よく信用取引は危ないとか素人は手を出すなとか言いますが、いったい何%くらいの人が信用取引をしているのでしょうか?

私は前回のバブル期前後に数回の株取引を経験しています。
バブル崩壊前は全ての株価が上がり、崩壊後は全ての株が下がりました。
よく成長の望める会社の株を・・・などと言いますが、そんな株はごく僅かで素人が見つけられるものではないと思います。
普通の株は平均株価に強い影響を受けて上下していますよね。

過去の例を見ると平均株価は下げのトレンドに入ると1-2年くらいは回復しないようです。
この様な時に素人がどんな株を買っても殆どの銘柄は下落の一途を辿り、損失を出すのは目に見えていると思います。

それ故、この10年ほど休んでいました。(信用取引の知識は殆どありませんでした)
しかし、信用取引を調べてみると買い付け余力の範囲内なら、危険な事ではないし、今後、平均株価が下げのトレンドに入った時には現物買いはせず、信用売りが当然の取るべき方策と思うのですが如何でしょうか?

(バブル崩壊期に株で皆が損をしたと言われますが、信用売りした人は大儲けではないでしょうか。私の認識は間違っていますか?)

掲示板などで調べてみても、信用取引をする人は少ない様ですし、失敗したと言うことも強調されているようです。
私は信用取引をする時は、下げトレンドの時の信用売りのみ・手持ち資金の範囲内で堅実にやりたいと思っています。
それでも素人は信用取引を避けた方が良いでしょうか?
ちなみに、現在は口座を作るだけで実際に信用取引はしません。
来年以降そんな時期が来たら対応出来るように準備をしたいと思っています。

経験のある方がおりましたらご教授ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (17件中1~10件)

「下降トレンドに入ったら信用売りの方が良い」というのは、誰もが認識していることですね。


この考え方自体は、至極自然なことです。
問題は、自己統制という心理的な問題でしょう。
あなたの決めた「余力内」というルールなら、問題もありません。
それを一字一句変更せずに厳守する自身があるのならば、実践すべきだと思います。
ただし一般論的には、鉄の心でも持っていない限り無理でしょう。
損をすればそれを取り返そうと、儲かればさらに儲けようとする、というのは普通の人間なら当然の心理です。
これは、今あなたが何を言おうと、実際その場面に直面しなければ分かりません。
誰もが自己統制に100%の自信を持てないから、「信用取引は危険なもの」と認識され、「下降トレンドに入ったら信用売り」という当然のスタンスを取れないのではないでしょうか。

それから、下降トレンドを見分けるのも簡単なことではありません。
5月から日経平均がゆるやかな上昇を見せています
が、それも後になって分かることです。
それをあなたはここまで続くと予想できましたか?
今後さらに上を目指すのか、下へ向かうのかどっちでしょうか。転換点は突然やってきます。
また下降トレンドと言っても、上下を繰り返して結果的に下げていくのであって、毎日下げ続けるわけではありません。
上昇トレンドで騰がる銘柄を見つけるのと同様に、下降トレンドで下がる銘柄を見つけることも難しいことです。
実際に、ここ5月からの上昇トレンドで儲けていない人は多数存在しています。

あなたの考え方自体は当然のスタンスですが、儲けることは簡単ではないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現在、3銘柄ほど保有しておりますが、やはり買い時より売り時の判断に苦慮しております。
上げても下げても、もう少しと思ってしまいますね。
おっしゃる事が一つ一つ「本当にそうだなぁ」と思えます。
空売りは自分に自信がついてからにし、いただいたご意見を忘れずに精進したいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/04 20:11

当初の質問から離れてしまったので簡単にコメントします。



>>RCIとSRV%KはDLJ証券のマーケットスピードなど・・・
DLJ証券のものは見ていないのでコメントできません。

後者は無駄ではありませんけど一ひねりあります。

テクニカル分析の基本と言うか、相場の常識の様に言われるものは
勉強するではなくて身に付けて置くことです。

今、「一目均衡表の研究 佐々木英信著」を読み始めました。
この本を読む目的は一目均衡表の分析ではなくて各パートの考え方を
しっかり押さえて置く必要がある感じたからです。

