アメリカに在住しています。
15年前にかけた左奥歯4本のブリッジが2ヵ月前に壊れてしまい、
新しくつくりなおしました。しかし、奥歯の痛みと、冷水を含むとしみるのとで
噛むこともできません。
歯医者によると、「ブリッジに穴をあけて奥歯の神経を抜かなければならない。
神経を抜いたあとはその穴を埋める」ということですが、
数十万円をかけたブリッジに穴をあけるというのは納得がいきません。
ブリッジが壊れてしまうので、
はずして治療という方法はとれないということですが、
日本でもそういう治療法しかないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私もブリッジをしています。

東京都の御茶ノ水にある
東京医科歯科大学付属病院に行っていました。
はずして治療出来ると思います。
ブリッジ高いですから納得いきませんよね。
どうしてはずすと壊れてしまうのか?と保険は本来きかないんですが先生にお願いしてもう一度ブリッチを作り直してもらってはいかがでしょうか?保険がきけばかなり安く
つくれるはずです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q奥歯を半分抜いた後のブリッジについて

 左下から3番目の奥歯の根の治療後、半分はだめになっているということで、奥歯を半分に割って抜いてもらいました。
 歯医者さんからブリッジを提案されているのですが、この場合、保険を適用して治療してもらうことはできるのでしょうか?
 ちなみに抜いた歯の両隣は詰め物をした歯です。

Aベストアンサー

NO2です。
お返事ありがとうございます。

定期健診では各医院個人差があると思います。
ですが基本的には定期的クリーニングと考えてよいでしょう。
まず、歯肉の検査です。検査は保険がききます。歯周ポケットといって歯の周りの歯肉がどれくらい深いかを調べます。これは、歯周病の場合(別名歯槽膿漏)歯の周りの骨が吸収されて少なくなります。そうすると歯周ポケットが深くなり、汚れがたまりやすく歯石ができたり口臭の原因になったりします。
ご質問されたかたがどれくらいの年齢か存知あげませんので必ずというわけではありませんが、年齢とともに歯周病は進むので高齢になればなるだけ定期的検診は必要かと思われます。

また、若くても歯肉がはれ歯肉炎という炎症になりそれから若年性歯周病というのに移行したりする場合がありますので注意が必要です。
ご自分の通われている医院の方針にもよりますが、ご自分の歯肉の状態を聞いてみるといいかもしれません。

その後は歯石除去です。一般に歯科医院ではスケーリングと呼ばれています。これは上の歯、下の歯分けてやる場合、上下一緒に行う場合もあります。
歯ブラシで取れない歯肉縁下(歯肉の中)の汚れを取るので多少、痛みはあるかもしれません。

その後は、歯ブラシ指導、補助器具の指導などがあります。腫れてたり、出血があったり歯肉の炎症が大きい場合は歯肉をレーザー(炭素レーザーなので体に害はありません)を当てる場合もありますが、これは各医院設備がある場合とない場合があるので必ず使用するものではありません。
これらはすべて保険がききますので心配はありません。ただ、私費で定期的メンテナンスをやる歯科医院もあるようなのでそちらのほうは医院のほうにお聞きください。
私の勤めている医院では保険で定期的メンテナンスをしています。
大体期間は3ヶ月に一度、6ヶ月に一度、1年に一度と、患者さんの歯肉の状態で決めています。
そちらの方も医院の方で聞くといいでしょう。

また、ブリッジのですが、これは歯と歯の間(歯のない部分)に汚れがたまりやすく、汚れていると臭いの原因になったりします。
清掃方法ですが、まずは歯ブラシでのブラッシングをしっかり行ってください。できれば一回の歯ブラシで15分くらいは行っていただけるといいです。
その後で、ブリッジ部分に歯間ブラシ、糸ようじ、部分歯ブラシ(細くて小さいミニ歯ブラシ)などの補助器具を使うとよいでしょう。
ただし、歯間ブラシはサイズが多岐に分かれているので歯科医院で自分に合った歯間ブラシを指導していただくのがいいかと思います。

もし、ブリッジを入れた後、医院から何も指導がない場合は積極的に歯間ブラシや糸ようじを聞いてみてください。きっと自分の歯にあった補助器具を教えてくれるはずです。

ただ、口のを実際見てはいないので参考程度にしていただけたらいいかと思います。^^

歯科医院にいくとなかなか緊張して聞きたいことが聞けないかもしれませんが、相手も人間です(笑)あまり心配なさらずどんどん医院を上手に使ってみてください。

では、また何かありましたらお聞きくださいね。

ご健闘をお祈りしています。

NO2です。
お返事ありがとうございます。

定期健診では各医院個人差があると思います。
ですが基本的には定期的クリーニングと考えてよいでしょう。
まず、歯肉の検査です。検査は保険がききます。歯周ポケットといって歯の周りの歯肉がどれくらい深いかを調べます。これは、歯周病の場合(別名歯槽膿漏)歯の周りの骨が吸収されて少なくなります。そうすると歯周ポケットが深くなり、汚れがたまりやすく歯石ができたり口臭の原因になったりします。
ご質問されたかたがどれくらいの年齢か存知あげませんの...続きを読む

Q奥から2番目の奥歯に、金属をかぶせているのですが、痛くなったので、抜いてしまって、ブリッジとかもした

奥から2番目の奥歯に、金属をかぶせているのですが、痛くなったので、抜いてしまって、ブリッジとかもしたくないのですが、良いでしょうか?

下の奥歯です。ブリッジとかやると、それが、またトラブルの原因になりそうで、いやなのです。

Aベストアンサー

痛くなった原因はどうなのでしょうか?抜歯が適当かどうか精査してもらったほうが良いかと。
金属を被せているということは神経をとってあると思うのですが、根管治療て治るなら治療して治したほうがよい。
金属ばかり埋め込んだり被せたりするのは大いに間違いです。

Q奥歯の神経を抜く際の麻酔。

過去の質問を見てて、現在通院してる歯医者に疑問があり質問させてください。

現在、左奥歯の治療中でして、場所は親知らずから一本手前の歯です。
親知らずが少し斜めに生えており、それが原因で手前の歯が虫歯になり治療を受けてるところです。

初日にレントゲンを撮り、黒くなってるのを確認後、その日のうちに麻酔を打ち、おおざっぱに削られた?様で、その後軽く糸ようじのドリルの様な物(リーマー?)で神経をゴリゴリと抜くのまでは確認しました。

その日はそこまでで、ゴム?のフタをして終わったのですが・・・

昨日改めて行ったところ、フタを取り、再度リーマーが登場してそのままゴリゴリと・・・
最初はどうも無かったのですが、深部にいくとズキン!っと激痛が走り、大の大人が診察台の上でビクン!っとするぐらいの痛みがありました・・・。
正直激痛と思えるほど痛く、その後も奥の方の神経を取るためか、少しずつですが掘り下げていくような感じで、たまにズキンと痛みが走っていました。
その後、針を刺したままテスター?の様な物で針に触ると「ピー」っと音がなり、「ヨシ」みたいな感じで先生が言ってました。

そして作業が終わったのか、「一本の根っこは終了」と言って、綿?か何かに消毒液っぽい物をしみこませ、根っこに刺してフタをして終了となりました。

さて、このような治療を受けてきたのですが、帰ってきて調べると
「神経を抜く際は麻酔をして行う」 等の事が多々書かれていた(友人に聞いても麻酔してないの? と驚いていました)

聞きたいことは三つあり

1.歯の神経を抜く際に麻酔をしないことはあるのでしょうか?

先生が「根っこの部分が複雑で、雷の様な感じで神経がある」とも言っていたので、これが関係してるのかな?

2.次回行った際に「できれば麻酔お願いします」と言って良い物か?

3.皆さんならこの様なときはどうしますか?
他の歯医者に行くとか・・・

ちなみに、もう数年前から行ってる歯医者で、歯根治療もそこで行い、よくしてくれた歯医者には違いないのですが・・・
今回の治療があまりにも痛かったので質問してみました。

過去の質問を見てて、現在通院してる歯医者に疑問があり質問させてください。

現在、左奥歯の治療中でして、場所は親知らずから一本手前の歯です。
親知らずが少し斜めに生えており、それが原因で手前の歯が虫歯になり治療を受けてるところです。

初日にレントゲンを撮り、黒くなってるのを確認後、その日のうちに麻酔を打ち、おおざっぱに削られた?様で、その後軽く糸ようじのドリルの様な物(リーマー?)で神経をゴリゴリと抜くのまでは確認しました。

その日はそこまでで、ゴム?のフタをして終わったのです...続きを読む

Aベストアンサー

最初の日の処置が抜髄です。奥歯には通常3本の神経の管(根管という。根の数とは必ずしも一致しない。上の奥歯は3本。下は2本或いは4本の事もある)があります。
根管がある程度太い場合は麻酔をかけた時点である程度の長さを計りますから痛む事は少ないですが、虫歯の進行が遅い場合は根管が細くなっていて一度で拡大できない場合も少なからずあります。この場合は痛む場合もないとは言えません。
また抜髄後の痛みの出る原因は様々あり、取りきれなかった場合以外にもマングローブの根のように神経が枝分かれしていたり、大根の髭根のようになっている場合もあります。
測定器など無い時代を経験しているような中高年の歯医者なら指先の感覚で根の先を探る事もできますが、コレには管と経験が必要です。なので残髄の確率も高くなります。計測器が当たり前の時代しか知らない歯医者なら問題外ですね。

1)2回目は抜髄(神経を抜く処置)ではなく、拡大処置になりますので通常は麻酔はしません。しかし上記の如く痛みが出る可能性もないとは言えないので、痛みが出たら知らせるように指示をしてから処置をするのが当たり前だし、拡大初回や根管長測定前であれば、その可能性に注意すべきものです。
残髄があり必要があれば、痛みを訴えた後でも麻酔もします。
先生の表現はあまりにも中途半端ですね。

2)構いませんけど、たぶんしてはくれません・・と思います。
歯科治療では麻酔の費用算定がないから、初回から歯医者の負担は大きいですからね。
麻酔する気があるなら、痛みが出た場合の対応について説明をして当然でしょう。それがないということは麻酔をする気がないということです。
経済的理由が無ければいくらでも麻酔してくれるはずです。ビクンとされれば器具が折れたりなどの事故のリスクも高くなりますからね。
50代より若い先生には学生時代の臨床経験がないので、神経に触る事がどれ程痛いかということが理解できないのでしょう。我慢できると思い込んでいるものが多いようです。

但し、なんでも麻酔してくれる歯医者は気をつけましょう。麻酔にはアナフィラキシーショックという命さえ失うリスクがあります。これはズスメバチ被害でよく聞く言葉ですね、急激なアレルギー反応だと考えてください。
繰り返し麻酔をする必要性はありますし、ショックの発生率は非常に少ないですけど、だからと言って気にしないなどということはとんでもない事です。(実際に確率が低いから気にしないという歯医者もかなり多いですけど、被害者にしてみれば死に至る危険ですよ)
なので必要欠くべからざるときには麻酔もしますけど、そうでなければしないに越した事はないんです。

3)私は歯医者なのでコレに関してはなんとも言えません。

歯医者の患者への説明義務やインフォームコンセントはずいぶん前から実施されていて、内科などの医者よりもはるかに進んでいます。医者が5分ルールなのに対し、歯医者は予防まで含めて毎月15分ルールがあるくらいです。(実際には毎回に分けている場合が多い)
しかし実際にはまだまだ説明を十分にしていない歯医者が多く、患者さんも認識していません。残念な事ですね。
その歯医者の是非は、最終的には貴方が信頼するかどうかしかありません。

最初の日の処置が抜髄です。奥歯には通常3本の神経の管(根管という。根の数とは必ずしも一致しない。上の奥歯は3本。下は2本或いは4本の事もある)があります。
根管がある程度太い場合は麻酔をかけた時点である程度の長さを計りますから痛む事は少ないですが、虫歯の進行が遅い場合は根管が細くなっていて一度で拡大できない場合も少なからずあります。この場合は痛む場合もないとは言えません。
また抜髄後の痛みの出る原因は様々あり、取りきれなかった場合以外にもマングローブの根のように神経が枝分かれし...続きを読む

Q神経を抜いた奥歯の詰め物について

左下奥歯が虫歯になり、神経を取る処置をうけました。

そこで歯にかぶせるものについてなのですが、できれば白い方がいいと思ってセラミックかプラスチックを選ぼうとしたのですが、それぞれ10万円、8万円もします。

奥から2番目の歯で、普通に口を開けているぶんには、他人からも気づかれることはないところなので、いっそ保険が適用される銀歯でもいいかなと考えはじめました。

かぶせものの強度の点からいうと、セラミックやプラスチックは銀歯と比較して壊れやすいということも聞いていますので・・・。

というわけで、セラミック、プラスチックまたは銀歯のどれにするべきか、とても悩んでいます。今週の土曜日までに決めなければなりません。

奥歯の神経を抜く処置を受けられた方や専門家の意見を是非聞かせてください。お願いします。

Aベストアンサー

以前、歯科医院でアルバイトをしていました。
#2の方が噛み合わせはきっと金属になるとコメントなさっていますが、その医院では
全部セラミックのものも作っていました。本人の希望があれば噛み合わせは金属でした。
保険外のかぶせものは強度面では保険の銀歯と大して変わらないとその医院の歯科医師も
説明していました。セラミックの耐用年数は短くて10年位で、1本10万として1年1万。
それを高いと思うか安いと思うかは個々の価値観ですよ、と。
うーん、御自分で気にならず目立たない場所なら銀歯でもいいような気がしますね。
私がアルバイトしていた時も、下の奥歯でしたら大抵の方が銀歯にしていましたよ。
どうしても気になるなら後からセラミックに入れ替えることもできますもんね。
しかし、先日奥歯の金属製の詰め物(かぶせるタイプではなく、詰めるだけのもの)が取れて
近所の歯科医院にかかったら、「歯に入れる金属が原因で金属アレルギーを発症することが
あります。深い虫歯ではないので樹脂(保険適用)で埋めることにします」と言われました。
ですから、アレルギーの心配がある方でしたらセラミック等の方がいいのかも知れません。

重要なのはかぶせた後きちんと歯磨きをできるかどうかということで、それができなければ
いくら高いかぶせものをしても歯自体が駄目になって台無しになってしまいますよね。
ごちゃごちゃ書きましたが、迷っているなら銀歯でいいんじゃないかな、と思います。

以前、歯科医院でアルバイトをしていました。
#2の方が噛み合わせはきっと金属になるとコメントなさっていますが、その医院では
全部セラミックのものも作っていました。本人の希望があれば噛み合わせは金属でした。
保険外のかぶせものは強度面では保険の銀歯と大して変わらないとその医院の歯科医師も
説明していました。セラミックの耐用年数は短くて10年位で、1本10万として1年1万。
それを高いと思うか安いと思うかは個々の価値観ですよ、と。
うーん、御自分で気にならず目立たない場所なら銀歯で...続きを読む

Q周りには神経を抜いた歯だけ・・・ブリッジにするか?

先日、歯の痛みが出たので、急きょ予約を入れて歯科を受診しました。

もともと歯石の除去や根の治療などをしていた歯科なのですが、担当の歯科医師の方が撮影したてのレントゲン写真を見ながら

「この神経を抜いた歯に被せてある冠の土台の部分が、開けてある(神経を取った)穴より大きいくらいに見えるから、この冠を外して根の治療をしようとしたら、もしかしたら歯が割れてしまうかもしれませんね。今すぐには触れませんから、お薬を使って様子を見ましょう」といわれました。

今回痛んだのは、左下奥から4番目の歯です。
かみ合わせのきつさもあったらしく、少し削って貰ってから、お薬をもらって帰りました。


体調が悪くなってくると歯が痛むことが多いのですが、数か月前から一番奥の歯の根の治療を続けていてました。あともう少しで治療が終了して、根を詰められそうなところでした。

奥から二番目の歯も、神経を抜いて冠を被せてある歯なのですが、根っこの部分が割れているので、冠を外したらもう抜歯するしかなくなってしまうので、冠を外して根の治療をすることはできないと言われました。
しかし、もしかしたらあと1年くらいはもってくれるかも?どうだろうな?というような、微妙な歯です。

奥から3番目の歯は、神経は抜いていますが「悪くなることは考えにくい」と、担当の歯科医師の方はいっていました。

なので、もし奥から4番目の歯が割れてしまった場合には、左下の奥歯の大半が無くなってしまいそうなので、入れ歯か、ブリッジか、インプラントしかないらしいのですが、どれにしようかと悩んでいます。

あとあと抜歯範囲が広がっていきそうな
「神経の抜いてある脆い歯を削って、ブリッジにする」のか、

まだ40前なのに
「入れ歯にする」のか、

不安神経症で、局所麻酔の違和感に耐えられず、全身麻酔を使った歯科治療ができなかった状態からやっと少し回復してきたというのに
「違和感の強い、ケアの大変なインプラントにするか」

こう考えて、とても悩んでしまっています。

どれをとっても、60前に総入れ歯になるのではないかという気がして、気が滅入ってしまっています。

抜歯だけして後はなにもしない、という道もあるかとは思いますが、奥の歯が無い状態ではうまく噛むことができないでしょうし、見た目が気になるので、就職も縁談も遠くなってしまうような気がしています。

このような場合だと、自分に相性の良いものがどれなのか?は、どうやって選べば良いのでしょうか。

先日、歯の痛みが出たので、急きょ予約を入れて歯科を受診しました。

もともと歯石の除去や根の治療などをしていた歯科なのですが、担当の歯科医師の方が撮影したてのレントゲン写真を見ながら

「この神経を抜いた歯に被せてある冠の土台の部分が、開けてある(神経を取った)穴より大きいくらいに見えるから、この冠を外して根の治療をしようとしたら、もしかしたら歯が割れてしまうかもしれませんね。今すぐには触れませんから、お薬を使って様子を見ましょう」といわれました。

今回痛んだのは、左下奥から4番...続きを読む

Aベストアンサー

およ、、、と思って拝見しました。

私も 今日 数回目の歯の治療をしてます。
そして 似た様な状況で 今日その話をされました。

で 結局 医師が言うには 
ブリッジにすれば二本の歯で一本を支えるので 二本に負担が掛かる

歯並び、噛み合わせによって この症状が起こるので 世間で言う銀の歯にはせず(根っこに負担が掛かるような事を言ってました)

カリバ にする事が最善策(プラスチックの様な事を行ってたかな)だと言ってました。

私が受診している歯医者では 治療をして完治させても 原因は噛み合わせ も要因の一つだから って言ってました。
なので 私は来週受診で かりば って事ですね。 抜かずカリバって何だろうって思うのですが(歯は抜かない) カリバって言ってました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報