はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

クレーンもない時代、あのような巨大な建築物をどうやって建てたのでしょうか?
しかも原材料が木材ではなく石材です。現代で重機を使って建てるのも一苦労かと思いますが、死人は出なかったのでしょうか?(一人二人死ぬくらい、予定の内?)

A 回答 (3件)

類似の質問に回答したことがあります。


参考になさって下さい。

パルテノン神殿の巨石をいかに積み上げたか。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4186095.html


古代の石の建造物は石と石との接着剤に何を使っていたのか
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2665797.html

死者に関しては分かりません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
古代のひとは知恵があったんですね

お礼日時:2012/03/17 10:53

 クレーンの原型は古代ギリシアでできたそうです。


 ローマ時代にはシラクサのアルキメデスが、ローマの軍船を持ち上げるくらいの起重機を作っていた、なんて話もあります。
 パルテノンの時代に、滑車を組み合わせた重量物を動かす装置があっても、おかしくはないでしょう。

 死人については、あまり表ざたになりませんが現代の工事現場でも時々出ています。
 パルテノンの時代には、それはたくさん死んだでしょうね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
昔も重機ってあったんですね。

お礼日時:2012/03/17 10:54

基本的には、木で足場や補助構造を作って石を積んでいます。

アーチの場合だと、最初にアーチの曲線に沿って木枠を組んで石を載せ、安定したら(キーストーン設置後)木枠を取り去っています。
石を高い位置に持ちあげるのは木で組んだ坂で行ったようです。

この辺り、近代に重機が出来るまで方法はほとんど変わっていません。

死人は出たでしょうが、命の安い時代でしたからあまり気にしなかったのでしょう。力仕事は奴隷がやったのでしょうし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
奴隷なら死んでも大丈夫ってわけですね。
日本のように木造建築で建物をつくるのは考え付かなかったのでしょうか?

お礼日時:2012/03/17 10:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

ギリシャ 建築」に関するQ&A: コラムとは?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパルテノン神殿の巨石をいかに積み上げたか

有名なパルテノン神殿ですが
巨石の重さは3tとか5tとかだったりするのでしょうが
鉄のワイヤーやクレーンのない時代
縄では簡単に切れていたと思うのですが
どういう技術で持ち上げたか知っている方がいたらお願いします。

Aベストアンサー

同じ疑問をもって調べたことがあります。

そのときのメモです。
「古代のクレーンは驚くべき重量物を吊り上げている。
パルテノン神殿の円柱は短い円筒型(ドラムという)を積み上げているが、ドラム1個の重さが5-10トン、柱頭は8-9トン、最も重いのはハリ材(アーキトレーブ)で15トン。
これを円柱の上に据えつけるには約10.5mも吊り上げねばならない。
円柱は、11個のドラムからなり、ドラム中心の差込みにピッタリはめ込まねばならない。
石材の運搬は、4輪(ときとして6,8輪)の荷車を60-80頭の牛に引かせた。」

『古代のエンジニアリング』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4805205008/aaaaaiaaaaa0c-22/?ref=nosim

『西洋建築の歴史』佐藤達生著 図説で分かりやすいです。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4309760694

同じ疑問を抱いた人のブログがあります。
詳しく追究されています。
http://subal.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_efbd.html

同じ疑問をもって調べたことがあります。

そのときのメモです。
「古代のクレーンは驚くべき重量物を吊り上げている。
パルテノン神殿の円柱は短い円筒型(ドラムという)を積み上げているが、ドラム1個の重さが5-10トン、柱頭は8-9トン、最も重いのはハリ材(アーキトレーブ)で15トン。
これを円柱の上に据えつけるには約10.5mも吊り上げねばならない。
円柱は、11個のドラムからなり、ドラム中心の差込みにピッタリはめ込まねばならない。
石材の運搬は、4輪(ときとして6,8輪)の荷車を60-80頭...続きを読む

Q古代の石の建造物は石と石との接着剤に何を使っていたのですか

エジプトやギリシャの神殿、古いヨーロッパの城、寺院の建築物などは石を切り出して積み上げています。まだセメントが無い時代に石と石を接着したのはどんな材料なのですか。地震の少ない地方とはいえ、長い年月を崩れずに耐えてきた接着剤はどんなものだったのか教えてください。また、積み上げた石の中に芯となる何か(現在の鉄筋に当たるもの)を入れて居るのでしょうか。

