乾燥肌、冬の肌トラブルに本気の対策 >>

いろんなパターンで検索したのですがまだ不安なので教えて頂けますか。
現在浪人中の無職フリーターです。親の扶養で実家暮らしです。

つい先日二日間にわたり派遣の単発バイトをしました。今年に入って初めてのバイトで、二日間で2万程度でした。これには交通費を含めてます。
源泉徴収はされていません。こちらの会社には、月に88000円以上で源泉徴収されると言われました。

そして明日から一ヶ月間だけ、派遣バイトをします。
一ヶ月間で25万程稼ぐつもりですがいくつかの派遣会社にお世話になります。掛け持ちです。

そこで質問ですが、
(1)20万以下は確定申告の必要がなく黙っていていいと他の回答にありましたが、103万以下でも確定申告の必要はないんですよね?20万と103万の話はどう違うのでしょうか?

(2)確定申告をする場合は、1円でも給料を貰ったら、貰った全ての会社の源泉徴収票を税務署に持って行きますよね?源泉徴収されていてもされていなくても持って行くのでしょうか?(先日派遣バイトをした会社からは2万程度なら確定申告の際黙っていた方が有利と言われました…)

(3)月88000円以下は源泉徴収されないとのことですが、仮に月87999円稼いだ場合には年間105万超えてしまい所得税を取られる対象になりますよね?どういうことでしょうか。

(4)確定申告をする際に交通費は含めるのですか?

(5)複数の派遣やアルバイトをしたとしても年間103万以下ならば確定申告の必要はないということで間違いないですか?間違いないならば、確定申告は面倒なので掛け持ちをしても103万以内に抑えるつもりです。

いくつか分からないことありましたがとりあえず5つ質問させて頂きました。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

長いですがよろしければご覧ください。



>(1)20万以下は確定申告の必要がなく黙っていていいと他の回答にありましたが、103万以下でも確定申告の必要はないんですよね?20万と103万の話はどう違うのでしょうか?

細かい部分を除いてざっくり説明しますと、

○20万円の話

「給与所得」+「その他の所得20万円以下」→ 申告不要

○103万円の話

収入が給与だけの場合、税金(所得税)は、

(給与-給与所得控除-所得控除)×税率 なので、

=(給与-65万円-38万円)×税率
=(給与-103万円)×税率

ここで出てくるのが「103万円」です。
つまり、給与が103万円以下ならそもそも税金がかからないので「確定申告」も不要ということです。

>(2)確定申告をする場合は、1円でも給料を貰ったら、貰った全ての会社の源泉徴収票を税務署に持って行きますよね?

はい、「確定申告するなら」すべての所得を申告しなくてはなりません。

>源泉徴収されていてもされていなくても持って行くのでしょうか?

はい、「確定申告」は「1年間のすべての所得を合算して」、正しい(正確な)税額を「確定」して「自己申告する」というものだからです。

>先日派遣バイトをした会社からは2万程度なら確定申告の際黙っていた方が有利と言われました…

はい、所得を低く申告すれば必ず税金が安くなります。
それを意図的に行うと「脱税」です。

>(3)月88000円以下は源泉徴収されないとのことですが、仮に月87999円稼いだ場合には年間105万超えてしまい所得税を取られる対象になりますよね?どういうことでしょうか。

鋭いですね。
85,834円(≒103万÷12)未満とするほうが辻褄が合いますが、なぜ88,000円未満を0円(源泉徴収不要)としたのかはよくわかりません。

ただ、たくさんアルバイトを抱える事業所(雇い主)などは、出来れば源泉徴収事務は無いほうがありがたいので、本来は「自己申告」で納めるべき「税金」を事業所に代行させている(押し付けている)ことへの配慮なのかもしれません。(源泉徴収税がなければ「年末調整」事務もまた楽です)

差額の20,000円にかかる所得税は1,000円ですから、源泉徴収を事業所に任せるための費用と考えても差し支えない額と言っていいと思います。

それに88,000円(+1円)の月が8ヶ月あれば1,040円の源泉徴収税が発生してトントンになります。

また、いわゆるフリーターやパートタイマーは面倒臭がって「確定申告(還付申告)」しないケースが非常に多いので、国としては充分プラスになっているはずです。

『[PDF]給与所得の源泉徴収税額表(月額表)』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …
※事業所は税務署(国)が用意したこの表を使って源泉徴収しています。
※「甲」「乙」の説明は直接関係なので割愛します。「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出していると「甲」です。ちなみに重複勤務の場合は1ヶ所にしか提出できません。

>(4)確定申告をする際に交通費は含めるのですか?

普通は含めません。(脱税に使われるおそれがあるので、金額が大きくなるとまた違います。)
具体的には「源泉徴収票」の「支払金額」が給与収入となります。
※交通費が支払金額に含まれている場合は課税対象になります。

>(5)複数の派遣やアルバイトをしたとしても年間103万以下ならば確定申告の必要はないということで間違いないですか?
>確定申告は面倒なので掛け持ちをしても103万以内に抑えるつもりです。

「給与所得だけ」ならば合計で「150万円」までは「確定申告不要」です。
「103万円」はあくまで「税金がかからない最低ライン」ということです。

『No.1900 サラリーマンで確定申告が必要な人』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm
>>…給与所得の…金額が150万円以下…の人は、申告の必要はありません。
※当然ですが、税金が納めすぎになっていた場合は戻ってきません。

なお、住民税は源泉徴収はされていません。
ではどうやって徴収されるかというと、

「源泉徴収票」が「給与支払報告書」と名を変えて従業員の住所地の市区町村役場(役所)へ送られています。

市区町村は送られてきた「給与支払報告書」を元に「住民税」を計算して翌年の6月に納付書を送付します。(つまり後払いです。)
サラリーマンは会社が依頼を受けて天引きすることも多いです。

「給与支払報告書」は原則全ての従業員のものが個別に提出されます。
ただし、短期雇用や途中退職で、なおかつ年間の支払額が30万円以下の場合は事業所(雇用主)に提出の義務はありません。

しかし、全ての雇用者の提出を促す自治体も多いので、提出しているかどうかは勤務先で直接確認しないとわかりません。

ちなみに、住民税に申告不要の所得ラインは【存在しません】。
その代わり、「勤務先から市へ給与支払報告書が提出されている人は住民税の申告不要」としている自治体が多いです。

住民税申告の「要・不要」の基準は市区町村ごとに違います。
なかには「(税金の)控除対象扶養親族になっている場合は不要」「課税最低限の所得以下は不要」などの基準を示しているところもあるので、お住まいの自治体に確認が必要です。

『個人住民税(市民税・都民税)の申告について』(多摩市の場合)
http://www.city.tama.lg.jp/seikatsu/11/14703/003 …
『都留市役所>給与支払報告書の提出』
http://www.city.tsuru.yamanashi.jp/forms/info/in …
>>…公平公正な課税の観点から、支払金額が30万円以下の方の分につきましても提出のご協力をお願いいたします。…

※所得税の「確定申告」をすると「申告書に記載の住所地」へ申告データが送られるので改めて住民税の申告をする必要はありません。

--------------
なお、103万円以下にするつもりとのことなので問題ないですが、親御さんの税金に影響するラインも所得38万円(給与収入なら103万円)です。

endruさんの年間所得が38万円を超えると、親御さんが「扶養控除」というものを使えなくなります。
所得税・住民税ともに38万円が基準です。

『No.1180 扶養控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

------------
最後に、以上の説明は全て税金関係の話しなので、親御さんの会社の「健康保険」の「被扶養者」というものの認定基準とはまったく関係がないのでご注意下さい。

健康保険の被扶養者の認定を取り消された場合は、自分で市区町村が運営する「【国民】健康保険」に加入します。(強制加入です。)