参考URLは本書の紹介
著者の紹介は→http://www.ntaa.gr.jp/ifta/20011116/sasaki.html

参考URL:http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=2211&c …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
勉強し始めると奥が深いですね。
この本はチャートの基本が身に付いたら参考にしたいと思います。

お礼日時:2003/11/03 22:50

>>「相場の転換点の見極め」は平均株価でも


日経平均で言えばそれが簡単に知る方法があるのです。
しかも前もって解るテクニカル分析です。

私も教えて貰ったばかり半信半疑なので具体的には書きません。
直近で言えば21日にRCIとSRV%Kは強い売りサインが
出ていました。これだけはそんな馬鹿な事はないと言う人が
現れるでしょうが求める日数に味噌があります。
契約の問題があるのでこれ以上は書けません。

その人にお勧めの参考書を教えて下さいと聞いた事があるのですが
大体本を書く様な者は儲ける事が出来ないから文筆業で飯を食って
のだから本など読む必要がないと答えが返ったきました。

この回答への補足

チャートの解析にはいろいろな方法があるようですが、良い師匠が居られるようで羨ましいです。

RCIとSRV%KはDLJ証券のマーケットスピードなどで見られるようですが、この様な一般的な解析方法とは違うんでしょうか?
また、
http://www.sevendata.co.jp/option/tyato/srv.htm   http://www.sevendata.co.jp/option/RCI/rci_kakou. …
の様なページはは勉強する価値はありますか?
いろいろな指標があって、面倒そうなのであまり興味は無かったんですが、勉強する必要があるでしょうか?

補足日時:2003/11/03 09:13
    • good
    • 0

最近信用取引を始めました。


その結果、10月は空売りが成功して、それまでの3ヶ月分の
利益を2週間程で稼ぐ事が出来ました。

何故空売りをしないのかが質問の中心だとすれば、信用が危険
その上に空売りなど儲かる訳がないと言う考えが浸透している
からだと思います。日本は長い間右肩上がりを経験して来たので
「買い方が儲かる」が浸透しているのだと考えます。
先月空売りにポジションを変換した時に株の話をしている人から
大丈夫かとか売ったら駄目だよと戒められましたが、チャートは
売りサインを強く出していたから信じただけのことです。
(今だから言えるんですが・・)

また、株をどの程度の期間で持つかで考え方が変わると思います。
大手証券会社の初心者向けの入門冊子には時間を味方に付けろ
と言う記述を見かけます。要するに長く持てば買った株価以上
になる事があるから損をしないと暗に言っていると思います。
(私から言わせれば時間と言うリスクを投資家に負わせている
無責任な記述だと考えます)

こういった物から株式投資は長く持つものと言う考えかたが
定着しているのでは?
長く持てばいつかは儲かるけれど、信用取引は半年で切られる
から長く持てないので損をすると言う構図が見えて来ます。

でも、株価の動きを見る時に、年・月・週・日・時間があります。
週以下で考えても起伏は、そこそこあります。
1ヶ月以内で手仕舞うスタンスで、余力を日々チェックし、且つ
損切りが出来る人ならば金額に関係なく信用取引が出来と考えます。

後は、相場の転換点をどう見極めるかです。短期の場合これが
一番難しいんです。
長い方が易しいとは言いませんけれど短期の方が即断を要求場面が
あるので難易度が高いと思います。

最後に、株の格言に「人の行かぬ道に花あり」(だったかな?)が
有りますが、人と同じ行動するなと言う戒めだと理解しています。
自分が正しいと思う道を切り開いて行くことが成功する道です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>何故空売りをしないのか・・・信用が危険 ・・空売りなど儲かる訳がないと言う考えが浸透している 。

やはりそうなのか。という感じです。
私も信用取引・空売りというのはマイナスのイメージがあり、踏み込んではいけないイメージがありました。
今はネットで何でもすぐに調べられますが、やはりその辺が空売りをしない原因なんでしょうね。

>時間と言うリスクを投資家に負わせている無責任な記述・・・

私も今まで漠然とこの様な事を感じていました。
「株式投資は長く持つもの」と言うのは右肩上がりの時代の話でバブル崩壊後は通用しない感じがします。
確かに「株価が回復するまで」長期に塩漬けにすれば、損はしないとは言えますが、おっしゃるとおり時間もリスクなんですね。

