河川の名称(異称)で、
坂東太郎(利根川)
筑紫次郎(筑後川)
四国三郎(吉野川)
と並び称せられますが、この言い方はいつ頃どのようにして始まったのでしょうか(出典は誰のなんと言う書物でしょうか)。

事物や人物を並べ称するのは平安時代から三筆・三蹟などがあり、また仏教用語の四天王や六道などはもっと古くから用いられたと考えられます。しかし、本件の場合は
・対象河川の規模や風光の美しさの比較(雄大さなどを比較しどれが太郎か長幼を決めねばならない)が可能
・実地探査ができるだけの旅行(およびそれを支える街道整備)や経済の発達の必要性
等から判断して江戸時代以降であろうと推測したのですが、目下確認しうるに至っておりません。

Google検索等トライしてみたのですが、各県の観光案内の類しか見当たらず、出典不明です。

碩学の皆様、よろしくご教示ください。
(「歴史」あるいは「地理」カテかとも思いますが、比較的なじみのある「国語」カテとさせていただきました。よろしくお願い申し上げます。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「吉野川事典」(とくしま地域政策研究所/編、199.3 農山漁村文化協会=発行)の「四国三郎」の項によると、「本朝俗諺志」(延享3年 1746)が初出とのことです。

ただし、この頃は坂東太郎、四国二郎、筑紫三郎と呼ばれていたそうです。その後、「和訓栞」「回国雑記標注」などにもこの記述が引用されていますが、明治7年に文部省が発行した地理の教科書である「日本地誌略」では、吉野川を四国三郎と呼んでいるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「本朝俗諺志」もいろいろな故事・由来が書かれているようですね。九州の河童伝説や狸の言い伝えなど、検索して楽しめました。

延享3年といえば吉宗から家重へ将軍職が譲られた直後、元禄も今は昔となりかかった頃ですが、このような比較ができるようになり書物に纏まるようになるには江戸開府約150年、この頃が遡りうる上限かもしれませんね。

♯1の方のご回答と合わせ、「当初は四国が兄貴分だった」というのも興味深いところです。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/14 16:17

千葉県立関宿城博物館で同様の調査をされているみたいです。


メール情報にありましたので参考にしてください。
私としては語源は狂言の太郎冠者、次郎冠者、三郎冠者が
一般的になって庶民になじみのある兄弟の名前、
ということではないか、と思っています。

参考URL:http://www.chiba-muse.or.jp/SEKIYADO/magazine-ba …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

お示しいただいたURLからさらに『四神地名録』、「『廻国雑記標柱』、『利根川図志』をキーワードに検索してみましたが、ネットではこれ以上追うのは難しそうです。

>語源は狂言の太郎冠者、次郎冠者、三郎冠者が・・・
もともとは太郎・次郎は氏の 存続を念頭に置いた武家における男子の呼称でしょうが、お説のとおり狂言等を通じて大衆化し、このように河川の呼称などにも用いられるようになったのかも知れませんね。

ありがとうございました。
(可能であれば他の方のご意見も聞いてみたいので、もう少し質問は開けておきたいと思います。ご了解ください)

お礼日時:2003/11/14 14:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあなたの知っている「左衛門」・・・

あなたの知っている「左衛門」を教えて下さい。
個人名でも地名でも店名でも、何でも結構です。

因みに私の知っている中で一番印象的な「左衛門」は、昔読んだ本で知った「左衛門三郎」という名字です。
日本に2種類しかない漢字5字の一つだそうです。

Aベストアンサー

鈴木土下左ェ門
マンガのバスタードで、ビボルダーというモンスターが海外ゲームの版権にひっかかり、
コミック掲載時に突然、違うキャラクターとこの名前に書き換えられ話題になりました。
集英社担当の鈴木さんが土下座して謝ったからこの名前だそうです。

Q「本件、・・・」の使い方について

会社での送付状によく「本件、送付済みにつき・・」や
「本件、お客様より苦情の申し出があるも・・」という感じで
使っていますが、本来は「本件は、・・」で始めるのが
正しい日本語ではないでしょうか?
なんとなく「本件、・・・・」として文章を続けることに
違和感を感じるのですが、正式な使い方をご存知の方いましたら
教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

「今般、」や「本日、」とか言いきる使い方は結構あります。
「今般は、」とか「本日は、」とか口語調ではなく漢語調・文語調とは少し違いますがよく使う書き方です。

「本日、身体検査の・・・」とか使いますが。
「本日は、身体検査の・・・」では少し、間伸びしてしますような気がします。

話すままを文章にする訳ではありませんので、言葉にすると違和感があっても文章ではよいのではないでしょうか。

Q左衛門尉

左衛門尉という職は、武家に好まれたようですね。
官位相当表によると
左衛門大尉 従六位下
左衛門小尉 正六位上
となっています。
しかし、一般の大名などは五位なのですから、官位と官職が合わない気がします。
官位相当制の例外なのでしょうか。

Aベストアンサー

五位の者の場合は「左衛門大夫」と呼ばれたようです。

参考URL:http://kotobank.jp/word/%E5%B7%A6%E8%A1%9B%E9%96%80%E5%A4%A7%E5%A4%AB

Q長幼の序について教えてください

意味並びにその言葉が出来た由来を詳しく教えて下さい
宜しくお願いします
急いでます

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<意味>

1.この「序」は順序の「序」になります。

2.「序」の意味は「順番、次第をつける」です。

3. そこから「長幼の序」は「長幼の順序」のことに言及し、「順序」がポイントになります。

4.「長」は年長者のことで、「幼」は年少者のことを指します。

5.以上から、この語の意味は
「物事をするのにあたって、年長者と年少者の間に一定の順序がある」
となります。


ご質問2:
<由来>

1.既に回答にある通り、孟子の出典です。

2、孟子は儒教の教えの中でも四端(仁・義・礼・智)の特を唱えましたが、ご質問の「長幼の序」は「礼」にあたる教えです。

3.例えば儒教国である韓国は、この教育を受けていますから、
「年長者の前で煙草を吸わない」
「食卓では年長者より先にお酒を飲まず、食べ物にも先に手をつけない」
という、「順序」にかかわる習慣があるようです。

以上ご参考までに。

Q【住友財閥】の17代目当主の住友吉吉左衛門芳夫はまだ生きているんでしょうか? 何歳ですか? 住友

【住友財閥】の17代目当主の住友吉吉左衛門芳夫はまだ生きているんでしょうか?

何歳ですか?

住友吉吉左衛門芳夫と本名ですか?

凄い名前が長いですけどテストの時とか名前書いてる間にテスト時間が終わってしまいますね。

あと京都の本邸はどこにありますか?

住友資料館の横の邸宅が住友本家の本邸ですか?

Aベストアンサー

生きておられますよ。

昭和18年生まれですから、現在73歳です。

住友金属工業技監をされています。

本名は、住友芳夫さんです。

住友の当主は、代々、表向きには吉左衛門を名乗っておられます。

本邸は住吉だそうですよ。

住友家は、皇后美智子様とも姻戚関係になります。

Q「事物」という言葉の用法について

日本語の質問です。

例えば、冷蔵庫を指して、それを「もの」と言い換えることはあっても
事物と言い換えると不自然ですか?

そこに置いてあるものは冷蔵庫だ。
そこに置いてある事物は冷蔵庫だ。

単にものを指す場合、事物と言っても差支えないですかね?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

事物とは読んだ通り事と物。種々の出来事や物、いっさの物事
で一つのものを指しては使いません。冷蔵庫が包装されておいてあるなら、
そこにおいてあるのは冷蔵庫だ。ものであることは見ればわかるので、
省略してもよいと思いますが、使うならものですね。

Q「右衛門」と「左衛門」について

江戸時代の人物の名前には、「右衛門」と「左衛門」がよくみうけられます。
何でこんな名前がはやったのでしょうか?
奈良屋茂左衛門や紀伊国屋文左衛門の例でもわかるように町人でも使用されていました。
この名前がはやるようになった背景は何だったのでしょうか?
そして明治になって使用されなくなったのは何故でしょうか?
はたまたいつごろから使用されるようになった名前でしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

「右衛門」「左衛門」などが官職に由来する(そのものではないが)は、#1の方が書いておられるとおりで、「百官名」と言う、というのまでは昔調べたことがあります。
ちょっと調べた限りでは、由来等については下記のサイトが分かりやすいように思いますので、ご参照ください。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~hatak/emag/data/mori-hideki03.htm

Qやさしさ ぬくもり ざっくばらんさ やすらかさ 落語 について

この4つの言葉を表しているというにふさわしい演目をそれぞれご存知の方、是非おしえてください。



落語に疎い私にはさっぱりな質問なんです~(照

Aベストアンサー

九本的に「落語」は人情ものが大半ですから、人情の機微に触れたものが多く、どれを聴いても【おち】の部分は聴き手の心を打つ仕掛けが仕込まれています。

最後の最後で「あ~良かった」「そうだそうだ」「うれしいね~」「泣かせるじゃねえか」という感情を引き出すようになってます。

これを機会にいくつもいくつもの落語の名作を聴いてみて下さい。

下記のサイトに演目がたくさん出ていますよ。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood/6684/fulllist.html

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/6684/fulllist.html

Q「左門衛府」と「左衛門府」の違いを教えてください

昔の人名の由来について調べ物をしていたのですが、「左門」という名前の意味は「左門衛府」という役職の略称だと出てきました。
しかし、「○○左衛門」については、「左衛門府」という役職が出てきました。
両方とも「宮城(きゅうじょう)の門の警護を司る」とされていて、違いが分かりません。
この二つの違いについて、教えてください。

また、これら「左門衛府」や「右門衛府」は宮(貴族の家)の警護をしていたようですが、戦国時代、武家にもこのような「左が偉く、右が補佐を示す名前の役職」はあったのでしょうか。

片方だけでも構いませんので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

律令制のもと、天皇らの身辺の警護、宮城の警護、京内の巡回などを行う軍事的組織として置かれたのが五衛府。
衛門府、左右衛士府、左右兵衛府の5つで、後、衛門府が、左衛門府と右衛門府とになって六衛府となりました。
衛門府は、宮門の守衛と、そこを通る者を検察することが任務です。左衛門府も右衛門府も役所の名称です。ちなみに、左がえらく右が補佐するわけではありません。
官職名は、長官が左衛門督・右衛門督、次官が左衛門佐・右衛門佐、三等官が左衛門大尉・少尉・右衛門大尉・少尉、四等官が左衛門大志・少志・右衛門大志・少志です。

武士の時代となると律令に定められた官職はほとんどが有名無実になってしまいます。
とはいえ、武士も朝廷から官職を与えられることがありました。といっても別に本来の仕事をするわけではなく単なる名誉職というか泊付けみたいなものです。
衛府はもともと軍事組織だったので武士に好まれたようです。平安時代中にほぼ任官が無くなっていた大志・少志以外は結構多くの武士が与えられています。
有名どころでは源義経の左衛門少尉や、先日の「真田丸」でやってた真田信繁の左衛門佐など。

もっとも戦国時代などの武士の官職名は、正式に朝廷から任じられた人もいましたが、多くは大名が家臣に褒美として与えた非公式なモノが多かったのです。
戦の最中敵味方に同じ官職名の人がいたり、同じ家中に何人もいたりなんて現象があります。
江戸時代の遠山の金さんの左衛門尉もそういった朝廷と無関係なものです。正式には左衛門大尉・少尉ですがそうなっていないのもそのあたりが原因です。

そういった武士が名乗った非公式の官職名で人気のあった左衛門の何とか兵衛の何とかを庶民がまねて、何とかざえもんとか何べぇとかいう名が流行ることに。

律令制のもと、天皇らの身辺の警護、宮城の警護、京内の巡回などを行う軍事的組織として置かれたのが五衛府。
衛門府、左右衛士府、左右兵衛府の5つで、後、衛門府が、左衛門府と右衛門府とになって六衛府となりました。
衛門府は、宮門の守衛と、そこを通る者を検察することが任務です。左衛門府も右衛門府も役所の名称です。ちなみに、左がえらく右が補佐するわけではありません。
官職名は、長官が左衛門督・右衛門督、次官が左衛門佐・右衛門佐、三等官が左衛門大尉・少尉・右衛門大尉・少尉、四等官が左衛門...続きを読む

Q2人称 貴様について

貴様という2人称の使われるシチュエーションは一般的に喧嘩の前兆であったり、相手を罵倒する時であったりします。ただ、漢字「貴」「様」を見るとむしろ反対のイメージがあります。
貴様の使い方のルーツが知りたいです。

Aベストアンサー

下記のサイトが参考になるのではないでしょうか。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/osiete/seito320.htm


人気Q&Aランキング