認定の取り消しは、「月収が108,333円(12ヶ月で130万円)以上になる見込み」が「一つの基準」で、交通費も収入に含めるなど基準自体が税金とは違います。
また、加入されている健康保険の運営元によっても独自基準があります。

※取り消しは自己申告が原則で、資格再確認の時に発覚するとさかのぼって取り消されることがあります。

さらに、親御さんが「家族手当」のようなものの支給を受けている場合は当然ながら企業ごとの支給基準があります。

(参考)

『収入と所得は何が違うの?』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14775/
『No.1410 給与所得控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320. …
『[PDF]平成23年版 給与所得者と年末調整(リーフレット)(平成23年10月)』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …

『被扶養者認定(リクルート健康保険組合の場合)』
http://kempo.recruit.co.jp/life/20202.html
※あくまで一例です。

※不明な点がありましたら「補足する」からご質問ください。。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

20万の話の件ですが、本業というのは正社員のことですか?
仮に本業の年収入が200万だとしたら副業が19万であっても合わせて219万となるので103万(150万?)は超えますよね?なのに確定申告は必要ないんですか?
バイトや派遣とは違う決まりということでしょうか…

扶養控除等申告書は今の単発派遣先からは、他で出してても名前書いて提出して下さいと言われたので印鑑押して出しました。これは完璧に提出したことになりますか?
先日二日間だけ働いた派遣先では扶養控除等申告書を出してないのに所得税引かれてませんでした。他の方の回答に出してない場合は例え1000円でも所得税が引かれるとあったので…

補足日時:2012/04/14 22:24
    • good
    • 20

 この場合、所得区分が必要ですね。


  源泉徴収されているでしょうか。
  給与所得の源泉徴収票、支払調書のいづれの書類を受け取っているでしょうか。
  つまり、給与所得に該当するかあるいは事業所得に該当するかの区分判定によって所得の計算方法が異なります。
 給与であれば、年間収入合計が150万円未満であれば確定申告を要しません。その場合は住民税の申告が必要です。また、150万円未満といっても、源泉税が還付となるケースでは、積極的に確定申告をしましょう。
 事業所得に該当の場合、記帳の義務があります。これに基づき、収入に対する必要経費の集約し、収支内訳書を作成したうえで、確定申告書を作成します。
    • good
    • 2

専門家紹介

FP税理士としてあなたに最適なプランをご提供します。

詳しくはこちら

専門家

Q_A_…です。



>では今の私の場合は日払いや週払いなので乙ではないのでしょうか?

該当する部分を整理しますと、

甲:「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出している
乙:「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出していない
丙:日雇賃金

となります。
さらに、「源泉徴収税額表」には「月額表」と「日額表」の2種類があります。どちらを使うかは給与の支払方法で決まります。

○【月額表】
(1)月ごとに支払うもの
(2)半月ごと、10日ごとに支払うもの
(3)月の整数倍の期間ごとに支払うもの

○【日額表】
(1)毎日支払うもの
(2)週ごとに支払うもの
(3)日割で支払うもの
  &
 「日雇賃金」

(注)日雇賃金とは、日々雇い入れられる人が、労働した日又は時間によって算定され、かつ、労働した日ごとに支払を受ける(その労働した日以外の日において支払われるものも含みます。)給与等をいいます。
ただし、一の支払者から継続して2 か月を超えて給与等が支払われた場合には、その2 か月を超える部分の期間につき支払われるものは、ここでいう日雇賃金には含まれません。

※抜粋ですから詳しくはこちらを参照下さい。

『給与所得の源泉徴収税額の求め方』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …

>今の日払いの派遣では扶養控除申告書を一応書いて提出してるのですが…。昨日も日払いで貰いましたが、現時点では88000円未満なので源泉徴収されていませんでした

その条件ですと、

・扶養控除申告書を一応書いて提出してる→甲あるいは丙
・日払いで貰いました→日額表

となりますので以下の日額表をご覧ください。

『[PDF]給与所得の源泉徴収税額表(日額表)』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …

「甲」の場合は(社会保険控除後の給与)2,900円/日額以上で源泉徴収税が発生します。
「丙」の場合は源泉徴収はありません。

というわけで、勤務先では「日額表の甲欄」または「日額表の丙覧」で税額を求めているということになります。

「日額表の丙覧」を適用している場合は、「申請書は一応書かせただけ」ということでしょう。

※解決しないと意味がありませんので補足はご遠慮なく。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

なるほど…。
分かりやすかったです。
ありがとうございます。

今日も仕事しながらいろいろ考えましたが、今の派遣は88000円未満で辞めて、また違うバイトや派遣で88000円未満で辞めて…という感じで今年は103万以内に抑えようと思います…笑
もし88000円を超えて源泉徴収されたときには勉強がてらに確定申告しに税務署へ行ってきます。
↑私はこの部分にこだわりすぎですよね…。
税金について神経質になりすぎて自分に疲れます…;
でも払わなくていい税金は払ってられないですよね!しっかり返してもらわなければ!

皆様が回答してくださり本当に感謝しております。
また分からないことはこちらで質問させていただくかもしれませんが何卒宜しくお願い致します。

お礼日時:2012/04/16 22:48

No.4です。



>この本業とは正社員のことですか?
いいえ。
正社員とは限りません。
バイトであってもパートであっても同じです。

>なぜ合算して103万(150万?)以上なのに確定申告が不要なのでしょうか?
「所得税法」でそのように規定されているからです。
なぜ、150万円以下なら必要ないのかといえば、それは税務署や納税者の事務手続きの簡素化に配慮したということでしょう。
そのため、給与をかけもちで2か所以上からもらっている場合、原則、片方では金額にかかわらず源泉徴収され、しかも、通常より高い所得税が天引きされる仕組みになっています。
少額なら多少、本来より所得税少なくてもかまわないということでしょう。
その額がなぜ150万円で線引きされているのかと言われれば、それは国税庁に聞かないとわかりません。

>アルバイトや派遣とは決まりが違うんですか?
いいえ。
前に書いたとおりです。

>今日から始めた単発派遣先に、他で提出していても、うちでも書いて提出して下さいと言われたので提出しました。この場合は完璧に提出したということになりますか?
なります。
「扶養控除等申告書」を1か所にしか出せない、というのは、原則、同時に2か所で働いた場合です。

>先日二日間だけ働いた派遣先では扶養控除等申告書を提出していないのに、源泉徴収されていませんが…なぜでしょう。例え1000円でも所得税取られるんですよね?
そのとおりです。
その会社が法に基づいた処理をしていないということですね。
あくまで、「扶養控除等申告書」を出されたた場合、88000円未満なら所得税引かない、その「扶養控除等申告書」が出されない場合は、会社は所得税を源泉徴収する義務があります。
それでなければ、たとえば同じ月に1か所で80000円、もう1か所で80000円で計16万円の収入があっても、所得税引かれないということなってしまいます。

なお、150万円以下の場合申告不要、というのは、源泉徴収されているのが前提、と回答しました。
これについて他の方が書いてますが「あくまで前提」です。
前に書いたとおり、本来、会社は源泉徴する義務があるからです。
源泉徴収されてない場合、もちろん確定申告しなくても違法(脱税)ではありませんが、税務署に聞けば確定申告が必要だと言われるでしょう。
会社が義務を果たした人が損(?)をして、そうでない人が得をする結果となり、不公平になってしまいます。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