>相場の転換点をどう見極めるかです。短期の場合これが
一番難しいんです。
自分が正しいと思う道・・・

「相場の転換点の見極め」は平均株価でも、特定の株でも難しいでしょうね。
私は今のところ現物買いのみで、来年以降・平均株価が1年以上の長期で下げのトレンドにありそうな時に空売りで株式投資を続けようと思っています。
信用取引では分相応の取り引きに徹し、自分の道を切り開いて行こうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/02 22:24

>極一部では大損した人も居るんでしょうね。


仕手集団ですら失敗して崩壊するくらいですし。
億単位ですよ。ああいうところは。

>>誰が信用売りで一番儲かるか・・・も
>巨額な資金を操作できる組織でしょうか?
>それとも証券会社?
>私が狙っているのは30番目くらいの儲けで良いんですが。
それは、金持ちの順位です。法人部門で・・
これは、1年以内の宿題です。
これが判れば信用やってください。

なお、つなぎ売買は、成功率高いですよ。
儲けは少ないですが。

この回答への補足

信用売りで一番儲けを出せるのは、年金や保険などの巨額な資金を動かせる組織や欧米の外国人投資家ではないでしょうか。
特に外国人投資家は為替まで操作できる実力がありますから(外交の出来ない日本は蚊帳の外)ドンドン売れば暴落して底で買い戻すなんて事が出来るんでしょうね。


なお、つなぎ売りについては理解は出来ますが、自分の性に合わない様な気がします。
マネックス証券のこのページがほぼ私の考えです。
http://www.monex.co.jp/visitor/howto/shinyo/idea …

補足日時:2003/11/02 17:53
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足の追加です。
一つ心配な点があるのです。
空売りをして、もしその株のストップ高が続いた場合、買いたくても買えずに株価が落ち着く高値になるまで買えないんでしょうか。
早めに成り行きで注文しておけば早めに買えるんでしょうか?
ここが今唯一心配な点なんですが・・・

お礼日時:2003/11/02 22:54

資金に関しては貴方の理解は間違っていないと思いますよ。

ただ、要するにカラ売りの場合は損失額の上限がない(もちろん証拠金の関係でそんなことはありませんが)怖さがありますので、資金は余裕があったほうがいいということです。

厳格に損切りを実行するつもりでも、稀とは言え、預け証券のストップ安・売り建て証券のストップ高のケースでなすすべもなくゲームオーバーになるというのはちょっと相場をナメテルと思われてもしかたない面はあります。とにかく、確実に資金を減らさずに生き残ることが第一に求められるわけですから。

ただ、手法やスタンスは千差万別です。貴方にとってふさわしい方法ならば成功できるでしょう。その点では、人の意見を必要以上に気にする必要はありません。自分だけが敵と言ってもいいと思います。

ちなみに、あくまでも一般論ですが、カラ売りは信用買いよりはうまく使えばローリスクです。そして、ツナギ売りはより堅実な手法ですので、今までの現物での経験も活用できますし、ハイリスク・ハイリターンゆえに信用に興味があるわけでないのなら、ぜひ勉強してみてください。本来、初心者や長期投資派の人こそ信用を覚えるべきだという意味が分かると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>厳格に損切りを実行するつもりでも・・・

カラ売りが必要な時期にきたら、迷わず踏み込めるように勉強して慎重にやって行きたいと思います。

信用売りについての私の理解や姿勢の大筋が、「間違っていない」とのアドバイスをいただき、大変勇気づけられる思いです。
他の方の忠告を含めたご意見をもう少し伺って質問を閉じたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/02 17:39

追加。


>成長の望める会社の株を・・・
ネットバブル崩壊の中、2,3銘柄見つけましたよ。
5倍になったけど。

>信用売りした人は大儲けではないでしょうか?
大損こいてますよ。
特有の理由により。

いわゆる、トレンドの転換を見極められずに。
今の状態がまだ続く・・・

ま、適当に、このサイトで奨めている本を読んでみれば、判りますよ。

誰が信用売りで一番儲かるか・・・も。

この回答への補足

バブル崩壊の最中に上昇する株!
私には無理です。

>大損こいてますよ。特有の理由により。

特定の理由とは何でしょう?
上昇への転換期に損をしたと言うことですか?
もしそうなら、極一部では大損した人も居るんでしょうね。

>誰が信用売りで一番儲かるか・・・も

巨額な資金を操作できる組織でしょうか?
それとも証券会社?
私が狙っているのは30番目くらいの儲けで良いんですが。

補足日時:2003/10/30 01:02
    • good
    • 1

まず、アホらし。

の意味。
>最近、余裕資金の140万円スタートで始めました。
140万では、信用取引限度額ぎりぎり水準です。
実質、株券で持ってると思いますので、ちょうど100万円の価値しかありません。
仮に、利益が出て儲かってたとしても、値動き3割は見ておいて、180万円以上の価値は必要です。

>最初は50-80万円程度しか信用売りに投入するつもりはないのですが・・・
売り立てが50-80は、悪くはありません。
新規建ての費用が半分の25-40万必要です。
追証の予備資金20万くらい。
この時点で、評価額約230万。

貴方の理論がとおった場合、これだけあれば、確実に儲かります。

ただ、ストップ高が2回続けば、強制決済、もしくは追証発生になりかねません。
この時点で補強できる資金が必要です。
出来ない場合、強制売り付けで持ち株売られます。

ということより、まず資本が少なすぎる。
と、
一回の判断ミスで、儲けが吹っ飛ぶので180万なんて、現物取引の水準です。


>下げトレンドにあるときに上がる株を買うと言うのも醍醐味のひとつ
>残念ながら、私にはそんな能力も情報収集力も無いようです。
上がる株を見つけられないのに、下がる株を見つけれるわけ無いです。


>休むも相場のうち
>休み続けて13年も経ってしまいました。
もって居なければ休んだうちに入りません。


貴方がこの資金だけで、1年後5割り増しできる実力がおありなら、私の意見は聞き流してください。


一番の敵は自分ですよ。
欲望の。

これがどれだけ制御できるか・・・

資金の増減でわかります。

つなぎ売り
現物保有株の信用売り
下がれば下がっただけ利益が出て、現物保有のまま優待権利がある。
逆に騰がったときは、現物を売れば、損失ゼロ。

これなら被害は極小に出来ます。

なお、只今審査中。

この回答への補足

ただいま勉強中なので、必要資金が何故230万円になってしまうのかがよく判りません。
私が言う140万円というのは、現金のことです。
60万円の売り建てで100万円まで値上がりした時点で買い戻せば40万円の損。残金100万円になり、次の取引が出来ると思うのですが、間違いでしょうか?
株券で持っていると仮定しても、何故230万円になってしまうのかがよく判りません。

>ストップ高が2回・・・

市場全体が長期の下げに入っている時に、ストップ高が2回・あり得ない事では無いですが、かなりの運の悪さ・・・その時には出したくはないが、出す金はあります。

>上がる株を見つけられないのに、下がる株を見つけれるわけ無いです

確かによく言われることで、そのとおりだと思います。
しかし、前にも書いたとおり、長期の下げトレンドの時には下がる株を見つける方が遙かに当たる確率は高まります。 この場合に上がる・下がるを同義に捕らえるのは言葉遊びに等しくはないですか?
(私は上級者の方の忠告と捉えていますが)

>つなぎ売り・・・
この手法は聞いたことはありますが、通常使われている手法なのでしょうか?
よく吟味していませんが、何か危ない感じがするんですが・・・

補足日時:2003/10/30 00:33
    • good
    • 0

いろいろな考えの人がいるのが当然ですので、他の方の意見にはあえてコメントしません。



わたしとしてはあなたの疑問は至極もっともだと思います。預託金の範囲内でレバレッジを利かせないで、適度な損切りを確実に実行できる限り、信用はむしろ値動きへの対応のバリエーションを増やす分だけ現物のみよりリスクが少ないと言えます。

ただ、ではなぜ皆やらないのか、なぜ皆儲からないのかという疑問が当然出てくるでしょう。
レバレッジを一切利かせずに、確実に損切ることができるような自己管理が確実にできるのならば、今のような相場環境下で現物のみでもそこそこ儲けを出せるはずです。結局は、素人は規律に従ったトレードをするということが非常に難しい以上、最悪の事態をまねかないためには現物のみにしておく方が無難という話になるわけです。

ちなみに、信用売りを手軽に導入したいなら、下げトレンドをとるよりも戻り売りから入る方がおすすめです。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

