マンガでよめる痔のこと・薬のこと

今は機械がありますけれど昔はどうやってたくさんの米を殻と分けていたんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>昔はどうやってたくさんの米を殻と分けていたんでしょうか?



「籾摺り」を意味しているのであれば・・・。
稲作文化が日本に入った縄文後期から弥生前期は、木の臼に籾を入れて、木槌で叩いていました。
絵本に出ている「月に住むウサギが、餅をついている姿」を想像して下さい。
地域(と言っても、集落ですが)によっては、平らな地面に籾をまいて籾を木枝を束ねたもので叩くという方法もあったようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。昔から米との分離作業は半自動だったんですね。

お礼日時:2011/10/29 04:45

補足します



唐箕は風力分級機です 籾を籾殻と玄米に分離することはできません

分離された籾殻と玄米を比重の違いで選り分けるのが箕です、
それを人工的な風を使って効率よく分離できるようにした機械が唐箕です

籾摺や精米は、今でも粒子と他の物質・粒子同士の摩擦により粒子の表面を剥ぎ取ります(籾の表面の籾殻を剥ぎ取り玄米にする)

剥ぎ取った後、それを分離する必要があります。 玄米と籾殻 白米と糠 に

この分離には 粒径の差を利用したふるいや 比重の差を利用した風力分級(唐箕やサイクロン)が使われます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/10/29 04:45

米と殻を分けるのは唐箕(とうみ)という道具で行います



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%90%E7%AE%95

コンバインなどの選別装置も原理は唐箕です。
唐箕はたしかペリーが持ち帰った荷物の一つです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2011/10/29 04:45

#2の籾摺りです、昭和30年代までは現役でした



#1は、籾を藁から分ける作業(脱穀です)
千歯扱きは 明治には使用されなくなったようです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2011/10/29 04:46

籾から籾殻を取る「籾すり」の事でしょうか。



籾すり機
江戸時代には「土臼」と呼ばれる臼でひいていたようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%BE%E3%81%99% …


「土臼」
http://bigai.world.coocan.jp/msand/powder/dousu. …
http://www.kasugai.ed.jp/kamiya-e/mukasinokurasi …

そのほか、堅臼や木臼を使う方法もあったようです。

http://syokunou.net/modules/tinyd0/index.php?id=8
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2011/10/29 04:46

千歯扱きですね。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E6%AD%AF% …

それ以前は、竹や木の先を割ったものを
使って、しごいていました。

こういう仕事は、主に後家さんがやっていたので
千歯扱きが出たときは、後家殺し、と言わて
激しい排撃運動が起きたこともあったそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2011/10/29 04:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簡単な籾摺りの方法はありませんか?

学校で子供たちが稲を植えました。脱穀まではできても、籾摺りは自分たちで手で籾殻をむくしかないように思うのですが。何かいい方法はありませんか?手でむくには多すぎますし、今はコンバインでそこまでできてしまうので、農家の親に頼むこともできません。そろそろ刈り取りをしようと思っているので、困っています。

Aベストアンサー

 追加します。70歳を越えている人は町・田舎を問わず、経験あるようです。お年寄りにやり方やコツを聞かれた方がいいでしょう。
http://www.tanbo-kubota.co.jp/tool/tool16.html
にも、ありました。
なお、
http://www.janis.or.jp/shokunounet/saibai/ine13.html
 には、すり鉢の中に籾を入れ、野球のボールなどをゴロゴロ転がしてもよいとあります。

参考URL:http://www.tanbo-kubota.co.jp/tool/tool16.html,http://www.janis.or.jp/shokunounet/saibai/ine13.html

Qもみがら付きのお米のもみがらを外したいです

先日農家で農業体験をして、
もみがら付きのお米をもらいました。

しかし、このもみがらをどうやって外すのか分りません。
すり鉢でゴムボールでゴリゴリする方法はやってみたのですが、
上手く行かず、どこか機械などで出来る方法はないかなと思っています。

どなたかお助けいただけませんでしょうか?
住まいは東京都内です。

Aベストアンサー

うちの子も先週農業体験収穫で学校でやってました。
昔からあるのが一升瓶に入れて棒で突く。
すり鉢とゴルフボールでやっているのも見ました。
無ければ広口瓶とすりこぎ棒でゴリゴリする。

確かに機械のほうが楽だし簡単ですけど、10kgごとに幾らみたいな料金です。
田舎から送ってもらうのを精米するときは使いますが(30kg)
少量ならば折角農業体験したのですから人力の経験をしてみたらいかがですか^^
お米やさんでもやってくれるところありますが高い料金を取られます。
都内在住との事ですが県境や市(東京都内)までいけばコイン精米機があります。
うちは三郷市(埼玉県)でよくやっています。

Q家庭で、籾殻(もみがら)をとって玄米にしたい

両親の実家が農家なので玄米を送ってもらっています。

これまでは問題なかったのですが、もみすり機の設定なのか
劣化なのか、最近は籾殻付きの米が多く混じるようになって
食べるときにかなり気になります。

再三、親経由で「籾殻付きの米が多いので気をつけてほしい」
と頼んだのですが改善されません。

私自身は玄米食なのですが、他の家族は精米食なので
あまりわからないのかも知れません。

また、私→親→実家の農家という関係なので
なかなか強くいえないのかも知れないです。


と言うわけで、こちらでこの「籾殻付きの多い玄米」を
どうにか使用と考えています。

籾取り方法を考えたのですが、

・昔ながらの方法、ビンに詰めて棒で何度も突く
→時間がかかって現実的ではない。

・家庭用精米器を使ってみる
→玄米を、胚芽米や五分つきなどには出来るが、籾殻はそのままだった・・・

・近所のお米やさんに頼む
→東京都港区在住なのですが、
そもそも「お米やさん」的なお店がない

このほかにも、精米できるスーパーなどを探してはいるのですが、
精米器では玄米にならないなどの問題もあります。

解決しなければ、
「素直に、玄米をスーパーなどで購入する」という
購入経路の変更になってしまいます。

どなたかよい知恵を貸していただけないでしょうか?

両親の実家が農家なので玄米を送ってもらっています。

これまでは問題なかったのですが、もみすり機の設定なのか
劣化なのか、最近は籾殻付きの米が多く混じるようになって
食べるときにかなり気になります。

再三、親経由で「籾殻付きの米が多いので気をつけてほしい」
と頼んだのですが改善されません。

私自身は玄米食なのですが、他の家族は精米食なので
あまりわからないのかも知れません。

また、私→親→実家の農家という関係なので
なかなか強くいえないのかも知れないです。


と言う...続きを読む

Aベストアンサー

我が家でも籾には時々(ロットにより)悩まされます。改めて籾摺り機でネット検索してみましたが、馬鹿でかい業務用しか上がってきません。手動式で辿り着いたのが
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/h_sakamoto/agri/akame/akame18.htm
ですが、結論から言うと、未だ現物には到達していないようです。

>家庭用精米器を使ってみる
これは旧式のものだと効果があります。要するに玄米を強くこすりあわせて精米するタイプです。しかしこれも今となっては入手困難かもしれません。

Q玄米と籾付きの分け方は?

精米しようとしたら、玄米と籾殻付きのお米が混ざっていました。このままだと精米できないので、玄米と籾殻付きに分けたいのですが、どうすれば簡単に分けられるでしょうか?

Aベストアンサー

籾摺り機があるのなら、玄米と混ざったまま籾摺り機にかけましょう。
籾摺り機を借りてでも、そのほうが良いです。
というか、それしかないです。

実は今年、我が家の籾摺り機の具合が悪くなりまして、
うちも混ざってしまったんです、玄米と籾付(ほんと泣きたい)。
剥けた籾殻が混ざっただけなら、それは水に浮くので
炊飯前の米研ぎの段階でどうにかできるのですが
殻だけじゃないんですよね?
他にもあれこれやってみましたが、簡単に分けることはできず、
うちは結局手作業で解決しました(かなり果てしなかったです)。

ちなみに。
そのまま精米機にかけてみましたが、やはり精米機では籾摺りができず
精米と籾付が混ざった状態になっただけでした。
混ざった状態で炊いて食べてもみましたが、なかなかに切なくなります。
ですので是非もう一度、籾摺り機へ。

Q米俵の中味

江戸時代、米は米俵にいれて年貢を納めたと思いますが、米俵には籾米をそのまま入れたのでしょうか。それとも籾を取り除いた玄米の状態で入れたのでしょうか。人によってさまざまな回答があってよくわかりません。宜しくご回答くださいませ。

Aベストアンサー

年貢米は普通は籾米でした。   信濃松本の水野忠職の貞享3年の年貢収納の改定で、
1.これまで年貢米は禾(のぎ)をつけたままであったが、今後は禾を除いたものを納めさせる。
2.前は年貢米は1俵に籾5斗3升を入れ、玄米にして2斗5升と計算していたが、今後は3斗5升と計算する。     とあります。

籾5斗が玄米2斗5升に相当する「5分摺り」(籾3升分は手数料)というやつです。
藩は玄米より保存がきく籾米を年貢とし、必要に応じ玄米にして札差に渡し、金銀に替えました。
しかし藩によっては、また藩のなかの一部の地域によっては、玄米で年貢を納めさせることがありました。
また松本藩のように、途中で納入法を替えることもありました。   
江戸時代は玄米1俵は3斗5升が原則で4斗ではありません。
玄米を搗いて白米にした最終流通段階でも同様と思います。


人気Q&Aランキング