして歩いていたでしょうか。

Aベストアンサー

http://www.arc.ritsumei.ac.jp/oldarc/kiyou/08/tomita.pdf

B1の図が日露戦闘前後
教育幻燈会というのは日清日露の頃
「ちょっと時代をさかのぼりまして女学生ですね」と洋傘を持った女子学生を出しているので、たぶん100年以上前の女学生の同時代的な認識かと思われます。

Q男児が生まれて「でかしたぞ!」はいつまでか

歴史ドラマなどを観ていると、男児出産で殿方が婦人に向かって「でかしたぞ!」などといっていますが、こういうことはいつまで続いたのでしょうか。男の精子の種類で男女が決するという常識が普及したからなくなったのでしょうか?本来なら、産婦が殿方に向かって「殿様の種がよかったのでございます。おでかしになりましたね」というのが筋なのです。

Aベストアンサー

まぁ殿方に向かって
おでかしになりましたね←日本語おかしくない?
とは言えないでしょう。
よくやったと言う言葉自体が上から目線ではないでしょうか
「殿の種がよかったのでございましょう」止まりです、精々
命を賭して子息を産んだ婦人への労いも込みの言葉でしょうから
殿からの「でかした」は終わっていないのではないでしょうか
男児誕生を尊ぶことが少なくなってきてから
「でかした」の指すところが徐々に変化していったにではないでしょうか

いつ終わったかといえば、
一部は終わってないが一部ではごく最近変化していってるのでは・・
と曖昧なこたえですが
如何でしょう?

Q召集令状はいつまで送られていたのでしょうか?

召集令状(赤紙)がいつまで送られていたのかご存知の方いましたら教えて下さい。

又、終戦ギリギリに召集を受けそのまま戦地へ行った方などいるのでしょうか?

Aベストアンサー

敗戦となっても、帝国陸海軍廃止と決定までは、間があり、軍の官僚機構は
地方で惰性で、動いており、終戦前後の記録では、玉音放送後に、ある村役場では
従前の本土決戦動員計画のまま、召集令状が出され、8月20日ごろに、
村長が「戦死の心配はなくなりましたが、一応、万歳を唱えます」
と音頭をとり、送り出した記録がある。

・終戦ギリギリに召集を受けそのまま戦地へ行った方などいるのでしょうか?

内地では戦地に向かうことも、かなわかったが、
満州では、終戦直前に、学校や開拓団から召集された、ほとんど訓練されず
貧弱な装備の新兵が、ソ連軍の矢面に立たされた上に、戦後長くシベリアに
抑留されたことは、あまりにも有名な話ですね\(^^;)...

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

Q石器や青銅器はいつまで流通していたか。

石器や青銅器は何時代まで日用品として流通していたんでしょうか。
たとえば江戸時代には日用品における石器・青銅器・鉄器のシェアはそれぞれ何パーセントぐらいだったんでしょうか。

Aベストアンサー

日本限定の話でしょうか?

日本では八世紀まで(有望な)銅鉱山が発見されていませんでしたので、それまでは(それ以降も)輸入でした。

日本での鉄器は六世紀には作られていたらしく、学説によっては一~二世紀頃まで遡るようです。(中国では紀元前の秦では既に大量生産が実現しています)

「技術」と「燃料」があれば、材料の入手地の限られる石器や青銅器よりも、何処でも入手出来る鉄器の方が製造も易く、使い勝手も遥かに上です。

日本では青銅器は鉄器と同時代に入ってきているようなので、青銅器時代と呼べる物は無いとされています。

石器と鉄器のシェアは極短期間で入れ替わったでしょう。

七世紀には関東・東北にも製鉄遺跡が見られます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報