『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

マンション管理業で働いており、漏水の問題が多いです。そこで質問があります。
管理組合では共用部分に施設賠償責任保険に加入していますが、その適用の有無の判断材料としての知識を身につけたいと考えています。

例1:上階の入居者の洗濯機の排水により漏水し、下階の居室のクロスのシミや電化製品が故障した場合
専有部分に設置している洗濯機から、入居者の過失(ホースが外れた等)で下の階に漏水してしまった場合、施設賠償責任保険だけではおりないですよね?でもコンクリートのひび割れ等、老朽化による場合はどうなんでしょうか?

例2:最上階の入居者の天井から雨漏れし、居室のクロスのシミや電化製品が故障した場合
原因が屋上の防水が経年劣化であったと断定された場合、施設賠償責任保険は適用されるのでしょうか?

また、管理組合によっては、施設賠償責任保険に個人賠償責任補償をつけている場合がありますが、その際は、上記例は適用されるのでしょうか?

これだけでは情報不足かもしれませんが、おおよそ、もしくは一般的にという判断でお教え頂ければと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

マンションの管理人をしていますが、保険についてはそう詳しくはないので、参考程度に。



「施設賠償」の「施設」とはあくまでも「共用部の施設」を指します。共用部の給排水管から水漏れして専有部を汚した場合などに適用されますので、例1の場合には適用されません。「個人賠償」に入っていれば被害を受けた住居の修復は保険対象になりますが、原因となったお部屋の修復は自己負担となるはずです。

コンクリートのひび割れや老朽化についてですが、いわゆる「経年劣化」は保険対象になりません。そのため、マンションでは10数年に1度、大規模修繕をする必要があります。

例2の防水部分の経年劣化も同様です。雨水の漏れをカバーする保険は無いはずです。屋上の防水と被害を受けた部屋の修復は管理組合負担となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました!
マンションでは色々な問題ありますよね。
色々経験を積んでいきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/26 14:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q劣化が原因の個人賠償保険の適用

分譲マンションの一室(区分所有)を管理している不動産会社です。保険について教えていただきたく書き込みいたしました。(収益物件です)

その分譲マンションの1室に賃借人が1ヶ月ほど前に入居したのですが、先週水漏事故が発生いたしました。

事故原因は賃借人が髪の毛を排水溝につまらせ浴室外部に漏れない程度に水が溜まり、防水が切れていたために階下に水漏れした模様です。

鑑定士は賃借人は通常の生活の範囲内との事で責任はないと言い、区分所有者(家主)の管理(防水ができていなかった事)が水漏れの原因だと推定されると言っていました。

区分所有者(家主)は個人賠償保険に加入しているのですが、防水が切れている事が「劣化」が原因の場合、保険の対象になるのでしょうか?

補足:当社は区分所有の管理であって、マンション全体の管理会社は別にあります。あくまで区分所有なので家主は施設賠償に入れません。共有部分はその管理会社の保険が別にあります。
また、要防水部分は専有部分だと判断しての質問です。共用部分だった場合はマンションの管理組合と階下の被害者との話し合いになることは認識しております。

分譲マンションの一室(区分所有)を管理している不動産会社です。保険について教えていただきたく書き込みいたしました。(収益物件です)

その分譲マンションの1室に賃借人が1ヶ月ほど前に入居したのですが、先週水漏事故が発生いたしました。

事故原因は賃借人が髪の毛を排水溝につまらせ浴室外部に漏れない程度に水が溜まり、防水が切れていたために階下に水漏れした模様です。

鑑定士は賃借人は通常の生活の範囲内との事で責任はないと言い、区分所有者(家主)の管理(防水ができていなかった事)...続きを読む

Aベストアンサー

>鑑定士は賃借人は通常の生活の範囲内との事で責任はない

こう鑑定されている以上賃借人の個人賠償は免責となるでしょうね。少なくとも、賃借人の個人賠償の保険会社はそう主張するはずです。
そうすると家主の管理責任でじゃあ施設賠償かいとなると思うのですが、まあ「施設賠償」で検索していくつかの保険会社のHPの「保険をお支払いできない場合」を見てください。
「給排水設備の漏水による事故」とほとんどの場合書かれていると思います。給排水設備の漏水を担保する施設賠償って正直聞いたことがありません。だから、自称「専門家」が回答されている文章を見るとそういうのも担保する保険があるみたいに読める書き方をされています(そうとはいってはおられませんが・・・)が、それが何なのか私も聞きたいくらいです。でもきっと「自分で考えなさい」といわれるでしょうけどね。

