人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

60を過ぎ働いて、63才に会社を辞めた場合、年金をもらうのと失業手当をもらうのではどちらがとくなんでしょうか?多いのはどちらなんでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

それはその人の生年月日とこれまでの加入暦、そして雇用保険をもらっていたときの給料の金額によります。


たとえば昭和39年生まれの男性であれば、そもそも65才からしか年金を受けられません。
現在ですとちょうど段階的に65歳に受給開始年齢を引き上げているところなので、生年月日が重要になります。

あと加入暦は厚生年金の加入年数とそのときの平均報酬月額ですね。
それにより金額的に変わってきます。

20~60までは国民年金のみで、60歳から63歳までしか厚生年金に加入していないということであれば、非常に年金額は少ないですが、やめたときの過去6ヶ月の給料も同様に少なければそれの6割程度ですから、やはり判定は難しいですね。ただ最低賃金法以上もらえることを考えると雇用保険かなと思いますけど。

わからない場合、60歳近くになれば社会保険庁でもらえる年金額を試算してもらえますから、その金額と比較すればよいでしょう。
    • good
    • 0

年金の65歳満額支給への経過措置がありますから一概に言えません。


年金が有利な場合と失業保険が有利な場合があります。
あなたの生年月日と年金額で決まります。
    • good
    • 0

60歳から働きはじめたのとは違いますよね。

10年以上働いてこられたのであれば,失業手当をもらうだけもらってから,年金へとシフトするがよいと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング