法律の専門家の方にお伺いします。(司法書士や、弁護士に限らせてお願いします・・・)

相続についてお伺いします。
私は、ある仕事をしていてある程度の相続については知っているのですが、今回、兄弟が相続する場合の相続について疑問が生じたのでお伺いします。

被相続人に子および配偶者がいなく、また直系尊属(親や、祖父母)がすでになくなっている場合(もちろん被相続人より先になくなっている。)兄弟姉妹に相続権がいくことになりますが、かなりの時間的あきや、戦争等によって兄弟姉妹がなくなるのが前後したこととします。

そのときに、被相続人から、甥や姪に当たるものが、被相続人の死亡前後に死亡したとなると相続権はどうなるのかお伺いしたいと考えています。

ちなみに、このことについての争点はいったん開始された相続権(被相続人の死亡年月日)が、承継されるのか、それとも、甥、姪のみで終わり、その後甥、姪の子にまでは相続権は認められないのか?を教えていただきたいです。実際に業務についていても民法の条文ではどちらとも取れるためどうか、実際に業務を行っている司法書士か弁護士野方に回答をお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

民法条文の規定により明確です。



889条第2号の規定により被相続人の兄弟姉妹に相続権が生じる場合には、889条第2項の規定により、887条第2項の規定が準用されます。
ここで重要なのは、887条第3項が準用されていないことです。

887条第2項の規定は第一順位の相続人である「被相続人の子」が被相続人よりも先に死亡している場合には「被相続人の子の子」が代襲相続人となるという規定です。
887条第3項の規定は「代襲相続人である被相続人の子の子」が被相続人よりも先に死亡している場合に「被相続人の子の子の子」が代襲相続人になり、さらに「被相続人の子の子の子」が被相続人よりも先に死亡している場合には・・・と、理論上永久に続きます。

平たくいえば、被相続人が死亡した際に被相続人の子及び直系尊属がいない場合には、被相続人の兄弟姉妹が相続人となり、被相続人の兄弟姉妹が被相続人よりも先に死亡している場合には、被相続人の兄弟姉妹の子が相続人となる。ということです。


「被相続人死亡時」に相続権が発生します。
「被相続人死亡時」に生存している者が相続人となります。
被相続人の兄弟姉妹が生存している場合にはその者が相続人となり、被相続人の兄弟姉妹が被相続人よりも先に死亡している場合には、被相続人の兄弟姉妹の子が代襲相続人となります。

被相続人の死亡時に生存していた被相続人の兄弟姉妹がその後に死亡した場合には、「新たな相続」が発生することになります。
このとき「被相続人の兄弟姉妹」が持っていた「相続権」も「新たな相続の対象」となるということです。
このように相続が続くことを「数次相続」ともいいます。
最初の被相続人に関する相続を第一次の相続、次に派生した相続を第二次の相続というように呼びます。


「民法より抜粋」

第887条 被相続人の子は、相続人となる。
2 被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によつて、その相続権を失つたときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。但し、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。
3 前項の規定は、代襲者が、相続の開始以前に死亡し、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によつて、その代襲相続権を失つた場合にこれを準用する。

第889条 左に掲げる者は、第887条の規定によつて相続人となるべき者がない場合には、左の順位に従つて相続人となる。
第1直系尊属。但し、親等の異なる者の間では、その近い者を先にする。
第2兄弟姉妹
2 第887条第2項の規定は、前項第2号の場合にこれを準用する。
    • good
    • 0

被相続人 平成15年死亡



兄 昭和20年死亡
兄の子 昭和30年死亡 孫不可

兄の子 平成20年死亡
 相次ぎ相続。兄の相続人が再度相続。

もっと具体的に書いてくれんと困るよ。
    • good
    • 0

戦前に死亡したとき、兄弟に相続権なし。


 戸主が相続。

応急法のとき
 兄弟姉妹の子は、だめである。不存在になる。

新法の改正前、
 無限に兄弟姉妹の孫・ひ孫もよい。

現在
 兄弟姉妹の孫は、だめ。不存在になる。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺産相続時の遺留分と遺書の効力はどちらが強い?

