骨の数について。
大昔に絶滅した恐竜の骨の数って、一体につきどれくらいあったのでしょうか?
・ティラノサウルス
・トリケラトプス
・ブロントサウルス
・フタバスズキリュウ
・プテラノドン
辺りの恐竜が知りたいです。
人間で200個位と記憶しています。
人間の骨と数は殆ど変わらないけど太さが全然違う、とかなのでしょうか?

A 回答 (1件)

残念ながら、それを知り得るだけの十分な骨はまだ見つかっていないそうです。


ただ、ティラノサウルスだけは見つかっているそうで、全部で約200本の骨があったそうです。
。。。つまり、人間の骨の数と、ほぼ変わりないようですね。

http://wiki.answers.com/Q/How_many_bones_did_din …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

お礼日時:2011/11/09 14:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q足のくるぶしの外側と内側の骨の名前がわかりません・・・

足のくるぶしの外側と内側の骨の名前がわかりません・・・
外踝、内踝それぞれ教えてください!

Aベストアンサー

tibia fibula
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%85%93%E9%AA%A8

Q恐竜の絶滅原因

地球の回転速度は徐々に落ちてきていると聞きました。
つまり大昔に回転速度が速かったと言うことは
重力が小さかったと言うことですよね?
大昔に今の体重計を持っていけば当時の巨大な恐竜でも
今の象くらいの体重だったのではないのでしょうか?
そのために恐竜のような巨大な生物が存在できたと言うことなのでしょうか?
それならば絶滅の原因は地球の回転速度が落ちたことにより
自らの重さに耐えられなくなったことで物理的な原因から小動物へと変形(進化)して行った
と考えられないのでしょうか?

Aベストアンサー

 No.6のJagar39です。

>大型化の仮説はあまり耳にしないのですが

 一応オリジナルです。前提にした知見は既に知られているものばかりなので、同じようなことを考えたり言ったりしている人はいるとは思いますが。

>この先科学の発展とともに何億年も経つと人類は人工的な環境の中の温暖化状態で巨大化していく可能性もあるのでしょうかね

 私はないと思います。
 というのは、大型化というのはNo.6で恒温性や体重あたりのエネルギー要求量といった点で有利だったと推測したわけですが、その理屈から考えると、人類は衣服や冷暖房といった「恒温性を維持するための文明の利器」を手に入れてしまっていますし、エネルギー要求量の点でも既に体重あたりの、という相対的な問題から人口増加に起因する絶対的な量の問題になってしまっています。
 また、大型化は闘争にも有利であるわけですが、人類が作り上げてきた複雑な社会の中では、肉体的な強さより社会性や知能といったものが主力な"闘争"になってきていますし、この傾向はこれから先もますます強くなっていくでしょう。

 なのでこれまでに考察した材料からは、人類が将来大型化する理由(メリット)は何もない、と言って良いと思いますね。
 むしろ小型化する理由(メリット)の方が多いかなと。

 知能に関しては、このたった数万年の間にも目覚ましく「進化」を続けています。数万年前の人類を乳幼児のうちから引き取って現代の教育を受けさせても、現代の人類と同等の学習効果が得られるとはとても思えません。
 これはつまり、人類には「知能」に関してよほど激しい淘汰圧がかかっていることを意味していると思います。余談になりますが、本当に淘汰圧がかかっているのは「社会性」に対してであって、知能は「高度な社会を作り上げ、それを維持するための」オマケ、という気が私はします。
 ともあれ、知能であれ社会性であれ、要するに「脳(それも大脳皮質)の機能向上」に対する淘汰圧、と言えると思うのですが、脳は身体の30%(だったっけ?)のエネルギーを消費する、とても"燃費が悪い"器官です。
 脳の燃費が悪くなる方向に進化が継続している(そしてこれからも継続する)のであれば、手に入るエネルギーが同じ(つまり接種できる食料の量が同じ)であるならば、身体を小型化することで帳尻を合わせるしかありませんよね。

 また、No.6にも書きましたが、同じ資源を使い、同じ面積に生息するのなら、大型動物より小型動物の方が個体数は多くなりますから、遺伝的多様性を保つには有利です。
 さらに人口がこのまま増え続けると、1人あたりの食料は少なくなっていくでしょうから、この点でも小型化した方が有利になるのかと。

>1億年後の人類はどのように化けているのでしょうね。想像も付きません

 私も想像もつきません。
 でも、私は1億年後には既に人類は絶滅している、という方に1票、です。別にそれほど明確な根拠があるわけではありませんが。

>不老不死なんてのも、あと数百年もあれば実現しているかもしれないし

 不老不死が可能になったら、多分人類の絶滅は早まるかと。世代交代ができなくなりますから、遺伝的多様性が急速に失われるでしょうね。

 No.6のJagar39です。

>大型化の仮説はあまり耳にしないのですが

 一応オリジナルです。前提にした知見は既に知られているものばかりなので、同じようなことを考えたり言ったりしている人はいるとは思いますが。

>この先科学の発展とともに何億年も経つと人類は人工的な環境の中の温暖化状態で巨大化していく可能性もあるのでしょうかね

 私はないと思います。
 というのは、大型化というのはNo.6で恒温性や体重あたりのエネルギー要求量といった点で有利だったと推測したわけですが、その理屈から考え...続きを読む

Q骨の名前を続けて言ってる歌詞なのですが?

昔から心の隅に引っかかってる歌なのですが
たしかお昼の「みんなの歌」みたいな
子供番組で放送されてた記憶ですが

恥骨、頚骨、胸骨・・・

こんな感じで骨の部所を並べて歌ってるだけの歌詞だっと思います
10年以上前だと思いますが
ずっと引っかかってます
少ない情報ですが曲名など御存知の方いましたら
教えてください

Aベストアンサー

今晩は
どうやらTBS系で朝放送されていた「じゃんけんキッズ」という幼児向けの番組で歌われていた
「ホネホネ順番」という曲のようですが
残念ながらそれ以上のことは分かりませんでした。
御参考まで。

Q恐竜絶滅と地球の重力の関係(トンデモ?)

古生物学として恐竜を考えたときに、現存するワニなどから類推するそうですが、発掘されている巨大な骨格を持ったもの(特に陸生だと考えられているもの)などは、血圧や筋力、骨格強度などの面から見て、現在の地球の重力加速度とは矛盾してしまう(だから重力加速度が大きく変化したんじゃないの?)……というような話をときどき見かけます。よく知らない私は「へぇ~」と思いながら、どうもこの話は「トンデモ」扱いなのかな、とも気付いたりもします。

ちゃんと科学的に説明した情報がないのか、ネットで検索したのですが、分かるような科学的反論というか解説されたものに、まだ行き当たっていません。

「ゴミ以下のトンデモだ」と反論しているページもあったのですが、内容が分かりません。というか、説明になっていないように思えてしまいました。

「トンデモ」なのでしょうか。そうなら、整合性のある説明はどうなるのでしょうか。気になり始めると気になって気になって仕方ありません(^^; よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「巨大生物が存在したとなれば、現在よりも重力が小さかったはずだ」という「仮説」を、他の様々な重力に関する証拠を一切無視して「正しい」といってしまえばトンデモでしょう。「事実としてそうではない、ならば他の要因があるはずだ」というように発展すればまっとうな学問といえるでしょう。

 個人的には、「恐竜をワニ等の爬虫類から類推する」という点が怪しいと思っています。実際、どちらかというと鳥類に近いという説もありますし。

Q鼻の裏のほうにある骨の名前

スノーボードのジャンプ台から落ち病院に行ったら
『していこつ』という骨が折れていると言われましたが
辞書で調べてもよく分かりません。
どうゆう漢字を書くのでしょうか?
それとも聞き間違えてるのでしょうか?
また、もし治療法とか分かれば教えてください。
(ほっとくしかないのカナ・・・)

Aベストアンサー

篩骨(しこつ)の事かも?

http://ja.wikipedia.org/wiki/篩骨

Q恐竜を食っていた哺乳類はなんで絶滅したんでしょうか

恐竜時代に、ねずみくらいの哺乳類から進化した犬くらいの哺乳類が、恐竜捕食性らしかったのですが、なんで絶滅してしまったんでしょうか。

Aベストアンサー

より大きな肉食恐竜に狙われたからみたいです。
結局、大きさ勝負では恐竜に勝てなかった。
あの時代に生き残るには恐竜とは違った強み(知能、敏捷性、夜行性など)で勝負せざるを得なかったのだと思います。

Q創作について 骨製の武器

創作に「骨製の剣」を出そうと思っているのですが いくら検索してもそれらしい名前が出てきません
ボーンナイフではそのままですし

骨製のナイフ
骨製のナタ
骨製の剣


どこかの神秘的な民族が使っていそうな また実際使われていた 骨製の武器の名前を教えて下さい

Aベストアンサー

 #2です。ですから「サメの歯を埋め込んだ木製平型棍棒」の名前が「leiomano」。カタカナ表記するなら「レイオマノ」。言語のほうが資料見つかりやすいと思ったので。画像検索するとこんな感じ。

https://www.google.co.jp/search?q=leiomano&hl=ja&prmd=imvns&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=cjTOT634IcmemQWIyZiiCg&ved=0CFwQsAQ&biw=1223&bih=870

Qどれくらいまで減ったら絶滅といえるでしょうか

こんにちは。私は今論文を書いている最中です。
動物が絶滅する時期をいろいろなデータを総合して計算で出そうと思っています。でも、計算でやっていくと、どうやっても0にはならないですよね。計算上、どれくらいまで減れば絶滅と言ってよいか、どなたか統計とか詳しい方教えてください!!

Aベストアンサー

それはモデル次第だと思います。
シミュレーションを行い,個体数を離散値で表現するのであれば,0になるでしょう。
また,個体数が0になる確率を求め,それが例えば 95% を超える時期を求めることも考えられます。
あるいは個体数が1を切る点を求めることも考えられますし,有性生殖をモデルに組み込んでないのであれば,遺伝的に生殖集団が維持できなくなる個体群サイズが知られているはずですので,それを下回る時期を求めることも必要でしょう。

このあたりの選択は目的と計算が容易かどうかなどによって変わってくると思います。

Q尾抵骨? しっぽの名残という人間の腰にある骨

あの骨の名前を教えてください。

しっぽの名残などといわれているお尻の上にあるちょっと突起した部分の名称です。

尾抵骨というのかな、とも思いますが、尾抵骨というのはあの辺りの骨全部のことでは?

突起部分の名称を知りたいのです。

Aベストアンサー

尾骨になると思います。

尾骶骨(びていこつ),尾閭骨(びりよこつ)ということもあるようです。

参考URL:http://web.sc.itc.keio.ac.jp/anatomy/osteologia/A02206001-002.html

Q恐竜骨の内部構造について教えてください。

インターネットオークション並びに鉱物ショウで、恐竜の骨といわれる化石を購入いたしました。
重さは1キロ未満の物から数キロの物まで数点手に入れました。触っているだけでも満足なのですが、知的理解がないので、物足らなさを感じています。
アメリカ、ユタ州産出と言われました。そこで、これを私は、30倍の単眼顕微鏡で観察いたしました。
そうしましたらパスタのマカロニの断面のような構造がたくさん見られました。丸い物から、つぶされたぺちゃんこの形、ひょうたん形、四角形、楕円形など、様々な形状です。これが、いたるところで見かけられました。
これは、何でしょうか。またマカロニの断面のようになっていないところでは、パイプ状の管になっているように露出しているところもありました。
恐竜図鑑なども見ましたが、恐竜骨の内部構造は書いてありませんでした。
教えてください。
また現生の爬虫類や鳥類の骨を調べれば、同じような構造が見られるのでしょうか。
恐竜の骨の内部構造について、良い本がありましたら教えてください。
お忙しいところお世話をおかけしますが、頼みます。

Aベストアンサー

現物の恐竜化石のことは私はよく知らないのですが、下記サイトなどの写真と見比べてみたら、何か参考になるでしょうか。

アパトサウルス大腿骨断面写真
朝日新聞aサロン「科学面にようこそ」より
 https://aspara.asahi.com/blog/science/entry/YtvQsoBgtH

各種恐竜の骨・歯化石写真集
化石鉱物専門オンラインショップ「磐座」ギャラリーより
 http://www.chord-work.com/soldoutdinasours.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報