人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

毎日カーヴィダンス1時間、週3ジョギング
カロリーは野菜中心1200kcal以内、週1少しだけ間食

で1ヶ月 156/53.0 → 156/49.8 -3.2kg

あとは8月までにゆるく46kgまで落としたいんですが、咀嚼ダイエットに移ろうかなと思ってます。

一口40回噛むだけなんですが、数日間咀嚼ダイエットやってみて、
少量で満腹、食事量も減り、間食もなくなりました。

精神的も落ち着いていて、慢性的なイライラがなくなり、勉強の集中力もダイエット前と同じくらい上がっています。

しかもよく噛むことで、唾液の働きにより摂取カロリーが低くなったり、快便になるそうで…

咀嚼ダイエットに移行するなら、
運動は食べ過ぎた日だけにして、(駅やバイトまでは毎日歩きます)

カロリーは1200kcal以内なら何食べても良いことにして
咀嚼ダイエットやってみようかなあ。

と思ってます。
カーヴィで肩甲骨鍛えたから、脂肪燃焼効果は前より高くなったかなと思うし、
生活内での運動レベルも中レベルで、
好都合なダイエットだなと思いました!

しかし、

カーヴィダンスやジョギングで結構ひきしまってた見た目は悪くなっていきますかね?
筋肉が脂肪になったりとか。

好きなもの1200kcal以内まで食べても咀嚼をきちんとしたら体重落ちるのか不安!

8月までにあと3kg落としたい場合、
1200kcal以内、運動は週1程度、の
咀嚼ダイエットだけでは無理でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>しかもよく噛むことで、唾液の働きにより摂取カロリーが低くなったり、快便になるそうで…



そうそう、唾液の働きにより摂取カロリーは大幅に減ります

>カロリーは1200kcal以内なら何食べても良いことにして
>咀嚼ダイエットやってみようかなあ。

ガンガン好きなもの食ってください。
とにかくよだれが出るぐらい唾液を出しまくるのです。
そーすればカロリー大幅に下がりますw

>1200kcal以内、運動は週1程度、の
>咀嚼ダイエットだけでは無理でしょうか?

唾液で摂取カロリーが低くなるんですから、いくらでもダイエット可能でしょう♪
頑張ってくださいな(笑)
    • good
    • 0

カーヴィーダンスやジョギングはできればやりたくない、つまらないものですか?


楽しくできていたのであれば、多少時間を少なくしてでも、続けたほうがいいですよ。
せっかく運動をする習慣がついてきたのにもったいないです。
特にカーヴィーダンスは見た感じピラティスの動きが多く含まれているので、インナーマッスルを鍛えて、見た目を引き締める効果が期待できますよ。
    • good
    • 0

これまで1か月で3kg落ちたってことですね。

だったらここでメニューを変えることはお薦めしません。

あなたが知っておかなければならない点は、体重が落ちていくと消費カロリーも落ちていくという点です。つまり痩せにくくなっていくということです。毎日立ったり座ったり歩いたり、という日常的動作が、体重が軽くなると楽になっていってエネルギーを使わなくなっていくからです。
つまりこれまでと同じことをやっても、これまでと同じペースで体重は落ちる保証はありません。

だから「8月までにゆるく46kgまで」などといって、ここでペースダウンすると全然体重が落ちなくなる可能性が高いと思いますよ。

重要なことは、ダイエットは3か月じっと続けてみることです。うまく行っていても行かなくても。
今あなたが落ちたと思っているその3kgも体脂肪が減ったわけでなく体内の水分量が減っただけの可能性もあるのですから。何かの拍子にポンと増える可能性もまだまだ残っていますから慎重に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

カーヴィダンスやジョギングと
筋トレを併用していきます!

食生活も変えずに
3ヶ月間、様子を見て見まーす!

お礼日時:2012/06/06 12:58

筋トレ体験があって一定の筋量を持っている人ならばともかく、筋トレ体験の無い人の場合の減量では、脂肪量の三倍もの筋、骨量を失なうというデータがあります。

しかも、これまでのカーヴィダンスもジョギングも典型的な有酸素性運動であって、筋量を増やすことには貢献していません。それどころか、有酸素性運動というのは、確かに脂肪を落としますが、筋量もかなり落とすのですね。明らかな肥満体型の人ですと、食事制限とともに、有酸素系運動が推奨されましょうが、既に、肥満体系とは言い難い人の更なる減量では、筋トレを欠かせません。
ダンスやジョグに比べれば、遥かに短時間で終了するスクワット、シットアップ、プッシュアップを、是非、やってみませんか。一日にひとつだけ、順に回してゆくというのでも良いですものね。

膝を軽く曲げるだけのスクワット、上背(肩甲骨)を上げるだけのシットアップ、膝を着いてのプッシュアップなど、こういう軽負荷な修正エクササイズを毎日、各10~20回から入りましょうか。で、修正を正規フォームに、また、回数とセット数を増やしていければよいのですが……。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

筋トレの重要性、改めて感じました!
スクワット、シットアップ、プッシュアップを
毎日20回ずつやってみます。
カーヴィダンスやジョギングは
たまに時間とる程度でも効果有りますね。

お礼日時:2012/06/06 11:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング