【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

文章を書くときに、例外もあると思いますが、一般には、図の標題は図の下に、表の標題は表の上に、それぞれ付けると思います。

でも、私は、標題は図も表も上に付ける方が 「ここから図だ」、「ここから表だ」 とよく分かっていいと思います。

なぜ、図の標題は下に、表の標題は上に付けるのでしょうか。

A 回答 (3件)

思い過ごしかもしれませんが


表は1番目から下に順番に伸びていって
図は、グラフ等だと数直線が上に向かってプラス方向に伸びていく
からかな、と思います
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほどですね。伸びて行くときの基準となる点に示すということなんですね。
よく分かりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/09/22 15:07

科学論文では、書式がそのように規定されています。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですよね。どの投稿規定を見ても図は下に、表は上にとなってるんですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/22 15:06

   おっしゃる通りです。

下記の場合も表は上に「第何表」という表題があり、写真は下に、図は横下にあります。

    表は「第何表」と数字だけを書く場合、図の上に番号を付け、図の下を解説を付ける余地として残しているとも考えられます。

    単に印刷の慣習の問題かも知れません。
「なぜ図の標題は図の下で、表の標題は表の上」の回答画像1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

余地ですか。あり得ますね。
有り難うございました。

お礼日時:2011/09/22 15:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q図と表の違いって・・・

基本的な質問ですみません…。
論文を書いていて思ったのですが、図と表の違いって何なんでしょうか?
今、論文の内容で頭がぐちゃぐちゃになっていて、考えれば考えるほど全てが意味不明になってきてしまいました…。

Aベストアンサー

・図 → 矢印や折れ線、図形を1つでも使用したもの
・表 → 線と文字のみで構成されているもの


人気Q&Aランキング