男性は、好意を持っていることを女性に伝えました。
女性は、その好意を快く思わないことを、男性に伝えました。
男性は、諦められず、繰り返し、好意を持っていることを伝えました。
女性は、第三者に相談しました。

男性が、初めて女性に好意を持っていることを伝えたことは該当しないが、繰り返ししたことは、女性に対するセクハラでしょうか?
女性が、第三者に相談したことは、男性のプライバシーを侵害したことになるでしょうか?

「第三者に相談すること」と「プライバシーを侵害すること」の違いがよくわからない。。。

ご意見頂ければ、幸いです。

A 回答 (3件)

補足です。


ええと、繰り返し言うことは明らかにセクハラのようです。
気になってしまったので、調べてみました。
↓をごらんになってみてください。
自分にはとてもわかりやすかったです。

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~stem/stem.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、わかりやすいです。(^^) < 参考URL
ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/02 00:38

法律のことはよくわからないので、私見ですが。


相談することはプライバシーの侵害になるとは思いません。
hanakagoさんの言う通り、何度もいうのはストーカーのように思います。
だとしたら、きちんと第三者に相談したほうがいいと思います。
第三者から「(女性の方は)やめて欲しいと思っている」と伝えられないと「嫌い嫌いも好きのうち」とかおもってしまう人だっていると思います。
第三者に相談して、想いを告白した男性のことを皆で笑いものにしたらそれはプライバシーの侵害(女性の方がひどいなあ)と思いますけど、そうじゃないならそれはプライバシーの侵害なんかではないと思います。
    • good
    • 0

繰り返し言うのはストーカーだと思います。

この回答への補足

ふむ。
確かに。 < ストーカー
でも、この場合、嫌がらせでもあるわけだから、セクハラにも値するのでは?

補足日時:2001/04/30 02:32
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第三者の名誉,プライバシー権

民事訴訟において原告,被告が主張するもの(訴状,答弁書,準備書面)に,第三者の名誉を棄損したりプライバシーに係る事については法的には何も制限はないのでしょうか?
また 原告と被告が争いのないものとして認定される事実には,第三者が犯罪者となってしまう事があっても認定されますか?

Aベストアンサー

こんにちは。

民事訴訟においては、どのような証拠方法を提出しても良いとされています。
制限はありません。有名な判例では盗聴したテープを証拠方法として
提出しても良いとされました。
もちろん、いたずらに他人を侮辱するような争い方をすると、
その行為が犯罪となる可能性がありますが、
そのことと、証拠方法として提出できるか否かは別の問題です。

弁論主義の帰結から裁判所は原告・被告間で争いのない事実に反する判決をすることができません。
絶対的真実(神様の目から見た真実)とは異なり第三者が犯罪者となる判決もありえます。
ただし、判決の効力は原則として原告・被告間にしか及ばないので、
その第三者が法律上の不利益を被ることはありません。
(もちろん、事実上の不利益はありえますが・・・)

以上、参考になれば幸いです。

Q第三者の著作権侵害指摘

利害関係の無い第三者(赤の他人)が著作権侵害現場を見つけた場合、加害者に対して第三者は「被害者に詫び入れろ!」と言えますか?

よく分からないと思うので、例示します。

ベストセラー作家Xの最新小説が2千円で市販されてました。そこには無断掲載禁止みたいな注釈が書かれています。読者Yはその小説を買ってスキャンして、自分のブログに全文を掲載しました。これにより、Xの最新小説は誰でも無料で読めたりや複製したり出来るようになっちゃいました。

さて、これは典型的な著作権侵害でしょう。「この小説は私の作品だ!スキャンして勝手にばらまくとは何事だ!今すぐブログから削除しろ!」とXが言えば、誰も文句言えません。法的措置などで、Xはブログから小説を削除させる事ができるでしょう。一方、私の疑問は別にあります。

Yに対して「この小説はX先生の作品だ!お前(Y)はX先生の許可を取らずに無断で小説をばらまいたな!X先生の著作権を侵害してるじゃないか!今すぐブログから削除して、損害賠償支払って、X先生に詫び入れろ!」と赤の他人のZが言いました。それを聞いたYは「削除なんて嫌なこった!このままブログに掲載し続けるんだい!」と文句言いました。そして、問題のXですが、ブログに無断掲載された事を見て見ぬふりしており、まるで他人事の様に何もせず黙っています。Xのマネージャーは「このまま黙ってていいのか?削除要求は?損害賠償請求は?」と聞くと、「面倒だから何もせず黙っておくつもりだ」とXは言いました。

Zは削除を要求できますか?Zは被害者じゃないので、無理じゃないかな?著作権侵害を主張できる人って、被害者(と代理人)だけじゃないかな?