Aベストアンサー

歴史の時代区分でギリシャ・ローマ時代と呼ぶ時代がありますが、
ギリシャ建築は、切石造でセメントやモルタル(セメントに砂を混ぜたもの)などの接合材を使用していません。
パルテノンの円柱は、短い円筒形(ドラムという)を積み上げていますが、一方の石材に凹部、他方に凸部を設けて、ずれないようにしています。
しかし、空積みであるために、柱だけが残っているわけですね。

接合材はローマ時代以降に使用され始めました。
火山灰に水と消石灰を加えた古代のセメントで「ローマンコンクリート」と呼ばれています。
さらに、ローマ建築では、アーチ構造を取り入れたので、建物全体の強度が増し、二千年経った今でも優美な姿を残しています。
添付URL「ローマ建築」の特徴に詳しいです。
http://encyclopedie-ja.snyke.com/articles/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E5%BB%BA%E7%AF%89.html

製鉄の歴史は古いですが、石材の中に鉄筋を通した古代の建造物は知りませんね。

エジプトのピラミッドについては、よく知りませんが、
次のURLには
「セメントを人類が使用した最も古い建築物は、エジプトのピラミッドといわれている。これに用いられたセメントは焼石膏である」となっています。
http://www.herz-chemical.co.jp/per3.htm
http://design-s.cc.it-hiroshima.ac.jp/tsato/kougi/gijutu/g03.htm

参考URL:http://encyclopedie-ja.snyke.com/articles/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E5%BB%BA%E7%AF%89.html

歴史の時代区分でギリシャ・ローマ時代と呼ぶ時代がありますが、
ギリシャ建築は、切石造でセメントやモルタル(セメントに砂を混ぜたもの)などの接合材を使用していません。
パルテノンの円柱は、短い円筒形(ドラムという)を積み上げていますが、一方の石材に凹部、他方に凸部を設けて、ずれないようにしています。
しかし、空積みであるために、柱だけが残っているわけですね。

接合材はローマ時代以降に使用され始めました。
火山灰に水と消石灰を加えた古代のセメントで「ローマンコンクリート」と...続きを読む

Qパルテノン神殿などの柱のつくりかた。

パルテノン神殿などの建築で、大理石の柱1本1本はどのようにつくっていたのですか?小さいものを積んでいるらしということはわかっているのですが、接着してたてたのか、そうならどうやってたてたのか。ただ積んでいったならどのように積んでいったのか、知っている方教えてください。

Aベストアンサー

柱になる石の中央に穴が開いていて、そこにレンガ上に石を入れて、横から見たときに穴から石が少し出る(凸)ようにして、その上から穴の開いている石を乗せる。。。のだったと思います。専門家ではないので自信はありません。ギリシアに行ったときに穴の開いている柱の石をたくさん見たのですが、その時現地ガイドさんが確かこう言っていたと思います。

Q欧州の古い建物に石造りが多いのはなぜ?

日本では古来から建築材料は木材と土と紙(障子、ふすまなど)と決まっています。
石造りの建造物というと、古墳とか城の石垣など、権力者の為のとてつもない建物であり
一般人の住居や寺社仏閣の建造物は木材が圧倒的に多いです。(沖縄は石造りの家が多いらしいですが、あそこは古来は日本ではなく琉球国ですので省きます)

これに対して、欧州では古代から石造りの建物を作っております。
古代ローマでは石造りの4階建てアパートなんかもあって、庶民が住んでいたそうです。
寺院などはもちろん石造りであり、建設重機もない時代に、どうやって作ったのか、不思議に思えて仕方のないものばかりです。

利点としては、木材よりも頑丈、という点ぐらいしか思いつきませんが・・・・・

なぜ欧州では木材と比較して加工が大変で、重くて運搬が大変な石材を建築材料に選んだのでしょうか?
木が生えていなかったのでしょうか?
宗教上の理由でしょうか?

Aベストアンサー

気候風土に合わせる為です湿度が多く夏の暑い日本では、建具を外せば風が通り抜ける構造で、大きな屋根に萱や瓦などを葺いて断熱性を良くします。

冬は家の中で囲炉裏や火鉢で炭火の暖房や調理ですから、木造で隙間だらけの方が、換気が出来てむしろ良いのです。

日本で石創りの窓の小さい家を建てれば、湿気や熱や換気の問題で大変な事になります。

ヨーロッパなどでは、建てるのに何十年も掛けて、出来れば何百年も使用するので頑丈な石創りなどになります。

使い捨て感覚の家具に対して、ヨーロッパなどは孫子の代まで使用する感覚もそこから来ていると思います。

ちなみに、日本でも宇都宮では特産の大谷石を使った、建物で蔵等がありますが、やはり住まう部分は殆ど木造です。

Q質問です

今西洋建築の歴史について調べているのですが、ローマ建築とギリシャ建築の最大の違いって何でしょうか?やはりギリシャ建築+α=ローマ建築なのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ギリシア建築とローマ建築の違いは簡単に言えばパルテノンとパンテオンの違いだと教えられました。
ギリシア建築は柱梁構造。石造によってつくられているので(初期には木造であったとか)あまりスパンが飛ばせず,柱間が狭くなるとか。またギリシア建築は新しい形式を試したり工夫したりというよりも,その基本形態を完全なものにすることをめざしたようです。後記のローマ建築と違いこちらは中に人を入れるというよりも「外から」を重視したようです。
ローマ建築はギリシア建築と違って多様的で複合的です。ギリシア建築様式をはじめ,エトルリア,オリエント等から技術を取り入れています。そしてそれらを自由に組み合わせています。こちらは人を内部に入れることを考え施工され,建築物の種類も豊富で耐久性に優れています。構造はコンクリートが用いられ,(両面にレンガを積んだ後,中央隙間にコンクリートを入,大理石等で化粧張りしたり左官材料で仕上げ。)それによりアーチやドームといった曲面を自由につくりだし,柱が多く並んでいた前記の建築と違い大空間の建築を作り出せるようになったようです。(ですが,すべてというわけではなく,石造建築もあれば,石造+レンガもあり,石造+コンクリもあった・・・ほんとに複合的だったようです。)

わたしも今学んでる身なのでお教えできるほどの知識はそんなにありませんが,参考になれば幸いです。

ギリシア建築とローマ建築の違いは簡単に言えばパルテノンとパンテオンの違いだと教えられました。
ギリシア建築は柱梁構造。石造によってつくられているので(初期には木造であったとか)あまりスパンが飛ばせず,柱間が狭くなるとか。またギリシア建築は新しい形式を試したり工夫したりというよりも,その基本形態を完全なものにすることをめざしたようです。後記のローマ建築と違いこちらは中に人を入れるというよりも「外から」を重視したようです。
ローマ建築はギリシア建築と違って多様的で複合的です。...続きを読む

Qギリシアとローマの関係について

高校レベルの世界史もよく把握していないのですが…
古代ギリシアとローマの関係がよくわからないのです。

・ギリシアとローマは戦争していたこともあり、別個の支配体制ですよね?
・それなのに同じ12神を信奉していますし、使用するアルファベットも似ています
・ローマは土木工事等の実学には長けていたが、ギリシアのような哲学や数学は発達しなかったと聞きます。文化面でもだいぶ隔たりがあるように見えます。

結局この2つはどんな関係で、お互いにどんな相手だと見ていたのでしょうか?

Aベストアンサー

 古代ギリシアは都市国家の集まりです。何度か、都市国家連合としての統一国家になろうとしましたが成功しませんでした。その理由は、おそらくは文明・文化の発達でしょう。自立と自由があって、初めて文明・文化が発達します。そして、それを手放してまで、国力だけのために統一国家となることは受け入れにくいのです。

 古代ローマは、文明・文化の発達が遅かったので、早くから統一国家、しかも都市国家連合という緩い結びつきの国ではなく、全域を中央政権が支配する領土国家にまりました。そして、文明・文化は近隣で発展していたギリシア(とりわけ学問先進国のアテネ)に学んだわけです。

 ギリシアの文明に学び、しかも全域が統一されているローマの国力は急速に伸びて行きました。やがて、国力としては劣り、しかも統一できていないギリシアの都市国家を次々と従わせ、ローマの地方都市として、やがてギリシア全域をローマの領土に組み入れることとなります。

 しかし、ローマはギリシアの文明・文化を超えるような独自なことはできませんでした。巨大な建築はできたけど、基本はギリシアのものです。それだけ、ギリシアの文明・文化は発達していたわけです。宗教も、ローマ独自のものはあったのでしょうが、ギリシアの神々と同じものだとしてしまいました。

 キリスト教が広まり、公認されるようになると、ようやくキリスト教由来を加えて、ローマ独自文明・文化が発達し始めました。ローマ帝国が東西に分裂し、西ローマ帝国が滅びても、東ローマ帝国は長く保ち、首都コンスタンティノープルではヨーロッパ有数の文明・文化先進地域であり続けました。

 そういう例は、古代中国にもありました。殷や周は都市国家連合です。一番国力があり、他の都市国家のリーダーととして取りまとめていたのが、殷や周という大きい都市国家でした。その地域を中原(ちゅうげん)と呼んでいて、そこでは早くから文明・文化が発達しました。

 その周の力が衰えていく一方、地方では楚といった文明・文化は遅れていて、中原の都市国家に学んだ国が、早くから領土的にも統一した国家として台頭して行きました。

 周が衰えて、他の国家が力を得て行った春秋時代は、中原ではまだ都市国家連合がひとまとまりとなった国家が多く、非常に多数の小国が乱立していました。小国とはいえ、文明・文化が発達しているので、その周辺地域の領土的に統一された国家から尊敬を受けていました。

 しかし、続く戦国時代となると、ほとんど国家が領土的に統一された国家となります。都市国家は単なる都市となりました。それでも、小国となっても周とその近辺の小国は、秦が中国全土を領土的に統一するまで、長く尊敬を受け続けていました。

 古代ギリシアは都市国家の集まりです。何度か、都市国家連合としての統一国家になろうとしましたが成功しませんでした。その理由は、おそらくは文明・文化の発達でしょう。自立と自由があって、初めて文明・文化が発達します。そして、それを手放してまで、国力だけのために統一国家となることは受け入れにくいのです。

 古代ローマは、文明・文化の発達が遅かったので、早くから統一国家、しかも都市国家連合という緩い結びつきの国ではなく、全域を中央政権が支配する領土国家にまりました。そして、文明・...続きを読む

Q初歩的な質問ですが

初歩的な質問ですが
昔の石で出来た橋とかドームはどうやって作るのですか?
下から徐徐に積み上げても、素人考えではアーチの部分はすぐに崩れそうでどうやるのか
さっぱり分かりません?

紀元前のパンテオンとかは石で作ってますが、積み上げる時の接着剤とかは
何の材料を使ったのでしょうか?

Aベストアンサー

古代アーチ状構造物は、木枠(煉瓦積み、砂袋併用もあり)で台座を作り完成後除去。
アーチを回転させればドームになったわけだが、小規模はさておきそれほど単純でもなく、やがて枠なし工法が工夫される。
アーチは重量を大地が受けるが、ドームは大地以前に建造物の壁の耐力との競合であり、大型になるほど総重量対策が必要で、頭頂に穴を残す、用材を徐々に薄くする、軽石系の石材をつかうなどの工夫も。

○アーチ式石橋の架け方-順を追って図で説明。
 http://www.kumamotokokufu-h.ed.jp/kumamoto/isibasi/ab_sakus.html
○木造型枠によるアーチ構造 図解あり
 http://www.eu-alps.com/r-site/do-2005/911/911pont-st-martin.htm
○アーチ誕生の過程
 http://www.kumamotokokufu-h.ed.jp/kumamoto/isibasi/achensen.html

○フィレンツェ大聖堂…ドームにもいくつかの方法があった様子
 http://homepage3.nifty.com/scandium/rome/site/italy/firenze/duomo/duomo.html
ブルネレスキが本気でどうやってドームを作るか考え始めたのは、最初の相談から10年以上たってからです。その間、ブルネレスキはローマに行って、パンテオンなどのローマの遺跡を見物したりしたようです。パンテオンの直径は43メートルあり、直径はブルネレスキが作らなければならないドームとほぼ同じでした。ドームの頂上に穴があることや、木の支えを組んでその上に石を置いていき、最後に要石をセットした後で支えをはずす工法を使うにはでかすぎることなどの共通点がありました。パンテオンでは、円を作り、次にもう少し小さい円を重ね、次に更に小さい円を重ね、次に更に小さい。。。という流れで、だんだん円をすぼめてドームを作る工法を採用していました。
○技術史
 http://poyoland.jugem.jp/?page=1&cid=13
開いたら頁内検索でどうぞ。
・パンテオンの前例によるなら、ドームを建設する間、構造を支える木の足場がいる。
・1418年、Filippo Brunelleschiという地元の時計職人は、独特のレンガ積みの方法を編み出した。
・McCann「古来ローマ以来のドーム建築の工法に新技術を持ち込んだ。それは足場を組まずに建築する方法。
・あらためて、"大分スポーツ公園総合競技場"あたりへ戻り全体を読むと、現代へのつながりが分かります。

古代アーチ状構造物は、木枠(煉瓦積み、砂袋併用もあり)で台座を作り完成後除去。
アーチを回転させればドームになったわけだが、小規模はさておきそれほど単純でもなく、やがて枠なし工法が工夫される。
アーチは重量を大地が受けるが、ドームは大地以前に建造物の壁の耐力との競合であり、大型になるほど総重量対策が必要で、頭頂に穴を残す、用材を徐々に薄くする、軽石系の石材をつかうなどの工夫も。

○アーチ式石橋の架け方-順を追って図で説明。
 http://www.kumamotokokufu-h.ed.jp/kumamoto/isibasi/a...続きを読む

QAUTO CADの一番安い購入方法

建築設計を勉強する上でCADを購入したいのですが、AUTO CADはどこで購入するのが一番お得なのでしょうか?幾らくらいの物を購入するのがお薦めでしょうか?

Aベストアンサー

1.書店などに行けば5000円前後でAutoCADの学習本があります。
それには通常30日間使用可能な体験版が付属しています。
まず、それで勉強しましょう。

2.AutoCADにはレギュラー版とLT版がありますが、通常使用していく上ではLT版で十分です。個人で購入するのに、初心者にはレギュラー版はオーバースペックです。
下記URLでご購入を検討されてみてはいかがでしょう。
http://www.kakaku.com/sku/price/375002.htm

なお、現在、AutoCAD LT2004/2005/2006と3種類販売されていますが、バージョンが古くても値段が大して変わらないので、最新版のAutoCAD LT2006の購入をお勧めします。
AutoCADはバージョンアップ対応が、3世代前までなのでそれよりも古いバージョンだとアップグレードできず、新たに買いなおさなければならないのでもったいないです。

しかし、個人で勉強するために12万円強はかなりの高額ですね。

あとは、いろんな商社に見積もりを出させて安くたたいて購入する手もあります。

参考URL:http://www.kakaku.com/sku/price/375002.htm

1.書店などに行けば5000円前後でAutoCADの学習本があります。
それには通常30日間使用可能な体験版が付属しています。
まず、それで勉強しましょう。

2.AutoCADにはレギュラー版とLT版がありますが、通常使用していく上ではLT版で十分です。個人で購入するのに、初心者にはレギュラー版はオーバースペックです。
下記URLでご購入を検討されてみてはいかがでしょう。
http://www.kakaku.com/sku/price/375002.htm

なお、現在、AutoCAD LT2004/2005/2006と3種類販売されていますが、バージョンが古くても...続きを読む

Qニーチェの有名な言葉「神は死んだ」について

「神は死んだ」についてです。

何故にこの言葉が広まった?のでしょうか?ニーチェのこの言葉を重要視して有名な言葉として広めた人がいるのでしょうか?

自分で「ツァラトゥストラのかく語りき」を読んだのですが、その言葉はさほど重要な点ではないと感じましたが…

Aベストアンサー

 キリスト教批判については、西洋の思想史をさかのぼれば、無神論の思想家を見つけ出すことができますが、最も明確に筋道立てて隅々まで否定したのはニーチェだけでした。特に、日本人にとっては、キリスト教は世界宗教の一つにすぎませんが、ヨーロッパ文明にとってキリスト教は、文明のバックボーンであり、キリスト教を否定することはすさまじいものがありました。

 例えば、マタイの福音書に「貧しい人は幸いである。天国は彼らのためにある」という有名な言葉があります。この言葉は、貧しい者や無力な者、弱い者こそ神に祝福されるという意味ですが、ニーチェは、そこに無力な者が有力な者に持つルサンチマン(怨念、ねたみ)が隠れていると指摘したのです。実際、キリスト教は最初、ローマ帝国の奴隷の間に広まったものですし、キリスト教はさかのぼればユダヤ教を母胎として発展したもので、そのユダヤ教自体、他民族によって滅ぼされたユダヤ人の間に広まったものですので、そうしたことからも、弱者の強者に対するルサンチマンが含まれているとしたのです。

 ですから、キリスト教の根底には、弱者(能力のない者・病人・苦悩する者)が強者(能力のある者・健康な者)をねたみ、恨む気持ちが隠されているとニーチェは主張します。ですから、こうしたことからニーチェはキリスト教を「奴隷道徳」と批判し、そうした弱者に代表される、没落し衰退し滅んでいくべき存在に同情や憐れみを持つことは、人間の心の弱さから生じたものであり、自分自身を弱者の地位にまで引き下げるとしたのです。言い換えれば、弱者への同情や憐れみは、人間が本来持っている「生」へのたくましい欲求(支配欲・権力欲・性欲・我欲など)を押さえつけ、人間を平均化し、無力化してしまうとしたのです。そこで、ニーチェは「神は死んだ」と宣言し、キリスト教的価値観を否定したのです。

 また、彼が否定したのは、キリスト教の「神」だけではありません。自己よりも崇高なものを認める価値観すべてを否定していったのです。ですから例えばそれは、イデア世界に永遠なる真・善・美を認めるプラトン哲学も、キリスト教の奴隷道徳の系譜に属していますし、その他、自己より崇高な価値観である「真理」「理想」「理念」もすべて否定していったのです。つまりそれらは、弱い人間が、自己から逃避した結果であり、自己の生を意味づけるためにねつ造したものであり、虚構であると暴露したのでした。そして真の価値基準は、「神」や「天国」「真理」ではなく、自分が生きている現実の「大地」に置くべきとしたのです。

 またニーチェは、キリスト教は「畜群本能」にとらわれた道徳であるとしています。畜群本能とは、自分を越えた特別な能力を持った者を危険視し、群れから排除しようとする「弱者」たちの本能であり、それは主体性を否定し、平均化し没個性的に生きることで安心しあう心理によって支えられているとしたのです。そのためニーチェは、民主主義や平等主義をキリスト教の俗化したものとして嫌悪したのでした。

 なお、ご質問の「ニーチェのこの言葉を重要視して有名な言葉として広めた人」は、特にいません。「ツァラトゥストラ」も当初、40部を自費出版しただけで、晩年は彼を敬愛する妹に見守られながら、次第に高まる名声を知ることなく静かに息を引き取っていきました。

 キリスト教批判については、西洋の思想史をさかのぼれば、無神論の思想家を見つけ出すことができますが、最も明確に筋道立てて隅々まで否定したのはニーチェだけでした。特に、日本人にとっては、キリスト教は世界宗教の一つにすぎませんが、ヨーロッパ文明にとってキリスト教は、文明のバックボーンであり、キリスト教を否定することはすさまじいものがありました。

 例えば、マタイの福音書に「貧しい人は幸いである。天国は彼らのためにある」という有名な言葉があります。この言葉は、貧しい者や無力な...続きを読む

Qもし現代人が江戸時代で1ヶ月生活するとしたら、何で困るでしょうか?

空想の話で恐縮です。

時代小説を読んでいて時々思うのですが、もし今の日本人がタイムマシンか何かで数百年前の江戸時代に戻り、そこで1ヶ月ほど当時の一般庶民の家に滞在するとしたら、何で困ると思われますか? あるいは何も困る事はないでしょうか?

例えば食事。 衛生状態は今ほど清潔ではなかったはず。 もしかして最初の食事で腹痛や下痢をおこし、ギブアップになるでしょうか? それとか味付け。 現代人の口に合うでしょうか? 我慢しないで1ヶ月食べ続ける事に何も問題ないでしょうか? それとか、今のように肉食はそんなにしなかったはず。 せいぜい鳥や兎の肉くらいでしょうか? あと、お酒もそうですね。 現代人に飲めますか?

匂い。 どうでしょうか? 当時の家の中や、町全体、一体どんな匂いがしていたでしょうか? そして1ヶ月間、現代人に耐えられるでしょうか?

風呂。 現代人が躊躇なく当時の銭湯に入れますか? 当時は毎日入っていたんでしょうか?

トイレ。 現代人に当時のトイレで大・小できるでしょうか? 特に女性の場合。

人によって感じ方が違うと思いますが、上に挙げた以外で 「1ヶ月滞在するとしたら、おそらく大多数の現代人にはこれが苦痛だろう、あるいは無理だろう」 と考えられるのは、どんなものでしょうか?

空想の話で恐縮です。

時代小説を読んでいて時々思うのですが、もし今の日本人がタイムマシンか何かで数百年前の江戸時代に戻り、そこで1ヶ月ほど当時の一般庶民の家に滞在するとしたら、何で困ると思われますか? あるいは何も困る事はないでしょうか?

例えば食事。 衛生状態は今ほど清潔ではなかったはず。 もしかして最初の食事で腹痛や下痢をおこし、ギブアップになるでしょうか? それとか味付け。 現代人の口に合うでしょうか? 我慢しないで1ヶ月食べ続ける事に何も問題ないでしょうか? ...続きを読む

Aベストアンサー

 下級武士のご新造さんの一日(朝のみ)。
(1)最初にご新造が起床、用便を済ませます。汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんでウンコ・オシッコするのはきついですぞ。
(2)次に井戸端で洗顔します。釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、これからの季節は寒いですぞ。
(3)朝食の準備にかかります。井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキのバケツではなく、木の桶で運びますから重たい。道具は何でも重たくて大変。飯炊きの釜や薬缶もアルミ製のものはありません。みんな鉄か瀬戸物です。
(4)カマドに火を着けます。火打ち石でやります。なかなか火が着かず難しいです。火吹き竹で空気を送り込んでやっと景気よく燃え出しました。飯を炊きます。一人当たり三匹の目刺をあぶります。
(5)雨戸を開けます。障子はみな紙です。ガラスではありませんので、吹き降りの日だと雨戸を閉めないといけません。昼間でも暗いです。
(6)家族そろって朝食。
(7)食器などを洗います。油の着いた食器を洗うのは大変です。ママレモンはありませんのでギトギトがなかなか取れません。水道の水でジャージャーやるわけのもいきません。
(8)井戸端で盥で洗濯します。これも大変です。

・・・女性は大変でしょう。田舎の明治生まれの女は、以上のようなことをやっていました。江戸時代とそんなに変わりません。電気(裸電球)とマッチだけが江戸時代よりマシなだけです。

>「1ヶ月滞在するとしたら、おそらく大多数の現代人にはこれが苦痛だろう、あるいは無理だろう」 と考えられるのは、どんなものでしょうか?
・・・夏場の暑いときに一ヶ月滞在すれば、参るでしょう。
・網戸がないので蚊に食われる。
・ハエがブンブン飛び回る。食卓の食べ物にハエがたかる。
・冷房や扇風機がないので暑い。雨の日は雨戸を閉めるのでこれも暑い。
・便所が臭く、人の体も臭い。
 夏場でいいことは、行水などで女性の裸を見る機会が多いことくらいかな。

 下級武士のご新造さんの一日(朝のみ)。
(1)最初にご新造が起床、用便を済ませます。汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんでウンコ・オシッコするのはきついですぞ。
(2)次に井戸端で洗顔します。釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、これからの季節は寒いですぞ。
(3)朝食の準備にかかります。井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング