A 回答 (5件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「溶連菌」
さらに、
http://www.ryuna.com/home_Dr_SA.htm
(髄膜炎)
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(髄膜炎)
このページで特に「治療」等と関連リンク先も参考にして下さい。

ご参考まで。

参考URL:http://www.nagao-clinic.gr.jp/doc/q86.html
    • good
    • 0

質問の背景がよくわかりませんが、普通、内科的あるいは耳鼻科的疾患で溶連菌と言えば、ほとんどがA群なので、産科的な問題がおありなのでしょうか。


下記のサイトに詳しい説明があります。参考にして下さい。

参考URL:http://www.eiken.city.yokohama.jp/infection_inf/ …
    • good
    • 0

B群溶血性連鎖球菌(GBS)は、健康人でものどや膣内に定着していることが多い細菌です。

妊娠中の女性が膣内に保菌していて気づかないでいると、生まれてくる赤ちゃんが産道などで感染して重い敗血症や髄膜炎を起こしたりします。

詳細については、参考URLの「B群溶連菌について」をご覧ください。

参考URL:http://niigata.cool.ne.jp/singerbird/page141.htm
    • good
    • 0

よくご質問くださいました。


「グループBストレプトコッカス(B群溶連菌)感染症」
についてお答えいたします(「B型」でも「B群」でも通用しますのでご心配なく)。GBSともいいます。

ご婦人、特にこれからお母様になられるご婦人には特に覚えておいて頂きたい大事な病気です。

ふだんあまり耳にすることのない病気です。
しかしながら赤ちゃんに、とっては肺血症とか髄膜炎などの怖い病気を引き起こすことがある原因菌なので、注意する必要があります。
お母さまの5~30%(3名に1名)の方がこの菌を膣内に持っているといわれ、そのお母さまから産まれた赤ちゃんからは、13~31%(3名に1名)の割合で検出されます。

ただその中で、新生児感染症として発症するのは、
GBS陽性のお母さまからの分娩のうちあまり多いものではなく0.4~5%(20名に1名)といわれています。
しかし、ひとたび感染を起こすと肺血症や、髄膜炎といった新生児にとっては危険な病気となり、その致命率は26~50%とされているため十分な注意が必要です。
(つまり、多く見積もれば20名に1名が発症し内2名に1名が亡くなります)
 一般に妊婦さんの場合、妊娠中に膣分泌物の培養検査を適時おこないます。もしもこのGBSが検出されたときには、膣内の消毒、洗浄を行います。これに併用してABBC(アミノベンチルペニシリン)を主体とする抗生物質の内服もしくは静脈注射が必要となります。
 そして出産のおりにはお母さまに抗生物質の点滴治療をい、
新生児には予防投薬や場合によっては点滴治療を行う必要があります。

予防と知識さえあればこわいものではありません。
治せます。
    • good
    • 0

B型じゃなくてB群でしょうか?



gooのホームをはじめ、検索サイトで「B群溶連菌感染症」をキーワードにして探してみてください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q溶連菌感染症治療後の下肢の湿疹

溶連菌感染症治療後の下肢の湿疹
三歳の息子が溶連菌感染症になり抗生剤治療をきちんと受け治療も終了しほっとしていたんですが、息子の足に赤いポツポツを発見しました。先生にはむくみには気をつけるよう言われてたのですが。。。
まだ治ってないってことでしょうか?
どなたかわかる方教えてください。

Aベストアンサー

溶連菌感染症とは関係がないと思います。
むくみは溶連菌感染症後に腎疾患を併発することがあるため注意が必要です。
湿疹は抗生剤投与の副作用で、感染による免疫力低下した中で、強い抗生剤
を服用したために、起きているのかと思います。
身体に抵抗力が出てくれば自然治癒すると思いますが、
心配ならば、皮膚科で症状を説明し、軟膏をいただいてはいかがでしょうか。
まれに全く別のアトピー性湿疹とか併発する場合もありますので。
とにかく三歳であっても体力を回復させることが一番です。

Q40代B型肝炎キャリアとバラクルードと恋愛 B型肝炎のキャリアで、3ヶ月前に慢性肝炎に発症してしま

40代B型肝炎キャリアとバラクルードと恋愛

B型肝炎のキャリアで、3ヶ月前に慢性肝炎に発症してしまい、ALT.ASLが両方とも40超えていたので今はバラクルードで治療中です。
ただ、バラクルードとの相性が合わないのかアレルギーが出るのでザイザルと一緒にのんでますが、数値が飲み始めて2ヶ月後に倍に上がり、昨日の検査ではALT.ASL両方が160位に跳ね上がっていました。先生も若く迷い迷いの処方をしている様子です。
来週の採血の結果で治療法を変えるか入院するか決めましょうとのことですが、バラクルードを飲んでからウィルスは減ったのですが、肝臓自体が悪くなってます。そのような事例を知っている方がいたら教えて下さい。

また私はシングルの為パートナーは居ません。
親とも疎遠で、頼るは子供ですがなかなかそうもいかないのが現実です。
恋愛もB型キャリアがある為なかなか踏み込めず残念しています。まだまだ偏見を持たれる病気なのでカミングアウトできず付き合う前にサヨナラします。
同じ様な境遇の方がいらしたらご意見お願いします。

Aベストアンサー

バラクルード自体に肝障害の副作用があるので、
1.ザイザルをやめてもAST/ALTが増加するならバラクルード自体の副作用ですから、ラミブジン+アデホビルの投与を検討するしかないでしょう。
2.ザイザルをやめてAST/ALTが改善するなら、アレルギー症状が我慢するか、他の系統の薬(アレルギーの内容次第)を試みるしかないでしょう。

Q溶連菌 は 大人にもうつりますか

溶連菌 は大人にもうつりますか。
1歳の子どもが40度の熱をだし、溶連菌と診断されました。
大人まで倒れると、看病できるものがいなくなるので心配です。
また、感染しない方法はありませんか。現在マスクを着用していますが効果があるものかどうかわかりません。

Aベストアンサー

A群溶連菌ですね。大人も抵抗力が低下していれば感染します。
手洗い・うがいが大切です。飛沫感染なので、マスクも有効です。
お子様が高熱で心配でしょうが、医師からもらった薬は途中でやめずに処方された分を、処方どおり飲みきってください。
参考までにリンクを張っておきます。

参考URL:http://www.webdoctor.ne.jp/cgi-bin/WebObjects/101adef4170.woa/wa/read/102849af237/index.html%253Fpast=wdp.html

QB型肝炎ウィルスキャリア=慢性B型肝炎?

家族がB型肝炎ウィルスキャリアです。
定期的に血液検査に通っていますが、ウィルス量も少なく肝臓の数値も異常がなく安定しているので治療の必要はない、悪化の心配もないといわれております。

医師から慢性B型肝炎との診断は受けていませんが、キャリアであれば、症状がなくても慢性B型肝炎と判断されるのでしょうか?

Aベストアンサー

私の場合、質問者のご家族と同じ状況です。数値が安定しており特別に治療の必要はないわけですが、ただそうでない人よりは、肝炎や肝硬変などの病気に掛かる確率が多いと、専門医から聞いております。
よって、定期的に血液検査や、エコー検査を受けていますが、
基本的に普通の生活をしています。 大丈夫です!。

質問の回答とすると、慢性B型肝炎とは判断されないと思います。

あとご家族への注意ですが、血液感染という可能性も考えられるので、血液の付着したもの(しそうなもの・・髭剃りなど生活用品含む)の
取り扱いをきちんと処理する と聞いたことがありますので参考まで。

Q溶連菌性咽喉炎の治療

私は19歳なのですが、溶連菌性咽喉炎にかかりました。
数日前から39℃の熱を出し、お盆ということもあり病院も開いてなくて、市販薬で様子を見ていて、今日になって37℃まで熱は下がりましたが、喉の痛みが強いため病院に行ったところ、喉の検査をして溶連菌と診断されました。
お医者さんに熱が下がってもう治りかけで、しかも大人だから、子どもだったら10日くらい抗生物質を飲むところだけど、あなたはまあ5日くらいでいいんじゃない?と言われ、5日分の抗生物質を出されました。
しかし、帰ってきて調べてみると、溶連菌にかかった大人の方は2週間とか長い方は1ヶ月とか抗生物質を飲んでいるとか、症状が治まってもきちんと治さないとまた発熱したり悪いときには内臓に影響が出るとか出てきて、心配になっています。

熱が下がっていれば5日間の抗生物質の投与だけでも大丈夫なのでしょうか??
ちなみに出された抗生物質はパセトシン錠です。

Aベストアンサー

一般的な話ですが、溶連菌の合併症は小児(4-13歳くらい)に多く、成人では稀です。今回は優秀な診察医のため、しっかり原因がわかりましたが、はっきりわからず「かぜ症候群」として、自然治癒している例も成人では多いと思います。子どもの抗生剤10日間投与は念のための要素が強く、実際には5日間でもかなりの効果が期待できます。ですから成人の場合は5日間(パセトシンOK)も使用すれば十分かもしれません。ネットで検索すると稀な怖い合併症についての情報があり、大変心配になりますね。心配が続くようでしたら主治医に遠慮せず相談してみてください。お話からは良心的な医師と思いますよ。

Q彼氏がB型肝炎。専門家もしくはB型肝炎のパートナーを持つ方へ

1年近くつき合っている30代の彼がB型肝炎キャリアであることが最近わかりました。医師が言うにはおそらく母子感染か幼少時代の集団接種によるもので、肝機能は正常、抗体はないがウィルスと共存できているので今のところ問題なしとの事です。性感染の可能性を考え私も血液検査したところ私は抗原・抗体共に陰性だったので近々ワクチンを打つ予定です。ここで専門家かB型肝炎のパートナーを持つ方へお聞きしたいのですが・・・

1. 私の検査結果は抗原陰性ですが、検査した時が実は潜伏期間で3ヵ月後にはやっぱり陽性だったという事はないのでしょうか?潜伏期間でもウィルスに感染しているかどうかは検査で解るのでしょうか?

2. 3回のワクチンを打ち終わるのが半年後。この半年の間に感染する可能性もあると言われましたが、1ヶ月目よりは2ヶ月目というように徐々に抗体ができて危険性が減っていくのでしょうか?それとも3回目を打ち終わるまでワクチンは全く意味をなさないのでしょうか?

3. 彼の過去の性交渉で感染している女性がいたとします。最後の性交渉から半年以内に急性肝炎の症状が出ていればそこで発見できますが、その女性の中で抗体ができて本人も知らないまま治癒していた場合、その女性が次のパートナーに感染させてしまう事ってありますか?

医師に直接聞ける部分は聞くつもりですが常勤医師でないのと、聞きにくい部分もあるという事で、どなたか専門家か詳しい方の回答を頂けたらと思います。よろしくお願いします。

1年近くつき合っている30代の彼がB型肝炎キャリアであることが最近わかりました。医師が言うにはおそらく母子感染か幼少時代の集団接種によるもので、肝機能は正常、抗体はないがウィルスと共存できているので今のところ問題なしとの事です。性感染の可能性を考え私も血液検査したところ私は抗原・抗体共に陰性だったので近々ワクチンを打つ予定です。ここで専門家かB型肝炎のパートナーを持つ方へお聞きしたいのですが・・・

1. 私の検査結果は抗原陰性ですが、検査した時が実は潜伏期間で3ヵ月後にはや...続きを読む

Aベストアンサー

こちらのサイトを根性入れて読めばご質問の内容はわかると思います。
http://www.mhlw.go.jp/qa/kenkou/hepatitis-b/
本来はTOPページにリンクを貼るべきなんですが絶対わからないと思えますので直接ページへのリンクになっています。(厚生労働省のサイトなんですけど)
C型肝炎とごっちゃに書いてありますけどC型に対してはワクチンはないし…。

詳細は上記のサイトを見ていただくとして
1)抗原が検査で検出できるまでの期間が必要になりますので、検出できるようになるまで2~3ヶ月はわかりません。わからない期間だから潜伏期間なんですけど…。

2)もともと100%の方に抗体が出来るわけではありません。3回接種しても出来ない方がいます。また長期に持続するものでもありません。2回目で抗体が出来た方も長期に持続させる場合は3回目をしたほうが良いといわれています。抗体できても減ってくるんです。ですので定期的に抗体量を測定したほうが良いといわれています。まぁCと違ってワクチンあるだけいいんですけど。

3)治癒したという表現をされているので抗体ができたと判断し、抗体が出来た状態なら感染はさせないでしょう。
抗体が出来る前なら感染させているでしょうけど。

紹介のサイトかなり読みにくいですが、いろいろと細かく書いてあるので…ご参照くださいませ。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/qa/kenkou/hepatitis-b/

こちらのサイトを根性入れて読めばご質問の内容はわかると思います。
http://www.mhlw.go.jp/qa/kenkou/hepatitis-b/
本来はTOPページにリンクを貼るべきなんですが絶対わからないと思えますので直接ページへのリンクになっています。(厚生労働省のサイトなんですけど)
C型肝炎とごっちゃに書いてありますけどC型に対してはワクチンはないし…。

詳細は上記のサイトを見ていただくとして
1)抗原が検査で検出できるまでの期間が必要になりますので、検出できるようになるまで2~3ヶ月はわかりません。...続きを読む

Q溶連菌の治療

今年の4月に3才の息子が溶連菌と診断されました。
7日分の抗生剤を服用し、一旦は回復しましたが、その3週間後にも発熱したため同じ小児科を受診しました。
その際に、溶連菌の再発か検査してほしい旨を申し出ると、
『一度罹患すると、3週間後ではマーカーがまだ反応するので検査する意味はありません。』と言われ
、念のために抗生剤を出してもらうことになりましたが、それも7日分でした。
ネットで調べれば、溶連菌は完治させることが重要で、10~14日の抗生剤投与が必要とあります。
今週また高熱を出し、受診すると今度は明確に『溶連菌ですね。』と言われ、また7日分の薬を処方されました。
そもそもなんですが、7日で完治するものなのでしょうか?
溶連菌は完治しない時の合併症が怖いとよく書かれていますが、別の病院を受診したほうが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

小児の溶連菌治療のガイドラインでは、
ペニシリン系抗生剤 10日または
セフェム系抗生剤 5日
となっています。

抗生剤といっても、種類は様々なのです。
通院されている小児科では、セフェム系の抗生剤を
使っているのではありませんか?
薬の説明書を受け取っていると思いますので、
確認してください。

小児用セフェム系抗生剤として有名なのは、
メイアクト、ケフレックス、フロモックス、セフスパン、
セフゾン、ケフラール、トミロン
などがあります。

ペニシリン系を処方されているならば、
7日目に再診して、追加の処方を受けてください。

Q血液型A型やB型はOの有無に関わらず同一?

(類似質問の検索を曖昧にしかやっておりません。
よって、存在していた場合は申し訳ないです。)

A型やB型はそれぞれ
AAとAO、BBとBOの組み合わせが考えられますが、
それぞれAやBが優性なのでOがあろうが無かろうが特に
変わりがない、というのは本当ですか?
微妙に変わったりもしないのですか?

Aベストアンサー

面白いことに,気付きましたね.このことに対する正確な研究はないと思います.ただ,実際にこの点で問題となるのは,輸血の時です.輸血のときにAAかAOかで,区別しないので,おそらくほとんど変わらないのでしょう.しかし,微妙に違うかということになると,微妙に違うはずです.ただ,そのことが実生活上,医療上において,問題になる事が無いくらいの,違いでしょう.血液型のAというのは,Aというタンパク質を作り,赤血球の周りにアンテナのように出します.単純に考えれば,AAの方がたくさん作れそうなものですが,そこは相互作用などで,程よい量で生産stopということになり,AAもAOもタンパク質Aの量は同じくらいのはずです.でも,遺伝子の構成は違うのですから,何かが違ってもおかしくありません.しかし,それは確かめられるような,違いではなく,あなたが言う,微妙でほとんど区別が付かない違いと思えば良いと思います.

Q大人が溶連菌感染症になった場合

OKwave内や検索サイトで検索したのですが、回答が見つからなかったので質問します。

先月20歳になったばかりなのですが、溶連菌感染症にかかってしまいました。
16日あたりからのどが痛くなり、17日に痛みが増して18日には咳まで出るようになったのですが、19日にはのどの痛みが治まってきたのですが念のため病院に行ったところ溶連菌感染症と風邪と言われました。熱はほとんど無く、あっても36.9度ぐらいの微熱でした。現在は平熱に戻ってます。

病院では薬を飲み始めてから2日間は外出時マスクを、それ以降はマスクはいらないけど処方された抗生剤10日分をすべて飲みきるように言われました。外出制限などはされませんでした。

病院であまり説明を受けなかったので溶連菌感染症について検索したのですが、出てくるのは子供が感染したとき向けのページばかりで大人が感染した場合が載ってません。

そこで疑問が生じたのですが、薬を飲み始めてから2日経過しましたが、まだ他人へ感染させてしまうでしょうか?とりあえず大学が休みだったのでこの2日間は外出してません。明日は大事な用事があるので出来れば外出したいのですが…。

また、いろんなサイトで1ヵ月後ぐらいに検査を受けたほうがいいと書いてあるのですが、やはり私も受けたほうがいいでしょうか?

よろしければ回答よろしくお願いします。

OKwave内や検索サイトで検索したのですが、回答が見つからなかったので質問します。

先月20歳になったばかりなのですが、溶連菌感染症にかかってしまいました。
16日あたりからのどが痛くなり、17日に痛みが増して18日には咳まで出るようになったのですが、19日にはのどの痛みが治まってきたのですが念のため病院に行ったところ溶連菌感染症と風邪と言われました。熱はほとんど無く、あっても36.9度ぐらいの微熱でした。現在は平熱に戻ってます。

病院では薬を飲み始めてから2日間は外出時マスクを、それ以...続きを読む

Aベストアンサー

隔離はこどもと一緒で解熱してから24時間以上たっていたら解除しても良いでしょう。こどもで稀に起こってくる溶連菌感染後急性糸球体腎炎は成人ではほとんど心配ありません。こどもでもしっかり薬を飲んだ場合はまず起こりません。何かあればまた受診すればよいのではないでしょうか。

QB型肝炎について 教えて下さい。父親が 母子感染のB型肝炎ウィルスキャリアの場合、生活する上で 子

B型肝炎について 教えて下さい。
父親が 母子感染のB型肝炎ウィルスキャリアの場合、生活する上で 子供たちが気を付けなければないないことはありますか?

Aベストアンサー

あまり深く考えなくてもいいと思います。
ただ、お父さんキャリアなのなら、
発病しないように、定期的な通院必要ですね!
普通の人より、肝硬変・ガンになる確率が高いので、定期的な検査は必要だと思います。


人気Q&Aランキング