三大義務である「勤労」「教育」「納税」ですが、守らない場合の罰則が
あってないように思います。

義務というからには、もう少し厳しい罰則があってしかるべきだと思うのですが、
こんなものでよいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

1,


義務がある場合、それを担保する
方法には、色々なモノがあります。
道徳で担保する、というのも一つの
方法です。
道徳より一歩進んで、罰則のない
法律として担保する方法もあります。
更に進んで、罰則で担保する方法も
あります。

罰則というのはそれを受ける
人にとっては大きな苦痛ですし、与える
国家の方にも手間暇が掛かります。
だから、罰則で担保を図るよりも、
それ以前のレベルで担保可能であれば
その方が良いのです。
どうしても強制しなければならないほど
の義務の場合に限って罰則が科される
べきだ、という考え方があるのです。

2,で、三大義務ですが、違反した場合の
ことについて、憲法では罰則を定めていません。
それは法律に委ねられているのです。

勤労の義務は、29条、22条、27条、28条
から、罰則のない義務と解釈されていますので
法律にも、罰則はありません。
納税については脱税すれば罰せられるという意味で
税法に、教育の義務は、学校教育法で罰則が定められています。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

本当に日本は勤労の義務違反について寛容すぎますね。
いま、生活保護世帯が激増しています。
これでは罰則規定が必要ですね・・・・
ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/28 17:03

>三大義務である「勤労」「教育」「納税」ですが、守らない場合の罰則があってないように思います。



最初からありません。「あってなきようなもの」ではなく、”ない”のですw
あると思う根拠を知りたいわ(爆笑)

あったら、質問者のような「教育を受けている水準とは思えない人」の保護者が、罰則を受けることになりますよ・・いいんですか?

当サイトの利用者の多くの保護者は、罰則を受けることになるでしょうがw小生も含めて


>義務というからには、もう少し厳しい罰則があってしかるべきだと思うのですが、
こんなものでよいのでしょうか?

義務だから罰則があるべき・・との論理は、全く根拠がない

妄想の類でしょ?根拠あるなら指摘してみてちょ・・
妄想の自由は保障するけどね

こんなものでいい。
義務として罰則が必要なのは、憲法以外の一般法だけで十分である
ちなみに義務を果たせない人間でも罰するんでしょ?
定年した人や障がいで労働できない人、収入がない人・・これも罰するってことでしょ
凄い考えだね・・・非現実的とは思えないその想像力の欠如みたいなものが・・・(以下自重)

そもそも、憲法規定である上記の義務は、あくまでも個人が負うものではなく「国家がそれらの義務を為し得るための権利を保障する」という背景があるのだから・・・意味分からないかな?

そもそも、憲法の主体は個人ではなく、国家もしくは公的権力なのだからw

そもそも、憲法は罰則など設けていない。
そもそも国を罰する権限などどこにも存在しないし、この世に罰則規定のある憲法など存在するはずがないのだからw



面白かったわぁ・・久しぶりに
ここらは適切な憲法教育を受けていない問題があるが・・まぁ、割愛しておこう


ちなみに、罰則ではなく、制裁が行われるのであって、そもそも、憲法規定ではない義務であれば罰則は存在しえる・・それだけであり、それで十分なのである

ってか面白いよね・・・OKWAVEの利用規約も守れないような人間が法律を語ってみたりできるこの世の中ってw
    • good
    • 1

三大義務である「勤労」(憲法26条)「教育」(27条)「納税」(30条)は


「具体的な法的義務を定めたものでなく、一般の国民に対する倫理的指針としての意味、あるいは立法による義務の設定の予告という程度の意味をもつにとどまっている。」(憲法I/四人組/534頁)

まあ、これは当然じゃろう。もともと憲法は国民に権利を与え、国家権力に規制を与える法であるから、憲法に義務規定があっても、国民を直接縛ることはちょっと難しい。

もっとも、法令の個別の定めによって具体化されれば、無論厳しい罰則を課すことは可能である。

たとえば、各税法、教育基本法、学校教育法の規定の規定により「納税」「教育」の義務を果たさないものには、刑罰を含む罰則がある。
「勤労」については、18条が「犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。」とあるので、直接強制をもとめることは違憲になる可能性が高い。
もっとも、「社会国家的給付に内在する当然の条件として、働く能力があり、その機会もあるのに、働く意欲をもたず、また実際に働かないものは、生存権の保障が及ばないなどの不利益な扱いを受けても仕方がないという意味が含まれていると解する説が有力である。」(憲法I/四人組/536頁)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

働くのがイヤだから、働くより実入りがいいからと生活保護を受けるやからを
退治する法律が必要なのでしょうね。ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/28 17:06

憲法に「罰金五拾万円」とか書けという事でしょうか?