(注)Yの行為が悪かどうかを質問している訳ではありません。飽くまでZの削除請求に法的な力が有るかどうかを質問しています。

利害関係の無い第三者(赤の他人)が著作権侵害現場を見つけた場合、加害者に対して第三者は「被害者に詫び入れろ!」と言えますか?

よく分からないと思うので、例示します。

ベストセラー作家Xの最新小説が2千円で市販されてました。そこには無断掲載禁止みたいな注釈が書かれています。読者Yはその小説を買ってスキャンして、自分のブログに全文を掲載しました。これにより、Xの最新小説は誰でも無料で読めたりや複製したり出来るようになっちゃいました。

さて、これは典型的な著作権侵害でしょ...続きを読む

Aベストアンサー

できないです。
日本は自由社会でYは原則(法上)何をやっても許されます。法律がYの行為を拘束するには法的根拠が必要になります。
そしてZがYの著作権侵害行為をやめさせるための法的根拠が「著作権」ということになります。
それをZが有していない以上、法的根拠がないのです。Zには「法によって保護されるべき利益がない」ということです。

ちなみにちょっと前まで、著作権侵害の非申告罪化が議論されていました。著作権者本人が訴えなくても、侵害者に刑事罰を与えることをできるようにしようという案です。その改正案が仮に成立していれば、Zは警察に連絡してYの行為を取り締まってもらうことができるようになると思います。
そうなるとZが「警察に連絡するぞ」といえばYは侵害行為をやめる可能性がありますね。

ただ最終的には著作権侵害の非申告罪化は文化庁によって見送られたようです。

Qプライバシーの侵害?名誉毀損?訴えることはできるのでしょうか?

こんにちは。
去年私の祖父が亡くなり財産のことでもめています。私の父は亡くなり、孫である私にも権利があるということですが、そのことで、父の兄弟である長男(祖父の子)が面白くないらしく、裏でこそこそと私や弟のことを調べているらしいのです。私は今、祖母と弟と3人で暮らしています。長男は全く別の県に住んでおり、法事や家の事、祖母にかかる費用など何もやってくれません。それなのに私や弟の弱みに付け込もうと、私たちの借金についてなどを探っているらしいのです。「借金があるから祖父母の家を乗っ取る気だろう!」ぐらいのことを言いかねません。要するに私たちを悪人のように仕立て上げたいらしいです。いろいろと問題があるのですが、私たちの事を調べられているということは非常に腹が立っています。親戚とはいえ、親でもない他人が個人の借金の事などを調べてもよいのでしょうか?またはそれを私たちに直接言ってきたら「訴えます」と言えないでしょうか?相手は知り合いの弁護士さんに聞いているらしいので、ド素人の私たちでは太刀打ちできないのはわかっているのですが、私たちが無知だということを利用して、調べられたりすることだけはどうしても許せません!プライバシーの侵害や、名誉毀損などにはならないのですか?教えてください。

こんにちは。
去年私の祖父が亡くなり財産のことでもめています。私の父は亡くなり、孫である私にも権利があるということですが、そのことで、父の兄弟である長男(祖父の子)が面白くないらしく、裏でこそこそと私や弟のことを調べているらしいのです。私は今、祖母と弟と3人で暮らしています。長男は全く別の県に住んでおり、法事や家の事、祖母にかかる費用など何もやってくれません。それなのに私や弟の弱みに付け込もうと、私たちの借金についてなどを探っているらしいのです。「借金があるから祖父母の家...続きを読む

Aベストアンサー

信用調査ですが、調査の目的に正当性がある場合にはプライバシーの侵害とは言いきれません。
今回は財産分与という正当な目的がありますから、あなたの借金などの聞き込みも、目的や身分を明かすなどの平穏な方法であり、あなたの名誉や信用を傷つけないような方法であれば、許されると考えられています。
つまり伯父さんとしては、あなた(亡くなったお父さん)が遺産の前払いとして、お祖父さんから援助を受けていたのではないかと考えてる訳です。

