今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

金属は電気を通し、金属酸化物は電気を通さないと思うのですが、

例えば金属の胴は二つの電子を放出しやすいので、それで電気が流れ、
金属酸化物は、余分な電子がないので、電気が流れないのでしょうか?

よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

金属は自由電子を介した金属結合をしています。

そのため、自由電子が金属原子間を自由に移動するので電気が流れやすいのです。

一方、金属酸化物は金属結合をしていません。イオン結合により作られています。たとえば CuO は、Cu2+とO2-が、静電気的な力で結合しているのです。Cu原子の二個の余分な電子がO原子に実際に移ってしまっているのです。そのため、Cu原子はCu2+となって正に帯電し、O原子はO2-となって負に帯電しています。この正と負の電荷の静電相互作用によって引き合って、CuOを形成しているのです。Cu2+の電子と、O2-の電子は、それぞれの原子核に束縛されており、原子間を自由に移動できません。そのため、CuOは(強い電圧をかければ電気が流れるかもしれませんが)、金属のCuに比べて殆ど電気を流さないのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とてもわかりやすかったです(^^)
参考にさせていただきます。

お礼日時:2003/12/28 13:20

>思うのですが


物によりけり。「二酸化鉛が電気を通さない」と仮定すると.電極が二酸化鉛である鉛蓄電池は電極から電解液に電気が移動できなくなります。

「余分な電子」というよりも「自由電子」の関係です。
K軌道のような原子核に近い軌道の電子は使われません。比較的エネルギー順位が高い.かつ.軌道間のエネルギー差が低い(物が置かれている温度に対して)場合.軌道を構築せず.不特定の核が電子を共有します。このときに.電気が流れやすい.という状態になります。
エネルギーバンド関係を調べてみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2003/12/28 13:20

「金属酸化物は電気を通さない」は間違いです。


高温超伝導に酸化物がよく使われておりますし、酸化スズ(SnO2)は液晶の透明電極として使われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。 !

お礼日時:2003/12/28 13:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金属の化合物の導電性は何で決まる?

初めまして。電気系エンジニアを生業としている者です。
世の中にはいろんな金属の化合物(例えば、銅だと、酸化銅、硫化銅、塩化銅など)が
存在しますが、これらが導電性を有するかどうかというのは、何で決まってくるので
しょうか?
またそれは、簡単に判断が付くのでしょうか?(例えば、周期表を見れば判るとか)
ご存知の方、教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

結論から言うと、#3の回答者さんのおっしゃる、調べてみないと分からないです。
まず、イオン性結晶の物質は、結晶内部で+イオン状態の原子と-イオン状態の原子が存在し、外殻電子が-イオンに局在するので自由に動ける電子が無くなり、絶縁性が高い場合が多いです。結合の強さとは直接は関係有りません。しかし、CuO以外にもCrO2、Fe3O4など例外も多く。また、理想結晶なら絶縁性でも、酸素欠陥などが有るとその分が伝導電子に寄与するため、NiOなどはかなり導電性が出ます。#5の回答に有るようなイオン伝導の可能性も出てきますし。
質問者さんの場合など、材料表面の自然に生成した化合物のようなので、理想的な化合物特性からはかなりすれている可能性も高いです。
導電性の物理的なメカニズムは#5の回答どおりなのですが、バンド構造自体が導電性以上に調べるのが難しい情報(計算でも出ますが、信頼性が低いのと、絶対零度での結果になります)ですから、実用材料評価には使いにくいですね。
従って、現実的な判断方法は、予想される生成物を考えて、材料系のハンドブックや辞典類などで導電性を調べることでしょうね。

結論から言うと、#3の回答者さんのおっしゃる、調べてみないと分からないです。
まず、イオン性結晶の物質は、結晶内部で+イオン状態の原子と-イオン状態の原子が存在し、外殻電子が-イオンに局在するので自由に動ける電子が無くなり、絶縁性が高い場合が多いです。結合の強さとは直接は関係有りません。しかし、CuO以外にもCrO2、Fe3O4など例外も多く。また、理想結晶なら絶縁性でも、酸素欠陥などが有るとその分が伝導電子に寄与するため、NiOなどはかなり導電性が出ます。#5の回答に有るようなイオン伝導の...続きを読む

Q中学2年1分野理科:酸化銀の分解

この間実験をして酸化銀の分解をしました
手順は
(1)アルミニウムはくで皿を作る(単3乾電池)
(2)試験管の中にアルミ皿(酸化銀入)を入れ、ガスバーナーで加熱
(3)黒が白に変わり始めたら線香を入れる(この時酸素があれば『ポン』と音が鳴る)
(4)酸化銀が白になったら取り出し、試験管の底でみがく(金属は磨くと光る)
(5)(4)を証明したら金づちで叩く(金属は叩くと伸びる)
(6)電流が流れるか調べる
(7)片付け

この(6)の操作で、(3)(4)(5)は理論どうりに出来たのですが
電流が流れなかった(豆電球が光らなかった)のですが
調べても、何故電流が流れなかったのかわかりません。どなたかわかりませんか?

Aベストアンサー

気になる点を先に。
(3)の操作では、酸素があると音が鳴ることよりも
線香の火の勢いがます方を重視すべきであると思います。
また、「理論どうり」ではなく「理論どおり」です。漢字で書くと「通り」ですから。

電流が流れなかったとして考えられる理由は、
酸化銀の分解が完全に完結していなかったこと、
磨きが足りなかったこと、
電池が切れていたこと、
豆電球が切れていたこと、
そのほか配線の接続不良などが挙げられます。

ただ、本来実験というものは、理論どおりかどうかよりも、
理論を導くために行うものであることを忘れないでください。

Q酸化銅の性質

酸化銅は何故電気を通さないのでしょうか??
もしくはなぜ酸化銅は銅より質量が重くなるのでしょうか?

おはやめにおねがいします汗!

Aベストアンサー

酸化銅は、銅が加熱されて酸素を結びついた物質です。

銅とは全く違う物質になっていまして、電流を流す自由電子が失われていますので電流は流れません。

また、結びついた酸素の分だけ重くなります。


人気Q&Aランキング