SSDはデフラグしてはいけないと思ってる情弱の多さは異常、SSDもデフラグしないと速度落ちるし寿命縮む : SIerブログ
http://sierblog.com/archives/1529672.html

SSD120GBを取り付けようと思ってますが・・・ - その他(PCパーツ・周辺機器) - 教えて!goo
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7538887.html #3

どちらが正しいのですか。
Diskeeperの製品版は持っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

結論から言うと、使用条件によっては、速度低下を避けるために特殊なデフラグのような操作が必要になります。


普通のデフラグはやっても意味がありません。

またSSDとOSとデバイスドライバがtrimに対応しているなら、速度低下を避けるために余計なことをする必要はありません。

速度低下が起こる原因は、未消去の空きブロックが増えてしまい、そこへ書き込むときに消去動作が必要になり非常に時間がかかるようになることです。

trimに対応した環境ならば、ブロックが解放された時には消去が行われるため、このような問題は起こりません。
なお、最新の一部の機種では、trimに対応していない環境でも速度低下が起こりにくいものもあります。

trimに対応していない環境の代表例は、SSDドライブがSATA I/F以外の物、SATA接続であってもIDEモードで使用している場合、XPなどの古いOSの場合です。

実際私も複数のPCで極端な速度低下を経験しました。
これを修復できるツールに、Defragglerなどがあります。
http://www.filehippo.com/jp/download_defraggler
アクション→拡張→空き領域のデフラグ で速度低下を修復できます。

寿命については今のSSDはウェアレベリングによってかなりの長寿命になっているので、多少デフラグしまくっても大丈夫です。
    • good
    • 2

今のところの定説では、SSDはデフラグ不要ですしむしろしてしまうと寿命を縮める結果になるとか…


デフラグは再配列ですから、大量のデータを読み書きしなおすわけですから書き込み回数に限界があるSSDにそれをするのは致命的とされております。
    • good
    • 3

SSDの仕組みを知っている人間なら、デフラグなどしない。


細かい説明は面倒。
    • good
    • 4

250GBのSSDのうち、100GBほどを使用している状況で



「コンピュータ」-「ローカルディスク」(右クリック)-「プロパティ」-「ツール」タグ-「最適化」で、「デフラグツール」を立ち上げて断片化のチェックをしてみました。
結果は断片化3%とのことでした。

Windows7なのでOSレベルでSSDに対応しているので、まあ間違いはないと思います。
OSレベルで断片化と認識していないってことです。

いろいろと耐久試験をしている方もいらっしゃるので、このようなHPも参考にしてください。
http://botchyworld.iinaa.net/ssd.htm
    • good
    • 0

機械的にHDDは動作します、SSDは電気的に動作します。


理論的には同じですけど少し違うと思います。HDDにはレコード針の様なものあります。
SSDには無いけどその代わり一定の法則はあります。デフラグはすれば良いと思います。
けど、SSDのデフラグはやっても意味無いかもしれません。改良されてる分そのままでも使える筈です。
    • good
    • 0

SSDにデフラグは不要です。



その理由は、ウェアレベリングと呼ばれる技術が搭載されているためです。

ウェアレベリングとは、データの書き換え時に利用率の低いセルに均一に書き込むために、意図的に書き込みブロックを変更、制御して均一化を図るという手法です。すなわち、セル1に書き込んだデータを書き換えるときには、セル1を消去し、次は使用率の低いセル6に書き込むといった手法が使われるのです。その情報を仮想アドレステーブルで管理します。

言ってみれば、そもそも順番通りには記録しない仕組みなのです。

なぜか?
その理由は、SSDやSDカード、USBメモリなどのNANDフラッシュデバイスは、書き込みの回数に1000回から1万回ほどというほかのメディアに比べて比較的少ない回数で、上限を迎えるためです。
データの書き換えでは、たいていの場合、同じ場所のデータが書き換わることが多いのです。
たとえば、文書作成、決まった文書を何度も書き換えることはありませんか?
プログラムのアップデートでも決まったEXEに脆弱性があり、その都度置き換わるケースもあります。

すなわち、フラッシュメディア全体が均一に1000回~1万回の上限に達しだめになるのではなく、どこか決まったセルが電荷を保持できなくなり、ビット抜けが起き、データが化ける故障の方が圧倒的に多いのです。

そこで、NANDではウェアレベリングを用いて、データの書き込みを書き込み率の低いセルに独自のアルゴリズム(メーカーによって異なる。この技術はトップレベルの守秘です)で拡散するのです。これによって、ディスクの空き容量が大きければ大きいほど、1つのセルが何度も書き換わるリスクが減り、寿命が延びるということになります。
すなわち、そもそも最適化してもウェアレベリングによってディスクのセクターが偽装されていますので、連続アクセスできるブロックにあるわけではありません。

また、フラッシュメディアは、その特性上円盤ディスクとは違い、シーケンシャルとランダムアクセスでの速度差がほとんど発生しません。その理由は、ハードディスクの場合は、ヘッドアームの移動によって、シークタイムに差が生じますが、メモリーデバイスでは、データのあるアドレス情報を参照して、全体のブロックから、その場所から読み取るだけですから、データのパス速度としては、ハードディスクのように最内周と最外周で3割も速度が変わるといったこともありませんし、そもそもヘッドの動きを待つ時間もありません。差は、目に見えるほどは生じないのです。

強いて言えば、マルチチャンネルで記録している場合は、単位ビットずつを別々のチャンネルにあるフラッシュに記録しなければ、速度が遅くなることがあるぐらいです。

ということになります。

いかがでしょうか?
基本的には、する必要はありませんし、たいていの媒体ではしても意味がありません。
効果が出た場合は、たまたま運が良かったぐらいに思った方がいいでしょう。
そもそも、製品としての寿命品質を低下させる危険があるため、できればしない方がいいのです。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qhttp://なのにPDF

グーグル検索などでネットサーフィンすると、ヒットするサイトの大半はHTMLだと思います。しかし、時々PDFがヒットします。ワードエクセルパワーポイントも稀に見ます。ですが、URLはhttp://www.◯◯になってます。

これはどういう事でしょう?HTMLを排除してPDFだけでもホームページやワールドワイドウエブを構築できるのでしょうか?

HTMLって必要?専用のエディターがあるのでしょうが、タグとか複雑で面倒では?あと、PDFなのに何故プロトコルがhttpなんでしょう?pdftpってある?

Aベストアンサー

http:の部分は、プロトコル(手続き)と呼ばれる部分です。
インターネットで使われる通信プロトコルには
ftp: Fail Transfer Protocol
mail:
https:
など・・・
// の部分はインターネットを示します。

Windowsの場合インターネットにつながなくてエクスプローラー経由だと
file:///c:\MY DOCUMENT とか

www.hoge.com はそのHTTPでやり取りできるコンピューターを特定するドメインと呼ばれるものです。

それ以降の最後、もしくは#や?があればそれまでをPATH INFO、パス情報と言います。これはサーバーにどのデータを欲しいかを伝えるものです。
★必ずしもファイルの種類を示しているわけではありません。
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 ファイルの種類は、HTTPサーバーから返信されるHTTP応答ヘッダに正しいものがあります。
[例]http://hpcgi1.nifty.com/Iruka/ENV_FORM.cgi/five_163/abc.pdf としたってPDFじゃありません。

 ?以降はQUERY_STRINGというものです。
https://www.google.co.jp/search?q=five_163
 とかね。

>HTMLって必要?専用のエディターがあるのでしょうが、タグとか複雑で面倒では?
 HTMLは人が機械相手に、文書の内容を伝えるためのものです。wordやIiiustratorなどのソフトで作ったものや、それをPDFにしたものは、人の目にはどこが見出しで、どこが本文で、どの部分がひとつの段落かなどは分かりますが、機会には一切分かりませんね。
 それじゃインターネット上にどのような情報があるのかは見つけられません。
 そこで、HTMLをつかって
<h1>ここは見出し(レベル1)</h1>
<p>この間はひとつの段落で<strong>ここは特に大事</strong>です。</p>
と言う風にマークアップしたものがHTMLです。これでしたら機械にも分かりますし、読み上げソフトでしたら、見出しは大きな声で、段落の合間には少し間を取って、重要な部分は低い声でゆっくり読んでくれます。
【引用】____________ここから
HTMLは、どんな環境からもWebの情報を利用できるようにすべきだという方針の下に開発されている。例えば、様々な解像度や色深度のグラフィックディスプレイを持つPCや、携帯電話、モバイル機器、音声入出力機器、帯域が広いコンピュータや狭いコンピュータ、等の環境である。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ここまで[Introduction to HTML 4 (ja)( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html401j/intro/intro.html#h-2.2.1 )]より
 携帯電話だろうが、印刷機だろうが、検索エンジンのようなコンピューターだろうが利用できるのがHTMLです。
 そしてHyper Text Markup Languageの名前の通り、リンクをたどって、どんどん他の情報に飛んでいける。Hyperとは、そのような意味。