分かりやすくありがとうございました。

税金についての本を読んだり税務署に問い合わせるのも一つ勉強になりそうですね。

お礼日時:2012/04/16 12:34

ANo.2です。



皆さんがすごく詳しく回答して下さっていて、私の回答が陳腐で恥ずかしいです。
税金について知ろうと思うと、とても奥が深く、また、難しいですね。


質問者様のご意見「源泉徴収票を自分で集めるのも大変だし確定申告には行きたくないんです。でも損はしたくないです。」
↑確かに私もそうです。
そう思って、私もいつも、103万以下(住民税もできれば払いたくないので、ざっくり100万未満)で働いています。
但し、源泉徴収されたら少額でも還付申告します。

「複数のバイトでそれぞれ88000円未満ならば所得税取られないとのことなので、その作戦でいこうと思ってますが、この考えはどう思いますか?」
↑実際、複数のバイト掛け持ちで月25万も稼いだことがないので、なんとも言えません。
このような無責任な回答をすると他の回答者様からお叱りを受けるかもしれませんが、私なら源泉徴収されたお金が発生したとしても、年間の収入が103万未満であれば、めんどくさくても還付申告して取り戻します。・・・としか言えずすいません。


それから、もし、自分で確定申告するのがイヤなのであれば、どこか一社(例えば一番多くお給料を貰った会社など)に、他の所で働いた分も一緒に年末調整してもらうという方法もあります。
但し、各会社から源泉徴収票を取り寄せることは必要です。また、他社で12月までみっちり働くのであれば、この手は使えませんが・・・。


なんだか、他回答者様方のようなスマートな回答ができず申し訳ないですが、せっかくこんなに税金のこと勉強されているのですから、もし、源泉徴収されて、しかも、103万未満だったとしたら、勉強がてら還付申告してみるのもいいのではないでしょうか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

分かりやすくありがとうございました。

確定申告をしに税務署へ行くのも勉強になりそうですね…。
これからは税金についての本を読んだり税務署に問い合わせたりしてみます。

また分からないことがあればこちらで質問させていただくかもしれませんが…笑
その際は何卒宜しくお願い致します。

お礼日時:2012/04/16 12:39

ANo.3です。



お礼いただきありがとうございます。

>20万の話の件ですが、本業というのは正社員のことですか?

「本業」ですか?
回答の中で本業・副業という区別はしなかったはずですが、具体的にどの部分が分かりにくかったでしょうか?

>仮に本業の年収入が200万だとしたら副業が19万であっても合わせて219万となるので103万(150万?)は超えますよね?なのに確定申告は必要ないんですか?

少々誤解があります。前回の、

>>「給与所得だけ」ならば合計で「150万円」までは「確定申告不要」です。

というのは、【年間のすべての収入の合計が150万円】の場合です。(他の条件を加味すると150万円以上になります。)

詳細は以下のリンクにあります。

『No.1900 サラリーマンで確定申告が必要な人』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

サイトから該当部分を抜粋しますと…

>>給与所得の収入金額から、(雑損控除、医療費控除、寄附金控除、基礎控除「以外の」各所得控除の合計額を差し引いた金額が)150万円以下で、
>>「給与所得及び退職所得」以外の所得の金額の合計額が20万円以下の人は、申告の必要はありません。

>バイトや派遣とは違う決まりということでしょうか…

そんなことはありません。
国税庁のホームページでは分かりやすように給与所得者をよく「サラリーマン」と表現していますが、当然OLも含まれますよね?

それと同じで、正社員かどうかを問わず、サラリーマン、OL、派遣、パート・アルバイト、みんな「給与」として支払いを受けていれば「給与所得者」です。

単純に「給与所得者の源泉徴収票」というものを勤務先から貰う人と考えておけば特に問題はないです。

>扶養控除等申告書は今の単発派遣先からは、他で出してても名前書いて提出して下さいと言われたので印鑑押して出しました。これは完璧に提出したことになりますか?

「完璧に」とはどのような意味でしょうか?
担当者が事務処理を忘れなければ(間違わなければ)大丈夫です。
※担当者も人間ですから間違うことはあります。おかしいと思ったら(相手を責めることなく)確認されることをお勧めします。

>先日二日間だけ働いた派遣先では扶養控除等申告書を出してないのに所得税引かれてませんでした。他の方の回答に出してない場合は例え1000円でも所得税が引かれるとあったので…

所得税の源泉徴収は「扶養控除等申告書」を「提出しているかどうか」で、「するか・しないか」が決まるものではありません。

支払う(受け取る)給与の額によっては税金が引かれないことがってもおかしくありません。
前回触れたところをより詳しく書いてみますので興味がおありでしたらご覧下さい。

----------------
事業所(雇用主)は税務署の指導のもと「源泉徴収税額表」というものを元に機械的に源泉徴収を行なっています。

その表には「月額表」と「日額表」というものがあって、雇用形態によって使い分けます。

『[PDF]給与所得の源泉徴収税額表(月額表)』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …
『[PDF]給与所得の源泉徴収税額表(日額表)』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …

表には「甲・乙・丙」の区分がありますが、「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出している場合が「甲」、それ以外が「乙」、2ヶ月以内の日払いが「丙」となります。

詳しくは以下のファイルをご覧ください。

『給与所得の源泉徴収税額の求め方』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …

以上の内容を踏まえると「源泉徴収する・しない」と「扶養控除等申告書を提出する・しない」は直接リンクするものではないことがお分かりいただけると思います。

(参考)

『平成24年分 源泉徴収税額表』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …

※不明な点がありましたら補足してください。

この回答への補足

分かりやすい回答ありがとうございます。

他の回答者様が20万の話を本業と副業に分けていた為です…ですが本業は正社員とか関係ないみたいなので理解できました。

では今の私の場合は日払いや週払いなので乙ではないのでしょうか?
今の日払いの派遣では扶養控除申告書を一応書いて提出してるのですが…。昨日も日払いで貰いましたが、現時点では88000円未満なので源泉徴収されていませんでした。

こんなに詳しく教えていただいてるのにまだ理解できなくてすみません。

補足日時:2012/04/16 12:48
    • good
    • 0

NO6です。


誤解を招く述べ方をした点がありました。

「まず「150万以下の件は源泉徴収されていることが前提」などは、所得税法第121条に述べられておりません。」は誤解を招く言い方でした。お侘びします。
源泉徴収義務は、給与支払者に負わせられて義務です。
正しく源泉徴収がされてるか、正しく年末調整がされてるかは、無関係で所得税法第121条の適用がされます。
自分のもらった給与の総額が150万円以下だから申告してない方がいたとします。
実は給与支払い者が源泉徴収事務をサボってたので、同条文に該当しないので「貴方は申告義務がありますよ」と税務署から言われたらたまったものではありません。
給与をもらう際に「源泉徴収がキチンとされてるかどうか」をもらう際に一々確認しないとならなくなります。
その確認はいらないよと云う意味で「前提ではない」と述べました。

他回答で「源泉徴収がされてることが前提になってる」とされてることを、そのまま質問頂き、私が余分な講釈を言葉足らずでしてしまっております。上記回答をされた方の述べたことを否定してるわけではありませんので、ご容赦ください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

分かりやすい回答ありがとうございました。

また分からないときはこちらで質問させていただくかもしれませんが…その際は何卒宜しくお願い致します。

税金についての本を読んだり税務署に問い合わせをしたりするのも勉強になりそうですね。

お礼日時:2012/04/16 12:51

医療費控除や住宅ローン控除を受けるときに20万以下の収入であっても記載しなければならないのは何故ですか?]


回答の前に、ひとつ御願いがあります。よく、読んでいただきたいです。
そして、補足質問をなさってください。何度も同じ事を述べるのは、無意味だからです。
所得税法第121条を読まれると「申告不要」とされてます。
申告不要とは「申告書の提出をしなくてもいいよ」という意味であって、非課税ではないのです。
確定申告書には「全ての収入を記載すること」になってますので、申告不要とされてる人が、医療費控除を受ける、住宅ローン控除を受ける際には「申告不要制度」の恩恵を受けないという選択をするわけです。
これが、申告書を提出するなら記載をしなさいよという事です。
このこと自体が「?どうもわからん?」というなら、理解をしていただく文章力が、私にはありませんので、お許しください。

「150万以下の件は源泉徴収されていることが前提だそうですが、私の場合は103万以下であれば納税もなく確定申告不要ということで親の扶養でいられるってことですよね?」
失礼ながら、理解に誤りがあります。
まず「150万以下の件は源泉徴収されていることが前提」などは、所得税法第121条に述べられておりません。
条文は読まれておりますでしょうか。源泉徴収がされてるかどうかは述べられてないはずです。

次に「103万以下であれば納税もなく確定申告不要ということで親の扶養でいられる」点です。
給与収入の年間総額が103万円以下ですと「所得税はゼロ」です。
確定申告書の提出は不要です。
ですが「確定申告書の提出義務がない=控除対象扶養親族になれる」は、違いますよ。
確定申告書の提出義務があるかないかと、控除対象扶養親族になれるかどうかは、考え方としてイコールするものではありません。
控除対象扶養親族になれるのは、所得条件が「年間38万円以下であること」です。

年間所得が38万円を越えている方(控除対象扶養親族になれない方)でも、社会保険料控除や生命保険料控除など(所得控除といいます)で、確定申告書を作成すると「所得税が出ない」方がいます。
すると確定申告義務はありません(所得税法第120条、納める所得税が出る人が、申告義務があるからです)。
つまり、所得税は出ないし、申告義務がないという方でも、控除対象扶養親族にはなれないという方もいます。
上記の「イコールではない」はそういうことです。

控除対象扶養親族になれるかどうかは、所得条件では「年間所得額38万円以下」です。
補足しますと、年間所得額38万円以下とは、給与収入なら年間103万円以下です。

150万円以下だから確定申告義務がないという場合でも、仮に130万円あれば「控除対象扶養親族にはなれません」。

とkろで、他回答者も述べられてるように、税金に関心をもって勉強されるのは、私も感心だと思います。
頑張って学習してください。
その際には「まず、条文を読み」、ネットでされる回答を、ゆっくりと読まれることです。
中には無責任な誤ったものがありますが、ほとんどは正しい知識を真面目に回答されてます。
その方なりに説明のしかたが違いますので、コングラがるかもしれませんが、その際には、別途質問を立てられるのが良いと思います。
    • good
    • 0

(1)20万以下は確定申告の必要がなく黙っていていい」


×です。

一つの会社にのみ勤めてて年末調整を毎年受けてるという、いわゆる「サラリーマン」が、そこからの給与以外に、何かのお礼等で収入を得ることはあります。
その収入を所得にして年間20万円以下なら申告書をあえて出さなくても云いと云う制度です。
医療費控除や住宅ローン控除を受けるなどで、確定申告書を提出するさいには「申告不要とされてる20万円以下の所得」も記載する必要があります。

単純に「20万以下は確定申告の必要がない」は、前提条件が無視されてますので「×」です。

(2)○
確定申告書の提出をする場合には「全ての収入を記載」です。
源泉徴収がされていてもなくても、無関係。

(3)
一年間の所得に税金がかかりますが、天引き額が出てない場合は「一年間の所得に対しての税金」を改めて納税するということです。

これは、見かたを逆にするんです。
毎月もらった給与を合計して所得税を算出します。
その所得税から「源泉徴収された額」を引き、納税する額が出ます。
マイナスなら還付金があるわけです。

先に払うか後で払うかの違いです。


(4)給与所得者で、非課税交通費として支払がされてる額が「源泉徴収票」の支払額に含まれてなければ、非課税です。
 支払者がミスって総支給額に含めてしまった場合は、課税されます。うち幾らが交通費だという明細があっても課税です。

(5)×
確定申告書を作成してみます。そこで納税する額が出る者は、原則申告義務と納税義務を負います。
103万円という数字は、給与だけの収入の場合だとして「他者の控除対象扶養親族になれるか、なれないか」の額です。
あちこちアルバイトした方が「確定申告義務があるか」の判定には、とりあえず「年間150万円以下なら要らない」です。
これは、所得税法第121条に規定があります。

説明
基本となる税法条文と、源泉徴収の月額表を見られると良いでしょう。
長文だと読む気そのものが無くなるでしょうから、資料名だけ。

所得税法第120条と第121条を一度読んでみてください。
括弧内に書いてあることを初めは無視して読むのがコツですので、ワードにコピペして、カッコ内を削って本文のみにしてみるなど、少し工夫すると読みやすいです。
疑問点が「そうだったのか」と氷解すると思いますよ。
断片的知識を沢山集めるよりも「まず条文を読む」です。

所得税法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S40/S40HO033.html

月額表
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …月額表'

この回答への補足

医療費控除や住宅ローン控除を受けるときに20万以下の収入であっても記載しなければならないのは何故ですか?

150万以下の件は源泉徴収されていることが前提だそうですが、私の場合は103万以下であれば納税もなく確定申告不要ということで親の扶養でいられるってことですよね?


皆様回答ありがとうございます。質問が多くてすみません。

補足日時:2012/04/14 22:45
    • good
    • 2

>(1)20万以下は確定申告の必要がなく黙っていていいと他の回答にありましたが、103万以下でも確定申告の必要はないんですよね?


ありません。
原則、給与所得者は源泉徴収されるので確定申告の必要ありません。
ただ、2か所以上から給与をもらっていたり、他の給与以外の所得があった場合に、確定申告が必要な場合がでてきます。

>20万と103万の話はどう違うのでしょうか?
「20万円以下は申告不要」というのは、本業の給与収入があってバイトを副業でやっていた場合、その副業分の年収が20万円以下なら確定申告の必要がないということです。
「103万万円以下」の場合、所得税はかかりませんので、複数のバイトをしても確定申告の必要ありません。

なお、合計年収が150万円以下なら確定申告の必要がない、というのは源泉徴収されていることが前提になっています。
会社に「扶養控除等申告書」という書類を出した場合に、88000円未満なら所得税が引かれないと言う扱いになります。
かけもちで稼ぐ場合、これは1か所にしか出すことはできません。
それを出さない会社では、たとえ1000円でも所得税を引かれるしくみなっています。
それでないと、たとえば同じ月に2か所で働いた場合、合計収入が176000円まで所得税が引かれないということになってしまいます。

なので、103万円を超えた場合、150万円以下でも源泉徴収されていなければ(「扶養控除等申告書」を複数出してしまったなら)、確定申告する必要があります。

>(2)確定申告をする場合は、1円でも給料を貰ったら、貰った全ての会社の源泉徴収票を税務署に持って行きますよね?
原則、そのとおりです。
まあ、でも本当に1円なら所得税の計算しようがないので申告しなくても問題ありません。

>源泉徴収されていてもされていなくても持って行くのでしょうか?
そのとおりです。
所得税はすべての所得(一部そうでないものもありますが…)を合算し、計算されます。

>先日派遣バイトをした会社からは2万程度なら確定申告の際黙っていた方が有利と言われました…)
有利も何もありません。
確定申告する場合、すべてを申告しなければ脱税行為になります。

>(3)月88000円以下は源泉徴収されないとのことですが、仮に月87999円稼いだ場合には年間105万超えてしまい所得税を取られる対象になりますよね?
そうですね。
通常、12月に会社で年末調整というものをし、1年間の所得税の精算をします。

>どういうことでしょうか。
もともと、毎月引かれる所得税はおおまかな額です。
そのために、前に書いたように会社では年末調整をするわけです。
生命保険料控除などがあれば、その額でも所得税かかりません。
ただ、なぜ88000円未満にしたかは、国税庁に聞かないとわかりません。

>(4)確定申告をする際に交通費は含めるのですか?
いいえ。
交通費は非課税です。
ただし、給与明細に、交通費として区分されていないとダメです。
つまり、交通費込みの給料ではダメだということです。

>(5)複数の派遣やアルバイトをしたとしても年間103万以下ならば確定申告の必要はないということで間違いないですか?
間違いありません。
なお、「扶養控除等申告書」を1か所しか出してなくて他のバイトで源泉徴収されていたなら、150万円以下なら確定申告の必要ありません。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

この本業とは正社員のことですか?
なぜ合算して103万(150万?)以上なのに確定申告が不要なのでしょうか?
アルバイトや派遣とは決まりが違うんですか?

今日から始めた単発派遣先に、他で提出していても、うちでも書いて提出して下さいと言われたので提出しました。この場合は完璧に提出したということになりますか?
先日二日間だけ働いた派遣先では扶養控除等申告書を提出していないのに、源泉徴収されていませんが…なぜでしょう。例え1000円でも所得税取られるんですよね?

補足日時:2012/04/14 22:37
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日雇いバイトの確定申告、源泉徴収について

現在、会社員として勤務しているものです。

一日限りの単発のアルバイトをすることになったのですが、
確定申告は必要でしょうか?

今回アルバイト先は、日給4000円ほどで、
源泉徴収も給与明細も出さないそうなのです。

どのようにすればよいのか、税金に詳しくなく、困っています。
ご教授ください。

Aベストアンサー

>一日限りの単発のアルバイトをすることになったのですが、確定申告は必要でしょうか?
通常なら必要ありませんが、本来、バイト先がそこから所得税を天引きしないといけません。
バイトの給与は20万円以下の場合申告が必要ないというのは、所得税法ではそこまで規定されていませんが、給料から所得税が源泉されていることが前提になっています。

あと本業の会社にバレないかということですが、この場合貴方は何もしなくてもバレないでしょう。
バイトがばれるのは、バイト先の会社が「給与支払報告書」を役所に提出し、役所は本業分の「給与支払報告書」と合わせて所得を把握し、住民税を計算し本業の会社にバイトの分の住民税も合わせて通知し、担当者がそれを見て気がつけばバレるのです。

源泉徴収票も給与明細も出さない会社なら、「給与支払報告書」を役所へ提出するとは思えません。
この「給与支払報告書」は30万円以下で単発のバイトなら提出提出しなくてもよいことになっています。
ちゃんとした会社の場合はたとえ4000円でも提出しますが…。
万が一、バイト先が「給与支払報告書」を役所に出せばバレます。

それから、バイトが20万円以下の場合申告不要というのは、所得税の場合であって住民税にはそのような規定はありません。
前にも書きましたが、所得税は源泉徴収の制度がありますが、住民税にはないためです。
でも、通常はバイト先から「給与支払報告書」が出されますので、申告しなくても問題はありませんが…。

>どのようにすればよいのか
貴方の場合、バイト分の所得税天引きされていませんので所得税の確定申告をするのが本来だと思います。
そして、申告書で住民税は「自分で納付」にチエックを入れておけば会社にもバレません。
そして、バイト分の住民税も納めることになります。

だまっていれば、税務署にも役所にもわからないでしょう。
あとは、貴方の自己責任で判断してください。

>一日限りの単発のアルバイトをすることになったのですが、確定申告は必要でしょうか?
通常なら必要ありませんが、本来、バイト先がそこから所得税を天引きしないといけません。
バイトの給与は20万円以下の場合申告が必要ないというのは、所得税法ではそこまで規定されていませんが、給料から所得税が源泉されていることが前提になっています。

あと本業の会社にバレないかということですが、この場合貴方は何もしなくてもバレないでしょう。
バイトがばれるのは、バイト先の会社が「給与支払報告書」...続きを読む

Q本業+単発バイトの場合、少額ならば、申請する必要は無い?

全くの無知なので、教えて下さいm(_ _)m
5月より、契約社員として働いています。
会社との契約では、「副業禁止」となっています。
でも、私は、毎年4月頃に、月6万円程の単発バイトを例年しているので、
副業は禁止でも、このバイトは、継続してやっていきたいと思っているのです・・・。
年間通じても8万円も超えない程の少額のバイトなんです。

教えて頂きたいのは、
(1)単発バイトの方は、特に申請する必要はないのでしょうか?
 実は、「単発バイトの金額が少額なので、確定申告をする必要が無  い」と聞いたのですが・・・
 それは本当なのでしょうか???
 申請しなくて、大丈夫なのでしょうか・・・

(2)本業の会社では、単発バイトの事は、内緒にしておき、
 年末調整を受ける事は可能ですか?
 
 因みに、住民税については、給料天引きではありません。

税金関係。。何も知識がありませんので、質問内容も分かりにくくて・・・申し訳ありませんが、アドバイス何卒宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

こんにちは。

(1)単発バイトの方は、特に申請する必要はないのでしょうか?
年収20万円までだったら、申告の必要はないです。
月に16000円弱の収入ですね。

(2)本業の会社では、単発バイトの事は、内緒にしておき、
 年末調整を受ける事は可能ですか?
これは可能です。

本業の会社で、住民税が天引きでないということでよろしいでしょうか?
これも別に問題はありません。ただ、バイト代と契約社員の分の住民税が合算されて翌年に請求されます。
なので、ばれたくなかったらずっと「住民税は自分で払う」と言うしかないですね。天引きにすると会社のほうに連絡がいっちゃいます。

ご参考まで。

Q副業は日払いなら会社にばれない?

副業をやりたいと思って調べた結果、副業をすると高い確率で本業にばれるという事がわかりました

しかし、姉曰く日払いならばれないとの事

これって間違いですよね?それとも何か抜け道があるのでしょうか?

それはないと思いながらも、ひょっとしたら・・・という淡い希望を抱いています

よろしくお願いします

Aベストアンサー

>しかし、姉曰く日払いならばれないとの事

これって間違いですよね?それとも何か抜け道があるのでしょうか?

日払いと言うよりは金額の問題でしょう。
例えば1日に1万円で7日間働けば7万円です、7万なら払った相手が氏名不詳でも会社の処理を税務署は認めると思います。
ですが70日働いて70万だったら税務署は氏名不詳では絶対認めないと思いますよ。
ですから後者の場合だと日払いということはありえず、前者の場合だと日払いと言うことがありえます。
つまり小額であれば日払いと言うことがあり、小額ならばいちいち誰に払ったかを明示せずに雑給のような形で処理すれば、誰に支払ったかはわからないということです。
ですから短期間小額の日払いの場合は往々にしてバレないという事はいえるでしょうね。
ですがもちろん金額が小さいから可能なのであって、金額が大きくなればできません。

そもそも副業が本業にばれるのは住民税によってです。
いずれにせよ2ヶ所から給与をもらっているのであれば、確定申告をしなければなりません。
本業と副業の収入を合計して確定申告をすることになります。
その書類が税務署から質問者の方がお住まいの市区町村の役所へ報告されます。
役所はその本業+副業の金額を合計して住民税を計算して、本業の会社へ特別徴収(給与からの天引き)するように、通知してきます。
このときに会社に来る特別徴収の税額の通知書には、主たる給与所得(つまり本業での所得)、その他の所得(つまり副業での所得)、主たる給与以外の合算合計所得区分(つまり副業の所得の種類、給与所得とか事業所得とか雑所得とかの区分)、総所得金額(つまり本業の所得+副業の所得)が書かれています。
つまり副業をしていなければ、その他の所得と主たる給与以外の合算合計所得区分は空欄のはずで、主たる給与所得と総所得金額は同じはずです。
まっとうな会社のまっとうな担当者であれば、数字に間違いがないかこれをチェックするはずです。
ですから副業していなければ本来数字の入っていない箇所や、区分チェックの入っていない箇所に数字やチェックがあればすぐに気づくはずです。
また主たる給与以外の合算合計所得区分が出ていますので、例えば株で儲けたと嘘を言っても、給与所得欄にチェックが入っていればすぐにバレます。
もちろん会社自体がずぼらであったり、あるいは担当者がずぼらであったりすればそのまま通ってしまうか可能性はあります。
そこらの会社の内部事情はわかりませんので、質問者の方自身が判断するしかないでしょう。
ではその場合にはどうしたらいいかというと、役所の住民税の担当部署(徴税課とか収税課とかの部署名ではないか)へいって、訳を話して住民税の支払方法を本業分は特別徴収(給与からの天引き)に副業分は普通徴収(窓口で本人が直接支払う)に分けてくれるようひたすら頼む。
そうしてくれることが役所の義務ではないのでどうしてもダメといわれたら、それまでであきらめるしかない。
しかしラッキーにもやってくれるといえば、その手順を詳しく聞いてそれにしたがって本業+副業の収入を税務署に確定申告をする。
そうすればバレる可能性は少ないでしょう。

>しかし、姉曰く日払いならばれないとの事

これって間違いですよね?それとも何か抜け道があるのでしょうか?

日払いと言うよりは金額の問題でしょう。
例えば1日に1万円で7日間働けば7万円です、7万なら払った相手が氏名不詳でも会社の処理を税務署は認めると思います。
ですが70日働いて70万だったら税務署は氏名不詳では絶対認めないと思いますよ。
ですから後者の場合だと日払いということはありえず、前者の場合だと日払いと言うことがありえます。
つまり小額であれば日払いと言うこと...続きを読む

Q扶養控除内で働きたいのですが単発バイトで働いた分も含める?

扶養控除内で働きたいのですが単発バイトで働いた分も含める?

親と同居で、アルバイト(学生じゃないです)をしています。
カフェのバイトで年100万近く稼ぐ予定です。

103万円以下に抑えた方が良いと聞き、色々調べているのですが、
1月に1回だけ、派遣会社に登録して単発バイトをし、3500円ほど頂きました。
これって所得に含めるのでしょうか?
もうその派遣会社に行く用はないのですが、なんらかの証明書?みたいなものが要るのでしょうか?

経験がないので勝手が分かりません。

アドバイスを頂けると助かります。

Aベストアンサー

> これって所得に含めるのでしょうか?

原則は含めます。
ただし、確定申告義務の要件に
「2ヶ所以上から給与を受けている人で、年末調整をしていない従たる給与と、給与以外の儲けの所得の合計が20万円を超える人」
とありますので、派遣会社からの所得がそれだけなら申告する必要はありません。


余談ですが、

> もうその派遣会社に行く用はないのですが、なんらかの証明書?みたいなものが要るのでしょうか?

給与所得者の所得証明として、源泉徴収票というのが企業から発行されます。
今回の場合、派遣会社から源泉徴収票が送られてくるので、派遣会社分を前職としえてバイト先に提出したり(確定申告不要)、確定申告する場合は、それを使用してください。
ただし、派遣会社とすれば年末調整をするつもりで、年末まで何も処理しないと思います。
ですから、もう派遣会社を利用する意思がないことを伝え、退職扱いの源泉徴収票を発行してもらいましょう。
(聞いた話だと「派遣会社には退職という概念がない」らしいので、もめるかもしれませんが)

Q短期のバイトは源泉徴収書がもらえない?

先日、未成年の所得税について質問したものなんですが…。先ほどバイト先に電話した所、短期間のバイトの人には源泉徴収書は出ない、と言われました。それは何ででしょう…?
私の所得税はもう戻ってこないのでしょうか?

Aベストアンサー

短期であれ、長期であれ、給料として支払われておれば、それに関する源泉徴収票はもらえますし、給与支払者も発行しないといけないものです。
しかし、現実には、あまり儲かっていない飲食店などでは、源泉徴収すると、その分を税務署に納付しなくてはいけないので、面倒なのと、その分、余計にお金がかかるのでちゃんとやっていないところがあります。こういう店だと、源泉徴収票もでない代わりに、市町村にも報告してないので、その分を申告なくてもばれることはありません。
給料の明細書に、源泉所得税を差し引いた記載があれば、ちゃんと源泉徴収されているはずです。それなのに送ってくれないなら、税務署にいうよとかいってやからをいれるのもいいです。店の人も、税務署に調べられると困るので送ってくれると思います。

Q短期のアルバイトと税金

大学生で現在長期のアルバイトを続けています。
そのバイトは年末になると、源泉徴収の書類を渡されてきました。

先日、6日間だけの短期アルバイトを別の職場でしました。
給与はバイトの最終日に支払われましたが、
特に税金などが引かれることなく、
働いた分をそのままいただきました。

その時疑問に感じたのですが、
「短期のバイトで給料明細などが発生しないものでも、
その個人が給与を受け取ったことは、
住んでいる市町村の役場に届くのか?」ということです。

そのアルバイトは、短期バイトのスタッフ派遣会社から
給与が支払われていたようです。
帰る前に、その会社の方に質問したところ、
「うちは決算で公に報告しますが、誰にいくら支払ったか
いちいち個人名では報告しません。ただ、
うちに調査が入った場合は別ですが」と
言われました。

教えてgooの今までの投稿を拝見すると、
「給料明細が発生しないような短期バイトも、年収に入る」
という回答がありました。

私は住民税と所得税を抑えるため、年収を93万円以内にするよう
計算しながらバイトしています。
短期のバイトも、
年収に考えて計算したほうが正しいのでしょうか?

大学生で現在長期のアルバイトを続けています。
そのバイトは年末になると、源泉徴収の書類を渡されてきました。

先日、6日間だけの短期アルバイトを別の職場でしました。
給与はバイトの最終日に支払われましたが、
特に税金などが引かれることなく、
働いた分をそのままいただきました。

その時疑問に感じたのですが、
「短期のバイトで給料明細などが発生しないものでも、
その個人が給与を受け取ったことは、
住んでいる市町村の役場に届くのか?」ということです。

そのアルバイトは、短期...続きを読む

Aベストアンサー

>私は住民税と所得税を抑えるため、年収を93万円以内にするよう計算しながらバイトしています。
短期のバイトも、年収に考えて計算したほうが正しいのでしょうか?
>短期のバイトで給料明細などが発生しないものでも、その個人が給与を受け取ったことは、住んでいる市町村の役場に届くのか?


先ず、正社員であろうとそれ以外の社員(パートタイマー、アルバイト)であろうと、長期の勤務であろうと短期の勤務であろうと、企業は給料を支払う時には給料明細を発行すべきです。

企業は、原則として全ての社員について、翌年1月31日までに給与支払報告書を市町村役場へ提出しなければなりません(地方税法第三百十七条の六第一項)。ただし例外として、中途退職者で給与総額30万円以下の者については給与支払報告書を提出しなくても良いことになっています(地方税法第三百十七条の六第三項)。質問者は、短期バイト先においては中途退職者に該当するので、給与総額が30万円以下なら給与支払報告書が提出されないはずです。

しかし、あなたの勤務先が法律通りに仕事をするのか、あるいはズボラな会社なのか、私には分かりません。あるいは、経理担当者がアホで、給与支払報告書を提出しなくても良いのに提出してしまう、という会社もあるでしょう。また、アルバイトにつては給料の額に関係なく、全員、給与支払報告書を提出しないと決めている会社もあります(違法ですが)。

これで回答になるでしょうか?

>私は住民税と所得税を抑えるため、年収を93万円以内にするよう計算しながらバイトしています。
短期のバイトも、年収に考えて計算したほうが正しいのでしょうか?
>短期のバイトで給料明細などが発生しないものでも、その個人が給与を受け取ったことは、住んでいる市町村の役場に届くのか?


先ず、正社員であろうとそれ以外の社員(パートタイマー、アルバイト)であろうと、長期の勤務であろうと短期の勤務であろうと、企業は給料を支払う時には給料明細を発行すべきです。

企業は、原則として全て...続きを読む

Q確定申告をしないとどうなりますか?

こんばんわ。いつもお世話になっていますm(__)m
とても初歩的な質問でごめんなさい。私は今22歳で既婚者です。保険は国保で自分ひとりだけ加入してるので、扶養にはなっていません。バイトをしてるのですが、結婚したこともあり、毎年無視していた確定申告を今年はしようと思っています。
でも、私の周りの友人はみんな口をそろえて「確定申告はしなーい」といいます。友人の中でも、結婚して扶養に入っている子や、独身でバイト生活…生活環境はみんな違いますが、みんな「しない」といいます。
■確定申告はどんな人が行うのか?
■しないとどうなるのか?(法律的・デメリットなど)
■するとどんな事があるのか?
これが全く分からないので、回りの子の意見もあり、本当にしなくてもいいのか?などが気になります。
何せよ初心者なので、分かりやすいように教えていただけるとうれしいですm(__)m

Aベストアンサー

#7の追加です。

給与が1769400ならば、所得税が54500円程度です。
配偶者控除38万円が適用されたり、社会保険料(国保と国民年金)などを控除すればもっと少なくなりますから、源泉税との差額が還付になります。

ちなみに、国保と国民年金の保険料の支払額の8%だけ所得税が少なくなり、還付額が増えます。

Q副業で20万以下の収入の場合、会社にばれないようにするには何の手続きが必要ですか?

私は今年の4月から社会人になります。内定している会社の副業が禁止かどうかは就業規則を見ていないのでわからないのですが、
社会人になっても当面金銭面では厳しい状況が続くと思うので、今現在やっているアルバイトをたまにだけ入ろうかと思っています。
目安は月に2.3回で、20万を超えないようにするには月で16666円以下に抑えれば大丈夫なようです。
毎月15000円を目安にしようと思うのですが、ここで質問です。

(1)20万円以下の場合確定申告はしなくて大丈夫なようですが、住民税などは特別徴収されてしまい、仮に20万円以下でも正社員の会社にばれてしまうような事を見ました。
この場合区役所に行く?それとも税務署に行く?どちらなのでしょうか。
またそこでどのような手続きをするのでしょうか?

(2)
4月から就職しますが、21年、1.2.3月分の給料ですでに20万円を超えてしまいます。
この後4月から毎月ちょびっとずず稼いだら40万オーバーぐらいまで行くと思いますが、この場合は確定申告が必要になるのですよね?

(3)
毎年20万を超えてしまい、確定申告を行い、普通徴収の欄にチェックをいれ、問題なく普通徴収になったとします。
会社側に行く税金の書類などで、この普通徴収をしている事はわかるのでしょうか?

以上回答いただけたら幸いです。

私は今年の4月から社会人になります。内定している会社の副業が禁止かどうかは就業規則を見ていないのでわからないのですが、
社会人になっても当面金銭面では厳しい状況が続くと思うので、今現在やっているアルバイトをたまにだけ入ろうかと思っています。
目安は月に2.3回で、20万を超えないようにするには月で16666円以下に抑えれば大丈夫なようです。
毎月15000円を目安にしようと思うのですが、ここで質問です。

(1)20万円以下の場合確定申告はしなくて大丈夫なようですが、住民税な...続きを読む

Aベストアンサー

まず、副業が20万以下で確定申告しなくていいのは
たぶんですが、副業が給与所得以外の場合だと思いま
す。

ちなみに俺は年間5000円のバイト代で会社にばれ
ました。

確定申告を行い、普通徴収の欄にチェックをいれ問題
なく普通徴収になったとしたら会社には絶対に副業が
ばれません。

まずなんで税金絡みで会社にばれるかというと住民税
絡みなんです。da-buraさんが就職すると給料から住
民税が天引きされます。
これってda-buraさんお住まいの役所からda-buraさん
の所得はこれだけだったので毎月これだけ給料から住
民税として差し引いて下さいね、って会社に連絡が行
くんです。

そこで、会社では、あれ???da-buraさんには
これしか給料払っていないのになんでこんなに給与
所得が多いの?さてはどこかでバイトしているな!
と気がつく場合があるんです。

そこで確定申告書の記入ですが
確定申告書をよーく読むと、給与所得以外の住民税は
どうするか?普通徴収か特別徴収か選択させられます。

文章から判断するとバイトは給与所得なので、給与
所得は無条件で選択はできないようにとれます。
でもここは必ず普通徴収を選択して下さい。

ちなみに
特別徴収は給料から天引き
普通徴収は役所がda-buraさん宅に納付書を送って
da-buraさんが銀行で支払います。

確定申告書の
1枚目は所得税用に税務署
2枚目は住民税用に役所に回って
3枚目が本人控えです。

この2枚目の住民税絡みで前述したように本業にば
れる可能性が大なんです。

給与所得者というのは普通徴収はできないんです。
かならず給料天引きなんです。

でもここで普通徴収にチェックする目的は、
バイト分にかかわる住民税だけを普通徴収に
してくれ!という意味で普通徴収にチェックを
入れるんです。
本業分はあくまでも特別徴収で給料天引きです。

でも役所の人も人間ですからいくら普通徴収に
チェックをいれても見落とすかもしれません。

なので俺は役所に回る2枚目に付箋で、バイト分は
ぜったいに普通徴収にしてね。と貼り付けました。
さらに役所に電話して、「今俺の確定申告してき
たからバイト分は必ず普通徴収にしてね!」と連
絡いれました。

こうすることによって、本業分にかかわる住民税は
給料天引きでバイト分は納付書で納めることになり
本業にはda-buraさんのバイト分がばれないという
すんぽうです。

ただこれはそうする前に役所に電話してバイト分
にかかわる住民税は普通徴収で本業分は特別徴収
にしてくれるか確認した方がいいです。
給与所得は普通徴収はダメだよ!っていう役所
もあるかもしれませんし。
そうなるとda-buraさんのもくろみはすべてパーで
す。

あとは、法律で禁止されているのは公務員だけです。
法で禁止されていないのを社内規定で禁止なんて
できません。
たとえば、18歳になれば車の免許とれますが社内規
定で20歳までダメだよ!なんていうのと同じです。

まず副業を会社はなんで禁止しているか。それは
職務に専念してもらいたいこと
同業他社に会社の情報を流されること
がいやなんです。

職務に専念してもらいたい、だから土日は遊びにい
かないで自宅でゆっくり休め!なんていいませんよ
ね。
ようは、職務に支障が出ない程度のバイトならまったく
問題ないんです。さらに同業他社でなければ問題ないん
です。
だから常識ある会社の社内規定では、会社に許可を得な
いでのバイトは禁止!ってなっていると思います。

だからといって簡単に許可くれるかどうかは解りませ
ん。前例がないから!なんて断られるかもしれないし、
もめごとおこして立場が悪くなるのはこっちです
からね。
だからついつい内緒でしちゃうんですよねー。

っていうことでバイト分に絡む住民税だけを普通徴収に
してもらえば税金絡みでばれることはぜったいにありま
せん。

確定申告しないと、大変です。
なぜ大変か・・・・。

会社やda-buraさんのバイト先は従業員、バイトの給与
支払い報告書を役所に提出するんです。そこでバイト分
は提出しないこともできるみたいですが提出してもいい
んです。
で、もしda-buraさんのバイト先がバイト分を提出した
らどうなるか。
役所はda-buraさんの本業からの給与支払い報告書とバ
イト先からの給与支払い報告書が回ってきますから
da-buraさんが確定申告しようがしまいが無条件で
この2枚を合算して本業の会社に住民税の天引きを依頼し
ます。
なので俺は年間たった5000円程度のバイトが会社にばれ
ました。
ですので必ず確定申告をして、バイト分は普通徴収を選
択する必要があるんです。

でもなんどもいいますが本当にバイト分と本業分の住民
税を分けてくれるのかは役所に聞いた方がいいです。
前述したように住民税は役所管轄ですからA市では
やってくれるけどB市ではやってくれない可能性もありま
す。基本は給与所得は特別徴収だからです。

とはいえたいていどこの役所でも普通に本業分は
特別徴収、バイト分は普通徴収に分けてくれると
思いますけど。

ですので20万以下に関わらず会社にばれたくな
かったら確定申告するしか方法ありません。

まず、副業が20万以下で確定申告しなくていいのは
たぶんですが、副業が給与所得以外の場合だと思いま
す。

ちなみに俺は年間5000円のバイト代で会社にばれ
ました。

確定申告を行い、普通徴収の欄にチェックをいれ問題
なく普通徴収になったとしたら会社には絶対に副業が
ばれません。

まずなんで税金絡みで会社にばれるかというと住民税
絡みなんです。da-buraさんが就職すると給料から住
民税が天引きされます。
これってda-buraさんお住まいの役所からda-buraさん
の所得はこれだけだ...続きを読む

Q20万円以下の副業の確定申告について

正社員として働いているかたわら、今年の夏から会社に内緒で副業をしています。
副収入の詳細は、

・月4万円前後の収入
・今年のトータルは20万円以下
・源泉徴収されていない


ここで質問なのですが、

(1) 副収入が20万円以下の場合は確定申告はしなくても良いとされていますが、ただし源泉徴収されていない場合は確定申告しなくてはなりませんか?

(2) (1)で確定申告が必要ない場合
副業をしている事実は税務署から、あるいはいずれかの形で会社に伝わらないのでしょうか。

(3) (1)で確定申告が必要な場合
住民税を「普通徴収」にすれば会社に知られることはないのでしょうか?

Aベストアンサー

1.給与所得者の場合、副業などの所得が年間20万円以下の場合は申告の必要が無いとされています。
これは、源泉徴収がされているかどうかには関係なく、申告不要です。

2.基本的には、アルバイトの収入は会社にわかってしまうと思ってください。

なぜ、会社に分かるかというと、このような理由なのです。
会社は、社員やアルバイトの人に給料を支払うと、前年の1月から12月までの個人別の支払額を、翌年の1月に各人の住所地の市役所に「給与支払報告書」という書類で報告します。
報告を受けた市では、それをもとに住民税の計算をして、主たる給与の支払いをしている会社に通知をします。
この通知書には、住民税とともに、その人の収入金額の合計も記載されています。
通知を受けた会社では、各人の給料から住民税を控除することになりますが、この時に、自分の会社では払った給料よりも収入が多いと、他に収入があることに気がつくのです。
アルバイトの収入が少額な場合は、会社で気がつかない場合も有るでしょう。

3.確定申告書の中の「住民税に関する事項」という欄の住民税の徴収方法を選択する欄ですが、これは「給与所得以外の住民税の徴収方法」ですから、給与所得については、この欄で「普通徴収」を選択できません。
給与所得ではなく、事業所得であれば選択できます。

1.給与所得者の場合、副業などの所得が年間20万円以下の場合は申告の必要が無いとされています。
これは、源泉徴収がされているかどうかには関係なく、申告不要です。

2.基本的には、アルバイトの収入は会社にわかってしまうと思ってください。

なぜ、会社に分かるかというと、このような理由なのです。
会社は、社員やアルバイトの人に給料を支払うと、前年の1月から12月までの個人別の支払額を、翌年の1月に各人の住所地の市役所に「給与支払報告書」という書類で報告します。
報告を受けた市で...続きを読む

Q派遣の仕事の掛け持ちはOK?

月~金8時間労働で派遣社員として働いています。
以前仕事を紹介してもらっていた派遣会社から単発のお仕事をたまにいただきます。
(土日祝、平日夜)

これっていけないことなんでしょうか?
単発とはいえ、掛け持ちはいけないのでしょうか?
単発の仕事を紹介してくれる会社には、お昼の仕事のことは知っています。

私としてはこのような生活を続けていきたいのですが。
もし、法的に派遣社員としての掛け持ちは許されないのであれば、
単発の仕事を紹介してくれる派遣会社にはお昼の仕事のことを
今後言わないようにしようと思っています。

せいぜい月3万くらいです。
税金の問題もかかわってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

初めまして!私もcrocsさんと似たスタイルで働いています。平日はフルタイムの派遣社員として勤務。土日祝や平日の夜には単発のアルバイトをしています。人事の仕事をしているので、思わず回答させて頂きました。

法的には問題はありません。そこで問題は、各企業が独自で作っている就業規則に何と書かれているか、ですが・・、crocsさんは派遣会社の就業規則、見せてもらった事ありますか?もしくは「派遣スタッフ心得帖」のような物とか・・。そこに「かけもち禁止」という内容は出ていますか?(一般的に正社員の方だと、アルバイトを禁止している会社は多いですよね。)

もし書かれていたとしても、crocsさんがメインと考えている平日昼間の仕事を疎かにしていなければ、派遣会社と問題が起こる事はありません。例え正社員で勤務していて、就業規則に「副業禁止」と書いてあっても、それだけでは解雇出来ないんです。就業状況に問題が無く、同業他社など秘密保持の面で会社に悪影響を及ぼす心配が無い場合は、「副業していたから」は解雇して良い理由にはなりません。

ただ派遣社員は、やっぱり立場が弱いですよね・・。「解雇」と「契約期間満了」の区別が付きにくいので、「アルバイトをして寝不足だから遅刻」とかいう事が無いようにはしています。


[税金の話]
(1)所得税
正しいやり方は、給与をもらった全ての登録会社から源泉徴収票をもらい、確定申告をする事です。
メインの派遣会社で年末調整をしています?その場合、そこの派遣会社のお給料を元に所得税額が決められますよね。でも、本当ならアルバイト分を含めて税額を出さなくちゃいけません。・・、ただ、微々たる金額なので、税務署から「追徴課税」の連絡が来るまでは、放っておいても大丈夫かも(^^ゞ ちなみに私はアルバイト分の申告をしていません。税務署にもバレてないですよ、今のとこ。ただ、責任は持てませんm(__)m

(2)住民税
「お給料を支払った会社→働いている人の市役所」に、源泉徴収票と同じ内容の用紙が提出されるんです。なので、メインの派遣会社、サブの派遣会社が両方とも市役所にその書類を提出していれば、市役所でそれらを合算して、住民税の額を出してくれます。

ただ、市役所に書類を提出していない会社(小さな会社など)があるのも事実。本当は必ず提出しなきゃいけないんですけどね。でもこれは自分ではどうする事も出来ないません・・。

初めまして!私もcrocsさんと似たスタイルで働いています。平日はフルタイムの派遣社員として勤務。土日祝や平日の夜には単発のアルバイトをしています。人事の仕事をしているので、思わず回答させて頂きました。

法的には問題はありません。そこで問題は、各企業が独自で作っている就業規則に何と書かれているか、ですが・・、crocsさんは派遣会社の就業規則、見せてもらった事ありますか?もしくは「派遣スタッフ心得帖」のような物とか・・。そこに「かけもち禁止」という内容は出ていますか?(一般的に正...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報