 父が逝きそうです。
 遺産に2200万程の物件があります。
 それ以外に現金の貯蓄などはありません。

 父はその遺産を次男の私に相続するとの事です。
 
 しかし本来、遺産相続時に発生する「遺留分」(妻5割、子2.5割)と、「遺書」の効力はどちらが優先されるんでしょうか?。

Aベストアンサー

遺留分は遺留分権者が主張して始めて効力を持ちます。
そしてその効力は遺言に優越します。

質問文から読み取ると、
被相続人「父」
相続人「配偶者である母」「子二名」
となっているようですね。

この場合の「法定相続分」は
配偶者2分の1、子各4分の1となります。

「遺留分」は各々その法定相続分の2分の1となり、
配偶者「4分の1」
子各「8分の1」となります。

被相続人となる「父」が遺言にて全財産を二男に相続させるとしていた場合、一応その遺言は効力を持ち、二男は全てを相続することができます。

しかしながら、「配偶者」と「他の子」が遺留分減殺請求を行った場合、遺留分相当額の財産を「配偶者」や「他の子」にわたす義務が生じます。

これが遺言と遺留分との関係です。

Q甥姪の代襲相続 被相続人の後に死亡 再転相続はありますか?

子供がおらず、親兄弟死亡後の代襲相続は、甥姪までですね。

被相続人死亡の前に、甥姪が亡くなっていれば、相続権はありません。

しかし、被相続人死亡の後に、代襲相続権を持った方が亡くなった場合、 
再転相続はありますか?

詳しい方どなたか教えてください。

説明が下手なので、言葉足らずでしたら、補足します☆

Aベストアンサー

>被相続人死亡の後に、代襲相続権を持った方が亡くなった場合…

相続手続きが終わっていないうちに亡くなったら、という話ですか。
手続きは別として、被相続人死亡の時点で、代襲相続者が相続していますので、さらに代襲相続者の相続権を持つ者、たとえば甥姪の配偶者や子に移ることになります。

甥姪が独身で相続者がいなければ、その遺産は国庫に帰属することになります。

Q宅地建物取引主任者(宅建) 相続法の遺留分について教えて下さい。

教えて下さい。

宅地建物取引主任者で家族法⇒相続法の中で遺留分という内容がありますが、この遺留分というのはどのようなときに使われるのでしょうか?

例えば被相続人Xが愛人Qに遺産の3600万円すべてをあげると遺言した。Xには配偶者Yと子二人(A,B)がいる。

この場合、遺留分とはY=900万円・A=450万円・B=450万円。
この遺留分はY・A・Bに相続できると言うことなんでしょうか?それとも愛人Qが3600万円、全て相続できるのでしょうか?

遺留分=相続できる と考えてよいのでしょうか?

説明不足な書き込みですが、どなたか教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

遺留分の法的根拠は民法第1028条にあります。
質問の事例の場合には、お見込みの通り1/2が法定相続ということです。
一方で、同法第902条で、被相続人は遺言で遺留分に関する規定に違反
することができないとありますので、相続の半分は同法第900条の法定
相続権利者がその権利を有するということですね。もちろん、権利なので
放棄もできます。相続開始を知って90日を経過すると単純相続とみなさ
れます。

Q被相続人の甥姪の子に相続権があるかどうか。

被相続人Aが亡くなり、子供は無く親も居なかったので配偶者と兄弟が相続人となりました。
その後、遺産分割協議書を作る前に相続人である兄弟が亡くなり、更にその後その兄弟の子(被から見て甥姪)も亡くなりました。

質問:
(1)その場合、甥姪の配偶者と子供からも遺産分割協議書をもらう必要があるのでしょうか?

(2)そして、甥姪のことは「相続人」と呼べるのでしょうか。それとも相続人の代わりに協議書を書くだけで「相続人」とは呼べないのでしょうか?

(3)代襲相続は甥姪までと聞きました。それに対して今回のような場合(数次相続というのでしょうか)は相続人に限りがなく理論上は延々と続くのでしょうか?

回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1について
遺産分割協議書をもらうのではなく、遺産分割協議書への捺印か相続分不存在証明などへの捺印などをもらわなければなりません。
亡くなられた順番(時期)によって、相続人や利害関係者は異なることでしょう。
質問のような状況では、兄弟の配偶者も相続人の相続人ですね。
さらに甥姪や甥姪の配偶者やそのお子さんは相続人の相続人ですね。

2について
あくまでも相続人は、相続の開始時で考えますので、相続人が当時存命であれば、亡くなられた方が相続人です。そしてそのような協議では、相続人の権利を相続した相続人、相続人の相続について遺産分割協議がされていなければ、相続人の相続人がその権利を行使することになるだけでしょうね。

3について
代襲相続は、相続人となるべき人が相続開始時に亡くなっている場合です。ご質問の場合と考え方が変わります。登記や法律では、数次相続と言うと思いますが、相続税法上の取り扱いでは、相次相続と言いますね。

遺産分割協議や登記などの手続きの放置では、代襲相続・数次相続などで利害関係者が増え続け、実務上、手続きが困難になることもあります。中には、時効の援用や家庭裁判所による審判などでしか解決が難しくなることもあることでしょう。
私自身、5代以上前の祖父から親父への相続の登記を代理で行いましたが、知人の司法書士に相談したら、司法書士でもそんなにそのような経験はないといわれてしまいましたね。
ただ、私の場合には旧民法による家督相続制度・他の不動産に相続登記の際の他の相続人の相続分不存在証明などを有効に扱うことで、素人でも可能な手続きでしたね。

1について
遺産分割協議書をもらうのではなく、遺産分割協議書への捺印か相続分不存在証明などへの捺印などをもらわなければなりません。
亡くなられた順番(時期)によって、相続人や利害関係者は異なることでしょう。
質問のような状況では、兄弟の配偶者も相続人の相続人ですね。
さらに甥姪や甥姪の配偶者やそのお子さんは相続人の相続人ですね。

2について
あくまでも相続人は、相続の開始時で考えますので、相続人が当時存命であれば、亡くなられた方が相続人です。そしてそのような協議では、相続人の権...続きを読む

Q宅建の相続の遺留分について。

ご質問致します。
読みづらかったらすみません。
相続の遺留分で、「共同相続人の1人のした遺留分の放棄は、他の共同相続人の遺留分には影響を及ぼさない」という法がありますが、例えば、被相続人Aが、1000万円残して死亡して、配偶者Bと、子C、子Dがいるとします。普通にいくと遺留分は、配偶者1/4で250万円、子C・子Dが1/8で125万円ずつになりますが、ここで、子Dが遺留分の放棄をすると、配偶者は1/4で変わりませんが、子Cは、1/8から1/4になり250万円にあがりますよね?
ということは、遺留分の放棄は、他の共同相続人の遺留分には影響を及ぼしているのではないのでしょうか???
ちょっと解釈の仕方が解からないので、どうか教えてください。

Aベストアンサー

>共同相続人の1人のした遺留分の放棄は、他の共同相続人の遺留分には影響を及ぼさない

なので、金額は変化しません。
CとDで1/4というのは頭から消して、
B1/4、C1/8、D1/8で考えてください。

但し、子Dが「相続の放棄」をした場合には
始めから相続人とならなかったとみなされるため(第939条)
遺留分は変化する可能性があります。

遺留分の放棄と相続の放棄を確認してみて下さい。

Q法定相続人は誰になりますか?(被相続人死亡後に相続人の一人が死亡)

こんばんは。初めて質問させて頂きます。

春頃、主人の祖母が亡くなり、現在主人の両親の代で相続協議中ですがもめているらしく全く解決しなそうです。そこで、相続について調べていたらそもそも「法定相続人」で1つ疑問が生じました。自分でいくら調べてもわからないので、どなたかご回答をよろしくお願いいたします。

被相続人:祖母(A)
 相続人:祖母の子(3人)→長男(B)、長女(C)、次男(D)

(1)祖父は15年以上前に亡くなっています。
(2)相続人の3人は、各自、配偶者と子供がいます。
(3)【相続人の次男(D)】は、【被相続人の祖母(A)】が死亡した2週間後に死亡しました。

この場合の法定相続人は誰になりますか?

『B、C、Dの子供』の3分割でしょうか?

私がネットで調べて気になっているところは「被相続人の死亡前に相続人が亡くなっていた場合、相続人の子が相続できる」と書いてあったところです。
今回のように「被相続人の死亡後(遺産分割前)に相続人の一人が亡くなっていた場合」はその子も法定相続人になれますか?
またなれた場合、遺産相続の協議にその子ではなく母(死亡した相続人の妻)が参加して口を出す事はできますか?

少し複雑なのでうまく説明できているか不安ですが、よろしくお願いいたします。

こんばんは。初めて質問させて頂きます。

春頃、主人の祖母が亡くなり、現在主人の両親の代で相続協議中ですがもめているらしく全く解決しなそうです。そこで、相続について調べていたらそもそも「法定相続人」で1つ疑問が生じました。自分でいくら調べてもわからないので、どなたかご回答をよろしくお願いいたします。

被相続人:祖母(A)
 相続人:祖母の子(3人)→長男(B)、長女(C)、次男(D)

(1)祖父は15年以上前に亡くなっています。
(2)相続人の3人は、各自、配偶者と子供がいま...続きを読む

Aベストアンサー

代襲相続は生じません。代襲相続するというのは誤りです。相続人の死亡という代襲原因は、相続の開始以前であることが“民法887条2項という明文の規定”で決まっています。相続開始後の死亡は代襲原因になりません。

Aの法定相続人はB,C,Dの3人です。相続はAの死亡時に発生しているのでその時点で死亡していないDは当然に相続人です。その後にDが死亡したことは何の関係もありません。
Aの死亡“後”にその相続人Dが死亡した場合を“数次相続”と呼びますが、これはAの死亡によりAを被相続人とする相続が発生し、その後、Aの相続人のDについてDの死亡によるDを被相続人とする相続が発生したという状態を指します。ここでDの配偶者と子は、あくまでもDの相続人であってAの相続人ではありません。
とは言え、Aの相続について分割協議等が整っていない場合には、Dの配偶者と子はDの生前の地位を承継しているので、Dになり代わって相続分割協議をすることができます。しかし、それはあくまでも数次相続によりDの地位を承継したことが理由であり、Aの相続人になったからではありません。

ということで、
>今回のように「被相続人の死亡後(遺産分割前)に相続人の一人が亡くなっていた場合」はその子も法定相続人になれますか?
なれません。
しかし、なれなくても
>またなれた場合、遺産相続の協議にその子ではなく母(死亡した相続人の妻)が参加して口を出す事はできますか?
参加できます。なぜなら、Dの妻はDの生前の地位を承継しているからです。Dの妻はDの相続人として自己の固有の地位に基づいて参加できるのであり、Dの子の代わりに参加するのではありません。Dの子もまた同様にDの生前の地位を承継しているのでDの妻とは別に自己の固有の地位に基づいて参加することができます。

だから数次相続が生じると関係者が増えたり、血縁者以外が入り込んだりして面倒臭いことになるのです。分割協議はさっさと済ませる方が楽なんですよ。

代襲相続は生じません。代襲相続するというのは誤りです。相続人の死亡という代襲原因は、相続の開始以前であることが“民法887条2項という明文の規定”で決まっています。相続開始後の死亡は代襲原因になりません。

Aの法定相続人はB,C,Dの3人です。相続はAの死亡時に発生しているのでその時点で死亡していないDは当然に相続人です。その後にDが死亡したことは何の関係もありません。
Aの死亡“後”にその相続人Dが死亡した場合を“数次相続”と呼びますが、これはAの死亡によりAを被相続人とする相続が発生し、そ...続きを読む

Q相続・遺留分についての質問です

遺留分を放棄しても他の相続人の遺留分が増えることは無いのですが、相続人が相続放棄をした場合はどうなるのでしょうか。

(例)被相続人A  Aの配偶者B  嫡出子CとD

相続人の遺留分はBが1/4、CとDが各1/8となりますが、嫡出子Cが相続放棄した場合はBとDが各1/4となるのでしょうか?
それとも、Bは1/4、Dの遺留分は増えずに1/8のままとなるのでしょうか?

Aベストアンサー

遺留分とは「相続人に保障された最低限の権利」であり、法定相続分の1/2です。その他の事情により上下しませんので、そのままです。

Q甥、姪って、相続権はあるんでしょうか?

甥、姪って、相続権はあるんでしょうか?
親族のある人が危篤状態らしいのですが、甥にあたる人が相続権の話をしていましたが、どうなんでしょうか?
今回、危篤の方の兄弟姉妹が何人かみえて、(現在、その中で、生存者はお一人だけです)、その何人かの兄弟姉妹には、それぞれお子様がみえます。
これらの甥、姪たちに相続権はあるんでしょうか?

Aベストアンサー

兄弟 abc 3人いるとして おのおに子供2人いる場合を考えます。

bcが死亡している場合は

a 2/6
b1,b2   各1/6
c1、c2   各1/6

a1,a2 は 0

以上です

Q民法で、遺留分の放棄と相続の放棄の違い

こんばんは。お世話になります。
あるサイトに下記のような記述があったのですが、理解ができずにおります。

「遺留分の放棄をしても、相続の放棄をしたことにはなりません。遺留分を放棄した者も、相続が開始すれば相続人となります。被相続人が遺言をしないまま死亡した場合には、遺留分を放棄した相続人も相続権を失わないし、遺産分割協議の当事者にもなります。」

「遺留分は放棄した相続人」というのは、どのような立場なのでしょうか?分割協議中は相続目的物の共有者の一人になるのでしょうか?

「遺言をしないで死亡した場合」は、遺留分を放棄したことは無意味になり、その者も法定相続分だけ相続できるのでしょうか?

お手数ですが、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご参考までに下記アドレスを紹介します。
http://souzoku-houki.com/iryuubun.html

遺留分とは、相続人に対して保護された一定割合の相続分です。
遺留分を侵害された相続人は、遺留分を侵害している相続人に対して遺留分減殺請求をし、自分の遺留分相当の相続財産を確保することができます。

相続開始後の遺留分放棄は自由であり、特に方式が定められていません。
遺留分の侵害に対して遺留分減殺請求を行使せずに放置しておけば、遺留分を放棄したことになります。
他方、相続の開始前に遺留分を放棄するには家庭裁判所の許可を得なければなりません(民法1043条)。

相続放棄は相続権を失う制度であるのに対して、遺留分の放棄では、相続権自体を失うことはありません。
つまり、遺留分を放棄した相続人にも、法定相続分相当の相続財産を受け取る権利はあるのです。
ただし、遺留分を放棄してしまうと、遺留分に反した遺贈によって自分の相続分が侵害されたとしても遺留分減殺請求を行うことができません。

遺留分の放棄は、家庭裁判所の許可を得れば相続開始前(被相続人の生前)に行うことも可能です。
これに対し、相続開始前の相続放棄申述は認められておりません

ご参考までに下記アドレスを紹介します。
http://souzoku-houki.com/iryuubun.html

遺留分とは、相続人に対して保護された一定割合の相続分です。
遺留分を侵害された相続人は、遺留分を侵害している相続人に対して遺留分減殺請求をし、自分の遺留分相当の相続財産を確保することができます。

相続開始後の遺留分放棄は自由であり、特に方式が定められていません。
遺留分の侵害に対して遺留分減殺請求を行使せずに放置しておけば、遺留分を放棄したことになります。
他方、相続の開始前に遺留分を放棄...続きを読む

Q相続権 亡夫の甥姪

子供のいない未亡人です。私が死んだら亡き夫側の甥姪にも相続権が発生しますか?

Aベストアンサー

ご安心下さい。
質問者様が万が一の場合、どのような事があっても、夫側の親族は、相続に関しては、関わることはありません。
あるとしたら、質問者様が万が一の時、まだ夫名義の財産があった場合です。
蛇足ですが、質問者様が万が一の時は、質問者様の両親、祖父母も他界している場合、兄弟の甥、姪まで相続の範囲が及ぶ事があります。
この事にも危惧する場合は、遺言(公正証書が望ましい)を残せば、第三者にすべて相続させる事も出来ます。(兄弟には、遺留分が無いので、兄弟以外に財産をすべて渡す事が出来る)
また、誰かを養子縁組しても同じ事になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報