また相続欠格の事由として
 ・詐欺や脅迫により被相続人に遺言をさせ、または遺言を妨害した者
 ・遺言書の偽造、変造をした者
 ・被相続人や先順位、同順位の相続人を殺し、または殺そうとした者
 ・被相続人の殺害を知りながら告訴、告発をしなかった者
(廃除に関しては、被相続人に対して虐待や侮辱行為をした場合や相続人に著しい非行行為あった場合)

これらの事を調べて、事実があればあなたの相続を妨害するつもりでしょう。

しかしながら伯父さんの行為が目的を逸脱したり、調査によりあなたの信用が損じられたという事があれば、名誉毀損になると思います。

信用調査ですが、調査の目的に正当性がある場合にはプライバシーの侵害とは言いきれません。
今回は財産分与という正当な目的がありますから、あなたの借金などの聞き込みも、目的や身分を明かすなどの平穏な方法であり、あなたの名誉や信用を傷つけないような方法であれば、許されると考えられています。
つまり伯父さんとしては、あなた(亡くなったお父さん)が遺産の前払いとして、お祖父さんから援助を受けていたのではないかと考えてる訳です。

また相続欠格の事由として
 ・詐欺や脅迫により被相続...続きを読む

Q直接損害と間接損害と第三者の知的財産権の侵害時の損害の補償

免責条項で直接損害と間接損害は補償しないといったら、
第三者の知的財産権の侵害時の損害の補償はどうなるのでしょうか?
根拠もお願いします。

Aベストアンサー

債権の規定は原則任意規定なので特則が適用され,補償はうけられないとおもいます。

Qロゴやネーミングなどのコンペでの、第三者の著作権や商標の侵害について。

ロゴやネーミングなどのコンペでの注意事項に、
「自身(応募者)が作った未発表のもので、第三者の作品と類似でないもの、第三者の著作権などの権利を侵さないもの。もし、採用後に第三者に訴訟などをおこされた場合は賠償をお願いします。」
といった感じのような事がかかれていることがありますが、

ロゴやネーミングの権利に関する調査は専門的な知識を持ち合わせていないと完璧にはできないことのように思えるのですが、
たとえ、盗作したつもりがなく完全に自身(応募者)で考えて応募したものでも、
偶然、第三者の権利を侵害してしまい、訴訟が起こった場合は、作品を採用したコンペの募集主ではなく、
自身(応募者)が賠償しなければならないのでしょうか。

私は自分のオリジナル作品をコンペに応募したくても、
偶然、第三者の権利を侵害してしまっていないかということが不安で、
応募ができません。
なので、質問をさせていただきました。

回答お願いします。

Aベストアンサー

>自身(応募者)が賠償しなければならないのでしょうか。
主催者がそう主張する場ならそういうことでしょね。
めんどくさいことには関わりたくないカンジの主催者、って印象が。

>ロゴやネーミングの権利に関する調査は専門的な知識を持ち合わせていないと完璧にはできないことのように思えるのですが、
そう思うならその専門知識を仕入れるか、専門知識を持つ業者に依頼するなどに調査依頼すればいいだけのことです。
専門知識をもたない者を排斥する目的のルールではありません。

>盗作したつもりがなく完全に自身(応募者)で考えて応募したものでも、
つもりがなくても、先に意匠登録されてるとか特許申請されてるなら
質問者さん側の調査不足なのですから、つっこまれてもしかたありません。

商標や意匠デザインが先に登録申請されてるのに、それを知らずに似たもの持ってって
「一生懸命考えて作りました」とか主張したって認められませんよそんなの。

>偶然、第三者の権利を侵害してしまい、
先に私が作った、と主張する者が現れてもその証拠を示せなければ大丈夫です。
それは例えば意匠登録や特許申請などされてれば示せますが。
そういう意味で、認められないっぽいけど、などど自信がなくても申請しとくのは
有効な手段なんですが。

>自身(応募者)が賠償しなければならないのでしょうか。
主催者がそう主張する場ならそういうことでしょね。
めんどくさいことには関わりたくないカンジの主催者、って印象が。

>ロゴやネーミングの権利に関する調査は専門的な知識を持ち合わせていないと完璧にはできないことのように思えるのですが、
そう思うならその専門知識を仕入れるか、専門知識を持つ業者に依頼するなどに調査依頼すればいいだけのことです。
専門知識をもたない者を排斥する目的のルールではありません。

>盗作したつもりがなく完...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報