アプリ版:「スタンプのみでお礼する」機能のリリースについて

すみません。質問があります。
私は自営業で個人年金を入ろうと思い、いろいろ調べていたのですが、
国民年金基金(強制じゃなく上乗せの方です)と全労済の年金について少し疑問があります。

掛金や給付金、保証期間を比べると若干全労済の方が保証期間条件が良く見えました。(いろいろな条件下で国民年金基金には保証期間がないのに、全労済の方はあったり・・など)

また全労済は一応毎年利益を出してるようですが
国民年金基金はそのあたりは良くわかりません。

質問は
そもそも強制加入の国民年金が破綻寸前なのにこの団体は将来的安心でしょうか?

リスクヘッジとしては今国民年金に入ってるのですから別の民間年金に入るべきだとは思うのですが所得税の控除の上限無しはこの国民年金基金だけですよね?これが魅力的すぎるのですが罠でしょうか・・。詳しい方いましたらアドバイスいただければ助かります。

A 回答 (1件)

素人の爺です。


参考程度にしてください。

そもそも強制加入の国民年金が破綻寸前なのにこの団体は将来安心でしょうか?
回答
国民年金は国の年金ですので、国の保証があり破綻することはありません。
一方国民年金基金には「国の保証」はありません、最悪、破綻しても「税金投入」は考えられません。
あくまで「加入者同志の仲良し倶楽部」、最悪、解散もありうると加入説明書に明記されているはずです。あくまで民間の団体であると理解した方がよいでしょう。

追記
…国民年金基金には、予定利率と言うものがあり、過去に加入した方は5.5%、段階的に下がってきており、現在は1.5%前後と思われます。過去に加入された方は一生涯の「打出の小槌」、今から加入する方はその方に補填か?、なので加入時の予定利率は生涯変わりません。

自分の子供は自由業で国民年金に加入しています。
国民年金+付加年金(400円)+個人型確定根出年金(所得税控除あり)に加入しています。
個人型確定根出年金は運用しなくてはいけないとのイメージをお持ちの方がいますが、元金保証の貯蓄タイプの積立など運用しないタイプもあります。
毎月4万円の積立(元金保証タイプ選択)+国民年金+付加保険料…年間約70万円の所得控除になります。
実際には子供の国民年金の保険料、国民健康保険の保険料は私の確定申告から(私の方が収入がはるかに多いので)。子供の確定根出年金の保険料+生命保険料の控除は子供の確定申告とします。
現在は「デフレ」、運用益を狙わなくとも「税金の戻り」だけで充分です。税金の戻りはまた、保険料の一部として再度保険料に投入します。
付加保険料400円は(200円×加入月)が年金してかえってくるシステム、この魅力的なシステムは国民年金基金に加入すると使えないので、付加保険料を利用するためにも、国民年金基金は避けました。 

確定型根出年金の欠点
確定根出年金はあくまで自分のお金が戻ってくるだけですから、運用に失敗すれば、最悪0ですし、年金も自分の元金の範囲までです。長く生きれば多くもらえると言うことに関しては「国民年金基金」に軍配が上がります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す