さて、保険会社というのは約款で免責と受け止められるような文言があればそれをタテに支払いは拒否します。はっきりいいますが、保険会社は「何かあったときに金を支払ってくれる」のではなく「契約上保険を支払わなければならないときに渋々金を払う」ものです。晴れてるときに傘を貸して雨が降ったら傘を引っ込めるのは銀行と同じです。おそらく今回のケースについては「契約者に責任はない」「給排水設備の事故は不担保」「経年劣化による事故は不担保」のどれかを主張してくると思われます。そのどれをも崩せる「理屈」がないと難しいでしょうね。
保険会社の理屈からすると「そういうところは日々メンテナンスして事故らないようにしっかり管理しろ」ということですね。保険に入っていれば普段のメンテナンスが不要というわけではありません。

>鑑定士は賃借人は通常の生活の範囲内との事で責任はない

こう鑑定されている以上賃借人の個人賠償は免責となるでしょうね。少なくとも、賃借人の個人賠償の保険会社はそう主張するはずです。
そうすると家主の管理責任でじゃあ施設賠償かいとなると思うのですが、まあ「施設賠償」で検索していくつかの保険会社のHPの「保険をお支払いできない場合」を見てください。
「給排水設備の漏水による事故」とほとんどの場合書かれていると思います。給排水設備の漏水を担保する施設賠償って正直聞いたことがありま...続きを読む

Qマンション専有部、老朽化による水漏れ事故

築三十年程の分譲マンションに住んでいます。(すべて区分所有者です)先日、自宅上階の専有部分(給水管)から水漏れがあり、業者に調べて貰ったところ老朽化によるものと聞きました。何とか、翌日中には漏れた場所も特定できて、漏水は取りあえず止まっている状況です。
 うちの方の被害としては、天井のクロスの剥がれと床の絨毯の変色といったところなのですが、業者の方の話に拠れば「上階の方の保険で修繕することになります」とのこと。実際に上階には保険屋さんも来ていたという話を聞いたのですが、損害保険をいろいろとネット調べてみると「老朽化」による漏水に関しては保険適用できないという内容の記述を方々で見かけました。
 水漏れ箇所の点検が行われる前に、上階の方には被害の状況を確認して貰いましたが、水漏れ工事が終了しても連絡はなく、保険屋さんもうちには来られませんでした。その時の私の理解としては、業者さんがうちの自宅内部の水漏れ箇所の写真を幾つか撮ってましたので、それで作った報告書が保険屋さんの方にも回って、査定額が決定されるという運びだと思っていました。
 ですが、今回の水漏れは錆びて給水管に穴が空いたのが原因だと業者の方が言っていた為、恐らく「老朽化」ということでしょうから、それだと保険は適用にならないのじゃないか・・・と不安に思っています。業者の方からは、修繕は一週間ほど様子を見て水が完全に落ちきってからにした方がよいという旨のことも聞いていますが、上階の方、あるいは保険会社からのアプローチが今のところないので、どうすべきか対応に苦慮しています。
 このような場合にも保険が適用になるのかということと、もし保険が適用できないならば上階の方とどのような形で話し合いを持つべきか、ご教示頂ければ幸いです。
 上階の方も被害の状況は十分おわかり頂けていると思いますし、問題のありそうな方とは思えませんので、恐らくは向こうもどうすべきか考えているのだと思います。ですが、私も全く初めての経験ですので、このあとどういう流れになっていくのか、それともこっちが動かなければどうにもならないのか、悩んでいる次第ですm(_ _)m

築三十年程の分譲マンションに住んでいます。(すべて区分所有者です)先日、自宅上階の専有部分(給水管)から水漏れがあり、業者に調べて貰ったところ老朽化によるものと聞きました。何とか、翌日中には漏れた場所も特定できて、漏水は取りあえず止まっている状況です。
 うちの方の被害としては、天井のクロスの剥がれと床の絨毯の変色といったところなのですが、業者の方の話に拠れば「上階の方の保険で修繕することになります」とのこと。実際に上階には保険屋さんも来ていたという話を聞いたのですが、損...続きを読む

Aベストアンサー

他の回答のように上の階の方に法的な賠償義務があるか
どうかが問題です。

老朽化に関しては、いわゆる「善管義務」の有無で判断される
でしょうね。
このような場合でも、私の経験では実務上は拡大解釈して
支払っている保険会社も結構ありますよ。

なお、責任がある場合でも上階の人の責任か管理組合の責任
かが問題となります。
実務的には水道管の縦の部分は管理組合、横の部分(各戸への
引き込み部分)は各戸の責任と大まかな基準を設けている場合
もあります。

Q集合住宅でこの場合の床下配管は共有部分それとも専有部分?

築25年の区分所有の集合住宅に住んでいます。

給湯、給水関連の配管の寿命が20年程度と聞いて、そろそろ床下配管の交換時期かなと思い配管図面の配管のあるはずの位置の畳をひっくり返してみると配管ではなく、コンクリートの床が出てきて配管など見当たりませんでした。

良く調べてみると、どうやら、配管は床下のコンクリートの中に埋没して敷設されているようでした。

この場合には、この床下配管は共有部分なのでしょうか?それとも専有部分なのでしょうか?

ただ、このマンションは規約がかなり昔に作られた関係からか、そこの部分に関する規約、細則はありません。

また、管理事務所や管理組合に聞いても「よくわからない」という状態で、リホーム業者にその事を聞いてみると、ある会社は「その配管の埋没しているコンクリートは共有部分の躯体の上にコンクリートを載せて配管を埋没させているから、専有部分です」という答えが返ってきたのですが、また別のある業者に聞いてみると、「コンクリートは躯体なので、共有部分です。」という答えが返ってきて、業者により意見がまちまちのようです。

もし、実際にこのコンクリート内部に埋没されている配管から水漏れして、損害が発生したら法律的には誰がその責任を負うことになるのでしょうか?

できましたら、根拠と共に教えていただけると幸いです。

築25年の区分所有の集合住宅に住んでいます。

給湯、給水関連の配管の寿命が20年程度と聞いて、そろそろ床下配管の交換時期かなと思い配管図面の配管のあるはずの位置の畳をひっくり返してみると配管ではなく、コンクリートの床が出てきて配管など見当たりませんでした。

良く調べてみると、どうやら、配管は床下のコンクリートの中に埋没して敷設されているようでした。

この場合には、この床下配管は共有部分なのでしょうか?それとも専有部分なのでしょうか?

ただ、このマンションは規約がかなり...続きを読む

Aベストアンサー

先ず、その配管が専用部分のための配管か、何個かの分をまとめている共通配管かによって判断されたと思います。
一般に専有部分を通っていても縦管は共通のことが多く、横引きは専有のことが多いですが、共通の場合もあります。
設備図面で確認するほかないと思います。

コンクリート床は構造体として、共有部分ですが、レベル調整のためにシンダーコンクリートいう構造と関係のないコンクリートを打つこともあります。
これは構造図面で判断できると思います。

2つの業者の見解の違いはコンクリートが構造コンクリートなのか、シンダーコンクリートなのかの見解の違いだと思います。シンダーコンの場合専有部分か共有部分になるか判断は難しいです。
というのは専有部分がどこまでかというのにいくつかの考えがあって、現在は表面からちょっと入った程度のところというのが主流の考えだからです。それがどの範囲で共有・専有が別れるかはっきりしていないので判断が難しいです。

構造図や設備図は一般に管理組合が所有しています。管理会社に預けていることも多いですが。
真偽をはっきりさせたい場合は、建築士に図面を見てもらえばよいと思います。

責任はその配管の管理責任者(使用者や管理者)となりますので、共通部分なら管理組合、専有部分ならその専有部分を使用している人またはその所有者です。
共有部分だと一般に集会決議を経る必要があります。

ただし、専有部分か共有部分かはっきりしない場合は、共有部分と見なすことになっています。
これについてはこんな事例があります。

共有部分である床下と、階下の天井の間の配管(横引き)は、維持管理の面からいって専有部分に属さないものとして、共有部分とみなす(東京地裁平成3年11月29日判決)。

先ず、その配管が専用部分のための配管か、何個かの分をまとめている共通配管かによって判断されたと思います。
一般に専有部分を通っていても縦管は共通のことが多く、横引きは専有のことが多いですが、共通の場合もあります。
設備図面で確認するほかないと思います。

コンクリート床は構造体として、共有部分ですが、レベル調整のためにシンダーコンクリートいう構造と関係のないコンクリートを打つこともあります。
これは構造図面で判断できると思います。

2つの業者の見解の違いはコンクリートが...続きを読む

Q木造住宅の外壁について(ALC)

木造住宅(木造軸組在来工法)を建てようと計画しているものですが、外壁についてALCと普通のサイディングとではどちらがよいのでしょうか。個人的にはALCがいいのかなと思っているのですが。皆さんの意見を聞かせてください。
ちなみに鹿児島県です。

Aベストアンサー

ALCとサイディングの両方を月に50棟工事している業者です。


●サイディングは16ミリ厚の塗装板12ミリ厚の塗装板、、12ミリ厚の無塗装板が
一般的です。サイディング塗装板はデザインのバリエーションが豊富なのが良いです。

しかし、塗装板も塗装しているので、10年ごとには塗り替えが必要です。
最初は何色も使って見た目はきれいですが、10年後はベタ塗りに・・・。
また、耐久性は高くないようです。
あとクレームが多いのは、どうしてもコーキングが切れてしまうことです。

12ミリはお値段は安いのが魅力ですが、プロの目から見ても
あまりおすすめできません・・・。建て売り住宅によく使われているのは
やはりあまりコストをかけられないからでしょう。

●ALCの旭化成パワーボードは厚み37ミリで重厚感があります。
しかし、サイディングに比べてデザインの種類が少ないのが難点です。

防火性能、耐久性能、遮音性、断熱性、メンテナンスなど、
性能面でいくと木造住宅の中ではピカイチです。
また、パワーボードの素材であるALC(軽量気泡コンクリート)は、
ヘーベルハウスをはじめ、パナホームなど、高級な大手住宅メーカーが
採用しており安心ができます。セキスイはALCのようなダインコンクリート。

塗り替えのメンテを10~15年に一回しっかりやれば、何十年も
もつ素材です。

価格については、16ミリ塗装板とパワーボード+弾性リシン塗装は同じくらいです。
弾性リシンは安い塗装なので、塗装次第でもっと高くなります。
でも、パワーボードは火災保険が半額になり、約30万円くらい浮いてくるので、
その分を塗装のアップグレードにまわすのがおすすめです。

まぁ、好みや外観の部分もありますので、よくご検討してみてください。

ALCとサイディングの両方を月に50棟工事している業者です。


●サイディングは16ミリ厚の塗装板12ミリ厚の塗装板、、12ミリ厚の無塗装板が
一般的です。サイディング塗装板はデザインのバリエーションが豊富なのが良いです。

しかし、塗装板も塗装しているので、10年ごとには塗り替えが必要です。
最初は何色も使って見た目はきれいですが、10年後はベタ塗りに・・・。
また、耐久性は高くないようです。
あとクレームが多いのは、どうしてもコーキングが切れてしまうことです。

12...続きを読む

Q損害保険の適用や家財損害品の鑑定について

数多い質問で大変恐れ入りますが、
お答えいただけるだけのものでも結構ですので、
何卒よろしくお願いいたします。

浴室より汚水が逆流してきたため家財が被害を受けました。
保険会社と示談が合わず、債務不存在訴訟を起こされました。


1、被害者となった際の弁護士費用や、通院、医療費、建物内のカーペットの交換は、
自身の加入する保険会社からは支払われないのでしょうか。
保険会社にたずねても「物保険では支払われない」と答えるのですが、
契約、約款にて変わるものと思いますが、
商法や一般的な損害保険に関する規定ではどうなのでしょうか。

家財品の損害は加害者被害者の保険会社同士で過失割合にて請求するものと聞いておりますが、
医療費、カーペット交換も同じことのように感じますがいかがでしょうか。
約款にも物保険の範囲として「たたみ、または建具類」と記されておりますので、
カーペットはこれに当たると思いますがどうでしょうか。

または修理不要がこれに適用されることと思いますが。


医療費としては、「傷害保険」の「建物の構内における偶然かつ急激な外来の事故によって~
身体外部から有毒ガス、もしくは有毒物質を吸引した急激に生ずる中毒症状」という項目があるので
すが、
こちらが該当するように思えるのですが、いかがでしょうか。

「ただし次の事由によって生じた構内障害については支払いません」
「被保険者の脳疾患、疾病、心神喪失。ただし保険金を支払わないのはその被保険者の被った障害に
限ります」
となっており、原因が汚水逆流によってのストレスと、
悪臭、細菌が原因であれば認められるかと思いますが、いかがでしょうか。


弁護士費用については、
「被保険者が他人に対して損害賠償の請求権を有する場合で、
その権利の保全・行使に必要な手続きを取るために要した必要・有益な費用をお支払いします。」
となっており、この点にて今回訴訟を受けたことについても受け取れると思いますが、
いかがでしょうか。


2、保険金が受け取れずに1年3ヶ月が経過しますが、
遅延損害金を請求することは可能でしょうか。


3、加害者側から裁判を提訴されたわけですが、
私の保険会社にもこの事実を伝えなければなりませんでしょうか。


4、部屋の約2分の1にあたる汚損されたカーペットが全損扱いであるのに、
私の同様の損害品が全損扱いにならないのはなぜかということを、
さらに深く突っ込みたいのですが、何か良いアイデアはございませんでしょうか。

私の部屋は分譲マンションをオーナーから借りているもので、
オーナーには完全な配慮をしてクレームを出させないようにし、
私だけを孤立させ差別をし損害額を抑えているとしか思えませんが、いかがでしょうか。

