ヒッタイトに関連する書籍、論文を探しています。
ほとんど趣味なので、お暇な方、ご存じな方お願いします。

出来れば、通史的なものか、
BC1000年前後について詳しいものだとありがたいですが、
手当たり次第に当たりたいと思っていますので、
どんな些細な情報でも構いません。
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

こんなページが検索されました。


参考にして下さい。

http://www1.kcn.ne.jp/~a7627/kod5.htm
http://www.jca.apc.org/~altmedka/afric-30.html
http://www.mmjp.or.jp/jst/index/jst03490.htm

以上、「ヒッタイト」と検索すると、た~くさんヒットします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただき、どうも有り難うございます!
リンク先をひととおり見に行ってみました。どちらもたいへん興味深く、時間をとってじっくり見てみようと思っております。
本当に助かりました!

お礼日時:2001/05/01 21:31

 どんな「些細な」情報でもかまわないとのこと。


 私もヒッタイトに興味があり、小説から史料まであさったことがあります。
が、タイトルすべて念頭にありません。そこでというわけではないのですが、ちゃちゃいれひとつ・・・
 妹が好きな漫画(思い切り少女漫画です)「天は赤い河のほとり」というまんががあります。
 日本の女子中学生が、全盛期(をこれから迎える)古代ヒッタイトに飛ばされて都合よく皇子の目にとまり、優れた為政者としての資質にめざめていく、という赤面するようなお話です。ラムセス2世がなんと恋のさやあてに描かれています。
 小学館から、作者篠原千恵です。
 なんの参考にもなりませんが・・・書いちゃった・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答を寄せていただき、有り難うございました。
実は、以前からタイトルと簡単な内容くらいは知っていたのですが、私の贔屓にしている人物が作中でぞんざいに扱われているらしく、未読でした(笑) 作中の年代は、確かに私が調べている辺りに近いですので、機会があれば読んでみようと思います。

お礼日時:2001/05/01 21:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歯医者に通って治療中です。 右下の奥から三本目を抜歯しました。 ブリッジにするか部分入れ歯にするか迷

歯医者に通って治療中です。
右下の奥から三本目を抜歯しました。
ブリッジにするか部分入れ歯にするか迷っています。
どちらも一長一短あります。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

部分入れ歯は手入れが大変で、隣の歯に引っかける金具で虫歯に成る可能性も有ります。
ブリッジは、一旦出来上がってしまうと、自分の歯の様に自然で気に成らないような使用感が保てます。

だだし、入れ歯は周りの歯を含めてよく手入れすれば、末永く利用できます。
また、ブリッジは隣の健康な歯を細く削って被せる事に成りますので、その歯を含めてよく手入れしないと、何年か後に作り直したときに健康な歯その物がダメに成る事も多いです。

私は、これまではすべてブリッジにしてきましたが、年と共に周りの歯もダメに成り、結局は数本まとめた部分入れ歯に成ってしまって居ます。

Q四大文明以前について何でも構いませんので教えて下さい

今、とても歴史にはまっていまして、最初は中国の三国志あたりだったんです
どんどん古い歴史に興味がでてきてしまい、困ったことについに四大文明以前が知りたくなってしまいました。
ところが四大文明以前ともなると、さすがにそのような本やサイトが
少ないみたいなのです。
今は・・・コーカソイドやモンゴロイドといったキーワードに敏感に反応したりしてまして・・。
すごく広範囲で曖昧な質問になってしまうのですが、どのようなことでも全くの推測で構いませんので何か知っていることがあれば教えていただきたいのですが。。
ちなみに今はヨーロッパ人が歩んできた道のりのなるべく古い歴史を知りたいと思っています。
でも古いことならなんでも知りたい気分です。
類人猿でも構わないくらい。。
もしかしたら文化人類学や歴史のカテゴリになるのかもしれませんので
カテゴリが違いましたらすみません。
このような失礼な質問で申し訳ありませんが、楽しみにお待ちしております。

Aベストアンサー

No.2のmartinbuhoです。

昔読んだ本を紹介します。図書館にあるかも・・

白水社クセジュ文庫 「アッチラとフン族」ルイ・アンビス 安藤和雄訳

ハンガリア人の祖先と言われるフン族をヨーロッパ人が研究・解説した本です。

Q抜歯後の歯の治療はブリッジ?部分入れ歯?笑うと銀歯?