 HTMLのタグなんて、通常使用するのは、せいぜい数十個--中学校で学ぶ英単語2,000語に比べたら微々たる物です。 「タグとか複雑で面倒では?」ありません。
 「専用のエディターがあるのでしょうが」・・私はいわゆるWebオーサリングツール( http://ja.wikipedia.org/wiki/Web%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB )は原則として使いません。なぜってタグの意味や使い方を知らないと、ツールだけに頼るととんでもないページが出来ますし、それに加えてツールのマニュアルまで覚えろなんて嫌ですからね。たかだか40個程度の単語(タグ)をおぼえりゃ済むことをツールに頼らなくても・・
 上記にも『HTMLエディタで作成するシンプルなコードはSEO(検索エンジン最適化)にも効果的であることから、一部のウェブデザイナーには見直されつつあり( http://ja.wikipedia.org/wiki/Web%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB#HTML.E3.82.A8.E3.83.87.E3.82.A3.E3.82.BF )』と書かれている。

>HTMLを排除してPDFだけでもホームページやワールドワイドウエブを構築できるのでしょうか?
 可能ですが、「World Wide Webとは何か?( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html401j/intro/intro.html#h-2.1 )」の目的からは外れたものになるでしょう。PDFのサイトなんて携帯電話じゃ利用できませんしね。acrobatを持ってない人には使えない。

http:の部分は、プロトコル(手続き)と呼ばれる部分です。
インターネットで使われる通信プロトコルには
ftp: Fail Transfer Protocol
mail:
https:
など・・・
// の部分はインターネットを示します。

Windowsの場合インターネットにつながなくてエクスプローラー経由だと
file:///c:\MY DOCUMENT とか

www.hoge.com はそのHTTPでやり取りできるコンピューターを特定するドメインと呼ばれるものです。

それ以降の最後、もしくは#や?があればそれまでをPATH INFO、パス情報と言います。これはサーバーにどのデー...続きを読む

Qdynabook R731/36EK(SSD128GBタイプ)のSSDを大きいものに交換するには

どうしたらよいでしょうか。
カバーを開けてSSDを見るとICチップの様なものが見えていて、ケーブルはフイルムです。
売られているSSDとは違うようです。
交換したことが有る方教えて下さい

① 市販されているケースに入ったSSDが使用できますか?
② 特別なケーブルなどが必要ですか
③ 問題なく使用できいますか、
④ 交換でリカバリすると、メールやインターネットは再度設定する必要がありますか。

Aベストアンサー

dynabook R731/36EK(SSD128GBタイプ) の仕様は下記です。R371/36EK はカタログでは、640GB の HDD ですが、カスタマイズで 128GB の SSD にされているのですね。
https://dynabook.com/pc/catalog/dynabook/120123r731/spec.htm

価格.comの口コミに下記がありました。
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000284127/Page=2/SortRule=1/ResView=all/#14006027

回答:
① コネクタの形状が異なるので直接は接続できない。
② 変換ケーブルは市販されていない模様。
③ 接続できれば 2.5インチの SSD が使えますが、mSATA SSD の方が小型で向いているような気がします。
④ 交換でリカバリすると工場出荷状態に戻りますので、すべての設定はやり直しになります。クローンで環境を移行すれば、容量を大きくしても同じ状態で使うことができます。
http://amazon.co.jp/dp/B00T77QMT0 ← ¥11,800 Crucial mSATA MX200 250GB

自作するとしても、本体側のケーブルの仕様とコネクタの信号配列が判らないと、変換アダプタを作ること(要半田付け 笑)はできないと思います。探しましたが、情報は見つかりませんでした。と言う訳で、皆さんと同じ結論になります(泣)。

他の方法としては、ジャンクで HDD タイプの同系機種を入手して、HDD 用のケーブルとSSD のケーブルを交換すれば 2.5インチの SSD が使えると思います。マザーボード側のコネクタは、おそらく同じだと思います。ジャンクの入手とマザーボード側のコネクタにリスクがありますが .......
http://amazon.co.jp/dp/B00S1V3FZC ← ¥8,954 Crucial MX200 2.5インチ 250GB

dynabook R731/36EK(SSD128GBタイプ) の仕様は下記です。R371/36EK はカタログでは、640GB の HDD ですが、カスタマイズで 128GB の SSD にされているのですね。
https://dynabook.com/pc/catalog/dynabook/120123r731/spec.htm

価格.comの口コミに下記がありました。
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000284127/Page=2/SortRule=1/ResView=all/#14006027

回答:
① コネクタの形状が異なるので直接は接続できない。
② 変換ケーブルは市販されていない模様。
③ 接続できれば 2.5インチの SSD が使えますが、mSATA SS...続きを読む

Q★SSDのデフラグは必要?不要?

Acer 3830T-N54DをSSD化しました!
http://kakaku.com/item/K0000261601/spec/#tab

ネットを見ているとSSDでもデフラグが必要という意見と、
不要でデフラグすると寿命が縮まるという意見があるようです。

SSD対応のデフラグソフトもあるようで困惑しています(汗)
http://auto-defrag.com/

Windows7ではそもそもOSに機能が組み込まれているので不要なんでしょうか?

SSDのデフラグについて教えて下さい(´・ω・`)

Aベストアンサー

SSDにデフラグは不要ですが、デフラグソフトの一部にはSSDに対してデフラグとは別のメンテナンス処理を行うものがあり、全てをひっくるめて「デフラグ」と表記しているものも有るようです。
下記のQAが参考になるかと。

http://okwave.jp/qa/q7543520_2.html

QSSDに対するデフラグとは?

SSDに対するデフラグとは?

SSDにはコントローラーが存在して書き換え領域の分散化を図っており、そのため、OSから見たファイルシステム「論理アドレス」とSSD上の「物理アドレス」の変換を行っているようです。
そこで疑問なのですが、Windows等からSSDのデフラグを実行した場合はどこが対象となるのでしょうか?、
・論理アドレスが整理され、物理アドレス対比が書き換わる。SSD上は変化なし。
・SSD上が整理され、論理アドレス対物理アドレスが(ほぼ)一致するようになる。

コントローラーが物理/論理アドレスの2面を持っているならば、当然前者と思われ、「SSDのデフラグは却って悪影響」ということは無い(又は少ない)と思うのですが、コントローラーはそこまで賢くないのでしょうか。
なお、物理/論理アドレス対応表はSSD上と思われ、前者「SSD上は変化なし」は語弊はありますが。

Aベストアンサー

これに関しては下記の資料が判りやすいと思います。

http://powerx.jp/product/catalog/enhancement/xpd11/xpd11_i.php
>掲載一覧
•PerfectDisk とSSDドライブの最適化 (PDF 2010.07.23)

Windows7から実装されたTrim機能を効率化するため、SSDの空き領域を結合させることで、高速化される仕組みのようです。

QSSDのデフラグについて

ゲームの動作が重いと感じて5分後にはPCが自動でwindowsデフラグをしていることに気づいたのですが、重くなったと感じた時がPCがデフラグを始めた時とほぼ一致すると見てよいのでしょうか?
デフラグはあまりやりすぎるとSSDの寿命を縮めますし、買い換えたばかりのPCなので少し神経質になっています。
5分程度で中止させたら寿命への影響はそこまで無いのでしょうか?

Aベストアンサー

>買い換えたばかりのPC
であればデフラグ操作が体感速度に影響するほど遅いSSDを積んでるとは考えにくいです。具体的な型番を聞かないと断言まではできませんが。

寿命への影響についても、SSDの寿命を気にして実験してた人がいましたが、2008年もの・空き容量1GBのSSDに対して3TB以上書き込んでようやく壊れたとか。( http://botchyworld.iinaa.net/ssd.htm )
空き容量が増えれば増えるだけ負荷平準化が有効に機能するので耐久性向上には乗数で効いてくることを考えると、最新のSSDに対してデフラグの一度や二度では誤差にもならないはず。神経質にごちゃごちゃやってシステム自体の破損→再インストール、とかいう事態になる方がSSDにもそれを使うシステム・ユーザーにもダメージが大きいでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報