私の損害品が減価償却されるのであれば、カーペットも同様に減価償却され、
時価額での支払いが当然ですが、全損扱いです。
納得ができません。


5、損害品の時価は現在の中古商品でしょうか。
新品のものから使用年数を減価償却したものでしょうか。

鑑定人の鑑定を見ると、私の購入金額として記した金額から、
耐用年数、減価率、残価率を出して、残価率と購入金額をかけたものを時価額として出し、
さらにそれに損害率の%を割ったものを損害額として出しているため、
本当に微々たる額面となっているのですが、これは妥当なことなのでしょうか。
損害率の%も信頼できませんが、鑑定のこのような出し方は妥当なのでしょうか。

また、私は衣服を転売目的で新品を購入しそちらも被害を受けたのですが、
クリーニング代とされており、
「新品」として売ることができず大損を被るのですが、
これも妥当なことでしょうか。

新価が請求できるのは「全損」の物だけといわれまして、
鑑定人が全損としているものは本当に安いものばかりで、
どう見ても公平な鑑定をしていると思えません。

書籍や衣服が汚水につかったものを再度手にできるわけも無く、
クリーニングしても一度汚水がついたものを身に着けようなどとは思えません。
これもクリーニング代か、時価から損害率を引いたものとなるのでしょうか。


昔7万円で買ったものを「今は別のもので3万円である」として、
7万ではなく3万で計算しているというような物が数点あるのですが、
(しかも、高額なものばかりです)これは妥当なことなのでしょうか。

そのほかのものは、私の購入金額で計算し、
高価なものは現在の似たようなもので計算、しかも使用年数はそのままと、
あちらに都合のいい方法だけを使っています。

壊れているか壊れていないかわからないため損害率50%とするなど疑念があり、
このようなムラのある鑑定ゆえ納得ができませんでした。

この鑑定は総じて妥当なのでしょうか。

数多い質問で大変恐れ入りますが、
お答えいただけるだけのものでも結構ですので、
何卒よろしくお願いいたします。

浴室より汚水が逆流してきたため家財が被害を受けました。
保険会社と示談が合わず、債務不存在訴訟を起こされました。


1、被害者となった際の弁護士費用や、通院、医療費、建物内のカーペットの交換は、
自身の加入する保険会社からは支払われないのでしょうか。
保険会社にたずねても「物保険では支払われない」と答えるのですが、
契約、約款にて変わるものと思いますが、
商法...続きを読む

Aベストアンサー

回答が遅くなり申し訳ありません。

(1)
備え付けの家財の場合、所有者は大家となりますので、賃借人の家財の保険では目的外となります。

(2)
費用保険金での修理費用は、申し訳ありませんが知りませんでした。
残取費用や臨時費用は、損害保険金に付帯する費用保険金で、費用保険金が単独で支払われることは、めったにありません(費用保険金の規定にもよりますので、約款もしくは加入されている保険会社に確認してくださいね)。
なので、物保険の目的となっていない大家所有のカーペットの損害が、費用保険でまかなわれるかどうかは、わかりません。
ちなみに、修理費用特約とは特約保険の一種。賃借人に責任の無い事故で大家の所有物が破損毀損した場合、それを担保する特約です(他にどんな事故が担保されるかは、約款もしくは加入保険会社にご確認されればと思います)。

(3)
慰謝料については、保険会社経由で加害者に請求するのは無理と思います。
保険会社側から加害者側への請求とは、その前提として保険会社が支払っていなければいけません。例えば、「Aさんの漏水事故により、開化のBさんの家財が濡れたので、Bさんの加入する保険会社CがBさんに損害保険金1万円を支払った」という場合、保険会社CがAさんに請求する額は、支払った損害保険金1万円でしかありません。
だから、保険会社CからBさんに支払われない慰謝料を、保険会社CはAさんに請求することはあり得ません。

(4)
慰謝料の請求は非常に困難ですね。
裁判をやったとしても、それに伴う時間的、経済的、精神的な損失に見合う額の賠償はないと思われますが・・・
たまに地方自治体で弁護士の無料相談会などが開かれているようですので、相談されてみるのもいいかと思います。

(5)
『壊れているかいないか解らないから損害率50%』という見解ですが、これに納得できない場合、ご自身で修理見積書を専門店から取り付ける必要があるかと思います(被害者である、あなた様には負担がかかることとなりますが、それが『損害の立証』です)。
その結果、「損害率50%で5000円の鑑定だが、専門店で見てもらったら全損と判断された(修理不能証明書があれば完璧)。よって損害率100%を主張します」もしくは「修理費用が8000円と見積が出た。損害率50%では納得できない」と具体的な主張が出来るので、より交渉しやするなると思います。

(6)
相手に判断根拠の説明を求めるのは当然です。
ただし、そこで相手の根拠に対して反論や疑問を交えてしまうと全体像がぼやける可能性がありますので、まずは相手の根拠のみを確認し、回答もしくは質問は後日として、落ち着いて検討する姿勢で臨まれると良いかと思います。

(7)
再調達価額については、現在における同等品の購入金額と理解されて間違いないと思います。
時価額は再調達価額から減価償却をして求めるものです。なので、再調達価額が購入金額より下回ってしまった場合であっても、ここから減価償却することになってしまいます。

(8)
商品とは、転売もしくは販売することで利益を得る目的で購入したものであると思います。
例えば、ヤフオクに出品する為に購入した古着なども、商品になるかと思います。なので家財の保険では目的外となります。

(9)
加害者側への請求よりも、ご自身の家財保険の保険会社に請求されてはいかがでしょうか。その方が話がスムーズかと思います。
通常、賠償であれば時価ベースですが、火災保険では加入されている保険約款に従います。お話では新価契約とのことですから、賠償よりはお得になるのではないでしょうか(※)。
※ただし、加入されている保険会社と加害者から二重取りは出来ませんので、その点はお気をつけ下さい。



(10)
汚水による損害であっても、クリーニングで大丈夫という判断をされてしまえば、全損にはなりにくいかと・・・
ただし、これは明確な基準もなく、主観的な話となるので、後は交渉力次第というところでしょうか。


被害を受けられているのに、厳しいお話ばかりして申し訳ありません。
保険の交渉は、ダメと自分勝手に判断するよりも、言うだけタダと思ってご自身の主張を述べられれば良いかと思います。
また、請求内容に優先順位を付けられることもお勧めします。それによって自分なりの交渉の目的が明確になり、相手の言い分などに振り回されることなく交渉していけるかと思います。

回答が遅くなり申し訳ありません。

(1)
備え付けの家財の場合、所有者は大家となりますので、賃借人の家財の保険では目的外となります。

(2)
費用保険金での修理費用は、申し訳ありませんが知りませんでした。
残取費用や臨時費用は、損害保険金に付帯する費用保険金で、費用保険金が単独で支払われることは、めったにありません(費用保険金の規定にもよりますので、約款もしくは加入されている保険会社に確認してくださいね)。
なので、物保険の目的となっていない大家所有のカーペットの損害が、費用...続きを読む

Q保険の求償 マンション水漏れ事故 

賃貸しているマンションの部屋のお風呂場の壁内の給水管のナットが壊れ水漏れがあり階下に損害が生じました。所有者は火災保険しか入っていないので保険が下りず、借家人は総合住宅保険の個人賠償責任担保特約にも入っていますが保険会社は老朽化による破損には支払いできないと言っています。階下の人は階上からの水漏れの損害をカバーする保険に入っているようです。階下の人にその方の保険を使ってもらった場合、その保険会社からこちらに保険金の請求が来ることもあると聞いたのですが。借家人が総合住宅保険をかけている保険代理店の人の話だと7割方それはありませんよと言っていました。水漏れの原因の責任者をつきとめるのが難しいでしょうしとのことで。(自分が払いたくないからそちらに押し付けようとしているという憶測もできます。)
階下の人の保険を使ってもらった場合、その保険会社から階上の部屋の所有者である私に求償はあるのかどうか、またそれに応じなくてはいけないのかどうか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です

>保険適用が出来ない時の損害賠償額の決定は通常どのようなものか、もしご存知でしたら教えてください。

貴方が入っている火災保険の代理店に相談しましょう
査定(相談)ぐらいならそちらでも対応してくれるかも知れませんよ

貴方が1棟の大家か分譲賃貸のオーナーかがまだ判りませんが先に書いたとおり分譲マンションでしたら管理組合の責任かも知れません

>保険適用が出来ない時の損害賠償額の決定は通常どのようなものか

判りませんが話し合いでしょうね

>賃貸しているマンションの(可能なかぎり)全てのリスクに対応する保険

どの保険も似たような物でしょうが私が探したのは

http://www.ms-ins.com/pdf/kasai/homepika.pdf

Bプランのゴールド

パンフレットはホームページに有りませんので代理店に請求です

可能な特約は
●建物賠償責任担保特約
●家賃担保特約(天災・火事などの時に喪失家賃を補償)
●住宅附属屋外設備等復旧費用担保(外構・植木など)

「建物(施設)賠償責任総合担保特約」で今回の事故は補償されます

http://kasai-hoken.seesaa.net/category/2309355-1.html

「建物付属機械設備の故障」

このおかげで昨年は火災報知器本体の修繕費用(誤作動基盤など入れ替え)40万円ほどが免責の3000円だけで済みました
(報知器本体の枠だけ残して実質中身は新品になったようです)

エアコン・給湯器の修理も補償されます

他の保険会社でも同様な商品(大家向け)は有ると思いますよ

大家向けの保険に関しては不動産屋が詳しいかも?

#1です

>保険適用が出来ない時の損害賠償額の決定は通常どのようなものか、もしご存知でしたら教えてください。

貴方が入っている火災保険の代理店に相談しましょう
査定(相談)ぐらいならそちらでも対応してくれるかも知れませんよ

貴方が1棟の大家か分譲賃貸のオーナーかがまだ判りませんが先に書いたとおり分譲マンションでしたら管理組合の責任かも知れません

>保険適用が出来ない時の損害賠償額の決定は通常どのようなものか

判りませんが話し合いでしょうね

>賃貸しているマンシ...続きを読む

Qマンション火災報知器は共用部分ですか?

もともと取り付けてある台所のスポット型熱感知器が周りには火の気もないのに朝突然発報して、警備会社の方が来て設備をリセットしても
リセットできず、最終的に管理会社の方が来て、感知器が故障しているとの事、さらに交換は個人で業者に依頼してくださいとの事でした。どこに問い合わせていいかも判らず業者を教えてくださいに対しても斡旋は出来ないと言われ、今は管理会社の方が感知器をショートさせて鳴らないようにしています。どこに依頼すればいいですか?
またこの場合の、交換費用はどこが持つものですか?

Aベストアンサー

補足拝見しました。

自動火災報知設備の熱感知器であることは間違いないと思います。
マンションの場合、通常のビルについている自動火災報知設備と違い、マンション用の自動火災報知設備というのがあります。
これは点検時に室内に入らなくてよいように遠隔で試験する仕組みを備えていたり、火災の時にどの部屋が火事なのか分かるようになっていたりします。
しかもこの仕組みが複雑で、私ども専門家でも、かなり慣れていないと扱えない(直せない)ときがあるのです。またメーカーによっても仕様がことなります。

ですので、先に書いたように、個人からの依頼の場合、必要な書類とか処置が出来ない可能性があるので、お断りすることもあるのです。

本来は管理会社の仕事の範疇ですし、管理会社が設備点検の一環として専門業者に点検や改修を依頼しているはずですので、その業者に頼むのが一番いいのです。
もしそのような専門業者を持っていない、または管理業者自体が点検をしているために良くわからない、というなら無責任この上ないですから、管理組合を通して苦情をいうべきです。

>管理会社の方は確認用の他の品番の物を持って来ていましたが
先程書きましたように、仕組みがついている感知器と普通の感知器は違いますし、種類も何種類かあります。ですので値段も相応に違います。
メーカーや種類にも寄りますが、定温感知器だけで3千円程度から3万円程度まで差があるのです(同一メーカーの定価で比較しています)

修理費を負担するのは仕方ないとしても、個人で業者を選んで作業させた場合、その後の責任は一切取れないと、管理会社に念押しをしたほうが良いでしょう。
ただその場合、法外な金額の見積を持ってくる場合がありますので、消防に相談して見積してくれる業者に相談するか、メーカーである松下に連絡して、地域の特約代理店を紹介してもらって相見積をとることも考えたほうがいいかもしれません。
元の見積があれば、算定すること自体は比較的簡単です。

補足拝見しました。

自動火災報知設備の熱感知器であることは間違いないと思います。
マンションの場合、通常のビルについている自動火災報知設備と違い、マンション用の自動火災報知設備というのがあります。
これは点検時に室内に入らなくてよいように遠隔で試験する仕組みを備えていたり、火災の時にどの部屋が火事なのか分かるようになっていたりします。
しかもこの仕組みが複雑で、私ども専門家でも、かなり慣れていないと扱えない(直せない)ときがあるのです。またメーカーによっても仕様がことな...続きを読む

Q賃貸アパートの水漏れ事故による被害補償はどこまで?

賃貸アパートの水漏れ事故による被害補償はどこまでしてもらえるのでしょうか?

先日、借りているアパートで水漏れ事故が発生、過失は100%上階の人。
私が使っていた家具や家電はほぼ使い物にならなくなってしまい、
もちろん損害賠償を請求しますが、知り合い曰く、保険会社は家具家電の
使用年数によって査定額が低くなるので、100%の保障は受けられないと聞きました。

仮に100万円分の家具家電や衣類が使えなくなったのに、
その数十パーセントしか保険会社が支払わないのは保険会社勝手です。
しかし私はまた家具を揃えるのに100万円が必要になってきますよね?

水漏れなどの事故の際には"原状回復"が加害者の義務だとも聞きましたが、
100万円の損害に対して60万円しか支払われなかった場合は
とても"原状回復"などできないと思うのですが…

こういった場合、上階の人は保険会社が支払った保障額と
被害額の差額を支払う義務が生じるかと思いますが、
法律的にはどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

>私自身は火災保険に加入しています。
なんで加入しとるのに「連絡」しないんでっか?
現状復帰するのに「差額が出る」分をあんさんの保険が補償するはずでっけど???
高い銭払って保険掛けとるんやから、使わんと損でっせ!

Q【フレッツ光隼】VDSL方式から光配線方式への工事について(マンションタイプ)

現在、フレッツ光ネクストのマンションタイプを利用しています
マンションは築10年ほどで、VDSL方式で繋げています

キャンペーンで無料でフレッツ光隼にアップグレードできるとのことですが、
注意書きを読むと「光配線方式のみ」がフレッツ光隼の対象のようです

マンションは約100戸ほどの規模で、仮にVDSL方式から光配線方式への工事を行う場合、
結構大規模な工事になりますよね?

個人ブログの方で、隼未対応マンションだったが、NTTから管理会社の方へ連絡してもらい、
光配線方式の工事を行なったとの記事を読みました
自宅マンションは100戸ほどありますので、各戸まで光回線を敷くのは大変だと思います
ただ、これから光配線方式が主流となると思うので、良い機会ではないかとも思うのですが、
詳しい方、教えて頂けませんか?
(参考までに工事期間や費用なども教えて頂ければ助かります)

ちなみに現在の回線速度には特に不満はありませんが、
アップグレードできる良い機会ですし、光配線方式に工事するきかっけにもなるかと思います

宜しくお願いします

現在、フレッツ光ネクストのマンションタイプを利用しています
マンションは築10年ほどで、VDSL方式で繋げています

キャンペーンで無料でフレッツ光隼にアップグレードできるとのことですが、
注意書きを読むと「光配線方式のみ」がフレッツ光隼の対象のようです

マンションは約100戸ほどの規模で、仮にVDSL方式から光配線方式への工事を行う場合、
結構大規模な工事になりますよね?

個人ブログの方で、隼未対応マンションだったが、NTTから管理会社の方へ連絡してもらい、
光配線方式の...続きを読む

Aベストアンサー

私も、一昨年7月に、PC買い替えをきっかけに、フレッツ光隼を導入しました。
私の住むマンションは、策37年で、150戸ですが、光配線方式の工事というのは、そう大掛かりなものではありません。
 10数年ほど前だったと思いますが、光配線工事が実施されたとの通知が有り、マンション内の集会室で、プロバイダ(おそらくNTT系だったと思いますが)の説明会も実施されました。
 このように、工事が比較的簡単に行えるのは、既設の、固定電話回線用の配管に、光ケーブルを通すことが可能なためと思われます。
 宅内での工事は、実に簡単なもので、現在お住まいの部屋内のどこかに、固定電話のアウトレットボックス(固定電話に接続されている配線の、壁面への接続端子)から、呼び線と呼ばれるワイヤーを通し、大抵玄関近くにある、光配線の接続ボックスまで達し、そこから光ケーブルを引き込んで、アウトレットボックスからケーブルを出します。その近くに、光ケーブル接続用の、コンセントのようなものを取り付け、ONUと呼ばれる光接続端末装置に接続します。NTTでの工事は、原則ここまでで、工事は、数時間で完了ます。
 工事費は、私の場合はNTT西日本のため、もしNTT東日本のエリアにお住まいの方の場合は、異なるかも知れませんが、手元の書類によれば、契約料800円、工事費3500円、(いずれも税抜き)
となっています。
 なお、光回線業者と、プロバイダとが、別々の場合は、これに加え、プロバイダからレンタルされる機器と、ONUとの接続、更に、機器とPCとの接続が必要になります。
 私の場合、プロバイダはソフトバンク系のYAHOO BBですので、予めソフトバンクから送付されて来たレンタル機器「BBユニット」と、LANケーブルで、ONUと接続しました。これは、ご自身でなさることをおすすめします。
(業者に依頼すると、結構高額な費用を取られます)
 参考までに、私が使用しているONUの画像を添付します。
ちょっとわかりにくいかも知れませんが、左横の青い配線がLANケーブル、白い配線が、壁の光接続コンセントに繋がる光ケーブル、画像では見難いですが、これに、電源ケーブル(ACアダプタを介して、電源コンセントに接続)が必要です。

私も、一昨年7月に、PC買い替えをきっかけに、フレッツ光隼を導入しました。
私の住むマンションは、策37年で、150戸ですが、光配線方式の工事というのは、そう大掛かりなものではありません。
 10数年ほど前だったと思いますが、光配線工事が実施されたとの通知が有り、マンション内の集会室で、プロバイダ(おそらくNTT系だったと思いますが)の説明会も実施されました。
 このように、工事が比較的簡単に行えるのは、既設の、固定電話回線用の配管に、光ケーブルを通すことが可能なためと思われま...続きを読む


人気Q&Aランキング