>確実に損切ることができるような自己管理・・・
やはりこれが難しいのでしょうね。
どんな局面でも明日のことは誰にも分からないですからね。

>下げトレンドをとるよりも戻り売りから入る方がおすすめです。

ここが良く分かりませんでした。
もしやるなら、「下げトレンドの時の戻り売り」を考えていたのですが・・・

補足日時:2003/10/28 23:25
    • good
    • 0

>>また、「アホらし、こいつ。

」とありますが、私の質問のどの部分がアホらしかったでしょうか。

 下げトレンドになれば空売りすれば儲かると思っている点でしょう。

 それだったら、機関投資家を始め、みんなそうして儲かりますよね。

 教科書通りでは儲からないのが株でしょう。

この回答への補足

>下げトレンドになれば空売りすれば儲かると思っている点でしょう。

私も全ての株が「空売りで儲かる」などとは思っていません。
しかし、下げトレンドで空売りが儲かるのは確率から言って当然のことですよね。

皆そうしないのは、ある人は知識が無く、また大勢の人は信用取引の危険な誘惑から自分を制御する自信が無いからだと思います。
(1)皆、何故しないのか、そこが一番知りたいのですが・・・

それから機関投資家は空売りをしないのでしょうか?
機関投資家に空売りをされたら大博打になるでしょうから規制されてるんでしょうか?
大規模すぎて貸株が見つからないんでしょうけど、どうなんでしょうか?
初心者なものですから、考えてみたことがありません。
(1)とあわせて教えてください。

補足日時:2003/10/28 23:12
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東洋証券の信用取引口座

は二元管理システムって聞いたのですが、
二次管理って何でしょうか?
よろしく御願致します。

Aベストアンサー

>>二次管理って何でしょうか?
二元管理の誤りでしょうか?

デモ画面の信用取引のメニューに
>>ご紹介する画面は新規買・売注文、建玉一覧、返済買・売注文(建玉指定)、信用余力、保証金振替となります。
とあります。

保証金振替を行うところは少なくなって来ています。
信用を開設するば現金や株券は自動的に保証金に充当されて
仕舞う為です。

自動的に総額を振替えないで信用分の保証金と一般取引の
現金と現物を別管理することを二元管理システム言っているのだと
推測します。

参考URL:http://www.toyo-sec.co.jp/contents/demo_renew/html/index.html

Q信用取引(空売り)できる中国株を取り扱っている証券会社は?

中国株をやって1年がたちました。
売りでも利益が得られるように中国株で信用取引をしたいのですが、それって可能でしょうか?
もし、可能ならどこの証券会社でできるか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

買いでぼろもうけできてる(?)からそこまでやる必要ないと思いますが。

ココで其れを聞かれるということは、まだ経験が浅いということですね。

無いと言っておきます。

Q東洋証券内(?)の口座の移動(?)

現在、野村證券で株の取引をしておりますが、手数料が高いのでネット証券に口座を移動しようかと考えています。
しかし、野村は来月からほふりに預けている株式を移動しようとすると、手数料が取られてしまいます。
今から、ネット証券に資料請求を行うと、新口座の開設は来月になってしまいそうです。

そこで、考えたのですが、自宅の近くに東洋証券の支店があるので、そこでまず口座(特定口座)を開設して、1月中に東洋証券に移す。そのあと、東洋証券のホームトレード部に口座を開設し、そこに支店に預けている株を移動する。
という手法を考えてみました。

この場合、東洋証券の支店の口座から、ホームトレード部の口座に株式を移動する場合、手数料はかかるのでしょうか?また、東洋証券の支店に口座を開設する場合、開設費用などは必要でしょうか?

(東洋証券のホームトレード部のパンフレットには、ホームトレード口座を「特定口座」で作成して、支店のお預かりをホームトレード口座に移管し、支店の特定口座を廃止する。
という記載がありました。)

ご存じの方、お教えください。

現在、野村證券で株の取引をしておりますが、手数料が高いのでネット証券に口座を移動しようかと考えています。
しかし、野村は来月からほふりに預けている株式を移動しようとすると、手数料が取られてしまいます。
今から、ネット証券に資料請求を行うと、新口座の開設は来月になってしまいそうです。

そこで、考えたのですが、自宅の近くに東洋証券の支店があるので、そこでまず口座(特定口座)を開設して、1月中に東洋証券に移す。そのあと、東洋証券のホームトレード部に口座を開設し、そこに支店に預...続きを読む

Aベストアンサー

東洋証券の支店の口座とホームトレード部の口座は別物では?
ホームトレードの口座は維持手数料が無料だが、一度、支店に特定口座を作って株を移動するならば、支店の口座は維持手数料がかかるとおもわれます。
その場合、支店の特定口座からホームトレード部にうつすなら、結局、支店で開設する特定口座の手数料分、無駄では・・・。

2月までかかったとしても、一気にネット証券に移す方が得策かと。

Q株の信用取引残高には、あらゆる主体が行う信用取引が含まれる?

信用取引の残高(東証信用取引銘柄別残高、日証金残高など)には、個人投資家が証券会社を通じて行った信用取引だけでなく、機関投資家などの行うすべての信用取引が含まれているのでしょうか?

信用売り残・貸株残が0にも関わらず、空売りとしか思えない売り物がどさどさ出てくる場面に遭遇する度に不思議に思っています。

検索してみたところ、過去に同じ趣旨の質問がありましたが、
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2405177.html
初心者の私には、このページだけではよくわからなかったので、どうかご教授のほど、何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

東証が発表する信用取引残高、内訳は制度信用残高(言わば既製服)と一般信用取引(同じくイージー・オーダー)とになります。
どちらも、機関投資家はコスト的に合わず、ほとんど利用していないものと考えます。
これとは別に、日本には、1998年12月の証券取引法の改正に伴い、有価証券の貸借取引が証券会社の付帯業務となり、株券貸借取引市場が整備されました。
これにより、証券会社が、生損保等の機関投資家・事業会社・別の証券会社から株券を借りてきて、投資家に貸し出すことが可能となりました。
証券会社は貸し借りの仲介役を務めます。
証券会社と投資家の間で、消費貸借契約(現金担保付株券消費貸借取引契約)を結びます、証券会社は、投資家が希望する銘柄の株券を上記の機関投資家・事業会社・別の証券会社などから借りてきます、投資家は、借りる株券の時価以上の現金を担保として差し入れます、この差し入れた現金には利息が付き、投資家は利息が手に入ります。
また、株券の返済条件など自由度が高く、利便性があります。
つまり、この株券貸借市場を利用することによって、先物との裁定取引ばかりでなく、多様な売買手法をとることができます。
例えば、つなぎ売りとか、機関投資家がある事情から株式を手放すことができない、しかし、この値上がり益は確保しておきたいとか?
CB、MSCBの転換株との利鞘確保のためとか?
この株券貸借市場に、借り手として参加できるのは機関投資家に限られています。もちろん、証券会社自身も借り手として参加できます。
尚、1998年から空売り規制が強化されています。(が、本当にこの規制、機能しているのかにゃ?)

従って、ご質問者の、
>信用売り残・貸株残が0にも関わらず、空売りとしか思えない売り物がどさどさ出てくる場面に遭遇する

となり申す。^^

東証が発表する信用取引残高、内訳は制度信用残高(言わば既製服)と一般信用取引(同じくイージー・オーダー)とになります。
どちらも、機関投資家はコスト的に合わず、ほとんど利用していないものと考えます。
これとは別に、日本には、1998年12月の証券取引法の改正に伴い、有価証券の貸借取引が証券会社の付帯業務となり、株券貸借取引市場が整備されました。
これにより、証券会社が、生損保等の機関投資家・事業会社・別の証券会社から株券を借りてきて、投資家に貸し出すことが可能となりました。
証...続きを読む

Q東洋証券の使い勝手はどうでしょうか。

できれば東洋証券を使われている方にお聞きしたいのですが、使い勝手はいかかでしょうか。
定額制で、他にコスモ証券なども考えております。
率直な感想をお願いします。

Aベストアンサー

特定口座を複数開設しても税金の申告は簡単です。
確定申告が近づくと証券会社から証明書のようなものが送られて来ます。「あなたはいくら儲かりました(損しました)」という書類です。それを持って税務署に行けば後は全部やってくれます。下手にソフトを買って自分でやるよりずっと簡単ですよ。
ここに住所書いてください、ここにはこの儲けた金額、ここに年収という感じで言われるままに書けばいいだけです。サラリーマンなら源泉徴収票を忘れずに(コピーはだめです)。税務署は税金を納めてくれる人にはえらく親切ですよ。でもお茶は出ません。コスモは年会費の証明書を発行してくれます。東洋は「自分でその額を申告してください」とえらく簡単です。売買益から年会費(月会費の12ヶ月分)を引いてくれます。
それと東洋は60回を越えると1売買毎に420円ですが、コスモは945円です。

Q【信用取引】中国人の信用取引額が45兆円らしいですが、日本人の信用取引額は幾らですか?東証で。

【信用取引】中国人の信用取引額が45兆円らしいですが、日本人の信用取引額は幾らですか?

東証で。

Aベストアンサー

回答がないと削除出来ないというのを初めて知りました。

ありがとう、感謝です。

Q信用取引すると現金取引が出来なってしまった

信用取引を始めたばかりです。
大損をしたわけでもないのに、信用取引をしたら預かり金がなくなり、現物取引が出来なくなりました。
証券会社に聞いたら信用取引の金額をもう少し下げるように言われましたが良く判りませんでした。
現物での売買をメインに考えていますので、信用取引をしつつ現物も取引出来るような金額はいくらでしょうか?

Aベストアンサー

これだけの情報だけだと、答えようがないというのが正直な所だと思います。ただ、思うに、信用取引の”基本的な仕組み”の問題の可能性が非常に高いと思いますので、口座開設申し込み時に、必ず見ている説明書などで仕組みをしっかり理解する事をお勧めします。

ちなみに、今回の件は、通常は信用建に必要な現金(及び相当物=現物株)しか拘束されないので、現金取引が出来ないと言う事は、単純に余力が足りないだけだと私は想像してみました。

Q【株】PER(株価収益率)が高すぎる会社はなぜダメなんですか? PER(株価収益率)とは株価を1株

【株】PER(株価収益率)が高すぎる会社はなぜダメなんですか?

PER(株価収益率)とは株価を1株当たりの当期純利益で割った値で、日経平均銘柄だと14-16倍だそうです。

で、PERが高い銘柄をスクリーニングするとワタミが2.43倍とPERで見ると良い会社に見えます。

進学会だと3.02倍でブラックワタミ嫌いの人なら進学会の株を買えば儲かると思うのですが投資家は買ってないですよね。

なぜ買わないんですか?

PER(株価収益率)は良いですよね?

Aベストアンサー

PERが平均より高い会社がダメとは限りません。
PERが高いということは、それだけ評価が高い、高い成長が期待されているということでもありますので。
その期待に応えられれば株価はさらに上昇する可能性があります。
逆にそれなりの成長は続けていても、期待されているところまで到達しないと株価は下落ということもあります。

ワタミが2.43倍というのはPBR、純資産倍率ですね。PERとは違います。
進学会だと3.02倍というのはなんの数字が意味がわからないです。PERでもPBRでもないですね。

株価は単純にPERの高い低いだけでは判断できません。
様々な要素を幅広く考える必要があります。

Q信用取引の本

株とチャートについて書かれているいわゆる初心者本は数冊読んだのですが信用取引についてイマイチ理解ができません。買った本には信用取引について書かれているものもありましたが、初歩的なことについて少しだけ書かれていただけでした。

信用取引をするつもりはないのですが、信用取引について少しぐらいは理解しておかないと駄目かと思ってます。

信用取引について比較的わかりやすくて色々書かれている本でいい本とかってないでしょうか?一応、ネット書店で検索しているのですが、これだというのが見つかりません。

Aベストアンサー

基礎的な知識であれば、参考URLのサイトあたりでわかると思います。

本ですと、

「信用取引のチャンスとリスクがわかる本」ダイヤモンド社

信用取引はやっていませんが、この本を読みました。
それで、このカテで回答もできています。

参考URL:http://money.www.infoseek.co.jp/MnStock/mguide/?k=01

Q【株取引】株は上がっても下がっても対応出来る3回買いがお勧め。1発買いと違ってリスクを下げることが

【株取引】株は上がっても下がっても対応出来る3回買いがお勧め。
1発買いと違ってリスクを下げることが出来る。

本当ですか?

Aベストアンサー

ドルコスト法を参考にしてみてください。
http://allabout.co.jp/gm/gc/12929/2/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング