位置情報で子どもの居場所をお知らせ

こんにちは。21歳の大学生です。
自分は去年から今年の夏まで英語圏に留学して英語は会話は問題なくできるようになりました。またTOEFLなどでもある程度の点数は取れています。
で、将来を見込んで、次に何語を学んだほうがいいかと最近考えています。で、候補に上がったのは中国語とスペイン語です。中国語は日本にいれば必ず必要になる、というのも今の中国経済の発展状態などますます中国という国は注目を浴びるだろうという観点からです。
スペイン語は、アメリカ南部や、南アメリカ大陸ほぼ全域で使われているということからです。またスペインに旅行に行ったときにスペイン文化に惹かれたというのもあります。
周りからは、スペイン語圏では英語が通じるから中国語を学んだほうがいいと言われていますが、どうなんでしょうか?
またどういう参考書を使ったほうがいいか教えていただければ幸いです。ちなみに来年の3月までは独学で学ぼうと思っています。それから大学の講座をとろうと考えています。
幅広い意見を聞きたいので、(たとえば英語にきたす障害など、もしあれば)よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

お礼ありがとうございます。

ふたたびchapaです。

ロンドンかアメリカで働きたいとお考えなら、スペイン語のほうがいいでしょうね。

chapaは大学で中国語を選んだので(中国文学専攻のため)、どうやって覚えたかっていうのはテキストどおりという感じでしたが、今となって思うのは、やはりヒアリング重視でいったほうがいいと思いますよ。これは中国語に限らずどの言語もそうでしょうね。だから耳を慣らせばよいと思います。

お恥ずかしい話ですが、chapaは日本にいたときは中国語見たらわかるけど、聞き取りも話すのも満足にできませんでした。

それから「中国語」というのは「北京語」と理解していただければよいです。「広東語」というのは香港・マカオや広東華僑の間では通じますが、方言の一種ですし、今では香港人も北京語話せる人も増えました。
chapaは両方やりますが、先に北京語からはじめて正解だったなって思います。

お話うかがう限りでは英語はかなりおできになるような感じですし、英語ができるのは強いです。英語は基本です。その上でスペイン語か中国語などができれば十分どころか、重宝されると思いますよ。

いずれの言語も需要あるので、興味ある方のほうが楽しく覚えられると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のへんとうありがとうございます。
>話うかがう限りでは英語はかなりおできになるような感>じですし
自分の英語はまだまだです。ほんの9ヶ月間いたくらいではネイティブの人にはとうていおいつけません。日々鍛錬が必要です。
>いずれの言語も需要あるので、興味ある方のほうが楽し>く覚えられると思いますよ
はい、ありがとうございます。今はどちらも興味があるので、大学を卒業するまで(あと2年と少し)にどちらかを読んだり聞き取れたりできるようにがんばりたいと思います。

お礼日時:2003/11/18 17:04

#3です。



>どうやって中国語を学んだんでしょうか?
>やはり最初に文法などをやっていったんでしょうか?
>教材などいいものがありましたら教えて

お教えできることは全くと言って良いほど無いので、甚だ恐縮ですが、
第二外国語が「中国語」で、そこから、バイト先の台湾の友達と話すようになりました。
文法は二の次で、まず赤面するほど大失敗をしながら会話をして覚えました。
教材は、向こうの新聞です。

>最後に、それは北京語か広東語、どちらなんでしょうか? 。
始めは北京語です。その後、ネットで香港の友人が出来まして、広東語を少しずつ覚えています。
仕事で使っていたののは「北京語」です。
    • good
    • 1

こんにちは。


私は中国語にしましたけど、スペイン語でもよいのではないですか?chapaも興味ありますよ。
どちらも比較的需要のある言語ですし。

まず、スペイン語圏で英語が通じるかというと、けっこう厳しいみたいです。特に南米は皆目みたいです。

しかも今のアメリカ見てください。スペイン語も公用語にしよう、という話もあるくらい、メキシコはじめ、スペイン語圏からきた人々は年々増えています。

貴方がアジア方面に興味あれば中国語、アメリカ、南米方面に興味があれば、スペイン語だと思います。

中国語は漢字はある分便利ですが、発音や声調は日本語と違って、けっこうパワーいるんですが、スペイン語は発音は日本語とけっこう似ているらしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
将来はアメリカかロンドンで働きたいって思っていますし、そうかんがえるとスペイン語というのは非常に役に立ちそうですね。
chapaさんはどのように中国語を学びましたか?教えてもらえれば幸いです。

お礼日時:2003/11/17 12:25

こんにちは。



私は中国語の方が良いかと思います。
アルファベットの言葉が流暢に話せるのであれば、
漢字圏の言葉も覚えておいて損はないと思います。

個人的な意見ですみませんが、
仕事でも、プライベートでも、
アジアの言葉は、今後使用頻度が上がると思います。
以前貿易の仕事をしていましたが、海運業者とのやり取りや、OEM製品の輸入で、中国語がだいぶ役に立ちました。

失礼します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはりアジアでは中国語の需要というのは高いんですね。そういう意味では学ぶだけの価値があるということですね。参考にさせてもらいます。
では、medicaさんはどうやって中国語を学んだんでしょうか?やはり最初に文法などをやっていったんでしょうか?教材などいいものがありましたら教えてもらえないでしょうか?最後に、それは北京語か広東語、どちらなんでしょうか?
すみません、よろしくお願いします。

お礼日時:2003/11/17 12:23

特に明確な目的もなく二者択一をするのは難しいですね。


先ず目的をはっきりすれば自ずから学ぶ言語の優先順位が決まってくると思います。つまり、中国で働きたい、或いはスペイン語圏で働いてみたい、それらの地域と関係の深い企業で働きたい・・・のか、単なる趣味、教養として英語以外にもう一ヶ国語学びたいのかを明確にすれば迷いがなくなるでしょう。

もし教養として学ぶのであれば両方を同時に或いは二年ぐらいの時差をおいて勉強することをお勧めします。スペイン語と中国語を学ぶ長所、短所をあげてどちらかの言語を薦めるのは無責任です。二カ国語を平等に知っている人は少なく又ikecchiさんの隠れたニーズや希望は誰にも分かりません。スペイン語諸国で英語が通じるというのは現状無視の意見です。同じ見方をすれば日本でも英語が通じます。その意味では中国の方が英語熱が高いのではないでしょうか。

大学では片方を第二(第三)外国語として学ぶ事も可能です。或いはNHKのラジオ・テレビ講座や通信大学で学ぶ事も可能です。語学に興味がある人は生涯学習として3~5カ国語を学んでいる人もいます。

判断基準として経済面を重視するなら中国語、文化面を重視するならスペイン語という大胆な選択も可能ですが、個人的には他の要素も加わるので迷う場合はやはり何らかの方策を講じて二カ国語を学ぶことをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ずばりmartinbuhoさんのおっしゃるとおりかと思います。明確な目的なく決めるのは非常にむずかしいですよね。
ただやはり将来職場で使うということを考えて中国語を学ぼうかと思い始めました。というのも中国語の重要性が論じられていますし、最近は。アジアで働く限りスペイン語を使うことはめったにないだろうと。
ただ最初はスペイン語を学ぼうと思っていました。というのはロンドンではスペイン語圏の国の人との交流が多く大変スペイン語が有効だと思いまして。
将来的には両方の言語を学ぼうと思っていますので、どちらか一つの言語のみを学ぶのではなくて。今は中国語ですかねぇ、問題はそれほど中国語に興味をもてないのところです。

お礼日時:2003/11/17 12:19

私は第2外国語ではフランス語を習得しましたが、


実用性から考えたら スペイン語か中国語だと思います。どちらかといえば 中国語の方がいいでしょう。
しかし、アメリカを拠点に中南米を視野に入れてるんでしたらスペイン語が有利です。

英語をある程度マスターしてらっしゃるのなら アメリカ人向けの中国語かスペイン語の教材を使った方がいいでしょう。英語のブラッシュアップにもつながります。

>たとえば英語にきたす障害など、もしあれば
If you learn another foreign language,far from having a bad effect on your English you can improve it!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。ただ自分としては中南米を視野にいれるとかまではまだ考えられません。もし企業に入り出張でいくとかならやはりアジアのほうが多いと思いますし。

>英語をある程度マスターしてらっしゃるのなら アメリカ>人向けの中国語かスペイン語の教材を使った方がいいで>しょう。英語のブラッシュアップにもつながります
そうですね、ロンドンにいたときにスペイン語を学ぼうと思って英西辞書を買ってきました。

お礼日時:2003/11/17 12:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の次はフランス語、スペイン語、中国語?

英語の次に学習する言語としてフランス語,スペイン語,中国語のどれかにしようと思います。

「英語が通じない国でも使用される」、「多くの国で通用する」、「今後発展あるいは長く重要視される」

で選ぶとどのようになりますか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

文句なしにスペイン語でしょう。日本人にとって、スペイン語は日本人にとって聞き取りやすい言葉ですから、すぐにマネができます。マネができるから、会話が苦労せずに短期でできるようになる。そして、ある程度は話せるようになる(半年くらい)と読み方とか、書き方、文法とかに。絶対にわけの分からん文法などから入らないことです。わたしは、日本語の文法はまるっきしダメでも、ちゃんと話せるし、書くこともできます。言葉なんて、話していて、口がもつれるように感じれば、文法的に間違っている思っています。

それに、スペイン語が話せるようになると、フランス語も、イタリア語も、ポルトガル語も自然に分かるようになります。それに、より高度な理解力英語も。

中国語は、話す人間が多いと思われていますが、同じ中国語でも、地域が異なるとまったく通じない言葉なので。今、香港とシンガポールの中国人がいますが、ほんとうに簡単なことでも、通じていないようです。北京、上海、広東、ベトナム、シンガポールしか知らないですが、まったく違った言葉を使っており、彼ら同士で中国を話しても、まったく理解し合っていないです。

スペイン語でも、使われている範囲が広大なために、地域毎に方言化されていますが、おたがいに言葉の理解はあります。それに、中南米といえば経済的に破綻したデタラメな国とのイメージが日本人にありますが、借金王国のメキシコは、すでに世界銀行に前倒しで借金を返済、無借金国に、ブラジルももう一息ってとこまで。今後の発展国に間違いましです。アルゼンチンは、人種主義が激しく、日本人などクソ食らえで相手にもしてもらえませんが。

文句なしにスペイン語でしょう。日本人にとって、スペイン語は日本人にとって聞き取りやすい言葉ですから、すぐにマネができます。マネができるから、会話が苦労せずに短期でできるようになる。そして、ある程度は話せるようになる(半年くらい)と読み方とか、書き方、文法とかに。絶対にわけの分からん文法などから入らないことです。わたしは、日本語の文法はまるっきしダメでも、ちゃんと話せるし、書くこともできます。言葉なんて、話していて、口がもつれるように感じれば、文法的に間違っている思っていま...続きを読む

Q日本人が習得しやすい外国語は??

日本語を母国語とする人が第二外国語として習得しやすい言語は何ですか??
例えば、文法的・発音的・文字的側面などから日本語に似ている言語はあるのでしょうか??
お礼は必ずします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは^^

日本人が習得しやすい外国語でやはり一番なのは韓国語、次点で中国語になると思います。
韓国語においては、文法がまず日本語とほぼ同じであり、『は』や『が』、『を』等の助詞も同じくあります。例えば

・ナ ヌン イルボンサラム イムニダ
 私 は  日本人     です
・ナ ヌン ハッキョ エソ ハングゴ ルル ゴンブ ハムニダ
 私 は  学校   で  韓国語  を  勉強  します

日本語の文法がそのまんま当てはまりますよね?そして今でこそ韓国はもちろん北朝鮮でも漢字はあまり使用されてませんが、かつては日本と同じく漢字とハングルを混ぜた状態で使ってました。ですので上記の例をとりますと

・ナヌン 日本サラム イムニダ
・ナヌン 学校エソ 韓国語ルル 工夫ハムニダ

のようになります。(ここでハングル使うと文字化けするのでカタカナで許してください…)日本語の漢字語と韓国語の漢字語の大体70%は共通していますので、発音さえクリアすれば単語を覚えるのは簡単です。ただ、固有語に関しては違いがあまりにも大きいので覚えるのは大変ですが…。

そして中国語に関してですが、なんといっても漢字の存在が大きいので他の国の人が中国語を覚えるよりは大分楽です。日常単語も50%は共通しているとのことですし…。ですので、全く勉強したこと無い人でもなんとなく意味はわかります。例えば上記の例をとって

・我是日本人。
・我在学校学習韓語(朝語)。

日本語の訳を入れなくても何となく意味がわかりますよね?ただ、韓国語の時とは違い、中国語は文法が日本語とは全然違い、また同じ発音でも意味が全く違ったりするなど発音が比較的難しい言語であるため、そういう意味においては難しいと思います。

長文駄文失礼しました^^;

こんにちは^^

日本人が習得しやすい外国語でやはり一番なのは韓国語、次点で中国語になると思います。
韓国語においては、文法がまず日本語とほぼ同じであり、『は』や『が』、『を』等の助詞も同じくあります。例えば

・ナ ヌン イルボンサラム イムニダ
 私 は  日本人     です
・ナ ヌン ハッキョ エソ ハングゴ ルル ゴンブ ハムニダ
 私 は  学校   で  韓国語  を  勉強  します

日本語の文法がそのまんま当てはまりますよね?そして今でこそ韓国はもち...続きを読む

Qドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語、韓国語の中でどれが簡単?

大学に入学したらどれか選択するのですが、何がいいですか?
「好きなものでいい」という意見はなしでお願いします。

Aベストアンサー

言語そのものの難しさよりも、大学での単位の取りやすさという視点で考えれば、中国語と韓国語が比較的易しいようです。英語が得意な人にとってはフランス語やドイツ語は覚えやすいんですが、大学で扱う題材は難しい傾向にあります。しかし、大学により、また教授によっても違ってきますので、一概には言えませんが。
しかし、そんなことを心配するより、大学に入学することが先決じゃないでしょうか?

Q私立大学 後期日程は難易度が上がるの?

私立大学の後期日程は難易度があがるのでしょうか?
私は次のようなわけで、難易度が上がると思うのですが、実際はどうなんですか?
(1)一般後期を受ける人は、
 ・前期で落ちたが実力では受かるはずと再度チャレンジの人
 ・前期難易度の高いところに落ちてこの大学にレベルを落とした人
 と考えるとその募集人数の少なさも合せて 前期より難易度UP
 ではないかと思いますが、「後期はねらい目」いう意見もあります
 後期はどんな人が受けて、どうなるんでしょう?

(2)後期をセンター利用で受ける場合(センター試験後の志願)
 ・もし前期にセンター5教科で受けて落ちたなら 後期も5教科なら
  当然落ちる
 ・後期が高得点3教科など自分に有利な場合は可能性がある。
 
と考えると、前期で受けて(落ちた)どの学科より低いレベルを
志望しなくては結果がでないのでは・・・・

どなたか教えてください

Aベストアンサー

何年か前の受験生です。

私が受験生の時に予備校の先生に言われたのは、
私の志望校の場合(ある程度名の知れた私立です)、
後期の問題の難易度が桁違いに上がる、という事は少ないのだけれど
前期試験で失敗した人達が他大学からも流れて来るし、
第一志望での再チャレンジ組もいるしで
受験生が集中する傾向にある上、
募集人数は前期よりも少ない訳だから当然倍率が上がる。
そうなると必然的に合格ラインが高くなるので
合格は難しくなる、ということでした。
(結局、ここには前期で合格しましたが)

センター試験利用に関しては、
前期で利用する場合、何でこれだけ取れてるのに国立行かないの?
と思うような点数を取る人達が利用していたので
うちの場合は後期のセンターは更に厳しいでしょう。
合格ラインが上がるのは一般受験と同じ。

質問者さんは日大の後期受験を悩んでおられるようですが
赤本等に後期試験の問題も載っていませんか?
載っていたらその問題を見てみて、
前期試験の傾向と難易度が大きく変わらなければ受けてみる価値はあるように思います。
もちろん、他の回答者の方も仰っているように
前期試験より多少合格は難しくなると思われますが、
第一志望であれば最後まで粘りぬくのも合格への道ではないかと思います。
また、前期試験が終わってから後期試験を視野に入れて休まず勉強を続けて来たのであれば、
前期よりは実力も上がっているのではないでしょうか。

逆に、浪人は出来ない、どうしても現役で入りたい、というのであれば
ランクを落とすのがベターかと思いますが…。
HP等に受験の倍率等は出てませんか?時々倍率(募集人数と受験者)が載っている大学もありますよ。
あくまで目安程度ですが、それも参考になります。

ただ、どう机上で計算してみても受験なんて実際に受けてみなければ結果は分かりませんから、
後期日程が重ならなければ他大学も受けてみることや(受験料は余分にかかりますが)、
受験後の予定(浪人が可能か、絶対浪人は回避しなければならないか)
も視野に入れて考える必要があるでしょう。

つらつらと書いてきましたが、私は日大は受けたことがないので、
あくまで参考程度に。

一番精神的にも体力的にも辛い時期かとは思いますが
頑張って乗り越えて下さいね。

何年か前の受験生です。

私が受験生の時に予備校の先生に言われたのは、
私の志望校の場合(ある程度名の知れた私立です)、
後期の問題の難易度が桁違いに上がる、という事は少ないのだけれど
前期試験で失敗した人達が他大学からも流れて来るし、
第一志望での再チャレンジ組もいるしで
受験生が集中する傾向にある上、
募集人数は前期よりも少ない訳だから当然倍率が上がる。
そうなると必然的に合格ラインが高くなるので
合格は難しくなる、ということでした。
(結局、ここには前期で合格しまし...続きを読む

Qなぜ日本人に対して中国語は特に難しいのか

日本語と中国語どちら難しいのか
難しいの所がどこ?
なぜ日本人に対して中国語は特に難しいのか

Aベストアンサー

外国語大学で中国語を専攻し、その後中国に計7年駐在して、仕事で中国語を使っていたことがある者です。

もう30年ほど前の話ですが、外国語大学に入った新入生が苦しめられるのは、アラビア語科の右から左へ書くアラビア文字と、中国語科の中国語の発音(特に四声)が双璧であると、私が大学に入った当時は言われてました。

日本人が中国語を学ぶときに苦しむのは発音に尽きると思います。
発音さえみっちりトレーニングしておけば、文法は意外と簡単だと思います。

日本語みたいな活用もないし、欧語のような語尾変化もありません。
構文などを理解して覚えるのは、英語の勉強でやってきたことだし、修飾語のかかり方(~的など)などはむしろ日本語に近い感じで、自然な感覚で身につきます。

それに引き換え、発音には、清音・濁音の区別ではなく有気音・無気音の区別であること、巻舌音、四声など、日本人がつまづきやすいポイントがたくさんあります。

特に四声が問題になります。日本では大阪や京都といった関西辺りですと、言葉に高低アクセントがあるので、まだ四声に対する理解が可能ですが、東京方面の人などはまず四声の高低アクセントというものが感覚的に理解できないと思います。日本語でも東京人で関西語をちゃんとしゃべることができる人はまれです。

中国語を勉強し始めた日本人が、覚えたての中国語のフレーズをつかって中国人に話しかけても、発音が悪いため全然通じないことが多くて、それでショックを受けて挫折してしまうようです。私の周囲で、「仕事で中国との接点ができたから中国語を勉強する」といって学習し始めたのに挫折した人間は、たいていそうでした。

日本人にとって中国語は特に難しいものではなく、発音さえきっちり勉強すれば、むしろやさしい言語といえるのではないでしょうか。

一方、中国人からすれば、日本語は漢字の読みがひとつでないこと、漢字・カタカナ・ひらがなと文字の種類が多いこと、発音は簡単なようでいて実はローマ字表記に表現されてない発音をしないときれいな日本語にならないこと、「てにをは」や活用など文法が複雑であることなどがネックになるのではないでしょうか。

日本語も英語もぺらぺらの中国人が言っていた話ですが、中国人から見ると言語としての英語と日本語は全然別の方向にある言語で、どちらかの言葉をある程度までやっていて、もうひとつの言語を始めるのはかなりしんどいのだそうです。まず英語を勉強する人が多いでしょうから、日本語は中国人にとってはしんどい言語ということになるかも知れませんね。

外国語大学で中国語を専攻し、その後中国に計7年駐在して、仕事で中国語を使っていたことがある者です。

もう30年ほど前の話ですが、外国語大学に入った新入生が苦しめられるのは、アラビア語科の右から左へ書くアラビア文字と、中国語科の中国語の発音(特に四声)が双璧であると、私が大学に入った当時は言われてました。

日本人が中国語を学ぶときに苦しむのは発音に尽きると思います。
発音さえみっちりトレーニングしておけば、文法は意外と簡単だと思います。

日本語みたいな活用もないし、欧語の...続きを読む

QPASMOとSUICAのどちらのカードが、便利で使い勝手がいいですか?

PASMOとSUICAのどちらのカードが、便利で使い勝手がいいですか?
東京近辺に住んでいます。今まで不便も感じなかったためどちらのカードも作っていませんでしたが、今回どちらか1つのカードを作ろうと考えています。
事前に申込書などで情報収集しましたが、今ひとつ2つのカードの違いが分からず・・(PASMOでJRだけの定期は作れない、SUICAでメトロだけの定期は作れないようですが、どちらもどちらの路線にキャッシュレスで乗れるようなので、その他の違い(メリットやデメリットなど)があまりよく分かりません。
年会費がかかることとあまりカードは増やしたくないので、この2つのカードの特徴や使い勝手など、またどこかお勧めのカードなどがあれば、どなたか、何かアドバイスがいただけると嬉しいです!!

Aベストアンサー

SUICAとPASMOは、現在の所全くコンパチブルです。ただし定期券だけは多分違うかも知れません。
最初に登場したのがJRのSUICAで、後追いで私鉄等のPASMOが登場したのですが、仕様を全く同じに作って表面の体裁だけを変えたもの(もちろんSUICAかPASMOかの情報はありますが)なので、電子マネーとして使う上では、利用者から見れば全く同じです。

ただし、JR系の液ではPASMOは買えませんし、私鉄系でSUICAは買えません。買う場所(駅)によってどちらが入手できるかが決まります。
またどちらも記名式と無記名式があります。カード内部に所有者情報があるかどうかの違いです。定期券として購入したものは、当然の事ながら記名式になります。単なる乗車券変わりのカードとしてカッタ場合には、無記名式も選べるようです。ただし紛失した時の扱いが違うでしょう。

費用はどちらも購入時に500円かかります。この費用は、カードが不要になって駅に返却する場合には、返金してくれます。要するにカードの借用料のようなもので、それ以外に年会費などは一切かかりません。

利用の上で言えば、かつてはSUICAではバスに乗れませんでした。現在のSUICAは乗れますから、全く差はありません。古いSUICAは無料で取り替えてくれます。そしてJRのSUICAで私鉄線だけを乗車券として利用することも、逆にPASMOでJR線のみを利用することもできます。
JRには電子グリーン券の機能があります。主にJR管内なので普通列車の指定席ですが、駅の乗車券の自販機でグリーン券を購入すると、その情報がSUICAに書き込まれます。グリーン券は出ませんが、車掌にSUICAを見せれば、読み取り機に通してそれでOKです。

コンビニなどでの買い物に関しても、SUICAとPASMOは同一扱いです。JR系の売店にはSUICA、私鉄系の売店にはPASMOと表示されていますが、他方でも全く同じ扱いです。
チャージも全く同じで、JRの駅でMASMOにチャージ、その反対も全く同じにできます。コンビニでも同じです。
最近の話ですが、JR東海管内の駅でもJR東日本のSUICAで買い物ができる様になりました。

ですから、現在は利用者にとっては、どれを持っていても実質的な差が全くないと言えるでしょう。逆に言えば、定期を買うのでなければ、録れか1枚だけを買えば良いということになります。

SUICAとPASMOは、現在の所全くコンパチブルです。ただし定期券だけは多分違うかも知れません。
最初に登場したのがJRのSUICAで、後追いで私鉄等のPASMOが登場したのですが、仕様を全く同じに作って表面の体裁だけを変えたもの(もちろんSUICAかPASMOかの情報はありますが)なので、電子マネーとして使う上では、利用者から見れば全く同じです。

ただし、JR系の液ではPASMOは買えませんし、私鉄系でSUICAは買えません。買う場所(駅)によってどちらが入手できるかが決まります。
またどちらも記名式と無記名式があり...続きを読む

Qスペイン語か、中国語か…

英語は全く喋れませんし、あまり興味もありません。
その代わり、スペイン語か中国語に興味があります。
英語を飛ばしてスペイン語や中国語の勉強は、無駄ですかね?

もしどっちか勉強するとなれば、どっちがいいでしょうか?

スペイン語はスペイン語圏の広い地域で使える(行くかどうかはわかりませんが…)
サッカーが好きなので、少しでもスペイン語がわかるとより熱く盛り上がれそう(な気がする)
スペイン語からイタリア語やポルトガル語など、似たような?言語を勉強する時に応用が効きそう。

中国語は日本から近い事もあって(私が住む街は、中国人留学生や観光客がとても多い)、
実利や実益だけで考えると日本から遠いスペイン語よりは役に立ちそう。
あと、単純に中国語を話す方が多く、これから先はスペイン語よりも潰しが効きそう。
中国・台湾・香港など、少しでもわあれば旅行で行ってとても役に立ちそう。

どっちも同じぐらい興味があって、決められません。

Aベストアンサー

私もアメリカが嫌いで、中学の英語の先生が苦手だったという反発心もあってか、フランス語を独学し、センター試験の外国語もフランス語を選択しました。それでも、英語は学年でNo1ではなかったものの 得意でしたよ。しかし、その後、中国語、ロシア語に手を出しました。

>英語を飛ばしてスペイン語や中国語の勉強は、無駄ですかね?
いずれにせよ、英語は避けて通れなくなりますが、今のところはスペイン語か中国語に専念した方がいいでしょう。言うまでもなく 最初に英語をマスターするのがもっともオーソドックスですが、そういう人たちは 他の外国語も初級段階の呑み込は早いものの、中途半端なレベルで止まりがちです。でも、英語をそっちのけで英語以外の外国語をマスターした人は 英語を覚える時も 普通の人の半分以下の努力で 倍以上の成果が期待できます。しかし、それだけにハードルも高く、英語よりも難しいことを覚悟してください。市販の学習書は高校程度のレベルの英語が理解できる前提で書いているものが多いので、スペイン語の場合、英語の苦手な人は “接続法”で確実にポシャリます。

>もしどっちか勉強するとなれば、どっちがいいでしょうか?
もし、両方勉強するんだたったら中国語から始めた方が合理的かもしれません。
英語だって日本人が最初に学ぶ外国語としては少し難しすぎるんですよ。

私もアメリカが嫌いで、中学の英語の先生が苦手だったという反発心もあってか、フランス語を独学し、センター試験の外国語もフランス語を選択しました。それでも、英語は学年でNo1ではなかったものの 得意でしたよ。しかし、その後、中国語、ロシア語に手を出しました。

>英語を飛ばしてスペイン語や中国語の勉強は、無駄ですかね?
いずれにせよ、英語は避けて通れなくなりますが、今のところはスペイン語か中国語に専念した方がいいでしょう。言うまでもなく 最初に英語をマスターするのがもっともオーソドッ...続きを読む

QTOEFL ITPのスコアについて教えてください。

こんにちは。
大学でTOEFLのテストを受けました。
結果は443?点でした。
ですがこのスコアはどの程度のものなのでしょうか?
というのも、こんな成績で恥ずかしながら運良く入試がよく解けて大学の特待生として入学したので、傑出していなければ落とされてしまうのではと不安でたまりません。
偏差値60前後の大学なのですが、その新入生としてはやはり悪い数字でしょうか?
実際に、500点が留学の基準と言われていますよね?
それには少なくても満たないし…。
入試が終わってから一ヶ月サボったつけが回ってきたと後悔しています。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ITPの場合は、満点が677点。でCBTやibtとの換算表においては、PBTとまったく同じ点数となります。
http://www.ncc-g.com/page33.html
443点ということは、cbtで127、ibt43と同じということですが、ibt43が高校卒業と同じぐらいのレベルですから、大学1年生としては妥当なスコアだと思います。これから努力すればスコアは上げられますよ。
http://eq-g.com/article/exam/exam-hikaku/


人気Q&Aランキング