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国民の三大義務と三大権利について

むかしむかし中学で習ったのですが忘れてしまいました。三大義務と三大権利教えて下さい。ちなみに選挙権が入っているのはどちらでしたか?

Aベストアンサー

三大義務は勤労、納税、子供に教育を受けさせることで、三大権利は生存権、教育を受ける権利、参政権です。
選挙権は「権利」になります。(義務だったら、投票率があそこまで低くなることはないかと…)。

参考アドレスも掲載しておきます。

参考URL:http://www.city.miura.kanagawa.jp/index/download/007385;000001.pdf

Q罰則の無い法律の意義

罰則の無い法律が存在すると思うのですが、その存在意義はどのようなものだと思いますか?

常識であるが法律で定められていないために裁かれないことも増えていると聞きます。
それならば、その常識を罰則なしの法律として定めないのは何故なんでしょうか?
やはり、全てを法律で縛ることへの反発でしょうか?

何となくしっくり来ないので、皆様の知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

確かに罰則規定のない法律は多数存在しておりますが、それは違法行為があっても社会的な影響が少ないため、刑罰を科すほどでは無いといった考えのためであり、そんな法規でもそれなりに意義を為していると考えます。
私は建築設計に係わる業務をしておりますが、多数の法令や政令、条例、規則に縛られており、罰則はなくとも法令や政令、規則に準じていなければ、各種許可が出ない、インフラなど(上下水道、電力、通信など)の手続きが進まない、役所や施主、設計の検査に通らない等のケースが多々あります。
またその法令によっては、違反することで刑罰はなくとも違反者の責任がはっきりし、民事的な賠償責任問題に発展した場合に、民事上の不法行為が明確となり、決着が付けやすく解決が図りやすいなどの効果もありますので、それなりに意義を為していると思われます。

Q罰則規定のない法律の例を教えて~

テレビのクイズ番組で
「夫婦は同居しなければならないという法律があるが
罰則規定はない」
と解説していました。

他にも罰則規定のない法律として次の様な例がありましたが、
その他にも「へ~」と思える様な例があれば教えて下さい。

・利息制限法では元本100万円以上に対して年利15%を超える
金利を取ることを禁止しているが罰則はない。

・NHKの受信料支払いは放送法に規定しているが罰則はない。

・売春防止法3条に「何人も、売春をし、又はその相手方となってはならない」
という規定があるが罰則規定はない。

ちなみに、罰則規定のない法律に違反すると
「刑事処罰はされないが、民事訴訟では敗訴の理由になる」
そういうものだと解釈しています。

Aベストアンサー

未成年の飲酒喫煙もそうですよ。


ただ飲酒の場合は提供した側が罰せられますけど。

Q義務と責務の違いがわからない・・・

こんにちは。

法律で,義務と責務という言葉を使い分けていますが,その違いがよく分かりません。教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

法律によく出てくる、この二つの用語、どう違うのか考えてみました。
比較すると、おもしろいですね。

義務には、対となる概念として権利があります。

○○することを求め得る→権利
○○することを要求される・しなければならない→義務
というように、具体的な○○の行為について権利と義務は対応した関係を持っています。
権利者と、義務者の相対立する当事者が2人いる法律関係といえるでしょう。
そして、○○にあたる行為は、金銭や物の交付や労務の提供、あるいは何かをしないことと言うように、その行為が具体的に決まっている場合がほとんどです。

義務は一般的には、契約による私法上の法律関係の一局面でよく登場すると言えます。
公法上の関係では少しずれた用法もありますが、たとえば憲法上の国民に課された納税の義務(憲法30条)でも、国や地方公共団体に租税を徴収する権利があるという意味で権利と義務の対応関係が見られます。

一方、責務には対応した権利にあたる概念がありません。

責務という用語は、主に行政法の分野の法律に登場します。
ある公的な制度や事業をおこなうについて、その制度・事業を立ち上げて実施するための当事者(国、地方公共団体、その他の特定の団体など)の役割を「責務」として規定することが多いです。
そして、その責務の中身は、義務の場合のように具体的な行為ではなく、抽象的・総合的な政策的行為であると言えます。義務のように、その違反が具体的に明らかになって損害賠償責任が発生するような性質の内容ではなく、どちらかというと政策的目標に近い性質も持っていると言えるでしょう。

と、こういう風に考えてみました。どうですか?

責務の用例 男女共同参画社会基本法

(国の◆責務◆)
第八条
 国は、第三条から前条までに定める男女共同参画社会の形成についての基本理念(以下「基本理念」という。)にのっとり、男女共同参画社会の形成の促進に関する施策(積極的改善措置を含む。以下同じ。)を総合的に策定し、及び実施する◆責務◆を有する。


(地方公共団体の◆責務◆)
第九条
 地方公共団体は、基本理念にのっとり、男女共同参画社会の形成の促進に関し、国の施策に準じた施策及びその他のその地方公共団体の区域の特性に応じた施策を策定し、及び実施する◆責務◆を有する。


(国民の◆責務◆)
第十条
 国民は、職域、学校、地域、家庭その他の社会のあらゆる分野において、基本理念にのっとり、男女共同参画社会の形成に寄与するように努めなければならない。

↓総務省の法令データベース。責務という用語で検索してみましょう。用例がわかりますよ。

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

法律によく出てくる、この二つの用語、どう違うのか考えてみました。
比較すると、おもしろいですね。

義務には、対となる概念として権利があります。

○○することを求め得る→権利
○○することを要求される・しなければならない→義務
というように、具体的な○○の行為について権利と義務は対応した関係を持っています。
権利者と、義務者の相対立する当事者が2人いる法律関係といえるでしょう。
そして、○○にあたる行為は、金銭や物の交付や労務の提供、あるいは何かをしないことと言うように、その行為...続きを読む

Q義務教育に行かないと憲法違反?

小学中学にはいかないと憲法違反でしょうか?

憲法で教育については教育を受ける権利が保証されていたかと思いますが、義務教育に行かせなければいけない義務が国民にはあるのでしょうか?私はないような気がするのですが・・・

法律でもし小中学校に行かないと違法と規定していたとして、裁判でもしたら義務教育という制度自体は違憲なような気がするのですが・・・詳しい方いませんか?

Aベストアンサー

教育に関する権利義務は、複雑に絡み合っており、一見解りづらいですね。


まず、教育を受ける権利は小中学生自身にあります(社会権的な性格)。


次に、教育する権利は親のあります(親の幸福追求権から派生する自己決定権的な性格)。


中立公平な教育をする義務をもつのは国民すなわち国家です。文科省が教育内容を定め、都道府県が教員人事を司り、市区町村が学校設置と運営をします。


なお、教員には、学問の自由から派生する教授の自由があります。ただし、初等教育の性質から画一性等の要請上の制限があります。


上記の四つの権利義務が絡むのが教育です。



質問は、親の学校選択の自由の限界についてですね。

憲法13条がその根拠になります。
親には子の利益のため、いかなる教育を受けさせるかを選択し決定する権利があります。
ただし、権利・自由には必ず制約があります。他人の権利を侵害する場合は、制限されます。

上記の親の権利を行使することで、侵害される可能性のある権利はもちろん子の教育を受ける権利です。
この二つの権利を天秤にかけてどちらを優先させるかを考える必要があります(憲法では、利益衡量とかバランシング理論といいます)。

具体的には、親の、子を学校に行かせないという権利を行使する事で得られる利益と、失われる子の利益(子の受ける現在及び将来の不利益という事)を比較衡量します。
前者が勝るのであれば、学校に行かせないという親の選択は憲法には違反しません。

憲法論を展開すればこうなりますね。


これを法律レベルに下げて議論すれば、親の、子を学校に行かせない行為が、民法の親権の濫用に当たらないかが問題になります。
親権濫用になれば、国が介入できます。具体的には、家庭裁判所等が一時的に子を親から引き離し、最悪の場合は親から親権を剥奪できます。

教育に関する権利義務は、複雑に絡み合っており、一見解りづらいですね。


まず、教育を受ける権利は小中学生自身にあります(社会権的な性格)。


次に、教育する権利は親のあります(親の幸福追求権から派生する自己決定権的な性格)。


中立公平な教育をする義務をもつのは国民すなわち国家です。文科省が教育内容を定め、都道府県が教員人事を司り、市区町村が学校設置と運営をします。


なお、教員には、学問の自由から派生する教授の自由があります。ただし、初等教育の性質から画一性等の...続きを読む

Qなぜ「勤労」は義務なのですか?

国民の三大義務として、憲法で「教育」、「勤労」、「納税」が義務とされているそうですが、なぜ「勤労」は義務なのでしょうか。
納税があれば勤労はなくてもいいのではないかと思ってしまいました。
ご存知の方いらっしゃいましたらお願い致します。

Aベストアンサー

§27-1の勤労の義務は、国民の心構えを示すものであり、法律上の義務ではなく、したがって、いかなる不利益もありません。もちろん働かないことで収入がないということはありえますが、それは不利益ではなく必然的なものです。何かの権利が消滅してしまうというものではありません。
法的義務ではありませんから、勤労をしないことにより、生存権が保証されないわけでもありません。勤労していなくても、たとえば失業中であれば失業保険がもらえますし、その他、条件により生活保護が受けられますから、心構えを説く以上のものではないということで、さまざまな学説が飛び交う法律学の世界でもこの見解に争いはありません。

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q憲法における国民の三大義務の重要性

自称「基礎法学を大学の教養でばっちりやった」人から「憲法の国民三大義務とはなにか」といわれて、
ちょっと詰まり、12条も15条4項(誰に投票したか聞かない義務)も大事な義務だなと混乱しつつ「納税・勤労・教育」と中学生のようにどうにか思いつきました。

しかし、私も大学以降憲法をかじりましたが
憲法は国家のあり方を規制する法であり
国民の憲法上の義務は、憲法の本質部分では
ないともいえませんでしょうか。

それを中学校で金科玉条のように教え、
今またそれを鵜呑みにしたままの大人が
少なくともここに1人出てきた…わけです。

この三大義務の憲法上の重要性について
ご意見よろしくお願い申し上げます。

(たとえば、改憲で当該条文を削っても、前文に反することもなく有効、とか。そういや9条をきれいにけずるとき、前文はいじるのでしょうかね)

Aベストアンサー

No.3を踏まえて、自分のNo.2を補足します。

憲法が当初、人権規程が無く、統治機構についてしか定めが無く、人権宣言とは別であったこと、はフランス憲法の例でも、No.3にもご指摘のように、アメリカ憲法が人権規程を修正条項で付け足したことでも、明かです。

また、法の支配、自然法の考え方が、近代よりだいぶ前から、あったものであること、その通りです。

憲法については、あくまで、立憲主義の説明が主眼であったこと。
法の支配については、人権思想と結びついた、近代憲法の立場を明らかにする意図で、あのような説明方法になりました。
「近代以降」の言葉は、法=正義=人権思想にかぶっている、ということで、ご了解下さい。

また、質問者および他の方がみるとき、混乱するのを避けるためにも、あえて単純化しました。

また、おそらく、No.2の回答者の方は、司法試験受験生か何かであろうと推察します。
芦部先生のテキストとは、おそらく、もともと放送大学のテキストだったものを加筆し、岩波出版から出したものと思います。この本は、要点をおさえるのには向いていますが、内容は、多くは無いと思います。
また、佐藤幸司先生の本は、青林書院から出ている本のことでしょうか?
あの本は、ある意味詳しすぎる嫌いがあるのですが、短い文章の中に内容が凝縮しています。2ページ弱とは相当なものです。

いずれにしても、このような場での回答者の方には、
「論点」とか、受験生用語風な言葉をこのような場で使わずに、虚思坦懐に私の言いたいことを汲み取っていただければと思います。一般人にとって、受験生にとって重要かどうかは、重要ではないのですから。

私の言いたいことは、
1.人権思想が憲法の根本であり、義務規程は強調すべき主役ではないこと。
2.しかし、一方、全く論じる価値が無いほどではないこと。
の2点です。
この点、質問者の方、No.1&No.3の回答者の方と、意見がさほど、相違するとは思えません。

また、回答者No.3の方は、憲法の理解が少し浅いようです。
憲法の目的は人権擁護です。
民主主義など、統治に関することも、人権、もしくは、より根本的には、個人の尊厳原理から説明ができるはずですし、為されなければなりません。

また、私が義務について書いた説明は、憲法学者の本に載っていると思います。佐藤幸司先生の本にも書いてあったのでは無いかな、と思います。今、手元に無いので確信できませんが。

NO.3の回答者の方におかれましては、司法試験などの受験生であるならば、また、その他の学徒であるならば、頑張って下さいね。
独り善がりの文章を書いたら(設問の意図がわからなかったりしたら)、書いてあることが正しく立派でも、評価されませんよ。

以上、他の回答者との対話風になったことをお許し下さい。
質問者及び第三者が不要な混乱を来すことの無いようにと思い、書きました。

No.3を踏まえて、自分のNo.2を補足します。

憲法が当初、人権規程が無く、統治機構についてしか定めが無く、人権宣言とは別であったこと、はフランス憲法の例でも、No.3にもご指摘のように、アメリカ憲法が人権規程を修正条項で付け足したことでも、明かです。

また、法の支配、自然法の考え方が、近代よりだいぶ前から、あったものであること、その通りです。

憲法については、あくまで、立憲主義の説明が主眼であったこと。
法の支配については、人権思想と結びついた、近代憲法の立場を明らかに...続きを読む

QNHK受信料不払いは罰則がある?

 テレビを持っていれば必ず支払う決まりのNHK受信料ですが、どうも合点がいきません。
 いい番組を作っているので、「希望制」なら喜んで支払うのですが・・。
 このような理由で受信料支払いを拒んだ場合は何か罰則があるのでしょうか?
 またこのような理由で支払いを拒めるものでしょうか?

Aベストアンサー

電波は空中を無差別に飛び、受信機(この場合テレビですね)に受信されてしまうため、
無断で受信聴視してもまったく罰則はありません。

ただし、テレビやラジオなどの公共向け電波以外では、受信して得られた情報に
付いては、電波法で秘守義務が義務づけられているんで、例えば
「テレビを見ていたら隣のコードレス電話の会話が混線して聞こえちゃったから、
周りの人に話した」なんてことをすると取り締まり対称になり、下手すると前科が
付きます。

で、結論は、NHKの受信料については支払わなくても罰則はありませんし、
それを取り締まる事も出来ません。ということで本当は、受信料の支払いは
受信者の任意によって支払われているんです。(NHKの集金では、それを
言ってしまうと支払ってくれる人が極端に減ってしまいNHKが運営できなく
なってしまうので集金屋さんは絶対にそんなこと言いませんけど)

ただ、NHKには日本国という最強最大のスポンサーが付いていてそれに
コントロールされてしまっている可能性は「無きにしもあらず」とはいえ、
企業広告(自分の所の番組CMは除きますよ)を一切入れず一企業によって
放送内容をコントロールされないようにと勤め、また世界的に見ても凄いと
いえるような内容の番組をコンスタント(民放も凄いのを作ったりするけど
一発打ち上げ花火で後が続かないことがほとんどだと私は感じています。)
に作り続けているNHKに受信料を払ってあげたい(払ってあげて欲しい)
と私は思っています。

電波は空中を無差別に飛び、受信機(この場合テレビですね)に受信されてしまうため、
無断で受信聴視してもまったく罰則はありません。

ただし、テレビやラジオなどの公共向け電波以外では、受信して得られた情報に
付いては、電波法で秘守義務が義務づけられているんで、例えば
「テレビを見ていたら隣のコードレス電話の会話が混線して聞こえちゃったから、
周りの人に話した」なんてことをすると取り締まり対称になり、下手すると前科が
付きます。

で、結論は、NHKの受信料については支払わな...続きを読む

Q10分は”じっぷん”と”じゅっぷん”ではどちらが正しいの?

日本語の正しい読み方はどちらでしょうか?
ワードで変換すると、どちらでも正解の
ようですが、実際の国語教育では
どうなのでしょうか。
ちなみに、私は、「じゅっぷん」としか
言いようがないと思っていましたが、
間違いでしょうか。

Aベストアンサー

正式には「じっぷん」ですが今では「じゅっぷん」でもいいそうです。
しかし漢和辞典で「十」の字を調べると「じっ」とはありますが「じゅっ」とは
載っていないんですよね。

十進法、十手、十中八九、十指、などの読みもすべて「じっ」が正式な読みとなっています。

テレビやラジオのニュースでのアナウンサーや野球中継でのアナウンサーも
半分以上の方が「じっ」と発音しているようです。
野球中継ではよく十という言葉が使われるので(十本とか十回など)
注意して発音聴いてみるといいです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報