私の歯は、前から左下第7番目と第8番目(親知らず)が抜歯して歯が無く、右上前から6番目抜歯、右下前から4番目抜歯してます。

虫歯治療で行ったつもりが、次々と歯を抜く医者で(生協系)怖くて辞めました。次の歯科医院では抜歯した歯は、ブリッジになるといわれましたが、右下前から3番目は虫歯もなく、ブリッジの為に削るのも抵抗があります。笑うと銀歯?にも涙が出ます。

こんな方法があるよ!と思う方は教えて頂けないでしょうか?
白の財質のブリッジは、健康な歯を深く削るんでしょうか?
現在の歯科医院の先生は、1本の歯を大切に!がモットーです。
銀だと削るのが、少なくて済むそうです。

Aベストアンサー

まず全くあるいはほとんど歯を削らない方法としてインプラント、もしくはノンクラスプ義歯(留め金に金属を使わない部分入れ歯)やホワイトクラスプ義歯(金属の留め金の代わりに白い弾力性のある材質を使ったもの)ですね。
これはいずれも保険適用外です。

少し削ってもいい場合は接着性のブリッジで必要最小限に歯を削って接着力の強いセメントで引っ付けます。
これも保険外です。

あとは保険のブリッジか義歯です。接着性ブリッジに似た方法の保険のブリッジもありますが接着性ブリッジに比べると削る量は増えて尚且つ前歯では歯と歯の間に金属が見えてしまいます。かぶせる場合は保険でも前歯には白い歯が使えます。

基本的に白い歯にするときは保険か保険外かにかかわらず強度と色調回復のために削る量は銀歯に比べかなり多くなリます。(表側で1.5~2mm)

抜けているところが奥歯で後ろに支えのないところ、奥歯の中間であまり目立たないところ、前歯を土台に使うところと色々ですのでそれぞれのケースにおいて強度、歯の削る量、審美性、金額を天秤にかけて検討してください。

私なら右上6番、左下7番は金属のブリッジ、右下4番はノンクラスプ義歯か接着性ブリッジをお薦めします。

まず全くあるいはほとんど歯を削らない方法としてインプラント、もしくはノンクラスプ義歯(留め金に金属を使わない部分入れ歯)やホワイトクラスプ義歯(金属の留め金の代わりに白い弾力性のある材質を使ったもの)ですね。
これはいずれも保険適用外です。

少し削ってもいい場合は接着性のブリッジで必要最小限に歯を削って接着力の強いセメントで引っ付けます。
これも保険外です。

あとは保険のブリッジか義歯です。接着性ブリッジに似た方法の保険のブリッジもありますが接着性ブリッジに比べると削...続きを読む

Q縄文時代前後の朝鮮半島の様子

昔の朝鮮半島の様子を教えてください。
朝鮮半島は中国と地続きなので、日本よりも文化が一歩進んでいたのではないかと
想像しているのですが、実際はどうでしょうか。

1.縄文時代が始まる前の旧石器時代後期の遺跡はどれくらいあるのでしょうか?
日本に比べて密度はどうですか。
2.縄文時代に朝鮮半島に縄文人はいたのでしょうか。
 縄文土器などみつかっていますか。
3.弥生時代には朝鮮半島から金属が入ってきたようです。
 弥生文化には青銅器文化が花開きましたが、朝鮮半島でも同様だったのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>昔の朝鮮半島の様子を教えてください。
朝鮮半島は中国と地続きなので、日本よりも文化が一歩進んでいたのではないかと
想像しているのですが、実際はどうでしょうか。

質問によれば時代設定として縄文時代があげられている。
日中韓の歴史共同研究者で古代史を担当した人の著作によれば、

「文献がないのでなんとも言えない」という回答になるだろう

縄文時代は
朝鮮の伝説上の「箕子朝鮮」時代に比定できるが、考古学・文献学においても、眉唾が大きいのでなんとも言えない。
(もっとも日本も存在が怪しい神武天皇を建国の契機とするような歴史のフィクションぶりがあるので、批判は出来無いが)

「衛氏朝鮮」も縄文時代の晩期に当たるが、その時代になれば、中国文献で様々なことが判明してくる。
例えば、中国戦国時代の燕(エン)・斉(セイ)王朝などの交易関係もあるし、考古学的見地からは疑問が生じるものが多いにしても、当時の日本に比べて「文化的には高かった」と考えるのが一般的であろう。

もっとも「文化の進捗」は主観的概念であって、仔細検証の余地はあるだろう。




>1.縄文時代が始まる前の旧石器時代後期の遺跡はどれくらいあるのでしょうか?

手元の資料によれば、20程度が該当するようだが、韓国の考古学は大変お粗末な状況なのが現状である。ちなみに、日本人研究者が試掘などを行う事例もある


>日本に比べて密度はどうですか。

縄文時代における人口密度に関しては、はっきりとした事実関係が推量できる史跡がないのでなんとも言えない。
ただし、朝鮮半島の方が若干早く稲作・および農耕が開始されているようなので、集落の発生は必然的に朝鮮の方が先であろう。
両国とも山がちな国土であることなので地理学的要素から大きな差異があるとは思えないが、中国大陸の影響から思慮すれば、人口密度が朝鮮の方が高かった、と考えるので妥当であろう。


>2.縄文時代に朝鮮半島に縄文人はいたのでしょうか。

縄文人の定義次第である。
 
>縄文土器などみつかっていますか。

縄文式土器が日本発祥である、という定義もないので、特段珍しいことではない
そもそも、縄文人=縄文土器が製造できる・・というわけでもないので、質問の理論的関係性がない

ちなみに、学校教科書では、縄文文化(これも抽象的な概念なのだが)を培った人々を縄文人と定義するので、一般的には、日本列島に住まうのが縄文人の定義になりえるだろう。
では、日本列島にいた縄文人が朝鮮へ渡航したか?という問題で思慮することになるが、判然として「証拠がない」のでなんとも言えない。
 実際には、朝鮮半島から諸事情から訪日する朝鮮人が多いと考えられている、
なお、ここで指摘する朝鮮人には、済州島の人々は含まない。
済州島と日本の古代の関係は今後、面白くなりそうなのだが、割愛しておきたい


>.弥生時代には朝鮮半島から金属が入ってきたようです。
 弥生文化には青銅器文化が花開きましたが、朝鮮半島でも同様だったのでしょうか。

弥生時代には、中国は鉄器文化にシフトしている。一方朝鮮だが、青銅器文化という概念に該当しえる文化性は見当たるにしても、日本と同様であるとは言えないだろう。むしろ、大陸伝播の青銅器文化を独自にアレンジした形跡が強く、日本の青銅器文化は、中国・朝鮮の青銅器文化のハイブリットタイプと見るのが妥当のようである。
なお、日本には「青銅器文化がある」というのは現実的ではなく、青銅器・鉄器が同時に流入している、と考えるのが妥当であって、青銅器文化という表現はあまり適切ではないだろう

教科書ではそう記述するケースはあるようだが・・・


以上


よろしくお願いします。

>昔の朝鮮半島の様子を教えてください。
朝鮮半島は中国と地続きなので、日本よりも文化が一歩進んでいたのではないかと
想像しているのですが、実際はどうでしょうか。

質問によれば時代設定として縄文時代があげられている。
日中韓の歴史共同研究者で古代史を担当した人の著作によれば、

「文献がないのでなんとも言えない」という回答になるだろう

縄文時代は
朝鮮の伝説上の「箕子朝鮮」時代に比定できるが、考古学・文献学においても、眉唾が大きいのでなんとも言えない。
(もっとも日本も存在が怪しい...続きを読む

Q部分入れ歯とブリッジについて

男。25歳。歯の根が折れたために抜歯をしました。
3ヶ月ほど前、左下の一番奥の歯(親知らずではありません。親知らずは生えてこないといわれました)から一個手前の歯を抜きました。
歯医者の先生から、ブリッジにするといわれましたが、左右の健康な歯を削るのが嫌で、部分入れ歯にしました。
でも最近こんな発言を見ました。

「ブリッジの方が安定しているから、基本的にブリッジの方がいいんだよね。
部分入れ歯は隣の歯を削らなくていいというメリット以外は
全てブリッジに負けている。
咀嚼力もないし、違和感はあるし、不安定だし、手入れも大変だし、臭いし。
しかもブリッジは、思ったほど削られない。
部分入れ歯は、頻繁につけたり外したりするから隣の歯へのダメージがある。
隣の歯を削るというリスクを選択してまで、殆どの歯科医が
ブリッジを選択することを考えれば、どちらがいいか想像つくけどね。
そんな俺も15年間ブリッジは壊れなかった。ほとんど自分の歯と変わらない感覚だよ。
部分入れ歯は違和感もあるし、噛み心地が悪い。
咀嚼能力も大きく減退するから、胃にも負担がかかる。
前歯はまだそんなに負担が少ないからいいが、5~7番のブリッジだと
咀嚼面が大きく負荷が大きいから隣の歯へのダメージがでかいよ。
ブリッジは安定しているので、それほど負荷がかからない。
これは長期間使っていくうちに差が出てくる。
あと、部分入れ歯はバネが露呈するので入れ歯がばればれ。
部分入れ歯が悲惨だったから、ブリッジに変えたよ。
一番のデメリットは口が臭くなること。入れ歯は老人特有の口臭になる。

一般的には歯科医が、部分入れ歯を選択するのはブリッジが適用とならなかったとき、
両隣の歯に虫歯が全く出来ていないとき位でしょうね。
なぜ、部分入れ歯だと隣の歯がだめになりやすいかというと、
クラスプだけで歯を支えているので支台歯に負荷が大きくかかること、
クラスプによってエナメル質の磨耗が起きること、
クラスプと歯の間に歯垢が貯まりやすく、カリエスリスクが高くなるためです。」

確かにこれを読むと思い当たることがあります。
部分入れ歯をはずして、夜寝ると、朝に入れ歯が入りづらくなっていたり(就寝中のかみ締めのためだと思われます)します。
今からブリッジにかえるべきか悩んでいます。歯医者の先生が勧めるブリッジのほうが優れているんでしょうか? ネットで調べても、インプラントが一番いい、というサイトばかりです。インプラントにするお金は残念ながらありません。
しかし、左右の歯まで欠損するのは嫌です。
ブリッジと部分入れ歯、どちらのほうが長持ちして左右の歯に負担をかけないんでしょうか?
おねがいします。

男。25歳。歯の根が折れたために抜歯をしました。
3ヶ月ほど前、左下の一番奥の歯(親知らずではありません。親知らずは生えてこないといわれました)から一個手前の歯を抜きました。
歯医者の先生から、ブリッジにするといわれましたが、左右の健康な歯を削るのが嫌で、部分入れ歯にしました。
でも最近こんな発言を見ました。

「ブリッジの方が安定しているから、基本的にブリッジの方がいいんだよね。
部分入れ歯は隣の歯を削らなくていいというメリット以外は
全てブリッジに負けている。
咀嚼力...続きを読む

Aベストアンサー

部分入れ歯で問題ないのでは、入れ歯の人工歯は1本だけですよね。このような入れ歯を1本義歯といいます。部分入れ歯は、支える歯が前方にしかない遊離端型と歯と歯のあいだに入れる中間欠損型に大別できます。遊離端型は、クラスプを付ける鉤歯への負担が大きく、主に咬合力を粘膜で負担するので粘膜負担型とも呼ばれます。これに対して中間欠損型は咬合力を歯が負担するため歯牙負担型あるいは歯牙負担と粘膜負担の両方となります。1本義歯の場合は歯牙負担型になります。
ブリッジは取り外しができないので、不潔なところもできやすい面もありますが、1本義歯は取り外せれば、歯も入れ歯も完全に清掃すること可能ですから、清掃さえきちっとされていれば問題ありません。

Q紀元後1世紀前後の東北(十和田)圏の文明レベルについて

ご存知のかたいますか? 古代十和田文明ってのは
とっくに滅びてた時期ですよね?

この地域のこの時期の文明や宗教についての情報求む。

Aベストアンサー

 お探しのものに合うかどうか分かりませんが,昨日書店で参考 URL の本を見かけましたので御紹介だけしておきます。

「平凡社新書 71 夷(えみし)の古代史」
 工藤雅樹 著,本体 740円,新書判 256頁,2001.01

参考URL:http://www.heibonsha.co.jp/catalogue/exec/browse.cgi?code=85_071

Qインプラント、ブリッジ、部分入れ歯 どれにすべきか

43才の男性です。右上の5番の歯を抜きました。

◆考える上での前提条件
 ・私の歯は虫歯になりやすい方だと思います。
 ・親族はみんな長生きなので、私も長生きすると思います。
 ・子供の教育費等の関係で、今後、2~3年はできる限り出費は避けたい。

抜けた歯について、インプラント、ブリッジ、部分入れ歯のどれにするか考え中です。
ご意見を頂ければ、ありがたいです。

◆ブリッジ
 4番の歯が銀歯になることに抵抗があることと、今まで、金属をかぶせた歯は、金属をかぶせた内側が虫歯になって、その歯を駄目になるということが何度かあったので、できれば避けたいです。

◆インプラント
 ネットで出てくる格安のインプラントをやってくれる歯医者さんでもいいかな~とは考えています。

◆部分入れ歯
 当面、これでしのぐ、というのは有りかなとは考えます。

ということで、とりあえず、以下のように考えていますが、ご意見を下さい。
(もちろん、歯医者さんとも相談しますが・・・)

・現時点の有力案
 とりあえず、部分入れ歯で当面をしのぐ。金銭的に余裕が出てきたところで、インプラントにする。
 この場合、インプラントにするまでに時間が空いてしまいますが、それは問題ないのでしょうか?

よろしくお願いします。 
 

43才の男性です。右上の5番の歯を抜きました。

◆考える上での前提条件
 ・私の歯は虫歯になりやすい方だと思います。
 ・親族はみんな長生きなので、私も長生きすると思います。
 ・子供の教育費等の関係で、今後、2~3年はできる限り出費は避けたい。

抜けた歯について、インプラント、ブリッジ、部分入れ歯のどれにするか考え中です。
ご意見を頂ければ、ありがたいです。

◆ブリッジ
 4番の歯が銀歯になることに抵抗があることと、今まで、金属をかぶせた歯は、金属をかぶせた内側が虫歯になって、...続きを読む

Aベストアンサー

歯医者でブリッジをする人はいないので

1本義歯→インプラントかダイレクトでインプラントがお勧めです。

インプラントは最近はだいぶ良くなっていますが
費用計算としては10年持つものと考えられたら良いと思います。
一番の目的は全体の歯を守ることですので10年間他の歯を守っていると考えられてください。

また物には適正価格があります。
うちの医院では埋め込むもの(インプラント体の材料費)、最終的に被せるものの材料費、
治療器具の償還、滅菌費用、スタッフの人件費などの医院のランニングコストを考えると
1本20万円経費がかかります。
それを25万円で提供しています。
手術をして、最終的に被せるとこまでやって私の報酬は5万円です。
ですのでインプラントは治療側としても高コストな治療です。
ので、格安インプラントは何かで無理をしているので
あまりお勧めできません。
少なくとも最近技術が入った著名なインプラントシステムではありません。

あまりお勧めはできないですよ。

またインプラントをやる場合は年間治療費が確実に10万円を越えるので
確定申告で、医療費還付を受けられます。
還付額は納税額により異なります。
ですので内科などで受診した際の領収書はすべて保存していてください

歯医者でブリッジをする人はいないので

1本義歯→インプラントかダイレクトでインプラントがお勧めです。

インプラントは最近はだいぶ良くなっていますが
費用計算としては10年持つものと考えられたら良いと思います。
一番の目的は全体の歯を守ることですので10年間他の歯を守っていると考えられてください。

また物には適正価格があります。
うちの医院では埋め込むもの(インプラント体の材料費)、最終的に被せるものの材料費、
治療器具の償還、滅菌費用、スタッフの人件費などの医院のランニング...続きを読む

Q大阪・奈良の古墳の地図または書籍を探しています。

大阪・奈良の古墳について、有名無名を問わず、詳しく書かれた書籍、または地図を本をご存知でしたら教えていただきたいのです。

この夏、休日を利用して大阪南部や奈良県の古墳を見て回りたいと考えていますが、一般の地図では天皇陵や有名な史跡くらいしか掲載されておりません。

一般にはまるで知られていないようなものも訪れてみたいのですが、恥ずかしながらどのように資料を探せば良いのかも判らず、途方に暮れる思いです。

とりあえず明日、大阪府立図書館で司書さんに相談してみようかとも思っているのですが・・・
どうかご助言のほど、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まっぷるネットというのに、こういうのがありました
http://www.mapple.net/guide/L00000000013.htm

あと、
「増補 大和の原像」/小川光三(大和書房)
「万葉方位線の発見」/向井毬夫(六興出版)
などはどうでしょうか?
他に、雑誌ですが
「古代ミステリーツアー」/歴史読本特別増刊・平成7年10月(新人物往来社)の
  「大和路の古墳を歩く」/山岸良二
  「巨大古墳を歩く」/近藤精一郎
「日本古代史の歩き方 徹底ガイド」/オフサイドブックス(彩流社)の
  「だれも語らなかった『もう一つの大和』はここだ!」/田中八郎
なども、面白いかもしれません。
図書館、古書店などを探してみてはどうでしょうか?

Q歯医者で部分入れ歯を作りました。何度か調節をしたのですが、とにかく食事

歯医者で部分入れ歯を作りました。何度か調節をしたのですが、とにかく食事でものが挟まってしまいます。そのため食事した直後に歯を磨かなければなりません。外に出かけた時食事をすると飲食店によってはトイレがありません。それで別のところのトイレで歯を磨くことになるのですが。とてもストレスです。外で食事をしないようにしていたのですがそれもストレスです。海外旅行にも行きたいと思うのですがこの状態では行けないです。

部分入れ歯をしている人はみんなそうなるのでしょうか?

歯医者が入れ歯が合わなければ入れ歯安定剤を使えばいいと言っていましたが、調べたら部分入れ歯には使うべきものではないというのがネットでは何箇所も言われていますので入れ歯安定剤も使いたくないです。

Aベストアンサー

歯科医です。

どの患者さんも初めての入れ歯はなかなか慣れるまで苦労されます。
基本的には作ってもらった歯科医院に相談して、調整してもらう以外ありません。


ちなみに入れ歯安定剤は総入れ歯用です。
部分入れ歯は残っている歯にも力を負担させているので、下手に入れ歯安定剤をつけるとかえって安定が悪くなったり、残った歯と入れ歯のフックとの間に隙間ができて余計にものが挟まったり、歯茎に力の負担がかかりすぎて傷ができたりする可能性があります。

Q鎧を着ての戦闘とはどんなものだったか

考古学のカテゴリーに書くような質問ではないのかもしれません。
昔の戦争は鎧を着ていたわけで、鎧を着た敵に刀で切りつけても意味がないと思うのです。
日本の鎧の場合は切りつけるよりも、突き刺したほうが効果的なのではないでしょうか(フェンシング?)。
甲冑なんて全身金属で固められて、ほぼ無敵じゃないですか。
私が思うに、刀は切るというより殴りつける武器だったのではないかと思うのですが・・・
どうなんでしょうか。

Aベストアンサー

 刀がどのように使われていたかとうご質問ですが、そもそも戦争(戦闘)において刀を使った白兵戦そのものがほとんど行われていません。時代にもよりますが、分かりやすい戦国時代に限って言いますと、刀は専ら敵の首を取る(首を胴体から切り離す)ために用いられていたもので、戦闘用としてはほとんど使用されていません。当時の負傷者リストの原因を参照してみると、8割以上が鉄砲か弓による負傷で、10%ほどが槍による負傷です。刀による負傷はわずか2、3%に過ぎません。日本では戦の勝ち負けよりも首級を如何に取るかということの方が重視されていた風潮があります。弓や槍では首を取れませんから、相手の首を切断するために刀が用いられていたようです。

 江戸時代に入ると、刀が信仰され、武士の主要武器になりましたが、これは平和な世の中の成せる技であり、鉄砲や弓などの実用的な武器を使う機会がなくなったことと無関係ではありません。実際、幕末になると幕府側の平和ボケした日本刀崇拝者が薩摩・長州等の洋式による遠戦武装者にあっさり殲滅させられた場面が数多くあります。

 日本の戦争(戦闘)において、刀が武器として使われた場面はほとんどないでしょう。常識的に考えても、刀で槍に勝つのは困難ですし、刀や槍で鉄砲・弓に勝つことは不可能であると思われます。武器としてよりも、首取りや祭事等の目的で使われる事が刀の本来の使用方法だったように思います。

 刀がどのように使われていたかとうご質問ですが、そもそも戦争(戦闘)において刀を使った白兵戦そのものがほとんど行われていません。時代にもよりますが、分かりやすい戦国時代に限って言いますと、刀は専ら敵の首を取る(首を胴体から切り離す)ために用いられていたもので、戦闘用としてはほとんど使用されていません。当時の負傷者リストの原因を参照してみると、8割以上が鉄砲か弓による負傷で、10%ほどが槍による負傷です。刀による負傷はわずか2、3%に過ぎません。日本では戦の勝ち負けよりも首...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報